searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

かものはしすずさんのプロフィール

住所
愛知県
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
かものはしすずの御朱印神社散歩
ブログURL
https://kamonohasisuzu.hatenablog.com/
ブログ紹介文
かものはしすずが神社仏閣を参拝し、「御朱印」「御朱印帳」「陶器おみくじ」などを頂く日記です。たまに他のことも書いたりする気まぐれな日記です。
更新頻度(1年)

4回 / 27日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2020/05/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、かものはしすずさんの読者になりませんか?

ハンドル名
かものはしすずさん
ブログタイトル
かものはしすずの御朱印神社散歩
更新頻度
4回 / 27日(平均1.0回/週)
読者になる
かものはしすずの御朱印神社散歩

かものはしすずさんの新着記事

1件〜30件

  • 集めてみたい!かわいい・かっこいい御朱印帳 その5

    様々な神社仏閣の御朱印帳をまとめてみました! 今回は御朱印帳特集です。今まで参拝させて頂いた神社仏閣で出会った個人的に気に入った御朱印帳を紹介します!少し京都府の御朱印帳が多めですが、ご了承ください。 大将軍八神社 住所: 京都府京都市上京区西町48 一条通御前西入ル この神社は、陰陽道による、方位の災厄を解除するために創建された神社です。 そんな神社の御朱印帳は1種類のみ。星座がモチーフの御朱印帳です。 (大将軍八神社 ホームページ↓) 大将軍八神社 建勲神社 住所:京都府京都市北区紫野北舟岡町49 船岡山公園内に鎮座する、織田信長公を祀る神社です。 そんな神社の御朱印帳は5種類あります。 …

  • 集めてみたい!かわいい・かっこいい御朱印帳 その4

    様々な神社仏閣の御朱印帳をまとめてみました! 今回は御朱印帳特集です。今まで参拝させて頂いた神社仏閣で出会った個人的に気に入った御朱印帳を紹介します! 江島神社 住所:神奈川県藤沢市江の島2丁目3番8号 日本三大弁財天の1つとされる神社であり、神社が鎮座する江島は”天女が降りてできた島”とされています。 そんな神社の御朱印帳は、4種類あります。 画像はその1つです。 天から舞い降りてくる可愛らしい天女(弁財天)の姿が描かれています。 ビニール製のカバー付きです。 (江島神社 ホームページ↓) 【公式】日本三大弁財天・江島神社 熊野速玉大社 住所:和歌山県新宮市新宮1番地 熊野三山を構成する神社…

  • 集めてみたい!かわいい陶器おみくじ その6

    様々な神社の陶器おみくじを集めてみました! 今回はおまけページということで、御朱印とは関係なくてすみません。今まで参拝させて頂いた神社で出会ったすてきな陶器おみくじを紹介します! 三輪神社 うさぎみくじ 住所:愛知県名古屋市中区大須3丁目9-32 こちらはこの神社の神様の使いである、あの”因幡(いなば)の白兎”のうさぎがおみくじとなっています。境内には”なでうさぎ”という、うさぎの石像があったり、よく見るといたるところにうさぎの置物を見つけることができます。 三輪神社 きつねみくじ 住所:愛知県名古屋市中区大須3丁目9-32 同じく三輪神社ですが、こちらのおみくじは末社である福光稲荷社にちなん…

  • 櫛田神社

    遠出出張版です。九州旅行2日目、3社目です。 住吉神社から徒歩10分程で目的の神社に着きました。 櫛田神社:くしだじんじゃ 住所:福岡県福岡市博多区上川端町1-41 ホームページなし まず目を引くのは、街中にそびえる楼門です。 知識が足りず、”稜威”の意味が分かりませんでした。 恥ずかしながら、帰宅後調べました。載せておきます。 意味は2つあるようです。 【稜威(いつ)】 ①神聖であること。 ②勢いの激しいこと。威力が強いこと。 パッと見たところ、境内の入り口であることも考えると①の意味がふさわしい気もしました。しかし、この神社が「博多最古の総氏神様」としていることを考えると、②の”威力が強い…

