searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

orion12さんのプロフィール

住所
岡山県
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
『クリアー整体ヒーリング』です
ブログURL
https://orion12.hatenablog.com/
ブログ紹介文
クリアー整体ヒーリングという名のヒーリングを行っおります。
更新頻度(1年)

161回 / 133日(平均8.5回/週)

ブログ村参加:2020/05/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、orion12さんの読者になりませんか?

ハンドル名
orion12さん
ブログタイトル
『クリアー整体ヒーリング』です
更新頻度
161回 / 133日(平均8.5回/週)
読者になる
『クリアー整体ヒーリング』です

orion12さんの新着記事

1件〜30件

  • 物の怪の龍と先入観の罠

    この世界では膨大な数の思念が一カ所に集まり凝縮することによって新たな別のエネルギー体を生み出すということが実際にあり得るのです。 例えば強烈な怨みのエネルギーがたくさん結び付けば『怨みの精霊』のような新たなエネルギー体に生まれ変わります。 あたかもポイントカードにポイントがMAXに貯まって何か新しい賞品に変わるように… 私はそれを『物の怪』と呼んでいます。 まあ、一般的な言葉で言えば自然霊というのが一番近いのかも知れません。 物の怪のひとつに龍がいます。 龍を一言で表すならそれは『支配』です。 具体的には「(自分の意見を)押し通したい」「(全ての者を) 服従させたい」「(全ての上に) 君臨した…

  • 『根性論』の最終形は付いて来れない者の『切り捨て』

    このブログではこれまでにスピリチュアルな『根性論』というものについて繰り返し書いてきました。 ここでいう『根性論』とは「気力が充実さえしていればよっぽどのことがない限り世の中大抵のことは精神力で乗り切れるのだ〜! 」みたいな考え方のことです。 この根性論の仲間に「問題ってのはみ〜んな自分で作ってるだけなんだよ!」的な『全ては気持ちの持ちよう論』があります。 これはいつでも「敵は我にあり!」っていう考え方が先走ってる感じです。 「自分さえしっかりコントロール出来れば何でも解決するのだ!」という前提が最初にあるのです。 「心頭滅却すれば火もまた涼し」って感じでしょうか? まあ、私の言葉でいうと所謂…

  • 波動のレベルとコダワリと『ストレス』

    波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ~ンと重くてジトッと暗いのです。 別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。 波動のレベルを上げたければ現在の自分より波動のレベルが高いと感じられる人・物・場所を日頃からコツコツ選んで親しむように心掛けるといいです。 波動のレベルの高いモノを見極めるためのコツは、出来るだけ心をクリアーにして己が『直感』を大切にすることです。 具体的には、フワッと軽くてスカッと明るく感じるモノや人に親しみ、ドヨヨ~ンと重くてジトッと暗く感じる場所や出来事を出来るだけ避け…

  • ブレる心と『バランスを取ること』の大切さ

    この世とはある意味マヤカシだらけの世界です。 マヤカシだらけの世界とは裏返して見れば『もっともらしさ』を競う場です。 誰だってその『もっともらしさ』に眼がくらむ可能性を何時も秘めています。 マヤカシにヤラレずに済む保証は何処にもありません。 というか一寸たりともマヤカシにヤラレない人間なんてこの世の何処にもいないのです。 そんな海千山千のこの世で、出来るだけマヤカシにヤラレずに生きるための一番簡単な方法をお教えしましょう! それは「知らないことは知らない」って言える『素直さ』をずっと忘れないことだと思います。 ず〜っとです! それって結構難しいことなのです。 『思い込み』やら『プライド』やら、…

