searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Tokushou Kawaharaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
「成約摂理」の研究
ブログURL
https://seiyakuseito.com/
ブログ紹介文
「家庭連合の研究」から「成約摂理の研究」に。成約摂理の真実をお伝えします。
更新頻度(1年)

1回 / 2日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2020/06/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Tokushou Kawaharaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Tokushou Kawaharaさん
ブログタイトル
「成約摂理」の研究
更新頻度
1回 / 2日(平均3.5回/週)
読者になる
「成約摂理」の研究

Tokushou Kawaharaさんの新着記事

1件〜30件

  • 「家庭連合の研究」から「成約摂理の研究」へ。サイトアドレス変更のお知らせ。

    三代王権を中心に新しい歴史が切り拓かれます! ●お知らせ 栄光在天 聖恩感謝申し上げます。 長らくご愛顧いただきました「家庭連合の研究」ですが、「成約摂理の研究」と名称を変更し、サイトアドレスも変更となりましたことをご報告いたします。 この変更は、文鮮明師が命名した「世界平和統一家庭連合」が、韓鶴子オモニの鶴の一声により「天の父母様教団」に名称変更されたことにともなうものです。「家庭連合」が成約摂理教団の使命に自ら幕を下ろしたことに伴い、「家庭連合の研究」もまた、その基本的使命を終了しました。ただし、過去に発表されたバックナンバーは保存されておりますので、検索しながら閲覧していただくことは可能…

  • 家庭連合拠点300箇所「文亨進様御言」贈呈プロジェクトのご報告

    すべての成約聖徒は「神」「再臨主」「三代王権」に結集しましょう! はじめに 韓鶴子女史率いる家庭連合は、2020年4月1日の教団名称変更宣布(天の父母様教団への変更)で、成約摂理教団の位置から転落したとおもわれます。私と相対者は、家庭連合が神と再臨主文鮮明師、三代王権の基に戻る祈りを込めて、家庭連合拠点300箇所に対し、以下の御言他の小冊子を配付するプロジェクト(ギデオンの勇士300プロジェクト)を行いました。以下はその記録です。 ●記録01:配布物 1)文亨進様御言集(「沈黙を破って」他。文國進様講演「自由社会」)2)天一国合衆国憲法3)文亨進様が真の後継者であることを立証する60の論題 ●…

  • 「天一国三大経典」翻訳責任者・中村仁史氏第四回公開礼拝。家庭連合は統一手帳から 姜賢實女史の記録を削除した!」

    2020統一手帳から姜賢實女史の記録を削除した家庭連合の蛮行を天は許さない! ●はじめに 元「光言社職員」で家庭連合「天一国三大経典」翻訳責任者であります中村仁史氏が、第四回目の公開礼拝を行いました。動画が配信となりましたので、紹介させていただきます。●冒頭に驚きの事実が判明。家庭連合は姜賢實女史を統一教会史から削除した!家庭連合は、釜山のボンネコッルで「原理原本」を完成させた日に姜(康)賢實女史と出会ったという記述を、2019年版「統一手帳」の略年表には記載していたのに、なんと、2020年の「統一手帳」略年表から削除したというのです。つまり、家庭連合(天の父母様聖会)では、公式記録から、姜賢…

  • 3ヶ月ぶりに登場の韓鶴子女史の爆弾発言!とても公開できない「天宙聖婚60周年特別集会」の惨状。

    脚が不自由で療養していたという韓鶴子女史3ヶ月ぶりの驚きの講話。 ●はじめに 韓氏オモニ中心の家庭連合(天の父母様教団?)はいったい何処に行くのでしょうか。脚が不自由で療養していた韓鶴子女史が、3ヶ月ぶりに公の舞台に登場した今回の講話。こらまでの再臨主文鮮明師に対する不信を悔い改めるのかと思いきや、ますます「伝統破壊スロットル」全開の講話に、会場は一様に凍りついてしまっております。アイゴー!「天の父母様教団」よ。何処に行く! ●韓鶴子女史「真の父母様天宙聖婚60周年特別集会メッセージ」 2020年5月8日(全文*翻訳者からの聞き取りです) みなさん座ってください。会えてうれしいです。三ヶ月ぶり…

