searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

管理人 TOMOさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
解読 ☆ JRA競馬
ブログURL
https://blue.ap.teacup.com/kaidoku/
ブログ紹介文
JRA競馬オペレーションを解読、不定期に更新。
更新頻度(1年)

2回 / 148日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2020/05/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、管理人 TOMOさんの読者になりませんか?

ハンドル名
管理人 TOMOさん
ブログタイトル
解読 ☆ JRA競馬
更新頻度
2回 / 148日(平均0.1回/週)
読者になる
解読 ☆ JRA競馬

管理人 TOMOさんの新着記事

1件〜30件

  • 【Review】 日本ダービー

    無敗2冠馬、即位の儀。 それは、道中、コントレイルを先行しないサリオスからの フォーメーションで、そろりそろり、粛々と実行される。 ならば、その他、大勢16頭の各馬が 飛行機雲に…

  • 《続》 日本ダービー

    枠順確定前における、今年のダービー注目歴は 番組の重要性から札幌2歳S、京都2歳S歴だった。 そして、緊急事態宣言前後の流れ 大→(桜→皐→天→N→ヴ→オ)→ダ 緊急事態宣言前に…

  • 日本ダービー

    5/25、新型コロナの緊急事態宣言が全国全域で解除後 最初に実施されるG1競走・日本ダービー。 まるで、計ったかのようなのだが JRA競馬オペレーション解読の観点においては そう解釈し…

  • 28年目の真実

    春天を連覇し、天皇賞・春秋を連覇した キタサンブラック=武豊の始終・・・。 終わりのグランプリは、牝馬の激走をおまけとし 始まりの春天決着背景を オモテヅラ的に繰り返した事になる…

  • 因果の妙

    月日は、百代の過客にして・・・。早や、グランプリである。 1年の道程を経て、当ブログに帰巣するなど、まさにカッコウそのものだが、今グランプリが終幕となるキタサンマツリダブラック…

  • オペレーションの深淵

    春季を終え、番組は、夏季に入った。前週の安田記念は、モーリスが勝った前走の香港G1と頭数を揃えての施行。結果、モーリスが、香港G1で、背負ったゲート番を継いだロゴタイプが優勝…

  • 哀悼の意・天皇賞春

    今年の春天は、枠色が鯨幕による決着背景。JRA競馬のオペレーションとは、時世も配慮するのだ。それが、特に天皇盾を冠せられたG1競走ならば、尚更の事なのだろう。今年の春天は、所…

  • 神話の本質

    マイルCS以降のG1解読予想を4連勝で迎えたグランプリ。当管理人のキーホースは、トーセンレーヴだった。その前週、朝日杯FS解読予想の最後に、これまでの流れから、トーセンが、グ…

  • Where & When

    2年目となった、グランプリ公開抽選は、昨年に続き今年も摩訶不思議だった。何処が、どうだとかは、野暮であり、言わないが、彼らにとって、大切なのは、無論、結果ではなく、過程である…

  • 怠惰なオペレーション

    前週、エリザベス女王杯。実につまらない決着背景である。オペレーションの妙などではなく、短絡的としか言いようがないだろう。だからこそ、6枠が勝つなら、相手は、1番人気だったりす…

カテゴリー一覧
商用