  • 黒い龍と台風

    ライブドアブログからはてなブログに引っ越しましたが、すべての記事をそっくりそのままこちらへ移す予定はありません。 向こうでは10年あまり、ほとんど毎日更新して来ましたしねぇ、古い記事は朽ち果ててもいいかなって気がするのです。 また今は昔よりは色々と分かってきた部分もありますしね… とはいえ全部消えてなくなるのも惜しい気がします。 復刻版と言いますか、古い記事の一部は手直しなどして、ぼちぼちとこちらへ上げてみたいなと考えております↓ 例によって例のごとく独断と妄想のお話です。 話半分でご覧くだされば幸いですm(_ _)m 台風18号が西から近付いてきた5日、当地は夕方にかけて影響が強くなる見込み…

  • 「穢れを嫌いすぎると穢れに呑み込まれる」って話 (その3)

    優生学は、応用科学に分類される学問の一種で、一般に「生物の遺伝構造を改良する事で人類の進歩を促そうとする科学的社会改良運動」と定義される とにかく健康で長生きすることを絶対的な価値とする思想の行き着く果ては優生学的な思想だと思います。 ここでいう優生学的な思想というのは「人工的な手段を以って人間という存在を、物理的により『完全』な状態に近付けようとする考え方全般」のこととします。 そして、優生学的な思想に行き着くっていうのは、やがて「人工淘汰による人間の切り上げ・切り捨てを良しとするようになる」という『意味』です。 健康で長生きする状態を『絶対的な価値』となし、不健康や病気を穢れとして忌み嫌う…

  • 『想像力』と『人間らしさ』の深〜い関係

    このブログでは何度も想像力の大切さについて述べてきました。 想像力を失うことの恐ろしさについてね… 人間というのは本質的に無知な生き物です。 人間ごときが何でも分かるわけがないのですから当たり前です。 でも、知らない部分は何かで補わなきゃなりません。その何かとは簡単にいえば想像力です。 ここでいう想像力とは知らないなら知らないなりに一生懸命察したり慮ったりしようとする心の働きのことです。 先ず自分の無知を皮膚感覚で知ることが想像力を養う第一歩です。 逆に知ったつもりになればなるほど想像力を失っていきます。 想像力とは自分の無知を知ることから始まるからです。 先ほども申し上げたように想像力とは一…

  • 所謂『スピリチュアルグッズ』と「盛者必衰」の話

    森羅万象すべてのモノには波動があります。 波動があるというのはずっと動き続けているということです。 逆にいえばずっと動き続けることで活性を保っています。マグロなどの回遊魚が速く泳ぐことで新鮮な空気を取り込むようにね。 ただ、ずっと動き続ければ否応なく劣化します。 生き物でいえばそれは老化するということです。 当然ながら生き物には限りがあります。 生まれたものには遅かれ早かれ必ず死がやって来るのです。 死が逃れられないものなら劣化することからも逃れられないということです。 そして、大抵のことは長い時間が過ぎるほど劣化しやすくなるものです。 まあ、何にしろ動くことによって始めてエネルギーが生まれま…

  • 「無駄なく過ごすと後悔なく人生を送れる」とかいう話

    無駄を省くってことはそりゃ悪いことじゃないでしょう。 ただ、何が無駄で何が無駄じゃないかってことを長期的に捉えるのは人間にとって相当な難題であると言えます。 俯瞰的に眼で見れば見るほど「そもそも無駄って何?」っていう出発点からして曖昧模糊としたモノにならざるを得ませんからねぇ。 無駄だと思ってたモノが無駄ではなくなったり、有効だと思ってたモノが時代遅れの過去の遺産になったりってことはよくあることです。 人間万事塞翁が馬って故事があります。 幸は不幸となり、不幸はまた幸となり変転止まるところを知らないって諺です。 その変転が結局どういう結末を迎えるかは誰にも分からないのです。 効率主義は短期的に…

