searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

wardellさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
クラシック・ジャズ・フラメンコ・ギター練習あるのみ!
ブログURL
https://wardell.hatenablog.com/
ブログ紹介文
クラシックギター・ジャズギター・フラメンコギターを広く浅く勉強してきました。現在はクラシックに深くハマリつつあります。
更新頻度(1年)

20回 / 28日(平均5.0回/週)

ブログ村参加:2020/07/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、wardellさんの読者になりませんか?

ハンドル名
wardellさん
ブログタイトル
クラシック・ジャズ・フラメンコ・ギター練習あるのみ!
更新頻度
20回 / 28日(平均5.0回/週)
読者になる
クラシック・ジャズ・フラメンコ・ギター練習あるのみ!

wardellさんの新着記事

1件〜30件

  • イェラン・セルシェルの「シャコンヌ」

    にほんブログ村 こんにちは。ギターの「シャコンヌ」ですが、あらためてイェラン・セルシェルの演奏を聴いてみました。淡々としています。シャコンヌというと、ほとんどのギタリストの演奏は、わりとテンポが揺らいだり、盛り上がるところの前で、タメを作ったり、盛り上がるところ超速弾きだったりとか、色々あります。 本家のバイオリンの演奏にしても、一拍目を重く弾いたりとか、ともかく奥深いです。ところが、セルシェルの演奏、淡白です。 リズムも揺れることなく、ほぼインテンポです。セルシェルの美学なんでしょうか?何度も繰り返し聴けば、伝わってくるものがあるんでしょうね。では。

  • 「アルアイレ」について

    にほんブログ村こんにちは。何年か前までは、アルアイレが主流だったそうです。バルエコさんという人が推奨したらしく、デビッド・ラッセルさんは、アポヤンドを全く使わない時期もあったそうです。 日本でも相当流行ったらしいです。現在はどうなのかわからないのですが、やはりアルアイレが主流なんでしょうか。 アポヤンド大好きな僕としては、アルペジオもアポヤンドで弾きたくなってしまう位なので、相当時代遅れなのかもしれません。以前フラメンコギターを練習していた時、ピカード(フラメンコ版アポヤンドの速弾き)をかなり練習したので、単音を見るとどうしてもアポヤンドしたくなります。ただ、弦飛びのフレーズはアルアイレの方が…

  • トレモロの p 指

    にほんブログ村こんにちは。トレモロの時の親指ですが、一拍目頭の音をアポヤンドする人としない人、プロでも両方いるみたいですね。もちろん、pをアポヤンドする方が、難しいのですが、弾いてる本人してみれば、より本格的で上級者になった気分になります。ただ、ちゃんとリズムを意識しないと、一拍目が間のびしがちです。 それはそれで、カッコ良い気もしますが。 そんなことはないか。。では。

  • トレモロの練習

    にほんブログ村 こんにちは。トレモロの時の右手です。角度によって、音量音色がずいぶん違いますね。現在主流の、腕から手首にかけて真っ直ぐな構えでトレモロを弾くと、かなり柔らかい音で、音量も小さいです。 この場合、意識的にimaの指を強く弾かないとpとのバランスが取れない感じです。手首をやや小指側に傾けて弾くと、音色もクリアーになり音量も上がります。こちらの方が良さそうです。 最初は弾きづらいと感じていましたが、一日弾いていたらすぐに慣れました。では。

  • アルハンブラのトレモロ

    にほんブログ村 こんにちは。現在、バッハのシャコンヌをメインで練習しているので、他の曲を弾かなくなってしまい、せっかく暗譜していた曲も忘れてしまいました。これではいかん、という事でちょっとずつまた練習しています。「アルハンブラの宮殿」は、そもそもが暗譜しただけで、まったく曲になっていないので、ともかくゆっくり弾いて、imaの音を確認しています。あまりの下手さ加減におちこんでいます。。では。

  • 右手首の角度など

    にほんブログ村こんにちは。右手首の角度ですが、腕から手の甲にかけて、スッとまっすくなのが主流のようですね。それにともない、ギターもかなり立てて構えるのがスタンダードです。昔は、ギターを45度位に構えるのが主流でしたが、今はもっと立ててますよね。確かにハイポジションとか楽ですが、楽器が膝から滑り落ちそうになります。クラシックギターは、構えるや、右手の角度、タッチ等、まだまだ発展途上なのですね。では。

