searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

aivirpさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
人生のくずかご
ブログURL
https://aivirp.hatenablog.com/
ブログ紹介文
30代男の日常と雑感。 つまらない人生を少しはマシにしていくことが目標です。
更新頻度(1年)

17回 / 52日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2020/05/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、aivirpさんの読者になりませんか?

ハンドル名
aivirpさん
ブログタイトル
人生のくずかご
更新頻度
17回 / 52日(平均2.3回/週)
読者になる
人生のくずかご

aivirpさんの新着記事

1件〜30件

  • やりたいことリスト3

    最近「やりたいことリスト100」というものがあると知り、それに触発されて自分でも書いてみようと思った。 でも実際100個もないし、10個ですら微妙だし、無理やりひねり出したとしても「特にやらなくてもいいリスト」になってしまうので、数を減らして「やりたいことリスト3」でやってみる。 100から3……。まあ手始めに3つぐらいでいっか。 1、猫を飼うこと 飼ってみたいなという気持ちはあって、犬派か猫派ならば断然猫。 昔は犬のほうが好きだった気がするんだけど、いつからか変わってしまったみたいだ。 YouTubeで猫の動画を見ていると、やっぱりかわいいなと思う。 しかし金銭面が重要な問題。調べてみると、…

  • 髪を切るのがめんどくさい

    めんどくさいというのが口癖のようになっていてこれはいかんなーと思ってはいてもやっぱりめんどくさい。 人生がそもそも面倒なことの積み重ねで出来ている。 最もめんどくさいのは言うまでもなく労働だけどそれ以外の日常のあれこれもめんどくさくて髪を切りに行くのもまたしかり。 会社に行く以上伸ばしっぱなしというわけにもいかないし。 休日に予定が入ってしまうのも少しテンションの下がるところ。 休日はなーんも予定のないまっさらな白紙状態が一番いいので、やらなければならないことが入り込んでしまうのは出来れば避けたいのだ。 基本、能動的にやること以外のやらなければならないことは「めんどくさい」というカテゴリーに分…

  • 【ゲーム】現実から離れ、自然保護区で火災監視員となるゲーム【Firewatch】

    概要 舞台はワイオミング州にある自然保護区。 とある事情により火災監視員のアルバイトを始めることとなった主人公が、別の監視所にいる上司の指示の元ミッションをこなしていく。 感想 3時間ほどでクリアー。 このゲームでやることといえば3つだけです。 自然保護区を歩き回る。 上司デリラと無線越しに会話をする。 ミステリー仕立てのストーリーを楽しむ 以上! ということでこのどれかに面白さを感じることが出来れば楽しめるゲームになると思います。 僕は歩き回ることがややめんどうに感じてしまいました。 他に誰もいない大自然という舞台は素敵で雰囲気は良いのですが、行ける範囲も限られていて自由度はそれほどといった…

  • 好きなものを増やしていく

    ラジオから流れてきた何だかいい感じのメロディーに聞き入って、誰の曲なんだろうと思っていたらスガシカオの「June」という曲だった。 Juneは6月の英語名。6月だからこれがかかっていたのかな。 歌いかたも少しかすれ気味で特徴のある声だったので彼とわかってなるほどと思った。 スガシカオには今まであまり興味がなく、NHK「プロフェッショナル」の主題歌を歌っている人という印象しかなかったけど、こんな曲もあるんだと少し興味が出てきた。 ネットのほうであらためて「June」を調べて聞いてみるとやっぱりいいなあとしみじみ。 ふと他にはどんな曲があるんだろうと思っていくつか聞いてみる。 前述したプロフェッシ…