  • 連載「人類の涙をぬぐう平和の母」第12回「天の父母様教団」消滅を立証する。

    血統逸脱問題がある子女様の血統は後継者とはなり得ない。 ●はじめに 今回が「韓鶴子女史自叙伝」連載の最終稿となる。韓鶴子女史はこの「自叙伝」の中で、教団後継者(家庭連合では中心者と呼ぶようだ)を長男・文孝進様の子息に定めた事は明らかである。●それは次の事で判明する。1)男系子女様の中で、「自叙伝」記述が存在するのは、「長男文孝進様」「次男文興進様」の二人しかない。2)巻末写真集に登場する子女様は唯一「文孝進様」しかいない。本来、この本の表題が「人類の平和の母」なのであるから、人類の母を名乗る前に自分の家族全員の母でなければならないはず。「家族全員の写真」が登場しないのは辻褄(つじつま)が合わず…

  • 文鮮明師聖和前の真実。文師は韓鶴子女史の背信を指摘していた!

    JooJangYongTVありがとうございます。真実公開に感謝します。 ●はじめに。 YOUTUBE動画「JooJangTV」で公開されている動画は、真実である。御言の引用も適切であるとおもわれる。勇気をもって動画を作成し公開した「JooJangYong」さん?に感謝したい。動画再生は以下のアドレスをクリックして下さい。 ●紹介動画 ●JooJangYongTV1「お母様は決して、真のお父様とも一つになっていません」●動画視聴は以下をクリック↓↓↓ https://www.youtube.com/watch?v=gPV9-Z5zv5c ●おわりに 多くの方がこの動画を閲覧していただきたい。再臨…

  • 連載「韓鶴子女史自叙伝」11・「天の父母様教団」創設宣言は「神の悲しみの日」である。

    この自叙伝の目的は「主の路程」を書換え「天の父母様教団」創設である。 ●はじめに 2020年陽暦4月1日は「天の悲しみの日」として記憶されるであろう。韓鶴子女史の「天の父母様教団」創立宣言で、家庭連合は自ら「神の成約摂理教団」の歴史に幕を降ろした。「世界平和統一家庭連合」は「再臨主文鮮明師」が命名した教団名称である。その一点において神が協助できる条件があったのである。ところが、その条件を、韓鶴子女史はものの見事一刀両断で断ち切ってしまった。これは、「神の御業」であろうか、それとも「サタンの勝利」であろうか。以下検証したい。 ●検証01再臨主文鮮明師の復帰摂理は血と涙と汗のサタンとの死闘である。…

  • 「天の父母様教団」名称変更・真のお母様特別メッセージ(全文)「再臨主を排斥した独生女教団誕生の悲劇!」

    これは4月1日の特別ジョークであろうか。歴史から退場した「家庭連合」。 ●はじめに たしかに、4月5日は徳野英治氏が語るように歴史的な一日だったのかも知れない。私は、元光言社・翻訳責任者であった中村仁史氏と電話で話ながら、「遂に天の父母様教団が誕生したね!」と、しばし時を忘れ、不謹慎ながら腹がよじれるほど二人で笑った。これは、やっぱり、4月1日にだけ許された特別ジョークであろうか。それともパロディーであろうか。ところが、徳野英治会長のこわばった顔の特別会見を見て現実に引き戻された。やっぱりこれは、まちがいのない現実なのである。 とても緊張した顔の徳野英治氏。頭をよぎった不安は家庭連合消滅であろ…

