searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

tanoken65さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
定年後のセカンドライフをチャレンジングに!
ブログURL
https://www.tanoken65.com/
ブログ紹介文
定年退職後のセカンドライフの過ごし方を模索しています。 2019年の社労士試験に合格しました。ブログでは、主に社労士試験の合格体験や、年金などの社会保険関係、働き方改革などの労働関係などについて書いています。
更新頻度(1年)

42回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2020/07/05

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、tanoken65さんをフォローしませんか?

ハンドル名
tanoken65さん
ブログタイトル
定年後のセカンドライフをチャレンジングに!
更新頻度
42回 / 365日(平均0.8回/週)
フォロー
定年後のセカンドライフをチャレンジングに!

tanoken65さんの新着記事

1件〜30件

  • 【年金相談員】3ヶ月経過しました。

    毎度の経過報告です。 私のPCは結局復旧せず、オシャカになってしまいました。 PCを買い替えようと思いましたが、電器屋さんと相談して、私のいま使っているiPadにキーボードを繋ぐことにして、Wi -Fiで印刷できるようにプリンターを買い替えることにしました。 かなり経費節減になります。 この方面のことは、私はさっぱり知識がありませんので電器屋さんにお任せベースです。 というわけで、今回もiPadでこのブログを書いています。 4月から街角の年金相談センターでの仕事を始めて3ヶ月が経ちました。 相変わらず、バックヤードや他の相談員に訊きながら何とかやっています。 報酬は翌月25日支払いですが、4月…

  • 年金相談員。2ヶ月経過しました。

    こんにちは。 社労士としての活動状況を、今のところ1ヶ月に1回のペースでお伝えしています。 いつもブログ作成に使っているPCの調子が悪いため、今回は初めてiPadで書いています。 私のPCも購入してすでに5年経っていますので、持ち主同様、かなり老齢でお疲れ気味のようです。 したがって、今回は何の体裁もない文章のみになってしまいました。申し訳ありません。 さて、街角の年金相談センターで仕事を始めて2ヶ月が経ちました。 相変わらず、このほかの社労士としての仕事はゼロです。 一応、開業時に自宅の前に小さな看板を出し、狭い範囲ですがチラシを送ったりしましたが、見事に反応ゼロが続いています。 これなら開…

  • 【年金相談員】初心者相談員の「メタメタな日!」

    こんにちは。 前回から1か月が経過しましたので、現状報告をさせていただきます。 4月から、街角の年金相談センター(街角センター)の年金相談員として仕事を始めました。 4月は結局6日間、相談業務に従事しましたが、1日5、6件の相談を受けますと、もうくたくたになってしまいます。 相変わらずわからないことが多くて、先輩相談員やバックヤード職員のサポートを受けながらなんとかやっている感じです。 年金制度は世帯単位 年金相談は、原則、事前予約制 その場で、繰上げ! 特老厚の遅延請求、加給年金の過払い 短縮年金 年金制度は世帯単位 相談内容では、特別支給の老齢厚生年金(特老厚)の請求がいちばん多いように思…

  • 【年金相談員】社労士開業して半年経過しました!

    こんにちは。 昨年10月1日に社労士の登録をし、同日付で税務署に開業届を提出してから、半年が経過しました。 変わり映えしませんが、現況報告をさせていただきます。 4月から年金相談員として就労 えっ、たったの5日間⁉ ▶皮算用 ▶ところが、 ▶シフト ▶1人分を3人で補充? ▶文句を言うのは10年早い! 4月から年金相談員として就労 3月まで受けていました年金マスター研修をなんとか修了し、4月からは街角の年金相談センターで年金相談員として仕事することになります。 街角の年金相談センターの運営は、全国社労士会連合会が年金機構から業務委託を受けて行っているものです。 そして、各社労士は全国連合会との…

