searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

naoさんのプロフィール

住所
沖縄県
出身
沖縄県

自由文未設定

ブログタイトル
断酒道~仏教に学ぶ生き方~
ブログURL
https://long-beach1205.hateblo.jp/
ブログ紹介文
仏教のお寺での体験修行を通して、アルコール依存症とどう向き合うべきか考えていくブログです。
更新頻度(1年)

14回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2020/05/08

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、naoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
naoさん
ブログタイトル
断酒道~仏教に学ぶ生き方~
更新頻度
14回 / 365日(平均0.3回/週)
フォロー
断酒道~仏教に学ぶ生き方~

naoさんの新着記事

1件〜30件

  • 祖母が他界(天寿を全うしました)

    お久しぶりです。ずっと、仕事が忙しく、趣味に没頭したり、なかなか更新できないでいました。更新しない間にも、アクセスされているみなさん、本当にありがとうございます。 さて、今日は突然の訃報なんですが僕の父方の祖母が3月12日に他界しました。享年98歳。 何年も病院に入退院を繰り返しながら闘病生活を続けており、時おり元気な姿も見せてはいたのですが、ついに力尽きてしまいました・・・。 親族の間では、「98まできたのだから、ここまできたら100歳まで長生きしてほしい」との思いがありました。闘病とはいえ、医者いわく、年齢的に相応の病気なのだそうです。延命措置を取るかどうかの判断がありましたが、祖母の病体…

  • 断酒100日(千里の道も一歩から)

    気付いたら断酒100日になりました。 抗酒剤や断酒補助薬レグテクトを飲んでいるため、お酒は飲めませんし、飲酒欲求も安定してきているようです。 仕事も変わらず、順調ですし、まずまず体も動けています。 新年も、もう20日過ぎたかと思うと、早いなあと思うんだけど、これは毎年、しかも年を重ねるごとに早くなってきてるんだけど、みなさんは、どうでしょうか??? しかし、時間が早く感じるというのは何かに集中して取り組めたり、充実感で満たされたりしてる時に感じるようですね。 僕が充実しているかといえば、人間欲深いのであまり実感はありませんが、あくまでも僕の場合、少なくともお酒を飲んでいては充実感は得られないと…

  • 幸せや成功を得るコツ

    僕が年末年始に読んでいる本を紹介します。 何回か、このブログには登場しているんですが僕が尊敬している大愚和尚こと大愚元勝さんが書いた【最後にあなたを救う禅語】です。 この本の中には、50の禅語が紹介されているんですが特に良かったと思う禅語を紹介します。 六根清浄(ろっこんしょうじょう) 六根とは、①目②耳③鼻④舌⑤身⑥意(意識)のことで、僕たちの身体感覚を表します。清浄は、字のごとく、浄化ですね。 この身体感覚こそが快楽や欲を求めたりします。快楽や欲を求めること自体は自然のことなんですが、この快楽や欲を自分にだけ向けるのではなく、誰かに向けて功徳を施していくことを意味する禅語です(著書より)。…

  • あけましておめでとうございます

    2021年あけましておめでとうございます。 去年は、新型コロナウイルスの世界的大流行により、大変だった1年だったのではないでしょうか。 外出自粛、ステイホーム、リモートワークなど新しい用語も次々と生まれました。 感染者の増加がとどまることなく、第一波、第ニ波、第三波と押し寄せており、今年も同じような流れが続くと専門家の間では予測されています。 一方、外出自粛やステイホームなどにより、現代では希薄になりつつある家族間の絆も深まったという悪い話ばかりではないようです。 誠に勝手ながら、そんな時こそ、仏教の教えを学び、実践していくことが大切なのではないかと僕は思います。 例えば、平常心や自然体です。…

