searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

掘口 亮さんのプロフィール

住所
東京都
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
日中好一対記録
ブログURL
https://blog.iroirochina.com/
ブログ紹介文
一人の草食系日本人男性とグイグイ系中国人女性の結婚までの軌跡をブログにしました。国際交際、国際結婚ってどんな感じ?、中国の人ってどんな感じ?など、興味のある方はお付き合いいただければと思います。
更新頻度(1年)

50回 / 175日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2020/04/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、掘口 亮さんの読者になりませんか?

ハンドル名
掘口 亮さん
ブログタイトル
日中好一対記録
更新頻度
50回 / 175日(平均2.0回/週)
読者になる
日中好一対記録

掘口 亮さんの新着記事

1件〜30件

  • 彼女も退プロ

    2016年3月某日東京 私が退プロしてからちょうど一か月。新しい職場にも慣れつつあり、少し前の現場が懐かしくもあったある日、八谷さんからの連絡で彼女が退プロすることを知った。私がいなくなったことにより、八谷さん一人で面倒を見るのが嫌になった

  • 中国ガールズトーク

    2016年2月某日東京 彼女と付き合っていくと自ずと、それぞれの交友関係を相手に紹介したりする。 彼女にももちろん友達がいるわけだが、そんな友達の中で日本人とお付き合いしているのは彼女だけのようで他の中国人女子からは、彼女も私も好奇の目にさ

  • 春節 in 横浜②

    2016年2月某日横浜 前回に引き続き、横浜中華街より。中国人だらけの中華食堂で落ち着かない私であったが、注文して出てきた料理はとてもおいしかった。豚の角煮をご飯にかけた角煮丼と水餃子、春巻き。春巻きは注文したわけでもないのだが、お店のサー

  • 春節 in 横浜

    2016年2月某日東京 私が退プロしたこともあり、平日は彼女と会う機会も減り少し寂しい気持ちもあったが、その分週末にお互いの一週間の出来事を話す時間があったりと変化はありつつも月日は過ぎていく。 そんなある日、中国のお正月いわゆる春節がいま

  • プロジェクト退場

    2016年2月某日東京 私たちが作成してきたWebサイト作成プロジェクトも軌道に乗りつつあり、開発をしてきたメンバも一人また一人とプロジェクトを去ることになる。 何名かを見送っていく中でついに私もプロジェクトを去ることと相成った。抜けるのは

  • 二次会絡み酒

    2016年2月某日東京 前回の飲み会の席で付き合っていることを仕事仲間に打ち明けたその二次会で。彼女も付いてきたいといったが八谷さんの「ここからは男の時間だ。」と言う意味不明な理由に納得したのかしていないのかは不明だが、不参加となった。 参

  • 交際発覚

    2016年2月某日東京 昨年やっとの思いで完了したWebサイト構築案件。現在はそのサイトの保守作業と言われている監視作業であったり細かい修正をしたりがメインの仕事になっている。開発をやっていた以前に比べれば、作業量もグッと減り定時に帰ること

  • 初詣

    2016年1月某日東京 彼女が中国から帰国してすぐのこと。どちらから言い出したのか、急遽初詣に行くことになった。帰国日の関係で正月三が日とはいかなかったが一月の一週目なのでギリギリ正月滑り込みだ。私は彼女と会うまでは初詣をする習慣はなく、小

  • 帰国後のよそよそしさ

    2016年1月某日東京 彼女が12月末に帰国した。私も地元に帰り、静かに年末年始を過ごすことになった。彼女とは約2週間会わない期間となった。ちょくちょくWeChatとでは連絡をしてはいたが、帰国後に始めて会うことになったときは少しドキドキし

  • 彼女と彼女の母の電話

    2015年12月某日東京 年末が近づいてきたある日の休日。彼女は年末年始はいつも中国に帰省する。去年八谷さんとけんかしていた(けんかの詳細はこちら)のを思い出す。彼女にとっては一年で一回だけしか返らないので帰国前は念入りに準備をする。 その

  • 彼女の当り前

    2015年12月某日東京 彼女と付き合いだして約一か月。お互いの家を行き来しながら休日を共にしていく中で、プライベートな一面を知っていくことになる。と言っても、まだ一月。お互いすべてをさらけ出しているわけではないので大きな驚きとまではいかな

  • いざ、実食

    2015年12月某日東京 前回の調理工程をへて、いよいよテーブルの前に料理が並べられる。ラーメンと焼き餃子という日本の中華料理では定番の二品が眼前に用意された。見た目はそこまで、「おかしくはないな」というのが第一印象で、申し訳ないが美味しそ

  • 初めての手料理

    2015年12月某日東京 彼女の家に訪れた当初の目的、、いよいよ彼女がキッチンに立ち何やらごそごそ冷蔵庫を漁りだした。 「すぐに出来ますから、掘口さんは私の部屋にいてください!」 そう話し、席を立った彼女の様子をドアの隙間からこっそりと覗く

  • ルームメイトと

    2015年12月某日東京 彼女の家訪問をすることになった前回の続き。 ルームメイトと鉢合わせすることなく、少し安堵する私をよそにルームメイトに紹介しようとする彼女。こちらの意見を聞く前にお構いなしにルームメイトに声をかけていく。 「もしもー

  • 初訪問

    2015年12月某日東京 付き合い始めてひと月余りが過ぎたある日。 「掘口さん、土曜日は私の家に行きましょう!料理をご馳走します!」 仕事帰りの週末の電車の中で突然のお誘いがあり、私は彼女の家に初訪問することとなった。彼女の家といってもシェ

  • うどんで感動?

    2015年12月某日東京 私たち二人の交際は、いろいろな序盤のステップをすっ飛ばして来た。そんなわけで、相手の家にお邪魔するという一大イベントが特に緊張感もないまま当たり前のことのようになっていた。ただし、彼女の家はシェアルームということも

  • 初デート?

    2015年12月某日東京 お付き合い開始から初めての週末。仕事中も一緒に帰宅しているときも付き合う前とほとんど変わってはいなかったが、 週末に二人で出かける約束を付き合ったその日にしていたので、心の中は少しドキドキしていた。女の人と二人で出

  • 誕生会にて

    2015年11月某日東京 前回に引き続き、誕生会にて。よくよく考えたら昨日の夜は12時を回っていたので彼女の誕生日が交際開始日となったなぁなどと考える余力もない二日酔いの私をよそに、八谷さんからしゃぶしゃぶの食べ方を教わり黙々と食べている彼

  • 次の日が誕生会??

    2015年11月某日東京 一夜明けたこの日。お互い緊張しながらの二人きりの時間は長くは続かなかった。本日は土曜日。普段であればたまった洗濯物を洗ったり昼頃まで寝たりとだらだらするだけの日なのだがこの日は先約が入っていた。なんとこの日は彼女の

  • いきなり添い寝??

    2015年11月某日東京 初めてのお客様を家に招くことになったこの日。いつものリラックス空間に少しばかりの緊張感が漂っている。彼女はというと、玄関まではすんなり来たのだが、そこから部屋に入るまでの短い廊下で落ち着きなくたたずんでいた。 「本

  • 転機の日のその後

    2015年11月某日東京 前回に引き続き、私のアパート前。 ずっとこのままにしているわけにもいかず、かといって帰宅してもらうわけにもいかず。。選択肢としては今日は私の家に泊まってもらうしかないわけだが、そうすぐに招くわけにはいかない理由もあ

  • 出会いからを振り返って

    これまで私と彼女の出会いから、お付き合いするまでを綴ってきました。改めて思い出しながら書いてみましたが、一つ一つの思い出がこれまでの人生では経験できなかったインパクトがあるようで、鮮明に覚えていることが多く楽しく書くことができました。東京に

  • 転機の日

    2015年11月某日東京 毎日同じように仕事をして、同じように飲みに行き、同じように帰宅する。 そんな日々であったが少しずつ違うところもあった。彼女と私が帰る際、始めのころは最寄り駅で別れていた。しかし回を重ねるごとに、別れる場所が少しずつ

  • 飲み会三昧

    2015年11月某日東京 プロジェクトも落ち着きはじめ、忙しかった時期が嘘のように定時ぐらいに帰れる日が続いた。 ストレスから解放された私たちは、今では考えられないハイペースで飲みに行くようになっていた。 大体は私と八谷さんと後輩の三人にプ

  • 二人きりの昼ごはん②

    2015年10月某日東京 前回の昼ご飯の続き。久しぶりに話すこともあって、仕事のことやプライベートのことなど話す内容はたくさんあった。ちなみに、前回のわかめご飯については結局口に合わなかったらしく、私の白飯と交換と相成った。 「仕事中は相談

  • 二人きりの昼ごはん①

    2015年10月某日東京 無事に本番が稼働して2ヶ月あまり。その中で大小トラブル、障害もあったが何とか乗り切ってようやくシフト勤務から解放されることとなった。シフト勤務をしている間は、慣れない深夜作業と少ない人数でトラブルを解消しなければな

  • リリース後のすれ違い

    2015年8月某日東京 本番リリースをしてしばらくの間は24時間監視作業を実施する。これはWebサイトでは避けて通れない。 監視作業をするにあたり、大きく3班に分かれることになった。9時-18時のパターン①、13時-22時のパターン②で大体

  • ついにリリース!

    2015年7月某日東京 長かった開発も一段落し、いよいよリリース(サイトオープン)当日。 八谷さんをはじめ、周りのメンバーはソワソワして落ち着かない。 今回作成したのは一般向けのWebサイトだったため、みんなスマホを片手にオープンと同時に突

  • 彼女の卓球の腕前

    2015年6月某日東京 ある日の飲み会にて。話題は各々がどんな部活をやっていたかの話になった。 彼女は部活はやっていないとの事であったが、卓球とバドミントンは得意だと話した。 そんな何気ない話に、なぜか八谷さんが俺のほうが上手だと噛みついた

  • 深夜の遭遇

    2015年5月某日東京 残業は突然やってくる。 現在のプロジェクトもだいぶ形になってきたゴールデンウイーク明けに事件が起こった。 重要な機能に不具合があり、仕様変更が発生するとのことだった。 修正するだけであればそれほど難しくはなかったのだ

カテゴリー一覧
商用