  • 社労士開業して5か月経過しました。

    こんにちは。 私のブログを読んでくださったお一人の方から、ブログ更新のコメントをいただきました。 たいへんありがとうございます。 1.ブログ中断の理由 2.社労士開業して5か月が経ちました。 研修でも収入あり 3.さいごに (1) 「勤務」登録でもよかった? (2) 確定申告 1.ブログ中断の理由 コメントをくださった方は、いま、社労士登録のための事務指定講習を受講されているようです。 ちょうど1年前の私と同じ状況だと思います。 去年は、コロナのために事務指定講習の面接指導課程の日程が変更になったりしましたが、今年の状況はどうなのでしょうか。 実務経験がない場合、この事務指定講習を終えないこと…

  • 【ひとり親家庭】今年の3月分から、障害基礎年金を受給している方も、児童扶養手当を受け取れます。

    こんにちは。 昨年の年金制度改革の項目に含まれていた、障害年金と児童扶養手当との調整については、以前のブログでお伝えしました。👇 www.tanoken65.com これまでは、障害基礎年金を受給しているひとり親の場合、児童扶養手当は支給されていませんでしたが、当事者等の要望を受けて、支給されるように改正されるものです。 厚労省のホームページ(https://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/osirase/100526-1.html)に、この制度改正についての案内やQ&Aなどが掲載されています。 少し具体的な内容がわかりましたので、あらためてお伝えしたいと思います。 1…

  • 【現況報告】社労士開業3か月経過しました。

    こんにちは。 社労士登録(開業)してから3か月経過時点の現況報告です。 1.収益、営業など 2.年金マスター研修 (1) 予約相談 (2) 事前準備とは? (3) よちよち歩き (4) まずは、老齢年金から (5) 窓口実習 (6) 周辺事務が多い 3.年金勉強会 1.収益、営業など 最初に結論を書いてしまいますと、この1か月間の社労士としての活動は、年金マスター研修を継続していることのみです。 したがいまして、開業後の収益は、いまだにゼロ。 この1か月間の営業活動、及び必要経費もゼロです。 2.年金マスター研修 12月中旬から、街角の年金相談センターでの窓口実習が始まりました。 週2日ペース…

  • 【年頭に当たって】「一隅を照らす」、中村哲医師の声をきく。

    こんにちは。 新年あけまして、おめでとうございます。 正直に言えば、あまり「おめでとう」とは言えない年明けです。 年末に新型コロナウイルスの変異種が国内でも見つかり、全世界対象に入国規制が厳しくなりました。 また、まだ53歳と若い現役国会議員がPCR検査を受ける前に、コロナ感染症により病状が急変して亡くなりました。 コロナ禍での倒産、休廃業、解雇、失業も増え、今年度上半期(4~9月)の生活困窮の相談件数が昨年同期の3倍になったとの報道もありました(全国の自立相談支援機関に寄せられた新規相談件数)。 新年で気分一新、何かグッドニュースはないかと思い巡らしますが、残念ながら、すぐに頭に浮かんでくる…

  • 【短時間労働者】厚生年金の適用拡大は、「とりあえずは」歓迎すべきことだ!

    こんにちは。 このブログでも触れてきましたが、わが国の年金制度改革においては、厚生年金の適用拡大というのが一つの大きな流れになっています。 これは、年金の支え手を増やすとともに、厚生年金加入によって将来もらう年金額を増やすことで、低額年金で生活に困窮する高齢者を減らすことが目的です。 1.社会保険の適用拡大 2.短時間労働者に対する厚生年金適用の条件 3.適用拡大の影響 (1) 年金制度のしくみ (2) 被扶養配偶者(3号)にとっての適用拡大の影響 (3) 短時間労働者(1号)にとっての影響 ◆どれくらい増えるか? ◆健康保険について 4.さいごに 1.社会保険の適用拡大 社会保険(ここでは、…

  • 【新型コロナウイルス】GoToトラベル、全国一時停止の決定に疑問あり

    こんにちは。 12月14日、政府はGoToトラベルにおいて、18日から東京都と名古屋市を目的地とした利用を一時停止の対象とすることに加えて、28日から1月11日まで全国でも一時停止することを発表しました。 感染拡大の状況、世論の大勢、医療関係者の強い意見表明を踏まえた決定と思われますが、私などは「内閣支持率の急落に慌てふためいて、よく考えもせずに決めた」と下衆の勘繰りをしたくなります。 政府の今回の決定にはいくつか疑問を感じます。 1.「年末年始は集中的に対策が講じられる時期」って、本当? 2.いきなり、全国停止ですか? 3.これまでの姿勢と整合性はあるの? 4.自家用車利用のトラベルは感染の…

  • 【社労士試験:年金科目】ややこしい年齢年号換算が簡単にできるワザを教えます!