  • 連載「韓鶴子女史自叙伝」10・検証「天宙的カナン40日路程」と「7カ国復帰」の顛末。

    天宙的カナン復帰40日路程と武漢コロナの蔓延は期を一にしている。 ●はじめに 「自叙伝」の中で韓鶴子女史は「VISION2020目標を最低7カ国復帰」と宣言している。2020年を迎えた今、7カ国復帰の目標は達成されたのだろうか。 「天宙的カナン復帰路程」にて「7カ国復帰は勝利した!」という勝利宣言は、何を基準に行われたのであろうか。 「韓鶴子女史自叙伝」を引用しながら、その謎を解明したい。 ●検証01韓鶴子女史は「7カ国復帰勝利」を宣言した。 ●自叙伝引用 ●「天宙的カナン40日路程」『2019年11月18日に始まった「天一国安着のための天宙的カナン四十日路程」は、12月28日、アメリカで「世…

  • 連載「韓鶴子女史自叙伝」9・検証「サントメ・プリンシペ」は天国に一番近い島なのか?

    サントメ・プリンシペの面積は東京都の約半分。人口21万人の世界最貧国。 ●はじめに 「国家の復帰の最初のモデル、サントメ・プリンシペ」。自叙伝第十章に登場する小見出しである。 家庭連合が主張する成約摂理上初めての国家復帰モデル、アフリカに浮かぶ島国「サントメ・プリンシペ民主共和国」の国家復帰とは如何なるものなのか。実態を検証する。 サントメ島の古地図 ●検証01「サントメ・プリンシペ民主共和国」とはどのような国なのか。 ●自叙伝本文より「サントメ・プリンシべというのは、どこにある国ですか?」 「さあ・・・ 。でも、国の名前はとても良い響きですね」サントメ・プリンシペで「アフリカサミット2019…

  • 連載「韓鶴子女史自叙伝」8・サタンの最終目的は「天の一人娘」による「主の路程」崩壊である!

    「天の一人娘」は「女性メシア」。それは「反キリスト」の称号である。 ●はじめに 家庭連合が着手した「原理講論(再臨論)」改編はサタンの所業であります。「真の母メシア論(天の一人娘)」に基づく、「主の路程」再編は、家庭連合による「反キリスト教団」公式表明に他なりません。実にサタンは巧妙と言わなければなりません!この「韓鶴子女史自叙伝」出版の目的は、家庭連合一般信徒が「原理講論(再臨論)」改編を受け入れるための「先兵(地ならし)」に他ならないのです! ●「韓鶴子女史」反キリストの証明・その1家庭連合幹部が明言。韓鶴子女史の指示で「原理講論」「再臨論」改編は進められている! 私は今月初め東京の渋谷で…

  • 連載「韓鶴子女史自叙伝」7・徳野英治会長の「真の父母完全一体」は虚構である。

    「真の父母一体宣布」は韓鶴子女史絶対服従が前提の条件宣布であった! ●はじめに 家庭連合信徒の方とお話しした時、必ず主張する二つの事がある。それが、「オモニムの3年侍墓精誠」と2010年から全世界で巡回講演で語られた「最終一体宣布」である。 家庭連合の方はいう。 「オモニムに多少の間違いがあるのは仕方がない。けれど、アボニムは2010年からの「最終一体宣布」で「真の父母様御夫妻は最終一体を成し、完成・完結・完了」と全世界で講演したではないか」と。「この一点がある限り、私はオモニムを絶対的に信じる!」と言う。 上記の信徒と同じ理論を常に駆使するお方がいる。 徳野英治会長である。 御存じのとおり、…

  • 連載「韓鶴子女史自叙伝」6・「序文」解明「韓鶴子女史の動機は恨みがえしである」

    序文の「フェミニスト運動」への言及はすべてを解明する鍵である。 ●はじめに この書籍の「序文」にこそ、韓鶴子女史が「再臨主文鮮明師の伝統破壊者」となった「動機」解明のキーワードがある。それが、「フェミニスト運動」という単語に他ならない。最初に該当する本文引用を掲載し、それに関連する記事を一つ記載したい。 ●「序文」引用文「韓鶴子女史の根底にあるフェミスト思想」「神様の願いは、人類の真の父母になり、「神様のもとの人類一家族」理想を実現することでした。「父なる神」だけでなく、「母なる神」、すなわち 「天の父母様」となり、個人、家庭、 氏族、民族、国家、世界が神様を父母として迎え、神個人、神家庭、神…

