searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

るふらんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
にゃおんと本の日々
ブログURL
https://diamondcut.fc2.net/
ブログ紹介文
猫と本とハッピー。
更新頻度(1年)

26回 / 21日(平均8.7回/週)

ブログ村参加:2020/07/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、るふらんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
るふらんさん
ブログタイトル
にゃおんと本の日々
更新頻度
26回 / 21日(平均8.7回/週)
読者になる
にゃおんと本の日々

るふらんさんの新着記事

1件〜30件

  • 苦節50年ようやく一級になれるかも

    将棋ウォーズ苦節500年。50年?いやいや500年。ようやく長い二級の氷河期を抜け、間もなく1級になれそうだ。これは、何が良かったか。「早くさせ。決断力」「攻めなくては勝てない」 この二つの言葉だ。戸辺7段の言葉。 昔はさ、受けの名手、大山康晴とかさ、奇手升田とかさ、そういうのが良くて本読んだわけ。勝つにはそうじゃねえんだな。大山さんも升田さんも勝つ方策を隠してたんじゃない?決断力と攻め。そこだっ...

  • 今日と同じ明日ではいけない

    今日と同じ明日ではいけない。毎晩毎晩そう思いながらもがく。また今日と同じ明日が来るのならいやになって早く死にたくなってしまう。明日の朝が来てほしくないと思うから寝たくない。不眠症といっても結局は自らが寝たくないだけだ。人によっては、ある新興宗教のご本尊に夜が明けるまで南無妙法蓮華経を唱えているという。眠れないのだそうだ。不安で。それも一つだが。一つだが。とにかく気合で寝て早朝風呂に入って午前中が勝...

  • そうめんにはおかずが欲しいと思うのよ

    べったとお皿に盛りつけられて、お箸で取ろうとしてもくっついて固まってるそうめんじゃなあ。水が湯がいてとるわけ。しかもそうめんだけって寂しいなあ。ハム、ナルト巻、シソ、キュウリ、チャーシュー、あれこれ刻んで盛り付けてほしいなあ。食べる気ねえよなあ。がっかりしちゃうよ。...

  • ついに将棋もやめる。

    もうほんとに将棋ウォーズも飽きた。やめる。いや、やめた。やめるやめると言ってやめた人いない。現在完了形で「やめた」と言わないと。やめた。やめた~やめた~おまえ~とみちづれに~。これは懐かしの牧村三枝子道連れだよ。道連れいない。でもやめた。時間ばかり食って脳が疲れるし、仕事がはかどらないって、仕事してるの?なんて言わないように。一応さ、ほら、キンドル作家だよ。不動産管理もしてるしさ。たばこ銭にもなら...

  • 麻雀のコツもわかったのでここに書いときます。

    やんないことです。それしかないです。いろいろ研究して、本も読んで、有名人とも打って、雀荘で徹夜もして。結論。やんないことです。ほかにないです。疲れます。お金も無くなります。もういいね。傾国の遊戯とはよく言ったもんです。先日、雀荘で帰りがけに「暇な時に来てください」と言われてはっと気づく。ヒマな時に、やるものだったんです。ヒマな時にね。これ、2軒の雀荘から言われました。本気になってやるもんじゃないよ...

  • 将棋のコツもようやくわかったのでここにメモします

    将棋を始めたのが小学3年生くらいでしたからもう半世紀以上もやっていることになります。大学を卒業してからもひどいときには上司の目を盗んで勤務時間中に行って失職まじかになってしまったこともありました。それが勝てない。へぼです。まあ美味かったら今頃は、内藤国雄か米長か、そのくらいのレベルには達していて、紅白ではおゆきかなんかを歌っていたことでしょう。あれはおゆきという女なんていう感じでね。最近、ようやく...

  • ツイッターのコツもわかってきたので、ここにメモしときます。

    ツイッターも1年近くやってコツがわかってきた。私のツイッターはリンクをこのブログの右サイドに貼ってあるので見てください。見るとわかりますが、毒にも薬にもならないツイートばかりです。猫とか花とか。街の神社とか。畑の風景とか。今日は、珍しいチューハイを買ったのでその写真です。そうです!ツイッターのコツは、毒にも薬にもならないことをツイートするだったのです。これがわかった価値は百万両です。まあ、こういう...