    こんにちは。 今年の試験の合格発表からおよそ1か月経過しました。 そろそろ来年の試験に向けて勉強を始めた人もおられるかと思います。 社労士試験は、とにかく勉強する範囲が広いですから、できるだけ早くスタートするに越したことはないと思います。 今回は、いま私が受けている年金マスター研修の中で、ベテランの年金相談員の方から教えてもらった年齢年号換算の仕方をお伝えします。 老齢年金の受給対象となる人は、昭和、平成、令和と3つの元号の時代を生きています。 元号と年齢との換算が面倒臭くて、思想信条とは関係なく、西暦だけなら計算が簡単なのに、とよく思ったものでしたが、今回お伝えしますワザを知っていれば、いま…

  • 【現況報告】社労士開業2か月経過しました。

    こんにちは。 10月1日付で社労士登録(開業)してから2か月が経過しました。 あまり代り映えしませんが、1か月経過時点に続いて、現況報告をさせていただきます。 1.インターンシップ 2.年金マスター研修 3.年金勉強会 4.営業活動と収入 1.インターンシップ 私の場合、顧問先事業所の社会保険、労働保険関係の手続き代行をするというよりも、個人からの年金等の手続き相談・請求代行や研修会・勉強会の講師などをしていくスタイルを考えています。 都道府県社労士会での登録説明会の際、他の社労士事務所でのインターンシップ制度の説明を受け、その申込用紙ももらいました。 新規登録したある社労士さんは、インターン…

  • 【コロナ関連】年金の繰上げ相談が増加している?

    こんにちは。 私は、年金の繰上げ、繰下げ受給に関してこのブログで記事を書く際、じつはほとんど「繰下げ」について書いていて、「繰上げ」に関してはざっと流すのみでした。 しかし、最近、ある年金相談員さんから、「繰上げ」に関する相談が増えてきていると聞きました。 それには、2つの要因があるようです。 私は、年金の「繰上げ」受給は減少してきているので、これからは「繰下げ」について考えていけばいい、と単純に思っていましたので、年金をめぐる現実を勉強させてもらったように受け止めました。 1.コロナ禍での経済的苦境に伴う年金繰上げ相談の増加 (1) 助成制度では足りず… (2) 繰上げると… ◆「繰上げ」の…

  • 【老齢年金】年金繰下げは、女性の方を優先すべき!

    きれいな秋空に雲がぽこんぽこん浮かんでいます。 こんにちは。 社労士になって加入した年金制度に関する勉強会で、先日、「ああ、そうだ」と気づかせてもらったことがありましたので、そのことについてお伝えしたいと思います。 それは、「年金の繰下げ受給は、長生きの可能性の高い女性の方の年金を優先して検討した方がよい」ということです。 1.年金の繰上げ、繰下げ (1) 制度はどうなっている? (2) 2020年度の年金制度改革 2.私の世帯の場合 3.これから年金をどういう形で受給したらよいのか? (1) 繰下げ受給の意義 (2) 私の場合は? 1.年金の繰上げ、繰下げ (1) 制度はどうなっている? ま…

  • 【コロナ禍】非正規労働者の状況はいっそう厳しい!