  • 書道を始めて半年になりました

    僕が書道を習い始めて約半年になりました。 書道を始めたきっかけは、「禅」が好きで禅にまつわる「禅語」に触れるのが好きだからです。 禅語には、人生の生き方や考え方などを教えてくれる多くの言葉があります。 週に2回、教室に通っているのですが、まだまだ半年ということもあり、なかなか難しいです。少しずつ上達していこうと思います。 禅語を2つ紹介します。 「ふっと心が癒される禅のことば」より 「ふっと心が癒される禅のことば」より 行雲流水と一期一会です。知ってる人も多いと思います。 行雲流水とは、雲や水のように自由であるがままに生きていきたいという意味があります。 一期一会は、一生に一度しかないであろう…

  • 約3年会っていない断酒会メンバー(始まりの終わり)

    さかのぼること約6年前の話。 僕は、自助グループ「断酒会」の門戸を叩いた。僕は、決して、憂鬱ではなく、飲酒に苦しみ一人もがいていたのだが周りの支えもあり、ようやく1歩が踏み出せたという感じだった。 当時、僕はアルコール依存症を否認していた。絶対に、お酒はやめないし、断酒会なんて行かないって気持ちだった。 しかし、葛藤があったにも関わらず、その葛藤はすぐに消えた。すぐに、親切な仲間たちが出迎えてくれ、心が救われた気になったからだ。 断酒会には約3年通った。そのうち 、最初の1年は断酒できなかったが、後の2年は仲間の支えもあり、断酒することができた。 しかし、僕が再飲酒してしまったことにより、仲間…

  • 時は早いもので師走の候

    こんにちは。 アルコール依存症のnaoです。 気付いたら、かなり久しぶりのブログ更新となってしまいました。今年の7月30日の更新を最後に約4ヶ月も経過してしまいました・・・。 正直、このままブログをやめようかと思っていましたが、その間にも当ブログにアクセスしてくれる読者がおり、1人でも役に立てればとの思いで再開を決めました。 実を言うと、この4ヶ月の間、 再飲酒をしてしまい、さらに、再断酒もしているところです。 前回は、300日近く断酒をしており、1年を目標にしていたため、心残りがあります。 しかし、断酒は日数も大切ですが自分がどういう人生を歩みたいかにあるように思います。目標や目的を明確にし…

  • 心療内科と薬の服用

    僕は現在、2週間に1回、心療内科に通院しています。去年の11月から通っているのですが1ヶ月に1回だったものを6月から通院ペースを上げています。 というのも、この夏、とても暑く、飲酒欲求の高まりが予想されるので、万全の対策を取るためです。 僕が心がけていることは、薬の服用の徹底です。 今、飲んでいる薬は、①抗酒剤ノックビン②断酒補助薬レグテクト 併用しています。 それから、疲労回復薬の③漢方薬ホチュウエッキトウ 合計で3種類を飲んでます。 日頃、飲酒欲求についてはそんなに強くはないのですが、やはり、薬を徹底することで、より確実な断酒継続を目指していくことができると考えています。 そんなに強い飲酒…

  • スティーブ・ジョブズ氏を影で支えた禅僧・乙川弘文さん

    アップル創設者のスティーブ・ジョブズ氏を影で支えた日本人禅僧 アップル創設者でiphoneの設計も手がけたジョブズ氏(1955年~2011年、享年56歳)が「生涯の師匠」と仰いでいる日本人禅僧の故人・乙川弘文さん(1938~2002年、享年64歳)を紹介します。 ジャーナリストの柳田由紀子さんが書いた著書「宿無し弘文」(集英社インターナショナル)を参考にしています。 乙川さんは、ジョブズ氏を影で支えた立役者とされ、ジョブズ氏自身も乙川さんを尊敬しているという間柄だ。柳田さんは、そんな乙川さんを長年、追いかけ、取材してきた。 酒に溺れ、家族の崩壊 結末から先に書くと、乙川さんは、海外で三回結婚し…

