searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ケンケンさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
健脚研究会
ブログURL
https://www.kenkensblog.info/
ブログ紹介文
トレラン好きなタイムよりも完走重視の市民ランナー。UTMB2019後の冒険に向けて今日も走る!
更新頻度(1年)

50回 / 163日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2020/06/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ケンケンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ケンケンさん
ブログタイトル
健脚研究会
更新頻度
50回 / 163日(平均2.1回/週)
読者になる
健脚研究会

ケンケンさんの新着記事

1件〜30件

  • SpaceX de GO!  野口聡一さんのYouTubeチャンネル

    RUN&TRAILと全く関係ないのですが、、(汗) 2020年11月、スペースX社のクルードラゴン宇宙船で、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の野口さんの動画。単身赴任先が宇宙ってだけで、お仕事は大変なんだそうです。その他、出発前の収録動画「SpaceX de GO!」では、機内・座席・宇宙服の構造の説明があったりして、すごくおもしろい♪ トレランする人って、こんな冒険ちっくな番組を好む方が多いんじゃないかなぁ、っと根拠なく妄想して、リンク貼ります(笑) 野口聡一さんのYouTubeチャンネルけっこうおもしろいのに登録者3000人くらいしかいないんだよね...。今朝も宇宙で鯖缶食べてる動画…

  • ウルトラトレイルのメンタル、松永さんから学んだこと

    ウルトラトレイルのメンタルについて 「肉体的限界は心理的限界のはるか彼方にある」、プロトレイルランナー/松永紘明(まつながひろあき)さんのインタビュー記事に書かれていた文章です。松永さん、2009年版のDVD激走モンブランで、体調を崩し、飲まず食わずで満足に走れないながら、執念で完走したプロトレイルランナーと書けば、思い当たる方も多いのではないでしょうか? 最近目にしたRedbullのメンタルに関する記事を読んで、先ほどの松永さんのフレーズを思い出した。今回、そんな事を書いてみました。 1.レッドブルRedbullの記事 UTMB/ウルトラトレイル ・デュ・モンブラン完走に役立つメンタルハック…

  • UTMB2019冒険記31:ランナーズブルーを乗り越えて

    UTMB後に陥った長期スランプ 目標達成後にやる気が出ない「燃え尽き症候群」、村上春樹氏風で「ランナーズブルー」ってやつですね。走ることが楽しくない状態が約1年ほど続きました。UTMF160kや上州武尊ロング120kなどのウルトラ系レースの後、同じような症状になる傾向はあったものの、約1か月ぐらいで、走りたい気持ちが、自然と湧いてきていたんです。でも、今回はどうも重症。こんな経験は初。 冒険記の最後に、スランプから抜け出そうともがいて、やってみたことを事を書いてみました。何かの参考になれば幸いです。 UTMB後に陥った長期スランプ 1. 症状 2. そしてコロナ禍 3. やってみた事 4. 回…

  • 綿々と続けられてきた伝統:100回カントリーレース

    ただ好きなことをするために、生活にとっては必需ではないものが綿々と続けられてきたことを思うと、感慨深いものがあります。 10月上旬にエントリーしたレース、第100回目を迎え50年の節目となる伝統のレースが、いよいよ来週に迫り、昨日、コロナ禍対策として、ゼッケンが事前送付されてきました。冒頭の文は、ゼッケンと一緒に同封されていた手紙に書かれていた言葉です。 www.kenkensblog.info 下記写真が送付されてきたゼッケン。右上に100thの記載。お気に入りの草レースなだけに、この「100th」の文字を見ただけで、もうドキドキしています。 そして、同封されていた手紙。記念大会にも関わらず…

  • 石川さんのメッセージ 走りっぱなしになっていませんか?

