searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

saaikさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
saaik blog
ブログURL
https://saaik.blue
ブログ紹介文
海外渡航22カ国の旅行記を記していきます。男一人旅です。 その他、英語学習、ゴルフ、テニスに関する発信をします。 面白いと思った書評も上げさせて頂きます。
更新頻度(1年)

39回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2020/07/25

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、saaikさんをフォローしませんか?

ハンドル名
saaikさん
ブログタイトル
saaik blog
更新頻度
39回 / 365日(平均0.7回/週)
フォロー
saaik blog

saaikさんの新着記事

1件〜30件

  • 0.5%アルコールビール ビアリー 普通においしい

    アサヒビールから発売された0.5%アルコールビール「BEERY(ビアリー)」に少しハマっています。 コロナ禍でストレスの捌け口を失い、家で飲酒することが増えましたが、ここ半年くらいは龍馬1865というノンアルコールビール を愛飲し、アルコール依存症からの脱却に成功していました。 龍馬1865に全く不満は無かったのですが、ふと記事で目にしたビアリーが気になり飲んでみることにしました。 ビアリーのインプレ ・自然なビールの味わいがして普通においしいです。よくあるノンアルコールビール特有の人工的な味はしません。 それもそのはず。アルコール分のみを取り除く「脱アルコール」製法により作られています。 ・…

  • 楽天プレミアムカード ダウングレードに掛かった手間

    年会費11,000円を払いたくなくなったため、6年間保有した楽天プレミアムカードを楽天カード(ノーマルカード)へとダウングレードしました。 切替作業に掛かった時間は約2時間 ・切替手続きの電話に7分 ・ノーマルカードが到着するまで6日 ・各種登録情報の変更に2時間 カード引き落とし設定にしている諸サービスの変更手続きが一番面倒でしたが、棚卸しが出来たという面では良い機会になりました。 ・・YouTubeプレミアム、Yahooウォレット、Apple ID、Amazon、スマホ料金、ネット料金、はてなブログ 等 あとは、スマホアプリにも結構クレジットカード登録をしており、その変更にも地味に手間取り…

  • パリにはコインロッカーがありませんでした。

    錦織選手が対戦相手の棄権により全仏オープンでベスト16に進出しましたね。きっと誰も期待していないでしょうが、こんな時にこそ優勝してくれちゃったりしませんかね。ナダルさんとジョコビッチさんは反対側のドローにいることですし。 2012年のことになりますが、全仏オープン観戦に訪れた最終日にスーツケースを持って凱旋門に登ろうと思ったことがあります。 ホテルをチェックアウトし、そのまま空港に向かうつもりでした。 ところが大きな荷物の持ち込みはダメよと係の人に注意され、スーツケースを預けるべくコインロッカー探しに奔走することになりました。爆弾とか仕掛けられるリスクがあるから海外にはコインロッカーは基本的に…

  • アイアンとサーブの共通点 リズムを保つ

    クラブやラケットといった道具を使う点でゴルフとテニスは似ていますね。 一方で、常に止まっているボールを打つゴルフに対して、テニスは対人競技ですので動いたボールを打つ点で大きく異なります。 そんな中でも、自らトスを上げてボールを打つサーブはゴルフのショットに最も近しいと言えます。 他人に左右されることなく、自らのペースでボールを打つことの出来るゴルフのアイアンとテニスのサーブには1つの共通点があります。 フェデラー のサーブで最も参考に出来る点 フェデラー のサーブの美しさは多くが語られるところではありますが、常にリズムが一定であることを評している記事は珍しいです。 フェデラーのサーブはこうやっ…