  • 連載「韓鶴子女史自叙伝」その5 「この自叙伝はサタンに捧げられた偽書である」

    この自叙伝発刊日は家庭連合が再臨主文鮮明師背信を確定させた異端決定記念日。 ●はじめに この自叙伝を見ながら、神も再臨主文鮮明師も滂沱の涙を流していらっしゃる。この書籍は、再臨主文鮮明師に背信、「真の母」の位置を離れ、その血統相続者に対し主管性転倒の罪を犯した韓鶴子女史が、新たな新宗教組織「清平韓鶴子教(仮称)」創設を内外に宣言する書籍に他ならない。家庭連合信徒の皆様は、この書籍の本質を見抜かなければならない。今が、引き返すことが可能な最終分岐点ではないかと、私は危惧する。以下に、なぜこの「自叙伝」が「サタンに捧げられた偽書」であるかを、箇条書きで示す。 ●「偽書の証明」その1文鮮明師が定めた…

  • 連載「韓鶴子女史自叙伝」その4・中国共産党「習近平」を助け「平和の母」といえるのか。

    中共「習近平」はウイグル200万人を監禁し、臓器売買を続けている。 ●はじめに これほど虚飾に満ちた本はない。韓鶴子女子は本文(P220)の中で、自分は「第二教主」であることを宣布している。ならば、再臨主文鮮明師の命に従い神の復帰摂理の基軸を死守しなければならない。現在、悪の枢軸は中共「習近平」である。中国国内で繰り返されている殺戮行為を野放しにして、「平和の母」を名乗ることはできない。 ●文鮮明師の伝統破壊者の証明2韓鶴子女史は、悪の枢軸中国共産党「習近平」の罪業を放任した!家庭連合韓国本部は「無神論共産主義」に何も施策を講じていない! ●中国共産党「習近平」の罪業は以下のとおり。 ●世界は…

  • 連載・文鮮明師の伝統破壊者「韓鶴子女史の自叙伝」その3 なぜ韓国を赤化させたのか。

    なぜ極左共産主義者「文在寅」と闘わず韓国を放棄したのか。 ●はじめに この書籍は「韓鶴子劇場」総集編である。男性は主体各位であり、女性は対象各位である。主役であるべき再臨主文鮮明師は完全に脇役となり、主の業績を証し、その証言者となるはずの補佐役・韓鶴子女史は中央の玉座に鎮座している。残念ながらこの書籍は主客逆転の不愉快きわまりない、韓鶴子女史の信仰姿勢を立証する本となった。 文鮮明師の伝統破壊者の証明その1なぜ、韓国で極左共産主義者・文在寅と闘わないのか? 神の祖国は韓国ではなかったか。韓国こそが神とサタンの主戦場なのではないか。その韓国摂理において、韓鶴子女史が、共産主義者・文在寅政権台頭を…

  • 連載・文鮮明師の伝統破壊者「韓鶴子女史の自叙伝」その2 現在WEB販売中止中!

