searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

テイクさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
テイク IT easy
ブログURL
https://teiku10.xyz/
ブログ紹介文
当ブログ「テイク IT easy」では、精神疾患に罹患し、既存の働き方に限界を感じてしまい、自分らしく、ゆるく、シンプルに仕事をしていくことを目標にしています。 テイクがITを駆使し、ユルりと活動していきます。宜しくお願いいたします!
更新頻度(1年)

28回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2020/05/09

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、テイクさんをフォローしませんか?

ハンドル名
テイクさん
ブログタイトル
テイク IT easy
更新頻度
28回 / 365日(平均0.5回/週)
フォロー
テイク IT easy

テイクさんの新着記事

1件〜30件

  • 7月のメンタルと仕事を振り返る

    気分障がい、アラフォー男の生き方を記述しています。できるだけ自身の力で生きていきたいです。ただ、頑張りすぎて体を壊さないことを大切に生活しています。同じような境遇の方がいたら仲良くなりたいです。気分変調と上手く付き合っていきたいです。

  • みんな大好きお金の話!

    障害年金の受給を検討している方は多いと感じます。受給できたあと、具体的にどのくらいの所得を得て、生活設定を考えていくか大切なことだと感じます。今回は障害厚生年金2級を受給し、月の収入がどのくらいあるのかを記述してみました。参考になると嬉しいです。

  • 就労継続支援A型へ通所します!

    障がい者求人が少なくなってきていると思います。もし、所得を少しでも稼ぎたいという気持ちがある方は就労継続支援A型を利用することをおすすめします。事業所によって行う訓練は変わります。お住まいの役所に行くことで就労継続支援A型の案内を紹介してくれます。

  • 幸せもストレス?ストレスマグニチュードを解説します!

    一般的にはストレス要因は、自身にとって苦しみを伴うものを想像しがちです。しかし、幸福であるシチュエーションにおいて、ストレスは発生します。産業医が行うストレスチェックで引っ掛かる要素でもあるのではと推察します。休職した経験から、リワークデイケアで学んだことをアウトプットします。

  • 頭に漠然とある思慮をアウトプットする方法

    障がい者雇用に際に入社時配慮事項を書くケースがあると思います。私の経験からどのようにできないことをピックアップしたのかを記事にしてみました。就労移行支援に通所し、就活を頑張っている方に読んでほしい記事内容となっております。読みやすい文体で記述しています。

  • あなたが好きなことは何ですか??

    メンタルヘルスを抱えていても、楽しみは大切ですよね。趣味についての対談です。#メンタルヘルス#音楽#趣味

  • 生きる中での天秤

    現在、在宅ワークでパソコンを用いた仕事をしています。先日、昔お世話になった就労継続支援事業の社長から、もう一度仕事を一緒にやらないかと有難いオファーを頂きました。現在だけではなく、将来を見据えて働くことができたら本望です。ただ、健康第一です。

  • 3つのキーワード!障害手当金について簡単に解説します

    障害年金を受給できない方に知ってほしい制度です。障害手当金は障害厚生年金4級に該当する制度です。メリット、デメリットを端的に記述しています。周知されていない制度ですが、ご自身に該当する方もいるかと思います。分からないことがあれば気軽にお問い合わせください。

  • 障がいとお仕事をコタツで対談

    障がい者雇用で働いてきた経験を新たに障がいになった方と対談する形で記載してみました。障がい者雇用にも様々な働き方があります。何が正解であるというものはありません。自身にとって働きやすい方法を見つけるヒントになれば幸いです。

  • メンタル疾患と働き方。心情について。

    メンタルヘルスを抱えながらの働き方、心情について語ってみました。 鬱病や双極性障害、色々な病気を抱えながら、どう働こう、どう生活していこうと悩んでいる方達に是非読んで頂きたいです。 就職、正社員。働き方はそれだけではないはずです。大切なことは、自分に合った仕事や働き方を、どう探していくかということだと思うのです。

  • 障害年金に臨む前にやっておきたいこと

    障害年金の受給を検討されている方が多いと感じています、私が受給するまでに、医療機関を変え、受給できた経緯があります。私の経験談ですが、参考程度に自身の経験をアウトプットしていきます。障害年金を受給することにより、働き方が改善します。

  • 自傷行為をしていた私からの、自傷行為についての見解。

    こんにちは。ばななです。本日はちょっぴり重いテーマです。自傷行為この言葉についてどう感じられますか?かまってちゃん。気持ち悪い。可哀想アピール。うざい。健常な方からするとそのような印象を持つ方が多いと思います。中学生から自傷行為をしていた私

  • 精神疾患とパチンコの関係性

    精神疾患とパチンコとの関係性を実体験をもとに記述してみました。DSMでは病的賭博という診断名があります。パチンコは昔のように還元してくれません。20年以上のキャリアがありますが、依存症を克服したいと思っています。

  • 障害厚生年金額改定でやっておきたい3つのこと

    この度、障害年金の等級が3級から2級に変更になりました。それに伴い、役所で行うことを3つ挙げてみました。障害年金を受給するにあたり、月にどのくらいもらえるのかが気になると思います。しかし、恩恵はそれだけではなく、社会保障制度により、生活が安定します。

  • 年金生活者支援給付金を簡単に解説します

    年金生活者支援給付金を簡単に解説しました。あまり周知されていない制度ですが、受給対象者は多い制度だと感じます。障害基礎年金を受給されている方を対象に記述しています。今後も身近な社会保障制度を簡潔に解説していきたいと思っています。

  • 現在の状況

    セミオープンでの就労での苦しみがとても伝わってきます。障がいになっても仕事、恋愛、将来の悩みは一般の方と同じように悩みは尽きません。安易に「自分らしさ」と「障がい特性」を障がい者雇用で嘆いても、合理的配慮の実施は難しいものだと感じます。

  • 障がい者雇用の未来はどうなるの?