    トレイル整備に関する、プロトレイルランナー石川弘樹さんのインタビュー記事。フェイスブックに投稿されていたので、目にされた方も多いかもしれませんが、共感する記事だったので、取り上げてみました。 www.patagonia.jp 信越五岳のコース整備に関する記事から、石川さんのトレイルランニングに対する思いと、思い描いている姿の強いメッセージが伝わってきます。その中でも、特に印象に残ったのが、この文章。 トレイルランナーはトレイルを走りっぱなし・使いっぱなしではなく、トレイルを走る・借りる「責任」として、維持管理に少しでも携わることを心掛けてほしい とてもインパクトのある考えだと思いませんか?トレ…

  • 82歳の衝撃

    ”人は年をとるから走るのをやめるのではない、走るのをやめるから年をとるのだ” 本「BORN TO RUN」に書かれてある、有名な一文。ボクも50歳を過ぎ、年々感じる体力の衰え。この文章が、目に留まったのは、そんな気持ちからだと思います。(本は、未だに読破できていません)。 最近、加齢を言い訳にしてちゃイカンと思わされることがあり、サプリメントを試しに買ってみた。そんなことを少し書いてみました。 1.登り坂で82歳の方にぶち抜かれる。 先日(10/31)参加した長時間行動(24時間、80キロ)での出来事です。ひと晩動き続けた早朝、60キロ付近の登りだったと思うのですが、年配の男性に追い上げられた…

  • 小原将寿さんセミナーで学んだ大切なこと

    小原将寿さん、UTMF2019で4位、UTMB2019で8位と、2019年に大活躍した選手として、ご存じの方も多いと思います。今年2月のトレールランニング・フォーラムにて、小原さんのランニングセミナーへ参加した時の様子を紹介です。イベントは、先日のUTMB冒険記30:ベストへサインをもらっちゃえ~で紹介した時の事です。 www.kenkensblog.info 1.ランニングセミナー フォーラム当日の早朝(7:30-9:00)にある、ランニングセミナー。7名のそうそうたる講師の中から事前に申し込みが必要で、鏑木・石川のビッグネームと悩んだあげく、 UTMB2019に向けて取り組んだ話を聞いてみ…

  • Thailand by UTMB Challenge、日本人がトップ10に4人!

    バーチャルレースの結果は87位でした。。。 2020.10.30(Fri)~11.1(Sun)に、タイ北部の都市チェンマイで、Thailand by UTMBが開催されました。100マイルを完走すれば、UTMBの参加資格がゲットできるので、どうしようかなぁ~と気になっていたレース。この状況下でも開催され、最長100マイルには約80名が出走していたようです。 レースに合せて開かれたバーチャルイベント、条件は、10/18-11/2に、距離80キロ+累積獲得標高4000m(獲得標高の距離換算で120キロ)を完走すること。完走すれば来年の参加資格がもらえます。週末に参加するロングの練習会で、条件をクリ…

  • 相性の悪い本 BORN TO RUN:3回目のトライ

    本「BORN TO RUN」、また挫折しそうです。 ちまたの書評で、ウルトラランナーのバイブル、読んで走りたくなる本、とあり、愛読されている方も多いとおもいます。実はこの本との相性が悪く、過去2回挫折しています。洋書ってこともあるのですが、内容が、どうにもすんなりと頭に入ってこない本。約400ページの100ページぐらいで、いつも飽きてしまいます。 今回3回目にトライ。きっかけは、先日YouTubeで、この本の攻略法なる動画を見たこと。動画は、本の構成や登場人物を図解で説明してあり、とても解りやすい。本への心理的抵抗感が和らげられ、また読んでみたい気持ちになった。そして、「Born to Run…

  • 完走賞を飾って感じる想定外の効果

    内輪ウケのつもりで部屋に飾ったUTMB完走者ベスト。先日ちょっと紹介したやつですが、ここ半年ほど毎日これを目にしていると、ポジティブな気持ちにさせてくれる効果があることを、最近感じてきました。今回はこの事について、少し書いてみたいと思います。 1.飾ったきっかけ 2.額縁探し 3.飾ることの意外な効果 4.昔のレースアイテムも飾ってみた 5.まとめ 1.飾ったきっかけ 額縁で飾ることにしたきっかけは、UTMBの海外グループサイト投稿で見た写真(写真1)です。完走者ベストと一緒に、レース中の写真やレースビブなどが飾ってあって、目を引きました。投稿者は全く見知らぬ人なんですが、思わず”いいね~♪”…