  • 最近買ったPCゲーム紹介

    ゲーム販売サイトの「Steam」で、毎年恒例サマーセールが開催中。 すぐにでもプレイしたいもの以外は基本セールで購入してます。 今回はとりあえず10個ほど手に入れましたが、まだ色々探してみる予定です。全部プレイするかは……未定です。 life is strange 2 Life is Strange 2 Launch Trailer [PEGI] 前作のタイムリープものが面白かったので、とりあえず安くなっていたエピソード1だけを買ってみました。 Homesick Homesick Launch Trailer ゲーム世界の雰囲気が良さそうで、しかもパズル的なものもあるとあって期待大。 今回の中…

  • 人にどう見られているのか、という不安

    ドラえもんの秘密道具に石ころぼうしというものがあって、これをかぶるとその人は道端に落ちている石ころのように誰にも気にされなくなってしまう。 こういう道具があればいいよなあと昔は思っていた。 誰にも注目されることなく、自分を自分として認識されない状態にいつでもなれるとは、なんて素晴らしいんだろうと。 こう思ってしまうのにも理由があって、それは他者の視線が苦手だったからだ。 特に20代の一時期は顕著だった。 視線恐怖症というほどのものでもないけど、誰かに見られることへの不安感や落ち着かなさを感じていて街中を歩くのもちょっとしたストレスだった。 人と相対する際に目を合わせることもそうで、普通にしてい…

  • ゴールドからブルーへ

    送られてきたハガキの「一般講習」「ブルー」という表示を見て、そういえば一度違反したんだっけなと当時のことを思い出す。 普段は通らない道を気まぐれに通り、交差点に差し掛かる。向かい側には停車中のパトカー。 後ろめたい所がなくても、自分の挙動を注視されてるのでは、と思うと何だか落ち着かない。 自動車用の信号機がなかったので違和感はあったけど、深く考えず歩行者用信号が青になるのを待って左折。 左折して数秒もたたないうちに、パトカーのサイレンがなる。 タイミング的に自分かと思ったらやっぱりそうだった。えっなんで、何をしたんだろうと頭が真っ白になりながらも、支持されるままに近くの広いスペースへ車をとめる…

  • 刺激を求む 

    スーパーやコンビニで買い物をしていると、激辛が売りの食品に出くわすことがある。 カップラーメンに冷食、お菓子にカレーとジャンルもさまざま。そんな時には、おっ、と興味を惹かれてつい足を止めてしまう。 いかにも辛そうなパッケージに、「激辛!」や「辛さ〇〇倍」と、こちらの辛いもの見たさを煽るような文句にそそのかされて、カゴに入れる羽目におちいる。 辛いものは別段得意というわけではないのに、心の奥底で、退屈な毎日に少しだけでも刺激を与えてくれるようなものを求めているらしい。 味のほうはというと、辛さと旨さが良い塩梅で共存しているものもあって、こういった商品に当たればいいものを発見できたなと嬉しくなって…

  • ちょうどいい孤独

    子供のころから一人でいることが多かったせいか、周りに誰もいない一人ぼっちの空間に安堵感を覚えてしまう。 誰かと一緒にいたりすればなかなか気が休まらずにどっと疲れが出てしまうことも。 長時間の運動や激しい運動の後にはその分長い休息が必要なように、人と会う時間が長かったり、会話の量が多くなるとその分長いこと引きこもりたくなる。 やっぱり一人になる時間はとても大事なもので、誰の視線もなく会話の必要もなく雑音もないような、何にも邪魔されることのない孤独な状態がないとダメだ。 そこで思う存分休息して無駄に減らしてしまったエネルギーを補給しないといけない。 そうしてゆっくり休んだ後でまた外に出ていくことと…

  • 空白の期間と無気力

    なんとなく無気力な状態が続いていたせいか、ブログを書く気にもならず日々漫然とすごしていた。 前記事から間が空くことなんてブログを始めて以来ざらにあることなので、ああまた書く気力がないな、と諦めるだけなのだけど、10日間も空いてしまうとさすがに自責の念にかられて更新しておくかという気持ちになってくる。 その繰り返しで何とかやってきてるみたいな感じだ。 無気力と言っても何も手につかないようなひどいものではなくあくまでもなんとなくなので、多少いろんな意欲が低下しているというだけで普通に活動できるし食欲もあるし睡眠も微妙に質が悪いというだけで生活に支障はない。 ただ文章を考えたりとなると気持ちが乗らず…

