searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

MGさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
発達障害家族の伝説日記
ブログURL
https://densetu-blog.com
ブログ紹介文
ADHD&自閉症スペクトラムの二人の子供達と、旦那と私のやらかし日記です。 日々ため息の出るたくさんのことを、ネタにして笑い飛ばしたい、そう思いブログを書くことにしました。子供達をいっぱい褒めてやれるようになるのが目標です!!
更新頻度(1年)

70回 / 365日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2020/05/11

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、MGさんをフォローしませんか?

ハンドル名
MGさん
ブログタイトル
発達障害家族の伝説日記
更新頻度
70回 / 365日(平均1.3回/週)
フォロー
発達障害家族の伝説日記

MGさんの新着記事

1件〜30件

  • ゲームなら、立ち直れるのに

    ムスコが初めて、RPGタイプのゲームをやっている。これまでは、マリオ、マリオ、マリオ、マリオたまにポケモン、マリオあつもり、ピクミン、、、基本、平和なやつが好きだった。ムスコは感情の動きが激しいので、ピクミンが1匹死んでしまっても泣く。本当は一緒に暮らしたい動物が飼えないので、ピクミンを家族だと思っているらしい。それはさておき、、RPGを始めたものの、ちみちみレベル上げな

  • いつまで管理が必要か??

    ムスメに比べ、不注意はあまりひどくないムスコだが、最近、これまでできていたことができなくなってきている。朝のルーティン、帰宅後のルーティン、優先順位付け、片付け、、、かくいうムスメも、小さい頃は、日常的なことはきちんとできる子だった。それが、だいたい4年生を境に、ポロポロとできないことが目に付くようになり、それまでは「面白い子」ですんでいたのが、ADHD、ASDの特性がどんどん目立つようになった。

  • 「空気が読めなくてもそれでいい」

    空気が読めなくても それでいい。 非定型発達のトリセツ [ 細川 貂々 ]価格:1320円(税込、送料無料) (2021/7/29時点)楽天で購入以前から気になっていた本、図書館でやっと順番が回ってきた。発達障害まではいかなくても、いわゆるグレーゾーンの非定型の取説本だ。漫画で分かりやすいので、子供達もそれぞれ読んで、「あるある~」と楽しんでいた。私が読んで思ったことは、我が家の子供達は、それこ

  • 中3一学期・三者面談

    このところ、落ち込んでいた。何もやる気になれず、とはいえ、何もしないわけにもいかず。別に成績が悪かったからではない。一学期のテストでびっくりする点数をとっていたので、結果が厳しいことは分かっていたし。そんなことよりも、ムスメが盛大にやらかしてくれたからだ、、、。何からまとめたらいいのか分からないけど、、簡単に言うと、ムスメは、先生の前で、とてもふてぶてしい態度で、

  • 久しぶりのお出かけ

    といっても、近くの海沿いのマルシェに小一時間程。でも、最低限の買い物や、病院以外のお出かけは、本当に久しぶり。いつもながら子供達は、黙って見ていたら、土日は永遠に、このまま夏休み終わるまで一歩も外に出ないんじゃないか、、、と、こっちが恐怖を感じるので。(ぴちぴちの若いうちにこんなに体を動かさずノソノソしてていのだろうか? いや、いいはずがない。)小さなマルシェだったけど、いいにおいのもの

  • 今度はムスメ~学校の嘘~

    先日のこと、お昼前、今度はムスメの中学校から電話あり。嫌な予感しかしない。先生「ムスメさん、喉が痛くて、鼻水が出て、しんどいと言っています。熱はないのですが、早退させて大丈夫ですか?」えー、確かに、喉がイガイガするとは言ってたけど、朝元気だったやん。前夜、エアコンのタイマー付け忘れて寝てたからだろ。もー。『朝は元気でしたが、、、』「本人が、しんどいから帰りたいと言ってます

