searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

kazzhirockさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

この世界から「戦争」「差別」「暴力」を本当になくすために 「オカルト」「都市伝説」「陰謀論」などの裏の裏から「悟り」のことまで 様々なテーマで書かせていただいております。 もう「自分の外」に救世主を求める時代は終わらせませんか? あなたがあなたの救世主となれるよう、何かお手伝いができれば幸いです。 よろしくお願いします。 Twitter:@kazzhirock1

ブログタイトル
あなたがあなたの救世主
ブログURL
https://kazzhirock.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
「悟り」のこととか、この世界から「戦争」「差別」「暴力」を本当になくすという無謀な挑戦とか
更新頻度(1年)

15回 / 14日(平均7.5回/週)

ブログ村参加:2020/08/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、kazzhirockさんの読者になりませんか?

ハンドル名
kazzhirockさん
ブログタイトル
あなたがあなたの救世主
更新頻度
15回 / 14日(平均7.5回/週)
読者になる
あなたがあなたの救世主

kazzhirockさんの新着記事

1件〜30件

  • 「科学的独裁制」の時代 - ハクスリーの「究極の革命」補習その1

    ようこそ、みなさん。 本日は、先日ご紹介したハクスリーさんの「究極の革命」に関する講演を私なりに紐解いてみたいと思います。 kazzhirock.hatenablog.jp ja.wikipedia.org あれから75年が過ぎ去りましたが、私は「国家」という概念よりも抽象度の高いところに「科学」と「宗教(または宗教心)」が存在していると考えています。 その理由は「国家を運営する」上で、今日的な土台をなしているのは大きく分けて「科学」と「宗教」であると考えるからです。 国民が一人もいない「国家」はないでしょうし、その人間の土台にあるのは「科学」と「宗教」ではないのでしょうか? 私なりの言い方を…

  • 「究極の革命」とはどのようなものだろうか? - 1962年のオルダス・ハクスリーの重要な講演内容を読む

    ようこそ、みなさん。 本日は「オルダス・ハクスリー」さんのことを。 私のブログでも度々名前が登場しておりますが、この人物は現在進行形の出来事と、これから先に起こるであろう出来事を読み取ろうとする上で、大変重要な人物であると私は考えております。 先日ご紹介した海外記事でも 『A Brave New World(すばらしい新世界)』の序文で、オルダス・ハクスリーは、私たちの世界の少数派の利益が、商業や政治の利益のために大衆の人間の心を意図的かつ成功裏に搾取していると警告しています。 「この非人間的な押し付けは、少数派の利益のために、大衆の思考や感情を操作するためのいくつかの新しい技術を開発した商業…

  • 大衆操作の心理学:「自粛警察」の裏側にある人間の心理 - それは「より強固な警察国家」を作り上げることに繋がるのだろうか?

    ようこそ、みなさん。 本日は「自粛警察」の裏側にある心理学について。 それでは早速。 (翻訳開始) 3 Ways Human Psychology is Being Exploited to Create an Obedient, Self-Policing Society 人間心理学が従順な自己警察社会を作るために利用されている3つの方法 Dylan Charles, EditorWaking Times 物事は変化しています。急速にね。だから、それに慣れて、振り返らないでください。なぜなら、私たちが一緒にこの勇敢な新しい世界("brave new world")に進軍するように、状況のプレ…

  • GESARA/NESARA(ゲサラ、ネサラ)の真実 - そしてある程度の「オカルト/都市伝説/陰謀論/スピリチュアル」の構造的真相開示

    ようこそ、みなさん。 本日は「GESARA(ゲサラ)」と「NESARA(ネサラ)」という法律について。 前からたまに目にすることはありましたが詳しい内容まで調べていなかったので、本日はできるだけわかりやすくまとめてみたいと思います。 簡単に言うと 「現在の金融システムを終了させ、まったく新しいシステムへ移行させるための法律」とのことです。 「GESARA」とは「Global Economic Security and Recovery Act」のことで、日本語にすると「世界経済安全保障再生法」でしょうか? 「NESARA」とは「National Economic Security and Re…

