searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

kikiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
KIKI BLOG
ブログURL
https://kiki.moda
ブログ紹介文
手作り服の紹介や日々の生活で気になったことの屑籠。服を作ってみようかなと思える記事を心がけて書いています。
更新頻度(1年)

34回 / 47日(平均5.1回/週)

ブログ村参加:2020/05/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、kikiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
kikiさん
ブログタイトル
KIKI BLOG
更新頻度
34回 / 47日(平均5.1回/週)
読者になる
KIKI BLOG

kikiさんの新着記事

1件〜30件

  • 眉毛のあるサングラス。【l.a.Eyeworks】

    いくつかサングラスを持ってるけど、その中でもお気に入りが「眉毛のある」フレーム、l.a.Eyeworksの「MOLLY MILLION」というモデルです。友達と会ったりしても、意外とこのデザインは気づかれない。派手じゃないけど、普通でもない。

  • 【№11】使い捨てさせないマスク。

    今回は2020年を代表する(ファッション)アイテムであるマスクが主役です。コロナ禍が多少であっても鎮静化した今、私を守ってくれたマスクへの恩返しとしてゴージャスな彩りを添えてみました。「使い捨て」、その響きの持つ虚しさに向けて私なりのレクイエム。

  • カスタマイズ性の高いギャラリー「Unite Gallery」。

    グーテンベルクに標準で備わっているギャラリーは悪くはないんだけど、作品を表示するには正直言ってイマイチ。そこで活躍するのが今回紹介する「Unite Gallery」です。カスタマイズの自由度が高く、作品にあったギャラリーを自在に作れます。

  • ワードプレスには必ず画像を圧縮してアップロードしよう。

    ワードプレスでサイトを運営することで最も気をつけなければならないことの1つはサイトスピードだと思います。それを決定づける大きな要素が画像サイズです。様々な方法がありますがこの記事ではできるだけ画質を落とさずに圧縮する方法について解説しました。

  • 履くほどに味が出る、マルジェラの「ペイントジャーマントレーナー」。

    今回紹介していくのは私が初めて買ったマルジェラの商品である「ジャーマントレーナー」についてです。私が高校3年生のときに買ったので8年間履いてきたことになります。なぜそこまで大切にしてきたのか、それには2つの理由が。ディテールについても解説。

  • Adobe Stockを「無料」で使ってみた感想。【解約まで】

    高品質かつ他のAdobe製品との互換性があって使い勝手が良いAdobe Stockを使わないのはもったいないです。実際に使ってみての感想や意外と気づきにくい落とし穴についてまとめました。画像にこだわるだけでブログの世界観を統一してくれます。

  • 【製作日記2.8】袖をつけて完成。【№10】

    袖付けは何度やっても難しい作業の一つです。立体に立体を縫い付けるわけなので、難しいのは当然ですが、私はシンプルに考えています。その他にもスレキを用いた袖口芯の付け方や癖とり、中とじについてまとめました。これで長かった製作日記2は終わりです。

  • 【ブログの軌跡】ブログを始めて1ヶ月経ったので振り返り。

    当ブログを開設し1ヶ月が経過しました。体感的にはあっという間。気が乗らない日もあったけど、それをブログに持ち込んじゃいかんと思って気合でほぼ毎日更新することができました。アナリティクスを使ったアクセス解析のほか、検索結果やブログランキングの成果も。

  • 【製作日記2.7】着心地のカギを握る「肩入れ」。【№10】

    今回はジャケットの着心地を左右する肩入れと衿の処理に関する日記です。肩パッドと衿がないので、通常のテーラードジャケットと比べて工程が少ないです。作業自体は楽ですが、ちょっと寂しい気もしました。これでようやく胴体部分が完成。次回で最終回となります。

  • 【制作日記2.6】大切な裏地のゆとりについて。【№10】

    今回は裏地の処理についての日記です。地味な作業ですが、表地との馴染ませ方次第では着にくい服になってしまうので注意深く進めていきます。通常、工場などで生産される服は縫い代が予め決められていますが、本格的な方法だと縫い合わせる前に縫い代を調整します。

  • ネジのないミニマルな眼鏡「MYKITAのMINTTU」。

    MYKITAの「MINTTU」という眼鏡を購入したのでレビューしました。一筆書きに見えるフレームや0.3mmのシートメタル、ネジを不要にした渦巻きヒンジなど高度な技術が詰まっています。また、進化型ブルーライトカットレンズについても触れています。

  • 【製作日記2.5】語らない背中を目指して。【№10】

    今回はサイドベンツの処理をして、脇を縫い合わせるところまでの記事です。後ろ身頃は通常であれば2枚の生地を縫い合わせますが、今回は1枚(ワンピース)でとっています。そして、カメレオンのように後ろ身頃に擬態したサイドベンツとコインポケットがミソ。

  • 【製作日記2.4】ジャケットの出来を左右する芯据え。【№10】

    ジャケットの骨となる台芯。その据え方次第では芯の立体感を台無しにする可能性もあるので非常に神経を使う作業です。表地にフロントダーツが入っていませんが、芯地には入っているので当然2つの生地は合いません。生地の布目を気にしながら慎重に止めつけます。

  • ワードプレスにダークモードを実装する手順のメモ。

    最近ではダークモードへの切り替え機能が標準装備になりつつありますね。しかし、企業サイトや個人ブログでダークモードを採用しているところは非常に少ないです。今回の記事では、実装の手順とワンタッチで切り替えられるボタンの設置方法を解説します。