  • ムスコ、ギプス②

    そしてムスコはギプスに。朝病院で処置をしてもらって学校に送り届けると、女子の皆さんが「全然泣かなくて偉かったね!!」と全力で褒めてくれたのが可愛かった。問題は、ムスコはもともと手先に少し障害があり、不器用だという事。ただでさえ不器用なのに、利き手が使えないとなると、本当に、できないことがたくさん出てくるんじゃないか。昨日のシーネより指先が出ているので、思ったより不便ではなさそうか

  • ムスコ、ギプス①

    先週のこと。もうすぐお昼だなと思っていたころ、ムスコの小学校から電話がかかった。嫌な予感、、、先生「ムスコくんが、ドッチボールで転んだ際に手を反対についてしまったようで、手首を痛がっています。」「見たところ、腫れたりはしていないのですが、、、」「すぐに保健室で冷やして様子を見ているんですが、痛みが引かないようなので、どうしましょうか?」腫れてないなら、骨とかは大丈夫なんじゃないの?どうせもう午前の病院は

  • やっとその気になる

    ムスメは勉強は好きだ。だから、宿題やらないとか、試験勉強しない、とか、そういうことで困ることはあまりなかった。ただ、ずっと困っていたのが、焦りや、悔しさを感じないこと。高校とか、受験とかそろそろ見えてきて、一応行きたい高校もある。そこへ行きたいなら、当然、しっかり勉強して、成績も、内申も、取らなきゃいけない。のほほんと行けるところではない。けれどムスメは、テストで残念な点数をとっ

  • 私のスターリン

    先日、久々にムスメと少し言い合いをした。未だ、はっきりとした反抗期もよく分からず、喧嘩や言い合いはあまりしない。先日の言い合いでも、私はもっとムスメの言い分を聞きたかったのだが、途中でムスメは「ママがそういうならそれでいい。」と言って、それ以上反論しようとしなかった。「ママがそういうなら」ムスメはいつもそうだ。むしろ、私に従順過ぎるのが、心配。意思がないわけでは無い。割と明確な意

  • 幼児の発達の模範解答

    ムスメ、家庭科の授業で「幼児の発達について」学んだらしい。テスト範囲だが、「納得がいかない」と、渋い顔をしていた。ムスメが見せてきたのは、授業でやった例題。カブトムシを手に持って嬉しそうにしている子供の写真その横に、問いと模範解答が書かれている。問一 この子供はどんな気持ちでしょう?問二 どんな言葉をかければよいでしょう?問一の模範解答「カブトムシを捕まえて、嬉しい。」ムスメ

  • 中学校へのステップ

    私は、子供達が発達障害であることを隠してはいない。自分からどんどん話したりもしないけど、きっかけがあったら周囲に話している。そのためか、ときどき、「うちも心配なことがあって」と相談を受けることがある。6月に入って、続けて数件、今年中学に上がった子のお母さんから相談を受けた。中には、前から「ちょっと心配だよね。」と話していた子もいるし、全然そんな様子もなかった子もいる。いろんな子の話を聞い

  • 新しいTV

    我が家は転勤族。(もう今後はついて行く気ないけど)しょっちゅう引っ越しがあって、住む場所も自分たちで決めることができないので、引っ越しの度に家具やらを新調しなければならなかった。家族には狭いだろ!?っていう家もあったので、極力荷物は少なく、思い出の品なんかもほとんど現物は残せず、できるだけ買い替えなくても使えるように、家電や家具、生活に必要なものはできるだけコンパクトな物を。っていう癖が

  • 1ミリでも身長を伸ばしたくて

    ムスメもムスコも思春期早発症だということで、身長を伸ばすために、今何ができるかを考えた。ムスメに関しては、残念ながらもはや難しい。ムスコは、この一年が勝負だと。小児科の先生の話でも、何冊か本を読んでみても、やはり大事なのは睡眠と食事だということだ。①週末の映画は一日のみ!我が家は、平日はかなり規則正しく寝ていると思うが、週末は金曜、土曜と、映画の為遅くまで起きていていいことになっている。

  • 筒抜けであるという覚悟

    先日ムスメが、「『変わったもの食べたことある人?』って先生に質問されたから、ママの事を発表したよ。」『え、、、何て言ったの?』「えっとねー、私のお母さんは、サソリやアリを食べたし、ヤギの生き血を飲みました。って。」、、、、それ、引かれない?状況とかの説明がなかったら、絶対引くよね、、、説明あっても引くか、、、子供達に何かを説明するときに、たとえがある方が二人とも分かりやすいので、

  • ムスメの買い物

    ムスメは、本とか、本とか、本以外の買い物が嫌いだ。文房具は、まだセーフ。洋服屋さんなんて、均等に商品が陳列されている様に気分が悪くなるそうで、よっぽどでなければ出かけてくれない。(でも私も、10代20代のころは洋服屋さんで目眩がしてたからちょっと分かる。)出かけてくれないのに、物にはすごくすごーくこだわりがあるので、私が適当に選んだものを使用してくれないのだ。やっと出かけてくれても、同じ

  • GW2021

    ステイホーム。ステイホーム。初日に「テイクアウト強化週間」と一人で意気込み、隣の隣の市まで、キッチンカーのコッペパンを買いに行った。記事に出ていた住所(どっかの交差点北側)を頼りに行くと、どうみても違うところに到着。でも、コッペパンのキッチンカーとまってる。どうやら、お店の方のご自宅に到着してしまった模様。なぜ!?民家の駐車場にいるわけにもいかないので、それらしい交差点を探して移

  • 彫刻刀対策

    先日の教育相談で、彫刻刀についても少し先生と話が出来た。実際に学校で使うまでにまだ日にちがあるので、どんな支援ができるか、図工の先生と模索中であると。とりあえず、彫刻刀の授業の際には、担任の先生がびったり傍についていてくれるらしい。先生の手を煩わせるのは申し訳ないし、ついていてもらっても、怪我をする確率はさほど変わらないかもしれないけど、でも、とっても有り難い。彫刻刀の話が出た時には、ムスコに泣

  • GWもテイクアウト強化週間

    緊急事態宣言出てる。今年も、GWは大人しく過ごす。インドア派の我が家の住人(私を除く3名)は、相変わらず特別ストレスも感じていない様子。ストレス溜まるよりはいいけど、こんなに天気もいいっていうのに、なんだかなー。そんなわけで、私の楽しみはまた、テイクアウトになりそうだ。いや、十分、有り難い。子供達の検査結果を受けて、早速胚芽米をネット注文したんだけど、連休の関係か、発送が

  • そんなときに限って

    週末。なんかイライラしていた。そんなときに限って、金曜夕方ムスコ「ママ~。持って帰ってねって言われてた体育館シューズ忘れちゃった。」イラッ金曜夜ムスメ「ママ、ごめんなさい。」   「水筒持って帰るの忘れました。明日取りに行きます。」イラ~土曜朝ムスメ「ママ、ごめんなさい。」   「体操服出すの忘れてました。洗ってください。」

  • 素敵な道案内人

    ムスメが方向音痴であることが、2年を経て、学年でかなり周知されてきた。(みたい)特に3年生になって、部長をやってたり、生徒会の執行部に入ったりして、休み時間に用事が増え、友達と一緒に行動できないことが増えたために、迷子になる事も多い様子。しかし、その部活でも執行部でも、仲間にフォローされまくって、無事に学校生活をおくれているようだ。今年度、ムスメは執行部の用事で毎朝早く家を出る。いつも一

  • 思春期早発症・検査結果

    新学期も始まったので、結果は私だけで聞きに行くことに。「とんでもない病気が隠れているかもしれない」というのは、脳腫瘍だったり、卵巣や副腎の癌だったり、甲状腺異常だったり。でも、これまでの子供達の健康状態を見ていて、この辺はまぁよっぽどでない限り無いかな、と。それよりも、やっぱり、子供達の今後の成長ばかりが気になっていた。診察室に入ると、まず先生が、「ムスコくん、よく頑張りましたね

  • 検査祭りの日

    そして検査の日がやってきた。朝一で病院に入り、まず尿検査から。「オレは尿検査は嫌いなんだ。」とブツブツ言うムスコを『そうだねー。好きな人、あんまりいないんじゃないかなー。』と適当になだめる。文句を言いながらも、男子トイレに向かい、ちゃんと検体を出してきてくれた。おー。いつの間にか、一人で尿検査できるようになってたんや。すごいすごい。そんなことにしみじみと成長を感じる私。午

  • 思春期早発症

    ムスメはチビだ。合唱なんかで並んでたりすると、ムスメのところだけ、ペコっと穴が開く。小学校4年生の頃背が伸びだして、一時期クラスでも大きい方だったが、それからぱったり伸びなくなった。思春期に入ったのも、反抗期も、少し早かった。(お陰様で中学女子の反抗期は恐ろしいと聞いていたが、いつの間にか通り過ぎていた。)発達が少し早かった事や、背が伸びない事が気になってはいたが、女の子だから少しくらい小さくても、、と

  • 彫刻刀、どうするか?

    新学期二日目、いつもなら帰宅後は愚痴から始まるムスコ。その日は、ワクワクした表情で走って帰ってきて、「ママ、おれ欲しいのんあるねん!もう決めてん!」と。何のことかと思ったら、ランドセルから「彫刻刀」の注文用紙を取り出した。「これ!俺これにする!」注文用紙を見てびっくり!!私の頃は彫刻刀に選択肢なんてなかったのに、可愛いの、カッコイイの、様々なケース安全機能付き持ちやすいグ

  • 「迷惑メールです」

    ムスコが幼稚園の年長と、1年生の時、私は小学校のPTA本部役員をしていた。PTAも、ここ最近は過渡期であり、特に2年目、ムスコが1年生の時は、通常業務に「改革」が重なり忙しかった。後半はほぼ毎日学校へ通い、ムスコが帰る時間に間に合うよう、ぎりぎりに校門を出た。会議や研修で、休みの日に出かけたり、夜にいないこともあった。けれど、それらより悩まされたのが、在宅時のLINEやメール、電話だった。学校か

  • 新学年始まる

    新年度がはじまった。ムスメもムスコもそれぞれ進級した。(できた。)私は、子供達に大きくなってほしくないひねくれ親なので、あんまり嬉しくないけど、上がっていくものは仕方ない。お恥ずかしながら知らなかったんだけど、4月2日から8日まで「発達障害啓発週間」なんだって。とはいえ、私達「発達障害の子供を持つ親」にとって、年度始めはいろいろと胃の痛い時期だ。(と思う。)新しいクラス、どんな先

  • 久しぶりでした

    1カ月、更新していませんでした。それなのに読んでくださっている方、ありがとう。私は文章を書くのが決して得意ではないので、なけなしの集中力をありったけ投入しないと書けません。いろんな意味でコンディションが整わないと、すぐ書けなくなってしまいます。自分の体調とか、単純に忙しいとか、子供の状態が不安定とか、ねむいとか、、いいわけしました。これからもボチボチ行きます。もしよかったら、お付き合いい

  • 忘れられないお別れ2

    幸いにも、その後の引っ越し先で、ムスメはたくさんの素晴らしい出会いをし、本当に多くの人に大切にしてもらった。幼稚園3年間をその町で過ごし、卒園と同時にまた引っ越しとなった。私は、この引っ越しが残念でならなかった。いつまでもいられるわけじゃない、仕方ない、分かってはいたけれど。卒園の時、(引っ越しの時)予想もしていなかったことがあった。その町で知り合ったたくさんのひとが、ムスメの為

  • 忘れられないお別れ

    ムスメが1歳半から2才の頃、私が勤めに出ていたので、ムスメは保育園に通っていた。その保育園に大好きな先生がいた。新任の、若くて可愛らしい先生で、子供との接し方も上手で、子供達からも、保護者からも好かれていた。お迎えに行くと、一日の様子、何をして、ムスメがどんなだったか、とても詳しく教えてくださった。朝お迎えがその先生だと、周りを全く見ずに「しぇんしぇ~!!」と叫んでガラス扉に激突していく

カテゴリー一覧
商用