  • クラシックギターの巨匠

    にほんブログ村こんにちは。なんとなく、クラシックギターの流れがわかってきました。セゴビア→イエペス→ジュリアン・ブリーム→ジョン・ウィリアムス→デビッド・ラッセル→???こんな感じですかね?ジャズのてテナーサックス なら完ぺきわかるですけどね。コールマン・ホーキンス→レスター・ヤング→ソニー・ロリンズ→コルトレーン→ウェイン・ショーター→マイケル・ブレッカー→という感じです!では。

  • セゴビアの「アルハンブラ」

    にほんブログ村 こんにちは。セゴビアの「アルハンブラの宮殿」を聴いてみました。思っていたより普通でした。 ナルシソ・イエペスのようなトレモロかと思っていたので、意表をつかれた感じです。というか、ナルシソ・イエペスのアルハンブラが特殊なのだろうか? ナルシソ・イエペスのトレモロは、マンドリンのトレモロのように細かいです。たしか、大萩康司さんのアルハンブラは、このタイプだったような気が。。では。

  • セーム革

    にほんブログ村 こんにちは。愛器 小平AST-150Cのお手入れを、どうしようか? と考えていたんですが、「セーム革」というのが評判がよいようです。サウンドハウスで購入です。夜に注文にして、次の日の夕方には到着しました。 あいかわらずサウンドハウスおそるべし!で、セーム革の使い心地なんですが、しっとりしていて気持ち良いですね。これなら毎日拭き拭きしたくなります。 良い買い物でした。では。

  • ナルシソ・イエペスの「アルハンブラの宮殿」

    にほんブログ村にほんブログ村こんにちは。僕は、恥ずかしながら、ナルシソ・イエペスのギターをほとんど聴いてこなかったので、さっそく入手して 聴いてみました。「アルハンブラの宮殿」ですが、けっこうトレモロこまかいですね。 こまかいというか、テンポが速いのかな?現在主流のアルハンブラは、ちょっとゆっくり目で、トレモロの一音一音が聞き取れる感じです。昔と今では、ずいぶん曲の解釈が違いますね。ジョン・ウィリアムスのアルハンブラも聴いてみよう。では。

  • 帰ってきたてんこもり

    にほんブログ村こんにちは。僕は「帰ってきたてんこもり」という現代ギター社の楽譜集を持っています。この本は、廃版になってしまった「てんこもり-1」、「てんこもり-2」が一冊になったお得な楽譜です。 先日、楽器屋さんに「てんこもり-1」が置いてあり、再版になったのだと、中身をめくったら。。なんと!曲毎に弾き方とか、注意点等、一曲につき2〜3ページ書いてあります!「帰ってきたてんこもり」は譜面のみです。今練習している「月光」も、運指その他色々書いてありました。。今さら本を買いなおすのもなんだしなぁ。。では。

  • サバレスの弦

    にほんブログ村こんにちは。愛器の「小平AST150C」も購入して一ヶ月位になり、4弦がささくれてきたので、弦交換しました。デフォルトで、オーガスティンの赤が張ってあったのですが、サバレスの「クリエーション カンティーガ プレミアム」にしました。クロサワ楽器の店員さんが言うには、3弦がナイロンではなくカーボンで、今はこのセットが主流らしいです。それと、オーガスティンの赤は、テンションが弱かったらしく、サバレスに替えたところ程々にテンションがあって、なかなか良い感じです。まぁ、もともとオーガスティンとプロアルテしか使っていなかったので、これからしばらくはサバレスでいきます!では。

  • 「菊池真知子」さん

    にほんブログ村 にほんブログ村 こんにちは。クラシックギターのコンピレーション的なアルバムを聴いていたところ、「菊池真知子」さんというギタリストの演奏が多々ありました。今、練習しているソルの「月光」の模範演奏も菊池真知子さんてわす。ちょっと調べてみましたが、すでに引退されているようで、これといった情報も得られませんでした。20曲くらい音源があったんですが、どれも端正なきれいな演奏で、大げさな歌い方とかなく好感の持てる演奏スタイルです。アルハンブラとか、トレモロの粒がそろっていて、とてもきれいです。録音とかも良い感じです。では。

  • 月光 アポヤンド追記

    にほんブログ村 こんにちは。ソルの「月光」ですが、2小節目のあたま(F#)の音は、 a指でアポヤンドの指示です。 ほかにも、数カ所a指でのアポヤンドが出てきます。薬指でのアポヤンドは、ほとんどやった事がないです。 ほとんどというより、まったくやった事がないですね。ですので、ここは運指を変えてm指で弾きます。この曲はエチュードなので、本来は指示通りの運指をするべきなのですが。。たぶん、今後もa指でアポヤンドをする事はないと思うので、このままm指でいきます!これでいいのだろうか??では。にほんブログ村