  • 鏑木さんの夢先生授業 教材にあの雑誌

    鏑木さんのFacebookページ、チェックされている方も多いと思うのですが、昨日は、小学5年生向けに授業をされた様子の記事でした。 www.facebook.com FB記事には、当日の授業の様子を紹介した写真も掲載されています。よく見ると、右下の写真、スクリーンに映されている映像になんんか見覚えが。拡大してみると(笑)、講師鏑木さんが手にしている教材は、なんと雑誌「RUN+TRAIL」の別冊Challengerじゃないですか! 雑誌を引っ張り出してきて、スクリーンと同じ写真を見つけて思わずニンマリ。教材の雑誌には別の付箋が見えるので、数ページ後のゴール写真を、生徒に紹介したのかなぁ~と妄想も…

  • UTMB2019冒険記30:完走者ベストと直筆サイン

    ちょっと前になりますが、トレラン界の顔の方々から、UTMB2019の完走者ベストへ、サインをもらいました♪ UTMB冒険記の番外編です。 1.サインのキッカケ 2020年1月12日、日本トレイルランナーズ協会(JTRA)の主催で、第5回目となるトレイルランニング・フォーラムがありました。今までの会場は東京3回と京都1回で、今回は初の九州開催! この案内を知ったのは昨年の11月頃。中身を確認すると、①主催者側の豪華メンバーが九州集結、②練習会&セミナーの充実メニュー、③夜の交流会付き♪ っと魅力的な内容。もう即座にフォーラムへ申込みをした。 そして、申し込んだ後に思ったんです。トレラン界のそうそ…

  • 今日は恒例のトレイル整備(草刈り)でした。

    今日は草刈りのお手伝い。 山の草刈り作業って、時間の半分は移動(作業場所まで移動約2時間、作業3時間、下山1時間)で大変だなぁって、参加2回目の今回も思いました。さらに登山するだけで大変な山道を、重い機材を自分で抱えて歩く草刈り機チームのメンバー、その体力には関心します。慣れない草刈り作業は結構疲れる。こんな作業のおかげで気持ちよくレースをさせてもらえているんだと、改めて感じた1日になりました。 先日紹介した地元の草レースのコース整備です。コース上に5キロほど藪がひどい箇所があって、毎年通りにくい状況となるので、冬レース開催前にトレイル整備(草刈り)をするのが恒例となっています。大会事務局から…

  • UTMB2019冒険記29:最後のおまけ情報

    UTMB2019の冒険記も終盤です。最後に、役に立ちそうかな~と思いつく情報を、まとめて紹介してみました。 1.診断書は早めに動こう 2.地名の読み方もこれでバッチリ 3.使える「ソーリー」 4.シャモニ街もこれでバッチリ 5.和食のお店「さつき」をお忘れなく 6.お土産にいかが? 1.診断書は早めに動こう 当選後すぐにやる事は、宿泊先とフライトの確定。その後、急いでほしいのが診断書対応です。「検査した所、レース参加しても大丈夫です」と書かれたUTMB指定のA4様式(英文)1枚に、医師のサインをもらい、大会の個人ページへ登録します。提出期限が5か月あるので後回しにしがちですが、サインをしてくれ…

  • 雑記:飯野航さん 笑顔で語る内容がスゴい

    飯野航(いいのわたる)さんのインタビュー、最近SNSで取り上げられていたので、YouTubeで見てみました。内容が盛りだくさんで、とても面白かったので紹介します。 飯野航さん、ご存じの方も多いかと思いますが、世界各地の極致レースで実績を残す選手。超ウルトラの距離もさることながら、砂漠だったり灼熱地帯だったり、過酷なレースに次々と挑戦されるのがスゴイ。最近では、バーチャルUTMB170Kクラスで優勝されました。 狙って獲ったバーチャルUTMB優勝の裏話もさることながら、ものすごいレースやトレーニングなどの話を、ひょうひょうと笑顔で語る飯野氏。 ・100マイル走って消費はたったの”約2000 kc…

