searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

や・ま・みさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
自由文
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/rainbowcastle/
ブログ紹介文
色んな事がある度に、ノートに書いていた気持ちや、日常で感じることを表に出してみます
更新頻度(1年)

47回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2020/06/03

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、や・ま・みさんをフォローしませんか?

ハンドル名
や・ま・みさん
ブログタイトル
自由文
更新頻度
47回 / 365日(平均0.9回/週)
フォロー
自由文

や・ま・みさんの新着記事

1件〜30件

  • あなたの夢を見た バーが混んでて 案内された席があなたの隣 ベルベットの黒に近い紫色のスーツ 薄明かりのなか あなたほ光ってみえる。 あなたから話しかけてくる こんばんは~混んでますね 私もあなたもお

  • 無題

    一人手書きの書類 片付かない 集中できない。 いろんな事が頭をよぎって 過ぎ去って、また戻って 集中できない 前に手書きで書いたもの なんだったか… 考えるまでもない 今日は暖かい。 このまま、春にな

  • いらない

    最後の恋だったと今思う。 もう要らない。 誰も愛したくない。 平凡な毎日を努力したい。 誰のためにも、もう苦しまない 全身全霊想ってしまうから もう恋は、したくない。 新しい誰かに想ってもらわなくても

  • 日常

    消臭ビーズのぷるぷるとした ジェルであなたの声を思い出す。 色とりどり。 見つめていると思い出がよみがえって 一瞬、舞い戻りそうな心が切なくて 目をそらす。 今年は違う一年にすると決めたんだから。

  • 無題

    あなたに会えた人生を後悔したくない。 あなたの美しさに見とれた時間も あなたを愛した苦しみや甘さも あなたの強さや、わがままに 考えさせられた出来事も。 あなたと出会えて どこかが変わった私が生きてる

  • 紅白

    録画していた紅白を、見た。 あなたを想って泣いたよ。 ここにあなたはいない。 『どんなに切なくても明日は必ずくる ながい坂道のぼるのはあなた独りじゃない』 そうだね。 死ぬほど辛くても明日はくる。 来

  • 運命

    あなたを全力で好きだから。 死ぬほどつらい 一人では死ぬほど淋しいのも あなたと離れてるから そうゆう恋ばかりしてきたから 独りの私は激動で、 こんな未来とは知らなかった。 二人一緒だから。 ささいな

  • あなたの恋。

    さよならを言われてない。 理由もわからず なぜか遠くなる彼 急激に近づき、笑い甘え 色々話してくれた。 仕事の愚痴や、正直くだらない文句 可愛かった。 いつからか急に態度が変わった。 夜中に『そうなん

  • 無題

    ふりかえって 色んな感情をありがとう。 美しさに、どきどきしたり ただただ見とれたり 切なくて苦しかったり 時には憎しみも、涙も 少しずつ距離を置いて 恋愛そのものとも距離を置いて 少しだけ華がない生

  • ひまわり

    あなたの事ばかり考えていた私は 一度、想いをしまいます。 年の瀬らしく色々ふりかえって考えて もう少し自分の人生を見てみようと思って。 きっと時々あなたを想う。 考えない日はなかったから 考えない日は

  • 強さ

    あなたに比べてひ弱な私は あなたの強さが理解できない。 頑固さやわがままとは きっと違う。 立場やみてる世界が違うんだ。 理解できるかな? あなたをもっと知りたいし 理解したい、あなたにもっと近づきた

  • 歯を磨いてたら 血が出た。 歯科医院でこうゆう血は 要らない血と言われた事がある。 汚れているとかなんとか 要らない血なんてあるのか 日々無くてはならないと思って 生きていた血が 場面や事情が変われば

  • 相合傘

    雨の帰り道相合傘 私が濡れないように あなたの左肩はびしょ濡れ あなたはいつも大人みたいな傘で。 些細な毎日を1つも忘れたくないと 毎日毎日手帳に残しておいた。 大人になっても忘れたくない。 いつか読

  • 『 』

    あなたは世界で一番素敵だ。 美しく賢く強い。 私はあなたを一生忘れないけど。 これから先も、私には 忘れられない人はいない 覚えてる人がいるだけ。 にほんブログ村

