searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

まのさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
新 みかん手帖。
ブログURL
https://mikan55.site/
ブログ紹介文
旧サイトから移転しました。発達障害児の進学と就職のお話。過去記事も少しずつこちらに移動します。
更新頻度(1年)

29回 / 166日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2020/06/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、まのさんの読者になりませんか?

ハンドル名
まのさん
ブログタイトル
新 みかん手帖。
更新頻度
29回 / 166日(平均1.2回/週)
読者になる
新 みかん手帖。

まのさんの新着記事

1件〜30件

  • 自立への道~20歳を迎えて

    旧 みかん手帖からの移転記事です。(タイトルは変更しています)20歳を迎えました今年は私とオットにとって、とても感慨深い年です。次男は20歳、成人式です。就職をして、社会人となって20歳を迎えました。まだまだサポートが必要だし、一人前になる

  • 口内過敏と歯科矯正

    次男はひどい乱杭歯でした。歯科矯正をするまでを書いてみたいと思います。口内過敏の影響か噛まないとアゴが成長しない口内過敏がある次男は、離乳食が始まってもなかなか「噛む」ことをしませんでした。あまり噛まずにできるだけ飲み込んでしまっているよう

  • 子どもが就職したら、特別児童扶養手当はどうなる?

    毎年8月は特別児童扶養手当の現況届の提出時期です。提出が遅れると、受給資格があっても次回の定時支払いに間に合わない場合があります。もし期限に間に合わなくても、遅れて支給されますので、必ず提出してくださいね。手当証書を持参して、窓口での手続き

  • 進学・就職のアピールポイントになる、部活動や検定のすすめ

    部活動をしたり検定を受けたりすることは、進学や就職時にアピールポイントになりますが、発達障害があると日常の学校生活や学習で手一杯になってしまい、おろそかになりがちです。ですが、学校の勉強以外の活動は視野を広げるきっかけにもなりますし、いつか

  • 進学か、就職か?高卒での就活を考える

    高校卒業後、進学をするのか、就職をするのか、早めに考えておく必要があります。なぜなら、就職するなら1年目から学校生活をきちんとしておかなくてはいけないから。発達障害の子どもの場合、どう導くのがいいか、考えてみたいと思います。私たちが就職を選

  • 中学卒業後の進路を考えよう

    高校にはいくつか種類があるのをご存知でしょうか。普通科の高校ならあちこちにありますが、特別支援学級が設置されている高校はほとんどなく、また、発達障害に理解がある学校となると、なかなか見つけることは難しいのが現状です。ですが、学校の特色を考え

  • 特別支援学級に入れる・入れないの判断は?

    子どもを特別支援学級に入れるか入れないかの判断は、難しいところです。特に、知的に遅れが少ない軽度の発達障害であったり、グレーゾーン、発達凸凹児の場合は支援学級できちんと教育してもらえるだろうか、不安だと思います。ここで特別支援学級の教育につ

  • 高校生でも診断してくれますか?

    療育手帳や特別児童扶養手当更新時に注意療育手帳や特別児童扶養手当を受ける場合、診断書をかかりつけ医に書いてもらいますが、その医師には子どもが何歳まで診てもらえるか、考えたことはありますか?療育手帳も特別児童扶養手当も更新があります。更新の案

  • 特別支援学級・中学校編

    中学校での特別支援学級はどうだったか、注意しなければいけないことなどを書いてみたいと思います。基本的には小学校と同じ少人数制、授業は別教材クラスの人数は最大8人まで、肢体不自由、知的障害、情緒障害などでクラス分けされます。ずっと特別支援学級

  • 特別児童扶養手当について

    特別児童扶養手当とは支給対象・20歳未満で精神または身体に障害を有する児童を育てている父母等に支給されます。・身体障害者手帳・療育手帳を持っていなくても、かかりつけ医の診断書(所定の様式あり)で受給することができます。・手帳の等級により診断

  • 給食をやめたい、と言ったら

    口内過敏で給食が食べられない口内の感覚過敏がある次男、魚と生野菜以外はほとんど食べられませんでした。自宅では調理を工夫したり、わからないように混ぜ込んだり、好みに合うようになんとか試行錯誤して食事ができるようにしていました。ですが、給食では

  • 発達障害児の中学校選び

    発達障害に理解があるかまずは、見学に。中学校の見学は早めに始めましょう。障害がある生徒にどんな対応をしているか、学習内容など実際に行ってみないとわからないことも多いからです。また、発達障害やグレーゾーンの微妙な問題に理解があるかどうか、話を

  • 療育手帳のメリット・デメリット

    デメリットはある?療育手帳を取得するかどうか、迷っている保護者の方も多いと思います。メリットやデメリットについて、感じたことを書いてみようと思います。精神的なショック一番大きなデメリットは、精神的なショックでしょうか。名前は「療育手帳」です

  • 療育手帳の取得について

    取得する?しない?療育手帳を取得するかどうか、迷っている方もいるのではないでしょうか。療育手帳を取得した理由や、取得してどうだったかなど書いてみたいと思います。療育手帳とは療育手帳とは、知的障害がある人に発行される障害者手帳のことです。障害

