searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

かるさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
サラリーマンの癌闘病日記
ブログURL
https://rogues-carlos.hatenablog.com/
ブログ紹介文
患った2つの癌と向き合う現役サラーマンの能天気闘病日記
更新頻度(1年)

49回 / 129日(平均2.7回/週)

ブログ村参加:2020/05/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、かるさんの読者になりませんか?

ハンドル名
かるさん
ブログタイトル
サラリーマンの癌闘病日記
更新頻度
49回 / 129日(平均2.7回/週)
読者になる
サラリーマンの癌闘病日記

かるさんの新着記事

1件〜30件

  • 手足の痺れや痛みよりも深刻な悩み

    4クール目の「CapeOX」治療中な私ですが、本日9月18日は術後の経過を診るために夕方からCT造影というプログラム。 まぁ、CT造影はこれまでのように血液検査とかしなくてよいですし予定通り消化できる見込みです。 “肝臓って再生する”という話をよく耳にするのですが、本当に再生するんでしょうか。。。そういう意味でも本日のCT造影の結果には興味を持っております。 次回の受診で画像を見せてもらえると思うので、また再生具合をレポートさせていただきたいと思います。

  • 祝!ようやくこぎつけた4クール目「CapeOX治療」

    4月27日に肝臓癌摘出手術を終え6月から始めた抗がん剤治療である「CapeOX治療」。 3週間で1クールを消化し全8クールのプログラムなのですが、お伝えしているように白血球やら血小板やらの検査結果が思わしくなく延期の連続でした、ここへきてようやく4クール目に突入することができました。 ようやく半分近くにたどり着き一安心なのですが、通院はするものの検査結果不良で治療が受けれず撤収する日々は、ある意味で苦痛でしたねぇ(有給休暇も消化するし)。

  • 鬼門の「PLT:血小板」数値、またもやCapeOX治療延期(涙)

    阪神タイガースの好調の波に乗り意気揚々と4クール目のCapeOX治療のオキサリプラチン点滴でしたが、またもや延期となり点滴を受けることができませんでした。 前夜のヤクルト戦でサンズがサヨナラホームランで勝利を納め若干血圧高めな私でしたが、体調と気分は準備万端だったんですがねぇ。。。更に落ち込んだ私に追い打ちをかけるように、昨夜はヤクルトスワローズに惜敗。 今回の延期理由は記事タイトルのように前回同様に「PLT:血小板」値が基準値に満たなかったことなのですが、キチンと処方されたロイコンを服用していたにも関わらず数値の改善は見られなかったことになります。

  • まさかの4クール目CapeOX抗がん剤治療延期、理由は「PLT:血小板」

    前回お伝えしたように「Nuet絶対数(好中球)」値を改善するためにCapeOX治療の数日前に注射でドーピングし、万全を期して臨んだCapeOX治療の4クール目。 服用していたカペシタビンの錠数も減らしたことですし、なんの心配もなくオキサリプラチン点滴に臨んだハズだったのですが、残念ながらまたしても血液検査の結果が思わしくなく見送ることになりました。

  • (ちょっと閲覧注意かも?)摘出した肝臓の分析画像

    実は結構前にもらっていた書類なのですが、報告結果をそのまま公表するには病院の許可が必要のようですし、なんせ少しグロい画像なのでアップすることを躊躇っておりました。 最近はCapeOX治療の4クール目を控え容態も安定していて記事ネタも多くなく、このブログにふさわしくない記事を上げるよりはマシかなと思い、規約に抵触しない程度に抜粋した画像を紹介したいと思います。

  • CapeOX治療3クール目で服用するカペシタビン錠数が変わって感じた体調変化

    前回記事でお伝えしたように、血液検査の数値も落ち着きCapeOX治療の3クール目へ突入することができました。 全部で8クールこなさないといけないCapeOX治療、これまで3回ほどNeut絶対(好中球)数が規定値に達しておらず3回ほど延期になったのですが、度重なる延期に嫌気がさしている私を察してか今回から2週間服用するカペシタビンの錠数が1つ少ない5錠/回となりました。 。。。ということは、このカペシタビンなる錠剤はNeut絶対(好中球)数を減少させる作用があるということですよねぇ。 “今まで6錠服用していたものが5錠になったって、そんな変わるわけないじゃんよ” これが意外と体調に変化を感じるこ…

