searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ゆ〜こさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ゆ〜こさんの風呂散歩
ブログURL
https://sj141008.hatenablog.com/
ブログ紹介文
神戸在住の風呂好き女が行く、銭湯めぐりのまとめです。
更新頻度(1年)

29回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2020/07/04

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ゆ〜こさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ゆ〜こさん
ブログタイトル
ゆ〜こさんの風呂散歩
更新頻度
29回 / 365日(平均0.6回/週)
フォロー
ゆ〜こさんの風呂散歩

ゆ〜こさんの新着記事

1件〜30件

  • 【神戸市】宮本温泉

    部屋に2日連続でゴキが出た。 まだ引っ越して2ヶ月ちょっとなのに。 前の部屋では一回も出なかったのに。 「これで大丈夫!」とありったけのゴキ対策グッズを買ってきた夫。 「ゴイゴイスー!」と言いながらあちこちにスプレーかけてました。本当に大丈夫かな・・。 ちょっとでもご機嫌になりたくて、この日やって来たのは灘駅から徒歩7分ほど。 「宮本温泉」さんです。 目の前は小学校。通学路に風呂屋があるって、なんかイイなぁ。一見、ミニ銭湯風ですが中は結構広いです。 2021年の牛乳石鹸のれん。 個人的に好きです、留紺に白字の力強い「ゆ」が湯心を誘います。 ネオンの屋号看板。明るい時間の訪問のため残念ながらライ…

  • 【神戸市】戎湯(風呂跡)

    記憶とういのは、頭のどこかには必ず残っていて、無くなることはないらしい。 ただ、その記憶に辿り着けるか否かの問題というだけで。 昨年からずっと休業状態だった戎湯さんが今年の3月に閉業されました。 上の写真は、休業前に訪れた時に撮影したものです。ブログを始める前は全く写真などを撮らなかった私が、何故かこの一枚だけは残していました。 これが最後の訪問になると予感して・・・というわけではなく。純粋に、美しい風呂屋だなと思ったから撮ったものです。 休業に入ったのはその直後。 ちょうど神戸の銭湯で行われていた「神戸オフンロ巡り2」が終わって間もなくのことでした。 休業が一ヶ月、二ヶ月、そして半年と続くに…

  • 【神戸市】笠松湯

    阿部一二三選手と阿部詩選手が同日金メダルの快挙!もう勝った瞬間声出ちゃいました。 しかもお二人の出身が神戸の和田岬。同郷の選手の活躍はなおさら嬉しい。 「こりゃ、今週はあの風呂屋で決まりやね。」 そう思ってやって来ました。 和田岬駅から徒歩5分ほど。 なんともノスタルジックな商店街の中を歩くと現れるのが・・・ 「笠松湯」さんです。 屋号看板にそそられる。 優しい色合いの外観です。 煙突。渋いぜ。 コインランドリーの場所も渋いぜ。 あ、ニャンコ。窓から鳩を見つめてました。 ではでは、お邪魔します! 下駄箱。 鶴亀錠です。 オフンロ巡り2のポスターで隠れているので分かりづらいですが、番台裏はアーガ…

  • 【姫路市】明和温泉

    完全に見誤ったな、と思いながら炎天下のなかペタペタ歩き続けました。 徒歩37分を甘く見ていた。この時期に無茶しちゃいけません。 汗だくだくのフラフラでこの日やって来たのは・・・ 「明和温泉」さんです。 姫路駅から徒歩37分。 京口駅からだと徒歩15分(ただし便が少なめ) 夏の空にも負けないこの真っ青な外壁! そしてデカデカと書かれたゆの文字!! たとえ湯のれんが捲し上げられていても、ここが銭湯だということは一目瞭然。 見た目のインパクトが強烈の風呂屋です。 煤けた煙突がひょっこりと顔を出しています。 ちょっと裏側へ回ってみましょう。 こちら建物裏。周りに大きな建物がなく、また角地の風呂屋なので…

