searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

医学切手の鉄人さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
医学切手の鉄人のブログ
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/voxsangman/
ブログ紹介文
長年血液に関する仕事に従事し、血液を介して感染する感染症に対する検査・予防法・最新の情報を紹介していきます。 また、趣味で収集した5万枚以上の医学切手も紹介していまます。
更新頻度(1年)

10回 / 20日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2020/06/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、医学切手の鉄人さんの読者になりませんか?

ハンドル名
医学切手の鉄人さん
ブログタイトル
医学切手の鉄人のブログ
更新頻度
10回 / 20日(平均3.5回/週)
読者になる
医学切手の鉄人のブログ

医学切手の鉄人さんの新着記事

1件〜30件

  • 医学徒然草-43.アレキサンダー大王の死因は何??-

    アレキサンダー大王(B.C.356~B.C.323,在位、B.C.336~B.C.323)とは、マケドニアの王で、大遠征(ギリシャ→ペルシャ・エジプト→インダス川流域)を行い大帝国を建設しました人物です。 彼の強さは世界で最初に

  • 医学徒然草-42.乳がんの自己診断法-

    乳がんは早期に治療すれば治る病気です。 乳房を外から触ってわかる場所にできるため、自分で早期に発見できるので、30歳を過ぎたら月に一度は自分でチェックすべきです。 乳腺が張っているとわかりづらいので

  • 医学徒然草-41.風眼(ふうがん)て知っていますか?-

    風眼とは、淋菌により結膜に急性の化膿性炎症がおこる病気で、急性結膜炎の一種で、膿漏眼(のうろうがん)のことを言います。 言い換えれば、淋菌が眼に感染して起こる感染症です。 症状としては、多量の分

  • 医学徒然草-40.血液循環の話-6.毛細血管の発見-

    イタリアの医師であるマルチェロ・マルピーギ(1628~1694)は、1661年に顕微鏡を使用して動脈と静脈をつなぐ毛細血管を発見し、これによってハーベーの血液循環説は完成することになります。 このことからマルピー

  • 医学徒然草-39.血液循環の話-5.血液循環の発見-

    1628年、イギリスの医師ウイリアム・ハーベー(1578~1657)は、『動物における心臓と血液の運動に関する解剖学的研究』を出版し、この著書の中で心臓の運動を論じて血液と呼吸の問題を取り上げ、心臓を一種のポンプ

  • 医学徒然草-37.血液循環の話-3.最初の肺循環の発見-

    肺循環は1280年にアラビアの医師イブン・アル・ナフィス(1210~1289)がアビケンナ(980~1037)の著書の『医学典範』の注釈の中で「血液が心臓の右心室から動脈性静脈を経由して肺へ、そして静脈性動脈を経由して再び

  • 医学徒然草-38.血液循環の話-4.悲劇の肺循環発見者-

    553年スペインの神学者で医師のミカエル・セルヴェトゥス(1509~1653)は、『キリスト教の復興』を著し、その中で「右心室の血液が肺動脈を経由して肺に行き、吸気によって取り込まれた空気と血液が交じり合い、肺静

  • 医学徒然草-36.血液循環の話-2.血液循環系の発見-

    現代人体解剖の創始者と称されるアンドレアス・ヴェサリウス(1514~1564)は、1538年に『六枚の解剖図表』を出版し、その中に詳細な血管図を収録しています。 その5年後の1543年にかの有名な『ファブリカ(人体の

  • 医学徒然草-35.血液循環の話-1.ガレーノスの血液循環説-

    血液循環については、17世紀までは古代ギリシアの医学者ガレーノス(130~201?)の学説、即ち『肝臓で造られた血液は大静脈によって心臓の右心室達し、そこから肺へ行き血液中の不純物を体外へ放出し、きれいになった

  • 医学徒然草-34.ノーベル賞を取り損なった日本人-4.鈴木梅太郎-

    1910年、鈴木梅太郎(1874~1943)が米のヌカ(精米する時にでる果皮)からビタミンB1を発見しアベリ酸(後にオリザニン)と命名しました。 しかし、世界に論文を発表する際、「新しい栄養素だ」という言葉を訳

  • 医学徒然草-34.ノーベル賞を取り損なった日本人-3.山極勝三郎-

    山極勝三郎(1863~1930)は、1915年にタールをウサギの耳に塗り続けて、人工的にガンを発生させることに成功しましたが、欧米では全く相手にされず信用されませんでした。 当時、癌の発生原因は不明であり、主た

