searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

登志子おばさんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
登志子おばさんの反省
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/kitahirosimasi/
ブログ紹介文
還暦を前に登志子の反省 北広島市のことなど
更新頻度(1年)

12回 / 194日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2020/04/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、登志子おばさんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
登志子おばさんさん
ブログタイトル
登志子おばさんの反省
更新頻度
12回 / 194日(平均0.4回/週)
読者になる
登志子おばさんの反省

登志子おばさんさんの新着記事

1件〜30件

  • 社会復帰するつもりある?

    他人に厳しく自分に甘い 勇気が無い 施設内では弱い者を見下して劣等感を癒やす 悲観的に病気の重さを自慢するばかりで自分は特別に「気の毒な人」  働いてもいないのに酒とパチンコ   講釈ばかり

  • 職員や利用者の悪口ばかり…

    転職先の就労支援事務所では、やたらと利用者同士に 「コミュニケーションしなさい!」といって会話をさせようとします。 どんな会話をしているのかと、職員が指導しているグループに入って聞い てみると

  • 安心を与えられない

    我が子が何か欲しいと言ったときに、モノを欲して言っているのか、親の関心が 欲しくて言っているのかを見極められない親は意外と多いものです。 子供が本当にモノを欲しくて言っている場合、親が買おうと

  • 商売のプロはいるのに福祉のプロがいない

    「商売のプロはいるのに福祉のプロがいない」 私は、自分を優遇してくれるであろうことを期待して、そういった事業所 に狙いを絞って転職を繰り返していました。 福祉サービスの中にはこういう事業所

  • 福祉は慈善事業ではありません

    福祉の仕事は、必ずしも資格がなければ働けないという訳ではありません。 無資格でも働けるところはあります。 ただ、無資格であっても働いてお金を貰うわけですから、プロ意識をもって常に勉強 しなけれ

  • 津久井やまゆり園

    「津久井やまゆり園」の事件を覚えていますか? 恐ろしい事件でしたね。 でも、あの犯人と同じ心の問題を私も抱えているんです。 それは「激しい劣等感」です。 私は、ありのままの自分を受け入れる

  • 作業指導

    私は高齢の方々のお世話ばかりをしてきたわけではありません。 一般就労を目指す方々に作業指導をしていたこともあります。 けれど、実際に指導をしたという記憶は一切ありません。 作業に手こずる人たち

  • でしゃばりです

    私はでしゃばりです。 新しい職場の会議でも、施設の方針や入所されている方々への関わり方などを 偉そうに意見してしまうのです…。 オーナーや施設長には卑屈なくらい腰が低くなるのですが、権威の

  • 他人に関心が向きません

    自分のスキルに関してだけは貪欲です。 劣等感の強い人間にとって、武装と虚勢はセットだからです。 劣等感の強い人間は自分の得ばかりに興味があり、他人に興味が向きません。 こんなことがありました…

  • 見下せる人間を無意識に求めてしまう

    「自分より劣って見下せる人たちの中にいると安心します」 なので、自分より優れた人たちの中で学び鍛えるということが苦手です。 若い頃のほんの一時だけ、それが出来てたような気もしますが…。 自

  • 福祉の世界に入った動機を反省

    自尊心の低い人は「私は価値のある人間なのだろうか?」という 不安をねじ伏せるために、積極的に人助けをします。 助けたいのは他者ではなく、自分だということです。 劣等感の強い人は「価値があると思

  • こころの問題

    ​​こころの問題で厄介なことは 本人も自覚できない無意識の領域に 原因があるということです ​​​

カテゴリー一覧
商用