  • 心の固定化とゆらゆらと生きていく『人の道』

    形態はそれぞれ違いますが、生き物というのは絶えず動いています。 逆にいえば生きている限り動き続けるしかないのです。 不変不動っていう選択肢は何処にもありません。 っていうかこの世界ではそれは「死んでる」って意味になります。 そんなこんなで 人間という生き物もあっちへフラフラこっちへフラフラ動きながら生きていくしかないのです。 心や身体を動かし続けなければ生きる推進力を得られませんので。 だから、人間は生きている限り試行錯誤を繰り返し、その度にバランスを取り続けるしか道はありません。 その「バランスを取る」というところから外れると遅かれ早かれ心は迷います。 揺れ動く『現実』から、固定化された『自…

  • 宗教的な風俗習慣と生前の刷り込みの関係

    ライブドアブログからはてなブログに引っ越しましたが、すべての記事をそっくりそのままこちらへ移す予定はありません。 向こうでは10年あまり、ほとんど毎日更新して来ましたしねぇ、古い記事は朽ち果ててもいいかなって気がするのです。 とはいえ全部消えてなくなるのも惜しい気がします。 復刻版と言いますか、古い記事の一部は手直しなどして、ぼちぼちとこちらへ上げてみたいなと考えております↓ 以下はちょうど3年前の記事です。 「お盆だのお彼岸だのという世間一般で広く行われている宗教的な『風俗習慣』っていうのは結局生きてる人間の都合によって決められてきたものだ」ってことをこれまで繰り返し書いてきました。 実際時…

  • 所謂ひとつの『ドヤ顔素人さん』にならない方がいい理由

    で、最近スピリチュアルな世界では『神道系スピリチュアリスト』みたいな感じの人をちらほらとお見かけします。 『神道系スピリチュアリスト』というのは、あくまで私が個人的に使ってる言葉なんですがね… ここでいう『神道系スピリチュアリスト』というのは、神職でもなく神道学者でもないけど、自称『霊能力』があって、所謂一つの『日本の神さま』たちと意思の疎通が直接出来るみたいなことをご本人がおっしゃているタイプの人たちのことです。 特徴としては「宗教的権威や学問的知識なんてナンボなもんじゃい!」という反骨心旺盛なこところが挙げられます。 それで、その中の少なからぬ人々が「我こそは〇〇神と正しく交流している者な…

  • 所謂『霊能力』とパワーストーン

    スピリチュアルな人々の多くがお好きなモノに所謂『パワーストーン』ってのがあります。 所謂『パワーストーン』ってのに価値を見出すのは「特定の鉱物には他の物質にはない特別で強力な眼に見えないチカラが宿っているに違いない」という考え方が根底にあるからでしょう。 ただ、生物と無生物ではエネルギーの強さも量も全然違うのです。 無生物のエネルギーは生物のエネルギーに比べて圧倒的に微弱です。 良いとか悪いとか以前にエネルギーの強さが圧倒的に違うのです。 例えば人間の想念エネルギーの値を仮に100とした場合所謂パワーストーンと呼ばれる鉱物の値は1.0~2.0くらいです。 生き物と生き物でない物の『エネルギーの…

  • 「サトリ系はこじらせない方がいい」って話

    古今東西全ての人間が自分の見たいものを見たいように見てきました。 「見たいものを見たいように見ている」とは「その人の見ている所謂『現実』というのが、実は潜在意識やら先入観やらによって恣意的に集められた出来事の集積に過ぎない」ということです。 その人好みに取捨選択されずコーディネートもされない純粋に客観的な『事実』など何処にも存在しないのです。 別の言い方をすれば「自分が見たいものと見たくないものを無意識に自動で選別する心の装置を全人類が標準装備している」ということです。 つまり、人間というフィルターを通してる限り「丸ごと全部ありのままに世界が見えるわけはない」ってことなのです。 以上を一言でい…

