searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

1件〜100件

  • 全統中、全統高

    六月、梅雨入りしましたね。中間考査もスポーツフェスティバルも終わり、残る一学期のイベントは授業参観ぐらいかな。中間考査後は、答案返却、スポフェスと続いたので、宿題に追われる事のないのんびりした時間を過ごせたと御満悦でした。 * 全国統一中学生テスト(全学年部門)の結果が判明しました。数学は序盤の計算問題ミスだけ。英語、国語は未履修分野がありながらも全体平均点はクリアとまずまずの結果でした。特に英語は前年度より大幅アップ。リスニングと文法・語法は取れていたので、残る課題は単語力不足ですね。如何せん教科書に出てきた単語しか覚えていないので、外部模試ではどうしても単語力がボトルネックにな

  • 📱中毒は続く

    中二の一学期中間試験が終了しました。試験期間中もゲームや動画を我慢できずにスマホ釘付け時間が目につきましたが、予定を立ててそれをしっかり消化しながらの娯楽で、スマホ最優先で全く勉強に集中していなかった学年末考査よりは自制できていたように見えたから、まあいいか。 ただ、たった五日間なのに動画から離れられない我が子を見ると先行きが非常に心配になります。受験生になってもずっと動画を見ている未来しか見えません。終わりがない動画はSNSよりも害悪。高三になったらゲームも動画もキッパリ辞めてスパートするなんて机上の空論なのでしょう。中学受験が終わった流れで安易にスマホを買い与えると「生娘にシャブ

  • 希望の船

    中二になって初めての中間試験が目前。学年が上がって科目が変わったり(生物・地学から物理・化学)、同じ科目でも担当教師が変わったりして未だ手探り感が拭えず、緊張感を持って取り組んでいるようです。特に進度が加速し内容も難しくなり、自習用の文法問題集も範囲に含まれるようになった英語が大変そうな感じ。スマホ三昧で舐め切ってた中一の学年末考査とはだいぶ違うかな。新クラスでは点数で競い合うお仲間はできるのでしょうか。 * さて、間違って振り込まれた4630万円を10日余りでオンラインカジノで全額溶かした男の話題でお茶の間は持ち切りですが、渋幕の文学史問題でお馴染みの菊池寛は「ギャンブルは絶対使

  • GW終了

    世間では大連休でも、私立中はカレンダー通り且つ土曜日登校があるため最大でも三連休にしかなりません。三学期の入試休暇の方が長い。 今回の連休は遠出せずに体力回復に専念しました。朝寝坊上等で緩みまくった春休みが明けて以降、登校日+ライブ授業+模試で外出予定のない日ゼロが続いていたこと、クラス替え・担当者変更をはじめとした外部環境の変化等で疲れが溜まっていたので。休める時に休んでおかないと今後も鎌倉研修、中間考査、スポーツフェスティバルとイベントが続きますからね。 * GWにGS特訓の応援に行く、という話題も今年は出なかったらしい。まあ応援系は直近卒業生たちの専売特許ですからね。息子世

  • 共通テスト模試と三年後以降

    東進の第二回共通テスト本番レベル模試が今週日曜日に行われます。実試験では二日間に渡って行われる八科目を一日に圧縮させて朝から晩まで行うタフな試験。数学特待生は受験がマスト。我が家はまだ中二なので数学ⅠAⅡBだけ受験ですけどね。 共通テストの数学は政治主導の思考力重視(笑)により問題文中で太郎と花子が会話しまくる長文速読テストに変貌してしまったので、選択問題は予め決めておく、後半の設問は早めに見切りをつける等、兎に角スピードを落とさないことがポイントになります。リカバリーも効きづらい。その辺は今年一月の本番同日で一度経験しているので多分わかっているでしょう。共通テストでしか出題されない

  • 中学二年生

    中学二年生になりました。新しいクラスになりクラスの子の名前覚えるのが大変だと頭を抱えてます。担任も時間割も科目も授業担当者も変わるので、四月は生活リズムを掴むことで精一杯になるでしょう。 世間では毎年クラス替えすることに賛否両論ある(ソースは日曜朝のワイドナショー)ようですね。たしかに人間関係が強制的にリセットされるクラス替えは馴染むのに時間かかる子にとってはストレスですが、友人の固定化を防いだり、クラス内カーストやいじめからの逃げ道になったりとメリットも大きいと個人的には思ってます。それに友人を増やす機会が増えることは単純に良いことでしょう。大学に入るとクラスの概念が緩くなり、自分