  • 筑前國一之宮 住吉神社

    遠出出張版です。九州旅行2日目、2社目です。 太宰府天満宮から再び”旅人(たびと)”バスに乗り、博多駅に戻ります。 料金は610円で、博多駅まで40分程です。 目的の神社は、博多駅から徒歩5分程のところにあります。 筑前國一之宮 住吉神社:ちくぜんのくにいちのみや すみよしじんじゃ 住所:福岡市博多区住吉3丁目1-51 ホームページあり 余談ですが、この一宮について少し調べてみました。 【こぼれ話 2つの一宮と二宮・三宮】 筑前国(ちくぜんのくに)には、一宮が2つあります。1つはここ、住吉神社。2つ目は、筥崎宮(はこざきぐう)です。 しかし、中世以前(一宮制度ができた当初辺り)の史料がないため…

  • 太宰府天満宮(権宮司さんが解説してくださいました)

    遠出出張版、九州旅行2日目の1社目に向かいます。 博多駅から出発します。 8:00になると券売機が使えるようになるので、そこで切符を買いました。(ここで、切符を買わなくてもバスを降りる際に現金で払うこともできます。) 料金は610円でした。 8:10 12番バス停から”旅人(たびと)”というバスに乗りました。 事前に観光案内所でこのバスが混むかどうか聞きました。 「始発はそれほど混まない」ということだったので、始発の8:10発を選びました。 それでもバスが満席まであと数席...というくらいだったので、やはり早めに並ぶことをおススメします。 揺られること40分、終点の「大宰府」に到着です。 参道…

  • 散歩休憩中~アームバンドを作る~

    皆さんご存じの通り、コロナにより、外出自粛要請が出ています。そのため現在、神社散歩も絶賛お休み中です。 更新している九州旅行編は外出自粛要請前のものになります。ご安心を。 もちろん、散歩休憩中も神社や御朱印の本を読んだり、調べたりと充実しています。 今回はふと、思い立ちました。 「そうだ!アームバンドを作ろう!」 どういうことかと言いますと、私の場合、散歩ができない空き時間は、料理などの家事に時間をかけるようになりました。 すると、もう服の袖が邪魔で邪魔で仕方がないのです。 まくって家事をしていると、服によってはずり落ちてくる... と、言うことで、袖をとめるアームバンドを作ることにしました!…

  • 筑後国一宮 高良大社

    遠出出張版です。九州旅行初日4社目に向かいます。 千栗八幡宮から車で40分程。福岡県に入り、つづら折の道路を山の上へ上へと進み、次の神社の駐車場に到着です。 九州旅行初日4社目。 高良大社:こうらたいしゃ 住所:福岡県久留米市御井町1 ホームページあり 高良大社は、筑後国(ちくごのくに)一宮です。 余談ですが、この一宮について少し調べてみました。 【こぼれ話 一宮・二宮・三宮】 高良大社が鎮座する筑後国は、一宮として高良大社が1社だけ定められ、二宮・三宮があったかどうかが分かっていません。 高良大社への信仰が篤く、二宮以降を定める必要がなかったのか。 それとも、一宮としての制度が、他を定める程…

  • 肥前国一宮 千栗八幡宮

    遠出出張版です。九州旅行初日3社目に向かいます。 祐徳稲荷神社を後にして、街中を1時間半ほど車で走っていきます。 砂利の駐車場に着くと、目的の神社の鳥居を見ることができます。 九州旅行初日3社目。 千栗八幡宮:ちくりはちまんぐう 住所:佐賀県三養基郡みやき町大字白壁2403 ホームページなし 一宮論争のもう1つの場所にいよいよ到着です。 そう、このタイトルにあるように、千栗八幡宮も肥前国一宮なのです。 (一宮論争について気になる方は、「與止日女神社」の記事をご覧ください) 階段を登ると、正面に拝殿が現れます。 拝殿の様子です。 参拝を終え、社務所で御朱印を頂きます。 拝受した御朱印です。 御朱…

  • 祐徳稲荷神社

    今回も遠出出張版です。 九州旅行初日2社目に向かいます。 與止日女神社を後にして、佐賀大和インターチェンジから再び高速(長崎自動車道)に乗り、武雄北方インターチェンジで降り、50分程車を走らせます。 大鳥居を車でくぐり、無料駐車場に停めました。 九州旅行初日2社目。 祐徳稲荷神社:ゆうとくいなりじんじゃ 住所:佐賀県鹿島市古枝乙1855 ホームページあり 車を降りると、そこには川があり、立派な神橋がかかっていました。 神橋を渡り、鳥居を一礼してくぐります。 手水舎で清め、立派で朱色の映える楼門を仰ぎます。 楼門をくぐろうと正面に目をやると目を引くのはこちら。 楼門入口の両脇に鎮座しており、有田…

  • 肥前国一宮 與止日女神社

    今回は遠出出張版です。 コロナウイルスがまだ中国で猛威を振るっており、日本で数名の感染者が出始めた頃のことですが、一泊二日の九州旅行に行きました。その時に参拝した神社について紹介していきたいと思います。 福岡空港に着くと、まず事前に予約しておいたレンタカー店へ、お店の送迎車に乗せて頂いて向かいます。 手続きを終えていざ出発! 高速に乗り、長崎自動車道で佐賀県に入ります。 佐賀大和インターチェンジを降りて5分程車を走らせると目的の神社が見えてきました。 初日1社目はこちら、肥前国一宮です。 與止日女神社:よどひめじんじゃ 住所:佐賀県佐賀市大和町大字川上1-1 ホームページあり 余談ですが、この…

  • 敢國神社(伊賀国一宮) 油日神社 大鳥神社

    遠出出張版、滋賀県編続きます!今回は凝縮して3社まとめて紹介します。 1社目です。 敢國神社:あえくにじんじゃ 住所:三重県伊賀市一之宮877 ホームページあり 駐車場は境内の南側にあり、砂利の駐車場です。 駐車場から拝殿への道のりは表参道と裏参道があります。 表参道は道路に沿って歩き、鳥居横に出ます。 裏参道は境内の中を歩き、社務所横に出ます。 表参道鳥居から見た拝殿です。 画像の中央、階段上に木々に囲まれるようにしてひっそりとたたずむのが拝殿です。 余談ですが、この一宮について少し調べてみました。 【こぼれ話 主祭神について(あべ家の総祖神と言われるわけ)】 現在の主祭神は、大彦命(おおひ…

  • 紫香楽一之宮・新宮神社

    遠出出張版になります! 紫香楽一之宮 新宮神社:しがらきいちのみや しんぐうじんじゃ 住所:滋賀県甲賀市信楽町長野1151−1 ホームページ、Facebookあり 私たちの知る一宮ではありませんが、神社名として一之宮とつくようです。 神社名の紫香楽は”しがらき”と読みます。現在は信楽(しがらき)と書きますが、新宮神社の神職の方によると、昔は”紫香楽宮”という都があり、そう書いていたそうです。 駐車場は信楽駅近く、交番横の観光駐車場に停めました。 駐車場から徒歩3分程でした。 駐車場から神社までの道には陶器商店があり、信楽らしい陶器のたぬきが並んでいました。 神社までの道のりは、信楽を舞台にした…

  • 宇治神社 宇治上神社

    遠出出張版です。京都観光二日目の地は宇治となりました。 京都駅からJR奈良線に乗りました。たまたま快速に乗ることができ、20分程で宇治に到着。料金は片道240円でした。 この日は、平等院鳳凰堂→宇治神社→宇治上神社のルートで行きました。 平等院を参拝後、朝霧橋を渡り宇治神社へ。 宇治神社は、JR宇治駅からは徒歩10分程、平等院からは5分程のところにあります。 宇治神社の紹介に入る前に1つだけ。 それは、この宇治という地名について。 元々この地は、宇治神社の御祭神である菟道稚郎子命の菟道(うぢ)からきている歴史地名だそうで、”内なる場所”を意味しているそうです。 それがいつしか宇治(うじ)に変わ…

  • 一宮(いちのみや)はいつ・どうやって選ばれたのか?

    一宮の神社についてしらべてみました! 皆さんは気になったことはありませんか? 「なぜここが一宮なのだろう?」 私は御朱印を拝受し始めた時に一宮の選定基準が気になり、調べました。 当時はノートにまとめていましたが、今回は調べた内容を記録として残すために、分かりやすくしてブログにまとめ直しました。 最後に参考にさせて頂いた本を載せたので、気になった方は読んでみてください。中でも二冊目の渋谷申博さんの本が個人的におすすめです! なお、”一之宮”、”一の宮”とも書きますが、今回は参考にした本にならって、”一宮”とします。 一宮の神社についてしらべてみました! 一宮とは 一宮の制度はいつできたのか どの…

  • 平野神社

    今回は遠出出張版です。一泊二日の京都旅行の中で、平野神社に行ってきました! 平野神社:ひらのじんじゃ 住所:京都府京都市北区平野宮本町1 ホームページあり 今回は地下鉄・バスが主な交通手段でした。そのため、京都駅の観光案内所で地下鉄・バス二日券(1700円)を購入。 この券がとても便利で、利用範囲も広く、利用できるバスの種類も多いというのが大変ありがたい。 平野神社についたのは、日が少し傾きだした午後。 鳥居の外から境内を覗けば、鮮やかに紅葉した桜の木の多いこと多いこと。 画像に写る木は全て桜の木です。 平野神社は桜の名所として有名な神社です。 その地名度の高さは平安時代からとのことで驚きでし…

  • 集めてみたい!かわいい陶器おみくじ・地方別編 近畿地方

    近畿地方の神社仏閣のかわいい陶器おみくじを集めてみました! 今回はおまけページということで、御朱印とは関係なくて申し訳ないですが、近畿地方の神社仏閣で頂いた陶器おみくじをまとめてみました!随時更新していきたいと思います。 最寄り駅、バス停と駐車場の有無も載せました。 ~三重県~ 皇大神宮(伊勢神宮 内宮)おかげ横丁 おかげ犬みくじ おかげ横丁「おみやげや」で販売しています。「おみやげや」ホームページあり。 神宮の授与所にあるわけではありませんが、おかげ犬をモチーフにした神宮にちなんだおみくじなので紹介します。色は画像にある黒、白の他に黄色を加えた三種類です。 背景は伊勢名物赤福で有名な赤福本店…

  • 集めてみたい!かわいい陶器おみくじ・地方別編 京都府

    京都府の神社仏閣のかわいい陶器おみくじを集めてみました! 今回はおまけページということで、御朱印とは関係なくて申し訳ないですが、私が京都府の神社仏閣で見つけたかわいい陶器のおみくじを市別、区別にまとめてみました! 随時更新していきたいと思います。 最寄りの駅、バス停と駐車場の有無も載せました。 ~京都市伏見区~ 荒木神社 きつねみくじ 住所:京都府京都市伏見区深草開土口町12‐3 伏見稲荷大社の大鳥居をくぐり、稲荷山を少し登ったところにある神社です。 ホームページによると、ナビを使うと間違ったところに案内されてしまうことがあるそうで、「産場稲荷」を目的地に設定しました。詳しくは神社のホームペー…

  • 集めてみたい!かわいい・かっこいい御朱印帳 その3

    様々な神社仏閣の御朱印帳をまとめてみました! 今回は御朱印帳特集です。今まで参拝させて頂いた神社仏閣で出会った個人的に気に入った御朱印帳を紹介します! 美保神社 住所:島根県松江市美保関町美保関608 えびす様こと、事代主神が有名な神社です。 そんな神社の御朱印帳はこちらです。 御祭神である2柱、”三穂津姫命”の五穀豊穣を象徴する稲穂を、”事代主神”を象徴する鯛がくわえて海をはねる姿が描かれています。 表には欄があり、好きに書くことができます。私は筆で”御朱印帳”と書きましたが、上手く書けなかったので隠させてください。 白兎神社 住所:鳥取県鳥取市白兎603 ”因幡(いなば)の白うさぎ”という…

  • 集めてみたい!かわいい・かっこいい御朱印帳 地方編・豊橋

    随時更新、豊橋の御朱印帳をまとめてみました! 今回も御朱印帳特集です。今まで参拝させて頂いた神社仏閣で出会った個人的に気に入った御朱印帳を紹介します! 吉田神社 住所:愛知県豊橋市関屋町2 この神社は手筒花火発祥の地とされており、お祭りの際に見ることができます。 そんな神社の御朱印帳には、もちろん表紙に手筒花火が描かれています。 木製の御朱印帳で、裏面のデザインは”大筒花火練込み”と”笹踊り”の2種類があります。 私は大筒花火練込みの方を選びました。 安久美神戸神明社 住所:愛知県豊橋市八町通三丁目17 この御朱印帳は特殊な技法で作られているそうです。 画像では見えづらいので、一見真っ赤なだけ…

  • 集めてみたい!かわいい・かっこいい御朱印帳 その2

    様々な神社仏閣の御朱印帳をまとめてみました! 今回も御朱印帳特集です。今まで参拝させて頂いた神社仏閣で出会った個人的に気に入った御朱印帳を紹介します! 波上宮 住所:沖縄県那覇市若狭1-25-1 この神社は昔、この波の上の崖端を聖地、拝所として神々に豊漁と豊穣と日々の祈りを捧げたことに始まるそうです。 沖縄の伝統”紅型”で作られています。表は紅型らしい柄、裏には金地に波上宮が描かれています。 ちなみビニール製のカバー付きです。 画像の他に水色と白があります。 井伊谷宮 住所:静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1991-1 この神社の御祭神が和歌に秀でていたことから”学徳成就・合格”の神様として崇めら…

  • 集めてみたい!かわいい・かっこいい御朱印帳 その1

    様々な神社仏閣の御朱印帳をまとめてみました! 今回は御朱印帳特集です。今まで参拝させて頂いた神社仏閣で出会った個人的に気に入った御朱印帳を紹介します! 晴明神社 住所:京都府京都市上京区晴明町 806堀川通 平安時代の陰陽師、安倍晴明公を祀る神社で、晴明公の屋敷跡に建てられています。 金糸で晴明桔梗が描かれています。 龍城神社 住所:愛知県岡崎市康生町561 岡崎公園内 岡崎城で徳川家康公が誕生した際に金色の龍が現れたというという伝説にちなんだデザインとなっています。 この神社には他にも龍にまつわる伝説が伝わっています。 徳川家康公の家紋も描かれています。 三河国・岡崎 六所神社 住所:愛知県…

  • 集めてみたい!かわいい陶器おみくじ その5

    様々な神社仏閣の陶器おみくじを集めてみました! 今回もおまけページということで、御朱印とは関係なくてすみません。今まで参拝させて頂いた神社仏閣で出会ったかわいい陶器おみくじを紹介します! 文子天満宮 牛みくじ 住所:京都府京都市下京区間ノ町通花屋町下る天神町400 文子天満宮は、菅原の道真公を「天神」として最初におまつりした神社であるそうで「天神信仰発祥の神社」とされています。 そんな神社のおみくじは少しリアルな白い牛のおみくじでした。 菅原院天満宮神社 牛みくじ 住所:京都府京都市上京区堀松町408 菅原道真公がお生まれになった土地の神社です。ここのおみくじはやはり牛! 上の文子天満宮と比べ…

  • 集めてみたい!かわいい陶器おみくじ その4

    様々な神社・仏閣の陶器おみくじを集めてみました! 今回はおまけページということで、御朱印が関係なくてすみません。これまで参拝した神社・仏閣で見つけたかわいい陶器おみくじを紹介します! 三宅八幡宮 はとみくじ 住所:京都府京都市左京区上高野三宅町22 こちらは八幡宮の使いが鳩(はと)であることにちなんだおみくじだそうです。おみくじだけではなく、お守りなども鳩があしらわれており、境内には本物の鳩がたくさん羽を休めていて、とても癒されました。白いため、他のおみくじの色が付きやすいので保管には注意が必要です。 日吉大社 神猿(まさる)みくじ 住所:滋賀県大津市坂本五丁目1-1 神の使いである猿がモチー…

  • 龍城神社 菅生神社

    今回はまとめて2社紹介します。 岡崎に用事があって出かけたのですが、待ち時間ができてしまったので、時間の許す限り、御朱印巡りをすることにしました。 まず1社目。 龍城神社:たつきじんじゃ 住所:愛知県岡崎市康生町561 岡崎公園内 ホームページあり 駐車場は岡崎公園駐車場を利用しました。 料金は30分100円。駐車場の利用可能時間は8:30~21:30です。 公園内は木製の看板が要所要所にありました。 ホームページには公園内の地図もあり、看板は龍城神社こちらのものもありますので、場所は分かりやすいと思います。 分からない方は駐車場からお城を目指して向かわれるといいと思います。 橋を見つけたらあ…

  • 豊川稲荷

    今回は番外編ということでお寺です。 神社散歩なので、お寺である今回は記事にするつもりはありませんでしたが、散歩の思い出ということで、悩んだ末に記事という形で残すことにしました。 なので、観光寄りの記事になりますが、ご容赦ください。 豊川稲荷は俗称で、正式には妙嚴寺と言います。 ホームページよれば、祀られている豐川吒枳尼眞天(とよかわだきにしんてん)が稲穂を荷い、白い狐に跨っていることから、いつしか「豊川稲荷」が通称として広まり、現在に至っているとのこと。 日本三大稲荷の1つです。 狐好きとしてぜひ行かねばと思い、参拝することにしました。 圓福山 豊川閣 妙嚴寺:えんぷくざん とよかわかく みょ…

  • 北畠神社

    遠出出張版続きます。北畠神社に行ってきました! 北畠神社:きたばたけじんじゃ 住所:三重県津市美杉町上多気1148 ホームページなし 駐車場は境内北側の坂を登ったところに砂利の駐車場があります。 一の鳥居から見る橋は、隅に苔が生えていて朱色が映えて素敵でした。 川は水が澄み、緑に包まれた境内に水音が聞こえて心地よかったです。 参道は庭園をぐるりと回るようにして境内へと案内していました。 こちらの神社の手水舎は中央の笹の生えた岩から水が沸く仕様となっていて、大きく、雰囲気のあるものでした。 拝殿の様子です。 周囲の木々が社殿に寄り添うように生えていました。 社務所は拝殿手前にあります。 宮司さん…

  • 河内国一宮 枚岡神社

    遠出出張版続きます。河内国一之宮 枚岡神社に行ってきました! 枚岡神社:ひらおかじんじゃ 住所:大阪府東大阪市7-16 ホームページあり 余談ですが、この一宮について少し調べてみました。 【こぼれ話 一宮・二宮】 河内国(かわちのくに)には現在、二宮まで存在しています。一宮はここ、枚岡神社。二宮は恩智(おんぢ)神社です。三宮以降は「存在しなかった」とされています。問題はこの二宮です。一説には、二宮があったとする確実な史料や証明がないため、”二宮以降は存在しなかった”とされているそうです。 駐車場は一の鳥居をくぐって左手に無料駐車場があります。 参道は広く、振り返るとどっしりとした二の鳥居が遠く…

  • 石切劔箭神社

    遠出出張版続きます。石切劔箭神社に行ってきました! 石切劔箭神社:いしきりつるぎやじんじゃ 住所:大阪府東大阪市東石切町1-1-1 ホームページあり 駐車場は境内北側に有料駐車場があります。 1時間300円でした。 後で調べると、どうやら南側にも駐車場があるようです。 境内は駐車場の車の台数以上に参拝者の方がいました。皆さん電車や徒歩でいらっしゃるようです。 境内の周囲の道が大変狭いのも、皆さんが車を利用されない理由の1つだと思います。 御本殿前には百度石が設けられていて、回って参拝する方が多かったです。 御本殿の様子です。 御朱印、御朱印帳は、授与所ではなく授与所の反対側の崇敬会館の中に受付…

  • 石清水八幡宮

    今回は遠出出張版です。石清水八幡宮に行ってきました! 石清水八幡宮:いわしみずはちまんぐう 住所:京都府八幡市八幡30 ホームページあり 駐車場は石清水八幡宮東側、ケーブルカーのある八幡市駅から徒歩3分のところにある市営駐車場に停めました。 石清水八幡宮ホームページに記載されている駐車場は一日500円。今回停めたところは、少し歩きますが1時間100円でした。 石清水八幡宮は男山の山頂に鎮座しています。 徒歩で登ることもできますが、天候が心配だったので行きはケーブルカー、帰りは裏参道を徒歩で下りました。 ケーブルカーは片道200円、往復400円でした。 3分程して山頂に到着。本殿裏側に着いたので…

カテゴリー一覧
商用