    障がい者雇用を取り巻く環境を懸念しています。どのような経緯があり、障がい者雇用の求人が減ったのかを時系列で解説しています。そしてこれからの働き方、未来を自身の所感ではありますが述べています。障がいになっても何も諦めたくないです。

  • 双極性障害が題材の海外ドラマ「ホームランド」

    主人公はCIA職員であるキャリー・マティソンです。彼女は双極性障害を患い、職務を遂行しています。日本で精神疾患を提示して働くことはとても難しいことです。U-NEXTで見ることができる「ホームランド」はストーリーも良く、双極性障害を客観視できるのでおすすめの作品です。

  • 双極性障害で働く(後編_特例子会社編)

    3篇に渡る障がい者雇用経験談の特例子会社編です。特例子会社ならではの難しさを自身の経験談としてアウトプットします。障がいを抱えると働き方の選択肢が狭まる感覚を持っていました。しかし、仕事はたくさんあるものです。自分らしい仕事ができることを目指します。

  • 復職してからの心境

    同病者である友人のばななさんに記事を書いて頂きました。リワークする時の心境を綴ってあり、この病を抱えて仕事をしながら生きていく難しさに共感しました。双極性障害は慢性的な体調不良と不安を抱える疾患です。このブログを介して、皆様と悩みを共有することができるサイトを作っていきます。

  • 双極性障害で働く(中編_オープン就労)

    障がい者手帳を取得し、自身の障がいをオープンにした体験談を書いています。双極性障害はとても難しい病です。ただ、全てを諦める選択だけはしたくありません。社会保障制度と仕事をバランスよく取り入れ、あらゆる方にチャンスがある世の中であってほしいです。

  • 双極性障害で働く(前編_クローズ&セミクローズ)

    双極性障害に罹患し、働くことを諦めることはしませんでした。大切な20代の時間を病気により失われることがとてもつらい記憶があります。私自身は今でも働くことを諦めていません。背伸びをしないで自分らしく働く方策を探していきます。

  • 復職にあたっての不安

    復職が近づいてきました。 正直不安でいっぱいです。 ですので、復職についてどういった不安があるのか、具体的に書いていこうと思います。何故休職状態になったのかを説明しようと思います。

  • 休職で苦労したこと

    精神疾患を持っている方だと休職を経験された方が多いと感じます。休職期間中に困ったこと、行動していたことを経験者から伝えることができることがあればと思い、執筆しました。一番気を付けてほしいことは、焦りがあり、寛解しないまま復職することです。

  • はじめまして。ばななです。

    はじめまして。ばななと申します。 このたび大事な友人であるテイクさんの運営するこのサイトにブログ記事を書かせて頂くことになりました。アラサー女子で双極性障害二型、病名がついて4年目くらいが経過します。

  • メンタルの不調を抱えて働いてきたこと(後編)

    オープン就労を10年やってきました。精神障がいになり、働くということは想像以上に難しいことです。一番難しいことは、自身の病識を理解することだと思います。そして、障がいを受け入れることだと思います。現在の障がい者雇用での価値は法定雇用率の順守のため、企業が努力していることです。今回は後編です。

  • メンタルの不調を抱えて働いてきたこと(中編)

    精神障がいになり、働くということは想像以上に難しいことです。一番難しいことは、自身の病識を理解することだと思います。そして、障がいを受け入れることだと思います。現在の障がい者雇用での価値は法定雇用率の順守のため、企業が努力していることです。しかし、それ以上の価値を見つけたいと思っています。

  • メンタルの不調を抱えて働いてきたこと(前編)

    精神障がいになり、働くということは想像以上に難しいことです。一番難しいことは、自身の病識を理解することだと思います。そして、障がいを受け入れることだと思います。現在の障がい者雇用での価値は法定雇用率の順守のため、企業が努力していることです。しかし、それ以上の価値を見つけたいと思っています。

  • 精神疾患があっても頑張って生きている友人の記事です

    双極性障害の自助会で知り合った、ばななさんの記事です。彼女と私は見た目で障がいを与えるタイプではなく、自身で堪えてしまうタイプの方で、既存社会で生きることに苦労しています。生きることが楽しい、働きやすい仕事環境の構築がお互いの目標です。

  • 障害者手帳(精神3級)を使ってみた~

    障害者手帳を取得するか悩んでいる方にメリットを解説しました。障害者手帳で得ることができる社会的資源は数多く存在します。特に障がい者雇用を検討中の方は、保持するべきです。生きていくには自立が必要です。自立する手助けとして、障害者手帳を保持します。

カテゴリー一覧
商用