  • 中学一年生課程 修了

    三月も今日で終わりですね。学校が春休み真っ只中だと書くことがありません。息子は動画を見たりゲームしたり、友人と出かけたり、学校の宿題やったり、たまに東進進めたりな日々。息子の長すぎるスマホ時間は、ウクライナ情勢、スギ花粉、悪い円安と並んで目下の最重要懸念事項であります。 赤髪のシャンクスはまだか! 基礎英語1は一年間完走しました。来年度の基礎英語1はまた新作になるのでネタバレしますが、今年度は「話すカメラ」というオカルト設定の導入からの、豪州にいる先生の従兄弟が自作通信カメラを日本に送りつけて主人公たちと勝手に通信していたオチだったようです。BluetoothやWifiが搭載された無線

  • 東大合格の必要条件

    今週は学年末考査の答案返却週間で試験休み中のスポット登校。全答案が返されたらすぐに成績処理して通知表を貰って春休みになります。 定期考査も五回目となると良くも悪くも「慣れ」が出始めますね。試験期間中でもゲーム実況動画を長時間見ていて、勉強時間は減り、集中力も落ちました。他人がゲームしているのを何時間も見て何が楽しいのか。友達がずっとプレイしてるとコントローラーのマイク音量を最大にして邪魔することがお約束になっていたファミコン世代には理解し難いものがあります。 * さて、今年もスギ花粉、桜前線とともに東大合格者ランキングの時期がやってきました。トップ層の少なくない割合が国立医学部に

  • 東進クビレース '22

    少し前に東進継続手続の三者面談をしてきました。東進では年度更新の度に三者面談があります。月謝制ではなく講座毎に課金されるシステムなので、一般的に校舎はたくさん履修させたがる傾向があり、三者面談は来年度に向けてスポンサーたる親に課金を飲ませるイベントというわけですね。 特待生は課金フリーなのでそうした課金交渉は行われず、学習成果の報告と次年度に向けた説明が主でした。因みに中学生は二月末、高校生は11月末が年度の切り替えポイントでしたが、今年度からは高校基準に統一するらしい。つまり、中二生として扱われるのは11月末までということ。この突然の変更が次年度以降の進級ノルマに大きな影響を与える

  • 三学期もあと僅か

    国立二次試験が終わってもう三月。国立大学は合格発表までに最短で1週間、長い学校では十日以上待たされます。後期試験枠が推薦枠に回って後期入試が大幅縮小されたことで、この時期はやることがなくて暇なのに落ち着かない、手持ち無沙汰という状況。遅くとも二日後までには結果が出る中学受験は恵まれてるんだなぁ。 学年末考査まで一週間を切りました。息子の学校は三学期は中高入試休暇でそもそも授業日が少ないのですが、コロナ休校にオンライン短縮、天皇誕生日、校長誕生日(開校記念日)、卒業式と休日ばかりで登校日は激減。その割に「扱えなかった部分はwebにアップしたから見といてね」方式で二学期以上に範囲が広い科

  • パワハラ叱責

    北京五輪女子フィギュアスケート、金メダル最有力候補だった15歳ワリエワ選手の演技直後にコーチがパワハラ叱責するシーンが話題になりましたが、SAPIXのマンスリーや組分けテストの後にも似たような光景が多く見られます。熱心な大人が前年の過去問をメルカリで仕入れてドーピングする所も酷似。そこまで準備して無気力答案でブロック落ちされたら「説明して!」となるのもわかる気がします。フィギュアの世界も中学受験も、大人の経済力と狂気で成り立ってる。全ての決定権は大人に有り、大人の言うことは絶対である。 お前に拒否する権利はない 私が"正しい"と言ったことが"正しい"のだ * 中学受験を終えた御家庭は

  • SAPIXの人事異動

    SAPIXの人事異動は一月末までに全講師に通達されて二月初めの受験フォローで旧校舎での業務を終えます。そして、翌週のテキストナンバー01の授業から新校舎へと着任します。余韻に浸る時間はない。今週はすでに新学年の授業が始まっているので人事異動後の体制。しかし、11日祝日に行われる新入室テストの日だけは人事異動前のスタッフで運営されるため、明日校舎に挨拶に行けば習っていた先生に会えると思います。大雪予報☃️ですけどね。 もし何か手土産を持って行くなら個包装されたお菓子が良いでしょう。お酒を持ってくる親御さんもいました。一番驚いたのは、入試前日の激励電話で好きなお酒の銘柄を逆質問してきた女

  • オンライン授業

    昨日は中一スーパーエリートのライブ授業最終回でした。全部で30回。緊急事態宣言中はオンライン併用だったので実際に新宿まで出向いたのは一年で20回程度。ライブ授業は内容は高度(最終回はカバリエリの原理)でしたが、宿題はほぼないし、基本隔週なのでまったり進行でした。 東進はインプットは映像授業を各自が自宅で見て進めていく方式なので校舎に通塾する必要はありません。ごりごりに演習量を積みたい人よりもどんどん先に進んで大局を掴みたい人に向いていると思います。演習量多めの学校とはシナジー効果高そうです。費用は高一の10月末まで無料。中学入学前の暇潰しには最適でした。定期考査期間は進めず放置で問題