  • ビットフライヤーとコインチェックの違い 取引所での最小購入単位

    ビットコインを購入するのに有名な仮想通貨取引所としてCoincheck(コインチェック)とbitFlyer(ビット フライヤー)があります。 モノは試し、 仮想通貨を購入するために初めに開設したのはコインチェックでした。 いざコインチェックの「取引所」でビットコインを購入しようとしたところ、最小購入単位が0.005BTCと大きく、購入を躊躇してしまいました。 1ビットコイン(BTC)が約500万円(2021年4月時点)でしたので、最小購入単位の0.005BTCを購入しようとすると、 500万円✖️0.005BTC=2.5万円 となり購入に踏み切ることが出来ませんでした。 一方で、ビットフライヤ…

  • 都内でレフティパターが揃ってる店 2選 

    レフティ にとって悩ましいのは試打がなかなかできないこと。 パターに限らずゴルフクラブは現物のフィーリングを確かめてから購入したいところですが、そもそもレフティパターを沢山取り扱っているお店は希少です。 そんな悩みを少しだけ解決してくれるレフティパターが沢山置いてある都内のショップはこちら。 コトブキゴルフ ワールド館 JR御徒町駅 徒歩すぐ 地下1階にレフティの新品パターが豊富に取り揃えられています。 オデッセイ、PINGの最新全モデルが揃っていました。 ゴルフはJR「御徒町」駅、徒歩40秒のコトブキゴルフ! ゴルフパートナー 室町日本橋店 銀座線三越前駅 徒歩3分 JR新日本橋駅の方が最寄…

  • 風変わりなテニス選手 ドルゴポロフ

    ウクライナのプロテニスプレーヤー、ドルゴポロフが引退を発表しました。 テニス雑誌でとてもトリッキーな選手と紹介されていたことから興味を持った選手でした。 その雑誌では″ゼンマイ仕掛けのようなクイックサーブ”と称されていましたが、予想以上のクイックさに虜になってしまいました。 www.youtube.com サーブだけではなくフォアハンドもかなり特徴的です。 ドルゴポロフ スイングスピードが異様に早いフォアハンド - YouTube 極め付けはそのプレースタイルで、とにかく思い切りよくボールをハードヒットします。 超クイックサーブで1stサーブも2ndサーブも加減なくラケットを振り切り、フォアハ…

  • え、ニューヨークって花粉飛んでますの?

    私は過去3度ニューヨークに行ったことがあるのですが、 満を持して行った3度目のニューヨークでは完全に花粉に打ちのめされてしまいました。 2度目のニューヨークは年末年始(2017年12月)のタイミングで、大寒波が襲来した年だったことも重なって 極寒さに打ちのめされました。 そのリベンジに今度はGW期の5月にニューヨークを訪れたわけですが、 花粉が飛んでいるだなんて完全にノーマークでした。 ※花粉症はスギを植林し過ぎた日本特有の事象だと思い込んでいました。 当時(2019年5月)はニューヨークでマスクをすることははばかられる("ウイルス保菌者"もしくは"変人"と思われる)時代だったため、 ノーガー…

  • 意味あるの? レジ袋有料化

    レジ袋の有料化、非常に評判悪いですよね。 私はエコバックを持ち歩こうと努力はしていますが忘れることも多いため、そんな時は迷わずレジ袋を購入しています。 レジ袋が「プラごみ」に占める割合は1.7%と言われているため、この対策が地球規模の「プラごみ」問題の解決に寄与する訳ではありません。 しかし、レジ袋(プラスチック製品の廃棄)が環境に良くないということが子供にも分かるため、啓蒙的に意味のある施策だと思います。 男前な小池都知事 一人当たりの「プラごみ」廃棄量が米国に次いで世界第2位の日本は、2018年6月にG7で採択された「海洋プラスチック憲章」の署名を米国と共に拒否しました。 産業界からの理解…

  • 「全部受け止めて‥」  創価大アンカー 小野寺勇樹選手

    3分は180秒だから10区間が20kmとして1kmあたり9秒(180秒÷20km=9秒/km)詰めないといけないのか。 最終区でタスキを待つ小野寺君の顔を見て 「この子大丈夫かな」 と思いつつも流石に3分差を逆転するのは難しいか と勝手に試算して昨日は大学駅伝の結末を見届けずに外出してしまいました。 彼が投稿したTwitterが話題になっていますが、 全部受け止めて‥ って言えるところがスゴイなと思いました。ごめんなさい。全部受け止めて来年強くなって戻ってきます。これからもどうか創価大学の応援よろしくお願いします。— 小野寺 勇樹 (@yu_kideradera) 2021年1月3日 もっとリ…