  • ユングの「集団心理」から見る「BLM運動」や「香港民主化運動の女神逮捕」の話 - 最終的には「個人の質」にかかっているのだ

    ようこそ、みなさん 今日は「集団心理」と「最近の話題」に関して。 ※ ユングちゃんでぇ〜す。 BLMの展開 さて。 「ジョージ・フロイドさんの死」に関して、このような動画が出てきました。 30分と長くなっており、また悲惨な状況の一部始終が撮影されているので閲覧には注意をお願いいたします。 www.youtube.com この事件は当初、次のような説明がされていました。 この事件は2020年5月25日、ミネソタ州ミネアポリスのダウンタウンの南にあるパウダーホーンでのフロイドの逮捕中に発生した。事件の顛末は同行していた友人らと数人の一般人が携帯電話で撮影した動画に記録されている[9]。警察は声明の…

  • アメリカ17番目の州で17箱の段ボールの前で演説したトランプ大統領 - これはQAnonの作戦開始を示唆しているのだろうか?

    ようこそ、みなさん。 先日行われた「トランプ大統領の演説」について。 トランプ大統領が「17個並んだ段ボールを背にして」演説を行いました。 17?それがどうしたの?と思われたかもしれません。 そもそも普通は段ボールが何個並んでいるかなんて気にしません。 でも、それを気にする人たちもいるのです。 そう、特に「QAnon支持者」ならば。 Ooh that's good! Trump in the 17th State = OhioSpeech given @ Whirlpool = drain the swamp (what happens when water drains?)On a stag…

  • 「テスラは金星人」説から読み解けること - 古代から続く西洋由来の「スピリチュアリズム」との関係性など

    ようこそ、みなさん。 「天才ニコラ・テスラの謎」のお話の続きです。 前回はFBIが捜査資料として保管していたが、最近になって機密解除され公開された「ストーム夫妻」による「惑星間交信ニュースレター(Interplanetary Session Newsletter)」と題された資料を翻訳してご紹介しました。 kazzhirock.hatenablog.jp 本日は、その内容を細かくご紹介しながら興味深い「構造」をみなさまにご確認いただこうと思います。 それでは早速。 FBI極秘情報の精査 INTERPLANETARY SESSION NEWSLETTER. 惑星間交信ニュースレター 1956年5…

  • 天才ニコラ・テスラは金星出身なのか?- 機密解除された「FBI極秘文書」の中身など

    ようこそ、みなさん。 「天才ニコラ・テスラの謎」のお話です。 みなさんは「ニコラ・テスラ」はお好きですか? ja.wikipedia.org 私は、純粋に「科学者として」のイメージしか彼に付随してなかった頃から大好きです。 今のような「陰謀論界の大物」みたいな立場ではなく、昔は「エジソンとの競争(直列化?並列か?の電流戦争)に破れた不遇の大天才」としてのイメージしかありませんでしたし、「時代を先取りしすぎた人」として語られていました。 テスラは、晩年をニューヨークはマンハッタンのホテルで孤独に暮らし、1943のからの死の直後には、遺品や研究資料などを米軍とFBIが押収していたことも語られていま…

  • PCR検査の生みの親は「これ(PCR検査)は感染病診断には使うな!」と言ったのか? - キャリー・マリス博士の命日に改めてPCR検査のことを考える

    ようこそ、みなさん。 タイトルにありますように、本日は「PCR検査の生みの親」の命日です。 キャリー・バンクス・マリス(Kary Banks Mullis, 1944年12月28日 - 2019年8月7日[1])は、アメリカ合衆国の生化学者。ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) 法の開発で知られ、その功績により、1993年にノーベル化学賞及び日本国際賞を受賞した。 ja.wikipedia.org より まぁ、この人は「奇想天外」というか、なんというか。 まぁ、確実に「波乱万丈」な人生を送った方でした。 当時の同僚で交際相手のジェニファーを乗せてのドライブ中(車種はホンダ・シビック[2])、現在P…