  • 中学受験のその後

    2022年中学受験生の皆さん、長い受験勉強お疲れ様でした。良い結果が出た子も残念ながら思い通りいかなかった子もみんなよく頑張りました。立派な戦士です。 進学先を複数確保した方は11日の統一招集日までに決める必要があります。チャレンジ校が通ってしまった御家庭は特に悩ましいかもしれません。基準は偏差値だけじゃないですからね。たくさん悩んでください。昔は三月まで結論を持ち越しても文句言われませんでした。私も進学先は悩んで三月のギリギリに決めた覚えがあります。だから私の実家には開成と筑駒両方の学生証があります。こういう迷惑な輩がいたから統一日が設けられたのですね。 * さて、中学受験が終

  • 合格発表

    男子御三家は今日が合格発表ですね。国立、都立、慶應中等部と今日が本命だった人もいるでしょう。女子御三家は合格発表が男子より一日早いので、早めの受験終了宣言を羨ましく思ったりしたなぁ。懐かしい。 昨年は精根尽き果てていたので中学受験は当分いいやと思っていましたが、この時期になるとまた再チャレンジしたくなるし、四谷大塚のデータベースで入試問題を漁って解いてしまうのは僕の悪い癖。開成の算数は足かけ50年以上解いてます。東大入試(理系科目)も結婚するまでは毎年解いてました。歪んだ母校愛…というよりただの入試問題ヲタクですね、どうも。 * 今年の開成の入試問題、算数が年々簡単になる一方で国

  • 本試と追試の有利不利

    今年は開成中学のコロナ追試要項が改定。診断書はマストではなく自宅検温結果だけで追試申請できるように変更されたので、仕上がりが物足りない御家庭が自己申告で入試を三週間伸ばすことも理論上可能(倫理的にはアレ)になりました。しかし合否基準が本試と異なることは避けようがないし、周囲が合格発表!制服採寸!先生に挨拶!と浮かれてる中でさらに三週間ストイックに受験勉強を続けないといけないというのは精神的に堪えます。先送りは決して有利には働きません。追試は保険であってオプションではないですから。 * いよいよ明日ですね! 何度もくらった大魔王のメラゾーマ(カイザーフェニックス)を最終盤で無効化さ

  • SAPIX最後の授業

    今日がSAPIXの最終授業。二月一日まであと五日。いよいよですね。昨年のこの時期の我が家は、受験への緊張感よりもSAPIXが終わってしまうことへの喪失感が気持ちの多くを占めていました。今年のSAPIXはオンラインを強く推奨していて、一月はZoom受講者ばかりと聞きます。三年間(以上?)お世話になって最後の授業を対面で過ごせないのは悲しいことです。 一月入試で良いスタートを決めた人、慢心せずに緊張感を切らさずに二月対策に没頭してください。特に親のメンタル。延納金払ってホッとしているようではだめ。残りたったの五日間、ブレーキ踏まずに駆け抜けましょう。この時期は理社の知識問題や漢字の穴埋

  • 千葉入試、鉄緑会、東進

    千葉シリーズの結果は出揃った感じでしょうか。受験された方はお疲れ様でした。合格された方はおめでとうございます。 渋谷幕張中の2022年入試、四谷大塚ネットで拝見しましたが、算数が簡単だった一方で理科は難しかったですね。理科大問四の後半は「二点からの距離の差が一定になる点の軌跡はその二点を焦点とする双曲線である」という高校数学IIIの知識が背景です。これが「和が一定」なら楕円になるし「比が一定」ならアポロニウスの円になります。なかなか高度な出題でした。 * さて、受験真っ只中ではありますが、中学入学以降も通塾をお考えならば、どう動けばいいか頭の体操ぐらいはしておきましょう。一月の渋

  • 共通テスト 数学の逆襲

    最難関を狙う受験生なら(文系でも)満点取って当然だった昨年までとは打って変わって、膨大な量の、しかも各大問が全て難問というサプライズでTwitterが阿鼻叫喚と化してました。前門のオミクロン、後門のテロリスト、左右から津波と数学超難化。今年の大学受験生散々でしたな。 数学1A歴代最低か 予想平均38点 - Yahoo!ニュース 2022年度大学入学共通テストの受験生の自己採点結果の集計にもとづく予想平均点を駿台予備学校とベネッセコーポレーションが運 news.yahoo.co.jp とりわけ数学の落ち込みが目立つ。「数学1A」(100点満点)の予想平均点は

