searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

おっさんずさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
旅するスイフトスポーツ
ブログURL
https://info.ossanzu.com/
ブログ紹介文
スイフトスポーツのある暮らしとひとり旅を愉しむブログです😘 ・スイフトスポーツが好き ・コンパクトスポーツが好き ・温泉が大好き ・ひとり旅がしたい ・車中泊がしたい ・峠道を走りたい
更新頻度(1年)

7回 / 199日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2020/05/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、おっさんずさんの読者になりませんか?

ハンドル名
おっさんずさん
ブログタイトル
旅するスイフトスポーツ
更新頻度
7回 / 199日(平均0.2回/週)
読者になる
旅するスイフトスポーツ

おっさんずさんの新着記事

1件〜30件

  • 45歳からでもモテる【賞味期限切れのおじさんが復活する方法】

    男の賞味期限は、40歳から45歳の間に訪れます。 普通の男性は、その年齢に差し掛かると男としての旨味が急に無くなります。 ・体力や気力の衰え ・加齢臭問題 ・性的衝動の低下 ・金銭問題 結婚相手として女性から選ばれるギリギリのタイムリミットが、45歳いう事です。 ちなみに消費期限は、ナニがどうにもならなくなった時です。(笑) // 40歳を越えたら近づく男の賞味期限 45歳という賞味期限 45歳からの賞味期限偽装 女性が求めているのは「条件」ではない おまけ:消費期限を越えたら・・・ あとがき // 40歳を越えたら近づく男の賞味期限 既婚・未婚を問わず、そこそこ女性にモテていた人たちも、「4…

  • 2度の婚姻生活の破綻から学んだ【40歳ぼっちの覚悟】

    人は別れを決断しても、孤独になることを恐れて躊躇するものです。 「この人と別れたら一生独りかも」 「もう年齢的に次の出会いが無さそう」 「また1から付き合っていくのが面倒くさい」 ぼっちが不安で怖くて、自分を犠牲にしても婚姻生活を持続させようとします。 【ぼっちの不安】と【自己犠牲】を天秤に掛けて、離婚を決意する人もいるでしょうが、8割以上のカップルは【ぼっちの不安】を選びません。愛は枯れ、破綻していてもです! そう考えると「ぼっちが大丈夫な人」と、「ぼっちがダメな人」が世の中にはいるようです。今回は、その違いについてお話したいと思います。 (adsbygoogle = window.adsb…

  • 「バツイチはダメですか?」離婚経験者が恋愛・結婚相手として【選んではいけない人】

    離婚経験者は、「愛されること」が臆病になります。 「バツイチの私なんてこの先、誰も愛してはくれない」とか「子供が居るから、この先は結婚は出来ないだろうな」なんて思っていませんか? 大丈夫です!バツが1回や2回付いた・子供がいるくらいであなたの魅力に変わりません。むしろ、結婚生活から学んだ受容力や忍耐力が、これからの恋愛や結婚生活に活かされるはずです。 もういちど恋愛や結婚をしたいなら、まずは自信を取り戻すことが大切です。そして、恋愛対象として選ばれるためには、どうしたら良いかを見ていきましょう。 // バツだらけの芸能人 バツが付いても関係ない!選ばれる人たち こんなバツイチは選ばれない! 世…

  • 「離婚したいけど、離婚できない」出来ない理由を解決するのは意外と簡単!

    離婚したいのに離婚できない人は世の中に沢山います。結婚した時は愛していたのに、「気が付けば愛の欠片もなくなっていた」。そんな話はよくあることです。 離婚できない理由 ・経済的に自立できない ・家事ができない ・ひとりになるのが怖い ・子供がいる では、【お金の問題】【家事の問題】【孤独の問題】【子供の問題】が解決すれば、なんの躊躇もなく離婚できるのでしょうか? また、離婚したいのに、この【4つの問題】が解決できないからといって、いつまでも結婚生活を続けることが幸せなのでしょうか? 不毛な結婚生活かどうかチェック 【4つの問題】の問題点 離婚して幸せになれるのか? // 不毛な結婚生活かどうかチ…

  • 【40歳からの再婚問題】バツイチが再婚する為の「たったひとつの条件」

    「40歳からの婚姻率は低い」という事実を知ってますか? 40代離婚経験者の私は、その数字のあまりの低さに愕然としました。 【40歳からの婚姻率:7%】 離婚までの期間のうち最も多いのは5年未満です。 平均婚姻年齢が30歳前後という現状から考えると、35歳前後で離婚するカップルが多いということです。ちなみに私自身も統計通りです(笑) 35歳前後で離婚するということは「子持ち」であることが多く、年齢的にもアラフォーです。にも拘らず、40代からの婚姻率(再婚率)が低いということは、一度離婚したら再婚がほぼ出来ないということです。 みんなの憧れ「加藤 茶」 40歳からは「結婚したい病」が治る? 子孫を…

  • いつになったら安心?休日前の外食day

    おひとり様だと自炊が面倒です。 せめて休日前くらいは夕飯は外で済ませたい😅 かれこれ1〜2ヵ月位外食していないので、禁断症状が出ています🤣 いつものラーメン屋で手打ちチャーシュー麺と炒飯セット🍜 吉野家で牛丼中盛りと豚汁卵セット🤤 そういや最近、寿司も食ってないな😭 外食も依存症なのかな?🤔 早く食べに行きてぇー‼️ 緊急事態宣言は解かれたけど、やっぱりまだ不安が残るから行けねー💦

  • もう6月になろうとしてるのに😤

    肌寒い日が続いています💦 こんな日は人の温もりが恋しくなります 「寒くなると人肌が恋しくなる」と思うから余計に寒さが身に染みるだけです😭 そんな時は暖房着ければ大丈夫🙆‍♂️何ならしまい込んだ冬服を引っ張り出せば心も体もホッカホカです。おひとり様でも生きていけます🤣 もう6月になろうとしてるのに三寒四温のここ数日。「早く夏になれ!」

  • 【愛した人はバツイチだった】アナタに必見!元嫁・旦那に嫉妬しなくてもいい理由

    「恋は突然やってきます」 相手が「既婚者」か「未婚者」か「離婚経験者」かは考慮してくれません。当然訪れた出会いを受け入れるしかありません。 恋に落ちるなら「未婚者」が良いですね。「既婚者」であれば裁判沙汰になりますし「離婚経験者」なら元嫁や元旦那に嫉妬するからです。これでは永遠にハッピーエンドは迎えられません。 嫉妬は劇薬です。昔から「人を呪わば穴二つ」と云う通り自分も相手も不幸にします。ヤキモチは「恋のエッセンス」ですが、通り越せば「恋のポイズン」です。 恋の仕方は2通り なぜ元嫁・旦那に嫉妬するのか 結婚とは 元嫁・旦那に対して、アナタが想像するような感情はない 結婚より離婚の方が大変 離…

カテゴリー一覧
商用
読者になる