  • 【神戸市】たちばな湯

    風呂と全く関係のない話で恐縮なのですが、先日結婚をしました。 新生活の準備やら引っ越しやらでバタバタしていて、全然風呂に行けていなかった。ブログからも離れてしまっていました。 ようやく落ち着いたので、ぼちぼち風呂散歩を再開しようと思います! そんな久々な風呂散歩なのですが、非常に残念なお知らせが舞い込んできました。 たちばな湯さん廃業のお知らせ。 6月いっぱいまでの営業とのこと。 このところ、神戸銭湯の廃業のお知らせが相次いでいて、とても悲しい。 梅雨の晴れ時を見計らって・・・最後のたちばな湯さんに会いに行ってきました。 大倉山駅から徒歩10分ほど。 なだらかな坂の途中にあるのが・・・ 「たち…

  • 【京都市】錦湯

    そういえば、ずっと行きたい行きたいと思っていたのに、いつも後回しにしていた風呂屋が京都にあったな。 そろそろあそこに行きたいな。もう行かんとな。うん、行こう!そうだ京都行こう!! そんなこんなで京都の風呂を巡っていたわけですが、この日訪れた最後の風呂は・・・ 「錦湯」さんです。 美と迫力を兼ね揃えたこの圧倒的存在!! I am NISHIKIYU って感じ!! 創業は昭和二年。京都らしい町屋造りのお風呂屋さん。 こんなにも簾が映える風呂屋が他にありますか。もう、外観を眺めているだけでも充分に価値があります。幸せです。 タイル使いが美しい京風呂。木枠の建具との相性も抜群ですね。シンプルな湯のれん…

  • 【京都市】錦生湯

    見知らぬ土地で、不意に風呂屋の煙突を見かけるとキューンとして、嬉しくなってしまう。 ましてやそれが一人でいる時なら、居ても立っても居られなくなるわけでして。 こんな建物裏を見てしまうと、そりゃもう正面玄関も見ないわけにはいかないもんでして。 静かな通りを進むと現れたのが・・・ 「錦生湯」さんです! ラッキー、開いてる!!と思わずガッツポーズ。建ち並ぶ住宅の中にすんなりと溶け込んでいるこのミニ銭湯感が堪らん。 これから抹茶スイーツでも楽しもうと思っていたのですが・・・出会ったからには仕方ない。 予定を急遽変更で錦生湯さん、お邪魔します! 暖簾の先に現れたのは障子張りの引き戸が特徴の玄関。素朴で全…

  • 【京都市】島原温泉

    京都の島原は江戸時代には花街として大いに栄え、それはそれは華やかな世界が広がっていたという。 こちら、島原花街の入り口だった島原大門。 150年以上も前の建造物が日常風景の中に溶け込んでいるところに感動してしまう。さすが京都。 そんな、かつて大人の盛り場だったこの場所にこれまた日常の一部として存在し続ける風呂屋があります。 「島原温泉」さんです。 京都では入り口に男女の湯のれんが二枚かかっている場合が多いのですが、島原温泉さんは男女共用のものが一枚です。 ラジューム。ラジウムのことですね! もともとは千鳥湯という屋号だったもよう。 サウナの文字に比べて島原温泉の文字部分が新しい感じがします。 …

  • 【尼崎市】栄町温泉

    久々の初訪問風呂です。 まだ見ぬ風呂屋にワクワクしながら杭瀬駅から歩くこと10分ほど・・・ お! おお! おぉおおお!! しっっぶい建物と煙突を発見。 こちらは今回の目的地の建物裏です。 夕焼けに錆びたトタン壁。もう裏側だけで完全にノックアウトです〜。トキメキを胸に正面玄関へ。 栄町商店街のアーケードをくぐると現れるのが・・・ 「栄町温泉」さんです。 屋号看板もなく、一見シンプルな外観。 しかしながら、よく観察してみると壁と足元には素朴ながらも素敵なタイルで装飾されています。 湯のれんの上に吊られた特徴的なランプ。三兄弟みたいで愛らしい。 ではでは、さっそくゴーゴー! お〜広い。すごく広い。玄…

  • 【神戸市】浜添湯

    どうしてこうも、風呂屋っちうのはこんなにも、心を誘うのでしょうか。 風呂屋に浪漫あり。思わずそう呟きたくなるこの場所は・・・ 「浜添湯」さんです。 苅藻駅から徒歩7分ほど。 塀にぐるりと施されたタイル装飾。いかにも風呂屋!て感じがして、胸アツです。少々年季が入っておりますが、これがイイのです。 こちら建物脇。レンガ造りです。 煙突が夕焼けに照らされています。 これまたレトロなバスクリン看板。 現在は薬湯はやっておりませんが、わざわざ撤去はしません。 屋号看板。もともとはどんな色だったのだろう。当時は銅色に輝いてたんじゃないかな、とか勝手に想像してしまいます。 では、そろそろお邪魔させて頂きます…