  • ニーチェに学ぶ「運命愛」

    ドイツの哲学者フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(1844年~1900年)は、著書「曙光」で次のように語っている。 「人間と物。なぜ人間は物を見ないのか?彼自身が妨害になっている。彼が物を蔽っている」 ここで、概念と観念という分類がされている。 概念→世間一般的な共通認識 観念→個人の主観的な考え方 ニーチェが言う「物」とは、物質的なものだけでなく、事象、現象のことであり、それには死も含まれているという。 僕ら人間は、概念や観念というフィルターを通して物を見ており、それらが妨害になっていると指摘している。 何の妨害か。 物事や事象を正確に事実に基づいて見るための妨害だ。 例えば、死について言…

  • 断酒9ヶ月(飲酒欲求と共存する)

    去年の11月1日から始めた断酒生活なのですが、もうすぐで断酒9ヶ月(270日)になります。 このブログは、断酒生活を継続させていくことが第一の目的ですが、にほんブログ村の「アルコール依存症」と「禁酒・断酒」の2つのジャンルにランキング参加登録させていただいており、週に1回は更新するようにしています。 仕事をしていたり、趣味に打ち込んだりしてなかなか更新できない時もありますが、それでも読んでくれている読者のみなさんには感謝です。 さて、断酒9ヶ月になるところですが僕が気付いたことを一つ紹介しますね。 【飲酒欲求は完全に消し去ることはできない】 これは、どういうことかと言うと、【消し去ろうとすれば…

  • エゴを捨て、すべての幸せを願ってみる

    前回の記事に引き続き、大愚元勝(大愚和尚)さんが書いた本「苦しみの手放し方」の内容を一部抜粋しながら紹介します。 苦しみはすべて自分自身からもたらされる お釈迦様は、苦しみの解放宣言として四諦・八正道を悟ったとされています。 四諦とは、 ①苦諦(人生は苦しみにあふれており、思い通りにはならないこと)②集諦(苦をもたらす原因は心の汚れであることを知り、それを観察する)③滅諦(苦を滅することができれば、心の平安を得られる)④道諦(苦を滅するための実践方法が存在する) この4種類があり、苦しみとは、他者からもたらされるものではなく、自分から生じるといいます。 八正道とは、人生は苦しみの連続であり、そ…

  • もはや時代はノンアルコール(世界の潮流)

    ノンアルコール市場の成長 今さら書く話題でもないのですが、ノンアルコールビール市場が世界で拡大しているという。 【2019年ノンアルコール飲料レポート】によると、10年前と比較して約4倍に売り上げが伸びているらしい。 内訳を見てみよう。 18年統計の市場では、ビールテイスト、カクテル、チューハイなどは約2209万ケースで前年比103%伸びた。 19年は約2265万ケースで前年比103%と伸びた。 飲料離れ、健康志向の生活様式 アルコール、ノンアルコールと言えば、キリン、サントリー、サッポロ、アサヒの4大メーカーがあるがいずれも【機能性表示食品】や【特定保健用食品】など消費者庁が「健康に効果があ…

  • 雑草魂のように生きる

    テーラワンダ仏教長老のアルボムッレ・スマナサーラさんが書いた「怒らない 落ち込まない 悩まない」を紹介します。 (表表紙) (裏表紙) 雑草魂のように生きる 表と裏の2つの写真を見ていただければ内容は少し把握できますが、それとは別に僕が大切だと思った言葉は雑草魂のように生きるです。 雑草って、どれだけ踏まれても抜いても生えてきます。生命力がすさまじいですよね。 僕たち人間も雑草魂のように腐れることなく、へこたれることなく、何度でも立ち上がって挑戦していくことが大切だと言います。 断酒も同じことが言えます。何度失敗しても、また、挑戦していけば良いんだと思います。ただ、アルコール依存症の場合、何度…

