searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

しまぽよさんのプロフィール

住所
京都府
出身
函館市

道ばたで転ぶと鼻血が出てる。 人生で転ぶと涙が出るんだ。 by 嫁の私

ブログタイトル
介護日記 おとんナウ
ブログURL
https://simapon.fc2.net
ブログ紹介文
私は、おとんの息子の嫁。北海道生まれ。現在関西に住んでおります。実母(身体障害者2級)23年間介護し旅立ちました。主人の両親がアルツになり、介護人任命される。在宅介護中嫁の私です。人生と介護を楽しんでいます。
更新頻度(1年)

11回 / 20日(平均3.9回/週)

ブログ村参加:2020/05/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、しまぽよさんの読者になりませんか?

ハンドル名
しまぽよさん
ブログタイトル
介護日記 おとんナウ
更新頻度
11回 / 20日(平均3.9回/週)
読者になる
介護日記 おとんナウ

しまぽよさんの新着記事

1件〜30件

  • 認知症の終末期医療に、正しい答えはあるのか?

    時は命ー 嫁の私 ー認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。アルツハイマー型認知症義父おとん要介護3。うちには、認知症で高齢者のおとんがいる。今は元気にしているから感謝している。実の母の命日もあり、終末期医療について考えた。医療も介護も進歩をつづけている。在宅医療に、感謝している。感謝しているが、手放しではよろこべない。終末期をどうのようにするのが、一番いいのか?答えをみつけられない。命が閉じようとしている...

  • 一緒にできる幸せ。

    帰り道ふたりで食べるおまんじゅうー 嫁の私 ー認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。アルツハイマー型認知症義父おとん要介護3。アルツハイマー型の能力は、新しいことを覚えるのが苦手(記憶障害)段取りよく物事を行うことが苦手(見当識障害)がある。この能力があるがために、おとんはスムーズに日常生活ができない。しかし、全てできないわけではない。「一緒にやることで、できることがある。」ことを書いています。「撮影:お...

  • その行動をどうとらえるか?(BPSD・周辺症状の捉え方)

    リテ・ラトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール(我を 助けよ 光よよみがえれ) ー シータの祖母 ー(私の心を落ち着かせる呪文)認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。アルツハイマー型認知症義父おとん要介護3です。アルツハイマー型の能力に、認知機能障害があります。(記憶障害、見当識障害、実行機能障害、失語、失行、失認など)この能力があるために、ふだんの生活をするのに私たちの何十倍も労力をつかわなければ...

  • 便座の汚れが、絶望的だ。

    草になりたいー 嫁の私 ー認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。アルツハイマー型認知症義父おとん要介護3です。アルツハイマー型認知症に空間認識障害という能力がある。(物と物との距離感がわからない)おとんは、おもにこの能力をトイレで発揮する。そのため日常生活に、思いもよらぬ問題が発生するのだ。「トイレ汚染対策」を書いています。この対策でトイレ掃除時間以外に、やらなければいけない便座や床の汚れが半分ほど減り...

  • マナーが悪い自転車に乗った人。

    人の振り見て我が振り直せー ことわざ ー認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。アルツハイマー型認知症義父おとん要介護3です。高齢なので、足の筋力が低下している。筋力低下を、防ぐためにおとんと散歩をしている。散歩をしていると、いろんな人間がみえてくる。「人の振り見て我が振り直せ」と言うことを書いてます。嫁の私は、おとんをリハビリがてら散歩に連れ出している。近くの公園に行くのだ。普通の人の歩きなら、公園まで...

  • 「1㎝」を残す親子。

    大切なものはたいていめんどくさいのである。ー 嫁の私 ー認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。アルツハイマー型認知症義父おとん要介護3。アルツハイマー型には、片づけるという能力はない。嫁の私が、在宅介護で気がついたことを書いています。「1㎝を残す親子。」のお話です。(1分で読めます)「1㎝を残す親子」おとんは、タバコが大好きだ。タバコを、吸ったあと必ずテーブルに並べる。おとんは、A型で几帳面だ。几帳面な...

  • 認知症の父から教わる。

    不器用な生き方それでええやんー おとん ー認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。アルツハイマー型認知症義父おとん要介護3。認知症になったからといって、何もかもわからなくなったわけではない。おとんは、本に書いていないことを知っている。「父から学ぶ」ことを書いております。(1分で読めます)「おとんの散歩は人生だ。」おとんは、毎日散歩(徘徊)をしている。私は、おとんについて行くことがある。歩くことは、脳の働き...