  • 【神戸市】朝日温泉

    朝っぱらから温泉なんて、そんな贅沢をしていいのでしょうか。冬の澄んだ朝に、やっぱり恋しくなってやって来たのが・・・ 「朝日温泉」さんです。 源泉の掛け流しも楽しめる立体型銭湯です。 すぐそばをJR神戸線の電車が走ります。 もちろん、車窓からも朝日温泉さんがばっちり見えますよ! こちらは建物裏。逆光で眩しいです。 ではでは入らずんば! こちらは入り口です。 湯のれんの右側に天然温泉表示看板が設置されています。湯のれんの奥に階段があって、2階にフロントがあります。 券売機で入浴券を買って、脱衣所へ。 脱衣所はロッカーがズラリと並んでいてややコンパクト。脱衣所に登り階段があり、3階が浴室になっていま…

  • 【神戸市】水木湯

    寒い。寒すぎる。 こんなに寒い冬は、久々じゃないでしょうか。 芯まで冷えた身体を、芯まで温めるべくこの日選んだ風呂屋は・・・ 「水木湯」さんです。 現在はマンションになっておりますが、水木湯さんの左隣には昔「水木荘」というアパートが建っていたそう。そのアパートの所有者は、なんとあの水木しげる先生。まだ紙芝居作家だった時の話で、後にそのアパートの名前がペンネームである「水木しげる」の由来になったという。 風呂と話が逸れてしまいましたが・・・そんな大物漫画家さんも通ったという、昔からこの水木通りに存在する風呂屋、それが水木湯さんです。 長細〜い蛍光灯看板には・・・ 関西色強めのワードです。 うぅ、…

  • 【神戸市】あさぎり湯

    神戸は坂道が多いです。 そのべらぼうにキツくて長い坂に 「たまらんな・・・。」 と毒付くこともあるけれど ふと振り向いて遠くに海が見えたりしたその時は「たまらんな!」と思ってしまう。 やっぱり神戸が好きなのです。 そんな、思わず「たまらん!」と呟きたくなる場所に、湯を沸かす風呂屋があります。 「あさぎり湯」さんです。 赤い屋根に少し小ぶりな「ゆ」の看板。 日の当たり方も美しい風呂屋です。 あえて遠くの方から撮影。白い煙を吐く道。 もう寒いや。そろそろ入りましょう! ・・・お!!! 牛乳石鹸さんの湯のれん2021年バージョン! こんなに早く実物を見られると思っていなかったので嬉しい。今年は浮世絵…

  • 【神戸市】湊湯

    「東の浅草、西の新開地」 今では想像もつかないけれど、かつて「新開地」は関西でも有数の大歓楽街だったという。 そんな"いにしえの繁華街"に、「現存する神戸の風呂で、一番ディープな場所はここじゃないかな・・」と個人的に思っている風呂屋があります。 新開地駅から徒歩5分。 「湊湯」さんです。 ・・・て、この位置では全く様相が分からないですね。ここから少し奥に進むと・・・ 風呂屋の入り口が見えてきます。 手前がコインランドリーで、奥が銭湯です。 湯暖簾はかかっておらず、少し怪しげな雰囲気が不思議な好奇心を掻き立ててくれます。 屋号名は「湊湯」さんなのですが、何故か風呂看板は「湊温泉」。うーん、ミステ…

  • 2020年再訪風呂まとめ

    今年再訪して写真を追加した記事をまとめました。お時間がある時にでものぞいて頂けると幸いです♪ ◾︎梅ヶ枝湯 さん 【高砂市】梅ヶ枝湯 - ゆ〜こさんの風呂散歩 ◾︎小久保湯 さん 【明石市】小久保湯 - ゆ〜こさんの風呂散歩 ◾︎三光湯 さん 【明石市】三光湯 - ゆ〜こさんの風呂散歩 ◾︎ふじ温泉 さん 【神戸市】ふじ温泉 - ゆ〜こさんの風呂散歩 ◾︎延命湯 さん 【大阪市】延命湯 - ゆ〜こさんの風呂散歩 季節、時間帯が変わると風呂もまた色んな表情を見せてくれます。 銭湯オンリーというニッチなブログですが、これからもロマン溢れる風呂の魅力を追求していきます! 来年も何卒宜しくお願い致しま…