    「天の一人娘」と「天の父母様」のオンパレード。再臨主と同格は主管性転倒の罪 ●はじめに この書籍が、すべての成約聖徒必読書である事は間違いない。ぜひ書籍を購入していただき検証していただきたい。文鮮明師の自叙伝と比較対比し、韓鶴子女史の主張が正当なものであるか否か、歴史が判断するであろう。ところが、友人から連絡があり現在オンライン注文ができず困っているとのこと。オンライン注文が殺到したのであろうか?私は3月10日午後3時すぎに光言社店頭で「自叙伝」を2冊購入したので手元に確保してある。WEB注文の早期復旧を待ちたい。 韓国語版は先月発行されたが、日本語版解析は現在進行中である。そこで、今回は、「…

  • 連載・文鮮明師の伝統破壊者「韓鶴子女史の自叙伝」その1 3枚の巻末掲載写真の意味するもの。

    昨日(3月10日)午後3時より販売開始した韓鶴子女史の「自叙伝」 ●はじめに 3月10日午後3時 韓鶴子女史による「自叙伝 人類の涙をぬぐう平和の母」が光言社より発刊されました。 これから数回にわたり、著述内容についてコメントを掲載したいと思います。その1は「3枚の巻末写真の意味するもの」である。 ●御写真その1 ●御写真その2(下の御写真です) ●御写真その3(下の御写真です) ●おわりに 巻末写真集の御写真は71枚。その中で、子女様の写真が掲載されている御写真が3枚。それが上記の3枚の御写真なのです。結論として、3枚の写真はすべて、長男・文孝進様の御写真であります。これは何を意味するのでし…

  • 中村仁史氏に対する「教義研究院」公式批判文書・7つの根本的な誤り。

    真のお父様が聖和前、神の呼称を「天の父母様」に変更した事実はない。 川原 德昭 Noriaki Kawahara ●はじめに 2020年2月26日「真の父母宣布文サイト」掲載の「教義研究院」名による中村仁史氏の公開礼拝動画に対する日本家庭連合・公式批判文書『「神は天の父母様である」ことを否定する中村仁史氏の言説の誤り』に対し、7つの根本的な誤りを指摘したい。 ●家庭連合公式批判文書の所在 真の父母宣布文サイト(日本家庭連合公式HP)https://trueparents.jp/?page_id=5749 ●批判文表題:「神は天の父母様である」ことを否定する中村仁史氏の言説の誤り●家庭連合が批判…

  • 日本家庭連合の異端決定記念日は3月10日。「文孝進様の子息が後継者」は文師の遺言なのか?

    韓鶴子女史の自叙伝日本語版発刊は3月10日。「日本家庭連合」異端決定記念日。 ●はじめに 韓鶴子女史の自叙伝(日本語版)の発行を心より歓迎したい。この本は家庭連合が自らの核心教理をすべての信徒にあからさまに表明する「証拠文書」だからである。すべての家庭連合祝福家庭は、韓鶴子女史の自叙伝を家庭で最低一冊購入していただきたい。なぜなら、韓鶴子女史が再臨主文鮮明師の遺言を反故にし、勝手に異端宗教団体を創設した証拠(書籍)となるからである。(*この書籍が将来法外なプレミア価格がつくことは間違いございません!) ●正式書籍名 人類の涙をぬぐう平和の母韓鶴子総裁 自叙伝 ●目次 第一章 私の生涯の願い第二…

  • 研究院O氏(仮称)は問題提起にまじめに答えなさい!「真の父母宣布文サイト教理研究院公式反論文」への反論03

    傲慢不遜な上意下達式「公文方式」の公式反論文が家庭連合の本質である。 川原 德昭(Kawahara Noriaki) ●はじめに 教理研究院O氏(仮称)の「家庭連合公式反論文」は、傲慢不遜にして、問題提起にまともに応答しようとしない不誠実極まりない代物です。(*私は個人的には、内部圧力をかわすための、苦し紛れの「反論ポーズ論文」であると分析しています。)一方的に、過去の自分たちの主張論文の御言を羅列したかと思えば、自分達(家庭連合)の公式的見解は、ここに記載(サイトアドレス記載)しているからそれを読め!と上から目線で反論者に指示を出す始末。これでは、宗教団体としての「世界平和統一家庭連合」の本…

