searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

怖い人さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
洒落怖ネット〜洒落怖・怖い話まとめ殿堂入り〜
ブログURL
http://syarekowa.net/
ブログ紹介文
2ちゃんなどで話題になった怖い話、洒落怖などを紹介するサイトです。 今後も追加していく予定です。
更新頻度(1年)

19回 / 137日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2020/07/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、怖い人さんの読者になりませんか?

ハンドル名
怖い人さん
ブログタイトル
洒落怖ネット〜洒落怖・怖い話まとめ殿堂入り〜
更新頻度
19回 / 137日(平均1.0回/週)
読者になる
洒落怖ネット〜洒落怖・怖い話まとめ殿堂入り〜

怖い人さんの新着記事

1件〜30件

  • 人間の力 「人間は機械じゃないよ」

    酔ったいきおいでつい関係してしまった女の子がいた。 彼女は明るくて自分のタイプだったので、 その後も何度か会社帰りに飲みに誘ったりして、 彼女もその気になりついにつきあう事になった(同じ会社の子ではありません)。

  • きまり

    やっと謎が解けた、原因は”あるもの”を見たからで、それが何かやっと分かった。 平成10年9月10日、O県H市にある廃虚に肝試しに行ったのが”こと”の始まりだった。見なかったことに しようという暗黙の了解がいけなかった。。。。。

  • はじめてのかていか

    7がつ5にち  きょう、はじめてかていかをならった。ケンちゃんは「かていかはおんなのかもく!」といってせんせいにおこられた。  せんせいは「いまはだんしもさいほうやおりょうりができないといけないじだい」といった。  はじめてのじゅぎょうはおりょうりだった

  • 謎のビニールひも

    夜中までひものある場所を見つけて廻る中で、ものの10分前に通った時には何にもなかったとこにひもが現れたりして、普段の依頼と違う不気味さにスタジオの空気も変わってきた。そして、最後はとあるガソリンスタンドの裏に数百本のひもがくくられているのが

  • 赤いクレヨン

    その友人が担当するマンションの空室に 一部屋だけ他と雰囲気の違う部屋があった。 その部屋に入ると、いつもなにか違和感を感じていたのだが、 ある日その部屋の廊下が、他の部屋より1m位短いことに気づいた。

  • おまえらのほうだよ

    夏のある日2組のカップルが海水浴に出かけました 仮にA君、A君の彼女、B君、B君の彼女とします。 A君はバイクを持っていて一人で乗ってB君は車を 持っていて残りの3人が乗っていました。

  • 雨の音

    その晩は雨が強く降っていた。 現場に着き、トンネルの手前で車を脇に寄せ、一時停車。 その手の感覚は鈍いほうだが、不気味な雰囲気は感じた。 「恐い場所だ」という先行イメージのせいもあるだろうが。

  • 吊り橋

    この話は、実際に友人が遭遇した話で、彼もその場はついに教えてくれ ませんでした。 友人も、実際に人が二人死に、彼も警察にしつこく尋問されたそうです。 これは私が大学時代に友人から聞いた話なのですが・・・。

  • 田所君

    初めて投下します。 小学生のころ、同級生だった「田所君」(仮名)の話。 長文になります。 田所君とは、小学5年から6年の夏休み明けまで同じクラスだった。 田所君は、かなり勉強の出来るやつだった。

  • (´・ω・`)

    一年前の話。友人に誘われて某MMO(インターネットゲーム)を始めた。 それまでネトゲはおろかチャットも未経験だった私は、たまたま大規模ギルドに拾ってもらい そこの古参プレイヤー数人にプレイやチャットの手ほどきを受けた。

  • 禍垂(カスイ)

    昔、10代の時でまだしていい事、悪い事の分別もつかない時の話。 中学を出て、高校も行かず、仕事もせずにツレとブラブラ遊び回ってた。 いつものようにツレから連絡があり、今から肝試しに行こうとなった。 俺は昔から、そういった事は全く信じておらず

  • キモオタ

    お前らの中にキモオタはいるか? 萌えフィギュアや中にドールなんて物にまで手を出してる奴 そういう奴がいるなら、頭の片隅にでも入れておいてほしい。 普段お前らが蒐集している物はどういう「可能性」を生む物かってのを。

  • 地厄(じんやく)