    こんにちは。 前回は、定年退職後の非正規労働者の基本給に対する名古屋地裁の判決についてお伝えしました。 今回は、コロナ禍における非正規労働者の状況はどうなっているのか、日経新聞の記事を手掛かりに確認したいと思います。 1.非正規労働者をめぐる情勢 ①6月5日付「派遣各社、雇用維持に懸命」「車工場の稼働低迷で食品へ」 ②6月14日付「フリーランス働く環境悪化」「収入減や取引停止」 ③6月24日付「ギグワーカー100万人増」「コロナで雇用悪化」 ④8月1日付「雇用情勢厳しさ続く」「非正規6月104万人減、過去最大」「休業者236万人なお高水準」 ⑤8月22日付「コロナ不安、出生数 影響も」「雇用・…

  • 【同一労働同一賃金】6割を下回る基本給は「不合理」:名古屋地裁判決

    こんにちは。 今回は、先月28日にありました名古屋地裁判決についてお伝えしたいと思います。 (判決の内容等は、10月29日付日経新聞の記事によります。) 1.最高裁判決 2.名古屋地裁判決 3.判決の評価 4.私見:6割でいいか? ジョブ型? 1.最高裁判決 このブログにも書きましたが、「同一労働同一賃金」をめぐっては、先月、5件の最高裁判決がありました。 この最高裁判決は、正規労働者と非正規労働者の労働条件の違いについて、非正規労働者への賞与、退職金の不支給は「不合理とまでは言えない」とし、また、扶養手当、有給の病気休暇等に関する待遇格差については、反対に「不合理で違法」とする内容でした。 …

  • 【現況報告】社労士に登録して1か月経ちました。

    こんにちは。 10月1日付で社労士登録して1か月が経ちましたので、現況報告をしたいと思います。 1.営業活動 (1) 準備したもの:名刺、チラシ (2) 営業活動 (3) 看板設置 (4) 営業成績 2.開業届等の手続き (1) 開業届 (2) 個人賠償責任保険加入 3.年金マスター研修等 (1) 勉強会に参加 (2) 年金マスター研修 1.営業活動 (1) 準備したもの:名刺、チラシ このブログでも書いてきましたように、私は、年金など、制度の利用を必要としている人たちに、制度情報を伝えることを自分の役割と思って社労士になりました。 そのため、私が描く社労士として仕事のイメージは、事業所等を顧…

  • 【非正規の待遇格差/最高裁判決】ボーナス・退職金の不支給は不合理ではない!?

    こんにちは。 正規労働者と非正規労働者の処遇格差の不当性について争われた5件の事件について、10月13日と15日に最高裁判決が続けてありました。 今回は、このことについて考えてみたいと思います。 1.判決の概要 (1) 賞与・退職金 (2) 扶養手当等 2.正規・非正規の待遇者の不合理性の判断基準 (1) 旧労働契約法第20条 (2) 賞与・退職金判決要旨 3.私見 (1) 残念な最高裁判決 (2) 労働市場の2重構造 1.判決の概要 (1) 賞与・退職金 13日の最高裁(第3小法廷)判決は、大阪医科大学元アルバイト職員が、賞与の不支給を不当と訴えた事件、及び東京メトロ子会社の元契約社員が、退…

  • 【年金】老齢厚生年金の「経過的加算」って、何?

    こんにちは。 前回は、一定要件に該当する妻に加算される遺族厚生年金の「中高齢の寡婦加算」(40歳-65歳)と、この中高齢の寡婦加算と65歳からの老齢基礎年金との差に相当する「経過的寡婦加算」についてお伝えしました。 今回は、「経過的」つながりで、老齢厚生年金の「経過的加算」についてお伝えします。 1.老齢厚生年金の定額部分 (1) 老齢厚生年金の額のしくみ (2) 支給開始年齢の引き上げ 2.経過的加算 (1) 経過的加算とは? (2) 経過的加算の額 1.老齢厚生年金の定額部分 (1) 老齢厚生年金の額のしくみ 経過的加算について説明するためには、まず老齢厚生年金のしくみについて説明します。…

  • 【厚生年金】中高齢の寡婦加算、経過的寡婦加算って、何?

    こんにちは。 前回は、国民年金の独自給付である寡婦年金についてお伝えしました。 寡婦年金は、国民年金の保険料を10年以上かけていた夫が、年金を何ももらわないまま死亡してしまったときに、婚姻期間が10年以上ある妻に対して、60歳から65歳まで支給されるものでした。 今回は、遺族厚生年金の中高齢の寡婦加算と経過的寡婦加算についてお伝えします。 寡婦「年金」が、単体で支給されるのに対し、中高齢寡婦「加算」は、遺族厚生年金に加算されるものです。 まず、遺族厚生年金の概要を説明します。 1.遺族厚生年金の概要 遺族厚生年金の支給要件等の概要 短期要件 長期要件 支給要件 ① ② ③ ④ 厚生年金加入中に…

  • 【国民年金】「寡婦年金」と「死亡一時金」って、何? どんなときにもらえるの?