  • 林の中の象のように - ブッダの言葉

    ようこそ、みなさん。 みなさんは「象」さんはお好きですか? パオォ〜ン? 象さんだぞぉ〜? 取り乱しました。 私は小学生の頃に「コックリさん」でこう宣言されました。 「あんた、前世は象っ!」と。 以来、象さんには親近感を抱いております。 ちなみに、その時に「あんた、将来〇〇高校には落ちるっ!」とも宣言されました。 合格してやりましたよ、ええ。 そんなもんです。 パオォォォォン!!! 孤独に歩め 「孤独に歩め 悪をなさず 求めるところは少なく 林の中の象のように」という言葉があります。 これは、押井守監督作品である「イノセンス」で使われ、一部アニメファンの間で有名になったのではないかと思います。…

  • レバノンの大爆発は何かの暗示なのか? - そして思い出す、この惑星の謎と33という数字とフェニキア人と暗号通貨フェニックスと

    ようこそ、みなさん。 レバノンで発生した大爆発は、どうやらとてつもない被害をもたらしている様子です。 こちらの記事をご確認いただければ、地形まで変えてしまうほどの規模だったことがよく分かります。 www.afpbb.com 地面を吹き飛ばしてしまうほどの爆発... こちらの動画だと、爆発の衝撃波が地面まで破壊しているのが伝わるかと思います。 View post on imgur.com imgur.com www.afpbb.com 「まるでこの世の終わり」 思わずそんなセリフが浮かんでしまうほどの大惨事です。 すべてのニュースに目を通したわけではないですが、きっと「黙示録的」やら「ハルマゲド…

  • 厚生労働省は「新型コロナウイルスによる死亡者数を水増し報告するよう求めた」のか? - アメリカでの同様の疑惑やスウェーデンのコロナ対策なども

    ようこそ、みなさん。 あまり「コロナウイルス」に関連する話題をこのブログで積極的に取り上げるつもりはなかったのですが、また気になることがありましたのでご紹介したいと思います。 日本の場合 厚生労働省のHPに「自治体・医療機関向けの情報一覧(新型コロナウイルス感染症)」というページが存在しています。 www.mhlw.go.jp その中に存在するPDFの内容に関して「読みようによっては、コロナウイルスによる死亡者数を水増しするように指示をしているのではないか?」と問題視しているTweetを見かけました。 下記のリンクより実物をご確認いただけます。 2020年6月18日 新型コロナウイルス感染症患…

  • ある医師からの警告:Dr. Carrie Madej: CRUCIAL Information About The Covid-19 Vaccine(検証)

    ようこそ、みなさん。 昨日の話題の続きです。 kazzhirock.hatenablog.jp この話題を知ったのは、先日「ガーナ大統領の暴露」をご紹介されていたブログさんででした。 kazzhirock.hatenablog.jp 正直、「またか...」と。 「海外の信頼できる友人からの情報」とのことでしたが、そんなのは何も根拠になりません。Facebookへのリンクが貼ってありましたので、中身自体を確認することに。 www.facebook.com 「独立した第三者ファクトチェッカーによってチェックされています 」 ソーシャルメディアの人気のある主張に反して、RNAワクチンは私たちのDNA…

  • ある医師からの警告:Dr. Carrie Madej: CRUCIAL Information About The Covid-19 Vaccine(取り急ぎ翻訳だけ)

    ようこそ、みなさん。 今日は翻訳だけ取り急ぎ。 大筋が理解できるくらいの翻訳精度です。 詳しくは明日やるつもりなので、内容を鵜呑みにしないでくださいね。 じゃあ、どうぞ。 こんばんは、セレンディピティの仲間たち。 そして、この厳しい時代にあって、皆さんが健康で元気であることを願っています。 私たちの世界は毎日のように変化しているようで、メディアの何を信じればいいのかわかりません。私たちのグループが、主要メディア以外の情報や知識を紹介し、あなたの意見を述べることについて少しでも安心してもらえるようになったことを願っています。そして、多くのメンバーが自分のページに投稿し始めるのを見て、私は本当に誇…

  • ヘーゲルは「知の所有」に成功したのか? - 弁証法と陰謀論の関係 - ヘーゲルとヘルメティックな伝統:その3

    ようこそ、みなさん。 先日からの記事の続きを翻訳してご紹介させていただこうと思います。 その1はコチラ kazzhirock.hatenablog.jp その2はコチラ kazzhirock.hatenablog.jp それではどうぞ。 Glenn Magee (2001) ヘーゲルとヘルメティックな伝統 Published: Cornell University Press, 2001. 3. メルメティシズムとは何か? ヘーゲルが「ヘルメティックである」と理解できるかどうかは、ヘルメティシズムをどのように定義するかにかかっている。実際のところ、ヘルメティシズムを厳密に定義するのは難しい。 …

