searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Avocadoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Avocadoの投資・トレード日記
ブログURL
https://avocado.hateblo.jp/
ブログ紹介文
日本株・米国株・FX・オプションを使って、100万円からの資産増加計画。試行錯誤の情報を、同じように少額投資・トレードをされてる方へ向けて。
更新頻度(1年)

8回 / 57日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2020/05/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Avocadoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Avocadoさん
ブログタイトル
Avocadoの投資・トレード日記
更新頻度
8回 / 57日(平均1.0回/週)
読者になる
Avocadoの投資・トレード日記

Avocadoさんの新着記事

1件〜30件

  • ■コロナウィルス第2波懸念中の資産変動まとめと今後の方針

    集計期間2020/5/29~2020/7/1 ●投資・トレード用資産の変動 2,494,967円 → 2,514,352円 うち 入金資金 100,000円 相対損益 -80,615円(未決済株式、掛け捨てオプション含む) ●振り返り 6月初旬までの金融緩和バブルを感じさせるようなブル相場から一転、 各国でのコロナウィルス第2波懸念によりレンジ相場が続きました。 運用資産は相対的に損失を計上していますが、 これは5/29日時点の米国株資産が高値をつけていたための、 相対的な資産減少が第一の理由です。現在も含み益の状態です。 第2の理由としては、コロナウィルス第2波懸念に対応するための 掛け捨て…

  • 爆発する屑オプションで利益を得るには

    夢のあるポジション 屑オプション…「価格が10円以下で安いオプション」は夢があると言われています。 それは、購入価格の何十倍もの利益をもたらすことがあるからです。 最近では、まずコロナショックがあります。 この時、2020年04月限の権利行使価格16250円プットは 16円(2020/2/25時点)から1100円(2020/3/18時点)となりました。 また、2020/5/25(月)からの日経平均の急騰がありました。 この時、2020年6月限の権利行使価格23000円のコールは、 4円だったものが300円を超える状態になりました。 売りポジションであれば、大変なことになっていますが、 買いポジ…

  • All or Nothing ではない建玉操作

    運用資金が100万円から300万円近く増えたことで、 建玉の枚数・株数に広がりをもたせることができるようになってきた。 例えば、100株でしか買えなかったものが、300株まで買えるようになったり、 少し大きめのデルタリスク(日経先物ミニ2枚程度)を持てる様になった。 ふと違和感を感じるようになった。 一気に買うか、買わないか。一気に利食いをするか、しないか。 で投資・トレードをしていたけれど、 「建玉操作」という技術を学んでいたほうが良いのではないか。 機械的に行うだけでもだいぶメリットになるという技術がある。 そこで、いままで本やネットで拾い集めた情報をまとめておきたい。 エントリー方法に関…

  • ■コロナショックによる資産変動まとめと今後の方針

    集計期間2020/3/4~5/29 ●投資・トレード用資産の変動 1,897,557円 → 2,497,976円 うち 入金資金 342,600円 利益 257,819円(未確定損益含む) ●振り返り コロナショックが起こった事により、大相場となりました。 生き残ることを最優先にポジションを取りましたが、 ・ショック時のVI先物のロングポジション ・ショック後のリバウンド時の日本株・米国株買い ・5月に入ってからの株式相場の上昇に乗じたオプションコール買い が功を奏し、資金量に対してそこそこ大きな利益を得ることができました。 反省点としては、利益の出ているポジションについては、 半分利確し、様…

  • ■現在の投資・トレード目標と方針

    現在の投資・トレード方針と目標について明記しておこうと思います。 現在資金 約280万円 月の追加投資・入金額 5~6万円 長期投資 米国ETF「VYM」を暴落時に、資産の15%~30%程度買い増します。 買ったものは米国のファンダメンタルが大きく毀損されない限り、永久保有します。 VYMは、ヴァンガード・米国高配当株式ETFと呼び、 その名の通り、米国の高配当株式銘柄で投資できるインデックスETFです。 (ベンチマークはFTSEハイディデンド・イールド・インデックス) S&P500に連動するVOO・VTIなどと比較すると、 VYMは配当がもらえる分だけパフォーマンスが落ちる形となりますが、 …

  • お金は拾えていますか?

    ニュースはすぐに価格に織り込まれてしまう…。 チャートの値動きはランダムで、テクニカル分析等では利益を狙えない。 そう唱えるのは市場効率化仮説です。 それでも投資・トレード・投機によって利益を狙おうとするのは、 この仮説の何らかの歪みを認識し、仮説に対して「否」を突きつける行為です。 「現在、何が効率的でないのか」と考えることは、 投資・トレード・投機のアイデアとなりえます。 株の長期投資であれば、企業の財務状況や事業価値と、今の市場の評価に差があり、 今保有しておくことで、その差が埋められた時の利益を狙います。 あるいは単純にイナゴ(大勢の買いについていく)こともまだできるでしょう。 FXや…

  • 投資依存症から抜け出すために

    今現在あなたが投資やトレード、投機をしているとしたら、 聞いてみたいことがあります。 「あなたは投資、トレード、投機にハマっていますか?その理由は?」 私の答えは、 「はいハマっていました。けれど、少し時間を割きすぎました。変えようと思います」 です。 ハマった理由で一番大きかったのは知的好奇心を満たせることです。 投資知識はアカデミックな論文から、名著、占星術的なチャートの読み方まで。 必要であれば、投資に関連した経済、投資対象の専門知識、 これらの本を読み漁りました。 本屋へ行けば、まずそれらのジャンルから…。 投資・トレード・投機のためにはプログラミングもしました。 システムトレードのバ…

  • 科学とアートの境界線を明確にしてくれるシステムトレード

    最近、自分の投資戦略・トレードを、 できるだけシステムトレード戦略としてバックテストすることにしています。 Trading Viewは戦略を簡単にプログラミングでき、 多くの価格データでバックテストできるので重宝しています。 (短い時間軸の場合はデータが不足しがちになりますが…) システムトレードは、 「コンピュータなどの計算結果から生まれた売買シグナルをもとに、 機械的・冷静にトレードを行うこと」と定義できます。 これはどういうことかと言うと、 「一定のルールやモデルを設定し、 利益を生むことが過去データの検証からわかるのであれば、 それらは将来も利益を生む」という前提を信じるわけです。 一…

  • 天才数学者、株にハマる

    2004年出版の本。 ワールドコム株に大金を注ぎ込んだ、著者は数学者であり、 ランダムウォーク、市場効率化仮説から始まる様々な話題を詰め込んだ一冊です。 数式は出てこないので、気楽に読めます。 株を始めてしばらく経って思うのは、この本に出てくる話題は、 「株を始めるときにぜひとも知っておきたい」ものばかり。 どうしても投資やトレードが上手く行かなくて、 この本を読んでみると全く知らない話題がある…というときに、 その話題はあなたにとっての「落とし穴」なのかもしれません。 とくに印象的だったのは、「共有知識」という概念。 共有知識は経済学者ロバート・オーマンが提唱したものです。 それは以下の定義…

カテゴリー一覧
商用