    こんにちは。 公的年金制度は、1階部分の国民年金、2階部分の厚生年金があって、それぞれに老齢、障害、遺族年金があるというのが基本的な形です。 しかし、国民年金には、付加年金、寡婦年金、死亡一時金の3つの独自給付があります。 今回は、このうち寡婦年金と死亡一時金についてお伝えします。 1.寡婦年金って、どんなときにもらえるの?(支給要件) (ア)亡くなった夫に関する要件(すべてに該当) (イ)妻の要件(すべてに該当) 2.寡婦年金の支給期間と額 (1) 支給期間 (2) 寡婦年金の額 3.死亡一時金って、どんなときにもらえるのか? (支給要件) (1) 死亡一時金とは? (2) 支給要件 4.死…

  • 【障害年金】2つの障害年金、3つの支給要件

    こんにちは。 今回は、障害年金の基本的なことについてお伝えしたいと思います。 1.社労士を目指したきっかけ (1) 知り合いの実例 (2) 仕事でも (3) 制度を人々に届ける 2.2つの障害年金、3つの支給要件 (1) 2つの障害年金 (2) 3つの支給要件 (3) 初診日要件 (4) 障害認定日要件 (5) 保険料納付要件 1.社労士を目指したきっかけ (1) 知り合いの実例 実は、私が、社労士になろうと思ったひとつのきかけは、この障害年金にあります。 私の知り合いであるAさんの子どもさんが、20代で思わぬ障がいを得て治療を要するようになり、仕事も中断せざるを得なくなったのです。 しかし、…

  • 社労士として仕事ができるようになりました!

    こんにちは。 今回は、10月1日付で社労士登録がすみましたので、そのご報告です。 昨年の試験の合格発表が、11月8日でしたので、それから11か月も経過しています。 試験日(8月25日)からだと1年1か月です。 私にとっては長い日々でした、やっと登録、やっと社労士になれた、という感じです。 1.事務指定講習 (1) 通信指導課程 (2) 面接指導課程 (3) 事務指定講習についての感想 2.登録申請 1.事務指定講習 試験に合格して、2年以上の実務経験があれば、すぐに登録申請ができるのですが、私はそれがありませんので、登録には、事務指定講習を受けて修了する必要があります。 事務指定講習は、まず通…

  • この10年間のGDPの推移から見た各国の経済成長力

    こんにちは。 その国の経済力を示す代表的な指標は、やはりGDPではないでしょうか。 今回は、GDPの直近のデータと10年前のデータを見ながら、わが国はじめ各国の経済成長の状況を確認したいと思います。 1.名目GDPの10年の変化 (1) GDP上位20か国 (2) 上位20か国での入れ替えは1つのみ (3) 各国のGDP成長率 2.1人当たり名目GDPの10年の変化 (1) G7各国、中国、韓国 (2) 1人当たり名目GDPの上位の国はどこ? 1.名目GDPの10年の変化 (1) GDP上位20か国 GLOBAL NOTEで誰でも見ることのできるデータによりますと、直近の2018年データで、上…

  • 会社は、どうして退職日を月末の前日にしようとするのか? 労働者にとっての損得は?