  • UTMB2019冒険記28:参考にした本とブログ

    UTMB2019参戦時に参考とした、本やネットなどを紹介しておきます。 UTMBについては、ネットや雑誌に、すでに多くのランナーが書いた過酷な体験記事がたくさん。これらの記事を読むたびに、不安からマイナスの想像がどんどん膨らみ、どうしたらいいとぉ?って不安になってませんか?事実ボクは、UTMBに当選してから不安だらけでした。 そんな中、今回紹介している雑誌とブログは、完走が大目標の市民ランナーに寄り添った内容だったので、読み込んでいろいろと参考にしました。ボクの冒険記の中で書いているレース対策などのほとんどは、この雑誌とブログで学んだものです。 1.雑誌 RUN+TRAIL 1つ目は、トレイル…

  • 雑記:久々のエントリーは、伝統の草レース

    週末、トレランのレースにエントリーしました。昨年9月以来なので、約1年振りのレースとなりそうです。 実は、UTMB2019が終わって、しばらく燃え尽き症候群で、レースから遠のいていました。もちろんコロナ禍でレースが無かったこともあるのですが、それよりも、レースに向かう気持ちが湧いてこなかった、ってのが本当の理由です。 次のレースは何?と聞かれるたびに、「卒業旅行だった」を理由にごまかしていたものの、内心焦ってました。そんな、 走る気持ちが全く湧かない日々も、今年の春先から徐々に戻りつつあります。 レースにエントリーして思った。目標が出来るって、やっぱりいいな♪♪ 久しぶりのレースに、ちょっとド…

  • UTMB2019冒険記27:レース装備の紹介

    今回、ボクがUTMBで揃えたアイテム達を紹介します。商品に詳しい方ではなく、うんちくを書ける知識もないので、各アイテムへ、ひと言コメントを書いてみました。 使っているアイテムが、あまりにショボく恥ずかしいのですが、こんな装備でもUTMBは完走できるんだと、気を楽にしてもらえればいいなぁ~(笑) 小物編 1.グローブ 2.水ボトル(予備) 3. 時計 4.ライト 5.ポール(ストック) 6.アームカバー 7. 靴下 大物編 8.バックパック 9.シューズ 10.レインウェア 11.ウエストポーチ 小物編 小物アイテムの1と2はUTMB用に購入。その他は今までのレースで使っていたものです。 1.グ…

  • 雑記:鏑木さんの教え ハーハーゼーゼーは不可欠

    先日(9/27)聞いた鏑木氏のオンラインセミナー、鏑木さんのトレランへの熱い思いが伝わる内容でした。テーマは、体脂肪を使える体にするための、食事とトレーニング。主催者からセミナー内容の2次流用厳禁と注意があり、聞いた内容は詳しく書かけないのですが、セミナーの様子を少しだけ紹介します。 セミナー時間90分で参加費2千円、参加者50名弱でした。セミナー途中から講師鏑木氏のテンションが次第に上がり、予定時間に対しプラス1時間、2時間半も濃い話が聞けました。 会議アプリ"Zoom"にて、鏑木氏と発表資料を見ながら話を聞きます。講師側から参加者の様子は見えません。講師が話している間も、参加者からの質問を…

  • UTMB2019冒険記26:観光編 失敗・ハプニング集

    知らない場所を旅すると、小さな失敗やハプニングは付きものですよねぇ。UTMBの冒険旅行の間もチョコチョコとやらかしてまして、思い出していると10個ぐらい出てきました。無事にレースを完走できたから笑い話で書けますが、軽率だったなぁ~と思うことも。自戒を込めて、恥ずかしながら紹介します。 1.行きのフライトで体調崩す 往路フライト(羽田~パリ間)中、夜中に気分が悪くなりました。冷や汗が出て寝れません。以前の記事で書いた通り、席をビジネスにアップグレードしたので、調子に乗って4ヶ月間控えていたお酒を口にしたせいだと思います。朝食にうどん等の軽食を出してもらえたので、大事に至らず乗り切れましたけど。も…

