searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

化学メーカ開発者さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
化学メーカ開発者のweblog
ブログURL
https://chem-businessman.com/
ブログ紹介文
化学業界や就活・転職・投資について語るweblog 一部上場企業の化学系開発者です。 大学院卒業後 一部上場企業化学メーカー入社 30代で一部上場企業化学メーカーへ転職
ブログ村参加
2020/04/19
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、化学メーカ開発者さんをフォローしませんか?

ハンドル名
化学メーカ開発者さん
ブログタイトル
化学メーカ開発者のweblog
フォロー
化学メーカ開発者のweblog

化学メーカ開発者さんの新着記事

1件〜30件

  • 【2021年度版】化学系商社ランキング

    化学系商社の売上高や年収を2020.9.20時点の有価証券報告書、決算短信、会社のHPを参照して1位~20位までランキング化しました。少しでも参照になれば幸いです。

  • 有機合成系の大学生の就職先とは

    有機合成の就職先は車、印刷、素材、基礎化学など様々。本記事では有機合成専攻の就職先をランキング化しまとめてみました。人の生活を支えている化学は他分野で必要な知見です。近年差別化を図るため各社、有機合成の知見を有する新人の獲得を急いでいます。

  • 2020年版化学系商社ランキング【就職】

    化学系商社は、まったり、ホワイト、高給なのが特徴です。顧客となる化学メーカー自体がホワイト企業である場合が多いため、商社も同様にホワイト企業が多い。働き方としては、顧客となるメーカーへルート営業を行う場合が多く、仕事も慣れれば比較的楽です。

  • 転職活動は1月~12月のいつの時期がよい?

    転職活動は10月スタート~1月内定がおすすめ。 理由は10月の求人は多く、予算に組み込まれた戦略的な活動であるため、新事業や新製品に携わる仕事が多いから。 12月までに内定を取れるため、ボーナスを貰えた上で年末年始を迎えられるよ。

  • 入社1年未満での転職検討は辞めた方がいい?

    本記事では新卒1年目の時期に転職を悩む人に向けた内容だよ。第2新卒での転職のメリットとデメリットを始め、転職しやすい人の特徴をまとめてみたよ。転職時の注意点や希望に合った企業を探すポイントもまとめたよ。参考になるといいな。

  • 新卒1年目の転職のメリットとデメリット

    入社し自分の希望と違い、転職を考える場面が出てきます。本記事では1年目の転職のメリットとデメリットをまとめました。転職に少し興味がある。という人でも自らの市場価値を調べるためミイダスや転職サイトに登録することをおすすめします。

  • 転職1ヶ月で自分が無力だと感じる人の方が大丈夫な理由

    転職後1ヶ月すぎても仕事ができない。自分が無力のように感じる。転職あるあるです!誰でも通る道で、むしろ大丈夫な傾向なのです。本記事では自分が無知に感じた方が大丈夫な理由と転職1ヶ月で不安になった場合の対処方法を記載していきます。

  • 就職・転職のためにTOEICはまず600点以上とろう

    この記事の根拠・TOEIC 720点取得・化学系メーカ→化学系メーカへ転職経験あり・化学系メーカで5年以上勤務就職・転職にはTOEIC600点以上がおすすめ ・そもそもTOEICを勉強する必要があるか?TOEICテストの国際ビジネスコミュニケーション協会の調査(引用:上場企業における英語活用実態調査)では75%の企業で英語を使う機会があるという結果が出ています。そのため英語の知識の習得が必須。そのた

  • 化学系の就職活動の流れとポイント

    本記事でわかること・就活のススメ方がわかり不安が1つでも払拭できること・就活の流れ・就活でおすすめのスケジュール就活は人生の中でも重要なターニングポイントで就活中は寝ても覚めても何か胸がつっかえるような気分の日続いていました。精神学的に不安は事実は別としてスケジュールや方向性を自分で把握できていると感じる場合に軽減されるそうです。本記事では胸のつっかえが少しでも和らぐよう、少しでも先が見通せるように感じられる記事にしていきます。

  • 化学系メーカーへ就職(各職種につくための最適な就職時期)

    本記事でわかること・職種毎の学歴と割合・自分に最適な就職のタイミングがわかる・各学歴のメリットとデメリットがわかる本記事の根拠就職するタイミングは自分に合うタイミング決めよう化学メーカーの職種の現状まずタイミングについて話す前に化学メーカーの実情について話していきます。多少メーカによって左右すると思いますがご了承下さい。1学士化学的な知識(有機、無機化学など)基本的な学問の知識が携わって

  • コンタクトスプレーを使うことでマウスとキーボードが復活【接点復活剤】

    マウスやキーボードの効きが悪くなったblogを更新しようとした際にも問題が発生!クリックしてもキーボードやマウスの効きがよくない『こ』とうちたくてもkoがkしかうてない・・・oのキーボードが押しづらくなってる・・・最近しかもマウスのクリックもききづらいぞ・・・ネットで探してみると同じような人がいました。調べてみると『コンタクトスプレー』がいいそうです。コンタクトスプレーの用途用途・プラスチック・精密電子製品にも

  • 化学系での転職は難しいのか?転職のために意識しなければいけないこととは?