  • 仕事のグチ

    仕事というものが楽しくなれば、人生はちょっとぐらい良いものになってくれるんだろうか。 今の仕事について結構長くなるが、どうしてもモチベーションを保っていくのが難しく、この先のことを考えると嫌気がさしてしまう。 一応前向きではいたい。 やりがいを見つけたり主体性を持ってやっていきたいとは思っていても、これが実際むずかしい。 向き不向きで言えば完全に向いていないし、仕事の内容にも興味を持ち続けるのも大変。 新しい知識を覚えるのにも苦労するし、足りないスキルを身につけるにしても仕方なしにやっている感が強い。 一時期は今の仕事を真剣に辞めることを検討していた。 そうしたモチベーションの面や人づきあいの…

  • 田舎を散歩

    最近外に出ていないなと思ったときには、家の周辺を散歩してみたりする。 基本的には生活必需品を買ったりする以外家にこもっているタイプの人間で、とりたてて用がないならこもりっ放しとなってしまう。 それもどうかと思うので、たまには運動もかねて日光でも浴びようかという、そんな気持ちもあってのことだ。 場所は田舎である。 人によっては「ど」田舎と呼ばれてしまいそうな、周囲を見渡せば民家に田んぼや畑が広がるばかりの、ありふれた場所だ。 ここは都市部で耳にする雑多な音とは無縁で、聞こえてくるのは鳥のさえずりや風の音、農業水路を流れる水音といった、自然音ばかり。 歩いていると、ときおり家々からの生活音や遠くを…

  • 埋もれてしまった本たち

    読書を趣味の一つとしていて、20年以上さまざまな本に触れてきた。中には、自然と記憶に残った本というものもある。 小学生の頃に親しんだ作品であっても、なぜだか覚えていたりするものだ。 もちろん一から十までを記憶しているわけではなく、ストーリーの一部や結末、挿絵のイメージなど大まかな印象だったりする。 その一方で、記憶の奥底に埋もれてしまい、もう思い出すこともない本たちがいる。 こちらのほうが数としてはずっと多いだろう。 こうした本も実はちょっと気になったりするのだ。 昔、誰かのインタビュー記事で、「自分が今まで読んだ本の履歴を確認できたらいいのに」とそんな旨の発言をしたのを目にしたことがある。 …

  • 引っ越しと職探し

    aivirp.hatenablog.com 時期的にはこの後。 卒業をした後は引っ越しをしよう、というのは決めていた。 もちろんそのまま住み続けていても良かったのだけれど、住んでいたアパートや近辺は大学のすぐそばということもあって学生が多く、その立場を失った身としては、そのまま居座り続けるのもどことなく気が引けてしまった。 それに、近くを歩けば楽しそうな学生の姿が所々で目に入り、自らの境遇と自然と比較してしまう。 気分を新たにしようという思いもあり、職探しの拠点を移すこととなった。 引っ越し先は同じ市内にある、やや離れた地区。 特別そこを気に入ったというわけでもなく、ただネットで安いアパート巡…

  • ブルースクリーン・オブ・デス

    そういえば、スマホを手にする時間が減ってきたように思う。 以前から依存傾向にあった某アプリの使い過ぎをやめるべく、時間制限をかけたのが功を奏したのか、熱もおさまった。 aivirp.hatenablog.com 途中でアンインストールし、もう1か月近く使ってはいない。 不思議なことに、やめた直後はまだついつい見たくなってくるのに、これだけの期間やめてしまえば、もうアプリの存在自体が頭の端にものぼらなくなる。 数年前に完全に依存していたスマホゲームを辞めた時もそんな感じだった。 正直今また始めてしまえばどうなるだろうかと言うと、多分また熱中するだろうというのは想像できてしまう……。 きっとやらな…

