searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

お兄さんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
mizuhiro19450のブログ
ブログURL
https://mizuhiro19450.muragon.com/
ブログ紹介文
〇〇(お兄さんですヾ(oゝω・o)ノ)) ダイエットや痩せる為に色々な情報を発信するための 総合情報サイトになります。 効果があった内容や秘訣ダイエット、 時代に沿ったダイエット情報 などを投稿しています。
更新頻度(1年)

224回 / 365日(平均4.3回/週)

ブログ村参加:2020/04/21

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、お兄さんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
お兄さんさん
ブログタイトル
mizuhiro19450のブログ
更新頻度
224回 / 365日(平均4.3回/週)
フォロー
mizuhiro19450のブログ

お兄さんさんの新着記事

1件〜30件

  • 緊張しないストレッチの方法と効果……これで完璧!

    緊張は誰でもするもの。緊張する前にストレッチと深呼吸でリラックスしましょう! 人前で発表する時に上がらないポイント ◆1番目に発表する まず、何か発言をしなくてはいけない時には、1番目に発表すれば、 雰囲気によるプレッシャーは気になりません。発表している人の内容を聞いている...

  • ストレッチはいつやるのが効果的?

    目的や時間帯によってストレッチを使い分けて。 運動の前にウォームアップをして筋肉の温度である。 『筋温』を上げると効率よく動けるようになり、 逆に体が冷え固まっていると痛みを感じやすいことはご存知かと思います。 筋肉を痛めないためには、 体が温まって伸びやすいお風呂の後やほ...

  • ピラティスでカーヴィーな愛されボディ!

    (1)両手を広げ、背筋を伸ばして長座します。 ソフトボールや小さいクッションを両足ではさみ、 足がボールやクッションから離れないように注意しましょう。 <息を吸って>準備。 (2)<吐きながら>上体を右へねじる。背中が丸くならないよう注意する。 (3)<吸いながら>元の位置...

  • たった1分でできる骨盤引き締めエクササイズ

    骨盤をしっかり立てます。 1. イスに浅く座り丸めたタオルを両ひざではさみます。 下腹に力を入れて、姿勢良く。 2. 両手で肋骨を包むようにはさみます。 3つ同時が難しければ、まずは(2)と(3)だけでもOKです。 3. この状態から以下の3つの動作を同時に行い、5秒間制止...

  • ●寝て応用! 骨盤下腹ストレッチ

    肩は床に着けましょう 1.仰向けになり、膝を立てて肩幅に脚を開きましょう 肩、背骨、膝が一直線になるように 2.息を吐きながら、ゆっくりお尻を引き締めながら持ち上げていきます。 そのまま5秒間停止。停止したあとは息を吸いながら、 ゆっくりお尻を下げていきましょう。 1~2を...

  • 「骨盤底筋群」の役割はとっても重要!

    あなたのお悩みの原因はもしかすると骨盤底筋群が弱っているのかも…… あまり知られていない骨盤底筋群ですが、 その主な役割は女性にとってはとても重要な以下の3つになります。 1. 骨盤の中にある内臓を支える       2. 子宮環境を整える 3. 尿道や膣、肛門を引き締める...

  • たった1分!骨盤底筋群を鍛えて女性の悩みを解決

    骨盤は女性のカラダにとって重要な存在です。 「骨盤底筋群」ってドコの部分? 「骨盤底筋群」という言葉を聞いたことはありますか? 鍛えると言ってもそれがどこの部分かわからないとイメージしにくいですよね。 骨盤底筋群は、膀胱や子宮、直腸など骨盤の中にある内臓を下から支えていて、...

  • 自分の体調にあわせてウォーキングを楽しもう

    無理のない範囲で続けましょう ウォーキングで様々な良い効果を得ることができるからといって、 体調の思わしくないときも、無理矢理行うことは禁物です。体調にあわせて、 距離や速さを調整して行いましょう。大切なのは、続けること! 無理のないウォーキングを継続的に行うと、次第に体型...

  • ウォーキングによって得られる様々な効果

    ウォーキングは手軽にできる健康維持法 この時の適度な運動のなかで、よく勧められるのがウォーキングです。 ウォーキングは誰でも行っている動作でありながら、正しく行うことにより、 多くの効果を得ることが出来る運動です。下記に、その効果の一例をご紹介します。 ■身体的効果 血流量...