  • 中村氏を実名批判するなら自分の実名を公表しなさい!「真の父母宣布文サイト教理研究院公式反論文」への反論02

    実名批判は自らの実名も公表するのがルールとなる。 ●はじめに 中村仁史氏の礼拝動画に対する「真の父母宣布文サイト教理研究院公式反論文」の詳論に入る前に、「教理研究院」が犯した基本ルール違反を指摘しておく。 ●相手を実名批判する際には自分の実名公表が最低のルール 今回、日本家庭連合「教理研究院」名で公表された、中村仁史氏への名指しの批判論文は、相手を名指しで批判する以上、「教理研究院」名での論文掲載では不十分であり、当然、自分の立場(役職)と実名も公表しなければならない。これが、実名批判文における最低限のルールとなる。(「教理研究院」の看板に隠れ、個人名の文書公開責任から逃れる事は許されない。)…

  • 「中村仁史氏告発証言2」に対する「日本家庭連合教理研究院・公式反論文」への反論・連載01 

    日本家庭連合「教理研究院」による公式反論を歓迎します! はじめに 日本家庭連合「教理研究院」より、通称「真の父母宣布文サイト(https://trueparents.jp/)」において、元「光言社」職員・中村仁史氏の礼拝公開動画に対し、日本家庭連合「教理研究院」が『「神は天の父母様である」ことを否定する中村仁史氏の言説の誤り』なる表題の反論を掲載したことに対し、私は「教理研究院」に対し感謝の意を表明したい。なぜなら、日本家庭連合「教理研究院」による正式ホームページサイトによる反論掲載は、当然、家庭連合の「公式見解」と断定できるからである。 そして、この場でくれぐれもお願いしたいことは、光言社発…

  • 中村仁史氏告発証言第二弾!再臨主伝統破壊クーデターは天の父母様呼称変更から緻密に計画されていた!

    家庭連合の「清平韓鶴子教」への道は神の呼称変更から始まった! ●はじめに 元「光言社」職員、「天一国三大経典」日本翻訳責任者を務めた中村仁史氏が、第二弾の告発証言となる動画を公開しました。私は、再臨主文鮮明師の聖和後7年間、韓鶴子女史が掲げた「家庭連合VISION2020」の総括は、「伝統破壊の完成」であると考えています。真のお父様が築き上げた壮大な天国に至る「御言」と「伝統」を粉々に粉砕した(負の業績)以外、韓半島を取り巻く国際情勢ひとつをとっても、暗澹たる気持ちにさいなまされます。私が考える韓鶴子女史の唯一の業績は、「私を信じ、私に絶対服従を誓いなさい!2020年までに7カ国を復帰しなさい…

  • 「日本教会御言研究室(当時)」可知雅之氏・太田朝久氏の「二つのお伺い書」全文を公開する!

    日本家庭連合「徳野執行部」は6つの反証に回答する責務がある。 ●はじめに 二つの「お伺い書」を、私の責任において全文を公開することとしたい。●第一のお伺い書は、正式題名は『御言の問題に関するお伺い書』で、「御言研究室・可知雅之氏 太田朝久氏」の連名「金榮輝先生」宛てに提出された文書(最終更新日:2014年7月21日)である。●第二のお伺い書は、正式題名は『御言の理解に関するお伺い書』で、「日本御言研究室」名で「最高委員会各位」宛に提出された文書(最終更新日:2014年8月7日)である。 この「二つのお伺い書」の特徴を総括すると、2014年7月1日の韓鶴子女史の「私は胎中無原罪誕生・アボニムは有…

  • 日本家庭連合・最大の汚点証拠資料!『成約摂理解説・4章2節』全文公開する!

