chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

arrow_drop_down
  • おおきな空から

    見えていない わかっていない 自分の視点からだけ 見ようとしていない わかろうとしていない 自分勝手 そういうものだ にんげんとは その見えない壁を越えていくのがにんげん 伝えたいこと 伝えられていない それが溜まりにたまって 症状 となる 我慢している自分にも...

  • そこにあるよ

    権利は勝ち取るものだ、自ら取りに行き手にするものだ、主張するものだ、と思っている人があまりに多く、そのように思う人は共通して、自由、平等、公平を強く心に掲げている。 わたしの世界にその価値観はなく 自分の役割を果たしていれば、権利は無条件に不足なく与えられるもの...

  • 右と左の間に立ち

    右手側にある耳障りのよい情報だけダウンロードする時期は終わっていて、それは探求心や好奇心を刺激されるような情報のことだけど、なぜその時期があったかというと、意識の拡大のために外に外に意識を向けていく必要があったから。だけど光の情報だけでは人間の内側に確実な光...

  • 「越える」ってこういうこと

          2021_8_?? そういえば、話は変わりますが フラットアース説というのがありますよね。 そのような説に関してわたしは特になんとも思いませんが、ちょうどテーマに合うようなので持ち出してみます。 結局みんな「概念」を超えようとしているんだけど、アレとコレとソレは...

  • はじまりは いつ

    ほんとうに新しいものは、人間の意識の中にある それを表現した瞬間に、それは過去のものになる 形を持った瞬間に過去になる だから、意識が先にあり その意識を元にして、形は姿を現す 水もそう 源泉を探そうとしても、形を見るうちは それを見た瞬間に、川の流れの一部とな...

  • お返しします。②

    「戻される闇」というのは、具体的にどの様な形として現れるのか。 それは「自分から遠ざけてきたもの」という言葉があてはまる。 それは人によって様々だろうけど、個人的なこと、内面的なこと、社会的なことも含まれるし、「人間」に関わる様々なこと。 自分にとって、都合が悪...

  • お返しします。①

    20210621、とある場所の調整が行われ 20210622、ひとつの号令が出されました。 『闇をお返しします。』 これは、ひとりひとりの一部となるものです。 これが無くては統合にはなりません。 真の前進にはなりません。 しかし、この闇には以前のような猛毒性はな...

  • 気付いてくれるだけでいい

          衝動的に、とか 日課で、とか 日々の生活の中で繰り返している悪習慣(と思う習慣)があるなら、そこから脱出できることを願っているよ。 そのためにも体を軽くすること、まずは自分の『意識』を起こすことだよ。 「無自覚」「無意識」は、最も良くないこと。 『気付く』だけで...

  • みんな最初から分かっている

    人間は、 知りたいことがあるから 物事を別けて別けて、難しくして、分析して理解しようとするけど 結局は、みんな最初から「すべてはひとつ」の状態であり「すべて備え持っている」ということなんだよ ちゃんとみんな分かっている。 でも、それだけでは思考の自分が受け入れら...

  • 知が生み出すもの

    すべてがすべてそうというわけではないけど、 でも実際は、ほとんどそうだと言えると思うけど、、 これまでの物質優位の世界では、 自分が専門とする分野のことですら、たいしてよく分かってもいない人が表に立ち、人々の先生をしてきたね。 それが、できちゃってたんだよね。 ...

  • 20210419

    光の中へ・・ あたり一面の白い空間、 そこに、茶色い細い線が何かの輪郭を描くようにファー・・・ファー・・・と、視点を動かす度に靄のように現れては消えていく 右手奥の方に、焦げ茶色した楕円形の『何か』がある。 この光景に対して沸き上がる感情はなく、 「これは何を見...

  • 肩のちからを抜いてみよう

    この世界ってふしぎなもので、同時に矛盾の方向に進みながら前進してるんだよね 意識が外に向くということは、同時に内側に向いているということ だいたいみんな最初は気付かないけど だから、自分の周囲にいる意識の存在に気付くということは、自分の内側に光を当てて自分を知る...