  • 8月5日、ようやくCapeOX治療の3クール目に突入できました

    白血球値改善の注射が功を奏してか、なんとか白血球は基準値をクリアし2週間延期されていたCapeOX治療の再開。 天敵であるオキサリプラチンを投与し、カペシタビンの服用が始まりました。 ただ、白血球値(含む:Neut絶対数(好中球))は改善したものの血小板の値は依然と低いままだったのですが、言わば「見切り発車」だったのかもしれません(下のほうに今回の血液検査結果を貼っておきますので、参考にしてくださいませ)。

  • 8月3日、白血球値を改善する注射を打ちました

    これと言って進展のなかった私の抗ガン治療生活ですが、皆さんに忘れられても困りますしちょいと記事を更新しておきたいと思います(苦笑)。 前記事でお伝えしたようにCapeOX治療の3クール目は再々延期となったわけですが、次回は8月5日にリベンジ戦の予定。 それに先立ち、前回は不合格だった白血球の値を改善する注射を打ち、8月5日に備える私なのでした。

  • CapeOX抗がん剤治療の3クール目、想定外の再延期(泣)

    いやぁ、今年の阪神タイガースは水曜日に弱いですねぇ、昨晩の例にもれずミルミルにやられちゃいました(涙)。 大量得点を上げ阪神タイガースが快勝した勢いに乗り挑んだ7月29日のCapeOX治療の3クール目。 残念ながらまたしても血液検査の結果が思わしくなく見送ることになりました。

  • CapeOX抗がん剤治療の3クール目も延期(涙)

    1週間ほど更新を空けてしまいました(汗)。 ブログ更新を空けていた理由は2つありまして、1つめは管理している別ブログがGoogleポリシー違反を食らってしまい、広告配信が停止されてしまい対応をしていたこと(現在も作業中)。 もう1つは、阪神タイガースが本拠地甲子園に戻ると好調を維持していて、いつも何やら自分の中で『阪神が負けるまでは更新せずにおこう』なんてゲン担ぎをしていたこと。 昨日は阪神タイガースが広島カープに敗れてしまったので、本日のブログ更新に至ったわけです(笑)。

  • フィリピン滞在時に感染した「A型劇症肝炎」のお話

    CapeOX治療も3週目、と言うことはカペシタビンの服用も終わり1週間ほど薬の服用も体重や体調などの記録義務もない“癌を感じさせない生活”を送れているといいうことなんです。 体調のほうもここ数日順調でして徐々に体重が増えてきている今日この頃、来週から再開される3クール目に向けて穏やかな日々を満喫できています。 体調も落ち着いているので、大してアップする記事もないのですが皆さんに忘れられても困りますんで、以前から記事の端々に“ひょっこりはん”のように顔を覗かせていた以前に患った「A型劇症肝炎」についてアップしておこうと思います。 //

  • 私が自分の生検査データ画像を極力使うワケ

    いつも応援ありがとうございます。 最近どうも軟便(と言うか下痢)気味な私、これもカペシタビンの服用の影響でしょうか。 大腸が普通の方より短いので軟便症状は諦めていたのですが、家族の勧めでビオフェルミンを薬局で購入し服用し始め症状は改善。 思えば入院中もビオフェルミンを処方されたこともありますし、なかなか優秀な薬なんでしょう。これは手放せなくなるかも。