    光言社『成約摂理解説』は再出版して全食口が確認する必要がある! ●はじめに なぜに日本家庭連合は『成約摂理解説』を発刊から半年も経たぬうちに「絶版」にしたのか。その理由を知りたいものである。著者の「周藤健先生」に対してもたいへん失礼な処置ではあるまいか。実は、ここには「絶版」にしなければならない明確な2つの理由がある。第一の理由は、「第二のお伺い書」で明らかなように、16万訪韓修練会で、文鮮明師が「独生女論」を語るどころか、真逆の「母には真の愛も真の血統もない!」と何度も語っているからである。第二の理由は、「真の父、真の母、お二人共無原罪誕生論」は日本家庭連合独自の「独生女論」解釈で、韓国本部…

  • 16万訪韓摂理で文師は「母は真の愛と真の血統を持っていません」と語った!「中村告発証言の衝撃」10

    『成約摂理解説』は日本統一教会史上最悪の教理改竄事件である! ●はじめに 今回は「最高委員会各位」宛てのお伺い書の第二弾!です。 私は、今回の「お伺い書」ほど、日本の家庭連合信徒を愚弄し、日本統一教会史に汚点を残した事案を知らない。「日本教会・教理研究室」の可知雅之氏と太田朝久氏は、16万訪韓セミナーで、真のお父様(再臨主文鮮明師)が「お母様(韓鶴子女史)は真の愛と真の血統を持っていません」と繰り返し語られました。と明白に記述(証言)しているからである。 ●中村仁史氏の「告発証言」動画↓↓↓(必見です!) https://www.youtube.com/watch?v=BFu0pgvaG9M&…

  • 「日本教会御言研究室」から「最高委員会」へ『第二のお伺い書』は実在した!「中村告発証言の衝撃」9

    日本家庭連合は、文鮮明師の御言を踏みにじり、磔刑に処した! ●はじめに 中村仁史氏が指摘していた「金榮輝先生へのお伺い書」の他に「最高委員会」への第二のお伺い書は確かに実在します。第一の「お伺い書」の作成日が2014年7月21日、第二の「お伺い書」は更新日が、2014年8月7日である。この「第二のお伺い書」の韓鶴子女史の『独生女論』への「反証論点」は次の2点である。●「第一の反証」は文鮮明師の御言に基づく「重生論」からの視点●「第二の反証」はなんと、「16万訪韓修練会の御父様の御言」に基づく視点である。今回、その「第一の反証視点」である「重生論の原理的理解」(文鮮明師の御言に基づく正統理解)を…

  • ●全文公開!金榮輝先生に提出した可知雅之氏・太田朝久氏連名『お伺い書』

    再臨主の教義を改竄した教団式典に文鮮明師は臨在なされない。 ●はじめに 中村仁史氏が動画で指摘していた「2通のお伺い書」の中の一通『金榮輝氏へのお伺い書』を、すべて私の責任で公開する。以下のバナーから「ダウンロード」して検証いただきたい。 ●金榮輝先生様へ御言研究室(可知雅之・太田朝久)連名で提出された『御言の問題に関するお伺い書』 ダウンロードは下のバナーをクリックして下さい↓↓↓ drive.google.com ●おわりに 2014年に提出されたこの『お伺い書』は明らかに、韓鶴子女史の『独生女論』へ「4つの視点から反証している歴史的な証拠文書」である。2014年の『お伺い書』から翌年20…

  • 第一の母の無原罪誕生の矛盾に家庭連合は沈黙するしかない!「中村告発証言の衝撃」8

    アボニムの御言と業績を否定した者に「聖誕100周年」を祝う資格があるのか。 ●はじめに 家庭連合は文鮮明師の聖誕100周年を盛大に祝ったのだという。ならば、再臨主文鮮明師の御前に今までの背信と反逆行為を心から悔い改め、謝罪をしなければならない。元光言社職員である中村仁史氏が告発したように、再臨主文鮮明師の遺言を遵守し「8大教材教本」を本来の聖典の位置に復帰し、「独生女論」正当化のために編纂された家庭連合「天一国三大経典」なる「悪魔の書」を、破棄し焼却処分しなければなるまい。金榮輝先生に送られた「お伺い書」に示された4つの「独生女論」への反証は今回が最終回となる。おさらいしたい。 ●●●「日本教…

カテゴリー一覧
商用