  • 今この瞬間を生きる教え【一夜賢者の経】

    先日、このブログで紹介し、読み進めていた本の内容を一部紹介します。 断酒半年(新たなステージへ) - 断酒道~仏教に学ぶ生き方~(5月9日) 大愚元勝さんの「苦しみの手放し方」です。素晴らしいと思った言葉なので引用いたします。 一夜賢者 過去は追うな。未来を願うな。過去はすでに捨てられ、未来はまだ来ない。だから、ただ現在のことをありのままに観察し、動揺することなく、よく理解して、実践せよ。ただ今日すべきことを熱心になせ。明日、死のあることを誰が知ろうか。かの死神の大軍と会わないわけはない。このように考えて、熱心に昼夜怠ることなく励む人、このような人を一夜賢者といい、寂静者、寂黙者と人はいう。 …

  • フラッシュバックやトラウマから回復

    酒を飲むと自信や勇気が出るという幻想 僕は、過去にフラッシュバックやトラウマといったものがあります。数年前の飲酒時代の話にさかのぼるが幻覚を見るようになりました。 幻覚というと、アルコール依存症の中でも典型的な症状と言われていますが僕にも当てはまることが分かりました。 もちろん、友人や知人らとワイワイと楽しく飲酒できた初期の頃もあるが終末期になると1人薄暗い部屋で飲酒するようになりました。やめたくてもやめられない悪循環に陥り、自殺願望まで抱くようになったのです。 よくお酒を飲むと、勇気や自信が出るなどというが全くの幻想です。 霊感 僕は、体質的に霊感を持っています。霊感というと、全くない人にと…

  • 手塚治虫さんの「火の鳥」に学ぶ死生観

    手塚治虫さんが書いた漫画「火の鳥」をご存知だろうか。 手塚さんと言えば、戦後の漫画家の代表的存在として誰もが知っていると思います。 代表する漫画に、「火の鳥」、「ブラックジャック」、「鉄腕アトム」、「ブッダ」など多数ありますが、いずれも戦後から1980年代頃までに人気を博しました。 その「火の鳥」に関連して、「ネガティブな世界からの羽ばたき方」(手塚治虫著 ・プレジデント社1430円税込)を紹介します。 作品では、火の鳥の血を飲めば永遠の命が手に入るなどという代表的シーンがある。 手塚さんは作品の中で次のような有名なセリフや写真のような漫画を取り入れています。 そんなこと言ったって無理ですな …

  • 酒やめて水分補給と塩分チャージを

    6月に入り、連日30度を超える猛暑日が続いています。まだ6月だというのに、この暑さが続くと先が思いやられそうです。 そんな時は、飲酒欲求に注意ですね。ぐいっとビールを飲みたくなります。 しかし、僕は飲まない方が楽なのを分かっているので飲みません(^^) 僕が暑い時にビールを飲んだらどうなるか。ひどい二日酔いになり、アルコールから分解される有害物質アセトアルデヒドが不快な気分にさせ、なおさら、アルコールやアセトアルデヒドが含まれた不快な汗をかくようになり、嘔吐、頭痛など体調不良に陥ります。 なので、暑い夏こそ、水分と塩分の補給を大切にしたいものです。 ↓にほんブログ村ランキングに参加登録していま…

  • 断酒7ヶ月(貯金10,8000円)

    タイトルの数字は何かと言いますと、これまで断酒してきた期間のおおよその断酒貯金のことです。 僕は、これまで1日にビールやチューハイの500mlを約4本飲んできました。 1本当たり約150円なので、150円×4=600円(1日当たり)600円×210日(7ヶ月)=12,6000円 ほぼ毎日とは言っても飲まない日もあるので、日数を30日ぐらい引きます。 600円×180日=10,8000円 これだけの貯金ができたんじゃないかと思ってます。 こうやって数字にしてみると、これだけのお金を使って健康を害していることを考えるとこれからもお酒を飲む気持ちにはなれないですね ↓にほんブログ村ランキングに参加登…