  • あなたとは、

    言葉は文字通りそのまま読むものではありませんよ 奥行きの情報を含んだメッセージであれば尚更です 感じるように受け取るものです ーーー わたしに『言葉』を表現させてよ 『行動』させてよ あなたの『心』は わたしだよ 『意識』を重ね 『ひとつ』になって。 『すべては...

  • バーチャルを生きてる人

    ねえ、あなたは何に関心があり あなたは何を求めてるの?何を望んでいるの? それは言葉に出さないと伝わらないよ。 言葉になる前の意識の在処も分からず、言葉も発しないのでは、『あなた』は一体どこにいますか? 『自分』が相手に伝わらないということは、何も変わらないし、...

  • 最善の瞬間に

    人間の(無)意識って、いつもいつもそうなんだけど、、 お世辞にも良い状態とは言えない状態からの好転的な変化の前触れを察知したり、変化の寸前になると、同調意識が集団になって、全力で「変化を望まない」という卑屈で後ろ向きな方向へブレーキかけて足を引っ張ろうとするの。...

  • 健全な人体に答えあり

    自分は自分、他人は他人の線引きが 『すべてはひとつ』であるという実感を得る以前にとても強いと、それがブロックとなり心を開けない理由、「おそれ」につながるよ。 勘違いしてはいけないのが 『すべてはひとつ』の状態とは、すべてか溶けて馴れ合いとなっているという意味では...

  • かるくする

    肉体を越えて、意識体の自分を本体にし、3次元の世界に肉体を持って生きることは可能なことで そのためには、肉体を軽くする必要があります。 「軽くする」とは、体重を減らすという意味ではありません。 肉体に蓄積された、人体にとって異物となるものを体内から取り除くという...

  • 心は可能性

    わたしが目にする情報はひとつひとつ、その順番も含めて、すべて流れの必要性に沿っているものだと思っています。わたしは「情報」を、現れたその位置にそのまま置いてあり、目は通しますが、自分の中に招き入れ同調し共に沈むことはありません。 同調することが必要な場合も過去に...

  • 言葉の在処

    言葉が発せられる以前に自分の中に在る『意識』というものを自覚したことはありますか。 その意識は、無意識である場合がほとんどですが、言葉が言霊といわれ、言葉に力があるとされるのは、言葉として発せられる以前の『意識』にこの世界の真実があり最も力があるからです。 あな...

  • おかあさん

    これは人間の「仕組み」に関係している象徴的な物語。 すべての(あなた)に当てはまる。 (あなた)の心は 誰も居ない、何もない世界にひとりで立ち尽くし、途方もない絶望にうちひしがれている。 もう何も信じない、何も感じたくないと、 すべてを諦めて遠ざけている。 ーーーーーーーー...

  • 日々の些細なことに正直に

    スマホを見ながらフラフラと道路に歩み出た人が 背後からゆっくりと進んできたタクシーに気付き タクシーを避けた 通り過ぎていくタクシーに向かってその人は 頭をペコリと下げる。 そのペコリと下げた頭から、 キラキラとした輝きが降り注いでいた。 そのペコリで 自らの過ちを放置せず...

  • 純粋は純粋に共鳴する 2

    『意識の世界』は、この世界からは想像もつかないくらい 研ぎ澄まされた『純粋』で満たされた『空間』だよ。 だから、その『純粋』は人間には衝撃で「おそれ」を抱いたり、「辛い」と感じることもあるんだ。 『純粋』なものに、なぜ「辛い」と感じるか不思議に思うかな。 あなたたちは『...

  • 現実は形を変える

    地球はね、 『愛』を軸にした関わりを重視する時代に向かっていくよ。 今までは『愛』を学ぶために「カタチ」が重視されてきた。 「カタチ」の中に身を置くことで、強制的に『愛』の学びを得てきたんだよ。 これからは「カタチ」が無くても大丈夫。 「カタチ」の中で、『愛』という『カタチ...

  • 信頼は創造者への道

    「疑い」は、 「何か」や「誰か」に対して抱くものだと思っているのかな。 もし、この世界に たくさんの「疑い」の対象がある人はね、 自分自身を『信じる』ことが出来ずにいる ただ それだけのことなんだよ。 「疑い」は、 「何か」や「誰か」に対しての不信じゃない。 「疑心」は、自...