  • 非常時に露わになる『想像力』の大切さ

    人間というのは本質的に無知な生き物です。 人間ごときが何でも分かるわけがないのですから当たり前です。 でも、知らない部分は何かで補わなきゃなりません。 その何かとは簡単にいえば想像力です。 ここでいう想像力とは知らないなら知らないなりに一生懸命察したり慮ったりしようとする心の働きのことです。 先ず自分の無知を皮膚感覚で知ることが想像力を養う第一歩です。 逆に知ったつもりになればなるほど想像力を失っていきます。 想像力とは自分の無知を知ることから始まるからです。 先ほども申し上げたように想像力とは一生懸命察したり慮ったりしようとする心の働きのことです。 その働きが鈍くなると感情や感覚が鈍感になり…

  • 善も悪も有為転変する

    100人の人間がいれば100通りの「正しい!」が存在します。 誰しも自分の思考を通して「正しい!」を認識するからです。 すなわち純粋に客観的な「正しい!」なんて何処にも存在し得ないのです。 少なくともこの人間世界においてはね… 結局『自分』というフィルターを通さない「正しい!」なんて何処にも存在しないのです。 そして、その『自分』っていうのは様々な外的な要因によって移り変わるものであるということです。 つまり、「正しい!」なんて幾ら言ったところで、それはどうしようもなく相対的なモノなのです。 そんな相対的なものを絶対的なものと勘違いすれば人はあっという間に傲慢になります。 そして、その傲慢を『…

  • 「ありのまま」っていう所謂一つの『エデンの園』

    世の中には「ありのままの自分」みたいな言葉を好んでお使いになる方々がいらっしゃいます。 「ありのままの自分を認めましょう! そうすれば心はまるっと解放されるのです\(^-^)/」みたいな感じでね。 でも、『ありのままの自分』の自分ってのが何なのか私には分かりません。 どんな人の心もブリリアントカットのダイヤモンドのように様々な側面があり、それぞれの側面が時には合し、時には離れて複雑な心模様を見せるモノだと思いますので。 そのすべてがその人自身の心ではないかと思うのですがねぇ… ていうか『ありのままの自分』について誰もが納得いくような説明されている人を寡聞にして存じ上げません。 ただ、実体のない…

  • やがて来る『世界人口』の減少と人類の『終活』

    万が一人類が止めどなく進歩出来るのだとしても、地球のキャパシティ自体には限度があるわけで… 大切なことなのでもう一度言いますが、地球のキャパシティには限度があるのです。 2019年6月に国連が発表した、2100年までの世界人口の予測です。(中略) 最も起こりそうなケースを想定した「中位推計値」で、2050年に97億人、2100年には110億人という数字でした。また、この110億人をピークとして、人口増加は頭打ちになる可能性があるとのことです。 「人口増加が頭打ちになる」ってのは、単純に考えて「もうそれ以上地球は人間を養えません」ってことです。 地球の容量に対して人間の適正数が遥かにオーバーして…

  • 曼珠沙華のちょっと不思議な話

    ライブドアブログからはてなブログに引っ越しましたが、すべての記事をそっくりそのままこちらへ移す予定はありません。 向こうでは10年あまり、ほとんど毎日更新して来ましたしねぇ、古い記事は朽ち果ててもいいかなって気がするのです。 また今は昔よりは色々と分かってきた部分もありますしね… とはいえ全部消えてなくなるのも惜しい気がします。 復刻版と言いますか、古い記事の一部は手直しなどして、ぼちぼちとこちらへ上げてみたいなと考えております↓ 例によって例のごとく独断と妄想のお話をさせていただきます。 お彼岸の季節になりました。 先日街中を散歩しておりますと、ふと真っ赤な曼珠沙華に目が引きつけられたのです…

  • 『宇宙人神話』と除霊

    所謂一つの『宇宙人神話』って個人的に呼んでるモノがあります。 ここでいう『宇宙人神話』というのは「遠い宇宙の果てからやってきた知性体が高度な技能によって地球を生物の住めるような星に改造し、人類という存在をテクニカルに作りだしたのだ!」という風なお話のことです。 20世紀の後半、宇宙人絡みの話ってのは「物理的に存在する先進的な宇宙人が、UFOに乗って地球にやって来ている」程度の話が主流だったように思います。 例えば「宇宙船に連れ込まれて発信機みたいなものを埋め込まれた」とか「ミステリーサークルが一夜にして出来てた」とか五感に訴えるというか奇妙な現実感のある話が多かったですしね。 ただ、今の所謂『…