  • 医学徒然草-33.ノーベル賞を取り損なった日本人-2.野口英世-

    野口英世もノーベル賞を受賞しそこなった人物として非常に有名です。 野口英世の場合は、1913年、1914年と2回も最終段階まで候補に残りましたが、1914-1918年は第1次世界大戦によりノーベル賞授賞がなく、 1920

  • 医学徒然草-32.ノーベル賞を取り損なった日本人-1.北里柴三郎-

    ノーベル賞を取りそこなった日本人で、一番残念なのは(1853~1931)は、日本の医学者・細菌学者・教育者・実業家で「日本の細菌学の父」として知られ破傷風の治療法を開発するなど感染症医学の発展に貢献した北里柴

  • 医学徒然草-31.ノーベル賞とは何-

    ノーベル賞は1895年に、ダイナマイトの発明により巨額の富を得たアルフレッド・ベルンハルド・ノーベル(1833~1896)の遺言により創設され、1901年に初めて授与式が行われました。 彼は遺言で、「私のすべての換

  • 医学切手徒然草-30.ガンの呼び方についてー

    ガンのことを英語でキャンサー(Cancer)と言います。 キャンサーの意味はガン意外に、大きなカニ、かに座という意味もあります。 ドイツ語ではガンのことをクレーブス(Krebs)と言いますが、これもやはりカニ

  • 医学切手徒然草-29.トラコーマとは何?ー

    トラコーマは、クラミジア・トラコマチスによって引き起こされる伝染性の急性および慢性角結膜炎で、別名トラホーム、顆粒性結膜炎、エジプト眼炎とも呼ばれます。 急性トラコーマは眼瞼結膜に小さなぶつぶつがで

  • 医学切手徒然草-28.形成外科とは!!??ー

    形成外科は、皮膚科と共に発展してきた診療科です。 一般的には形成外科と整形外科を混同している人も多いのも事実です。 形成外科は、先天的あるいは後天的な身体外表の醜状変形を、機能はもとより形態解剖学

  • 医学切手徒然草-27.聴診器に関する誤った認識ー

    聴診器は、直接触れた部分の振動音を増幅して聞き取るものですから、壁に当てて隣の部屋の物音を聞いたりすることにはあまり効果がありません。 さらに振動部に向かって大声を出しても聞き手を困らすこともできま

  • 医学切手徒然草-26.ステトスコープとは何?ー

    ステトスコープ(Stethoscope)とは、医師のシンボルでもある聴診器のことです。 聴診器は1816年にラエンネックが発明したことは、当ブログでも使用介しましたが、当時の聴診器は、木製の筒で出来ていました。

  • 医学切手徒然草-25.聴診器の発明者は誰?ー

    医師のシンボルである聴診器は1816年に、フランスの医師ルネ・ラエンネック(1781~1826)によって発明されました。 胸の音を聴く『聴診法』は、古くはヒポクラテスの時代からありました。 ラエンネックは、ある

  • 医学切手徒然草-24.吸血鬼ドラキュラー

    ドラキュラとは、あくまでもブラム・ストーカー(1847~1912)の同名小説の登場人物の名前です。 ブラム・ストーカーの小説が余りにも有名にななりすぎたために、現在では「ドラキュラ」と言えば吸血鬼の意味とし

  • 医学切手徒然草-23.吸血鬼のモデルは誰ー

    ルーマニアのワラキア公国の君主ヴラド・ツェペシュ公爵(1431-1476)は別名ドラキュラ公でも知られており、吸血鬼のモデルとも言われています。 日本ではしばしばヴラド・ツェペシュと呼ばれますが、ワラキア公ヴ

  • 医学切手徒然草-22.吸血鬼が人の血液を求める医学的理由とはー

    吸血鬼が人の血液を求める伝説は、何らかの病気とも関係していると考えられます。 一例を上げれば、血液のヘモグロビンを合成する機序が正常に働かない ポルフィリン症は、光過敏症、皮膚・歯肉の萎縮、歯の赤変

  • 医学切手徒然草-21.吸血鬼伝説ー

    古来より欧米では吸血鬼伝説が各地で伝わっています。 吸血鬼伝説のモデルとなった人物も多く存在しています。 吸血鬼は、夜な夜な人の血液を求めてさ迷い、人の生き血を吸うことにより永遠の命を得ると伝えら

  • 医学切手徒然草-20.排尿時の尿の勢いはありますか?ー

    その理由は、小便小僧のように小便を勢いよく遠くへ飛ばす姿こそ、体が健康である証拠だからです。 若いときには勢いよく小便が出ていましたが、年を重ねると共に小便の勢いがだんだんなくなり飛ばなくなるのは、

カテゴリー一覧
商用