  • UTMB2019冒険記25:観光編 エギーユ・デュ・ミディ 行く前に知っておきたい3つのこと

    UTMB観光の定番といえばAugile du Midi (エギーユ・デュ・ミディ)の展望台。山頂からのアルプス絶景などの写真はネット上に溢れる記事にお任せして、今回、基本情報や注意点に絞って書いてみました。 0.エギーユ・デュ・ミディ展望台とは 1.エギーユ・デュ・ミディ基本情報 (1)基本情報(2019年情報:最新版は上記リンクで確認下さい) (2)ガラス張り展望台(テラス3842)への行き方 2.知っておきたい注意点 注意1:混雑 注意2:寒い 注意3:空気が薄い 3.まとめ 0.エギーユ・デュ・ミディ展望台とは エギーユ・デュ・ミディ展望台の魅力は、標高3842mから見るアルプスの絶景と…

  • UTMB2019冒険記#24:シャモニーへの行き方3 パリにはご注意!

    シャモニー への行き方3 追記 パリ市内、観光客狙いのスリが多いって知ってます? 以前のUTMB2019冒険記#7で、UTMB会場のシャモニーへはパリから電車で移動したことを紹介したのですが、パリの空の玄関口のひとつである「CDG空港」から、シャモニ方面への電車が出発する「リヨン(Lyon)駅」までの行き方に触れていなかったので、念のための注意喚起に、追記として紹介します。(CDG空港=シャルル・ド・ゴール空港=Aéroport de Paris-Charles-de-Gaulle) www.kenkensblog.info シャモニー への行き方3 追記 1.パリ市内では治安に注意! 2.ス…

  • UTMB2019冒険記23:観光編@Montreux 目標達成!

    フレディマーキュリーを見てきました。 フレディマーキュリー(Freddie Mercury)、そう、ロックバンドQueenの故ボーカルです。そのフレディマーキュリーの銅像が、レマン湖の街スイスMontreuxモントルーにあるとの情報を得て、UTMBが終わった翌日、ジュネーブまでの帰り道にモンブランエクスプレスに乗って行ってきました。UTMB観光の定番はエギュデミディですが、Queen博物館や行き方なども書いたので興味あれば読んでみて下さい。 1.なぜそんなところにフレディ像が? 2.Queen博物館 3.モントルーへの行き方 4.フレディとのツーショット 5.その他のおすすめ (1)モントルー…

  • UTMB2019冒険記22:社内報掲載♪

    社内報に採りあげてもらいました。A4どーんと1ページ♪ UTMB2019完走の熱も冷めてきた昨年末、広報からメールが届いたんです。雑誌Run+Trailに写真が掲載せれた噂が広報の情報網に引っ掛かったとのことで、社内報への取材オファーでした。 (雑誌Run+Trailに掲載された記事:UTMB2019冒険記13 :雑誌掲載♪ - 健脚研究会 ) はじめは柄じゃないので断ろうと思っていたんですけどね。トレイルランニングを多くの方に知ってもらう機会になればと思って、恥ずかしながら応じてみました。 今年の春号にリリースされ、記事上段に使われた雑誌掲載写真のインパクトもあって、反響は上々。いい記念です…

  • UTMB研究:完走率の傾向について_UTMB2019リザルトを整理して解ったこと

    年齢構成と完走率の傾向 今回、UTMB2019の参加者の年齢と完走率の傾向について、UTMB2019リザルトから整理をしてみました。アラフィフランナーなので、ついつい年齢のこととか気になってしまうのです^^ 年齢構成と完走率の傾向 1.UTMB2019の全参加者の概要:参加人数と完走率 2.UTMB2019参加者の年代別カテゴリーの人数構成 3.UTMB2019参加者の年代別カテゴリー毎の完走率 4.参考:グラフの元ネタ 5.まとめ なお、UTMBで使われている下記の年代別カテゴリで分類をしています。 1.UTMB2019の全参加者の概要:参加人数と完走率 まずは全外概要。参加者数が約2500…