  • 【産後痩せない友人の悩みを解決するなら】対策方法

    まずは産後の体をケア! 産後の回復におすすめの食材 【1】甘酒 「飲む点滴」と呼ばれ、栄養学的にもアミノ酸とビタミンが豊富な甘酒。 甘酒の薬膳的効能は、食欲不振・疲労回復・産後の回復・関節痛など。 体を温める作用があり、胃に負担をかけずに栄養と水分を補給してくれる。 【2】...

  • 40代は体質が変わる時期!ダイエットには要注意

    体の曲がり角を迎える40代  「20,30代のころと同じくらいしか食べていないのに太ってしまう……。」 40代になると、なんとなく自分の体が変化してきていることに気付く人が増えてきます。 それもそのはず、体の機能は20代でピークを迎え、徐々に低下。 30代のころはそのペース...

  • 目指せ、デコルテ美人!!ラインストレッチ

    女性の気になるパーツ、デコルテを徹底的に美しく! デコルテラインは女性にとって、とっても気になる部分。 顔に近いので目に付きやすく肌のトーンを左右するだけでなく、 顔よりもやや上に向いているので日焼けもしやすいですよね。 半身と腕をつなぐ大切なポイントなので、 ちょっとした...

  • アラフォー女性のダイエット「食生活」の心構え

    端な食事制限では肌は衰え、ボディラインは崩れるばかりで、キレイ痩せは実現しません! 「食べない&カロリー制限ダイエット」とは決別し、 以下を意識する方法にチェンジしてみましょう。 ■ 抗酸化パワーでキレイ痩せ 以下のような抗酸化作用の高い食材を積極的に取り入れるようにしまし...

  • 脚やせを実現させる運動!1週間の短期集中!

    【太もも】内側のエクササイズ 1 写真のような体勢になります。肩の下に肘をつき、 下の脚は真っ直ぐ伸ばし、上の脚は膝を曲げて床につけます。 2 太ももの内側で空気を押し上げるイメージで伸ばしていた 下の脚を床から浮かせていきます。 1⇔2の動きを10回を目安に繰り返しましょ...

  • 太ももダイエットの肝はインナーマッスル

    太もも簡単ダイエット方法とは 太ももがコンプレックスという人の特徴的なシルエットラインに、 「ももの表側の盛り上がり」と「股関節の硬く深いくぼみ」があります。これは特に、 •若いころ運動をしてきた人(運動をしている人) •身体に力が入りやすい、もしくは抜けない人 •大食いの...

  • ダイエット情報

    基本の30秒ドローインエクササイズ! 30秒ドローインは背筋を伸ばした状態で行うのが基本です。 ポイントは中心となるおへそを背中にくっつける意識で動かすことです。 あまり動かなかった人も単に筋肉が眠っているだけなので、 徐々に出来るようになります。 ※キツいズボンをはくイメ...

  • ダイエット情報

    二の腕がぶるぶる揺れる振り袖タイプ 腕がそんなに太いわけではないけれど、二の腕を指でつまむと3cm以上つまめる、 腕を振ると二の腕がぶるぶる揺れて締まりがない、というのがこのタイプ。 軽いダンベルで二の腕の筋肉を鍛えます! 1.両膝を軽くまげて片腕は椅子の背もたれに手をつき...

  • 加圧トレーニングで、二の腕やせダイエット

    肩があがらないように両手を頭に上に伸ばします 1. 床に仰向けになって膝をまげます。 息を吸いながら両手を頭の上に伸ばして背筋も伸ばします。 この時に首の力は抜いて肩があがらないように。 息を吐きながら、左右の肩甲骨を寄せるように肘を曲げてきます。 2. 息を吐きながら両肘...

  • ダイエット情報!

    ぽっこりお腹を解消したいなら! 骨盤を意識してお腹をへこます方法や食事 くびれのポイントは骨盤にあった! お腹まわりを引き締めるストレッチ・筋肉体操や、 便秘でお腹が膨らむ原因・改善方法など、 忙しく働く女性にも続けやすい方法や食べ物・グッズをご紹介します。 身体のケア・セ...

  • ダイエット!

    「腹を凹ませる」ドローインとは。 ドローインとは「腹を凹ませる」という動きで「内に引っ張る」という意味です。 お腹を凹ませる動作を行うことで、インナーマッスルを内側に引っ張り、 ウエストを引き締めます。 ドローインを行っているときは、もちろんお腹は引っ込みますが、 力を抜け...

  • ダイエットを成功させる鍵は“自分との約束”に有り!

    お手入れ継続のためにはコミットメント ある女性の物語です。とても太っていた彼女は、「私は一生デブのままだ」 と諦めて特にダイエットをせずに欲求のままに食べ続けていました。 彼女は太ったまま28歳になり、ある日突然「私は絶対に痩せます」と言い出しました。 その変わりように驚い...

  • ダイエット中のメンタルのコントロール術

    痩せた自分をイメージしよう! ダイエットは心身共に健康な状態でなければ続けることは難しいものです。 そのためにも我慢ばかりの極端な食事制限、 ハードな運動で体を追い込む方法は控えたほうがよいでしょう。 とはいえ、ダイエット中は「イライラする」「孤独に感じる」「楽しくない」な...

  • キレイに痩せるために必要なこと!

    脂肪は美しく取ろう! まず始めに必要なことは健康的な食事です。 「不健康な食べ物でキレイになれる訳がない!」という意識を持つことが大事で、 「食べ物で自分は作られている」と常に考えましょう。 早く痩せたいからと、食事を抜いたり、極度のカロリー制限をしたりする女性も多いですが...

  • 100均フリスビー2枚で、簡単!有酸素運動をする方法とは?

    壁を駆け上がるように動く『ランアップ・ディスクエクササイズ』 四つ這い姿勢で、膝を床から浮かせます ■準備するもの:100均のフリスビー(フライングディスク)2枚 1.フローリングの床の上で四つ這い姿勢になり、 足首を曲げフリスビー(フライングディスク)につま先をのせておき...

  • 寝ながらヒップアップエクササイズ!プルンと上向きの美尻に

    1.右腰を床につけて横寝になり、膝を曲げます 上向きヒップエクササイズ1 横寝になり、両膝を曲げます。 右腰を下にして横寝になり、両膝を曲げます。右肘を曲げて頭をのせ、 目線を下に向けて首の後ろを伸ばします。 2.ゆっくりと左膝を右膝から離し、右お尻をギューッと刺激 上向き...

  • 40代が痩せない理由…なぜ太りやすく痩せにくくなる?

    加齢とともに太りやすくなり、特にウエスト周りの腹部が太くなるのは、 厚生労働省発表の「国民健康・栄養の現状」からも明らかになっています。 それによると、30代以降、40代、50代、60代と年齢が上がるにつれて腹囲が大きくなっています。 ・加齢とともに筋肉量が減って代謝が悪く...

  • 女性ホルモンを活性化! 美人を育てる強化習慣

    女性ホルモンを活性化させるストレッチで、あなたの魅力を最大限に輝かせて! 美人な女性は、いつもキラキラ輝いていますよね。そこで、 女性ホルモンを活性化させて艶のある肌作りに励んでみませんか? そこで今回は、女性ホルモンをたっぷり分泌させるストレッチをご紹介します。 そもそも...

  • 「ヨガポーズするだけ」で猫背が矯正され、姿勢が改善される?

    姿勢が悪いとボディラインにも影響が! 逆にいえば、 姿勢を正せるようになればスタイルアップが叶います。 今のご自身の姿を鏡に映して見てください。 多くの人が背中が丸まり猫背姿勢になっているでしょう。次に、胸を張って、 あごを軽く引いてみてください。きっと自信に満ちた印象の、...

  • 呼吸を変えてダイエット!痩せ体質になるには

    痩せ体質になるには呼吸を変えることが大事 呼吸は代謝の中でも最も重要な役割を担っている部分です。 また、人間の呼吸の回数は1分あたり平均18回といわれていて、 1日に換算すると、2万6000回!といわれています。 呼吸では主に横隔膜という筋肉が使われます。呼吸を正しく行うこ...

カテゴリー一覧
商用