  • 社会性が未発達ということ

    次男は幼稚園に入園する前から、何度も小児科で発達を診てもらっていましたが、その時から「社会性が未発達」と言われていました。社会性が未発達って、具体的にどういうことなんだろう。自分の欲求、社会の要求次男は指示をきかない子でした。例えば、座って

  • 特別支援学級での学習について

    支援学級での学習と生活特別支援学級で学習することについて、何の予備知識もなく在籍させたのですが、実際に入れてみて、経験したこと感じたことを書いてみようと思います。支援学級で受ける授業数私たちのいる自治体の方針なのか、全科目の半分以上の科目を

  • 馴染めなかったプレ幼稚園

    幼稚園の入園前の1年間、発達支援センターに通うのと同時に、プレ幼稚園にも通いました。発達支援センターは週に2回、火曜と木曜。プレ幼稚園は週に1回、水曜日。みんなの中では浮いていましたプレ幼稚園に行ったのは、その幼稚園に入園させる予定だったか

  • 特別支援学級ってどんなところ?小学校編

    特別支援学級とは特別支援学級とは、比較的軽度の障害がある生徒に対し、一人ひとりにきめ細やかな教育を行うために、小中学校に特別に設置された少人数学級のことです。学校や自治体によって支援体制は様々ですが、ここでは次男が在籍した学級を紹介します。

  • 発達支援センターでの療育

    次男は幼稚園入園前に約1年間、発達支援センターに通いました。週に2日、10時から14時まで、昼食をはさんで保護者一緒に療育を受けていました。発達支援センターへ3歳児健診で言葉が出ていないこと、目を合わせようとしないことを指摘され、市の言葉の

  • 感覚過敏 ~聴覚過敏~

    旧みかん手帖。からのリライトです。聴覚過敏について次男にはもうひとつ、聴覚過敏があります。楽器を使っての演奏、子どもたちの歌声、騒がしい場所などが苦手です。そのため、音楽の授業は受けられませんでした。幼稚園の発表会なんだか変だと気づいたのは

  • 感覚過敏 ~口内過敏~

    旧みかん手帖。からのリライトです。感覚過敏とは感覚過敏とは、感覚がとても敏感で、生活に大きな不便があることをいいます。発達障害のお子さんに多いと言われ、次男もこの感覚過敏のため育てにくく、また本人が一番苦労をしたし、今もなかなか大変な思いを

  • 指を使って足し算引き算

    低学年のお子さんに多いのでは?と思うのが、足し算引き算に指を使うこと。保護者さんもそれを見て、指を使わないで計算できるようにしたいと思うのではないでしょうか。どうして指を使ってはいけないの?次男も指を使って計算していました。本当は親としては

  • 発達障害の診断

    旧みかん手帖。からのリライトです。診断を受ける?受けない?お子さんは発達障害の診断を、受けていらっしゃいますか?私は診断を受けることに、ものすごく抵抗がありました。夫も私以上に「診断なんか、受けなくていい!」と断言していました。3歳児健診で

  • エナメル質形成不全症

    次男は小さい頃から、歯の問題が多々ありました。歯以外の口腔トラブルも何度か。本人を説得して連れていくのが大変で、またおとなしく治療を受けさせるのも大仕事でした。エナメル質形成不全とは歯の表面のエナメル質が生まれつき正常に作られず、変色や欠け

  • 発達障害児の進学~幼稚園~

    旧みかん手帖。からのリライトです。その先の小学校を見据えてまずはじめに、ここでは「進学先をこう選びましょう」とは言っていません。「私たちはこんな風に考え、こういう選び方をしました」と、ひとつの経験談をお伝えしています。なので、幼稚園か保育園

  • 感覚過敏と感覚鈍麻

    暑い季節になってきました。次男は暑さにすごく弱く、また職場がクーラーのないところで体を動かさないといけないので、毎年夏は大変です。次男を見ていると、感覚の偏りを感じます。暑さへの感覚過敏本人は、冬生まれだから夏に弱いんだ、と思っているようで

  • もしかして自閉症?

    旧みかん手帖。からのリライトです。自閉症の幼少期によくみられる特徴自閉症のお子さんの幼少期の様子で、よく見られるという特徴がいくつかあります。次男の場合、3歳の健診時に全て当てはまっていましたし、言葉も単語が3語のみ、自分の名前も言えません

  • 発達障害のある息子を育てて

    旧みかん手帖。からのリライトです。軽度、とは言われたけれど子どもが二人いるのですが、次男は軽度の発達障害があります。この「軽度の」というのが、とっても曲者。はっきりとは言えない、グレーゾーン。医師からは「障害がある、とは断言できない」と言わ

  • ブログをこちらに移転します

    同じブログ名「みかん手帖。」で運営していましたが、アドレス変更のため、こちらに移転することにいたしました。こちらでは、就職後の様子もより多くアップしていければと思っています。以前の投稿も、少しずつこちらに移していきたいと思っていますので、よ

カテゴリー一覧
商用
読者になる