  • ソルの「月光」

    にほんブログ村こんにちは。バッハの「シャコンヌ」ばかり練習していて、頭がおかしくなりそうなので、初級者が練習するような曲をやってみました。(僕自身の実力は、初級の上が中級の下だと思われます)ソルの「月光」を弾いてみたんですが、この曲メロディーをアポヤンドで弾くらしいです!というか、どれがメロディーがわかりません! よくみると、一拍目と三拍目がメロディーのようです。この曲、初級者ようですが、このメロをアポヤンドで弾くことにより、僕的にはかなり難易度が高くなりました。では。

  • 福田進一の「シャコンヌ」

    にほんブログ村こんにちは。次は、福田進一のシャコンヌです。すっごく期待して聴いたんですが、わりとアッサリというか、淡々と進んでいく感じですね。 山下和仁のシャコンヌを聴いたあとだからそう聴こえるのかな?それと録音なんですが、どうもギターの生々しさがないです。 すごくリバーブが効いていて、なおかつマイクが遠い感じです。 細かいタッチとかわからないです。では。

  • 山下和仁の「シャコンヌ」

    にほんブログ村こんにちは。山下和仁のシャコンヌは、1989年と2004年がありました。聴き比べたのですが、ともかく両方とも濃いです。シャコンヌにも、あっさりした演奏からハードで濃い演奏まで、色々ありますが、山下和仁のシャコンヌは一番濃い方の部類だと思います。2004年のほうが、さらに情感たっぷりなんですが、わりとストレートな1989年版の方が好みです。カッコ良いです!

  • ギターの消音

    にほんブログ村こんにちは。最近は、スタジオで練習する事が多いんですが、意外なところでまいってます。消音です。 アポヤンドで弾いている時は気にならないんですが、 アルアイレの時は、けっこう余計な音が残って、気になります。独学だと限界がありますね。 習いに行くことも考えないといけないですね。そういえば、僕が習った事がある楽器は、エレクトーン(ヤマハ ) テナーサックス (ヤマハ ) ロジック(DTMソフト)(ヤマハ )全部ヤマハ で習ってたんだ! じゃギターも、ヤマハ でいくか!では。

  • ギター版「シャコンヌ」

    こんにちは。ギター版シャコンヌです。僕が所有してる音源を調べてみました。・ 山下和仁 2枚あります。2004年と1989年?・ 村治奏一・ 福田進一・ アンドレス セゴビア・ イェラン セルシェル・ Maud Laforest以上はCD での音源です。YouTube からの音源は・ 山下愛陽 (山下和仁の次女)・ 渋谷環・ John Feeley (有名ですね)以上、結構ありますね。ちょっと聴き比べてみます。では。にほんブログ村

  • 「シャコンヌ」を弾きながら、弱点を思い知る

    にほんブログ村こんにちは。「シャコンヌ」前半部分の暗譜が終わりました。もちろん、弾けるわけではありません。今回、練習していて、自分の下手さ加減がよくわかりました。右手の小指が、動かなさすぎです。下降スラーが、へたすぎです。親指の音色ダメダメです。どうやら、基礎練をやらないとダメかなって感じです。では。

  • アポヤンドとアルアイレ

    こんにちは。「スーパーライト・ケース」を買ったこともあり、最近は外で(スタジオ)練習することが多いです。自宅は集合住宅なので、どうしても音量おさえぎみで弾いていたので、スタジオでの練習は、ほんと楽しいです。スタジオで練習していると、色々と問題点がわかります。・ 左手の指をもっと立てないとダメなようです。・ 右手のタッチもいい加減すぎたようです。・ アポヤンドとアルアイレの音量が違いすぎる。(アルアイレの音が小さい)などなど。。では。

  • 「スーパーライト」 セミハードケース

    こんにちは。ギターを新調したので、ケースもおnewを買いました。スーパーライト です。http://www.rokkomann.co.jp/classicalguitar/classiccase/superlight/superlight.htmlクラシックギターのセミハードケースでは定番らしいです。色はアイボリーにしました。大体楽器のケースは、黒とか紺が多いのですが、ここは思い切ってこの色にしました。アイボリーにして正解です!きれいだし、テンション上がります!さっそく外に持ち出して練習してます。では。