  • ブログのコツがわかったのでメモしときます

    ブログのコツ。ツイッターも、ブログも、アマゾンキンドルの電子書籍も、全部同じことを書くのである!なぜこのことに気づかなかったのだろう。それぞれ違うことをやろうとしていた。全部、同じでいいのである。そうすれば、毎回、ああだこうだ考えることなんてないのだ。それに、新しいことを書くことも何もないのだ。昨日と同じことを書けばいいのである。それがま~、自分ブランド化、と言うことでもある。さらに、実生活も、ツ...

  • 早期退職して分かったこと20章

    私の本です。4冊目になります。3冊は麻雀本。そして今回は、エッセーのような自己啓発のような。とにかくまあ、退職後どうなるかわからないという不透明なまま早期退職してみましたが、結果として大正解だった、という話です。ものの見方も大いに変わりました。自己成長を遂げたわけです。...

  • 北芝健 迷宮探訪を読む

    怖い本です。写真が多いですが、こういうところでは犯罪起きるなあ~って感じさせてくれる写真です。ですから、写真集としても見ごたえあります。組織犯罪というのは実に怖いですね。内陸地でも他国による拉致は起きるそうです。ちょっとでも危険な土地、暗いところ、人気のないところ、そういうところには立ち入らない、住まない、心掛けないといつ何時自分が被害者になるかわかりませんね。...

  • 野良猫が来た

    入ってきたのでご飯を分けてやる。あまり腹を減らしてないようだ。この後とんでもないことに。この猫が歩いた後に寄生虫がいたのだ。野良猫家に入れてはならない。...

  • 図書館で刑事事件の本を借りる。

    実に面白い。と同時に、自分がいかに無防備だったかを知る。単に運が良かっただけで、刑事事件に巻き込まれてもおかしくなかったのだ。いや、何かあれも犯罪であったかもしれない、ということが結構あった。俺は鈍かっただけだ。おおうつけだった。...

  • さて次の本はどんなものにしようか

    ああだこうだ検討工夫してこの本を出すまでに1週間かかった。キンドルダイレクト出版から4冊目になる。1,2,3冊目は麻雀関係だった。コロナ禍での時代、麻雀でもあるまい。それに自分も麻雀は、実戦にせよネットにせよ、もういやになった。それで、今回は人生訓と言うか、日記もどきと言うか、エッセーにした。言ってみれば、頼みもしないのに説教垂れてくださるバカなオヤジの言葉みたいなもんである。ありがたいお話集であ...

  • 地域猫の写真でも貼ってみます。

    なつかないんだこの猫たちが。人間とは距離を置いていた方が安全だってことはわかるんだけどねえ。人を見る目がないのかね。俺みたいないい人にも近寄らない。わかっちゃいないよね。...

  • 負けない麻雀の打ち方

    ネット対戦麻雀をやっていて、これならあまり負けない。むしろけっこう勝てる。そういう打ち方を自分なるに構築してきたので、メモ。1.タンヤオと翻牌が主体。2.ごつごつした手なら、鳴きタンヤオへ。 滑らかな手、順子系ならピンフでリーチへ。3.翻牌トイツがあれば、あとで鳴くことを考慮して、形の悪い数牌から鳴くのもあり。4.敵のリーチに対して、中盤、二段目までなら一枚勝負。 二枚は勝負しない。 終盤、三段目...

  • 麻雀本は役に立つのだろうか

    麻雀本はだいぶ読んだ。日本中の麻雀本の8割は読んでいるのではないだろうか。立ち読みは全部。いいものは購入。古いものは図書館で借りる。役に立っているのだろうか。たまに麻雀本の著者と打つ。残念ながら小島武夫氏とは講話を聴いただけで終わった。これはやっぱり経験と日頃の積み重ねが物を言う。頭でっかちではだめで、ある程度のルールを覚えたら、麻雀屋に毎日顔を出して打つ。こういう人にかなわない。お金が無くなった...

  • キンドルダイレクト出版で本を出しています。

    今まで3冊出版しました。麻雀の本。売れ行きは? ご想像の通りです。それで生活していける事態には程遠いです。楽しみとしてはいいですよね。今後の予定。今考察中二冊。①猫とポエム 猫の写真にポエムをつける。 20枚の写真。②あんまり負けない麻雀の打ち方・基本戦略 タンヤオと 翻牌 ほか、4項目。・何切る。 20問。現在も執筆中のものがあって、退職後の生き方に関する本です。いたってまじめな本です。目標、週に一...