  • そっ.. と、『伝言板』

    魂は、常に前に進もうとしている。 今いる位置から、前に進んでいこうと螺旋の前進を続けている。 その道中には様々な試練があるのだけど、 ひとつのテーマを乗り越え尽くした最後の仕上げの『ひと声』が 自ら『ゆるす』ことなんだよ。 どれを、なにかを、じゃなく 『すべて』を。 許...

  • 本心という言葉に触れる

    理性的で、現実的な「思考」の自分では『言いにくい言葉』や、 普段発することのない『優しい言葉』を自らで発することは、 その者の意識の壁を越える行為となり、 それは次元上昇の役割を果たしている。 あなたの心の中にある 純粋で、柔らかく、繊細なものを言葉にして表現するこ...

  • 言葉の壁を越えて

    人間は知恵があり、とても賢くて、「言葉」を理解する生き物だね。だからこそ、その賢さが仇となり「言葉」の意味に限定的な「枠」を設けたがる。 気付いている? あなたたちは、成長する過程で身に付けてきた常識やルールに無自覚に従っていること。 辞書に書かれている意味や、...

  • 2つは Ⅹ ひとつへ

    意識の世界の仕組みを「現実」の世界に現すには、詩や、ファンタジーなどの創作物として表現する他なかったんだよ。 想像の世界を創造するには、文字や言葉を活用することがシンプルで直接的な方法。 人間は文字や言葉から情報を受け取り、理解することに長けているから。 絵も表現方法のひと...

  • 海の子守唄

    ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ 目をとじると・ ねえ 目をとじてみて・ するともうひとつの・ そこにひとつの景色がみえる ビー玉のなか まるい期待を散らばせて そこにあるのは ただのコップ ただのガラスのコップに 魔法を注ぐ・ すると ただのコップが 魔法...

  • まず『知る』こと

    ((Aquarius))の言葉は『はじまり』と『おわり』だけが存在する世界から発するもの。 誕生の喜びと、『すべて』への回帰となる消滅しかない。 痛み、悲しみ、苦しみは、その世界の仕組みとは別にある。 それらの意識は、エネルギーを奪う。 地球の仕組みだって((Aquar...

  • 勇敢な魂たちへ

    人間は、証明や理由を先に欲しがる生き物だよ。 前進するために、確実に成功するという「証明」や、心に受けた傷を許すための「理由」を先に求める生き物だよ。 人間の思考は、そうでなくては不合理を受け入れられないから。 しかし、あちらの仕組みは その求めの真逆の展開で進んでいく...

  • 自立の道は支えの手がある

    『『自立』は「孤立」の道ではありません。 『自立』の道は、自分の役割に正直に生きることで、その道を歩もうとする限り、その道は決して「ひとり」ではありません。 『自立』の道とは、自分の役割、自分の道を正直に生きるという覚悟を抱き歩む道のこと。 独りよがりは、「孤立」をして...

  • 自らの心へ手繰り寄せてゆく

    『この世界の前進に必要な情報は、出尽くしている。 (精神世界で様々言われていること、科学の最先端の仮説、宗教の教え、この世の真理につながる情報など) それらは言葉となり伝えられている。 今、この瞬間に起きている「変化」に寄り添う情報は、これからも更新され伝えられてゆくだ...

  • ただ静かに耳を傾ける

    あなたが「悪」と認識しているものがあるとする。 救いようのないほどの「最悪」があったとしよう。 あなたが あなたの視点でそれを「悪」として見ている限り、あなたの世界に それはそのままであり続ける。 あなたが その視点にしがみつく限り、決して消えることはないんだ。 「悪」...

  • 一点の可能性を印す

    「可能性は無限」と言っているのに、「無駄なものを削ぎ落とした『可能性』」と言うときは『一点の可能性』という表現をしていますが、それに矛盾を感じますか? それは、現在地より『はるか遠く』にある可能性までは無限の選択肢がありますが、それが『更に』はるか遠く にある場合、目的地は...