  • やっとプロ野球が始まる

    コロナウイルスの緊急事態宣言が全国で解除されました。皆様いかがお過ごしでしょうか? 被害に見舞われた方々のご冥福と一刻も早い回復、そして、一日も早い終息を願いたいと思います。 さて、僕はプロ野球が好きなのですがコロナウイルスの影響で延期となっていました。しかし、6月19日から開幕することが決まったようで楽しみが出てきました。 プロ野球と言えば、球場にビール売り子というのがいてよく観戦していた時期がありました。 もう、そんなことはできませんが昨日も書いた通り、ノンアルコールビールで充分なので暑い暑い夏をみなさんと共に乗り切りたいと思います。 ↓にほんブログ村ランキングに参加登録しています。応援が…

  • ノンアルコールビールで充分

    僕の住む沖縄では、もうすでに梅雨入りし、雨の日や晴れの日が交互に続いたりしています。 これから、どんどん気温も上がり、暑い日が続いていくのでしょう。 昨年の11月から断酒をスタートし、夏を迎えるのは初めてなので、これから飲酒欲求も上がっていくのかもしれません。 そんな中、僕はコンビニやスーパーで売られているノンアルコールビールを飲みますが、それで充分です。 ↓にほんブログ村ランキングに参加登録しています。応援が励みになります。クリックしていただけたら幸いですm(__)m

  • 何もないという錯覚

    僕は、去年の6月から8月までお寺で修行していました(←2回目?) もう、1年ほど前なのですが滅多にできる経験・体験ではないと思っていて今での鮮明に記憶に残り、今後の人生においても良き経験として残っていくことは間違いないです。 東京都檜原村にある天光寺というところなんですが、周りには山に囲まれ、民家もなく、人里離れたポツンとした環境にありました。 こんな感じです(笑) お寺の修行なので、今まで当たり前だと思っていたものが突然、遮断された感じでものすごく不便を感じました。 第一に孤立したような環境(人も車も電車も全くないような環境) 普段、食べていた肉や魚などの動物は、まず食事には出てこなく、野菜…

  • 写経(般若心経)で邪念や雑念を取り払う

    僕は日頃、瞑想を大切なルーティンにしているのですがもう1つ大切にしているものがあります。 般若心経の写経です。定期的に、書いています。 これは、僕が書いたものなんですが般若心経は全文で漢字276文字あり、仏様の教えがまとめられています。 筆で書くのですが1枚仕上げるのに約1時間半~2時間ほどかかります。 もちろん、早く書けば早く仕上がりますがそういう問題ではないんですね。 綺麗さは問題ではないのですが、漢字1文字1文字をじっくりと丁寧に書いていくことが大切だと言われているんです。 代表4句に 色即是空(しきそくぜくう) 空即是色(くうそくぜしき) があります。 読み解いてみます。 この世は一切…

  • 命を全うして生きる

    天上天下唯我独尊 みなさんご存知の通り、仏教ではお釈迦様が天上天下唯我独尊という言葉を残しました。 はるかなる広大な宇宙があり、私たち1人1人は尊い命である。人生には、楽しみや喜びもあり、苦悩や不安もあるが命を全うしていきましょう 今さら言うまでもないことなのですが、このように説かれています。 さらに、仏教では人生に意味などないとも言われます。 この意味をどう取るかは人それぞれではありますが、確実なのは私たちはいつか必ず遅かれ早かれ1人で死んで行くということではないでしょうか。 決して、捨て身を主張しているわけではありません。 苦悩や悩みも楽しみや喜びのためのプロセスだと捉えれば、人生もより楽…

  • お酒では何も解決できない

    僕がお酒を飲むピーク時(ひどい時)の話です。 毎日のように朝から飲むようになり、寝ても覚めても部屋にはビールやチューハイの空き缶が散らかっているような状態が続きました。 何よりも飲酒を優先してしまうため、仕事や他の趣味どころではなくなり、「酒で死ねれば本望」のような思考癖までついてしまいました。 不安や悩みからアルコールに逃げてしまう傾向にあり、確かに一時期は解決してくれるかもしれませんがその後の不快感は二倍にも三倍にもなって返ってきます。 離脱症状もひどく、挙げ句の果てには、手が震えるという症状まで現れるようになりました。 常にアルコールを体内に入れていないと、不安や悩みがますます増してしま…

  • コロナの第2波がやってくる!?