    こんにちは。 定年退職の日付は、就業規則等であらかじめ決められているところが多いでしょうが、その他の事由による退職の日を、月末ではなく、その前日にしようとする会社があります。 例えば、8月退職である場合に、31日付ではなく、30日付で退職にするケースです。 それはどうしてか、また、労働者にとってのメリット、デメリットについて、社会保険料負担の観点から考えてみたいと思います。 1.会社側のメリット (1) 厚生年金の規定 (2) 健康保険の規定 2.労働者にとってメリットか、デメリットか? (1) 年金について (2) 健康保険について 3.シミュレーション (1) 試算 (2)結論 1.会社側…

  • 【国民年金】保険料の納付猶予とは、何⁉

    こんにちは。 前回から、国民年金保険料の免除・納付猶予制度についてお伝えしています。 ◆保険料の免除・納付猶予の種類 ①産前産後期間の免除 ②法定免除 ③申請免除(全額、一部) ④学生等の納付特例 ⑤納付猶予 前回は、上記①産前産後期間の免除、②法定免除についてお伝えしました。 上記③申請免除については、以前のブログ👇で、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴って、収入が減少した場合の年金保険料免除が導入されたときに、お伝えしましたので、ここでは省略させていただきます。 www.tanoken65.com 今回は、④学生等の納付特例と、⑤納付猶予についてお伝えします。 1.学生の納付特例 (1) …

  • 【国民年金】保険料の免除制度 ①産前産後、②障害年金受給者等

    こんにちは。 前回のブログで、「国民年金はぜったいお得だ!」ということをお伝えしました。 年金給付の半分は公費(税金)で賄われていて、終身にわたって支払われること、保険料(掛金)の全額が社会保険料控除対象であること、保険料の納付が難しい場合には免除や納付猶予の制度があること、以上3点がその理由です。 今回から、保険料の免除・納付猶予についてお伝えしようと思います。 1.保険料の免除・納付猶予の種類 2.産前産後期間の免除 (1) 免除の期間 (2) 届出が必要 (3) 効果:絶対的免除 ◆保険料との関係 ◆(参考)厚生年金の場合 3.法定免除 (1) 法定免除の種類(対象者) (2) 免除の期…

  • 【公的年金制度】国民年金は、ぜったいお得だ!

    こんにちは。 1.年金制度は「あてにできない」か? 2.国民年金はお得! その1:半分は税金、かつ、終身! 3.国民年金はお得! その2:保険料は全額、社会保険料控除 4.国民年金はお得! その3:保険料の免除・納付猶予の制度がある。 ◆親など同じ世帯の者が払ってもよい。 5.まとめ 1.年金制度は「あてにできない」か? わが国では、年金制度への信頼度があまり高くないように見受けられます。 若い人たちの中には、「自分たちが高齢者になったときには年金制度は崩壊している」と思っている人もいるようです。 テレビ、ユーチューブ等でも、「年金は当てにならない」と根拠なく発言する人を見たりします。 私は、…

  • 子どもの幸福度ランキング、日本は20位。(ユニセフ発表)

    こんにちは。 1.総合順位20位 2.精神的幸福度 (1) 生活満足度が高い子どもの割合 (2) 自殺率 3.身体的幸福度 (1)子どもの死亡率 (2) 過体重・肥満の子どもの割合 4.スキル (1) 読解力・数学分野の学力 (2) 社会的スキル 5.【参考】前回(7年前)のランキングと子どもの貧困率 (1) 日本は6位 (2) 子どもの貧困率 1.総合順位20位 9月3日、ユニセフから子どもの幸福度ランキングが発表され、日本の総合順位は、38か国中20位でした。 これについては、日経新聞が「日本の子「幸福度」最低水準」(9月4日付)と伝えたほか、マスコミ各社でも報道されました。 上位10か国…

  • 【年金制度】若い世代ほど、年金の未加入、保険料の未納が多い

    こんにちは。 1.はじめに (1) 年金制度に対する国民の信頼感が低い (2) 制度内容の周知不足 ◆年金は老齢だけではない! 2.若い人たちの年金加入状況 3.年金保険料の納付率 (1) 最終納付率 (2) 全体の納付状況 (3) 年齢別納付状況 ◆「3分の2」要件 1.はじめに (1) 年金制度に対する国民の信頼感が低い わが国の年金制度に関しては、若者は「あてにできない」と感じていたり、あるいは「すでに財政的に破綻している」と極論を主張する人もいるなど、悲観的な意見の人が多いように感じます。 8月20日の日経新聞は、わが国の社会保障制度に関する民間調査*1を紹介しています。 それによりま…

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー