searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

Meatloafさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
えいご日日平安
ブログURL
https://tmeatloaf.hatenablog.com/
ブログ紹介文
海外営業・貿易アドバイザー・英会話教室運営などの経験から、「英語って楽しい」「面白い」「そうなんだ」を発信していきます。
更新頻度(1年)

10回 / 23日(平均3.0回/週)

ブログ村参加:2020/05/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Meatloafさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Meatloafさん
ブログタイトル
えいご日日平安
更新頻度
10回 / 23日(平均3.0回/週)
読者になる
えいご日日平安

Meatloafさんの新着記事

1件〜30件

  • 誰そ彼

    前回に引き続き、反復学習?の効用について。 高校一年生の英語のテストの問題だったと思います。詳細の記憶があまり確かではないのですが、ある会話文の会話の始まるところで、「やぁ。どう。元気だった?」という日本語に合う英文を挿入しなさい、というような問題が出されました。この問題を見た時に、虫コナーズのCMではないですが、私は「勝った」と思いました。ちょっと考えれば、簡単に英文を作れるだろうとは思いますが、私には、そのちょっと考える時間も不要でした。この曲をしょっちゅう口ずさんでいたことに加え、まさに歌い始めのところだったからです。 Electric Light Orchestra - Telepho…

  • 無意識に反復学習?

    プロ野球が6月19日から開催が決まり、プロ野球ファンには待ちに待った朗報だと思います。一方、夏の甲子園が春に続いて中止、インターハイもインカレも春高バレーも中止、と学生たちには正にコロナ憎しの日々だと思います。そんな中で、あまりスポーツイベントのように大々的に報道される訳でもないので、ご存知ない方も多いと思いますが、高円宮杯全国中学校英語弁論大会も中止が決まりました。今日は、その大会と少し関係のある内容で進めていきたいと思います。 私の息子が中学3年生の今くらいの時期だったと思います。ある日、英語の授業で教科書を一人ひとり音読させられた日がありました。いつもであれば、数行ずつなのに、その時は一…

  • ちょっと今日は長くなりますが、

    先週は毎日雨模様の日が続いていましたが、週が改まって日曜日になると、久しぶりに青空が広がりました。私の妻も朝から、掃除、洗濯、家の周りの草取り、買い物、と忙しい時間を過ごし、今はシエスタの真っ最中です。その寝顔を見ていると、これまでの共に過ごして来た約三十年をいろいろ思い出します。同じ年代の一般的な夫婦が、どの程度仲が良いのかは分かりませんが、私たちは良いほうだろうな、と思います。個人的には、感謝の気持ちを持ち続けてきたから、自然と妻に気を遣える、その事に対して、同じような気遣いをみせてくれるという繰り返しが良かったのではないかなと思います。その妻が時折、ある曲が自分自身を変えてくれたと話しま…

  • えっ、違うの?

    前回に引き続き、Jim Steinmanの曲を取り上げたいと思います。 ラジオで、"Rock And Roll Dream Comes Through" を聴いたのが、最初に興味を持ったきっかけでした。どこか哀愁が漂うイントロに惹きつけられたのを覚えています。是非、自分のステレオで聴いてみたいと思いましたが、この一曲の為にLPレコードを買う勇気がありません。でも、当時それほど日本で人気のあった曲でもないので、いつ再びFMで流れるか、分かりません。そんな中、たまたま立ち寄った貸レコード屋(若い人たちはご存知ないと思いますが、この当時至るところに、レコードを貸す店がありました)で、"Bad For…

  • きっとミスだ、間違いない!

    特別定額給付金の申請も各地で始まり、オンライン申請に欠かせないマイナンバーカードの処理で、区市町村の役所の事務処理が混乱しているようです。加えて、申請書類の記入ミスも目立つようで、職員の負担もかなり多いと報道されていました。 今日は、そのような手間のかかるミスではなく、洋楽には欠かせない歌詞の対訳に見つけた、ちょっとしたミスを2つ紹介したいと思います。ただ、アーティストには共通点がたまたまあったのが興味深いです。また、両アーティストとも私は好きで、片方は私のハンドルネームになっています。 最初は、Meat Loafの"Bad Out Of Hell"に収録されている、Two Out Of Th…

  • 思い出は、いつの日も晴れ

    数年前まで、私は仙台に住んでいました。東京で生まれ育った者から見る仙台は、空が大きく、街はきれいで、とても素敵なところでした。特に、今の時期は若葉の緑が眩しく、とても魅力的な仙台を楽しむことが出来ます。そういったことからなのか、自分の思い出の中にある仙台は、太陽が燦々と煌き、いつも晴れています。当然のことですが、毎日晴れているわけではなく、梅雨に入る時期になると、曇りがちで寒くなりますし、冬になると毎日のように雪がチラチラ舞います。まとまった雪が降ると、家のまわりの雪かきを何度もしなければなりません。それでも、思い出の中はいつも晴れている仙台です。 一方、夜の思い出は満天の星でしょうか。空が星…

  • 笑い飛ばしましょう

    東京は、コロナウイルスの感染拡大の勢いは鈍くなっているものの、感染者が依然多いということで、21日に緊急事態宣言解除の可否を判断する見通しと報道されています。一方、緊急事態宣言が解除される地域でも、今後もある程度の自粛は継続しなければならないでしょうから、まだまだこの停滞ムードからの脱却は難しいようです。 そこで、今日はそんな停滞ムードでも、なぜか聴いているほうも自然と笑ってしまうエルビス・プレスリーの名曲を紹介したいと思います。これは1969年8月26日のラスベガスでのコンサートで録音されたものです。皆さんご存知の、"Are you lonesome tonight?"の歌詞をちょっと変えて…

  • 酒とバラの日々

    先日、藤田菜七子騎手が、女性騎手としては初のJRA100勝を達成しました。久しぶりにニュースで見る顔は、以前からの可愛らしさに、精悍さ(女性に対しては失礼かも知れませんが)が加わり、とても魅力的でした。JRAが新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、今月31日の日本ダービーまで、無観客で実施すると決定しているということに加えて、フランスの「美人すぎる騎手」ミカエル・ミッシェル騎手が短期免許を終えて先月帰国してしまい、競馬ファンにはイマイチ盛り上がりに欠けるこの時、このようなニュースは良いですね。 今日は、「純粋さ」と「愛らしさ」を持つお二人のニュースを見て、ふと思い出した曲をご紹介致します。1…

  • さあ踊りましょう

    私のこれまでの仕事は、英語というものが絶えずそばにありました。それは純粋に外国語や英語を話せるようになりたいという憧れから始まっています。おそらく、その憧れが芽生えたのは、小学6年生の春くらいから聴き始めた洋楽の影響だと思います。 もちろん、その頃はまともに英語を読むことも出来ませんから、洋楽を聴いても何を歌っているのか分かりません。でも、毎日のように聴いている内に、好きな歌を口ずさんでみたい、そして友達の前で格好つけたいという、とてつもなく無茶で、かつ自然な流れの生意気な欲求が出てきました。しかしながら、当時はインターネットのような便利なものはありませんから、歌詞を調べようがありません。どう…

  • トランプ大統領は、いつもトランプ大統領

    Mr. Trump is always Mr. Trump. 英語で、あいつはいつも通りだな、という時によく聞いた表現を今日のテーマと致しました。 トランプ大統領が6日、ホワイトハウスで記者団に新型コロナウイルスについて、「米国が経験した最悪の攻撃だ。真珠湾攻撃よりひどい」と語ったそうです。 今日は実際の発言がどのように述べられたのかを見てみたいと思います. We went through the worst attack we’ve ever had on our country, this is the worst attack we've ever had. This is worse …

  • 空が青い

    若者もすなるブログというものを…、ということで、遅まきながら今回ブログに挑戦してみようと思いたちました。今は生まれ育った東京にいますが、7年前まで約20年住んでいた思い出深い仙台のことも織り交ぜながら、様々な英語に今後触れていきたいと思っています。 新型コロナの感染拡大がなかなか収まらない中、緊急事態宣言が5月末まで延長となりました。5月末まで、またこの重苦しい空気感の中で過ごすのかと思うと、いささかウンザリという感じですが、ただ一つ良いなと思えるのは、これまでの外出自粛の良い影響なのか、青空が以前よりもきれいなことです。でも、その青空もどこか屋外では満喫しづらい雰囲気ですね。 そこで今日は、…

カテゴリー一覧
商用