  • CapeOX治療の2クール目も、オキサリプラチン点滴から1週間が経過し副作用症状も落ちついてきている私。相変わらずカペシタビンの服用は継続していますが、どうもこの薬は私に不快感はあまり与えないようです。 もしかすると、阪神タイガースの勝ち星が私にとっては特効薬なのかもしれませんが(笑)。 これまで、愛犬と愛鳥(通称:団鳥)を「我が家のアイドル」として紹介してきましたが、実はまだ居るんです。 タイトル通り性別・年齢は不詳でして、散歩も不要で鳴くわけでもないおとなしいヤツ。 でも我が家のアイドルとしては最年長でして、長年リビングの一角を実効支配しております。

  • 入手したCTやMRI検査画像を個人的に楽しむ方法

    治療とは言え、結構な自己負担額を強いられるCTやMRI検査。 身体の状態を知るにはメジャーな検査なのでしょうが、どうも自分が輪切りにされているようで気分の良いものではありませんよねぇ。 高額な検査を受けているわけですし、せっかく超高級カメラで取り込まれた画像を堪能しない手はありませんよねぇ。 今回は、私が自分の輪切りデータ等を個人的に楽しんでいるWindowsで動作するフリーソフトを紹介です。 もしかすると、もっとお手軽に閲覧できる方法があるかもしれませんが、よい方法をお持ちの方は是非紹介いただければと思います。

  • 私が入院前に行う「準備作業」から思うコト

    以前の記事で告知はしていたものの、この話題に関する記事をアップするのをすっかり忘れていました。 もともと海外渡航の多い生活習慣を続けていたので、長期に渡り家を長期に空けることは慣れている私ですが、海外渡航とは別に入院ならではの「準備作業」が私には存在するのでした。 今回は俗に言う“お役立ち情報”なんてありません(←いつもありませんが)し、自己満足な記事なので時間の許す方だけ暇つぶし程度に呼んでくださいね。 それでは、多くはありませんが私の入院前の準備作業について海外渡航の際の準備を含めて書き並べてみたいと思います。

  • リベンジの2クール目、CapeOX抗がん剤治療

    予定では先週に始めるはずだった2クール目のCapeOX治療でしたが、前記事で通り血液検査で「Neut絶対数(好中玉数)」が基準の15(102/μL)を下回っていたために治療見送り、Neut絶対数(好中玉数)」を改善すべく「ロイコン」を服用することとなった私。 思えば、あれから一週間が経過したのですが、阪神タイガースの白星は1つしか増えませんでした(泣)。 と、そんな愚痴は別の記事でボヤくとして、本日7月1日にリベンジに行ってきました。 結果15.5(102/μL)とギリギリ数値をクリアし、なんとか2クール目のCapeOX治療に踏み切ることができました。

  • 久々の秘密基地で快気祝い

    抗がん剤治療のオキサリプラチン投与も延期になり、体の調子も徐々に回復。 後はタイガースの調子が回復すれば、言うことなしなのですがねぇ。。。現実は、厳しいですねぇ(苦笑)。 野球の話はさておき、体が動かせるうちにということで、秘密基地に足を運んだ私なのでした。 いやぁ、やっぱり体が軽いという快適感と秘密基地で現実逃避ができ、よいリフレッシュが出来ました。 こういうのもたまには必要なんですよねぇ、きっと。

  • ゴールデンウィークに肝臓癌摘出手術

    まず初めにお断りしておきたいと思います。 この画像では手術痕を隠していますが、記事中にはマスクなしが掲載されています。 気を悪くされる方もあるやもしれませんので容赦ください。 有給休暇の消費を抑えるために手術日をゴールデンウィークに絡めることにした私は、2020年4月24日に入院、27日に手術を受けることになったのでした。 まぁ、たいした検査もありませんでしたし手術前に3日も必要なかったのですが、週末に絡んだことも早めに入院した理由かもしれませんね(笑)。

  • 意気揚々と臨んだCapeOX治療の2クール目、良かったのか悪かったのか

    ようやく阪神タイガースが今季初勝利をあげることができ上機嫌だった私、青柳くん、マルテくんありがとう♪。 この勢いを借りCapeOX治療の2クール目の最初の難関であるオキサリプラチン投与に臨んだ私でしたが、結論から言いますと、『延期』。 オキサリプラチンを体内に取り込むことなく病院から引き揚げるという何とも拍子抜けな幕引きで6月24日の通院を終えたのでした。 //

