chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
たかの特撮ブログ http://tokusatsu-ultra.xyz/

当サイトは、ウルトラシリーズを軸に、特撮に関する情報を掲載したり、書籍について感想を書いたりしています。基本的にスローペースです。

特撮全般好きですが、ウルトラシリーズが一番好きです。

たか
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/04/12

1件〜100件

  • エースの手刀〜墓場の画廊

     中野ブロードウェイにある「墓場の画廊」に久々に行ってきた。アニメ「ULTRAMAN」のシーズン2配信記念展が開催中だった。・エース兄さんがお出迎え→ウルトラマンAといえば、近年ではウルトラマンZ第19話「最後の勇者」での活躍が記憶に新しい。あのときの登場シーンは涙が

  • ティガオマージュたっぷりの「笑顔を信じるものたちへ~PULL THE TRIGGER~」~『ウルトラマントリガー』第25話 感想

     1月22日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第25話「笑顔を信じるものたちへ~PULL THE TRIGGER~」はメガロゾーア登場の最終回。 メガロゾーア第二形態に対し、トリガーとトリガーダークは共闘するも、歯が立たない。トリガーはエタニティ・コアの力に触れるが、メガロ

  • 母との挨拶が印象的な「闇の支配者」~『ウルトラマントリガー』第24話 感想

     1月15日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第24話「闇の支配者」はメガロゾーア登場回。脚本はハヤシナオキ。監督は坂本浩一。 闇の力で猛威を振るうメガロゾーア。暴走するエタニティ・コアを止めようとユナは命と引き換えにユザレの力を使おうとするが、アキトが引き

  • 涙を誘うダーゴンの最期「マイフレンド」~『ウルトラマントリガー』第23話 感想

     1月8日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第23話「マイフレンド」はダーゴンの最期が描かれた。脚本はハヤシナオキ。監督は坂本浩一。 カルミラの呪術によって操られ、街を破壊するダーゴン。一時は正気を取り戻し、必殺技の衝撃で吹っ飛んだユナを助ける。ケンゴたち

  • 大胸筋の王〜墓場の画廊

     中野ブロードウェイにある墓場の画廊で「ウルトラマン55周年記念POPUPストア」が開催されていたので行ってきた。・ウルトラマン。柔和な顔つきとダイナミックな大胸筋。この大胸筋を目指してトレーニングを続けている。しかしながら、ウルトラマンの大胸筋は面積が広すぎる

  • ピラミッドの壊し方〜怪獣酒場 川崎店・その14

     昨年末、新橋蒸溜所から川崎店へハシゴした。というのも、秘密の部屋に入れる誕生月(12月)が31日で終わってしまうからだ。 到着した時、店内満席とのことで、少し外で待たなければならなかった。といっても、コロナ下で間隔を十分に空けなければならない為、人数制限さ

  • 熱々の警備隊基地〜怪獣酒場 新橋蒸溜所・その17

     昨年末、怪獣酒場 新橋蒸溜所に久しぶりに行ってきた。しばらく忙しくてずっと行きたいと思っていたのだが、誕生月である12月中に行けて良かった。・なめくじ怪獣ジレンマの「ジュエリースプラッシュ」シトロン系スカッシュにゼリーが入っている。ジレンマを意識した配色が

  • 闇の3巨人解散が物哀しい「ラストゲーム」~『ウルトラマントリガー』第22話 感想

     12月25日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第22話「ラストゲーム」はメカムサシン登場回。脚本は足木淳一郎。監督は辻本貴則。 ユナを攫ったイグニスの狙いはエタニティ・コアの力による母星の復活。GUTS-SELECTに勝負を持ち掛け、敢えてユナを救うチャンスを与える。

  • コミカル演出が目立って見えた「悪魔がふたたび」~『ウルトラマントリガー』第21話 感想

     12月18日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第21話「悪魔がふたたび」はアボラスとバニラ登場回。脚本は継田淳。監督は辻本貴則。 前回のバリガイラーの雷撃の影響で封印されていた2つのカプセルが解放されてしまった。青いアボラスの泡に包まれてしまい、身動きが取れ

  • ミニチュア愛の爆発「青いアイツは雷撃と共に」~『ウルトラマントリガー』第20話 感想

     12月11日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第20話「青いアイツは雷撃と共に」はバリガイラー登場回。脚本は継田淳。監督は辻本貴則。 ユナを拉致すべく、バリガイラーを呼び出したヒュドラム。一時はユナの確保に成功するが、ヒュドラムの口車に乗せられていたことに

  • ティガ降臨!王道の特撮演出「救世主の資格」~『ウルトラマントリガー』第19話 感想

     11月27日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第19話「救世主の資格」はキリエロイド登場回。脚本は根元歳三。監督は田口清隆。 前回の幻覚の原因はモルフェウスRという宇宙線だったことが判明(『ジード』でモルフェウスDという用語が出て来たがその亜種か?)。幻覚作

  • ただの娯楽回じゃなかった「スマイル作戦第一号」~『ウルトラマントリガー』第18話 感想

     11月20日(土)に放送された『ウルトラマントリガー』第18話「スマイル作戦第一号」はゴルバーⅡ登場回。脚本は根元歳三。監督は田口清隆。 GUTS-SELECTのメンバーが謎の精神攻撃に侵され、チームワークが乱されてしまい、ゴルバーⅡの退治にも手こずる。一見、息抜きしな