  • 東大の刺傷事件

    大学入試共通テスト直前にオミクロン感染者が大爆発したと思ったら、当日朝には東大前で受験生を狙った斬りつけ事件。前門のオミクロン、後門のテロリスト。何年もかけて入試準備してきた受験生がこんな理不尽な理由で勝負の土俵にすら立てなくなった。名古屋からわざわざ上京して犯行を行った高校二年生は共通テスト受験資格永久剥奪でいいと思う。他人の真剣勝負の舞台を理不尽に奪った罪は重い。 因みに、東京大学本郷会場で共通テストを受けている受験生は東大志望者とは何の関係もありません。現役生は出願時に在学していた高等学校の所在地、浪人生は出願時の住所に基づいて会場が決まるので、本郷会場で受験しているのは文京区

  • 中学入試の直前期

    大学入試共通テストが来週の土日で、中学受験も一月受験まであとわずか。この時期まできたら、もう模試の判定も平常コースの格も関係ありません。いつも通りの実力を発揮できるかどうかのメンタル勝負ですね。 入試なのでどうしてもプレッシャーに強い子or弱い子の差は出ます。六年後期のサピックスオープン合判で中学校会場受験すれば会場のアウェイ感はある程度克服できますが、同じ教室に知り合いがいないと心細くなる寂しがり屋の対策は、他塾の模試に積極的に参加して免疫をつけるとか、同じ日にネット出願して近い受験番号を取るぐらいしか方法がないです。(出願が校舎受付だった頃はママ同士で待ち合わせして一緒に並んだり

  • 2022年

    「笑ってはいけない」がない大晦日、GACKTが格付けされない正月。コロナ休校に伴う冬季休暇短縮日程に詰め込む形で元旦返上(SAPIX史上初)で行われた正月特訓に冬期講習と慌ただしかった昨年度とは打って変わって、今回の年末年始は帰省に御節にお雑煮にと正月らしい正月を過ごせました。明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。 久々にのんびりまったり正月を過ごせましたが、学校の課題が多いのでノー勉強日は大晦日と元日だけ。毎日小一時間は机に向かっています。なお、一番苦労している課題は「縄跳び」です。息子はペーパーテスト特化型キッズなので、芸術や実技は苦労してます。(通知表も

  • 冬の課題とZ会模試

    答案返却、成績個票、通知表、そして束の間の冬期休暇。二週間弱の短い冬休みにも関わらず、課題はたっぷり出されました。 また、一月の入試休み明けにZ会アドバンストという実力テストがあるらしく、その対策テキスト的なものも持って帰ってきました。高校生になったら河合塾や駿台の模試を学校で実施すると記載がありましたが、中学生の間にも外部模試があるのは初耳。これはシラバスにも載ってない。 * Z会テスト、調べました。 中学・高校アドバンスト - 先生・企業向け教育ソリューション Z会ソリューションズが実施する東大・京大・医学科をはじめとする難関大学に高い合格実績を持つ、中高一貫校・

  • 「二月の勝者」感想

    やっと期末試験が終わりました。今回の期末試験は「初日の科目が重いから」と初日対策は集中してやっていたものの、後半は軽いからと対策も程々に普通にゲームしてたけど大丈夫かしら。試験休暇は(点数が悪くて補習指名されない限りは)答案返却日のみ数日学校に行く感じらしい。 * ドラマ「二月の勝者」いい最終回でした。 ネット発表だと職員室はこんな感じなんだろうな。 息子はコロナ禍で入試激励を体験できなかった世代なので、激励ありの入試の光景を羨ましがって見ていました。あれがあるのとないのとで精神的にだいぶ違いますからね。当然たくさん関係者が来ている大手塾ほど有利。入試激励は一番最初にくる生徒よりも

  • 期末考査前学習

    期末考査が来週に迫ってきました。期末は中間より2科目増えて11科目。今回も試験対策よりも「提出物が大変」だそうで。 * 今回の期末試験で数学は体系数学1の範囲がほぼ終了、英語もニューホライズン1が終わります。「体系数学」は中高一貫校仕様に再編された教材なので単純比較はできませんが、中学一年生で習うべき内容は二学期までにほぼ終わり、三学期からは中学二年の内容に入ることになります。 この進度は他の中高一貫進学校と比べるとのんびりめかと思います。進度が控えめな一方、毎日宿題が出て添削されて返却される英語を筆頭に提出物が多く、英数の自習用問題集も定期考査の度に提出する必要があります。息子

