searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

yumigumoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
弓ぷーの弓道
ブログURL
https://yumigumo.hatenablog.com/
ブログ紹介文
弓道に関する感じたこと等マイペースで綴っています
更新頻度(1年)

21回 / 172日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2020/06/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、yumigumoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
yumigumoさん
ブログタイトル
弓ぷーの弓道
更新頻度
21回 / 172日(平均0.9回/週)
読者になる
弓ぷーの弓道

yumigumoさんの新着記事

1件〜30件

  • 久しぶりにニベ弓を引く!

    自宅巻藁ではちょいちょい引いていたのだが、ずっと暑かったので的前で肥後三郎ニベを引くのを躊躇っていた で、最近寒くなったので良い季節だと、肥後三郎を担いで練習へ 鋭い弓返り、弦音、矢飛び…やっぱりニベ弓は引いていて気持ちが良い! 的中も約8割5分 この弓であまり的前引かない割にはまずまずでは無いだろうか 出来ればメイン弓にしたい所だが、ニベである事、かなり古い弓である事から、破損リスクが大きいと自分なりに判断してメインでは使用しないことにしている😭 何か大会や審査等1日で終わるような事なら肥後三郎で参戦しても良いと思うのだが… まぁ寒い季節ならそこまで破損リスクは高くないだろうから、使用頻度を…

  • 弓による矢飛びの違い

    久しぶりに遠的を飛ばしてきた! とりあえずストレス発散で飛ばしたかっただけなので手持ちの竹弓を数本持っていったのだが、それぞれで飛びかたが全く違って面白かった🎯 なんだかんだ1番扱いやすいのは一燈斎🏹 ほぼ水平で飛ぶしブレも少ない 他の弓はどうしても山なりに飛ぶから何となく狙い辛い… メインを一燈斎にするとして、サブ弓を何にするか… もう少し引き比べが必要かな

  • 直心Ⅲ bamboo

    結構前に弓友から拝借していた直心Ⅲ bamboo 無事にお返しした 今年の国体に向けてと弓友の好意で貸していただいていたのだが、今年の国体は無くなったし、来年以降は国体に出られるかもわからない やはり仕事をしている以上、今年は!という勢いでないと会社側も快く送り出してくれないので… という訳でお返ししたのだが、傷は付けずにお返しできてよかった やはり他人の弓は気を使う… 自分のは竹弓なので勿論気を使ってはいるけど、他人様の物だと思うと余計に気を使ってしまう まぁそういうわけで手元の弓は直心カーボンと竹弓が沢山なので、もし、次国体に挑戦できる年がきたら、その時は竹弓で挑戦しようかななんて考えてい…

  • ある弓を

    私が普段使用している一燈斎 それと同じ系譜の桑幡正清を弓友から引かせて貰えたので感想を 桑幡正清 2寸伸 カーボン有無 不明 21㌔ 成り 胴のガッツリ入った ザ薩摩成り って感じ とりあえず普通に一手引いてみたら束中 普通に飛ぶし中る 引き心地は第三から引分にかけてが硬い 私のメインの一燈斎より少し弱い筈なのに硬く感じた 永野一萃と似たような硬さだったから、カーボン有なのかな? 遠的とか向いてそうな感じだった!流石に他人の弓で遠的はしなかったが…笑 ただ、振動が少し強め なんだか先手にガツンとくる感じで、でも直心とも違う感じだった! 柔らかめの弦を使えば解消出来そう 竹弓なのにガツンと来るの…

  • 弓道の日

    今日は弓道の日らしい なんでも大阪の猪飼弓具店 猪飼英樹さんが制定したとかなんとか 確かに弓道って一般から始めようってなかなか敷居高そうだし 最近は少しTVにも出るようになったのかな?くらいでメディアもあまり取り上げてくれないし(ずっと同じ動きを繰り返すだけで素人の方が見たら中ったか外れたかくらいでしか判断出来ないだろうからあんまり映えないのだろう) 今はSNSで気軽に情報を仕入れる事も出来るから、少しでも多くの人に 弓道とは何だ!? と興味を持ってもらい、弓道教室からでも始めてくれる人が多くなれば競技人口の増加にもなるだろうし、弓道場の人たちが暖かく受け入れてくれたら永く続けてくれるだろうし…