  • 雑記:三陸311への想い

    台風10号。夜中の強風、怖かったです。幸い被害はなく、暴風域は明け方に治まったものの、吹き返しに備え本日は有給取得。 おかげで(?)自由な時間ができたので、最近配信されたPodcastを聞いてみた。あのNHK「激走モンブラン!」を生んだプロデューサー/中尾益巳氏の対談、期待以上の内容でした。 dogsorcaravan.com 「ステージレース三陸311」、三陸海岸を舞台にステージレースの計画があるとニュースで見た記憶があったのですが、その主催者が中尾氏とは知らなかった。このレースを思いついたいきさつやレース開催への強い思いがたっぷり詰まった収録、大変興味深かったです。 震災後に思いつき、約6…

  • UTMB研究:完走時間の平均40時間は本当か?

    UTMB2019リザルト分析 台風10号どうなるんでしょう?「100年に1度を上回る大雨を想定して下さい」と呼びかけられても、まだ正直ピンときません。無事に通り過ぎてくれるといいのですが、 さて、UTMBフィニッシュ時間、制限46時間30分に対し平均約40時間との記事をよく見かけます。この平均40時間って速いなぁ~っと思っていて、前回取り上げた香港記事の分析に興味をもったこともあり、今回UTMB2019リザルトで調べてみました。その他もいくつか整理してみたので、今回紹介してみたいと思います。 UTMB2019リザルト分析 1.データ分析 (1)UTMB2019のフィニッシュ平均時間 (2)ゼッ…

  • UTMB研究:DNFが多いCPはどこ?(関連記事の紹介)

    UTMB参加者を分析した記事の紹介(その2) 前回に続き、香港を拠点としトレラン組織のUTMBに関する英文記事の紹介です。2018年の記事なので、既に目にされた方もいるかもしれませんが、以下に内容を要約(意訳)してみました。興味ある方はリンク記事も参照下してみてさい。グラフなどがわかりやすいですよ。また、最後にあるアドバイス5番目なんかは参考にできそうです。 以下の2個の記事の内、今回は記事2を紹介します。 UTMB参加者の構成に関する分析:国、年齢、ITRAスコアなど:UTMB研究:参加者データ(関連記事の紹介) - 健脚研究会 リタイア(DNF)に関する分析:DNFが多いチェックポイント地…

  • UTMB2019冒険記21:往路フライト

    UTMBロスです。残念ながら今年の8月末はあの熱狂的な週末を感じることができず寂しい。ここ数日、国内外のブログでもUTMBロスの記事をちらほら見かけますね。多くの人がUTMBに魅了され、世界中で愛されているんだなぁ~っと改めて感じています。 そんなロス気分を紛らわすために今日はDVDをレンタルしました。選んだのは、「ボヘミヤンラプソディ」。そう少し前に流行ったロックバンドQueenの伝記映画、Queen好きにはたまらん映画です。一年前のUTMBへのフライト中、機内でこの映画を見てテンションが上がったことを思い出し、思わず手が伸びました。 そんな事があって、UTMB2019時の往路フライトの事を…

  • 雑記:UTMBアイテムの活用

    残暑、暑い日が続いてますね~。 唐突ですが、POKETLE(ポケトル)、ご存知の方も多いと思うのですが、容量120mlのステンレス製水筒です。これ、UTMB2019で使ったアイテムの1つ。レース中に気温低下する場合に備えて、お湯を入れる予備水筒としてバッグパックに忍ばせていました。保温性がそこまで良くないのですが、エイド移動間の4~5時間なら、白湯を口に含んだりカイロ代わりにして、寒気をしのぐ事はできます。直径42×高さ143mm 口径約31mmと小さいので、そこまで邪魔にならないのが良いです。幸い悪天候にならなかったので出番なしでしたが。 POKETLE ポケトル ボトル ステンレス製マグボ…

カテゴリー一覧
商用
読者になる