  • 涙の鍵はあなたしか持ってない 泣くのはキライだし 泣き顔なんて見られたくない よほどの事がなければ泣かない あなたがこの世に居なければ もっと涙は減ったでしょうね あなたの声がかすれている時 とても悲

  • 一人の

    一人のクリスマス いつもと変わらない平日。 あなたもきっとそう。 『クリスチャンじゃないから』 そう言ってた。 私もクリスチャンではないけど。 毎年それなりに過ごしてました。 今年は普段通りの平日です

  • 勝手に。

    あなたの笑顔は素敵で悲しい。 本当はこんな所に居たくない? ただ黙っているだけなのに不機嫌そう そんなわけないのに勝手に思う。 いつも影を抱えてみえる。 美し過ぎるとそうなるのか。 目の奥で遠くを見る

  • これから

    会いたい 声が聞きたい 今行ってOKなら なにをおいても会いに、 ずっと前ならそうだった。 手を繋いでいられるのなら ずっとそばにいられるのなら 時々でもいい また、会えるのなら もうわからない 会いた

  • 変化

    変わってしまった事を 気付かないふりをしていた 本当はわかっていたけど、 知らなければ、笑っていられると思って 直視しないようにしていた。 何て言うのが正しいのか 声のかけ方がわからなくて。 今日突き

  • 今あるものが 愛なのかと聞かれたら わからない。 今の暮らしに、愛があるのか? と聞かれたら、ある。 でも、愛とは今あるそのものなのかと 聞かれたら、違うかも。 今ある暮らしは、 色々と混ざりあってい

  • 明日から

    懸命に前に進んできた 考えて考えて考えて 要らないものは捨て ムダ!とスムーズに その事だけを 考えて生きていた時間 今日ゲームをした。 タイミングを待って 距離をはかって 勝った。 わかった。 ムダ

  • すべて

    何もかもみせあえたら しあわせだろうか 心も体も? 知りたい、みたい と言われたら 私は彼のすべてをみたいか。 知りたいか… 知りたいと思った事だけを知りたい。 どんなに好きでも すべてでは、ないかも

  • 望み

    最近あなたを見たのは 夢の中だけ。 とても若かったり とても遠かったり 冷たい色の目 愛する人を見つめる目は どんなに暖かく どんなに美しいのでしょう どれ程優しく声をかけるのでしょう 愛する人の後ろ

  • 無題

    今日も夢にあなたがいた 一緒の空間に私もいた。 少し時代が古そうで あなたも、私も少し若かった。 私は嬉しそうに緊張していた。 あなたは、誰かと話していた 私は何かの一部だった どうも、夢の中で あな

  • 『 』

    素っ気ない受け答えに 胸が痛い あなたにとっては、きっと なんでもない事だろうけど 冷たくした気もないかな。 でも私は、胸が痛い 私の言った言葉が 終わる前に早口で 『そうだね』 黙れ!とでも言われた

  • やることも時間も たっぷりあるのに 出来ない 階段を登りながら もうあなたの事など 忘れてしまおうと思った。 なにもやる気がおきず テレビをつけておく CMの俳優を見て あなたに似てる…などと 結局あな

  • グラスの底の宝石みたいな 無数の炭酸の泡が キラキラして美しい。 グラスの底から離れて 浮かんでは消え 浮かんでは消え 大切にしているものが 1つ1つ逃げていくよう 忘れたくない事も 忘れてしまうよう

  • いつの日か

    ダメなものは ダメなんだろうか 何かのタイミングで 努力の方法を変えたら OKになることもありえるのだろうか だとしたら どのタイミングで諦めたら いいのでしょう? 今はもうダメだと感じる。 自分の気力

  • あなたが歌うその歌は 誰を想っているのですか? 私の歌はあなたに届いてますか? きこえたら こちらを向いてくれますか? 口説く時の歌なのですか? 今だけの心を歌うのですか? あなたの声に心を開かれて

  • 無題

    手のとどかない あなたの事を 日々想ってしまう。 少しでも近くに、そう思うけど。 コロナでそうもいかない。 何かの会でもあれば 見つめるくらいは叶うけど コロナでそれもなくなった。 なにをしてるのか

カテゴリー一覧
商用