  • 魔法の言葉

    気がつけばもう12月。短距離女王グランアレグリア、無敗の三冠馬コントレイルが引退、日本シリーズも終わっていました。 中学入試まであと二ヶ月。秋のヤマ場だった2回目の学校別オープンも終わり、残すテストはマンスリーと合判最終回だけ。いよいよラストスパートですね。体力的にも精神的にも苦しいのは11月まで。冬休みに入ればだいぶ楽になります。模試の空白期になるので成績で一喜一憂することも無くなり、親は出願手続き等で忙しくて心を病む時間的余裕すらなくなります。 やるべきことをやったら最後はメンタル勝負。過去の成績も学校別の判定も関係ない。たまたま絶好調 or たまたま不調で明暗がはっきり分かれ

  • 課金ゲームと給付金

    二月の勝者、子供も一緒に見ています。「フェニックス改めルトワックはこんな宮殿みたいな校舎じゃない」「机の間隔はもっと狭い」とツッコミを入れつつも「質問教室と授業後誘導はリアルだ」等、楽しんで見ています。すでに受験を終えていて当事者ではないので気楽に見られます。 中学受験は課金ゲーム! 「18歳以下への給付金に所得制限を付けるか」で自公が割れていますが、確かに給付金が出てもSAPIXと鉄緑会が吸い上げるだけかもしれませんが、中学受験する家庭=全てが裕福というわけではない(多かれ少なかれ生活費を削ってる)にも関わらず、児童手当が満額貰えなかったり高校無償化も所得制限で受けられなかっ

  • 渋谷幕張の対策

    昨日は渋幕の学校別SAPIXオープンでした。 渋幕は学校別以外(四谷大塚の合不合、サピックスの合判オープン等)にも校舎貸し出しを積極的に行う学校なので、この時期はたくさんの受験生予備軍とその保護者が校舎を訪れます。校舎貸し出し模試の前日は在校生に「机の脇の荷物をロッカーに入れる」ように指示があるそうです。 * さて、渋幕は4科目全てに於いてかなり癖のある出題をする学校です。そのため学校別対策はマストですが、SSの冠コースはなく、学校別オープンも年一回しか行われません。理科・社会の大問誘導型記述問題、国語の文学史・文豪の作品は「各家庭で対策、過去問を講師が採点、得たものを模試で試

  • 定期考査+全統中

    今日が二学期の中間考査最終日でした。 今回は試験対策よりも課題の消化(特に数量の連立方程式)が大変だったらしい。試験対策は地理と文法以外は軽く流せたとのこと。定期考査も3回目(夏休み課題テスト含めれば4回目)で対策に慣れてきたこともあり、時間対効果を考えてポイントを押さえて勉強しているようでした。 * 日曜日は東進主催の全国統一中学生テストがあります。四谷大塚が無料実施している全国統一小学生テストの中学生版で成績優秀者はiPadが貰えることも同じ。一方で紙質が悪かったり解答解説の冊子がもらえなかったり(web上で公開したものを各自確認)等、露骨なコスト削減臭がアレ。 中高一

  • 過去問は計画的に

    10月も後半に差し掛かり、だいぶ涼しくなってきました。二学期の中間テストまで一週間を切りましたが、コロナ感染爆発による夏休み延長、ワクチン接種休暇、研修旅行で授業がそれほど進まなかったからとのんびりモード。あまり対策してなかった夏期課題確認テストが抜群に良かったことが成功体験になってしまったかも。 * 受験生は4コーナーを回って最後の直線ですね。10月は模試も少なく、嵐の前の静けさ感があります。「親のメンタルクライシスの最初の波」と言われる模試ラッシュの11月=心臓破りの坂に向けて、この時期に頭を悩ませるのが過去問の進捗でしょうか。我が家もだいぶ振り回されました。 過去問は過

  • 英検と「二月の勝者」

    先週日曜は英検があったようです。英検は学校で推奨されても強制されるわけではないので、意欲のない子(我が家含む)は当然のようにスルー。そこは、実際に受験したクラスの友達に刺激を受けて「次は俺も受けたい」と自分から言い出すのを待っていたのですが、友人は「終わった英検よりも今週の研修旅行♪」と浮き足立っていて、そんな効果は得られなかった🥺 研修旅行が終われば中間試験一週間前になるので、英検の話題はあっという間に風化して行くのでしょう。結果発表の頃はまた盛り上がるのかしら。ガンガンに煽られて欲しい。周囲からの圧力がないと重い腰をあげない精神年齢=お子様なので。 * 明日(土曜夜)から「二