  • スタバのカフェミスト ミルク多め

    「スターバックスラテ」と「カフェミスト」、 なんとなく「スターバックスラテ」の方がミルク含有量が多い気がしていました。 正確には以下のようです。 スターバックスラテ エスプレッソ(25%)➕スチームミルク(75%) カフェミスト コーヒー(50%)➕スチームミルク(50%) カフェミストはミルク含有量を多くできるとのこと。 今日は外気温が低く、少し体調が優れないため ミルク多め(70%)のカフェミストをオーダーしてみました。 一気にカフェオレ感が出ました。 今日のテニスチーム戦はチームとして負けてしまいました 6チーム総当たり戦で、 優勝チームが上のリーグに上がれます。 今日負けたことで昇格の…

  • お酒を飲みながらオンライン英会話

    もうかれこれ2年弱オンライン英会話を続けていますが、 今日はワインを飲んでからレッスンに臨んでみました。(普段はシラフで受講しています) 結果、けっこう弾けられて良いなと思いました。 むしろこのスタイルの方が良いのではないかと。 少し酔っ払っていることで、余計な生真面目さが取り払わられて 積極的に喋ろうとしている自分が見て取れました。 基本的にスムースに喋れるわけではないためレッスンを受けること自体が億劫なのですが、 そんな時は、ワインの力に頼ってみたいと思います。 さて、明日は大切なテニスの試合があります。 5ポイント制の会社対抗の団体戦です。 オーダーは色々いじれるため誰と対戦するかは分か…

  • リアル 15巻

    前作(14巻)から6年ぶりに新刊が発売されていました。 この作品は誰が主人公なのか迷うところがありますが、 15巻は高橋くんと野宮の関係性がフォーカスされていました。 昔は仲良かったんだ、と思いました。 今回の話のストーリーからは、 野宮が高橋くんをタイガース(野宮が携わる車椅子バスケチーム)に誘い込んで、 一緒に戦っていく未来図を期待させてくれました。 この15巻では、 主人公たち(戸川、安積、野宮、高橋くん)みんなが各々の現実(思い通りにいかない)に直面する場面が重なりますが、 そのリアルさに共感と共に引き込まれるものがありました。 リアル 15 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)…

  • 電車とホームの間にズッポリ

    本日、とある女性が電車に乗る際に足を踏み外して 電車とホームの間にズッポリはまり込む場面に遭遇しました。 そばに居た男性二人が両脇から抱え上げて事なきを得ましたが、 直後に電車の扉が閉まるタイミングだったため間一発でした。 私も男性二人のポジションに居たら同じように手助けしたのでしょうが、 人のトラブルに咄嗟に手を差し伸べられる人ってスゴイなと思います。 自分がそういう人間ではないため‥ 上海でのトランジットにて 日本から上海を経由してラオスに向かう上海便にて、 真ん中4列シートの右端に私、 逆サイドの左端にモデルのような綺麗なママさんが座っていました。 流石は上海、綺麗な人が多いなと思ってい…

  • ハルシュタット湖 オーストリア世界遺産 その1

    オーストリアの世界遺産で少しトラブルに見舞われたお話です。 海外旅行中は写真を撮らない。 この光景を目に焼き付けるんだ。 海外一人旅を始めた頃、私の中でポリシーにしていたことでした。 そのポリシーは、ハルシュタット湖の美しさの前に脆くも崩れ去ります。 そして同時にそれがちょっとした悲劇のトリガーとなりました。 ミュンヘンからザルツブルクへ テニスのミュンヘンオープンの観戦に私はドイツを訪れていました。 ドイツ料理の肉肉しさに飽き飽きしていたため、 ハルシュタット湖畔のレストランで出てきた久しぶりの魚料理に舌鼓を打っていました。 ハルシュタット湖は最寄りの鉄道駅からボートで10分ほどの距離にあり…