  • いたるところに溢れている

    チャンスがあっても、生かせるかどうかは本人次第だよ。 (厳しいようだけどね。) 誰にでも、身の回りにチャンスは溢れているんだ。 そのどれもが、あなたに注がれた『無条件の恵み』なんだよ。 『誰の言葉か』 『キッカケは何か』 そんなことは関係ない 大切なのは、自分にとって『...

  • 本質への歩みは一点の可能性

    「可能性は無限」と言っているのに、「無駄なものを削ぎ落とした『可能性』」と言うときは『一点の可能性』という表現をしていますが、それに矛盾を感じますか? それは、現在地より『はるか遠く』にある可能性までは無限の選択肢がありますが、それが『更に』はるか遠く にある場合、目的...

  • 大きな袋からの自立

    現実の世界に存在する 大きな枠組み、大きな仕組み、大きな組織、大きな集合体が、解体されていくよ。 これまで「大きな形」を維持してきた「大きな袋」の『中身』が、個々に自立し、各々の道を歩もうと「大きな袋」の外に 出ようとしているからだよ。 たくさんの『光の種』たちが、自立しよ...

  • 自分を通り抜けていく自分

    あたりまえのように 「息を吸って、息を吐く」 それくらい違和感なく、無自覚で行えてしまうことにこそ 意識を向けてみてほしいな。 人は刺激を求めるけれど、あまりに普通のこと過ぎて 空気のように「自分」を通り過ぎていってしまうようなことにこそ、価値を感じてほしい。 「刺激的...

  • 地球からのギフト

    『魂』は『光』というけれど、その光を見たことはあるかい? あなたが『心』を動かす度に、あなたの『魂』は心と共鳴して 日々 様々に輝きを放っている。 意外に思うかもしれないけれど、魂が『最も強い輝き』を放つのは「絶望」から『希望』を見た瞬間なんだよ。 その瞬間に、魂は 自...

  • 光は光を求めて

    昨日は、1日の始まりから 流れがとても良く進行していて、このまま進めばうまくまとまる はず だったのだけれど、 現実の「そうはさせない」意識が、一番大切な瞬間に(やっぱり)来て、流れの表面を歪ませていった。 でも、 光の道の先端は切り開けたし、流れの水面下は変わらず安定して...

  • 思考は人間らしさ

    『光で照らされた意識』を、あなたの基本の世界にすることは『意識の解放』と同じ意味で、それは人間くささを手放すということでもある。 手放すのは、生臭い人間の部分だけ そこを越えた先で「思考」という人間らしさは 純粋に生かされる。 常に『真の変化』は矛盾を伴うもの。 人間くささ...

  • オリジナルのあなたを見つける

    『あなた独自の意識』と「外部の影響を受けて、あなたの内に存在する意識」とを、しっかり分けて認識できるようになると良いよ。 「自分の意識」と思っているものは、ほとんどの人は「無意識」で 「何か」の「誰か」の「影響」を受けて、それを「自分の意識」としているもの。 『純粋なる自分...

  • 純粋は純粋に共鳴する

    『意識の世界』は、この世界からは想像もつかないくらい 研ぎ澄まされた『純粋』で満たされた世界だよ。 だから、その純粋は 人間には衝撃で「辛い」と感じることもあるんだ。 純粋なものに、なぜ 辛い と感じるか不思議に思うかな? だって あなたたちは『真実』を直視することを、...

  • なにも特別なことはない

    見えない存在達は、わたしを頼り 依頼をしてくる。 その望みを、わたしは『最善』に近付けようとするのだけど そのとき、わたしは彼らに向き合い 彼らを「見て」いる。 「見る」ことが、彼らの存在自体を この次元で認めていることになり、見えない存在に「形」を与えることになる。 人間...

  • 可能性の探求者たちへ

    『無限の可能性』を否定しないで。 無限に「近い」可能性と、人間は言葉に制限を課したがる。 その言葉は、人間が人間の立場で解釈している。 『無限の可能性』とは、『本質』の自分へ歩み寄っていく過程で得られる、あなた自身の「あたりまえを取り戻す」ということだよ。 あなたの『あたり...