  • 消化不良を起こしそうな「怒る饗宴」~『ウルトラマントリガー』第17話 感想

     11月13日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第17話「怒る饗宴」はメツオロチ登場回。脚本は植竹須美男。監督は越知靖。・トリガー、メツオロチの攻撃で一発退場。メツオロチの強さが表現されている。頭上の空間からビームが出る描写は『ウルトラマンZ』(2020)第19話「

  • ミライが渡したお守りの謎~墓場の画廊

     中野ブロードウェイで開催中のメビウス展が今日で終わりなので、もう一度行ってきた。前回は前半期間だった。今回は後半期間で、展示が変わっていた。・コノミ隊員を模したマネキンにリムエレキングが抱えられている。こうして見るとなんだか阿佐ヶ谷姉妹に見えてしまう。

  • 「嗤う滅亡」~『ウルトラマントリガー』第16話 感想

     11月6日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第16話「嗤う滅亡」はメツオーガ登場回。脚本は植竹須美男。監督は越知靖。・イグニス、トリガーダークへの変身を果たすが、闇の力に翻弄され、苦しんでいる様子。エタニティと同様に、凄まじい力のため、その制御は一筋縄では

  • まさかのすみぺ本人出演!?「オペレーションドラゴン」~『ウルトラマントリガー』第15話 感想

     10月30日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第15話「オペレーションドラゴン」はディアボロ登場回。脚本は足木淳一郎。監督は坂本浩一。・ナースデッセイ号のバトルモードへの変形には膨大なエネルギーを必要とする。宇宙線研究所の施設を借りてアブソリューティアンの

  • ついにリブットTVデビュー!「黄金の脅威」~『ウルトラマントリガー』第14話 感想

     10月23日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第14話「黄金の脅威」はアブソリュートディアボロ登場回。脚本は足木淳一郎。監督は坂本浩一。・暴虐の戦士ディアボロとタルタロスが闇の3巨人のもとへ現れ、エタニティ・コアの力をトリガーから奪うことを傍観するよう要求す

  • 飯島敏宏、ウルトラの星へ

     2001年10月17日、『ウルトラマン』(1966)でバルタン星人を生み出すなど、数々の傑作をウルトラシリーズに残してきた飯島敏宏監督が誤嚥性肺炎で亡くなった(享年89歳)。 胃の手術などで体力が減退していることは知っていたが、『ULTRAMAN ARCHIVES』でのインタビューに

  • 「狙われた隊長~マルゥル探偵の事件簿~」~『ウルトラマントリガー』第13話 感想

     10月16日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第13話「狙われた隊長~マルゥル探偵の事件簿~」は振り返り回。脚本はシリーズ構成も務める足木淳一郎。監督は内田直之。 消えたタツミ隊長。マルゥルの勘違いによって殺人事件と断定された上で推理・取り調べが進んでいく

  • 克己論の精神を受け継ぐ「三千万年の奇跡」~『ウルトラマントリガー』第12話 感想

     10月9日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第12話「三千万年の奇跡」はグリッタートリガーエタニティ登場回。脚本はシリーズ構成も務めるハヤシナオキ。監督は武居正能。・インナースペースではトリガーダークとケンゴが殴り合い。ケンゴ、タコ殴りに遭い、ボロボロの満

  • ナイトブレスを再び借りたメビウス~墓場の画廊

     中野ブロードウェイにある「墓場の画廊」にて開催中の「ウルトラマンメビウス~絆、友情、日々の未来展」に行ってきた。cf.)『ウルトラマンメビウス』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6016964.html・ウルトラマンヒカリがお出迎え。右手にあるはずのナ

  • 右から左へ愛を聞き流す「光と闇の邂逅」~『ウルトラマントリガー』第11話 感想

     10月2日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第11話「光と闇の邂逅」はトリガーダーク登場回。脚本はシリーズ構成も務めるハヤシナオキ。監督は武居正能。・アバンからいきなりカルミラと戦闘状態。ここに至るまでの経緯がまったく描かれていない。脚本の尺の関係上、オミ

  • ダーゴンがかわいい「揺れるココロ」~『ウルトラマントリガー』第10話 感想

     9月25日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第10話「揺れるココロ」はザラガス登場回。脚本は林壮太郎。監督は辻本貴則。・ダーゴン「我は我に問う。この想いはいったい何なのだと・・・」手すりを掴みながらユナを眺め「ん~」と唸る。それを見たイグニス、一発でダーゴ

  • ウィングも遠隔かーいっ!「あの日の翼」~『ウルトラマントリガー』第9話 感想

     9月18日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第9話「あの日の翼」はガーゴルゴン登場回。脚本は林壮太郎。監督は辻本貴則。・3000万年前、カミーラがガーゴルゴンを召喚。ユザレを襲わせるが、光線を跳ね返され、返り討ちに遭う。・ミツクニが帰還。各地の壁画にはグビラ

  • 息をつかせぬテンコ盛り回「繁殖する侵略」~『ウルトラマントリガー』第8話 感想

     9月11日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第8話「繁殖する侵略」はパワード・ダダ登場回。脚本は小柳啓伍。監督は田口清隆。・携帯に向かって全力で謝る会社員や薄型のVRゴーグルのようなものをつけた道行く人の描写から始まる。傍から見ると滑稽にも見える。近未来の

  • ゼットらしいドタバタ劇「インター・ユニバース」~『ウルトラマントリガー』第7話 感想

     9月4日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第7話「インター・ユニバース」はバロッサ星人(四代目)登場回。脚本は小柳啓伍。監督は田口清隆。 ・キングジョーSCを強奪して宇宙空間を逃げるバロッサ星人四代目。声は田口監督自らが担当。それを追うゼットとセブンガー(宇

  • イグニスがカッコいい「一時間の悪魔」~『ウルトラマントリガー』第6話 感想

     8月28日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第6話「一時間の悪魔」はサタンデロス登場回。脚本は根元歳三。監督は武居正能。・いきなりサタンデロスに敗北するトリガー。ゼペリオン光線も効かず、バリアで弾かれてしまう。それを眺めるイグニス。何か思うところがあるよ

  • 二瓶正也、ウルトラの星へ

     『ウルトラマン』(1966)でイデ隊員を演じた二瓶正也が8月21日、誤嚥性肺炎で亡くなっていたことが分かった。享年80歳。cf.)『ウルトラマン』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6642931.html イデ隊員といえば科学特捜隊のムードメーカー。コメディリ

  • まさかのダーゴン動揺!?「アキトの約束」~『ウルトラマントリガー』第5話 感想

     8月21日放送の『ウルトラマントリガー』第5話「アキトの約束」はデスドラゴ登場回。脚本は根元歳三。監督は武居正能。・6年前に現れたというデスドラゴが再び登場。アキトは避難誘導の任務を勝手に離れ、無謀にもひとりで怪獣に立ち向かう。・トリガー登場、アキトをかばい

  • オカグビラが可愛い「笑顔のために」~『ウルトラマントリガー』第4話 感想

     7月31日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第4話「笑顔のために」はオカグビラ登場回。脚本は根元歳三。監督は武居正能。・悪夢にうなされ目覚めるケンゴ。回を重ねる毎に悪夢の内容が長く鮮明になっている。シリーズ中盤あたりでこの問題が吹き出してトリガーのヴァー

  • ヒュドラムがやばい「超古代の光と闇」~『ウルトラマントリガー』第3話 感想

     7月24日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第3話「超古代の光と闇」はガゾートとヒュドラム登場回。脚本はシリーズ構成も務めるハヤシナオキ。監督はメイン監督の坂本浩一。・ケンゴの教育係に任命されるユナ。アキトが明らかにヤキモチを焼いている。・ユナの豪邸にて

  • 完全な和解なのか気になる「未来への飛翔」~『ウルトラマントリガー』

     7月17日(土)放送の『ウルトラマントリガー』第2話「未来への飛翔」はギマイラとダーゴン登場回。脚本はシリーズ構成も務めるハヤシナオキ。監督はメイン監督の坂本浩一。・ケンゴ母との会話シーン。卓上の回る観葉植物が火星での近未来生活っぽい。・GUTS-SELECTのメン

  • 製作陣の想いが読み取れる「光を繋ぐもの」~『ウルトラマントリガー』

     ウルトラマンシリーズ55周年となる2021年、奇しくも「ウルトラマンの日」とされる7月10日(土)に放送開始となった『ウルトラマントリガー』。第1話「光を繋ぐもの」の監督はメイン監督の坂本浩一。脚本はシリーズ構成も務めるハヤシナオキ。登場怪獣はゴルバーだった。・

  • 祝!コスモス20周年!~墓場の画廊

     中野ブロードウェイにある「墓場の画廊」にて「ウルトラマンコスモス~強さとやさしさを兼ね備えたウルトラマン展~」がやっていたので行ってきた。・ジャスティスがお出迎え。龍臣プロが狂喜しそうだ。セブンタイプを基調としながらも、トサカ部分は外れず、胸の装飾はセ

  • ウルトラエックスファイトでの共演を望む〜墓場の画廊

     中野ブロードウェイにある「墓場の画廊」にて「電光超人グリッドマン~夢のヒーロー~」展がやっていたので行ってきた。ウルトラシリーズではないが、ウルトラのテレビシリーズ不在の時代に円谷プロが生み出した不朽の名作である。・グリッドマン。発光ポイントはウルトラ

  • ブースカのラーメンが甘い〜怪獣酒場 川崎店・その13

     7月から始まる新番組『ウルトラマントリガー』が発表されウルトラ界が騒然としている今日この頃、久々に怪獣酒場・川崎店に行ってきた。新メニューもちらほらあった。・ダダ俺ミルク。クッキーリキュール+ミルク。割れたクッキーの黒とミルクの白が交錯してダダの模様を表

  • 茹でダコ影分身と蕩けた藻〜怪獣酒場 新橋蒸溜所・その16

     あまり日を空けずに怪獣酒場・新橋蒸溜所に来た。新メニュー中心に注文。・宇宙大怪獣ムルロアの「アトミック・コーク」『ウルトラマンタロウ』(1973)第24,25話で登場し、地球を黒い雲で覆ったムルロア。水色で球形の氷は地球で、それを覆うチェリーコークが闇。若干キ

  • ミサイルを撃ち込みたくなる目玉〜怪獣酒場 新橋蒸溜所・その15

     2度目の緊急事態宣言に伴う休止期間を経て、久々に開店した怪獣酒場・新橋蒸溜所に行ってきた。メニュー表を開いてみると、新メニューがちらほら。・天女超獣アプラサールの「はごろも杏仁ミルク」杏仁豆腐のまろやかな甘さ。ノンアル版もある。これはどちらかというと、怪

  • ニュージェネのコラ画像を作ってみた

     続いて、タイガまでのニュージェネレーションのコラ画像を作ってみた。・まずはギンガ。ニュージェネレーションダイナマイトのイメージ。cf.)『ウルトラマンギンガ』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6129654.html・続いてエックス。cf.)『ウルトラマ

  • SEVEN Xのコラ画像を作ってみた

     久々の投稿。今回は2007年放送の『ULTRASEVEN X』のフィギュアを使ってコラ画像を作ってみた。cf.)『ULTRASEVEN X』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6039941.html水のイメージで始まる冒頭シーンや湖が最後の舞台となることから、海底の背景に合成して

  • ウルトラウーマンユニット誕生か〜墓場の画廊

     「ウルトラバレンタイン」特集を開催中の「墓場の画廊」に立ち寄った。・「ウルトラバレンタイン」のコーナー。ベス、グリージョ、ユリアン、そして母(マリー)。登場順で考えると、もはやウルトラの母ならぬババとなったマリーが一番年上。次いでユリアン。そしてベス。

  • ゼロとベリアルのコラ画像を作ってみた

     ベリアルのアルティメットルミナスが届いた記念に、さっそく撮影。ゼロとベリアルのコラ画像を作ってみた。・ゼロ。K76星で修業しているイメージ。この10年で様々な経験を積み、内面的にも成長してきたゼロ。最近はレオから授かった青いマントを授かり、ゼットという弟子(

  • CNMMのコラ画像を作ってみた

     今回は平成3部作以降のウルトラマンたちのフィギュアでコラ画像を作ってみた。・まずは21世紀最初のウルトラマン、コスモス。ルナモードということで月光が似合う。cf.)『ウルトラマンコスモス』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/5982670.html・ネクサ

  • TDGAのコラ画像を作ってみた

     平成3部作(ティガ、ダイナ、ガイア)のコラ画像を作ってみた。・ティガ。現在放送中の『ウルトラマンクロニクルZ』で再び注目を集めているウルトラマン。ダイゴ隊員こそ映らないが、ティガの輝かしい姿がテレビやYouTubeで再び観られる。cf.)『ウルトラマンティガ』総論

  • グレートとパワードのコラ画像を作ってみた

     今回はウルトラマングレートとウルトラマンパワードのコラ画像を作ってみた。・フィンガービームの予備動作に入るグレート。思いっきりあおってみた。火星にいるイメージ。・岩場にいるパワード。両手両足を大きく広げ、腰を低くした構えが印象的で、どこから攻撃が来ても

  • ジャックに優しさを感じる〜墓場の画廊

     中野にある「墓場の画廊」にて「ウルトラ5つの誓い」展が開催中なので行ってきた。・ジャックがお出迎え。柔和な顔立ちと初代ウルトラマンの体のラインに丸みを帯びたアレンジが加えられ、さらに追加された一本の線が良い味を出している。ブレスレットのデザインもシンプル

  • 昭和シリーズのコラ画像を作ってみた

     『ウルトラQ』(1966)から『ウルトラマン80』(1980)まで、フィギュアを使ってコラ画像を作ってみた。・カネゴン。拝金主義の象徴。大人になるということはカネゴンになるということなのかもしれない。・ウルトラマン。マスクはAタイプ。ジェームス・ディーンに寄せたと

  • 粋な一言が嬉しい〜怪獣酒場 川崎店・その12

     どうしても行きたくなってしまい、「怪獣酒場・川崎店」にまた行ってきた。トレギアのクリスマスメニューは案の定終わってしまっていた(当然か)。『ウルトラセブン』(1967)に登場するポインターのデザインマスクを着けていったのだが、店員さんが、「防衛隊は入れない

  • 奇抜な設定・伏線と習熟した特撮技術の相乗効果~『ウルトラマンZ』

     2020年に放送された『ウルトラマンゼット』(テレビ東京系)は、「傑作」の呼び声が高い大ヒット作となった。『ウルトラマンエックス』(2015)や『ウルトラマンオーブ』(2016)でメイン監督を務めた田口清隆を再びメイン監督に抜擢、人気作家の吹原幸太をメインライター

  • 白黒の看板〜M78ポップアップストア

     池袋駅に出店中の「ウルトラマンワールドM78」ポップアップストアに行ってきた。・カラーでなく、白黒の看板というのが逆に目を引く。・刺繍バッジを購入。ひとつもデザインがかぶらなくて良かった。[参考]「ウルトラマンワールドM78 POP-UP STORE」にほんブログ村

  • 秘密の部屋(※ネタバレあり!)〜怪獣酒場 川崎店・その11

     以下ネタバレあり!怪獣酒場・川崎店の「秘密の部屋」入ったことがない方は見ない方が賢明。。。今月は誕生月なので、「秘密の部屋」に入れてもらった。・こ、これは・・・ 飯島監督の「無数に増える」というオーダーを、中野稔と高野宏一がレナウンバークシャーのパンス

  • 殺虫ガス、熱湯、火、なんでも出る!〜怪獣酒場 川崎店・その10

     引き続き「怪獣酒場・川崎店」レポ。・科特隊の武器やビートルのミニチュアが格納されている。スパイダーショット、スーパーガン、マルス133、通信機。・ウルトラ警備隊のヘルメット。・ウルトラ警備隊の乗り物のミニチュアや武器。・MAT、TAC、ZATの乗り物のミニチュアや

  • 分析される基地〜怪獣酒場 川崎店・その9

     引き続き「怪獣酒場・川崎店」レポ。宇宙人たちは各防衛隊を攻略するために資料を集めているようだ。・まずは科特隊。・内部はこうなっているのか。劇中で描かれていた宿直室から棒につかまって指令室に降りるのも、設計に折り込まれている。・司令部の中、風船弾、隠し兵

  • こんなところにシルバーブルーメ〜怪獣酒場 川崎店・その8

     引き続き「怪獣酒場・川崎店」レポ。・『帰ってきたウルトラマン』(1971)第37話「ウルトラマン 夕陽に死す」のスチール。ブラックキングに羽交い絞めにされ、ナックル星人に殴られるジャック。・『ウルトラマンエース』(1972)第3話「燃えろ!超獣地獄」のスチール。バ

  • 磔の兄弟たち〜怪獣酒場 川崎店・その7

     引き続き「怪獣酒場・川崎店」レポ。・バルタン星人、ダダ、にせウルトラマン、ザラブ星人、メトロン星人、バルタン星人。バルタンが店長だからか、バルタンのフィギュアが多い。。。・イカルス星人、ビラ星人、ペガッサ星人、ゴドラ星人、ピット星人、クール星人。・ナッ

  • クリスマス仕様のフィギュアたち〜怪獣酒場 川崎店・その6

     引き続き「怪獣酒場・川崎店」レポ。 平日の開店直後で空いていたので、店の内装を「自由に撮影して良いですよ」と親切な店員さんが言ってくれたので、お言葉に甘えることにした。・クリスマス仕様のフィギュアたち。コダイゴン、ブラックキング、ベムスター、アーストロ

  • 霧崎にしてやられた〜怪獣酒場 川崎店・その5

     久しぶりに「怪獣酒場 川崎店」に行ってきた。・「トレギアのブラック・クリスマス」スペシャルメニュー一覧。新橋蒸溜所とは違った内容となっている。「メガトンハイボール」が気になるが、それはまた次の機会にしよう。。。・トレギア's アペリティフ~蒼き闇への誘い~

  • もはや闇の者ではないジャグラー〜墓場の画廊・その3

     12月現在、中野にある「墓場の画廊」ではジャグラス・ジャグラー特集が組まれている。2021年1月5日まで開催中。ジャグラーファンなら立ち寄ってみて損はない。・等身大ジャグラー立て看板がお出迎え。「闇のポップアップストア」への誘いである。・蛇心剣を構えた各種ポー

  • チャックが真ん中〜墓場の画廊・その2

     10月、中野にある「墓場の画廊」で海外勢ウルトラマン特集をやっていたので、行ってきた。・『ウルトラマングレート』(1990)のYouTube配信記念企画ということで、グレートがセンター、両脇にパワードとリブット。上段はUSAの3人だが、なぜかチャックが上段中央に位置して

  • ペギラが獰猛そう〜特撮のDNA・その22

     引き続き「特撮のDNA」レポ。これで最後だ。・画家である故・梶田達二。壁面にその作品が多数飾ってあった。・ウルトラマン(Aタイプ)、ミイラ人間、ドドンゴ、グリーンモンス。 躍動感ある構図と鮮やかな色使いが目を引く。落ちていく旅客機はドドンゴの眼から出る光線

  • 温故知新〜特撮のDNA・その21

     引き続き「特撮のDNA」レポ。今回はややマイナーな円谷特撮作品のブースより。・『マイティジャック』(1968)の続編『戦え!マイティジャック』の番宣ポスター。・万能戦艦マイティ号、ピブリダー、エキゾスカウト、コンクルーダー。すべて撮影用オリジナル。・『レッドマ

  • ゼロ10年の功績〜特撮のDNA・その20

     引き続き「特撮のDNA」レポ。今回はウルトラマンゼロのブースより。cf.)『ウルトラマンゼロ』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6085844.html・ウルトラゼロスパーク。撮影用オリジナル。・ゼロツインソードはかなり大きい。ウルトラゼロアイ、ゼロアイN

  • ジャグラーにも「仲間」が出来た!「遥かに輝く戦士たち」~『ウルトラマンゼット』

     12月19日(土)放送の『ウルトラマンゼット』最終話「遥かに輝く戦士たち」はデストルドス登場回。脚本は吹原幸太。監督は田口清隆。cf.)故・吹原幸太についてはこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6267186.html・サブタイトルには「夏川遥輝(ナツカワハルキ)

  • ファイヤーマンとジャンボーグA〜特撮のDNA・その19

     引き続き「特撮のDNA」レポ。今回は『ファイヤーマン』(1973)と『ジャンボーグA』(1973)のブースより。・ファイヤーマンの番宣ポスター。火曜夜7:00に放送していたことが分かる。・ファイヤーマンの撮影用マスクとアトラクション用マスク。SAFの銃。ファイヤーブレス

  • 過去作へのリスペクト〜特撮のDNA・その18

     引き続き「特撮のDNA」レポ。・今回は『ミラーマン』(1971)、『電光超人グリッドマン』(1993)、『アンドロメロス』(1983)のブースより。・ミラーマンのマスク。撮影用のレプリカとアトラクション用。ソルガンは撮影用オリジナルで金属製。インベーダーの銃も同様。・

  • 秘密の部屋(※ネタバレあり!)〜怪獣酒場 新橋蒸溜所・その14

     ※以下ネタバレあり!「怪獣酒場・新橋蒸溜所」の秘密の部屋に入ったことがない方は見ない方が賢明。。。 今月は誕生月なので、秘密の部屋に入れてもらった。・「最強の部屋」最強といえば・・・・・・・ゼットン!『ウルトラマン』(1966)最終回「さらばウルトラマン」

  • トレギアメニュー・コンプリート!〜怪獣酒場 新橋蒸溜所・その13

     「トレギアのブラック・クリスマス」開催中の怪獣酒場・新橋蒸溜所。・鴨のコンフィ~蒼き誘惑のフレンチ~フランス料理の定番をトレギア流にコーディネイトした一品。コンフィとは各種の食材の風味を良くし、尚且つ保存性を上げることのできる物質に浸して調理した食品の

  • タロウへの憎しみ〜怪獣酒場 新橋蒸溜所・その12

     「トレギアのブラッククリスマス」開催中の怪獣酒場・新橋蒸溜所。この日は同僚を連れて馳せ参じた。・ミート!ミート!ミート!~3種のクリスマスグリル~チキン・ビーフ・ポークの3種類の肉をそれぞれのソースで堪能できるボリューム感のある一品。まさに肉!肉!肉!た

  • ジャグラーの立ち位置が気になる「滅亡への遊戯」~『ウルトラマンゼット』

     12月12日(土)放送の『ウルトラマンゼット』第24話「滅亡への遊戯」はデストルドス登場回。脚本は吹原幸太。監督は田口清隆。cf.)故・吹原幸太についてはこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6267186.html・ウルトロイドゼロに乗り込もうとするジャグラー。そこ

  • ルックスのキープ〜特撮のDNA・その17

     引き続き「特撮のDNA」レポ。今回は『ウルトラマンマックス』(2005)のブースより。cf.)『ウルトラマンマックス』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/5997988.html・マックスの飛行シーン用人形。 マックスはセブンタイプを基調とし、胸にはフェニック

  • 顔のパーツひとつで〜特撮のDNA・その16

     引き続き「特撮のDNA」レポ。今回は『ウルトラマンガイア』(1998)のブースより。cf.)『ウルトラマンガイア』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/5911369.html・ガイア(V2)の飛行シーン用人形。ガイアのマスクは頭部の削り具合がティガの発展形のよう

  • 大胆なリーゼント〜特撮のDNA・その15

     引き続き「特撮のDNA」レポ。今回は『ウルトラマンダイナ』(1997)のブースより。cf.)『ウルトラマンダイナ』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/5972025.html・ダイナ フラッシュタイプの飛行シーン人形。初代ウルトラマンのマスクを基調としながら、

  • 握りこぶしのスーツ皺〜特撮のDNA・その14

     引き続き「特撮のDNA」レポ。今回は『ウルトラマンティガ』(1996)のブースより。cf.)『ウルトラマンティガ』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/5966349.html・ティガ マルチタイプのぐんぐん人形。握りこぶしのスーツ皺まで作り込まれている。・ガッ

  • 八重歯がのぞく〜特撮のDNA・その13

     引き続き「特撮のDNA」レポ。今回は『ウルトラマンパワード』(1993)のブースより。cf.)『ウルトラマンパワード』総論→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/5950759.html・パワードのマスク。眼の形がアーモンドというよりは卵に近い形になり、青と紫で銀河宇宙を連想

  • ベリアロクが意外と優しい?「悪夢へのプレリュード」~『ウルトラマンゼット』

     12月5日(土)放送の『ウルトラマンゼット』第23話「悪夢へのプレリュード」はウルトロイドゼロ登場回。怪獣も5体登場した。脚本は吹原幸太。監督は坂本浩一。cf.)故・吹原幸太についてはこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/6267186.html・記者会見でストレイジ

  • 後光が神々しい〜特撮のDNA・その12

     引き続き「特撮のDNA」レポ。今回は『ウルトラマングレート』(1990)より。cf.)『ウルトラマングレート』総論はこちら→http://tokusatsu-ultra.xyz/archives/5948869.html・宣伝ポスター。ウルトラマン生誕25周年記念作品として作られた本作は、原点回帰が図られた。「

  • 体操座りが悪魔的〜特撮のDNA・その11

     引き続き「特撮のDNA」レポ。今回は『ウルトラマン80』(1980)のブースより。・ユリアンのマスクはオリジナルに忠実に再現されたレプリカ。ユリアンには失礼だが、ずっと見ていると「耳の横にパーマされた髪が追加されたらサザエさんだなぁ」という考えが脳裏をよぎる。80

  • 獅子の瞳が輝いて~特撮のDNA・その10

     引き続き「特撮のDNA」レポ。今回は『ウルトラマンレオ』(1974)のブースより。・MACの隊員服とヘルメットは撮影用オリジナル。汚れ加減に時を感じる。レオの胸像。わずかに残されたスーツを保存するため、マネキンを芯にスーツを補強して胸像化されたそうだ。胸のプロテ

  • タロウの手がデカい〜特撮のDNA・その9

     引き続き「特撮のDNA」レポ。今回は『ウルトラマンタロウ』(1973)のブースより。・なんともデカい手。いわゆるグングンカット用に作られた手である。・撮影用オリジナルの初期タイプマスク。・井口昭彦によるタロウのデザイン画(決定稿)。筋骨隆々とした趣がある。・ウ

  • 意外に早かったセブンガーの復活「それぞれの明日」~『ウルトラマンゼット』

     11月28日(土)放送の『ウルトラマンゼット』第22話「それぞれの明日」はバロッサ星人三代目が登場。脚本は林壮太郎。監督は坂本浩一。・上裸で空手に励むハルキ。良い体をしている。・ハルキを呼び出し、タピオカジュースを買い出しさせるヨウコ。腕相撲の勝負にこだわる

  • パンチが足りない「D4」~『ウルトラマンゼット』

     11月21日(土)放送の『ウルトラマンゼット』第21話「D4」はケルビム登場回。脚本は鈴木智。監督は武居正能。・異次元に秘められた破壊力を応用した兵器「D4レイ」が実験段階に入った。キングジョーSCに搭載される予定。・GAFJのユウキマイが登場。演じているのは林摩耶。

  • 父は不器用・・・「想い、その先に」〜『ウルトラマンゼット』

     11月14日(土)放送の『ウルトラマンゼット』第20話「想い、その先に」はM1号登場回。脚本は小林雄次。監督は武居正能。・盆栽を嗜むヘビクラ=ジャグラー。誤って枝を切ってしまう。盆栽キャラでいくらしい。仮に『ウルトラマンオーブ』(2016)でのジャグラーが人間年齢

  • 調和性と完全性〜特撮のDNA・その8

     引き続き「特撮のDNA」レポ。『ウルトラマンエース』(1972)のブースより。・撮影用オリジナルのエースマスク。頭部の傷が歴史を感じさせる。男女合体変身という画期的ヒーローとして登場したエースのデザイン。顔もより観音像のような趣で、口元のアルカイックスマイルも

  • 怪しげな青いドレッシングで実験気分〜怪獣酒場 新橋蒸溜所・その11

     「トレギアのブラック・クリスマス」開催中の新橋蒸溜所。・特別メニューを見ると、「ミート!ミート!ミート!」が2480円とちょっとお高め。これはまた別の日にしよう。・自家製ローストビーフサラダ~クレイジーブルードレッシング~ローストビーフの下に隠れているサラ

  • カネゴンの繭は綿あめ⁉〜怪獣酒場 新橋蒸溜所・その10

     11月1日、夕方の中途半端な時間に新橋蒸溜所に立ち寄った。・ガイロスのガリシア風。歯ごたえのある、大きな吸盤が並んだ一品。地上を追われ、海底に逃げ延びて暮らしていたところを、地球人の海底開発によりまたもや脅かされ、仕舞には海底都市も爆砕されてしまったノンマ

  • ノーバにやられた夜〜怪獣酒場 新橋蒸溜所・その9

     10月、「怪獣酒場 新橋蒸溜所」に行ってきた。もう終わってしまったが、この日もジャグラーの夜会として特別メニューを堪能した。・シカゴピザ~闇の浸食~ジャグラー魔人態の皮膚を想起させる、茶色く分厚い生地をナイフで懸命に切って食した。木製の皿は最初から傷だらけ

  • インパクトのある番宣ポスター〜特撮のDNA・その7

    引き続き「特撮のDNA」レポ。『帰ってきたウルトラマン』(1971)のブースより。・TBSの番宣ポスター。左側に「8時だョ!出発進行」「美しきチャレンジャー」「大岡越前」など有名番組が名を連ねている。なかなかインパクトのあるポスターだ。・撮影で使用されたオリジナルマ

  • 今日はどのアイ・スラッガーにしようかな〜特撮のDNA・その6

    引き続き「特撮のDNA」レポ。『ウルトラセブン』(1967)のブースより。・セブンのマスクは通称A~Dタイプまで作られた。Dタイプの特徴は口角から下に伸びるラインに切れ込みがないこと。ウルトラマン同様、初めは口を動かせる仕組みだったが、撮影が進むうちに可動させない

  • カラータイマーはセロファンの色〜特撮のDNA・その5

     引き続き「特撮のDNA」レポ。『ウルトラマン』(1966)のブース。・ウルトラマン人形は造形の佐々木明が後年、自ら再制作したもの。ジェットビートルはオリジナルの木型を金属で包んだもので、1988年に郡司模型製作所が製作したもの。カラータイマーは内部に赤や青のセロフ

  • ケムールの爪~特撮のDNA・その4

     引き続き「特撮のDNA」レポ。・ガラモンとケムール人。・ケムール人の爪が長く歪んでいて不気味さを醸し出している。500歳という設定であることから、爪も500年間伸びっぱなしで歪んでしまったイメージだろうか。・『ウルトラQ』の撮影に使われた小物。第5話「ペギラが来た

  • 立像〜特撮のDNA・その3

     引き続き「特撮のDNA」レポ。・初代ウルトラマン。光の加減だろうか、マスクの口元がいつもよりマイルドで、アルカイックスマイルが若干崩れて見えてしまう。・セブン、ジャック。・レオ、80、グレート。・スモークと赤のライトアップでの陰影が格好いい。・パワード、ティ

  • エースが格好良過ぎて痺れっぱなしの「最後の勇者」~『ウルトラマンゼット』

     10月31日(土)放送の『ウルトラマンゼット』第19話「最後の勇者」はバラバ登場回。脚本は根元歳三。監督は辻本貴則。・街中に突如ベムスター登場。ガスタンクを吸収。接近戦を避けるよう助言するユカ。『帰ってきたウルトラマン』(1971)の大ファンである辻本監督のチョ

  • リブットはなぜ格好良く見えるのか~『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』

     ウルトラマンリブット。マレーシアのアニメ作品『ウピンとイピン』の中で、円谷プロ公認のキャラクターとして2014年に登場。実写版スーツも製作され、日本では『新ウルトラマン列伝』の最終回に初登場し、2019年の『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒ

  • ブースカは出べそ〜特撮のDNA・その2

     引き続き「特撮のDNA」レポ。・『快獣ブースカ』のポスター。水曜夜7:00、日本テレビ(4チャンネル)で放映していた。ブースカを囲む9人の子役。ミー子、ヒロシ、ジロ吉、メチャ太郎、一郎、ゾロメ、チョロ吉、ゴンタ、大作。ブースカのへそに手を突っ込んでいるのはメチ

  • 真実と正義と美の化身〜特撮のDNA・その1

     10月17日(土)、特撮のDNA~ウルトラマンGENEALOGY~に行ってきた。 この日は雨だったが、会場内は結構な人の数。物販ブースを抜けないと出られない作りとなっており、その物販ブースは人数制限があるため、会場内の展示物を見た後は長蛇の列に並ぶこととなる。適度な距

  • 手を出すべきではなかった「2020年の再挑戦」~『ウルトラマンゼット』

     10月24日(土)放送の『ウルトラマンゼット』第18話「2020年の再挑戦」はケムール人登場回。脚本は継田淳。監督は辻本貴則。・パゴス登場。キングジョーSCとウィンダムが対峙する。しかし、突如消えてしまう。・観覧車を懐かしそうに見つめる昭和チックな服装のカオリと知

  • 浮気性な「ベリアロク」~『ウルトラマンゼット』

     10月17日(土)放送の『ウルトラマンゼット』第17話「ベリアロク」はバロッサ星人二代目が登場。脚本は中野貴雄。監督は越知靖。 前話に引き続き、越監督の本格デビュー2作目。・蝶のような羽を広げて上空から突如登場したバロッサ星人二代目。着地で腰を痛める。いきなり

  • 越監督本格デビュー!ユカの過去に触れた「獅子の声」~『ウルトラマンゼット』

     10月10日(土)放送の『ウルトラマンゼット』第16話「獅子の声」はホロボロス登場回。脚本は小林雄次。監督は越知靖。 前作『ウルトラマンタイガ』中盤の振り返り回「イージス超会議」で監督デビューした越監督。今作で初めて本格的に特撮場面含む監督業に着手したことと

  • 飯島監督が「娯楽職人」を自称する所以とは~『バルタン星人を知っていますか?』

     『バルタン星人を知っていますか?』(著:飯島敏宏+千束北男 出版:小学館)は飯島敏宏の生涯の中で、主に学生時代を経てディレクターとして活躍した時代を記した奮闘記である。 インタビューなどで、常々、自身を「娯楽作家」とか「娯楽職人」と称している飯島敏宏。

  • ガラモンの失踪~『ウルトラQ』

     『ウルトラQ』(1966)に登場したガラモン。その着ぐるみが盗難に遭ったことがある。 某デパートからガラモンの着ぐるみの貸し出しを依頼され、円谷プロの担当者が怪獣倉庫に着ぐるみを取りに行ったところ、なぜかガラモンの着ぐるみだけが無かった。 その3日程後、当時

ブログリーダー」を活用して、たかさんをフォローしませんか?

ハンドル名
たかさん
ブログタイトル
たかの特撮ブログ
フォロー
たかの特撮ブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー
clear この画面を閉じる

フォローしてブログ村リーダーで
このブログをチェック!

たかの特撮ブログ

当サイトは、ウルトラシリーズを軸に、特撮に関する情報を掲載したり、書籍について感想を書いたりしています。基本的にスローペースです。

フォロー