  • 荒々しい言葉と霊能者

    波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ~ンと重くてジトッと暗いのです。 別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。 波動的に人を見る場合その人の『荒々しさ』を主に観ることが多いです。 経験上それが一番波動のレベルが現れやすい部分だと感じているからです。 最近複数のブログで「(悪霊を)消し去る」というようなことが書かれているのを何度か拝見いたしました。 全然別々の霊能者みたいな方々の書かれていた言葉です。 正直「非常に荒々しいな」と感じました。 「霊的に存在そのものを消し去る」なんてことがそ…

  • 操れる系は因果応報も操作出来ると思っている

    「この世の可成りの部分はテクニカルに操れるんじゃないか」と考えてる人が世の中には結構いらっしゃる気がします。 そういう人々の心の奥底には「やり方さえ間違わなければ人間なんて簡単に操作出来る! チョロいもんだ!」っていう想いがあるのでしょう。 その手のメンタリティを持つ人をごく個人的に『操れる系の人』と呼んでいます。 『操れる系』の思考をされる方は「心の全てを今現在の自分の顕在意識でコントロール出来るはずだ」と無邪気に信じてるような気がします。 だからこそ意識の深奥にたどり着けば運命さえ変えられるなんてことを本気で考えてしまうのでしょう。 『操れる系の人』の人たちが考えてるほど「運命って薄っぺら…

  • スピリチュアルなブログに仕込まれたエネルギーの話

    7〜8年前でしょうか、たまに「この記事に添付した図形に良いエネルギーを込めておりますのでクリックしてお試しください」みたいなことが書かれているスピリチュアルなブログとかがありました。 当時の流行りだったみたいです。 こちらもそういうことには色々と興味もございましたので、見つければ積極果敢に挑戦してみたわけです。 クリックし放題なのでございます。 大抵は押すとブログランキングみたいなのに繋がるクリックですけどね… で、結果を言えば連戦連敗です。 エネルギー的なモノがそこに何にも入ってないのならまだいいのですが、多くの場合結構エゲツないエネルギーが入っていたりします。 ここでは「多くの場合」って言…

  •  「理はあるけど情がない」人には出来るだけ近付かない方がいい

    例によって例の如く独断と偏見のお話をさせていただきますm(_ _)m 世の中には知識をたくさん持っているという人がいます。 確かに知らないより知ってた方が良いことは多いだろうとは思います。 ただ、知識量ばかりを追い求めていくと落とし穴にハマることがあります。心の暗黒面に通じる落とし穴です。 その落とし穴は「自分は何でもよく知っているぜ!」という驕りが作り出すブラックホールのようなものです。 言い換えればそれは 「理はあるけど情がない」状態になっていくということです。 そうなってしまったなら「私の言ってる事は(論理的に)正しいでしょう?! それの何が悪いの?」 という感覚になります。 いわば(理…

  • 正義や常識は所謂一つの『流行り』である

    世間の常識ってヤツはいとも簡単に変わるものです。 昔はごく普通だったことが今の感覚だと「そんなのあり得ない!」なんて風になってることは少なからずあります。 例えばタバコに関してです。 1980年前半くらいまではサラリーマンの多くは会社の自分のデスクで当たり前にタバコを吸ってたと思います。 少なくとも事務所の禁煙は主流ではなかった気がします。 これは会社だけではなく、社会通念として「タバコを吸ってはいけない」というのは長らくなかったんじゃないでしょうか? 今ならタバコを吸うことに対しては社会的に非常にネガティブなイメージがありますが、当時は大人の男がタバコを吸ってるのは普通でした。 善い悪いでは…