  • 【製作日記2.3】機械では作れない「もみ玉縁」ポケット作り。【№10】

    誰の目からも触れられることのない寂しい存在、内ポケット。今回は何度かこのブログでも登場しているもみ玉縁という種類のポケットを作っていきます。機械ではできないのと、手作業でやるにしても手間がかかるので市販の服には99.9%見られないものです。

  • ワードプレスをnote風にカスタマイズする方法。

    今回はnoteのデザインを踏襲したワードプレスのカスタマイズ方法についてのまとめです。noteと出会ったときに感じた良い意味での違和感を文字に起こしてみると色々な発見がありました。引っかかるところがあればそれを分析してみることが重要だと実感。

  • ワードプレスにいいね!ボタンを実装する簡単な方法。

    ワードプレスにいいね!ボタンを実装する方法をまとめました。今回使用したプラグインは「WP Ulike」です。CSSを使ったカスタマイズの仕方についても載せています。使い方次第ではモチベーションを高める以外の効果も期待できるのでおすすめです。

  • 【製作日記2.2】2面構成ジャケットのサイドダーツ。【№10】

    今回のジャケットは2面構成(前身頃と後ろ身頃)1ダーツです。これはよく注文服に見られる仕様でして、昔のジャケットもこの形が多かったと記憶しています。切り替え線の少ないほうが生地本来の風合いや動きを再現できるのではないかと考えています。

  • 【製作日記2.1】ジャケットの土台となる前芯作り。【№10】

    ジャケット作りで重要な毛芯を利用した前芯作りについてまとめました。イタリア製の毛芯とバス毛芯を使用した本格的な仕様。ダーツの取り方など自分なりに考えた結果の構成です。ハ刺しをしてアイロンをかけると、胸を包み込む立体的な台芯が完成しました。

  • 【製作日記2.0】ジャケットの表地、裏地、芯地の裁断。【№10】

    普段は見れないジャケットの内部について解説していくので、服を作っている人やそうでない人にも楽しんで頂けたら嬉しいです。私自身は独自の理論を持って服作りをしているので、おかしいと思う箇所があるかもしれません。まずは生地の裁断を行いました。

  • 【№10² 】ミニマルなストライプスーツ(スラックス編)。

    今回製作したのは無駄な装飾を削ぎ落とした非常にシンプルなスラックス。前回もそんなテーマでスラックスを作りましたが、改良点は、前立てに角度をつけて腰に巻きつくようにした点、脚部の捻れを強くしてより3Dにした点、パンチェリーナを追加、です。

  • 【№10】ミニマルなストライプスーツ(ジャケット編)。

    今回製作したジャケットはミニマリズムを追求した一品となっています。ディテールを減らしてみて分かったことですが、ミニマルな服はデコラティブな服と同等か又はそれ以上に服自体の存在感が増すということです。技法は伝統的な毛芯仕立てを踏襲しております。

  • 【製作日記1.1】オーダーメイドパーカーの裁断から完成まで。

    前回は材料の調達から裁断までをまとめましたが、今回は縫製が終わって納品まで完了したのでそれらの反省を含めて振り返っていきたいと思います。縫製はイメージを形にしていく一種のパズルのようで楽しいです。大体完成までに10時間ぐらいかかりました。

  • 【製作日記1.0】オーダーメイドパーカーの裁断まで。

    オーダーメイドのご依頼をいただきパーカーを製作しています。スーツやドレスのオーダーメイドに関して耳にすることは多いですが、オーダーメイドのパーカーはあまり聞きなれないかもしれません。忘備録的として作業中のメモなどを改めて書き留めていきます。

  • 【№9² 】ミニマルなブラックスーツ(スラックス編)。

    ウエストベルト、サイドシーム、ヒップポケット、前明きのボタン(ジッパー)、膝裏のないスラックス。ありふれたものは容赦なく排除し、そこまで必要ではないディテールを加えるという暴挙。しかし、でき上がったスラックスは今までにないバランスを持っていました。

  • 【№9】ミニマルなブラックスーツ(ジャケット編)。

    ミニマルとマキシマムが共存したジャケット。イギリスのマーティンソン社製、ウール100%の生地を贅沢に使用しました。できるだけ剥ぎ目を少なく、1枚で取るパターン。また、毛芯とバス芯で1から台芯を仕立て、肩パッドも自作しています。服は引き算を体現。

  • 【№8²】オーソドックスなダークスーツ(スラックス編)。

    前回紹介したジャケットと同じテーマで製作しています。ノータックで細めのシルエットです。腰回りにはダック芯を使うことで安定感を持たせています。また、隠れたチケットポケットなどのギミックもあります。私の服では珍しくビジネスでも着れるタイプの服です。

  • 【№8】オーソドックスなダークスーツ(ジャケット編)。

    オーソドックスなダークスーツを製作しました。今回紹介するのはジャケットです。普段は服の基本をリノベートすることで自身のデザインへと昇華させますが、今回はその前の段階でデザインを考えました。デザイン以前に仕立ての良さを感じていただける服を目指して。

  • 【ブログの軌跡】10日目までの振り返り。

    ブログを始めて10日が経過したので振り返りも含めて記事にしました。アナリティクスを分析して見えてきたことやアクセスを増やすためにした3つのこと、次回までにやるべきことをまとめています。これからブログを始める方の参考になれば嬉しいです。

  • 【№7】スペインラムのダブルライダースジャケット。

    最高級のスペインラムを使用したライダースジャケット。素材代だけで10万円ほどしました。一見するとシンプルなデザインですが、合計で10個のポケットがあります。「デニムよりもスラックスに合うライダース」をテーマに製作、ライダースっぽさを消しました。

カテゴリー一覧
商用