searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

雛輪 じゅんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
中谷産婦人科 全国の女性にスリル溢れる刺激と唯美な世界観を堪能して頂きたいです。
ブログURL
https://ameblo.jp/yamurara/
ブログ紹介文
様々なテーマを重ねた重厚な内容で、大人の女性向けの小説です。 恋愛、妊娠、結婚生活、出産、ジェンダー問題など、リアリティな話題が盛り沢山です。多くの女性に夢をお届けしたいです。
更新頻度(1年)

24回 / 14日(平均12.0回/週)

ブログ村参加:2020/06/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、雛輪 じゅんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
雛輪 じゅんさん
ブログタイトル
中谷産婦人科 全国の女性にスリル溢れる刺激と唯美な世界観を堪能して頂きたいです。
更新頻度
24回 / 14日(平均12.0回/週)
読者になる
中谷産婦人科 全国の女性にスリル溢れる刺激と唯美な世界観を堪能して頂きたいです。

雛輪 じゅんさんの新着記事

1件〜30件

  • 中谷産婦人科No.1 二章「ルーゴン・マッカール」③

     その向こう見ずな若さを剥き出しにした気迫に、おばさんは一瞬呆気にとられたような顔をしたものの、すぐにマモルさんをキッと睨み返した。 「まぁ、何を言うんです。…

  • 中谷産婦人科No.1二章「ルーゴン・マッカール」②マモルさんの家族がわが家へ!?

     その翌日の夜、マモルさんは自分の両親を連れて、叔母夫婦の元へ訪れに来た。私はこの日も学校に行かなかった。 すべてを打ち明けた後となっては、学校に行くどころの…

  • 中谷産婦人科No.1 二章「ルーゴン・マッカール」①マモルさんの育った家・・

     その日の夜、私はマモルさんの指示に従い、再び店を訪れた。家屋は店に繋がっているので、厨房から座敷に続く渡り廊下を脇手に逸れると、そこが居間になっていた。  …

  • 中谷産婦人科No.1一章 運命⑳雑踏の中でのマモルさんの返事・・

     気を紛らわすために読書に熱中し始めると、もうあっという間に半日が経っていた。 読み終えた本を元の棚に戻そうと立ち上がった時、同じ世界文学集のコーナーに、一人…

  • 中谷産婦人科No.1一章 運命⑲私にはやっぱりマモルさんしかいないよ・・

     その日から私は絶望感に苦しめられる日々を送ることになった。 これまでたいしたことのない少女だと思っていたミナミが見違えるほどに可愛らしくなっていった。  彼…

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命⑱衝撃・・信じられない。。

     夜の闇を背景に野本の姿が、悪魔めいて見えた。 耐えきれなくなって私は泣き出しそうな気持で目を反らし、再びフォークを取ろうとすると、野本はそれを制止させるよう…

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑰教師との禁断の恋?

     その日を境に、教師の私を見る目が変わった。 教室内に威圧をかけるような厳しい態度は相変わらずのものだが、時折ちらっと私の方を見ては、優しく目顔で微笑をした。…

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑯

     あれは二学年に進級し、始業式が済んで三週間ほど経った頃だった。放課後私は突然、担任になった野本という教師に生徒指導室に来るように言い渡された。名指しで指名さ…

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑮

     翌朝、私はいつものように家を出たが、学校には行かなかった。マンションの坂道を下っているあたりからひどく体の重たみが感じられ、もう心は決まってしまっていた。 …

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑭

     調理場の熱気と打って変り、客のまだない店内はひんやりと涼しい。老舗の日本料理屋らしく、店内はすべて高級感のある木材でしつらえてある。 コーティングされたすべ…

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑬

     次第に空が暗くなりはじめ、最寄りの熊野駅に着いた頃には雨足は一層激しさを増していた。 外に出て傘を広げてみたものの虚しくもあまり役に立たず、強い風と共に斜め…

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑫

     昼過ぎから空が淀み始め、放課後には雨だった。運動場には所々水たまりができ始めている。灰色の空から叩きつけるように降り下りる雨が、さみしく不安にさせられた。 …

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑪

     自宅から徒歩で二十分程度の場所に最寄りの熊野駅がある。昨日産婦人科に行くために訪れた同じ鶴見川線沿いの三輪山駅に比べると、とても小さないかにも「昔ながらの駅…

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑩

     「そうだわ、ユマ。来週進路説明会でしょ?」 おばさんが突然思い出したかのようにキリッとした顔で私に向き直った。 しまった・・先手を取られてしまった・・ 「う…

  • 中谷産婦人科 一章 運命 ⑨

      玄関のドアを開けると、トマトソースの甘酸っぱい香りが漂ってきた。  「あら、お帰りなさい。」 台所からおばさんが呼びかけてきた。 「ただいまぁ~」と言いか…

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑧

     すでに両親のいない私は、母の妹にあたる叔母夫婦と生活している。 小学二年生まで私は母と公共団地で暮らしていたが、母の病死後は、同じ横浜市内の叔母夫婦に引き取…

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑦

     受付の窓口の前には「本日の受け付けは終了しました。」という表示が置かれている。黄ばんだ白の革張りのソファに腰かけている会計待ちの人はもうまばらにしか座ってい…

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑥

     その後、測定室で血液検査などをした。右腕の注射された箇所に白いカット綿を指で押さえつけながら再び通路に出たとき、ふくよかな中年の看護師に声を掛けられた。厚化…

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑤

      「小早川ユマさん、2番診察にお入りください。」 ずっと向こうの方で、私の名前を呼ぶ音声が聞こえてきたので、慌てて立ち上がり、小走りで通路を急いだ。 恐々と…

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ④

      腕時計を見ると十六時二十分をまわっていた。外来の受付時間はもうとっくに過ぎている。そのせいか年配の清掃婦が掃除機をかけ始めていた。そして、ゴミ袋を持った小…

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ③

     自宅で自分の妊娠の疑いを知った夜、私は特に驚きを感じなかった。 すでに体調の異変には気が付いていた。 数日前、私はデパートのブティックの会計の前で突然目の前…

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ②

     表玄関が改装工事中であったため、裏口に回らなければならなかった。入口の前には簡易屋根の下、木材でできた汚らしい学校のような下駄箱がズラリと設置されている。辺…

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ①

     夏休みが終わり、新学期が始まって一週間経った頃だった。 この日、私は学校から真っ直ぐに家には帰らなかった。 意を決して最寄り駅を通り越し、三輪山駅で下車する…

  • 中谷産婦人科 モノローグ

    ノモトよ・・あたしの声が聞こえるか。。   おまえの存在を・・あの日から一秒たりとも忘れたことなどなかったさ・・  忘れるものか・・。。   あの忌まわしき日…

  • 中谷産婦人科 表紙 目次

     中谷産婦人科No.1  表紙 『中谷産婦人科 モノローグ』ノモトよ・・あたしの声が聞こえるか。。   おまえの存在を・・あの日から一秒たりとも忘れたことなど…

カテゴリー一覧
商用