  • ヘーゲルは「知の所有」に成功したのか? - 弁証法と陰謀論の関係 - ヘーゲルとヘルメティックな伝統:その2

    ようこそ、みなさん。 先ほどの記事の続きを翻訳してご紹介させていただこうと思います。 その1はコチラ kazzhirock.hatenablog.jp 早速どうぞ。 Glenn Magee (2001) ヘーゲルとヘルメティックな伝統 Published: Cornell University Press, 2001. 2. ヘーゲルとヘルメティックな伝統に関する奨学金 これらの主張がヘーゲルの死の後の数十年に特に論争の的になっていなかったであろうことに注意することは重要である。1840年代には、シェリングは公にヤーコプ・ベーメから彼の哲学の多くを単に借りたことのヘーゲルを非難した。ヘーゲルの…

  • ヘーゲルは「知の所有」に成功したのか? - 弁証法と陰謀論の関係 - ヘーゲルとヘルメティックな伝統:その1

    ようこそ、みなさん。 とても興味深い海外記事を見つけました。 現代社会の根底を成していると言っても過言ではない「弁証法」と、その生みの親「ヘーゲル」 その「ヘーゲル」がどのような人物であり、彼のルーツがどのようなものであったのかに関する考察です。 非常に大まかにではありますが、これで全体像(現在の世界の混乱の原因)が朧げに見えてくるかと思います。 この世界は入り口が無数にある巨大な迷路のようなものです。 最後の最後。 迷路をさ迷い歩き、様々なものに出会って自分を創りながら、あと一歩で次の場所へ行けるかどうかの手前の瞬間。 道が二つに別れています。 片方は「二元論」へ。 もう片方は「大いなる統合…

  • また「恐怖煽り」が始まったのか? - 米ファイザーによる日本へのワクチン供与(決定?)について - 開発に成功しても効果は持続しない可能性

    ようこそ、みなさん。 今日は「米ファイザーによる日本へのワクチン供与」について。 みなさんは「ワクチン」についてどのようにお考えですか? 様々な考え方があるかと思います。 私はインフルエンザワクチンでさえ、特に打つことなく何年も乗り越えてきました。 と言っても「ワクチンは明らかに健康に悪い!癌になる!」とか、何かしらの強い信念や反発心があったからではなく、単に「打たなくても平気だし」という能天気な理由からです。 本当は「病気は自浄作用のようなモノ」という考え方も、確かに私の中にあります。 そして「最初は自然治癒力に任せて、いよいよダメそうだなって時は西洋医学に頼ろう」ぐらいの気持ちです。 ※ …

  • 「真実を探すこと」に関する雑記:「善悪の彼岸」の向こう側へ

    ようこそ、みなさん。 この記事は本当に雑記です。 今思いついてることを書き留めておこうとするだけのものです。 読んでくださる方に何か徳があるかはわかりません。 ※ それはどの記事でもそうですが。 よく「真実を探すんだ!」と息巻いている人がいますが、それって「どうなの?」と私は思っています。 最近は陰謀論系の話題を取り上げることも多いので、そのような姿勢を様々なブログなどを拝見しているうちに、無意識的に筆者様の文章から感じてしまっているのかもしれません。 例えば コチラの記事でご紹介した中に「チェリーピッキング」というものがあります。 kazzhirock.hatenablog.jp チェリー・…

  • アサンジとトランプ大統領の叔父がそっくりだからって、そしてその叔父がニコラ・テスラの技術を持ち去ったらしいからって、どうしたんだ?