    コロナウイルスの感染者が少しずつですが減ってきて終息に向かいつつあるように思います。 緊急事態宣言もこれから少しずつ解除されていくのでしょうか。 僕は専門家ではないのですが、専門家によると緊急事態宣言が解除されても、というか、解除されたら第2波がやってくると言われています。 なぜかというと、緊急事態宣言や外出自粛要請により、全国民がそれに従い、減っているだけで解除されたら、まだまだコロナウイルスに対して免疫力、対応力が備わっていないからだというのです。 じゃあ、ずっと解除しないままでいるかと言うと、おそらく、それは限界かもしれませんね。 よく共存共栄という言葉が使われていますが、まさしくその通…

  • 滝行パワースポット

    僕の趣味の1つに滝行というのがあります。 滝行とは、滝に打たれることで心身の浄化を行い、自分の成長を高めてくれる効果があります 趣味というと誤解がありそうですが、結構オススメのスポットなんですよ。 場所は、東京都檜原村にある天光寺です。 天狗滝という名前の滝場です。 仏教の教えによると、山には山の神=山王大神滝には水の神(龍の神)=龍王大神 このような神様がいるとされています。 この写真は、僕が去年の6月から8月に合計10回ほど行った滝行です。 指導してもらった住職の先生や修行僧の話によると、 滝に打たれることで苦悩や雑念、邪念を取り払うことにつながるといいます 僕が行った時は夏場の梅雨時期だ…

  • 無限の可能性(断酒にゴールなし)

    断酒して半年間、変わったことがあります。 自分軸を持てるようになった 心身ともに健康になった 好きなことや趣味に取り組めるようになった お酒をやめ続けていくというのは決して容易いことではないと思うのだが、半年間やめられた自分に対して自信が持てるようになり、ブレない自分軸で生きられるようになりました。 断酒前に87㌔あった体重も7㌔減り、80㌔まで落ちましたし、食欲も旺盛です。食欲は体調のバロメーターの1つですし、運動や仕事もしているので摂取カロリーと消費カロリーのバランスを上手く維持できています。 お酒を飲んでいる時は、何よりも飲酒が優先になっていたし、他に何もできませんでしたが断酒することで…

  • 僕が強く影響された本

    僕は、日頃から読書が好きでよく本を読むのですがその中の1冊を紹介します。 心理カウンセラーの中島輝さんが書いた自己肯定感の教科書です。 この本を読んだきっかけは、僕自身、自己肯定感が弱く、周りの目を気にしたり、不安になったりすることが強かったからです。 しかし、この本は的確に分かりやすく書かれており、僕自身の自己肯定感を高めてくれるものとなっています。 自己肯定感を高めていけば自分にも周りにもオッケーを出すことができ、正のオーラを輝かせ、人生を幸せにいきていけるといいます このブログを読んでいるみなさんが幸せになるよう願っています。 読んでいただき、ありがとうございました。 ↓にほんブログ村ラ…

  • 瞑想は最強のルーティン

    僕は、去年の6月から8月まで仏教のお寺で修行をしていました。 その中のメニューの1つに瞑想があります。 その時に教わった住職の先生によると、上のイラストのようなイメージではありますが体全体の神経を集中させ、何も考えない無我の境地を目指すというものです。 そのお寺では、毎日のように約1時間から2時間行っていましたがすぐに実現できるようなものではありませんでした。 無意識の状態を目指そうとする時に、自分は何を悩んでいて何が不安なのか自覚できるようになるといいます。 このご時世、瞑想を行っている方は多いと思いますが僕は毎日、約10分ぐらい寝る前に行い、習慣化させています。 断酒期間の半年ぐらい続けて…

カテゴリー一覧
商用