  • 巻藁

    あれから毎日20射巻藁を引いている 仕事終わり、休みの日、かかさずに 少し危ない事があった 巻藁矢が半分くらい貫通してしまった! 今使っている巻藁もそろそろ5年くらいになるし、ほぼ自分でしか使用しないし、同じようなところが弱くなるのは当たり前だ それでもある程度使ったら回転させて、刺さる所をずらしながら使用していたのだが、今回は少しズボラだったのかもしれない 我が家は巻藁の裏は普通の壁なのでもし貫通したり、外したりした場合には壁に穴が開いてしまう まぁ巻藁を外す事はあり得ないが… 今後は裏にベニヤ板でも立てるか、畳を置くか、対策を思案しなければいけないな… にほんブログ村

  • 感じた事

    日課の巻藁20射 今日分のノルマ達成 巻藁の20射って結構しんどい しかし弓を引くための筋力を戻すためにはこのくらいはしないといけない 本当は1番強い弓でやらなければいけないのだろうが、流石に体力が持たないので弱目の弓を織り混ぜて引いた さて、何やらTwitter弓道界隈で新しい論争があったようだ 元ツイは見つけられなかったが 竹弓を使わなければ弓道ではない! と、いうような事を誰かが発信したらしい 結構荒れている様だったが… 私の意見としては 竹弓を使わなければ弓道ではない?そんな事はない! グラス弓、カーボン弓が今の弓道界の発展に貢献しているのは間違い無いだろう 昔は初心者が竹弓を買って直…

  • 練習へ

    今日は休みだったので練習に行った! いつものように4ツ矢持って2立…で体力切れ…! 正直自分で驚いた 確かに最近は仕事が大変で体力的にヤバかったから仕事から帰ってきての巻藁も2本くらいで終わらせていたし、弓も少し弱目の方を常用していた しかしそれだけでこんなにも体力が無くなってしまうとは! 自分の弱さに猛省し、明日からまたしっかりと巻藁を引こうと決意した! にほんブログ村

  • 弓の調整

    盆休みだが、色々事情があって練習には行けず… 仕方がないから手持ちの弓の調整を行う 一燈斎(1本目) この弓は基本的に何もしなくても狂わないので何もしない 一燈斎(2本目) こっちの方は昨日のうちに弦を外しておいた 今日夕方確認すると既に裏反り30㌢超!元気すぎるぞ… 慎重に弦を張り、成りの確認 下を踏んで上を押して整える 大分良い形に収まってきている 肥後三郎 数日弦を張ったままだったので弦を外す 十分に枯れているからか成り、裏反り共に大きな変化は無し 妻の弓数張 把の高さの調整を行い終了 管理する弓が多いと手入れも大変… もっと多くの弓を所持している方々がいらっしゃる事はわかっているが、私…

  • 弦切れ

    練習に行かなければ…! という事で休みに久しぶりに的前練習に行ってきた! 久しぶりに肥後三郎で的前引きたいなと思って持っていったのだが… 最初の一手で肥後三郎の弦が切れた! とりあえずその2本は的中🎯 珍しく替えの弓を持って行くの忘れていたのでその日は練習終了… 弦の切れたところが変な場所で仕掛けと月輪の間辺りから切れていた まぁその弦は三郎さんを譲って貰った時に付いていたヤツで、ボロ弦だから新しいの用意しとくようにって言われてたっけ そんなに数掛けていないとはいえあれから約半年、よく持ったと思う あくまで自分ルールだが弦切れしたらもうその日は引かないようにしている 暫く弓を休ませてから再使用…

  • 的前練習

    6月末に練習に行ったきり、的前は引いていない 仕事が忙しかったこと、家庭の事も忙しかったこと、気温、湿度が高すぎてわざわざ屋外で竹弓を引く気がしなかったことから、ずっと自宅で巻藁練習をしている それになによりやる気が出ない…! このままではイケナイので盆休み中一回くらいは弓引に行こうかな… こんなにもモチベーション上がらないのも珍しいな にほんブログ村

  • 一燈斎その後

    先日火入れ、矯正して頂いた一燈斎だが、今のところ何とか良い感じに収まっている しかし、やはり姫反、鳥打あたりが捻れている感があるので矯正器をかけてみたり踏んでみたり 頑張って頑張ってやっと良い感じで収まるようになった 先日教えて貰った火入れもしてみたいのだが、自宅かオール電化である事、卓上ガスコンロを所持していないことから、火入れは出来ていない 卓上ガスコンロ購入しようかな…災害時にも役に立つだろうし 火入れの時に教えて頂いたのだが ガスコンロの火で直接弓を炙ると焦げてしまうので、コンロの上に目の細かい金網を置くと直接火が当たらず、熱だけが弓に当たるのでオススメらしい 実際、一燈斎先生もそうし…

  • 弓の成り 2

    一燈斎2張の成りをみてもらってきた! 1本目の方は何もいう事ないね!凄く良い感じに引けているね!とお褒め言葉を頂いた! もうこの弓は特に何もしなくても大丈夫らしい! 問題児の2本目 どうしてこうなった!笑 こっち(1本目)は凄く良いのに、弓ぷー君…笑 と、言われてしまった… 笑われるくらいにヤバかったっぽい とりあえず、弓把を指摘され適正な高さで張った 15.5~16㌢ これがこの弓の適正な高さ しかし関板との間が2~3㌢ これは下が立っていた事が原因だと言い、火入れ矯正して頂いた! 張り顔は間違えるほど良くなった! あとは少し出来気味になっている事… 一燈斎先生曰く、弓を張るとき、弓に対して…

  • 弓の成り

    成りについて 竹弓の成り 私は薩摩弓の一燈斎を2本所持しているがそれぞれ、全然成りが違う 購入時期は別々なので材質による違いもあるのかもしれないが… 最初に購入した方(3年くらい前)はいい具合に収まっている うっすらと胴が入り、弓の丁度右側を通る入木具合 1週間位弦を外しておくと裏反りが20㌢位になる 酷使している割にまだまだ元気な弓 もう1本の方(2年位前購入)は成りが正直微妙… 弓巴を15㌢で合わせると関板と弦の距離が2~3㌢開いてしまい、関板と弦の距離で合わせると弓巴が12㌢位になってしまう 冴えは弓巴12㌢の方が感覚的には良い でもその時の張り顔は下が立っておでこが出ているような感じに…

  • 全日本選手権断念!

    全日本弓道連盟にて発表があった 全日本選手権、全日本遠的選手権の中止 確かにコロナウイルスの第2波が囁かれたいので仕方がないのだろう しかも全日本クラスになると範士の先生方も各地からいらっしゃる ご高齢の先生方がコロナウイルスに罹ってしまうと多くの方が亡くなる可能性も高くなり、弓道連盟的にも大変な事にあるだろう 先日、国体も無くなったから今年は全日本ルートで全国行こうかな〜なんて思っていたから正直悔しい しかし私が悔しがったところで何が出来るでもない 今は耐える時なのだろう 早く普段通りの生活に戻らないと 正直、最近大会も無いし、目標としていた国体も無くなったし、新しく目標にした全日本も無くな…

  • 練習

    練習に行った もうどうせ国体も無いのだからと、竹矢のみで練習すると決めて、竹矢と遠的矢のみ持っていった が、どうも竹矢は飛ばし難い 普段のカーボン矢なら8~9割位なのだが、竹矢になると半矢くらいまで落ち込んでしまう 少しのミスも許してくれない感じがして、中々難しい 竹矢で9割位まで持って来れる日が来るのだろうか… 慣れ の問題かもしれないが…自分の技術を高めるしかない! にほんブログ村

  • 燻の握り革

    先日、やっと地元弓具店で燻の握り革を購入した 早速手持ちの竹弓全て巻き替え、一晩乾かした 自分の手と、部屋に燻の薫りが染み付いてしまった! 使用開始から、手に食いつき過ぎず、滑り過ぎず、適度な締まり具合でいい感じに引く事ができた! 後はどのくらいの耐久性があるのかが気になる所だが、半年くらい待てばいいのかな?1年位持ってくれれば有り難いのだが… 一般的にはどのくらいで交換しているのだろうか…? にほんブログ村

  • 握り革

    竹弓の握り革を交換しようと思いはじめてそろそろ1ヵ月位経っている 前回交換してから1年くらい?変えていないから、竹弓4本の握り革全部交換しようと思っている が、どの握り革にしようかと悩んでいてなかなか決められない 今まではMIZUNOの牛革をメインで使用していたのだが、他の物も使ってみたくなってきた これまでに使用した事のある物 MIZUNO 牛革 シャーク サメ革? 普通の安っい鹿皮?のやつ S弓具の小唐握り革 だいたいこんな感じ 個人的なお気に入りはMIZUNOの牛革 品質が安定していて非常に扱いやすい、お値段も安い、耐久性も抜群 という所から、ずっとメインで使っていた シャークはちょっと…

  • かごしま国体開催断念!

    かごしま国体が年内の開催は不可能との情報が出た 鹿児島の知事が議会で質問に対して答えららしい まぁ開催は難しいだろうなと思ってはいたので驚きはしないが、なんともまぁどっち付かずな答え 大人数で県を跨いだ異動をする事から、新たにクラスターが発生するリスクが高い そんな中での開催は難しいのであろう 私は国体は今年で最後と決めていたので何とも不完全燃焼はではあるが、来年以降はもう国体を目指すとか、そういうことは今のところは考えられない 今後は全日本選手権や全日本遠的を目指して精進する事にする 勿論、審査で昇段、昇格しなければならないのでそっちの方にも力を入れていこう 早く普通の日常が戻る事を祈る… …

  • 高温多湿

    今年も夏が近づいてきた 私はどうも梅雨〜夏の時期が苦手だ 弓の反応速度が少し遅れるからだ 個人的な感覚としてはカーボン弓でもグラス弓でも竹弓でも同じで、反応速度が遅れる なのでいつものキレッキレの感覚で矢を飛ばしてしまうと、矢所が定まらなくなる 反応速度の説明は難しいのだが、弓の冴え というのが1番近いかも知れない しかし竹弓に比べるとカーボン グラス弓はまだマシで、反応速度の遅れは少なくて済む そこのところを考えてうまく引かなければならない にほんブログ村

  • 弓との対話

    弓との対話 他の人が聞いたら何言ってるのかわからないであろう よく 弓が引き方を教えてくれる みたいな事を先生方から教えて頂くが、よく分からない! しかし、引き方は分からないが『会』の状態での弓が力をかけて欲しい方向は感じることができる 『会』に収まった状態でじっくり詰め合うと、弓が元の状態に戻ろうとする力を感じることができる その力の方向に対して素直に伸び合い、離れが出ると大体中る これを『弓との対話』だと私は思い、引いている これがしっかりと出来るようになると『離れ』のタイミングだけで的中を稼ぐ引き方よりも遥かに安定する ただし、弓の力を感じられるまでに時間を要するので体力の消費が激しい …

  • 手の内

    昨日の練習で感じた事 手の内で的中、矢飛び、変わってくるということ 当たり前の事だが再確認が出来た! 先日書いたが、かごしま国体が開催されるかどうかはわからないが遠的の稽古も継続している 遠的の途中で手の内を閃いて試してみたら、約2年ぶりの先手の感覚が戻った! そうなってからは30点を切らなかった! 矢飛びが安定し、遠的なのに畳に水平に矢が刺さる 使用している弓の㌔数からすれば当たり前なのだろうが、最近は遠的での弾道が山なりで、畳に斜めに刺さっていた… 自分では出来ているつもりだったのだが、全然出来ていなかった… 弓道の怖いところである 特別な事は何もしていないのだが、『当たり前』の事を、やっ…

  • 練習

    今日は仕事が休みだったが、体調が優れなかった為練習には行けず、代わりに普段出来ない家の事をしていた 練習には行けなかったが中々充実した休みだった 夕方になると体調が少し良くなったので巻藁を少々… そこで気付いてしまった 最近の引き方、弓の力の方向を無視して腕力で引いてしまっていた! 何点か修正して改めて引いてみると、弓の冴えが戻った感じ! 最近の的中の波の理由はここにあったのか!と 的前で確認をしないと確定では無いのだが、多分その辺りが悪さをしていたに違いない 次の練習で要確認だ

  • かごしま国体

    今年の国体は鹿児島で開催される『予定』だったのだが、新型コロナウィルスの関係で今年の開催が危ぶまれているらしい… 鹿児島の知事は6月に開催するか否かを発表するらしいが選手としては、開催する、しないどちらにしても早く決めて頂きたい! インターハイ、甲子園も中止となってしまったのだから、恐らく今年の開催は無理だと考えてはいる だが、正式な発表が無い限りは国体はあるとして各自、準備はしていかなければならない 少なからず家庭、仕事を犠牲にして練習等しているのだから早めに決定してもらいたいものである