  • 本を買うのは車や家を買うのに同じ

    ネットで書評やらチラ読みだけをして本を買ってたいていがっかりする。どうも違う。買わなけりゃよかった。図書館のネット注文も同じ。注文して借りに行って、クズ借りちゃったなって感じで、ごみ持ってしまった感じですぐに返す。車や家を買うときはそうはいかない。広告だけ見て買う人いますか?同じことが本にも言えるんじゃないだろうか。よく「いい本との出会いが人生を変える」なんて言う。そうなら、車や家と同じくらいの価...

  • ブログランキング上位者とそうでない人を比較してここがわかった

     それは、文字量の違いだ。内容的には、素人が書いている日常のことだからたいして変わりはない。上位者、特にトップ10に入る人は、なんだかわからないがめったやたらと文字量が多いのである。 それだけ読んでも同ということはないし、特に読もうという気にはならない。 他愛もない思索をつづったりとか、読書感想文を延々と書いたりとか。それ他人が一字一字読みますか? でもそのパワーには圧倒される。 比較して、あまりラ...

  • 詐欺の本を読んでいます。

    こんな本を図書館から借りて読んだわけです。最近は、詐欺の話が面白くて、それ系を読んでるんですが、特殊詐欺の話になると、警察の出張講話みたいな感じになりますね。ま、だいたい、パラパラ読みです。M資金、有栖川宮事件、牛のオーナー詐欺、原野商法。この手の話はスケールも壮大で、よく考えたという感じで、本としては読んで面白いです。被害者の方には大変申し訳ないですが、小説よりも奇なりの荒唐無稽さに頭がくらくら...

  • 街はずれで八甲田山状態になってしまった。

     大変なことになってしまった。郵便局に行くつもりで、郵便局へ行ってその後写真でも撮ろうかと、公園へ行って、その後道に迷ってしまったのだ。 こんなことがあるだろうか。もう30年以上住み続けている街である。そんなごちゃごちゃした市街地ではない。行ってみれば市街化調整地域だらけの街である。荒れ地や畑、谷などが混在している。 そこで何時間も同じところをぐるぐる周回してしまったのだ。 八甲田山状態である。 タ...

  • なぜ、人は操られ支配されるのか を読む

    西田公昭氏の本。立正大学心理学部教授である。2019年 さくら舎発行カルトから身を守るがこの本の主たる内容だが、そのキモは、212ページからにある、支配から自分を守る10の方法そのうちこれは特に、というものを抜粋常に誠実でなくても良い相手の誘いを断ってもいい答をすぐに出さなくていい難しい問題には正解はないと心得るすぐに親しくなろうとする相手に注意するおかしいと感じたら全力でその場から逃げ出す他人に依存しな...

  • なぜこのブログを始めたか

     読書記録をなぜ始めたか。 Youtubeで、「読んだ本を無駄にしないために情報発信を」 と言っている人が複数いたからだ。 樺沢紫苑氏と青山龍氏である。 この二人の動画は時々見ている。 まじめな姿勢でお話になっている姿がいい。 読んだきりだと読んでも忘れちゃうし、身に着かない、それが一つの理由。 最初は日記ブログにするつもりだったが、 今までもそんなものは続かない。 読書記録は著者ではないので細か...

  • 幸運が舞い込む部屋探しの秘密 を読む

     ちょっとスピリチュアルなものを期待したが、そういう書籍ではなかった。 意外とまじめな不動産屋の本である。 進学や就職の際の部屋探しのアドバイスになる可能性はある。 朝日新聞社出版。 2019年発行。当然現在はコロナ等の問題があるから状況は一変している。...

  • あなたはこうしてだまされる を読む

     多田文明著。 平成27年産経新聞出版 多田さんと言うかたは、この手の本を書いている方のようだ。 身近な詐欺の話。 もう平成ではなく、しかもコロナ時代なので、状況は変わっている。 ちょっと古いし、誰もが知っている話題かなとは思うがパラパラめくってみた。 私的には、ネットの求人情報も怪しいな。 ネットで「いいお話あるんですが」も。 うまい話はないやね。...

  • 藤井猛の攻めの基本戦略 を読んで将棋の研究をする

     私、将棋のプロを目指しているわけでもないし、将棋は趣味にもならない。ただのたまの時間つぶし。ネット将棋をやる程度。でも少し勝ちたい。 めんどくさいことはごめん。一番読みやすそうだったのがこの本。で、図書館から借りた。 途中で眠くなる。本当に眠ってしまう。読了に数日を要した。 学んだこと。拠点の歩。 将棋初心者向けの本でした。...

カテゴリー一覧
商用