  • 鏡で自分の後ろ姿を見てビックリ

    本日テニスの試合で両足のふくらはぎを攣ってしまいました。 ダブルスを終えた後のダブルヘッダーでのシングルスで 2ゲーム目くらいから早くも左足が攣り、 4ゲーム目くらいから右足にも来てしまいました。 家に帰ってから大鏡で自分の後ろ姿を確認してみると、 ふくらはぎがビックリするほど細くなっていました。 自分の中では学生時代の筋肉隆々なイメージを持っていたためショックでした。 対策としては走り込み(ランニング)が一番ですが、 せめてカーフレイズ(Calf Raise)という ふくらはぎに特化したトレーニングを行いたいと思います。 カーフレイズの正しいやり方。自宅で手軽にふくらはぎを強化:動画解説 |…

  • 徒競走でビリケツ

    甥っ子が幼稚園の徒競走でビリケツでした。 直接観に行ったわけではなくLINEに送られてきた動画を観ただけなのですが。 走り方を見る限り、 確かに速くは走れなさそうだなと思いました。 ただ、その一生懸命に走る姿と ゴールに着いた時の笑顔になんとも胸が締め付けられました。 5歳くらいだと、ビリケツになったことに対する恥ずかしさのようなものは無いのでしょうか。 順位は良くなくとも、自分の出来ることにベストを尽くす姿勢に胸を打たれたのだと思います。 大人になると初めから諦めてしまったり、 下手くそなことを一生懸命にトライすることを恥ずかしいと思ってしまったり。 甥っ子のパパさんは 自分が子供の頃はいつ…

  • 横取りクレーム メルカリ

    先日メルカリで出品していた商品(ネクタイ)を横取りされたと激しいクレームを受けました。 不要なネクタイを数本出品しているのですが、 11月に入りクールビズが終わりを告げたためネクタイに対する関心度が少し高まった気がします。やはり商品を転売するに季節性は重要だなと感じます。 件のネクタイは起毛素材のストライプ柄でした。写真では色合いが分かりづらかったようで、 興味を持たれた方より"何色ですか?"と問い合わせが入りました。その方のプロフィール文を見る限り、 また質問の序文に"コメント失礼します"と入れてくることからも非常に丁寧な方でした。 "緑色です"と回答したところ、 "800円に値下げして貰え…

  • 海外一人旅で困る事。 弾丸パリ一人旅 その2

    海外一人旅で困る事の一つに夜の食事があります。 パリ到着初日、 ホテルにスーツケースを置いて街に繰り出しました。 歩き疲れて時間も遅くなってきたので、 ホテルに戻りがてら、 ホテル側で見かけたレストランを目指します。 パリのレストランはオープンテラスが併設されているお店が多く、 そのお店のオープンテラスでもローカル客が楽しそうに食事をしていました。 食事したのは夜。お昼に記念に撮影。 一人でレストランに入店することがなかなか出来ず、 そのお店の前を行ったり来たりを数度繰り返します。 いいかげん空腹に耐え切れなくなり勇気を出してお店に入りました。 人差し指で"1"を示して一人であることをウェイタ…

  • チケットを持たずに全仏オープンへ。 弾丸パリ一人旅 その1

    当時はネットを調べてもチケットの買い方が分かりませんでした。当日券か最悪はダフ屋から入手出来るだろう。そう考えてフランスに飛び立ちます。2012年5月。これが初めての海外一人旅でした。 社会人になって5年目。平易に日本にいる事に心がカラカラになっていました。 行きの飛行機にて不安に駆られながら一心不乱に「地球の歩き方」を読みふけっていると、隣のフランス人女性から話しかけられます。"パリは初めてかしら?""ええ、全仏オープンを観に行くんです""チケットは持っているの?""いいえ、現地で買おうと思ってます""そう‥" なにかこのやり取りに違和感を感じました。 全仏オープン初日パリに着いた翌日が全仏…