  • 波動的に見た台風の話

    ライブドアブログからはてなブログに引っ越しましたが、すべての記事をそっくりそのままこちらへ移す予定はありません。 向こうでは10年あまり、ほとんど毎日更新して来ましたしねぇ、古い記事は朽ち果ててもいいかなって気がするのです。 また今は昔よりは色々と分かってきた部分もありますしね… とはいえ全部消えてなくなるのも惜しい気がします。 復刻版と言いますか、古い記事の一部は手直しなどして、ぼちぼちとこちらへ上げてみたいなと考えております↓ 波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨンと重くてジトッと暗いのです。 別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで…

  • 波動的な『曰く因縁』と行きずりのエネルギー

    ライブドアブログからはてなブログに引っ越しましたが、すべての記事をそっくりそのままこちらへ移す予定はありません。 向こうでは10年あまり、ほとんど毎日更新して来ましたしねぇ、古い記事は朽ち果ててもいいかなって気がするのです。 また今は昔よりは色々と分かってきた部分もありますしね… とはいえ全部消えてなくなるのも惜しい気がします。 復刻版と言いますか、古い記事の一部は手直しなどして、ぼちぼちとこちらへ上げてみたいなと考えております↓ ヒーリングなどしておりますとヒーリングを受ける方に様々な波動エネルギーが付いていて痛み等の原因になっている状況に遭遇することは日常茶飯事です。 そういうことについて…

  • 人が所謂『サトリ』とやらを目指しちゃいけない理由

    完璧な叡智なんてモノは人の世にはありません。 「思いつく→実験する→多分そうだろうな」って感じで物事を知る以外人間には手はないのだろうと思います。 過去も現在も未来もね! そうやって少しずつ少しずつ進んでいくってのが所謂進歩ってモノだろうと感じるのです。 「進歩っていうのはあっちへぶつかりこっちで躓きながら、その結果として何かを掴むことで初めて成り立つものだ」ということです。 たまたまでは無く必然としてね。 そもそも人間生まれた時はみんな赤ん坊で、あっちへ頭をゴチンとやり、こっちでドタンとコケながら大きくなっていくものです。 大怪我しない程度にそういうのがなけりゃキチンと歩けるようにはなりませ…

  • 所謂一つの『霊能力』を持ってるかどうかの目安

    ヒーリングなどしておりますと様々な不思議と遭遇します。 そういうことに遭遇しても「まぁ、そんなこともあるかもな」くらいに思うようにしています。 その「そんなこと」ってのは、時に相当ぶっ飛んだ事柄であったりもします。 相手がガチガチの唯物論の人だったりしたら、少し話しただけで「あんた頭大丈夫か?」と誇大妄想を疑われそうな内容です。 その内容については、このブログの不思議カテゴリーとか読んでいただければ幸いです。 このブログのタイトルの下の不思議っていうのをポチッとしてくださればご覧いただけますm(_ _)m まぁ、何処までが自然に起こったことで何処までが超自然的なナニカなのか分かりません。 誰で…

  • モノの劣化と所謂一つの『パワーストーン』

    スピリチュアルな人々の多くがお好きなモノに所謂『パワーストーン』ってのがあります。 所謂『パワーストーン』ってのに価値を見出すのは「特定の鉱物には他の物質にはない特別で強力な眼に見えないチカラが宿っているに違いない」という考え方が根底にあるからでしょう。 ただ、生物と無生物ではエネルギーの強さも量も全然違うのです。 無生物のエネルギーは生物のエネルギーに比べて圧倒的に微弱です。 良いとか悪いとか以前にエネルギーの強さが圧倒的に違うのです。 例えば人間の想念エネルギーの値を仮に100とした場合所謂パワーストーンと呼ばれる鉱物の値は1.0~2.0くらいです。 生き物と生き物でない物の『エネルギーの…

カテゴリー一覧
商用
読者になる