searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

もっさんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
手続きラボ
ブログURL
https://mossanlog.com
ブログ紹介文
会社に関する手続き、社会保険・雇用保険などを分かりやすく解説します。 また、働く人の手続きについても詳しく説明しています。
更新頻度(1年)

96回 / 118日(平均5.7回/週)

ブログ村参加:2020/07/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、もっさんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
もっさんさん
ブログタイトル
手続きラボ
更新頻度
96回 / 118日(平均5.7回/週)
読者になる
手続きラボ

もっさんさんの新着記事

1件〜30件

  • 確定申告が必要な人無職でも対象になる場合は?メリットと申請方法

    確定申告が必要な人は、主に、自営業者やフリーランスなどの給与所得者以外の人になります。会社員の場合、会社で年末調整を行っているため、原則では、確定申告は必要ありません。では、無職の人は、確定申告が必要なのでしょうか?実際のところ、無職の人は

  • 確定申告住宅ローン控除初回手続き・必要書類!2年目以降との違いは

    住宅ローンを利用して、マイホームを購入したり、バリアフリーなどの改修工事をした場合、住宅ローン控除を受けることができます。住宅ローン控除を受けるためには、初年度に必ず、確定申告が必要になります。しかし、なぜ、確定申告が必要になるのでしょうか

  • 確定申告住宅ローン控除2年目以降は年末調整が必要?初年度との違い

    住宅ローン控除を受ける場合には、原則として、確定申告が必要です。本来であれば、会社員として勤務している場合には、会社で年末調整を行っているため、確定申告をする必要はありません。しかし、会社員として勤務している場合においても、初年度には確定申

  • 確定申告やり方ふるさと納税した場合について!税金が控除されるには

    ふるさと納税とは、自治体に寄附をすることによって、返礼品を受け取ることができたり、税金の控除・還付を受けることができる制度になります。ふるさと納税という名前ですが、日本国内であれば自分の故郷以外の場所であっても、寄附をすることができます。原

  • 確定申告が必要な人年金受給者の場合は?不要制度の対象・還付の場合

    60歳以降に年金を受給するようになると、会社の場合と同様、年金が支給される際に、所得税が源泉徴収されています。しかし、会社では年末調整をしてもらえますが、年金を受給されるようになってからは、年末調整をしてもらうことはできません。そのため、確

  • レシート保管期間は?法人・個人事業主の領収書は7年間の保存が義務

    会社で経費を使うと、レシート・領収書を受け取りますよね。レシート・領収書は、確定申告の経費計算を行うために使用しますが、1年間分だけでも、非常に大量になると思います。本来であれば、経費計算を行った後は処分したいのが本音だと思いますが、レシー

  • 確定申告が必要な人パートの場合は?扶養・掛け持ちなどのケースは

    確定申告は、フリーランスや個人事業主の場合に必要だというイメージが強いですよね。パート・アルバイトの場合には、勤めている会社が年末調整を行っていれば、確定申告をする必要はありません。しかし、パート・アルバイトの場合でも、確定申告が必要な人は

  • 採用証明書とは?雇用保険の受給停止・再就職のためにハローワークへ

    採用証明書とは、再就職が決定したことをハローワークに報告するための書類になります。採用証明書には、応募者本人が記載する欄と会社側が記載する欄があります。一般的には、応募者本人が必要事項を記入した後、会社側に記入を依頼して、採用証明書を応募者

  • 確定申告必要書類は?源泉徴収票の提出は不要!控除のための添付は

    確定申告は、1年につき一回だけのことなので、どのようにすれば良いのかというのは、なかなか覚えられないという人も多いのではないでしょうか。会社員の人は、基本的に勤務先の会社で年末調整を行てもらいますが、自分自身でも年末調整を行わなければいけな

  • 確定申告医療費控除いくら戻る?セルフメディケーション税制とは何か

    会社に勤めている人は、正社員やアルバイト・パートなど雇用形態を問わず、会社を通じて、年末調整をしてもらうことになります。そのため、基本的には、個人で確定申告を行う必要はありません。しかし、年間で使用した医療費が一定の金額を超えた場合には、医

  • 確定申告年末調整両方しなければいけない場合は?違いや区別について

    年末になると年末調整があり、年明けには、確定申告があります。両方とも同じようなものですが、対象者に違いがあるというのが一般的な認識ではないでしょうか。会社に勤めている人が年末調整で、それ以外のフリーランスや個人事業主の人が確定申告を行うとい

  • 確定申告が必要な人退職者は税金の還付あり?退職金受け取った場合は

    会社員などの給与所得者は、基本的には、会社を通じて年末調整を行ってもらうため、確定申告をする必要はありません。ただし、年度途中での退職者など、年末時点で転職など再就職していない場合は、年末調整を行っていないことになるため、自分自身で確定申告

  • 確定申告期間過ぎたらどうなる?納付はペナルティ・還付は問題なし?

    基本的に、会社勤めの人は、会社を通じて年末調整を行ってもらうため、確定申告をする必要はありません。しかし、会社での給与以外に副業としての収入がある場合、年度の途中で退職した場合、年収が2000万以上ある場合、住宅ローンの1年目の場合など、年

  • 源泉徴収票作成方法・書き方について!自分で作る場合は?年末調整

    年末調整の際には、会社から、従業員へ源泉徴収票を発行することになります。また、それだけではなく、源泉徴収票は、税務署や授業員の居住地の各市区町村役場にも提出しなければいけません。源泉徴収票の作成方法はややこしいので、経営者や経理担当者は、正

  • 年末調整とは?わかりやすく解説!対象や会社の手続きの流れ2020

    年末の時期になると、年末調整という言葉を耳にする機会が多くなるのではないでしょうか。しかし、年末調整とはどのようなものなのかというのは、なかなかわかりやすくはありませんよね^^;なんとなく、年末になると、書類を会社に提出し、多めに徴収された

  • 内定通知書ひな形・テンプレート!新卒・中途採用の場合の書き方

    採用通知書は、会社側が求職者の採用を決定する意思を示すための書類になります。一方、内定通知書は、会社側・求職者ともに内定の意思を示すための書類になります。内定通知書の場合は、採用通知書とは異なり、労働契約上の効力を発揮するため、法的に求職者

  • みなし労働時間制とは?わかりやすく解説!残業代の扱いはどうなるか

    みなし労働時間制とは、あらかじめ設定した所定労働時間分の労働をしたとみなす制度です。みなし労働時間制は、業務の遂行方法や時間配分などを労働者の裁量に委ねる必要があり、労働時間を正確に算出するのが困難である場合に役立ちます。また、育児や介護な

  • 裁量労働制とは?わかりやすく解説!残業代や休日手当はどうなるのか

    裁量労働制とは、簡単にいえば、実際に働いた時間に関係なく、労使関係で定めた労働時間分を働いたとみなす制度になります。この制度は、ライフスタイルが多様化している現代において、注目されているものの一つです。特に、自分のライフスタイルに合わせて働

  • 所定労働日数とは?計算方法・パートの場合・有休を含むのかについて

    所定労働日数とは、就業規則や労働契約に定められている労働日数のことをいいます。しかし、所定労働日数はなぜ定める必要があるものなのでしょうか?それは、有給休暇の付与日数や割増賃金に大きく影響するからです。所定労働日数の計算方法は定められていま

  • 法定休日と法定外休日の違いとは?割増賃金に注意し未払いを防ぐ

    休日には、法定休日と法定外休日があります。しかし、法定休日と法定外休日にはどのような違いがあるのかを説明できる人は少ないのではないでしょうか?法定休日と法定外休日には、割増賃金の計算方法において、大きな違いがあります。そのため、それぞれの違

  • 就業規則変更届記入例・書き方・提出方法について!意見書が必要?

    就業規則は、労使協定や労働協約、労働契約など、会社と労働者の間で結ばれる協定や規則の一つです。10人以上の労働者を雇用している場合には、就業規則を作成する義務が発生します。就業規則を新しく制定または変更した場合には、会社または事業所の所轄の

  • 福利厚生とは?わかりやすく解説!制度・種類・社会保険との違い

    就職先や転職先を探す時には、福利厚生が充実している会社に就きたいと考えるものです。しかし、実際に福利厚生とは何なのかを説明できる人は少ないのではないでしょうか。福利厚生とは、従業員の生活や健康を向上させることを目的とした制度になります。社会

  • 36協定とは?簡単に解説!時間外労働をさせるためには締結が必要

    労働基準法では、時間外労働や休日労働などは認められていません。しかし、時間外労働や休日労働をしている余儀なくされている話はよく聞くと思います。このように、労働基準法で認められていない内容についても、従業員の同意が得られれば認められる協定を、

  • 労使協定とは?わかりやすく解説!就業規則・労働契約との違いは

    労使協定とは、会社と従業員の間で書面によって締結される協定のことをいいます。雇用形態や労働条件などについては、労働基準法によって定められています。それなのに、なぜ、会社は従業員と労使協定を結ぶ必要があるのでしょうか?また、労使協定以外にも、

  • 国民健康保険免除条件は?退職など年収減少で保険料支払えない場合 

    社会保険に加入していない場合には、必ず、国民健康保険に入る必要があります。会社を退職して無職の場合にも必ず加入しなければいけません。そのため、退職などによって、収入が減少したとしても、国民健康保険料を納めなければいけないので、状況によっては

  • 退職証明書とは?在職証明書との違い・発行方法・無料テンプレート

    退職証明書とは、会社を辞めたことを証明するための書類となります。転職した際などに、転職先の会社などから提出を求められる書類となり、退職した従業員から、発行を請求された場合に発行します。ただし、この退職証明書は、転職の際に、必ず必要となるわけ

  • 在職証明書とは何?必要な記載事項や発行方法・無料テンプレートあり

    在職証明書とは、名前の通り、会社に在職していることを証明するための書類です。証明書として使用するために、従業員から、会社へ発行をお願いされる場合もありますが、決められた書式のあるものではありません。また、会社としては、法律で発行が義務とされ

  • 慶弔休暇とは?有給なのか無給なのか・取得は就業規則の定めによる

    慶弔休暇とは、結婚式や葬式などの際に、会社を休むことのできる制度となります。しかし、結婚式はだいたい土日に行われることが多いですし、葬式に参加することも、それほど頻繁ではないのではないでしょうか。そのため、慶弔休暇を使う機会自体、あまり多く

  • 年間休日最低日数は105日?労働基準法を下回ると違法になるか

    仕事や会社を選ぶ際には、仕事内容・勤務地・給与などを考慮します。しかし、それ以外にも、年間休日数というのは、重要な要素となりますよね。いくら、他の要素が満たされていても、年間休日数が少なければ、長く働いていくことが困難になる可能性もあります

  • 育休延長不承諾通知が必要?育児休業給付金を受給するための手続き

    会社などで働く女性が、妊娠・出産することになった場合、産休・育休を取得することになります。産休の期間は、産前の6週間と産後の8週間と定められています。そして、育休は産休後から、原則、子どもが1歳の誕生日を迎えるまでとなっています。この育休の

カテゴリー一覧
商用
読者になる