    ようこそ、みなさん。 昨日「続き書くかもしれない」と言っていたお話の続きです。 By https://wellcomeimages.org/indexplus/obf_images/4c/6e/da5709a57832dbbb048ba4a17fe6.jpg Gallery: https://wellcomeimages.org/indexplus/image/M0014782.html Photographer: Dickenson V. Alley Wellcome Collection gallery (2018-03-31): https://wellcomecollection.or…

  • 5Gの脅威はトランプ大統領の暗号「CoVFeFe」で無害化されたのか?(んなアホな)

    ようこそ、みなさん。 また「これから話題になるかもしれない」お話です。 今回は「ドナルド・トランプ大統領の暗号」と「コロナウイルス」と「5G」の話題です。 「いっそのこと、シリーズ化してしまおうかな?」と考えてしまうほど、次から次へと怪しげな話題って湧いて出てくるもんです。 昨日トランプ大統領のことを色々調べていて、また「ん?」となるような話題を見かけました。 「トランプ大統領の取り組みによって5Gが安全になりました!」そうです... 「CoVFeFe」って? このお話の始まりは「トランプが呟いた暗号(とされているもの)」のお話から。 トランプ大統領がTwitterで呟きました。 「covfe…

  • 「禅」から「ZEN」へ - 日本からアメリカへ。そしてまた日本へ。

    ようこそ、みなさん。 私の手元に一冊の雑誌があります。 皆さんは「Spectator」という雑誌はご存知でしょうか? こういう「ちょっと変わったサブカル雑誌」です。 ※ 「だいぶ変わった」かもしれません。 www.spectatorweb.com 私は「自分がどれほど世間ズレしてるのか?」はわかりません。 ※ なんせ「自分のこと」だから。 東京の大きな書店ならば、雑誌コーナーの一角にひっそりと置いてあります。 100万都市ぐらいにある、大型書店のチェーンにもギリあります。 地方都市の郊外型モールの大型書店のチェーンにはありません。 お取り寄せです。 あなたのお住みの街の「ヒッピー寄りな」お洋服…

  • バンライフ - 立って半畳寝て一畳な、これが本当の"理想の"ニューノーマル?

    ようこそ、みなさん。 今日は肩の力を抜いて、私が「こんな生き方がいいな」と思うライフスタイルのお話を。 みなさんは「バンライフ」て言葉を聞かれたことはありますか? 英語で書くなら「Vanlife」となるので「ヴァンライフ」と書くべきかもしれません。 野外フェス〜アウトドア〜キャンプ〜グランピングの流れで数年前から日本でもにわかに注目されてきたライフスタイルです。 「バンライフの魅力はこれだ!」的なブログなどはたくさんありますので、私は個人的なお話を。 その前に。 現代的な日本における「バンライフ」の魅力が詰まったコチラの動画をご覧ください。 www.youtube.com いかがでしたか? 自…

  • 「ロックフェラー・ロック・ステップ計画 2010」について - お詫びと訂正:じゃあ誰だったのさ、この動画の声の主は?

    ようこそ、みなさん。 やられました... 私の初歩的なミスです。 ごめんなさい。 コチラの記事にて kazzhirock.hatenablog.jp ガーナ大統領のお名前を「ナナ・アクフォード」さんだと記載しておりましたが、正しくは「ナナ・アクフォ=アド」さんです。 ja.wikipedia.org さらにコチラの動画 www.youtube.com※ 「アフリカの指導者は最終的に拒否&アフリカのためのビル・ゲイツの致命的なワクチンを暴露する」 この動画の声の主は 「ナナ・アクフォ=アドさんではないらしい」ということが判明しました。 実際の「ガーナ大統領、ナナ・アクフォ=アド」さんのQ&A動画…

  • 30年前にコロナ予言? - そしてまた「恐怖」だけが一人歩きをするのだった、日本中を。リテラシーを置き去りにして、まるでオバケのように。

    ようこそ、みなさん。 また面白い記事を見かけました。 ※ 正直「頭にくる」部類ですが。 先ほど「みなさんの不安を取り除きたい」と書いた矢先にコレです。 kazzhirock.hatenablog.jp 「30年前にコロナ予言?」 岐阜新聞からのニュースです。 www.gifu-np.co.jp まぁ、要約すると SNSで「矢追純一(UFO番組の仕掛け人)の1993年の著作『カラスの死骸はなぜ見あたらないのか』に転載されていた岐阜新聞の記事」が掲載され、そのツイートをした人に「多くのリアクションが寄せられている」というものです。 岐阜新聞のTwitter 30年前にコロナ予言?見出し「2020年…