  • 弾き終わった後、弦を緩めるか、そのままか。

    こんにちは。小平AST-150C 良いです。毎日弾きまくってます!ところで、ギター弾きの人たちでよく話題になる、弾いた後は弦を緩めるか、そのままか、ですが。。僕は、今回の楽器から、弾いた後は毎回ゆるめることにしました。理由は簡単で、先日まで所有していたギターのネックが反っていたからです。チューニングした状態で、弾いた後も緩める事なく、ほぼ毎日弾いていたんですが、ネックアイロンをかけなければいけない位反っていたようです。よく考えると、クラシックギターはトラスロッドが入ってるわけではないので、弦を緩めないと、ずっとネックにストレスがかかった状態なので、ちょっとずつ反っていくのが普通の考えだと思いま…

  • クラシック・ジャズ・フラメンコ・ギター練習あるのみ!

    こんにちは。現在は、クラシックギターにハマっていますが、ちょっと前まではジャズギター(特にパット・マルティーノ)にハマってましたし、さらにそのちょっと前は、フラメンコギター(ビセンテ ・アミーゴ)でした。また、それ以前にもブラインド・ブレイクといった、ラグタイムギターにもハマっていました。ですので、ブログのタイトルを変えないといけないですね。「クラシック・ジャズ・フラメンコ・ギター練習あるのみ!」これでいきます!では。

  • 小平ギター AST-150C

    こんにちは。シャコンヌを練習していて、どうしてもクラシックギターが欲しくなりました。今は、ホアン・エルナンデス のフラメンコギターしか持っていないので、クラシックギターの購入を決めました。予算は10〜20万円。表面板は杉で、サイドと裏はローズウッドで探しました。候補はアントニオ・サンチェス プロフェッサー110万円ちょっとでスペイン製、仕様もほぼ条件どおりなんですが、仕上げがちょっと雑な感じでした。ネックの塗装のムラとががあり、今ひとつかなと。島村楽器のRAIMUND 128Cこちらもスペイン製で、10万円くらい。良さそうだったんですが、サイドのローズウッドの杢目と色が、好みではなく、こちらも…

  • バッハ 「シャコンヌ」その後

    こんにちは。現在、バッハのシャコンヌを、とりつかれたように練習してます。今まで覚えていた曲は、かなり忘れてしまいました。。それでも、シャコンヌは弾いていて楽しいです。やっと前半を終えたとこです。(といっても、テンポは半分くらいですが)運指やアポヤンドのi.mの順番などなど、色々と細かいところを自分なりに調整しながら練習してます。ギタリスト達の名演もいっぱい聴いていますが、やっぱりバイオリンの方が迫力あります。アリーナ・イブラギモヴァ の無伴奏のCDを買ってしまいました!毎日聴いてます!では。

  • バッハ シャコンヌ

    こんにちは。最近はクラシックギターの練習です。ついに、バッハのシャコンヌに手を出してしまいました。たぶん、クラシックギター曲でも、最高難易度かな?では。

  • クラシックギターとジャズギターの弾きわけ

    こんにちは。クラシックギターで、ひと通り曲を暗譜したあとは、おたまじゃくしが頭にうかぶのではなく、指の形で曲を覚えています。ジャズギターの場合は、あくまでも、指板の音名にそって指が動いていきます。クラシックギターとジャズギターでは、指板のイメージが違います。クラシックギターでは、トライアドとかいった概念もありません。だからどうした?ですかね?では。

  • 練習中の曲(備忘録)

    こんにちは。備忘録です。現在クラシックギターで練習中の曲です。大聖堂 第一楽章〜第三楽章11月のある日澄み切った空最後のトレモロローマ(ビセンテ ・アミーゴ)RUN (Lee Byeong woo)もっと増やしたいんですが、あんまり増やすと、忘れちゃうんだよなぁ〜。 では。

  • 指板の音の覚え方

    こんにちは。指板の音の覚え方について、ネットで調べていたら、面白い記事がありました。指板の音の覚え方は、2種類あり、1、弦一本ずつ、1フレットから12フレットまで、覚える。2、指板を五つに分けて、各ブロックごとに覚える。というものです。一般的には2の方法の覚え方が多いですね。ジャズギターなんかは、ほぼ2の考え方だと思います。CAGEDシステムもこの考え方ですよね。1の覚え方は、クラシックギター的な考え方だと思います。メリット、デメリットは、1の方は、各音のインターバルがわかりやすい。(メリット)横方向の移動が多いので、速いパッセージに弱い。(デメリット)2は、大きな移動なく、広い音域を弾ける。…

カテゴリー一覧
商用