  • 読めばテニスが強くなる

    20年ほど前のテニス雑誌にはこの本の広告がよく載っていた。ウイニング・アグリー 読めばテニスが強くなる作者:ギルバート,ブラッド,ジェイミソン,スティーブメディア: 単行本 著者は世界ランキング4位にまで上り詰めたプロテニスプレーヤー。 悪童ジョン・マッケンローの天敵にして、アンドレ・アガシを不調の底から世界1位へと蘇らせた戦略家。 主に授けてくれる戦略は、以下2点。 ・準備をしっかりしよう ・計画性を持とう 試合前に人よりも精神的・肉体的な準備をし、 試合中に頭を使ってプレーすることで、 自分よりも強い相手に勝つことが出来るよと知恵を授けてくれる。 30歳になった錦織圭 先の全仏オープンで"…

  • すぐに売ってしまえ、の購買法

    欲しい本をお得に手に入れる方法をご紹介します。 いくつか前提条件があります。・その本を所有しないこと ・人気(需要)のある本であること 結論は 読み終わったらメルカリなりヤフオクで直ぐに売り払ってしまう、です。 この方法には 精神的に克服しなければいけないハードルが存在します。・また読み返すかもしれない誘惑 ・買ったものを手放せない根性 売ることが前提のため 読みながら本に線を引いたりしないこともポイントです。 需要のある本は出品すると直ぐに買い手がつきます 【書評】いますぐ書け、の文章法 こちらの本は 何回か読み返したいと思い手放すことができなくなった本です。 とある有名ブロガーさんにYou…

  • 悪徳両替商 インド男一人旅 その5

    海外旅行で重宝している財布があります。 それがこちら。 ・一枚革で非常にコンパクトなのと小銭が取り出しやすいです。 ・カードも4枚くらい入ります。 悪徳両替商との戦い渡航前の事前リサーチで両替時にはとにかくイカサマされないことと叩き込まれていた私は 満を持して日本円からインドルピーへの両替へ臨みます。スマホアプリで3,000円がおおよそいくらに換金されるのかを事前確認。 両替店に入ると如何にもインド人っぽい中肉のおじさんがカウンター越しに出迎えてくれました。"まぁまぁ、腰をかけなさい" 丸椅子を勧められます。するとおもむろに背後に回り込まれ、店の扉と鍵を閉められます。 そしてあろうことかカーテ…

  • 帰り便で得した体験 インド男一人旅 その4

    タージ・マハル観光を終え、ダンディーなお抱えドライバーに空港まで送ってもらった私は、思いがけずお得な体験をします。 インディラー・ガーンディー国際空港に早く着き過ぎる"でも"少しだけ分かりますか?早めに空港に到着し搭乗手続きのカウンターで2番目に並んでいた私に、カウンター職員(インド人女性)が尋ねます。 "Do you understand English?"英語に自信のない私は、間髪入れずに答えます。 "Sorry, No"しかし、予想外にインド人女性職員は食い下がってきます。 "でも少しは分かりますよね?"と " a little?"と副詞を付け加えてきます。 どこか女性に求められた(甘え…

  • 逆ザヤで転売 メルカリ編

    本日、逆ザヤでジャケットを転売しました。理由は送料が思った以上に掛かってしまったからです。PUDOという便利な宅配ボックスに持っていったところ、画面に表示された送料は700〜1,400円。 600円で購入頂きましたがメルカリさんに販売手数料10%(60円)を持っていかれるため、どう足掻いても160円の赤字です。 宅配便ロッカー PUDOステーション | ヤマト運輸ただ、絶対に着ることはないくせに捨てることが出来なかったジャケットですので断捨離するのにお金を払ったという感じです。 ヤフオク私は過去10年くらいはずっとヤフオク一辺倒でした。今年の3月に引っ越して、あまりの部屋の狭さに強制断捨離をせ…