  • 生き方の選択を変えていたらどうなっていただろう

    今の人生にさして満足していないせいか、もう少し生き方の選択を変えていればもっといい人生があったんだろうかと考えてみる。 生きることの楽しさを感じられてむなしさや無気力とは無縁の日々。そんなもの夢だとはわかってはいてもそれでも今より「マシ」にはできた気がしないでもない。 もしかしたら、生まれてから今までの人生を100回ぐらいシミュレートすれば1回ぐらいは最高な人生があったりするかな? まあ幸いにして取り返しのつかない事態に陥ってはいないので、ああしていればよかったというような強い強い後悔というほどのこともなく、誰しもが一度は考えてみるただの空想にすぎない。 振り返ると、もっと違うルートを通るべき…

  • 電子書籍が手放せない

    定期的に確認している、電子書籍のセールのページ。 この間ひさびさに見てみたところ、「50%ポイント還元セール」の文字が。 おおっ、これは見逃せない。 定期的にいろんなセールが行われている中で、50%ポイント還元というと特にお買い得だといえる。 1ポイント1円なので実質半額のようなもの。もともとの値段が紙の本よりお安いのに、さらにお安く手に入る。 電子書籍はこういったセールがあるので、安月給の身にとっては凄くうれしい。 ちなみに使用しているのはAmazonのKindle Oasisという端末。結構前に買ったもの。 もともとOasisより安いモデルを持っていたのだけれど、どうしてもお高いものを手に…

  • ワードプレスからはてなブログへの移行

    ワードプレスでブログ書くのやめるか。最近になってふとそう思った。 ほとんど更新もせず、サーバー代やドメイン代を無駄にしているだけとなっていたからだ。 気づけば一年と数カ月。 新しいことでも初めるかと一念発起し、その勢いのままにすぐさま立ち上げた初めてのブログ。 書いている内容も個人的な不満や日常生活のことなので、読まれることもさして多くはなく、書く頻度も減りつつあった。 どうしてわざわざお金を払ってまで書いてるんだろうと改めて考えてみると、すでに理由はなく、惰性の2文字が見え隠れしていたといってもいい。 はじめから無料にしておけばよかったかな。 全部消してもそれほど後悔もないだろうなと思ったも…

  • ピアノを始めて3か月、今練習している本

    早いものでピアノ練習を始めてもうすぐ3か月になろうとしている。始めのうちはおぼつかなかった指使いも徐々にぎこちなさが減り、左右で違う動きをすることにも以前より慣れつつある。 最初に手にした教本は「はじめから1人で学べる大人のためのピアノレッスン上巻」。 こちらは完全初心者向けということで、僕のように全くピアノ経験ゼロの人間でもとっつきやすく楽しんで引くことが出来た。 下巻のほうは…半分ほどやっていったん止めた。 気分転換で別の本に手を出してしまっている。 それが、「リトルピシュナ 48の基礎練習曲集」、「初心者ピアノ クラシック定番・名曲80選」「メトードローズ ピアノ教則本」の3冊。 リトル…

  • 壊れたヘッドホン

    使っていたヘッドホンのプラグが、気づいたら根元から折れ曲がっていた。また差し込めないこともない微妙な角度。何かの拍子に負荷がかかってしまったのだろう。 そんなに長くは使ってはいなくて、まだまだ状態としては良かったのだけど。 それでもそのまま使い続けるのは、ちょっとためらわれる。もしも使用中に完全に折れてしまい、プラグが中に取り残されたら……と、そう想像してしまうとさすがに怖い。 まあしょうがないか、と思い新しいのを買うことにした。安価なものだったのできっぱりとあきらめる。 早速同じぐらいの価格帯のものから選んで購入。 パソコンはデスクトップでスピーカーを別途備え付けておらず、到着までは音がきけ…