    この記事の根拠筆者:化学系企業間で転職経験ありまた知人も5人ほど化学系に転職した経験を元に本記事をさくせいします。化学系の転職は難しくない結論からいいますと、化学系の転職は実際そんなに難しくありません。理由は近年高齢化が化学メーカーでも進んでおり、頭を動かしながら働ける人材確保が必要となっているためです。さらに近年、働き方改革が進んでいることから全ての資金の効率化が必要となっています。新人から育てるより、転職者のほうが実績で判断できる

  • 化学メーカーが就職偏差値によらず全てホワイトな理由

    化学業界がホワイトな理由ではなぜホワイトなのか理由を挙げて回答していきます。口コミの影響を受けない化学メーカの大半はBtoB企業です。BtoB企業とはとは企業同士で取引が多いメーカを指します。そのため消費者の口コミによる影響を受けなく安定して利益が稼げます。また、中々製品自体も直接見ることがないため、実際にかなりひどい場合以外口コミにも上がりません。加えて製品を購入した企業間で下手な話をすると『カルテル』を疑われる可能性

  • 英会話をTOEIC対策の方法としてまず始めた方が良い理由

     記事の根拠・参考書を使ってTOEICの勉強をしたのに400-500点で停滞した経験あり(1年程)・英会話を通してリスニング力が向上したことを実感・TOEICスコア400→720点にアップ私も一時期全く点数はあがりませんでしたが、英会話を実施することでスコアはすぐに改善しました。TOEICのスコアアップを目指すなら参考書よりまずオンライン英会話から始めた方が良い理由文法やリーディングから学習すると英語を日本語訳

  • 化学系メーカの将来性ついて考察してみる

    就職活動を行う際に気になるのが業界の将来性です。本記事では化学業界の将来性について記載していきます。化学系メーカーの世界市場は堅調に成長傾向出典:三菱UFJ『化学業界の現状と展望』世界規模の化学業界の成長は堅調で主に新興国向けへの市場規模が拡大しています。また近年10年スパンで見ても堅調に成長しています。国内化学業界の展望は厳しい国内の化学メーカは世界で通用する規模ではないのが現状化学企業の売上の50%前後は大半は

  • 履歴書と職務経歴書の効果的な書き方について①【転職活動】

    本記事の根拠転職活動時に書類審査で落ちたことがない(6/6)全て化学系一部上場企業様です。書類提出時にエージェントの添削も特になく書類審査に入れる(6/6)本記事では転職時に必要な履歴書の書き方と職務経歴書の書き方について実際私が転職時に使用したものを少し改変して説明していこうと思います。履歴書はリクナビ登録時にテンプレートを使って書こう!転職を行う際に転職サイトを利用すると思います。その際に登録サイトでも自分の紹介としてネット上で履

  • 2021年度版化学系卒メーカー就職偏差値

    ということで化学の就職偏差値の記事を作成しました。コメント頂ければ加筆などしていきたいと思います。 ■記事作成者のプロフィール  ・社会人歴は6年 ・一部上場企業の半導体系材料の素材メーカの開発を経験 ・転職後、プラスチックの開発に従事 ・特許は執筆が好き本記事の化学系就職偏差値のポイント・社会人での経験も元に化学系企業の就職偏差値を採点・それぞれの特徴も加味してコメント追記・化学系メーカだけではなく、化学卒で入社できる可

  • 就活経験ゼロで志望業界と企業を見つける方法【企業研究・企業選び】

     この記事を読んで欲しい対象・就職/転職活動をこれから始めようとしている人・業界研究/企業研究の知識が0の人・一通り業界、研究を行ったものの、適切に志望する業界や企業を選べているか不安な人まず自分の軸を決めよう就活で業界研究するために自分が重視するポイント(軸)を見つけましょう!業界や企業を探すと多すぎて選べなく事も多いので軸には優先順位をつけましょう!また志望企業は軸を元に50社程度に抑えましょう。(多すぎるとそれぞれの企

  • 化学向け就職・転職に有効な『業界地図』の使い方ついて

     化学系卒の入社できるメーカーを研究するため、就活ではまず『業界地図』を買おう就活では不安が多いけどまず業界と企業研究就活や転職時期には複数不安が募ります。例えば・業界研究のやり方がわからない・自分の強みがわからない・ESの書き方がわからない・面接対策がー・・・・化学業界は加えて消費者向けの企業少ないから知名度少ないし・・・こいった問題がある中まず始めなければいけないのは志望業界や企業を決めることですので騙された思って『業界

カテゴリー一覧
商用