  • 学校行事とエッチな本

    ようやく緊急事態宣言が明けました。新規感染者数もだいぶ減っていい感じ。先月の文化祭は残念ながら完全非公開となってしまいましたが、今月の房総研修(泊まりがけ学年旅行)は問題なく実施できそうでよかった。昨年の小学校の修学旅行は中止になってしまったので、学校単位で行く泊まりがけ旅行は久々になります。寝相の悪さが露見しないことを祈るばかり🥺 * 学年旅行と言えば、私の母校では高校三年生の先輩が出発日早朝にエッチな本の差し入れするのがお約束だったのですが、渋幕の先輩・後輩の間柄は運動会がある開成ほど濃密ではない(春のスポーツフェスティバルも学年別の開催でした)ので、そんな不埒な儀式は行わ

  • 開成OBの総理大臣誕生へ

    「岸田氏は二位で決選投票に行ければ逆転濃厚」という下馬評も、まさかの1回目1位通過で決選投票は大楽勝でした。河野票が直前でだいぶ流れた印象。票読みは難しい。特に今回は多くの派閥が自主投票でしたからね。投票で恩を売って人事で見返りが欲しい、自分の力を誇示したい、キャスティングボードを握りたい、勝ち馬に乗って総選挙で生き残りたい。色々な思惑が渦巻く政治の世界。「投票算」のような簡単なモデルでは説明できません。 岸田文雄氏は開成高校卒。初めての開成卒の総理大臣ということになります。昨年はOBの矢作芳人氏が三冠馬の調教師になりました。開成は大物輩出が続きます。

  • 模試の呼吸

    秋分の日も過ぎて九月もあとわずか。六年生はSS特訓が3回終わって初めての学校別、合格力判定と経験して疲れが出てくる時期でしょうか。 * 初めての学校別サピックスオープンは如何でしたか。過去問を始めたばかりなら対策が間に合っていなくて当然ですので、判定は気にする必要はありません。初回はタイムマネジメント(50)、答案作成(30)、居場所確認(20)ぐらいのイメージ。11月でも居場所確認のウエイトは半分ぐらい。 また、学校別の模試は塾同士のプライドの張り合いもあり、本番よりも難しく作る傾向があるため平均点が非常に低くなりがち。本番は仕上がっている者同士の点取りゲームになるので全く違う

  • 中学生の模試

    新型iPhone発表、最上位機種の値段19万円が日本人の平均月給の六割だなんだと世間を騒がせていますが、SAPIXの六年生夏期講習と比べると安いと感じてしまう壊れた金銭感覚がなかなか抜けません。やはり中学受験は贅沢品よな。中高一貫私立に行けば、出費はあと六年間続きますし。 * 息子の学校では文化祭が終わり今週の火曜から授業再開、ようやく二学期がスタートしました。二学期開始早々、月初に実施した夏休み課題確認テストの答案返却で友人たちと点数比べて勝った負けたと一喜一憂してる様子。競争大好きな子ばかり集まってるから仕方ない。幼少期をSAPIXで過ごすと立派な戦闘民族に育ちます。 中学に

  • 文化祭前日

    明日から文化祭。早くから「一般公開なし」は決まっていましたが、保護者の入場もだめになり完全非公開となってしまいました。こんな御時世なので仕方ないか。 ここ数年の中学受験ブームで来場者の多くを受験生親子が占めるようになり、文化祭は学校説明会を兼ねた位置付けになりました。嘗てのような学生特有の内輪ウケしか考えてない企画は消えて対外的な見え方を意識した大人な催しに変貌しましたが、原則非公開が主流にになると「自分達が楽しむこと」にプライオリティを置いた催しに回帰していくかもしれませんね。 * 二学期の授業はまだ始まりませんが、息子は文化祭準備で毎日登校してます。授業がなくて宿題もない、

  • 政局

    ガースー自民党総裁選立候補断念。現役首相の突然の白旗で立候補ラッシュになっており、俄然盛り上がってきました。最有力と言われる岸田文雄さんは開成高校のOB。開成のOBには三冠馬の調教師はいますが、首相経験者はまだいません。滅多にないチャンスなので頑張って欲しいね。 * 菅義偉首相は解散権を使わず(使えず)、自民党総裁選後に任期満了総選挙が濃厚になりました。因みに日本国憲法下で衆議院を解散せず任期満了による総選挙は今回で二度目(前回は三木武夫)と大変レアなものです。大日本帝国憲法では何回かあります。 日本国憲法下では、衆議院解散による総選挙は、衆議院解散の日から40日以内に総選

  • 夏休み最終日

    長い夏休みが明けて明日から二学期開始。初っ端の課題確認テストを終えたら文化祭に向けて一直線だったはずが、首都圏感染者急増の余波で夏休みが延長されてしまいました。但し、課題確認テストは予定通り実施、休暇延長はその後らしい。 延長された期間は新たな追加課題が出るのか、それとも完全なフリーなのか。我が家は数学特待以外は塾なしなので、長期休暇に入ると日々の宿題が消えて途端に手持ち無沙汰になります。英検や漢検に向けて準備する意欲的な子でもないので、またしばらくだらけ切った生活が続くのか。 * 夏休み延長は秋に各種イベントを控えた中高生にとっては嬉しさ半減ですが、中学受験生にとっては強