  • 【尼崎市】笹の湯

    洗髪をしている時に、忘れていたことをハタと思い出す事が多いです。 何故なんでしょうね、無になるからですかね。 なんとなくボンヤリ気味な今日この頃、この日ふらふらと訪れたのは・・・ 「笹の湯」さんです。 甲子園口駅から徒歩15分ほど。 木をくり抜いた屋号看板。味わい深い。 溢れる郷愁の美をビシビシと感じます。 風呂屋の目の前に設置されているベンチもめちゃくちゃいい感じ。 こちらは建物裏。スマートな煙突です。 ではそろそろ暖簾をくぐりましょう。 虎のタイル絵が潜んでます。 思わず溜め息が漏れてしまいそうな、絵になる下駄箱です・・・。 脱衣所は番台式でややコンパクト。 そして強烈な存在感を放つのが、…

  • 【尼崎市】泉温泉

    あー、次の休みはどこにも行かんぞ。 一日中家でお菓子食べながらぐだぐだして過ごすぞー! ・・・って思ってるのに、どうしていざ休みになると風呂に繰り出しちゃうのでしょうね。 風呂の磁力に導かれ、この日訪れたのは 「泉温泉」さんです。 武庫之荘駅から歩いて20分ほど。商店街を歩くと突如現れるデカデカとした「ゆ」の文字。 魅惑的です・・・。 こちら建物裏。周りには高い建物もなく、空にスッと伸びる煙突がよく映えます。 日が暮れてきました。そいでは、お邪魔しましょうか! 玄関。 下駄箱。 玄関から脱衣所へのドアは自動ドアで、その先には番台式の脱衣所が広がっています。 脱衣所、非常に広々です! 浴室のドア…

  • 【明石市】大福湯

    あれ?寒。 ドアを開けた瞬間に吹き込んできた風に身震いして、またドアを閉めてしまいました。 冬到来ですかね。今年初のコートです。 コート着て行くとロッカーがいっぱいいっぱいになっちゃうんだよなーと思いながらこの日やって来たのは・・・ 「大福湯」さんです。 西新町から歩いて10分ほど。ブルーのテント屋根が印象的な町のお風呂やさんです。 歩いて向かっている時、遠くからこの湯のれんが見えて思わずニヤリとしてしまいました。 牛乳石鹸湯のれん98年バージョン。 そんなにしょっちゅう見かける湯のれんではないのですが、最近遭遇率高めです。 こちらは建物裏です。 浴室の楽しげな声がこちらまで聞こえてきます。 …

  • 【神戸市】ふじ温泉

    身が軽いです。 仕事で、半年間のしかかっていた案件をようやく片付けることができて、肩の荷がふぅと降りました。今週はよく働いた・・・。 今日の風呂は格別だぞ。さてー、どこに行こうかなぁ・・と思い巡らせ、浮かんだのがこちら。 「ふじ温泉」さんです。 青い空に青い外壁。ちょっと年季が入ったみどりのネオン屋号。年代物の湯のれん。やっぱり落ち着きます、この佇まい。 建物横には沢山の薪材。 阪急線の線路と踏切の目の前です。 阪急電車の神戸線に乗ると、この光景が車窓から見えるんです。大学時代は阪急ユーザーだったのでほぼ毎日この薪の山を見ていました。そのせいもあって、当時はふじ温泉さんにたいへんお世話になって…

  • 【大阪市】寿温泉

    ユーハイムのバウムクーヘンを頂いた。 嬉しい。美味しいですよね、ユーハイム。 そういえば、明日は家に友人が来るんだった。 私はバウムクーヘンをいそいそとクローゼットに隠した。卑しい。でも、独り占めしたいのです。 部屋にバウムクーヘンを残したまま、この日訪れたのは・・・ 弁天町駅から徒歩5分。 「寿温泉」さんです! 渋い。「寿」の字体が渋すぎるじゃありませんか!個人的に大好きなんです、モザイクタイルの屋号看板♪ ではでは、早速中へ。 入りから既に素晴らしい。 脱衣所のドアを開けると・・・ 人!人!!人!!! おおっ!?なんだこの人の数は!! 「混んでてすみません〜。」 と番台のお姉さん。 昔なが…