  • 出国トラブル(e-visa編) ウラジオストク 一人旅 その3

    近年ウラジオストクへの旅行が人気になっている理由の一つにe-visaの導入が挙げられます。※2017年8月よりロシア沿海地方の空路と航路の入国に限り、電子簡易ビザのネット申請が可能になりました。 日本人の方ですか?マリインスキー劇場でバレエを観劇後、タクシー乗り場に向かうと日本人の女の子(大学生)に声を掛けられました。タクシーアプリでタクシーを呼びたいのでWi-Fiを貸して欲しいと。自分もタクシーで街に戻るところだったため、どうせならと同乗してもらいました。なんでもポケットWi-Fiを持たずに旅をしてみようと、友人とこのウラジオストク旅を計画したらしい。ところがその友人はe-visa申請で名前…

  • 猫カフェと北朝鮮レストラン ウラジオストク 一人旅 その2

    私は無類の猫好きなためガイドブックに猫カフェが載っているのを見つけた時は心踊りました。街中でも猫を見かけると書いてありましたが、そんなに出会うことはありませんでした。 旅行中雨が多かったからかもしれません。 道路が冠水したため徒歩からバス移動にシフト猫カフェデビューウラジオストクは狭い街のため、実は少し時間を持て余していました。 日本でも行ったことの無い猫カフェにデビューしてみました。その猫カフェは少し分かりづらいビルの3階に位置しています。 Login • Instagram 一人で切り盛りしているキレイなロシア人女性が出迎えてくれ、注意点を英語でレクチャーしてくれました。 カフェ内ではセル…

  • 運動神経の良い子供の育成法

    これは私の卒論のテーマでした。結論は、10歳までにその競技を始めること。 中学生(12歳)から始めた硬式テニスが上手く出来ず、思い悩んだ高校時代。"自分は運動神経が良いはずなのにな" "なんで自分より足の遅いアイツに負けないといけないのかな"そこから運動神経って一体なんなのだろうということが気になり、スポーツ科学を勉強するために大学に入りました。 参照 https://www.meiji.co.jp/sports/savas/savasjunior/training/training2.html 運動神経をつかさどる「神経系(赤線)」の回路は10歳頃には100%に到達します。 そのため、小さい…

  • 美しきタージ・マハル インド男一人旅 その3

    タージ・マハルの美しさには心を奪われました。首都デリーから車で4時間ほどの距離にあるアーグラーにタージ・マハルはあります。 旅程に余裕の無かった私は、デリーにある日本の旅行代理店に一人ツアーを申し込みました。 ツアーといってもお一人様ツアーで、ドライバーが朝、車で迎えに来てくれて、帰りは再びデリーまで送ってくれます。 ダンディー早朝、ホテルの部屋で出発の準備を整えているとフロントから電話が掛かってきます。 "Someone visits you" ターバンを頭に巻いたダンディーなドライバーが迎えに来てくれました。 フロントが"どこへ行くんだ?"と尋ねてきます。 "アーグラーに行くよ" そう答え…

  • 雄大なるガンジス川 インド男一人旅 その2

    ガンジス川はとても雄大で壮大でした。水は汚く濁っていますが、ヒンドゥー教徒が聖なる水で沐浴をしています。 欧米の観光客もこぞって沐浴をしています。 地元民は川の水で洗濯をしています。ただ、私は沐浴に挑戦することは出来ませんでした。 見るのと実際にやるのとでは大違いですが、沐浴後のリスク(発熱や下痢)を考えると、私には無理でした。 洗濯をする地元民 麻薬売人との出会い街の小道を散策していると、開け広げられた扉の家の中に居たインド人と目が合いました。 "クスリあるよ" とても流暢な日本語で話し掛けられました。突然の日本語とその流暢さに思わず笑ってしまいましたが、クスリに手を出す日本人観光客が多いの…

カテゴリー一覧
商用