  • 典型問題のすゝめ

    六年生はカキシで志望校に特化した問題にたくさん触れて気分が高まり、「よっしゃ!有名中はもう卒業!志望校の過去問やるべ!」と盛り上がりたくなる時期かと思いますが、夏期休暇の目標は志望校対策ではなく、入試の典型問題を瞬殺できる基礎体力を付けることです。カキシよりも夏期講習の総復習の方がずっと大切。夏休みのフィナーレを飾る夏期講習マンスリー実力テストの対策を疎かにしないように頑張ってください。 このテストは範囲なし実力テストを謳っていますが、算数は夏期講習で全範囲を底上げする形でやっているので実質復習テストになります。範囲ありテストのつもりでしっかり復習しましょう。「今回は実力テストだか

  • 合判の試験会場

    デルタ蔓延で感染者数増加が止まりません。デルタは小中学生でも容赦無く感染するので、部活動や夏期講習でもクラスターが発生しています。夏期休暇が明けたら怖いですね。本人が仮に無症状だとしても、それを家庭に持ち帰ればワクチンガードが一番手薄で重症化率が最も高い40〜50台の親世代を直撃するわけですから。 こんな状況ですが、昨年のような全国一斉休校はしないで判断は各自治体に委ねられるようです。過去問消化とSS特訓が始まるクソ忙しい秋以降に休校になれば受験生には強烈な追い風だよなと思ったり思わなかったり。進学塾は昨年オンライン設備を整えているので問題ないしね。秋以降の模試が自宅受験になって正

  • 中一の夏期休暇

    中学一年生の夏休みは暇です。塾に通ってない子は(学校で行う文化祭準備と部活動を除けば)夏休みの課題ぐらいしかやることがありません。その課題も英数社以外はそれほど分量があるわけでもなく。基礎英語も八月は前期の復習なので新規単元なし。学校と夏期講習、有名中の両立が求められた昨年の地獄は何だったんだ。 昨年大活躍したプリンター兼A3コピー機もすっかり出番がなくなり部屋の隅で埃を被ってます。昨年あるはずだったオリンピックが今年開催されていたり、何だか変な感じ。因みに我が家の五輪は開会式に豊島岡女子の合唱部が出てきた場面が一番盛り上がりました。メダル報道を見てSAPIXのテストで獲得した金メ

  • 期末成績と通知表

    期末試験が終わって一週間も経たないうちに答案は全て返却されて、恒例の個別成績表も配布されました。二週間以上かかった中間考査とは段違いのスピード決着。 度数分布表を見てわかったこと。 ・平均点は低下 :内容が難しくなったから ・標準偏差は拡大:上位と下位の格差は拡大 期末成績 かなり良い出来だった中間考査よりは少し下がった感じ。とはいえ、悪かった科目でも平均点は取れているので悲観する成績ではありません。数学特待以外はノー課金ですが、互角以上に戦えているようです。 今回ちゃんと対策した理科は上がって、手を抜いた社会は下がりました。SAPIX時代は理社は得点源でしたが、中学校では

  • 試験休み期間

    期末考査が終わりました。手応えが"終わった"科目もあったようで、そう甘くないですね。主にアウトプット用の教材が配布されていない教科に苦労している様子。市販の教科書準拠の問題集で使えそうなものがないか本屋に探しに行かせるか。 定期考査は一夜漬けでもいいので、フラットな姿勢で全科目を頑張ることが大事。最終目標を大学受験だけに据えると受験科目以外も勉強しないといけない定期考査は一見コスパが悪く見えますし、実際、高校生になったら入試科目に使う/使わないで多くの生徒が対策に濃淡つけ始めます。しかし、目標がまだ先の中学生からこんな合理的思考をしていたら勿体ないよね。 全科目を頑張れる時期はそ

  • 勉強する習慣

    期末試験は本日で終了。日々の積み重ねがモノを言う数学と英語は直前期は調整だけで済むのでむしろ楽みたいですが、生物、地理歴史、国語知識の暗記科目はどうしても一夜漬けっぽくなるので、試験期間とその前の一週間だけは小六のマンスリー前ぐらい勉強することになります。 中学受験が終われば遊んで暮らせるなんて幻想。中高一貫進学校では高校受験がなくてもそれなりの勉強量が要求されます。 * これは大学でも同じで、特に東大を目指すのであれば、二年夏の進学振分けが教養科目の点数順で決まる(最初の一年半は教養課程で、専門的な内容は二年夏の進学振分け後になります)ので、狭き門の入試を突破しても受験勉強が

