searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

人事Aさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
地方上級・大学別就職先 統計データ
ブログURL
https://okidoki-land.hatenablog.com/
ブログ紹介文
公務員試験(地方上級)の統計データを作成しています
更新頻度(1年)

18回 / 105日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2020/07/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、人事Aさんの読者になりませんか?

ハンドル名
人事Aさん
ブログタイトル
地方上級・大学別就職先 統計データ
更新頻度
18回 / 105日(平均1.2回/週)
読者になる
地方上級・大学別就職先 統計データ

人事Aさんの新着記事

1件〜30件

  • 【2011~2018年度】京都大学 地方公務員 就職先 (法学部)

    京大法の地方公務員就職先を集計しました。 京大法は国家公務員になる学生が多く、1学年200人ということを考慮しても、地方公務員になる学生は少ないと感じました。 地方公務員就職先の内訳としては、関西を中心とした、西日本の地上が上位を占めています。 8年間で東京都が3人、特別区が1人しかいない点からも、地理的な影響は明らかです。 今回は京大法だけですが、気が向いたら他学部のデータも集計しようと思います。 公務員系資格ランキング にほんブログ村

  • 【OpenWork】地方自治体「残業・有休取得率・総合評価」ランキング

    OpenWork(旧Vorkers)の2020年8月7日時点でのデータを収集してまとめました。 集計対象は回答者数15名以上の自治体に限定しています。 非正規や行政事務以外の職種も含まれるため、あくまで参考レベルです。 1.回答者数(降順) 特にコメントはありません。 基本的に職員数に比例していると思いますが、著しく回答が多い場合は要注意です。 (回答者=転職希望者・既に転職済のケースが多く、回答が多すぎると自治体に問題があると考えられるため) 2.残業時間(昇順) 残業が少ないのは特別区です。 回答15名未満の特別区も、20時間以内のところばかりでした。 一方で残業が多いのは県庁です。 大阪…

  • 【2020年度】「ホワイト500」&「プラチナくるみん」認定企業一覧

    今回は地方自治体ではなく、民間企業についてです。 2020年に「ホワイト500」と「プラチナくるみん」両方の認定を受けている企業を集計しました。 それぞれについて、経産省と厚労省のHPを引用して説明しますが、一言でいえば、経産省と厚労省それぞれが、働きやすい会社を認定する制度です。 1.健康経営優良法人・ホワイト500 地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。 健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点…

  • 【2015~2019年度】上智大学 地方公務員 就職先 (全学合計/法/経済/文/外国語/その他)

    上智は1名単位で学部ごとの就職人数がわかるので、細かいところまで集計出来ました。 特別区>東京都はMARCH同様の傾向ですが、地上が県庁>政令市(横浜市除く)なのは、早慶同様の傾向です。 千葉県が他の大学より多いのは、大学最寄りの四ツ谷駅が千葉からアクセスがいいため、千葉県出身者が多いからかもしれません。 公務員系資格ランキング にほんブログ村

  • 【2014~2018年度】立教大学 地方公務員 就職先 (全学合計)

    全学合計なので、学部・大学院両方含んだ数字です。 池袋と新座にキャンパスがあるので、埼玉県・さいたま市の就職人数が他の大学よりも多くなっています。 特別区・東京都・横浜市が上位なのはどの大学も同じですね。 公務員系資格ランキング にほんブログ村

  • 2017~2019年度 東京都・特別区・関東地上 筆記倍率・面接倍率(事務:大卒)

    基本的に、筆記倍率は「1次受験者/1次合格者」、面接倍率は「2次受験者/最終合格者」で計算していて、表は3年分の平均値です。 但し、以下は異なる計算方法で集計しています。 ・千葉市A/B、川崎市 1次で筆記合格者を対象とした面談があるため、筆記倍率は「1次筆記受験者/1次面談対象者」、面接倍率は「1次面談対象者/最終合格者」で計算しています。 ※1次面談受験者数はわかりませんでした ・埼玉県、横浜市 筆記倍率は通常通り「1次受験者/1次合格者」です。 2次受験者数が不明のため、面接倍率は「1次合格者/最終合格者」で計算しています。 集計してみた感想として、集計前は筆記倍率と学歴の相関関係を期待…

  • 2017~2019年度 青山学院大学 地方公務員 就職先 (全学部)

    全学部なので大学院は含んでいない数字です。 私が今まで集計した学校は、すべて1,2番手が特別区と東京都でしたが、青学は東京都が3番手でした。 MARCH全体の傾向で、特別区と比べ東京都は圧倒的に就職者数が少ないため、東京都に合格するのは難しいと考えている人が、MARCHには多いのかもしれません。 また、神奈川県や相模原市が上位であること、記載していませんが渋谷区が12名であることから、立地との相関性も感じました。 ただ、他のMARCHと比べると、青学は地方公務員就職者数自体が少なく、サンプル不足感は否めません。 公務員系資格ランキング にほんブログ村

  • 2018~2020年度 特別区職員採用試験 23区別定員(事務:大卒・高卒・大卒率)

    若干名は2.5名と仮定しています。 大卒率が高い=ハイソ区ではありませんが、大卒率が低いところは下町区ばかりです。 大卒率が最も低い江戸川区は、下町区で母集団形成が難しいので、差別化戦略で採用人数を確保したいと考えているのではないでしょうか。 独自採用方式で第1志望者を確実に採用しようとしている点も、地方企業で働いている身として、共感できるところです。 経験者1級採用も、多いところと少ないところの傾向が出ていたので、また出したいと思います。 公務員系資格ランキング にほんブログ村

  • 2017~2019年度 神奈川県職員採用試験 実施状況(Ⅰ種 行政 6月+秋季チャレンジ)

    1.行政(6月) 2.行政(秋季チャレンジ) 公務員系資格ランキング にほんブログ村

  • デイトナマラソンではなく、ディープシーマラソンをした話

    今回は趣味の話です。 事務・営業系の社会人は、腕時計が趣味の方が多いと思います。 (私の職場にもいっぱいいます) そのため、デイトナマラソンは知っている方が多いと思いますが、コロナ流行前の数か月間、私はディープシーマラソンをしていました。 1.デイトナマラソンとは ロレックスのデイトナという腕時計を求めて、正規店を巡回することを指します。 ロレックスのプロフェッショナルモデルは、多くのモデルでプレミアがついていますが、中でもデイトナは並行店で定価の約2倍の価格で売買されている人気モデルです。 kakaku.com また、ディープシーは、プロフェッショナルモデルの一種で、水深3900mまでの防水…

  • 2014~2018年度 慶應義塾大学 地方公務員 就職先 (全学合計・法・経済・商)

    早稲田同様に横浜市以外の政令市は就職人数が少なく、未公表ばかりでした。 ※全学合計が2名以下は未公表のため、「-」で表示 ※特別区は23区合計のデータがないため、「-」で表示 公務員系資格ランキング にほんブログ村

  • 2012~2019年度 千葉市職員採用試験 実施状況(上級 行政B)

    公務員系資格ランキング にほんブログ村

  • 2012~2019年度 千葉市職員採用試験 実施状況(上級 行政A)

    行政Bがあることを考慮しても、関東の政令市の中では定員がダントツで少ないです。 また、1次から面接があることや、全体倍率が高めなことから確実に合格し辛く、そのため早慶上智から就職する人が少ないのかもしれません。 (一方で、千葉県は面接倍率が低く、早慶上智が比較的多い) 公務員系資格ランキング にほんブログ村

  • 2017~2019年度 千葉県職員採用試験 実施状況(上級 一般行政B)

    公務員系資格ランキング にほんブログ村

  • 2016~2019年度 千葉県職員採用試験 実施状況(上級 一般行政A)

    私が知る限り、関東の地上で最も2次試験の倍率が低いです。 筆記に自信があって、確実に合格したい方には向いている試験だと思います。 公務員系資格ランキング にほんブログ村

  • 2013~2018年 早稲田・慶應・上智・中央法 地方公務員 就職先

    ◆東京都と特別区について 慶應は特別区全体での人数を公表しておらず、集計が出来ませんでした。 3名以上の就職先で区役所がいくつか上がっていましたが、東京都よりも明らかに合計人数は少ないため、早慶での人気は東京都>特別区であることがわかります。 上智・中央法とレベルが下がるにつれて人数が逆転すること、特別区は東京都の約2倍定員があることから、難易度は東京都>特別区だと思います。 ◆県庁と政令市について 地方上級では横浜市が4校合計で最も就職人数が多くなっています。 ただ、横浜市は大量採用で、定員が他地上の2~3倍です。 定員を考慮すると、神奈川県と埼玉県のほうが難関だと思います。 ※16年以降の…

  • 2016~2018年 早稲田大学 地方公務員 就職先 (全学合計・政経・法・商)

    集計対象は、全学合計が毎年5名以上の地方自治体のみです。 川崎市や千葉市は、就職先に選ぶ人が早稲田ではほとんどいませんでした。 政経や法では、他学部以上に東京都>特別区の傾向が顕著に出ています。 公務員系資格ランキング にほんブログ村

  • 東京都職員採用試験 1類A 事務 実施状況(2010~2019年)

    東京都職員採用試験 1類A 事務 実施状況(2010~2019年) - 人事部員が転職するブログ

  • 東京都職員採用試験 1類B 新方式 事務 実施状況(2013~2019年)

    最初の頃は一般方式より倍率が高かったのですが、ここ数年は同じくらいの倍率で推移しています。

  • 東京都職員採用試験 1類B 一般方式 事務 実施状況(2010~2019年)

    ここ数年は面接重視になっている様子です。 今後おそらく定員が減少すること、コロナで民間採用抑制が予想されることから、将来的に倍率が上がりそうです。

  • 特別区職員採用試験 経験者 事務 1級職 実施状況(2005~2019年)

    2018年まで易化傾向でしたが、2019年に倍率が急騰しています。 2019年から人事制度変更により2級職→1級職での採用に変更になりました。

  • 特別区職員採用試験 I 類 一般方式 事務 実施状況(2005~2019年)

    私が学生の時から、そろそろ採用人数を絞ると言われていましたが、相変わらず大量採用が続いています。

  • プロフィール

    簡単にプロフィールを記載しておきます。 学生の時は、インフラ・公務員志望でした。 地方→都会への転職を計画中で、公務員・民間両方視野に入れています。 ・年齢:20代 ・職業:民間企業(人事部) ・公務員受験状況 ・新卒時:政令市1次合格→2次辞退(現職入社) 公務員試験の統計データ収集は趣味です。 大学別採用人数や選考ステップ毎の歩留まり率などに着目してまとめたいと思います。

カテゴリー一覧
商用