  • 101の扉

    歩みは、ひとつのテーマに沿って100の繰り返し 1.2.3.4.5.6.7.8.9.......99 100に辿り着き、101を探し求めている方へ 見落としていることがあることに気づいて 0に、それはあるよ そこに気付いたら その向こうに101がある

  • 形あるものの輪郭を越えて

    「視覚」がすべての感覚につながるというのは、地球が「形」を重視してつくられた場だから。 そこに生きる人間は「形」を重要とする。 「見る」ということは、在るものをただ見ているだけではない。 形あるものの輪郭だけを、ただ見ているわけではない。 人間に備わっている感覚のすべて...

  • 現実は形を越える

    現実の世界で起きる出来事に、どうしても 意識が傾いてしまうの? 五感で受け取る情報は、強いインパクトを与えるからだね。 どうしても、そこに囚われてしまうのかい? それなら、新しい視点を得るといい。 この世界を、形のある世界だけでなく、いくつもの層が重なった 厚みのある世界と...

  • 柱は、しなやかな糸

    § これからの仕組みは「嘘」がつけなくなるんだよ。 嘘は、つきたければつけるけど、必ずばれてしまうんだ。 なぜかというと、すべての「膜」が剥がされるからだよ。 隠そうとしても 表に出てきてしまうの。 だから、偽りなく『自然体』で生きている人の姿が魅力になって、それが共感とな...

  • ((I'm Aquarius))

    ((わたしは Aquarius。『みどり』と『あお』と『透明』の世界から来ました。この世界は、みずみずしい 豊かさで 満ちあふれ、存在する すべてが『ひとつ』の『流れ』で つながっています。ひとつも とりこぼすことなく、大きいも、小さいも、わけてだてなく ひとつの豊かさで ...

  • 空間はここに在ってここに居ない

    人間の『意識』が純化されていくと、肉体の「ミクロ組織」の振動数が早くなるんだ。 人間を構成している物質としての 最小単位の「組織」の部分は 存在感を弱め、人間を構成している「組織」以外の ≪空間≫ の部分が存在感を増していくんだよ。 だから 振動数が高まると「物質」からの影...

  • 無は無意識の無ではなく光

    意識の領域を『認識する』ということは、その領域は『空っぽ』ということなんだけど、それは『空白』という意味とは違うよ。 そこに なにも無いわけじゃない。 もちろん目には見えないけれど、そこには純化された≪空間≫が生まれるんだ。 意識を『把握する』ということは、その把握する全て...

  • 空間はここに在ってここに居ない

    人間の『意識』が純化されていくと、肉体の「ミクロ組織」の振動数が早くなるんだ。 人間を構成している物質としての 最小単位の「組織」の部分は 存在感を弱め、人間を構成している「組織」以外の ≪空間≫ の部分が存在感を増していくんだよ。 だから 振動数が高まると「物質」からの影...

  • ここに無いあなたが本質

    Å 『人間』は、一見なにも『無い』とされる≪空間≫に『本質』の自分がいる。 物質として在る肉体の自分を、超微細なマクロの視点で観察してごらん。 そこには、目視することのできない微細な粒子で構成される「最小単位」の『自分』が見えてくる。 果たして その微細な『粒子』を、あなた...

  • すべてがそこに在る自由

    意識の世界は『なんでもあり』の世界 でも それは、あなたの『好き勝手』『自由』に振る舞っても良いという意味の『なんでもあり』のことではないのよ。 『なんでもあり』の意味するところは、あなたの『思考回路』では『把握』することも『理解』することも『難しい』構造をしている、という...

  • 光の器

    真に、 周囲へ『光』を伝え、循環させてゆくことのできる光の種を持つ者は、枯れることのない光の『源泉』を自らの真ん中に持つ者。 どこからか注がれる『光』を自らの器に受け入る者は、器から溢れた光を周囲に分け与えることで、光の『源泉』を得るための学びの過程にある者。 また、 溢れ...