  • ウイルスとの付き合い方(”これまで”と”これから”の)を考える - 「動的平衡」と「ウイルス進化説」と「遺伝子の水平伝搬」と

    ようこそ、みなさん。 先日、軽く「ウイルス進化説」のお話をさせていただきました。 kazzhirock.hatenablog.jp 今日はさらに「動的平衡」と「遺伝子の水平伝搬」も絡めて書かせていただこうと思います。 そもそも「人体」って? まぁ、いろんな経験などもありまして。 私は人体を「閉じられた系(システム)」だと思っていません。 環境に影響され、食べているものに左右され、新陳代謝を繰り返しながら活動しているもの。 以前に「川」に例えたかもしれませんが、そのような「現象」だと思っています。 ゴミや汚水が流れている濁った川もあれば、清らかなる川もある。 宮沢賢治が「春と修羅」で綴ったように…

  • 世界を変えた未完の映画:ホドロフスキーのDUNE

    ようこそ、みなさん。 こちらの記事で少しだけお話しさせていただきました「デューン 砂の惑星」について。 kazzhirock.hatenablog.jp みなさんは「デューン 砂の惑星」のことはご存知でしょうか? 小説の「DUNE」 フランク・ハーバート / デューン 砂の惑星 小説「デューン 砂の惑星」は「フランク・ハーバート」さんによって執筆されました。 ja.wikipedia.org あらすじは 遥か未来、思考機械の反乱を鎮圧して、中世風の特異な精神世界を作り上げた人間は宇宙帝国を築き世界を支配していたが、超能力をもつ女性種族ベネ・ゲセリットや、純粋数学とメランジの力で恒星間飛行能力を…

  • 「原罪」について思うこと

    ようこそ、みなさん。 「ナウシカ」の記事を書き終えて、寝る前に考えていたことについて。 「『コロナ・ウイルスからの手紙』とかって、なんであんな発想になっちゃうんだろうなぁ?」と考えておりました。 結論として「なんだかんだで『原罪』が根底にある文明圏だもんなぁ」というところに落ち着きました。 概要 ユダヤ教では、「アダムの犯した罪が全人類に及ぶ」とする「いわゆる原罪」の概念を採る説もあるが、多数派はそのような見解を否定する[3]。 現代の西方教会においては、罪が全人類に染み渡っていて罪を不可避的にする状態の中に、全人類が誕生して来る状態を指す表現として理解される傾向がある[1]。しかし、西方教会…

  • 腐海が放つ瘴気はコロナウイルスなのか? - 「風の谷のナウシカ」と「コロナウイルス」と #一生に一度は、映画館でジブリを。

    ようこそ、みなさん。 ちょっと「風の谷のナウシカ」の お話を。 風の谷のナウシカ / 宮崎駿 みなさんは「スタジオジブリ作品」はお好きですか? 「風の谷のナウシカ(1984)」を筆頭に、「天空の城ラピュタ(1986)」「火垂るの墓(1988)」「となりのトトロ(1988)」「魔女の宅急便(1989)」「紅の豚(1992)」「もののけ姫(1997)」「千と千尋の神隠し(2001)」「ハウルの動く城(2004)」「崖の上のポニョ(2008)」「風立ちぬ(2013)」などなど.. 他にも佳作が目白押し。 そんな「スタジオジブリ作品」を映画館で鑑賞できるチャンスみたいですね、最近。 www.ghibl…

  • COVID-19パンデミック年表 - 新型コロナウイルス感染症時系列まとめ(〜2019/12/31)

    ようこそ、みなさん。 「新型コロナウイルス感染症」について。 いまだに「いつ収束するのか?」「そもそも収束するものなのか?」「ワクチンはできるのか?」「後遺症はあるのか?」などなど、マスコミ経由で入ってくる情報で先が見通せない情報ばかりの状況です。 その上で「様々な陰謀論」などが囁かれ、人々の不安だけが増加しているのではないでしょうか? コロナウイルスに対して囁かれる様々な噂などを含め、これから「私たちはどうしていくべきか?」を正しく考えるためにも、まずは「マスコミ経由で発信される情報」をまとめていきたいと思っていましたが... 私が「なんか起こってるかもな?」と最初に感じたニュースがこちらで…

カテゴリー一覧
商用