  • インドアな趣味を楽しむ

    幸いなことに、コロナによる生活の変化はそれほど大きなものではなかった。今のところは仕事もあるし、余暇時間の使い方にしても以前通りといった感じだ。 世間では外出自粛やステイホームといった言葉が叫ばれており、やむなく自分の趣味を断念して家にこもっている人も多いのだろう。旅行や大人数でのスポーツなどを楽しんでいる人にとってはストレスかもしれない。 僕の場合は、もともとが出不精で引きこもり気質であるし、趣味に関してもインドアなものばかりだ。 田舎に住んでおり出かける場所も周りになく、普段からつねにステイホームしているといえる。 そういえば、趣味に関して言うと今までインドアなものにしか興味を持ったことが…

  • お金が欲しい

    率直に申し上げてお金が欲しいなと思った。 特別欲しいものがあるわけじゃなく、お金を持つことで得られる自由というものにあこがれてしまう。 僕はつねに仕事をしたくないと考えている不真面目な人間で、この現実を放り出してどこかへ逃げてしまいたいとう願望がいつだってある。 それでもそんなことを簡単にできないのは、預金の残高が、一生食うに困らないほどの金額とは程遠いからだ。 あり余るほどのお金があれば気のすむまで引きこもっていられる。仕事もせず、関わりたくない人ととも関わらず、未来の予定に恐々とすることもない。 少なくとも今抱えている種類のストレスからは解放され、気楽に過ごせるだろう。 自分の通帳を眺め、…

  • スマホ依存もほどほどに

    自分の意志力のなさには呆れてしまった。どうしてもスマホをだらだらと使いすぎてしまう。 以前猛省した結果しばらく辞めていたこともあるのに、いつのまにかまたスマホをポチりたい欲がぶり返してしまった。 後悔してはやめ、また使い始めては後悔するということの繰り返しで、何とも馬鹿らしい話。 しばらくの間は我慢できたとしても、ふとした拍子にスマホをやりたい気持ちになる。そこで欲を抑えられればいいのに、少しぐらいならいいかという声にそそのかされて、自制心は簡単にゆらいでしまう。 自らに課した時間制限もいつのまにか頭の片隅においやられているという体たらくぶり。 こんな状況さすがに呆れずにはいられない。 就寝前…

  • 電子ピアノの演奏動画を撮りたい

    電子ピアノを始めてから1か月以上がたち、初心者用にアレンジされた、ごくごく短い楽曲もいくつか弾けるようになってきた。 一応は形になってくると、演奏を動画として残しておきたいなという気分になってくる。やっぱり誰かに見てもらいたいというのもあるのかな。 そうすることでピアノのモチベーションを高めることにも繋がるだろうし、人に見られるという意識でより質を高めようという気持ちも生まれてきそう。 動画撮影といっても本格的な機材を用意しようなんて思っていなくて、スマホがあれば十分。三脚等で固定してムービーで記録するだけ。 ただし、ここでひとつ問題があって、そのやり方だと打鍵音等のノイズがどうしても入り込ん…

  • こりずに株をやろうとする男

    日経平均株価が大きく下がっているというニュースを見て、これは株購入の好機なんだろうかと思った。 2万4千円ほどだった値は、一時期なんと1万6千円台にまで下落。リーマンショック時とも比較されるほどの急激な落ち込みようには驚いた。 今はまた数日の間に急騰しており、一時的には回復しているけれど、今後の見通しは素人の僕にはまったくわからない。 実は以前も株取引はしていたことはある。 その時は、ちょっとかじっただけの知識で取引を繰り返した結果とても苦い思いをしたために、以後きっぱりと手を引いて、もう二度と株なんてやるまいと思ったのだ。 と、そう思っていたはずなのに、その時の気持ちは時とともにだいぶ薄れて…