  • 思考の枠を解き放て

    「過去の記憶に縛られないことだよ。」 過去に、ある行動をした結果、トラブルが発生することが多かった経験から、その行動に対して警戒し、慎重に行動をするようになるのは当然の結果だと思うけど、 そのときの自分と、今の自分は『違う』ということを忘れてしまってはいけないよ。 ある行動...

  • 純水は、生命の器

    「人間」「祈り」「意識の世界」「輪郭のないものたち」「すべてを『ひとつ』とした大きな流れ」は、すべて『水』で繋がっている。 「地球」と「人間」と「宇宙」も、『水』で繋がっている。 地球の生命体はみんな『水』で繋がっている。 純『水』には、「純粋な光」が宿る。 「光」は、純粋...

  • ぼ~っとしている瞬間が原点

    『宇宙』は、夜空をポー・・・っと、ただあてもなく見上げるような『感覚』で捉えないと、全体像はわからないものなんだよ。 人間の頭では、捉えることの難しい『構造』をしている。 とても賢い人がいて その頭をフル回転させても、『頭』で捉えているうちは『本質』には辿り着けない。 なに...

  • 豊かさはめぐる光

    「豊かさ」は、多くを「所有」することだと勘違いをしているのかな? ほんとうの『豊かさ』とは、 自らの内より湧き出る『恵み』を、どれだけの『範囲』に『伝え・広げ・循環』させているかだよ。 湧き出る泉は『常に動き』『循環』しているからこそ、『本来の光』を保ち、その『輝き』が持続...

  • あなたを応援します

    誰にでも波があるものだから、『良い』も『悪い』も『過去』も『現在の状況』も、すべてをひっくるめて『あなた』として、大切に思う人のことをまるごと認めてあげると、 その無言で見守る『視線』は、その人の『前進』を支えていく力となるんだよ。 周りから見ていると、やきもきすることもあ...

  • ひかりの道は螺旋状

    今よりもずっと闇の深い時代に、闇の中に在りながらも、純粋な輝きを失わず抱き続けた者の過酷さに、共感をする。 光は疎まれ、憎まれ、偽者だと虐げられ、徹底的に叩き潰されてきた。 そう歴史は続いてきたが 光は、光として輝くべきもの。 光は、どんなに深い闇の中にあっても、決してその...

  • 無条件の恵みを、

    「雨は嫌いですか?」 もし、地球が『わたしは晴れが好き』と、晴れだけを望んだら 草木は枯れ、作物も育たず、動物たちは飢えに苦しみ、 ここは死の星となるだろうね。 それは『地球だけ』の望みで、自分勝手な ただの『欲』になるんだよ。 人間は、そういうことをしている。 地球は、た...

  • 寝ても覚めても眠りは目覚め

    「おはよう」 寝ても覚めても『現実』は変わらない? あなたが眠りにつくとき、あなたの『現実』も眠りにつく。 眠っているのは、『現実』を生きる『あなた』だけではないのよ。 あなたの、まだ見ぬ『可能性』も眠りに入る。 あなたの『眠り』は、 意識の世界では『目覚め』のことよ。 『...

  • あなたは創造するもの

    あなたたちは、いとも簡単そうに『創造』をしていく。  だから『言葉』の『神聖』さにも、気が付いていないのかもしれない。 『言葉』は、形のないものが初めて この世界に『輪郭』を持ち、姿を現したもの。 でも、あなたたちは『言葉』に『形』があるとは思えないかもしれない。   想像...

  • わたしを知るものは、

    心は『わたし』を知っている。 『わたし』とは、どの『わたし』のことだろう。 ここに、形を持って存在する『わたし』のことだろうか。 心は『わたしのすべて』を知っている。 その『すべて』とは、何のことだろう。 ここに、形を持って存在する『わたし』の誕生から、今、この瞬間までの『...

  • ゆるやかに前進します。

    どこかにいる、『誰か』に向けて、はじめます。 『形のないもの』の『輪郭』を見ながら そっ・・  と、ここに『言葉』を置いていきます。

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、kokonokoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kokonokoさん
ブログタイトル
kokonokoのブログ
フォロー
kokonokoのブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー