searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

グッドドラゴンさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
家づくりは大変だ~!
ブログURL
https://myhomenosiritaikoto.hatenablog.com/
ブログ紹介文
自宅を持ちたいと思っている人は沢山いるよね。 ネットでいろいろと調べるのが当たり前になった今だからこそ、家づくりの本音で正しい事を教わる事が必要だと思うんだよね。 私はプロだけどごく普通の人だよ。 怖いその筋の人ではないからね(笑)
更新頻度(1年)

138回 / 365日(平均2.6回/週)

ブログ村参加:2020/04/10

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、グッドドラゴンさんをフォローしませんか?

ハンドル名
グッドドラゴンさん
ブログタイトル
家づくりは大変だ~!
更新頻度
138回 / 365日(平均2.6回/週)
フォロー
家づくりは大変だ~!

グッドドラゴンさんの新着記事

1件〜30件

  • プロの住宅コンサルタントに相談できるチャンスです!お試しプラン、1時間:1,500円をスタート!

    プロの住宅コンサルタントに相談しながら注文住宅計画を進めて行く事が最も安全で確実な事だとは分かっているけれど、本当に優れた住宅コンサルタントなのか、また、お金が沢山かかるのではないのかと言ったような不安や心配は、あるのが当然だと思います。 また、無料ほど、後が怖いような感じもするわけです。 そこで、ネットでの面談を条件としますが、お試しプランを開始いたします。 相談料は、一時間、わずか1,500円という格安プランになります。 たった1500円で大手ハウスメーカーの営業マン達が指導されている内容と同じ、あるいはそれ以上の話をお客さん専用に聞くことができるのです。 当然ながらお客さんが知りたい事を…

  • 今回は、住宅ローンのお話。変動型金利を使うべき人とは、どのような人なのかを解説します。

    注文住宅等、マイホーム計画の資金、つまりお金ですが住宅ローンを利用したいと思っている方々は多いと思います。 また、いままで借金をしたことがないという方も大変多いと思います。 そのような中で人生最大の買い物であり、また、最大級の借金になる住宅ローンに関して、どのような仕組みでどのように決めて行けば良いのかを考えない人はいないと思うわけです。 住宅ローンについて、わかっているようでわかっていない人が沢山いるのも事実ですし、また、信じられないかもしれませんが、建築会社や工務店、ハウスメーカー側の営業マンも分かっていない人が大半なのですね。 本当にびっくりしますよね。 売る側がこの重要な住宅ローンに関…

  • 注文住宅で値引きは出来るのか? 動画で誰もが気になる値引きに関してお話します。

    ここ関西では、買い物をする時に値切るという習慣があります。 大体、店頭で記載されている値札通りには買わないのが関西人の特性なのかもしれませんね(値切ろうと思う商品はいろいろですが・・) 一般にめったに買わない物や家電などは、値切りの対象になるケースは多いと思います。 お店でも値切られる事を前提に店頭価格を表示しているところもありますので、よく他店のチラシや当店よりも価格が低い場合は、お知らせくださいなどと店頭ビラなどに書かれているケースも多々見受けられます。 このような習慣のある関西なので、当然のように注文住宅でも値切り、つまりは値引きの話が出てくるのですね。 関東方面でも値引きをしないとなか…

  • 注文住宅なのに間取りが気に入らないという場合、プロの住宅アドバイザーはどのように解決するのか?

    いつも文章が長くなってしまいますので、先に結論から書きましょう。 プロの住宅コンサルタント・アドバイザーは、自ら図面を書いたりしません。図面を書くのは建築士の仕事になります。 また、書いた図面に対しての責任も建築士にあります。 要は責任を取るべき人が責任を取らねばならないのです。 コンサルやアドバイザーは、請負はいたしません。 請け負っている会社に正しい仕事をさせる事、出来るようにすることが仕事になるのです。 間取り図に関しても、お客さんの深層心理を理解し、お客さんの根底にある、お客さんが気がついていない真の住み家に関してのアドバイスを建築士に行い、建築士の頭脳をマキシマムにできるように指導す…

  • 住宅コンサルタント・アドバイザーに相談するという選択。お客さんには良い事が沢山あるというお話。

    さて、注文住宅で自宅を計画されている方々には、いろいろな悩みが付き物なのですね。 ですから、自分でいろいろと調べたり勉強したりしている事なのでしょう。 でも、調べるにしても勉強するにしても、お客さんが疑問に思わない限り行動出来ないのですね。 お客さんが疑問に思わない事が、のちのち、トラブルになって行くのがこの業界、特に注文住宅の世界であり、怖さなのですね。 それらを払拭するためには、どうすれば良いのかをお客さんが考えて行動してもらえれば良いのですが、残念ながらこの希望はかなえられる事はないと思うわけなのです。 その理由は、知らない事に関しては、何も行動できないということなのですね。 お客さんの…

  • 顧客満足度を向上させる為の住宅営業・現場監督向け研修は楽しい。

    昨日、初めて大手ハウスメーカー以外の企業の営業研修をして来ました。 企業の規模に関係なく、顧客満足度を向上させようとしている建築関係の会社の場合、営業マンに指導するのは大変楽しいわけで、また、やりがいもあります。 4時間以上、ぶっ続けで話をしたので気持ちよく疲れました。 内容は多岐多様なのですが、すべて参加された生徒向けに個別に対話しながら進めるという直接指導型なので、一般によく行われている講義スタイルではありません。 また、講師である私は、実践経験が豊かなのですからありとあらゆる事象に対処できますし、営業マンの苦悩に関しても理解できています。 内容が濃すぎるのが魅力でもあり、また、何点でもあ…

  • 注文住宅計画においての選択権利は、客側にあるべきなのだが、実際は建築業者任せというのは・・・?

    注文住宅を計画する場合、選択肢は客側にあると思っている人は要注意というお話。 何度も書いているわけですが、お客さんは、素人。 この事を正しく理解しておいてほしいのですね。 素人と言われて怒っているようでは、ダメなのですね。 初心者は、素人なのです。 これを人から言われると嫌な気持ちになっている人達は、要注意なのです。 この素人であるが故に出来る事が沢山あるのですが素人を認めないから間違った判断をしているのが現実問題として、今の注文住宅計画なのですね。 さて、素人のお話はこれくらいにしておいて表題について書いて行きましょう。 注文住宅計画をするのは、お客さんなのですが、果たして選択権利はお客さん…

  • 注文住宅、家づくり計画での当たり前の質問。さて業者からの回答はこれでいいのか?

    家づくり計画、特に注文住宅での自宅建築に関しては、沢山の疑問や質問があるわけなのですね。 さて、それらに回答するのは、業者側の担当者なのですが、さて、質問に対しての回答、どうなんでしょうね・・・ 最近、地震が多く発生していますので、地震に対して気になっていない施主となる一般人は沢山いるわけです。 そこでこのような当たり前、ありきたりの質問を業者側にしてみましょう。 「最近、地震が多いですが、大丈夫ですか?」 果たしてこの質問に関して業者側はどのように回答してくるでしょうか? こんな風に返答してきたとしましょう。 「大丈夫です。日本には厳しい建築基準法という法律がありますし、また、沢山の震災で法…

  • 注文住宅を計画している客をモンスター化してはいけない!

    最近、悪い傾向にあると感じていることがあります。 それは、注文住宅を計画されている一般の方々の知識武装の在り方なのですね。 ネットが一般化して今まで知られることのなかったこの建築業界の病が露見される事に対しての悪い意味においての知識武装が広まっている感があるのです。 一般の方々が正しいと思っている情報も専門家、プロから見ると大きな勘違いをしている場合が大変多いのですね。 そもそも論として、間違った知識を武器として業者と対面している事に対して、専門である建築業者側の知識が不足している、また、そのような客に対する対面方法を知らないことが、このような変に偏った知識を持っている客達が間違った解釈をして…

  • 注文住宅を失敗させない住宅相談のプロの住宅コンサルタント、アドバイザーとはどんな人なのか?

    そもそも論として、一般の方々が自宅を建築する為に注文住宅を計画し、その計画が失敗する事があってはならないのです。 しかし、現実はどうなのでしょうね? 毎日のように報告されてくる注文住宅におけるトラブルや不満。 これはどうしてなのでしょうね? 建築業界はおかしな業界だと言えます。 しかし、建築業界だけがおかしな業界なわけでもありません。 でも他との大きな違いは、何と言っても金額の巨大さなのでしょうね。 また、お客さん側の期待度の高さとも思います。 これらを建築業者側がしっかりと汲み取り、お客さんに対して真面目に商売をしておれば、これほどの沢山のトラブルや不平、不満が出る事はないのだと経験上言えま…

  • 建築業界で業績を向上させる為には、お客様満足度を向上させる事が出来ないとダメ!

    私は、一般の方々と建築業者とその両方に対して教育・指導、つまりはコンサルやアドバイスをしているわけなのですが、いずれに対しても統一した考え方を貫き通しているのですね。 それは、 「お客様満足度を世界一にする」 なのです。 つまりは、私のお客さんになったら必ず一度は、 「世界一、満足しています」 と口に出して言ってもらっているのですね。 また、目に見える形としてお手紙でくださるわけなのです。 建築業界は、クレーム産業などと未だに当人達が言っている変な業界なのです。 まあ、他にもおかしな業界は世の中に沢山あるわけなのですが、いずれにしても何が問題なのかと言うと、お客さんが不満に思っている事なのです…

  • 客が住宅営業に希望している事は、「正確さ」「行動力」「スピード」です!

    お客さんが業者に望む事とは、注文住宅だから特別な物では無いと私は思います。 建築業界には、ほぼ20年近くいるわけですが、建築業界以外にも在籍していた時代も20年近くあるわけなので、客として業者に期待している事は同じように感じてしまうわけなのです。 建築業界に話を戻しますが、注文住宅の世界では大きく3つの場面に分けて考える事ができます。 建築業者を選んだり、間取り図等を作成する為に打ち合わせをしたりする場面。 実際に建物を建築する場面。 そして、建築された建物に住み続ける場面。 この3つの場面があるわけですが、どの場面にも言える事が、表題なのです。 客が業者側に希望することは、すべての場面におい…

  • 家づくり・住まい計画には、多少のお金がかかってもアドバイザーを雇いましょう!

    毎日のように同じような悩みや相談を受けているわけですが、毎回違う方に同じ話をしなければいけない事に悲しさと空しさ、そして無力さを感じてしまいます。 住宅営業としての現役後び専門家としてコンサルタントとしてもう10年以上(現役時代を含めると20年近く)、一般人や業界人に向けて間接的や直接にアドバイスや教育、指導をして来ましたが、まったく状況に変化が無い事という怖さがこの建築・不動産業界にはあるのですね。 はっきり申しますが、お金はかかりますが私、あるいは同等の能力を持っているアドバイザーやコンサルタントをお客さんは雇ってください。 そして、業者とのすべての対話・面談時に同席させてください。 そう…

  • ハウスメーカーと工務店、建築会社。トラブル時にこの言葉の使い分けが出来ているのだろうか?

    注文住宅のトラブル事案で相談されてくる方々には、明らかに表題の区分が出来ていない人がいます。 また、アメブロにしても、ユーチューブにしても同様の事が言えるのです。 このように、この人が言っているハウスメーカーとは、どのクラスの事を言っているのかと思う事が沢山あるのです。 当たり前に普通に考えると大企業型の日本全国に営業所並びに支店等がある建築業者をハウスメーカーと思うのですが、家を作っておればハウスメーカーと思っているような人達も多いようです。 明確な区分分けがこの言葉たちには無いわけなので、よくよく当人に聞いてみると一般的に認知されているハウスメーカーという企業体ではなく、それは地場の工務店…

  • 真剣に間違っていないと思っている建築業者がいるこの業界こそが大変怖い事なのです。

    「知らなかった」 この言葉が注文住宅経験者の後悔する事柄の常にトップランクに入っている事は以前にも書きました。 普通の人は不思議に思うはずです。 注文住宅で自宅を建築する人達は、大多数、ほぼ全員が初心者なのですから、知らない事ばかりだから、建築業者が正しく教えてくれるはずとね・・・ でも、実際はその建築業者ですら、間違った解釈、考え方をしている事に気がついていますか? 先日、構造塾の佐藤先生がツイッターでこのようにつぶやいていました。 「これから家を建てる消費者から 毎日たくさんの質疑が来ます もう、 腹立たしいほどいい加減な業者の多いこと ・耐震等級3は過剰です ・耐震性能上げると硬くなり地…

  • 注文住宅計画で担当者で失敗しない為には、どうすれば良いのか?

    注文住宅で自宅を建築された方々に引き渡し後、アンケートを取ると実に興味深い回答が返ってきている事をご存じでしょうか? 同じ会社の同じ担当者でも、評価が真逆という事が多々あるという不思議な結果なのです。 顧客側がその人なりの満足をしておれば、担当していた営業マンや関係者に対しては良かったと評価し、何かしらの不満があれば担当者や関係者のいずれかが駄目だったと評価しているのですね。 その中には、営業マンは良かったのですが、他の人が駄目だったと言ったものまであるのです。 同じ担当者でも真逆の評価になるのはどうしてなのでしょうね。 以前、某大手ハウスメーカーの営業推進本部の部長にお客さんを面談させた時に…

  • 注文住宅において「知らなかった!」を無くさない限り、成功はありません!

    注文住宅を計画されている方々は、常に一見さん(いちげんさん)なのです。 初めての方ばかりと言っても過言ではありません。 それ故に知らない事が沢山あるのです。 と言うよりも、知らない事ばかりなのですね。 そして、最も厄介な事は、業者側がお客さんの為に知らない事を知っているのかと言うと、そうでは無いというのがこの業界の闇なのです。 冷静に考えてみてください。 ハウスメーカーにしてもその他建築業者にしても、担当する人間のレベル、能力が同じではないというそもそもが不公平なのです。 また、一個一個が同じ品質ではないというのも建築業界の特徴なのです。 これらが一見さんである初心者の皆さんに対応する業者なの…

  • 未だにこんな事を言う業者がいる事が大きな問題。断熱材は、○○が良くて、△△は良くない。

    注文住宅を進める上において、切っても切れないのが建築業者の存在であることは誰もが分かっている事なのですが、この建築業者にはいろいろと問題があるのが、この業者の闇の部分なのですね。 まあ、どのような業界においても自社を優位にさせるための営業トークは存在するわけですが、建築業者ほど、そのトークレベルの低い事はないと常々思います。 大手であろうとも、中小、個人経営であろうとも、この営業トークのプアーさには呆れてしまって開いた口が閉まりません。 Co2削減に関して2050年問題に対応する為に、今後、さらに一般個人宅の断熱水準に関しては、いろいろと工夫されてくる現在において、断熱材に関して建築業者側が先…

  • LINEやメールで済ませようと思っている人は、注文住宅では確実に失敗すると言えます!

    現在、コロナ禍で不要不急の外出の自粛や自宅待機等が要求されておりますが、注文住宅で住まい計画を進めようとされている方々は、どのような形で計画をされているのでしょうね。 無駄にウロウロする事は良くありませんが、必要不可欠な事は、実際に現地に行き、関係者と面談をして、感染予防を厳重に起こって話し合いを進めるのが正しい方法だと言えます。 実際に、住宅公園などハウスメーカーが集客の拠点としている場所でも大きく来場者が減り、集客イベントが無くなっていますが、来るべき人達はしっかりと来場されているのですね。 昨年の4月から12月までの大手ハウスメーカーの契約統計は前年対比しても大きな落ち込みはなく、反対に…

  • セミナー講座から学ぶ正しい注文住宅の進め方。「住宅営業の見極め方は契約約款の熟知度で判断できる」

    ユーチューブにセミナー講座を動画としてアップしている中で、今回は住宅営業の見極め方の一つとして、解説している動画を紹介しましょう。 このセミナー講座には、住宅建築業界における非常識さをお客さん側がまず認識することの大切さと注文住宅を進めてゆく上で選ぶべき住宅営業の基本的スキルの見極め方を簡単に紹介しています。 注文住宅では、契約時に必ず契約約款の説明があります。 書かれている内容は、一般の方々においては初めての文言ばかりなのですが、ここに記載されている文章を完全に理解しておかなければ確実に不利な状況に陥り、万が一のトラブル時にも期待していた結果にならないことに困惑することになります。 この重要…

  • 人生初のZOOM体験。構造塾の佐藤先生と堤先生とZOOMでネット会議のテスト完了。

    コンピューターの専門職を退いてから早18年が経過していますが、未だに多少なりとも、コンピューターを自己流で活用してきました。 といっても、ネットにつながる環境以外は、仕事で使わない部分、趣味の世界で動画や音楽を加工する程度だったので、ネットで会議をすることはありませんでした。 しかし、構造塾の佐藤先生にお会いしてから、佐藤先生が進めておられる業者リストの延長線上にある、住まいづくり・家づくりアドバイザー計画に参画させていただく事になり、その準備のZOOMでのネット会議の環境整備が必要になってきました。 来月、このアドバイザー会議が初めて開催されることになり、そちらに参加させていただく事になりま…

  • 注文住宅を成功に導く方法を簡単に考えている建築業界と関わりの無いユーチューバー達をどう考える?

    コロナ禍になり、ネットで動画を見る機会が増えた人も多いと思いますが、個人で発信できる動画の中には、頭が痛くなるような動画が沢山あるのですね。 まあ、そのような動画をあげている人達の生活の糧に関してどうこう言う事もありませんが、それを見て、本当だと信じてしまう人達がいる事は、大変怖い事のように思います。 最も怖い動画は、建築にまったく関係の無い人が自分勝手な言い分をあたかも正しいかのように動画配信している部類なのですね。 これらの動画には、共通の特徴があるのです。 当然ながら、建築業界とは関係の無い人達ですから、注文住宅のプロセスに関しては、まったく無知です。 少なくとも、注文住宅の全プロセスを…

  • 注文住宅計画における一般人の間違った考え方。知識武装の意味の取違は命取りになりますよ!

    最近、知識武装をやたらと斡旋している人達がいるようですが、度が過ぎるのは間違いだと早く気がついてもらいたいものです。 無知はいけませんが、我流、つまり独学の頭でっかちほどやっかいな人はいないという事に気がつく事です。 私は何度も書いていますし、言っていますが、注文住宅計画とは、学問ではないのです。 技術なのですね。 技術とは、学問だけでは習得することも、役立てる事もできません。 つまり、知っているだけは何も役に立たないということなのです。 頭でっかちの人達は、この知識だけをやたら詰め込み、その知識の量だけで自分は有能だと勘違いしています。 そして、最も大きな勘違いは、自分で作らないという事を理…

  • ラインのオープンチャットを活用しましょう。

    最近、主催しているラインのオープンチャットに書き込む方が多くなりました。 ツイッターのような感じで思いつくまま、注文住宅成功へのアドバイスを書いていますので、このブログ記事よりも沢山の情報が発信できています。 参加している人達向けにクローズされた状態の中で書いていますので、参加されている方々がその内容をご覧になられて実践されると高確率で注文住宅でのトラブル回避に役立ちます。 最もクローズしていると言っても公開されている内容になりますので、個別対応ほどの個々人の課題に対しての具体的対応ではありませんが、それでも知っているのといないのとでは、雲泥の差があります。 もし、ラインを使われている注文住宅…

  • 類は友を呼ぶ。注文住宅においても客側の考え方があかん営業マンを引き付けるのです。

    この業界に長くいるといろいろな人を見てくる事になります。 まあ、人間観察がいろいろと出来るのですね。 その中で確実に言える事は、客側の考え方、根性、性根というのでしょうか、性格などが担当している住宅営業と似ているという事なのですね。 大手ハウスメーカーに勤務していた頃は、本当によく感じましたね。 客が来場した時に、この客は、この営業マンの客だというのが、わかる時が多々ありました。 これはある意味、大変怖い事だったのですね。 一つ例をお話しましょう。 大手ハウスメーカーからローコスト住宅メーカ-に転職した営業マンのお話です。 その営業マンとは、大手ハウスメーカー時代に中途採用者として入社してきま…

  • 注文住宅における客側の非常識。SNS等ネット社会の副作用なのでしょうね・・・

    建築業界は、どう考えても非常識なのは私の過去の記事を読まれるとわかると思いますが、最近、特にSNS等ネット社会の中で匿名でいろいろな事を自己発信できる、あるいは簡単に質問が出来るようになってからは、客側の非常識さも目立ってきたように感じます。 時々、私のところにも寄せられる相談や質問に 「間取りを見てもらえますか」 があります。 間取りを建築士に作成してもらっているのだけど、どうなのかと思い、間取り図を見てもらいたいといった軽い感じなのですが、これは大きな間違いなのですね。 このようなブログの記事に一般人が間取り図を出して、それに対して同じように一般人がどうだこうだと言っているような物は、あま…

  • ハウスメーカーの住宅展示場や不動産業者等に行く前に、このセミナー講座の動画を見ましょう!

    注文住宅で困らないようにするためには、客として何をすべきか、何が出来るのか、どうするのかを知る事なのですね。 このセミナー講座をまずはご覧ください。 そして、疑問や不明な事が出てきたら、LINEのオープンチャットを使ってでも構いませんので、作者の私に質問してください。 そうする事で、不明瞭な部分を無くし、自分が進むべき方向を理解する事ができるようになってくると思います。 いろいろな人がいろいろな注文住宅の進め方をしていますが、成功するための考え方は、究極を言えば一つなのですからね。 LINEのオープンチャットは、オープンチャット検索で「注文住宅」で検索すると出てきます。 チャット名は、 「注文…

  • 久々に驚いた驚愕の発言!「間取りが決まっていないから建築士と会わない、会えない」

    LINEのオープンチャットで受けた相談の中で久々に驚いた驚愕の発言です。 「間取りが決まっていないので、 建築士と会えない、会わない」 世間で言われているローコスト系のハウスメーカーと打ち合わせをされている方なのですが、2社で決めかねているとの事だったので、いくつか質問をしてみました。 土地があるという事だったので、図面を誰が書いているのかを聞いてみたところ、担当している営業マンが書いているようなに思われているようですね。 実際には、誰が書いたのかを営業マンには聞いていないのでしょうが、そんな感じがしていたのでしょうね。 そして、資格を持った建築士に設計をしてもらいたくないのかと言ったような質…

  • 注文住宅のトラブルは、何故起こるのか?その回避の方法とは?娯楽映画から学ぶ正しい流れと考え方

    注文住宅を進めてゆく過程でどうしてトラブルになってしまうのでしょうね? 施主も業者もトラブルになりたくてトラブっているわけでは無いにも関わらず、一向にトラブルの数は減りません。 客側がいろいろと勉強しているようなのですが、それでも減らないのは何故なのでしょうね。 これは実は、簡単な理由なのですね。 トラブルの内容は複雑でも、それが起こる理由はすごく簡単な事なのです。 これをセミナー講座で動画にしてみました。 難しい専門的な話をする事は容易いのですが、理解できないと意味がありませんので今回は、娯楽映画を使って解説・説明をしてみました。 しかも、その映画は注文住宅とはまったく関係のないアクション映…

  • LINEでオープンチャット開始しました。 「注文住宅 気軽に何でも相談しましょう。」

    LINEのオープンチャットを利用して、ブログ記事やユーチューブ動画よりも少しだけ双方向で談話できる場を作ってみました。 オ^プンチャット名は 「注文住宅 気軽に何でも相談しましょう。」 です。 LINEのオープンチャット検索で「注文住宅」で検索してもらうと出てくると思います。 LINEの匿名機能を使う事で個人を特定することなく、談話に参加できます。 匿名の談話ですから、注文住宅相談の入り口とお考えいただけると良いでしょう。 誹謗中傷的な書き込みは排除して、一般的ですが専門家が関与している事でより正確性が増した感じの談話室にして行きたいと思います。 また、これをきっかけにして、より込み入った話や…

カテゴリー一覧
商用