  • 【拡散希望】まだ横行しているの?「iPhone当選詐欺」

    明日から始まる抗がん剤治療(2クール目)まで、わりと落ち着いた体調で過ごせている今日この頃。 明日以降は“(天敵?)オキサリプラチン投与”の影響で活性が下がりブログ更新もできるかどうか不明なので皆さんに忘れられないよう今日中に記事を1つ残しておこうかと(苦笑)。 今回はタイトル通り「iPhone当選詐欺」という、2~3年前に流行した詐欺サイトにつて、未だにおうこうしているようなので紹介しておきたいと思います。 その他、私が知っている似た手口のインターネット詐欺サイトについては、以前から運用している別ブログのリンクを貼っておきますので参考にしていただければ嬉しいです。 //

  • Googleさんには嫌われ、阪神も3連敗な週末(涙)

    いよいよプロ野球が開幕し、例年通り団鳥とテレビにかじりついていた週末。 来週からの抗がん剤治療2クール目が始まる私にとっては、自分を勢いづける意味もあり、開幕カードとは別の思い入れがあったのですが。。。まさか、3連敗を喫するとは(涙)。 “なんてこった、最悪な週末だぁぁぁ!!” こんな時って、悲しいコトが続くんですよねぇ。 まさに「弱り目に祟り目」、「踏んだり蹴ったり」、「泣きっ面に蜂」、Googleさんから手痛い連絡が落ち込んだ私に追い打ちをかけるのでした。 //

  • 直面している些細な悩み

    結局、2019年から手術を経て抗がん剤治療を始めることになり、2020年も順調に進んでも冬くらいまでは治療が続く見込みな私。 こう長く続くとなるとは思ってもいなかったため、今になって悩んでいるコトがあるので聞いてやってください。 それは、 『歯医者に行くかどうか』 ということ。 きっと、“絶対歯医者に行ってはダメ!”なんてことはないのでと思うのですが、程度にもよりますよねぇ(あくまでも個人的見解ですが)。 歯医者へ行けば、麻酔されたり痛み止めや化膿止めとか処方されたりするのでしょうし、現在進行中の「CapeOX」という癌の治療に加え“何かしら別のモノ”を体内に取り込むことになるのですが大丈夫な…

  • 効いているのかぁ?「カペシタビン」

    第1クール目のカペシタビン服用が終わり、1週間ほど薬のない生活が送れます。 「CapeOX」治療が初めてと言うこともあって今回入院を伴ったオキサリプラチン点滴の副作用は、徐々に薄まりつつあります。 カペシタビン服用のみの治療(Xelox治療)を昨年やっていた間、見舞われた自覚症状のある副作用は『爪の変色』程度。 でも結局は肝臓に転移して今に至ってますしね、こう感じても不思議はないですよねぇ(苦笑)。 こうなってくると、“カペシタビンって効いてるのだろうか?”と言う疑問が湧いてくる“捻くれ者”な私なのでした。

  • CT検査で判明後に受けたMRIとPET-CT検査で下された結論

    CT検査で肝臓への癌が確認された私。 前回の検査では影もなかった肝臓への癌が半年足らずの期間でここまで肥大化したことを受け入れられずにいましたが、その後に受診したMRIとPET-CTの結果も変わることなく『肝臓癌確定』したのが2020年3月下旬。 担当医から詳細の見解を受け、今後どう対処するかを相談することになったのでした。 と言うのもの選択肢は多くなく、要は「手術するか、しないか」という二者択一。 “2年連続だと加入している生命保険の「がん特約」は適用されないなぁ。入院特約だけで凌げるかなぁ。。。”