  • 【神戸市】灘温泉 六甲道店

    時刻は午前5時30分。 まだ外が薄暗い。そのうえ、若干冷える。 頭の片隅に、遠くで湯のれんが揺れている光景が浮かぶ。 ・・・俄然、風呂の気分やねぇ! そう思って、休日の朝っぱらから自転車にまたがって向かった先は・・・ 「灘温泉 六甲道店」さんです。 昭和7年に建てられた洋風建築の風呂屋です。 朝の6時から風呂が沸いているのが嬉しすぎる。 そのうえ、源泉掛け流し! 元々は普通の風呂屋だったようなのですが、平成に入ってからの改装で温泉を掘り、以降は温泉銭湯として営業されております。 銭湯価格で温泉が楽しめるということから、ご近所さんや風呂好きだけでなく、幅広い客層から支持されている超人気の風呂屋で…

  • 【豊岡市】京極湯

    兵庫の果てだなぁ。 と思いながら長いこと電車に揺られていました。時間にして、約4時間半。 この日訪れたのは豊岡市の豊岡駅。 豊岡最後の風呂を求めて・・・ 「京極湯」さんです。 もう、風情がダダ漏れじゃないですか! 煙突とイチョウ。 よく見ると屋根のてっぺん部分、鬼瓦が「湯」になっています。こういうちょっとした装飾にキュンとしてしまう。 では参りましょうか! なんてこった、玄関の全体像を撮影し忘れた。 脱衣所への扉は木製の開き戸です。 他の建具に比べると新しい感じがしますね! 扉の先は、時が止まっていました。 料金は大人380円。背の高い番台で料金を払い、番台横の木製下駄箱に履物を収めます。 下…

  • 【倉敷市】えびす湯

    せっかく岡山を通過するなら、寄りたいなと。 いつか再訪したいと思っていた風呂屋が倉敷にあるのです。 その風呂屋は倉敷駅から徒歩5分程度。 「えびす湯」さんです。 そうそう!石風呂!! ここは立派な石のお風呂が楽しめる風呂屋なんです♪看板下の白熱球も可愛らしいです。 以前訪れた時は夜の訪問だったため、外観の姿をハッキリと見ることができませんでした。 なので、いつか明るいうちに再訪したいなぁと思っていたのに、ズルズルと時間ばかり過ぎて。やっと来れた !笑 煙突。こんなに太かったのか! いいなぁ、この湯のれん。 濃紺に赤字の「ゆ」。 色合いはシンプルだけどすごく素敵。 建物にもよく似合ってる。 よし…

  • 【尾道市】大和湯(風呂跡)

    さて、夜ご飯どーしよっかなーと思いながら商店街をプラプラしていたら・・・ !!!??? な・・・ななっ・・・!!! 突如現れた古き良き風呂に意表を突かれてしまった。 向かい側のブティック屋のマダムに早速聞き込み。 「すみません、向かいの風呂屋って今もやってるんですか?」 「あぁ。あそこは30年前に閉めたんよ。」 ・・・30年前!!?? 30年前に廃業した風呂屋が何故今も当時の姿を残しているんだ。 「今はカフェやってるんよ。」 そうなのか。尾道にそんなカフェがあったなんて。こりゃ、完全に勉強不足だった。 それしにても・・なんて素敵なの。 この年季の入った外壁。 太ましい文字の屋号看板と上部のアー…

  • 【尾道市】大栄湯

    尾道駅から徒歩で10分ほど 尾道風呂 二湯目がこちらです。 「大栄湯」さんです。 右読みの風呂屋号がイイですね。 こちらは建物裏。 では早速お邪魔します。 扉の向こうは、タタキの玄関と背の高い番台がお出迎え。外観は新しい感じがしたけれど、内観は創業当時のままなのか、かなりのレトロ空間です。木製の下駄箱の扉をヒョイっと摘んで履物を収納します。 脱衣所に上がると、立派な木製ロッカーがドドンとお出迎え。渋い。番台の頭上には招き猫。さらにその奥には神棚。 浴室はというと、楕円の主浴槽がドンとひとつ。綺麗なお湯がコンコンと湧いている。 私の他に、先客がお二人。おそらく常連さんだと思われるのですが、二人と…