  • ピアノを練習する日々

    以前からやりたいと思っていたピアノをついに購入。 ピアノといっても比較的お手頃な電子ピアノのほうで、お手頃と言っても安月給の僕にはそれなりのもの。注文ボタンをちょっとした決意をもって押すぐらいの買い物だった。 機種選びはよくわからないし実際に触ったとしても違いはわからない。なので、とりあえず売れ筋で評価が高いもの選んどけば間違いないだろうという考えのもとAmazonのランキングを参考にさせてもらった。 こだわりも特になく、普通のピアノと同じく88鍵盤あればいいのかなという感じ。 後は直観で。 数日してお待ちかねの商品が到着。 わかってはいたけど、88鍵盤あると結構な横幅があって、受け取る時に心…

  • 無職になった日

    3月下旬F大学卒業式の日。卒業生みんなが新たな門出を迎えようとする中、僕は家で引きこもっていた。 式なんて出たくはなかったのだ。1度留年し卒業は無事に決定したものの、就職先は未定のままで4月以降の人生はまったくの白紙である。 だから精神状態もあまり良いとはいえず、おめでたい場所に足を踏み入れたくはなかった。もし行こうものならあちこちで陽のオーラを浴びること必至で、僕の持つ負のオーラが余計に増幅されてしまうからだ。 どうして好き好んで自分を惨めな気持ちにさせることがあるだろう。 それに、知っている人に万が一にでも会いたくなかったというのもある。留年した大学生活5年目は、周囲とは没交渉だったから誰…

  • どこにもない働きがいを求めて

    労働は苦痛である、というのはきっと古今東西未来永劫永久不変の真理で天地がひっくり返ってもその本質は変わらないだろう。 もしも労働が楽しいものになるなら、水は100度で凍り太陽が地球の周りをまわり奇数が2で割り切れるようになる。 ちょっと大げさに言いすぎたけど、どこまでいっても働くのはめんどくさいという気持ちはぬぐえない。日々自分の中の一部を殺し続けているような気がする。 こんな状況にいる我が身をなげいて、ぼくはなにゆえ働き続けるのかと虚空に問うても何も返っては来ない。全部社会が悪い、日本の労働環境が悪いと責任をかぶせてグチり続けても何も生産性はなく虚しいだけ。 それに働くのが辛いのは多分に僕の…

  • 自分の子供を欲しいと思えない

    たとえ結婚できないだろう僕みたいな人間でも、自分の子供を欲しいかどうかについて考えてみることはある。 結論としては欲しいとは思えない。 子供が好きか嫌いかの二択なら好きのほうに入るものの、それと実際に育てることはまったく別の話だ。 子育てをしている自分というのは想像もできないし生涯縁のないことのようにも思える。 育てるほどのお金がないという現実があるにはあっても、金銭面は本質的な問題じゃないような気がする。もしあり余るほどのお金があったとしてもやっぱり欲しいとは思わないだろう。 自由がなくなって責任が増える、というのは聞くけれど、そのあたりがたぶん一番の理由なのかな。 もっと正確にいうなら、「…

  • 30代から始めるピアノ

    誰にでも何かにあこがれた経験があるんだろうと思う。世界の大舞台でピッチに立ち、スーパーゴールを決めるサッカー選手だとか、空想の世界に見事に命を吹き込む小説家だとか、投資で億万長者に成り上がり生涯不労所得で生活できる勝ち組だとか。 僕の場合はピアニストへのあこがれがちょっとだけある。 クラシック音楽を聴くことに一時期ハマってしまい、それが高じていよいよ自分でも弾きたくなってしまった。 たまに動画サイトで、ピアニストが華麗に演奏している姿を見ると、カッコいいなと思う。 時には自分の姿をそこに重ね合わせて妄想してみる。 コンサートホールで観衆を前に、流れるような指使いで見事な演奏を披露する。引き終え…

カテゴリー一覧
商用