  • 我が家のアイドル、満12歳

    抗がん剤治療の第1クール目も順調でこれと言ったネタのない今日この頃(笑)。 残されたカペシタビンも残すところ2日ぶんで終わり1週間の休養期間を経て、来週中旬に病院へ足を運び第2クール目のオキサリプラチン点滴の投与予定。 前回の教訓からすると、どうやらこのオキサリプラチンが難関になりそうでして数日間は副作用に悩まされることになるんだろうなぁ。。。気が重いなぁ(涙)。

  • 武漢肺炎対応に従事されている方々への感謝は当然なのですが

    今年初頭から世界的に猛威を振るっている武漢肺炎(新型コロナウィルス)ですが、幸い我が日本は第一波の終息の気配を見せ始めていてひとまずは安心なのかなと思う今日この頃。 対応に当たられている従事者を始めとする関係する方々の強さ・逞しさには勇気をいただいている次第です。 彼らは、武漢肺炎を対応すべく現業界に就いたわけでもなく、言わば「急造チーム(組織)」なのでしょうし、本来は“別のミッション”を遂行されていた方々ですよねぇ。 同様に、私においては昨年から病院など医療関係機関に足を運ぶことが多いせいもあり、リスペクトされることの少ない“残された方々”の対応や苦労について改めて敬意を表したいと思います。

  • 抗がん剤「CapeOX」治療開始から1週間経過しました

    6月3日から始まった「CapeOX」治療。 手足の痺れや吐き気に苦しめられながらも6月7日に無事退院。 翌日からだるい身体を引きずりながらも何とか会社生活を再開させることができ、現在に至っております。 以前お伝えしたように私にとって初めての「CapeOX」治療となりますが、何とか“オキサリプラチン投与”と言うステップを消化し、“カペシタビン服用”へと進むことができ現在に至っています。 この“カペシタビン服用”を2週間継続し1週間の様子を観察し、2回目の“オキサリプラチン投与+カペシタビン服用”となる運び。 『これを合計で8回繰り返さないといけないのかぁ。。。』 飽きっぽい私は既に「面倒くさい」…

  • 3代目“我が家のアイドル”から思うコト

    2人の子供たちも離れて暮らし、残された夫婦の生活もマンネリ化。徐々に会話も少なくなるのは仕方ないのかもしれません。 我が家は「癌夫婦」ですので、話題もどちらかと言うと『湿っぽい』ものに成りがちなのは仕方ないのかなぁと感じています。 ただ、我が家にはご存知の方も多いかと思いますが“箱入り娘”がおりまして、彼女の存在は我が家の「生活の中心」、ある時は「癒し」、またある時は「元気の源」、かけがえのない存在。 片道300km以上離れたブリーダーさんのところへ迎えに行ったことは、今でも懐かしく思い出されます。 そんな彼女も来月で4歳。。。。。ここで、このブログを贔屓にされている方はお気づきかもしれません…

  • 横行結腸癌の1年点検から事態に変化が・・・

    まぁ、術後一年点検ということでCT検査と内視鏡検査は覚悟していたのですが、MRI検査とPET-CT検査までやらされる羽目になるとは。。。腫瘍マーカーの値だって体調によって左右するんだろうし、きっと疲れが溜まってるから値が高く出てるんだろうと思い込んでいた私。 私の中では、半年前に受けたCT検査の結果が良好だったため、自分の体内には癌細胞なんていなくなっていると信じきっていたのでした。

  • 見切り発車の海外出張のツケが回ったゼローダ治療最終クール

    今年分のCapeOX治療も始まったことですし、去年の治療話は駆け足で終わらないといけませんねぇ・・・ちょいと頑張りますね。 見切り発車でゼローダ治療の合間を見て意気揚々と出かけた海外出張。 海外へ飛ぶ意向は担当医にも相談し一応の了解を得ていたのですが、何度も、何度も、そして何度も口を酸っぱくして言われたのは、 『免疫力が落ちているんですから、夜遊びにはくれぐれも気を付けるように!』 という助言という忠告。 さすが私の性格をよくわかってらっしゃる(笑)

カテゴリー一覧
商用
読者になる