  • 認知症の父と会話を楽しむために、気をつけている3つの言葉つかい。

    100回こけたら100回立ち上がるー 嫁の私ー認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。アルツハイマー型認知症義父おとん要介護3。アルツハイマーという特殊能力に「失語」がある。言葉(名詞)を失う、言葉の意味を忘れるという能力です。言葉を忘れると「あれ」や「これ」が会話に増えます。会話していても、つじつまが合わずお互いにストレスになる。「会話で、気をつけている3つの言葉つかい」を書いております。会話で、気をつ...

  • 「トイレの戦い」アルツハイマーに、ムダな抵抗はしないことだ。

    一つわかったこと。正々堂々と負ける。ー 嫁の私 ー認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。アルツハイマー型認知症の能力には、理解力低下(物事を理解できない)判断力低下(状況に応じた適切な判断をする事ができない)などがあります。この能力があるがために、日常生活に思いもよらない事が起きるのです。善悪の判断が、できないアルツハイマー型認知症の義父おとん。アルツハイマー型にこんな対応は、ムダです。(嫁の私の失敗)...

  • 同じことを何度も聞いてくるおとんに私の対応策

    今日あたりかめはめ波をだせそうな気がする。ー 嫁の私 ー認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。認知症という特殊能力を持つ、アルツハイマー型認知症のおとん(要介護3)。アルツハイマーという能力をフル活用するおとんは、私に何度も、何度も何度もーーー同じことを聞いてくるのだ。嫁の私が、考えた対応策「安心させて記憶に残す対応」を書いております。この対応をすると質問はされますが、同じことを聞いてこないのです。(アル...

  • トイレで汚染時の洗浄のコツ。

    あなたの長所は?と聞かれたら、弱音が吐けるあきらめが悪いところです。ー 嫁の私 ー認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。排泄は、誰にも見られたくないものです。介助する私もできれば、ウンちゃんはみたくない。素早くトイレで、陰部洗浄をすることを書いております。<トイレでの陰部洗浄のコツ>アルツハイマー型認知症要介護3のおかん(女性)の陰部洗浄をしています。便の時は、必ず洗浄する。便がなくても、必ず一日最低で...

  • 認知症になると、思いやりがなくなるのか?

    ただ笑えばいいそれだけで幸せになるー 嫁の私 ー認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。親が、認知症になった頃(初期症状の頃)のお話です。おとんは、認知症という着ぐるみを着て私たちを困らせているんだと思っていた。しかし、困らせていたわけではないのだ。私が、気づけないだけだ。おとんには、かわらない愛があるのだ。認知症になっても「思いやりは、なくならない」と言うことを書いています。(おとんとデート中撮影) <思...

  • 認知症ケアで、忘れてはいけない8つのこと。

    山は山を必要としない。しかし、人は人を必要とする。ー スペインのことわざ ー認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。アルツハイマー型認知症の親の介護をしています。若輩者の私が、一人の人を支えるということはとても難しいことです。認知症という壁にぶつかり、毎日が手探り状態。時間に追われると、人として大切なことを忘れてしまうことがある。介護するうえで、忘れてはいけないことを書いています。<認知症介護で忘れてはい...

  • 何を言っても必ず「えっ?」と聞き返す。

    幸せを手にいれるんじゃない。幸せを感じることのできる心を手に入れるんだ。ー 甲本ヒロト ー認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。介護をしていると、怒りを自分の中にためないようにするのがいちばんの難題だ。いつも気分よく過ごしたい。おとんに話しかけると、必ず「えっ?」から始まる。これが意外とストレスになる。ストレスを無くすために、アルツハイマー型認知症のおとんに伝わるように対応を工夫したことを書いています。...

  • 便秘薬(下剤)に頼るおかんのリスク。

    あたしはね不幸とか不運とか理由をつけて人生に手を抜く輩(やから)が嫌いなのー 吹寄制理 ー認知症在宅介護中 嫁の私観察記録。アルツハイマー型認知症義母(おかん)は、便秘症である。便を出すために、便秘薬を飲んだ。間違った便秘薬の飲み方をしても便はでない。便秘薬(下剤)の飲み方には、気をつけようというお話です。(1分で読めます)「体に優しい便秘薬の罠」おかんは、運動がきらい。ごはんがきらい。せんべいや甘...

カテゴリー一覧
商用