  • 弓道場開放

    地区の弓道場がやっと開放された という訳で早速練習に行ってきた 思ったほど道場は混み合っていなく、「密」になる事は無さそうだ! が、やはり道場内でお茶会をしてみたり食事が始まったりと、普段通りのことをされる方が多数だった… 道場内での飲食(水分補給程度は良いと思うが)は勿論の事、なるべく距離をとって、控えではマスクを着用し、お互いに感染させないという努力を怠ってはいけないと感じた 本日の稽古はいつも通り近的遠的 両方とも普段と殆ど変わりのない的中、点数であった 毎日巻藁をしていた甲斐があった! が、毎年の事なのだが、この時期になると弓が冴えなくなる?という表現でいいのか? 普段なら矢が飛び出す…

  • 久しぶりの竹弓!

    せっかくのGWだが外出自粛ムードなので自宅の巻藁でガチ練習 しかし、直心ばかり引いていても面白くないので竹弓も引くことにした(勿論前日から張り込んである) 竹弓は計4張持っているが、どれも引き味が違っていて面白い! どの竹弓にしても直心よりも鋭い弓返りをしてくれる こりゃぁいいや、と、調子に乗って竹弓ばかり4張ローテで引いているとあっという間に40射程引いた やはり弓を引くなら竹弓が良いな!身体を使った引き方というのを弓が教えてくれる気がする! 普段の練習でも竹弓も織り交ぜて引くようにしよう

  • 最近の練習

    ついに私の地域でも弓道場が使用出来なくなった! 全国に緊急事態宣言が出ているし仕方がない 最近は専ら自宅の巻藁での練習だ 的前を引かないので、的中に囚われずに引くことができる 巻藁でのびのび引いて、自分の一番気持ちの良いところで引けるように射を調整し、的中は的前行った時に調整しよう まぁ今の感覚でいけば的前行っても調整は必要無いくらいの的中は出ると思うが… 今年の国体はどうなるのだろう 恐らくは中止又は延期になると思うが、今のところは正式な決定は無いらしい 正式に決まっていない以上は、選手としては在るものとして練習、調整を各自でしなければならない どちらにしても早く開催の可否を決めてもらいたい…

  • 弓矢の危険性

    またしてもTwitterで驚いた事 屋外で?公道で?河川敷で?素引きをしている、もしくはしようと考えている人がいた! 私のタイムラインに流れてきたのは2件 1人は家の前の道路でわざわざ道着袴に着替え、奥様に素引きの様子を撮ってもらっているようだ! そこそこの段位を授受している人の様だが、普通に考えて弓引き失格だ 矢を番えていないないから、他人に危害を加えるつもりは無いから と言い訳にしている様だが、例えば実弾の入っていない銃もしくはモデルガンを外で構えていたら通報される(弓矢は銃刀法に入っていないのでOKと言う人も居たようだが…) 要するに周りの人がどの様に捉えるのか、そこが問題だ 矢を番えて…

  • 段ボール巻藁?

    Twitterを見ていると、段ボール巻藁たる物を自作して使用している弓道人が沢山居る様で驚いている 私は段ボール巻藁は使用したことはないのだが、昔15㌔程の弓を使用していた頃に、厚手の漫画本(厚み4~5㌢位?)に向けて約2㍍の距離から放った事がある(勿論安全面に配慮して!) 私の記憶では約半分位まで矢が刺さった …何が言いたいかというと 所詮段ボールを巻いただけのものに矢を放つなんて恐ろしすぎるという事 最初の数本なら大丈夫なのかもしれないが、ある程度本数が増えるとすぐに貫通してしまうのでは無いか、弱い弓なら大丈夫かもしてないが、17~18㌔位の弓になると数本も持たないのでは無いか!? どう考…

  • 弓道界にもコロナウイルスの影響が

    弓道界にも新型コロナウイルスの影響が広がっているようだ 弓道場が使用できない地域や、部活が出来ない学生達は大変だろうと思う 京都大会も今年は中止になったらしい まぁ範士の先生方が集まる京都大会で集団感染でも起こったら範士や高齢の先生方がお亡くなりになる可能性が爆上がりだからそれを阻止する為には仕方がない事だろう 早く終息して普段の生活に戻れる事を祈るしかない 自分達に出来ること(手洗いうがい咳エチケット等)はしっかりとして感染拡大を防ぐしかないのだと思う

カテゴリー一覧
商用