  • 【尾道市】大宮湯

    尾道です。 そうなんです、行っちゃいました、広島。 Gotoしちゃいました。 今年初の旅行。そして約一年ぶりの風呂旅。 広島には何度か訪れていますが、尾道は初めてなのでワックワクです♪ すごくすごく嬉しいけれど、手放しで万歳できる状況では決してないので、感染予防にはしっかりと気を遣いつつ、楽しんできました。 尾道駅に着いて、早速風呂屋へ向かいます。 駅前はすごく賑やか。なのに自分だけ、華やかな観光地からどんどん離れていく・・・仕方がない。 尾道駅から徒歩で20分ほど。 辿り着いたのがこちら 「大宮湯」さんです! ・・・・・。 え?どこに風呂屋があるのかですって? ホラ、この建物と建物の間に・・…

  • 【大阪市】三光湯

    前回ご紹介した大正湯さんから歩いて10分ほどの場所に、これまたオシャンな風呂屋があります。 「三光湯」さんです。 緩やかなカーブの瓦屋根。 左右に設置された温泉マーク付きの丸窓も非常に魅力的じゃないですか。風呂建築の多様さには、本当に毎度驚かされてしまう。 建物裏です。 煙突。 では早速お邪魔します。 ロッカー。 脱衣所はというと、レトロというよりもクラシックな雰囲気。天井のライトに施された細かい装飾や、花柄の壁紙など、なんだか品があります。 ロッカーのサイズが他の銭湯よりも少し小さめな感じがしました。また、鍵がおしどり錠だったのですが、よく見ると新と旧のものが混ざっていて、微妙なデザインの違…

  • 【大阪市】大正湯

    急に寒くなってきましたね。 なのに、我が家にはまだ蚊取り線香が放置されています。 クローゼットも未だに夏仕様。 寒い寒い言いながらも、気持ちが季節の変化に追いついていません。 やらないといけないことがあるのに、そんな時に限って無性に風呂に行きたくなる。 この日降り立ったのは大正駅。 晴れて良かったーと思いながら歩くこと15分。 着きました!「大正湯」さんです。 外観はこんな感じ。 入り口が奥まっています。かつて、神戸の長田にあった「あさひゆ」さんを彷彿とさせる造り。 煙突。 ではでは、参ります! 暖簾の先。 あらま!夜に来る時は気をつけないと。 玄関。渋い!いい感じです。 玄関のドアをくぐると…

  • 【神戸市】つかさ湯

    JR元町駅から神戸駅の高架下に続く長〜い商店街。昼間なのに薄暗く、ディープな空気が漂っているこの場所は・・・ 元町高架下商店街。 通称『モトコー』。 ガイドブックには載っていない、神戸のアンダーグラウンドです。起源は戦後の闇市の名残という。 2016年に高架の耐震工事が決まり、営業店舗は次々と移転や閉店で姿を消してしまいました。 もう見られなくなる景色なのかな。 随所随所にハッとするような光景が見られる面白い商店街なのですが・・・。 神戸の超老舗洋菓子店。 知る人ぞ知る、レンセイ製菓さん。 今は残念ながら、お菓子は作っていないとのこと。以前、ここのお菓子を購入したことがあるのですが、とびきり美…

  • 【尼崎市】第一敷島湯

    食べすぎたなぁ〜、と夕飯の後に一人で反省。 暑さが和らいだせいでしょうか。なんだか食欲が増してきた今日この頃です。 「運動がてら、ちと散歩行こかな〜。」 そう思い立って、気が付けば片手に風呂バッグ。ふっふっふっふ・・・夜の風呂散歩に出発です♪ 散歩なのに電車に乗って、ユラユラ揺られて降り立ったのは、杭瀬駅。 5分ほど歩いてたどり着いたのは・・・ 「第一敷島湯」さんです。 創業は大正12年。間も無く100年を迎えるところ。この辺りでは珍しい唐破風屋根の外観は創業当時からのものです。 玄関。入って真正面に傘入れってのもなんだか関東っぽいです。 下駄箱 つばめ錠 脱衣所のドアをくぐるとまずは番台。 …

カテゴリー一覧
商用