    ちょっと今から25年前の小学3年生だった頃の話を聞いてくれ C村っていう所に住んでたんだけど、Tちゃんっていう同い年の女の子が引っ越してきたんだ。 凄く明るくて元気一杯な女の子だった んで、このTちゃんは霊感が強いとかのレベルではないくらい

  • 根絶やしの歌

    事の発端は、夫が風邪をひいて寝込んだことから始まりました。 今年の7月の終わりの土曜日、2人で出かけていたのですが、 夜、帰ってくるなり「頭が痛い、寒い」というので、早く寝かせました。 最初熱をはかったときは微熱だったのが

  • 障子の穴

    子供(小学校高学年)の頃の話。 当時、自分の部屋は、畳と障子のバリバリの和室で、布団を敷いて寝る生活だった。 ある晩、高熱を出して寝込んでいた自分は、真夜中にふと目が覚めた。 寝込んでるときって日中もずっと寝てるから変な時間に目が覚めるんだよな。

  • 冬山登山

    その当時大学生だった私は山岳部に入り、仲の良い友人も出来て充実した大学生活を送っていました。 山岳部の中でも特に仲の良かったA男とB輔とはサークルの活動だけでなく、実生活の方でも非常に親しくなることが出来ました。 そんな私達はまだ大学2年生であり

  • 笑い女

    先週の金曜のことなんだけど、会社の先輩の大村っていう男が死んだ。 もちろん直接現場を見たわけじゃないけど、マンションの自室で、自分の両耳にボールペンを突き刺して死んでたらしい。

  • 降って沸いた心霊現象

    昔付き合ってた彼女の影響で、視界の端っこのほうに本来見えてはいけない 人たちが見えるようになってしまった。最初の頃は錯覚と思い込んでいたが、地 元の飲み屋に行った時にトイレの前に体育座りをしている女の子を「あの子 寂しそうなんだけど」と

  • 普通の子に戻れた日

    小さいころ、私は知的障碍を持っていると思われていました。 言葉や文字に対する遅れは見られませんでしたが、 コミュニケーション能力が欠けているとしか思えない様子だったそうです。 人と目を合わせない、会話ができない、約束事が守れない、

  • 回帰5 呪いの地へ再び 祟られ屋シリーズ

    マミの治療は、マサさんが呼び寄せたチェンフィに引き継がれた。 俺の治療で縁の出来たチェンフィには、月に1度ほどの頻度で姉の診察・治療もして貰っていた。 人見知りの激しいマミもチェンフィとは面識が有ったので、比較的すんなりと治療に入れたようだ。

  • 回帰4 夢の樹に繋げば 祟られ屋シリーズ

    一木邸に一泊することになった俺は、眠れぬ夜を過ごしていた。 横になりながら、ぼんやりと考え事をしていると「いいかしら?」と言って、一木耀子が室内に入ってきた。 暫く無言の状態が続いたが、やがて、耀子が口を開いた。

  • 回帰3 鬼哭 祟られ屋シリーズ

    12月21日の朝だった。 朝7時。 PCの電源を落したばかりの俺の部屋のドアがノックされた。 「XXさん、いますか?」 「いるよ。おはよう、マミ」 「昨夜は遅かったの?」 「ああ。よく寝ていたから起こしたら悪いと思ってね」

  • 回帰2 目覚め 祟られ屋シリーズ

    木島氏の指定した待ち合わせ場所に居たのは、意外すぎる人物だった。 50代半ば程の年恰好。 暗い店内にも拘らず、濃い色のサングラスを外そうとしない男に俺は言い尽くせぬ懐かしさを感じていた。 彼には、話したい事も、聞きたいことも山ほどあった。

  • 回帰1 妹と 祟られ屋シリーズ

    バスルームで汗を流していると電話の鳴る音がした。 子機を持って来た妹の久子が強張った表情で言った。 「お兄ちゃん、電話よ。……木島さんって方から」 「そうか」 そう言って、俺は久子から子機を受け取った。

  • イクリプス 祟られ屋シリーズ

    俺は、キムさんに辞表を提出して実家に戻った。 はいそうですかと、簡単に辞めさせてもらえる業界ではない。 だが、俺に残された時間は少ない。 俺のために動いてくれている一木氏や榊夫妻とも、

カテゴリー一覧
商用