  • 期末考査直前期

    夏至が過ぎ、宝塚記念も終わり、六月も今日で最終日。期末考査まで一週間前を切りました。ドラマ「ドラゴン桜」に感化されて遠い未来の東大受験を考えるよりも、まずは目先の期末考査に全力で取り組んで欲しい。期末考査は科目数が増える(11科目)こともあり、中間考査以上に事前のプラニングが大切になります。行き当たりばったりではいけません。 * 中間考査は全体的によくできていましたが、「中学受験では得意科目だったから」と対策を最小限にした理科A(生物)B(地学)の得点がイマイチ伸びなかったことは反省していました。「理科もまじめに対策する、代わりにSAPIXで既習の日本史は手を抜く」が期末の作戦だ

  • 中間考査の成績

    中間考査の答案はすでに返却されていて素点は把握しています。最重点科目の数学・英語は90点オーバー、他科目も(苦手の文学を除けば)概ね85点前後と大きく崩れた科目はなく、まずは順調でした。授業は理解できているようです。もし躓いてる科目があれば「スタディサプリでフォロー」も選択肢にありましたが、まだ大丈夫そうかな。 さて、素点そのものは満足のいくものでしたが、平均点がざっくりしかわからなかったり、学年内での位置も不明でした。この前の水曜日にようやく個別成績表が配布されました。しかし、配布されたのは各科目の五点刻み度数分布表だけで、個人順位の記載はなし。 ・各科目の度数分布:得点の該当

  • 全国統一中学生テスト (5/30)

    中間試験終了直後の5月末に受験してきました。四谷大塚が実施していた全国統一小学生テスト(別名iPad模試)の中学生版。高校受験を控えているわけではないので「あまり意味ないよな」と思いつつも、東進の数学特待生は「全学年統一部門」での受験義務があるので、まあ仕方なく。 【公式】 全国統一中学生テスト(模試)|予備校・大学受験の東進 中学生全学年対象。問題は学年別。高校入試・大学入試を目指す全国の中学生が挑戦する全国統一中学生テスト(模試)に無料招待。 www.toitsutest-chugaku.com 「全学年統一部門」 !? 全学年統一部門

  • 中間考査が終了

    中間考査が終わり、日本ダービーも終わり、緊急事態宣言は・・・未だ終わりませんが、もう六月。1学期も後半に突入しました。初めての中間考査を経験して、考査中は試験勉強に集中〜試験最終日に友達と遊びに行く等、だいぶ中学生らしい緩急をつけた生活リズムになってきた感じ。 中間考査の試験範囲は5月3週目までの学習内容全て。とはいえ、最初の一週間はガイダンスだったし、途中ゴールデンウイークも挟まっていたので対象となる授業は実質1ヶ月程度と散々慣れ親しんだマンスリーテストとほぼ同程度の分量。中学受験の知識では足りない英語、世界史と世界地理は集中して潰したようですが、他科目はそれほど負荷はなかった

  • 校風ギャップ

    連休中の宿題になっていた校歌の歌詞暗記、音楽の時間にペーパーテストがあったらしい。渋幕は校歌をペーパーテストで覚えさせるのですね。 私の母校は入学式翌日、まだ何も教えられていない状態で体育館に集められてメガホン持った高校三年生に囲まれて「校歌、なんで覚えてねーんだ」「高三舐めてるのか」と理不尽な仕打ちを受けながら覚えさせられたものでした。学校によって差があるんだな。これが文化、これが校風。 * さて、初めての中間考査まで約一週間になりました。長い期間かけて数科目ずつ行うテスト形式は初めてですが、いわゆる範囲あり試験はSAPIXのマンスリーテストで死ぬほどトレーニングしてきたので

  • 幻のGS特訓

    昨年度はコロナで中止でした。後輩の激励という口実で授業への参加を企んでいた今年度も直前に緊急事態宣言が出たことで白紙撤回。LINEではカキシで押しかける方向に調整中らしい。ホントGSには縁がない世代だなぁ。 そもそも、息子は激励がどんなものかをよくわかっていません。というのも、昨年はあんな状況だったので、息子の世代は先輩の激励を受けた経験がないから。サピに行きたがっているのも後輩のためというよりも「自分が授業に参加したい」が本音っぽい。(かつては既卒も一緒に演習して授業点を競う形式がスタンダードでしたが、最近の激励事情は私も知りません。) * 六年生の皆さん、GS特訓は如何でし

  • 男女共学の通学事情

    どこかの革命家じゃないので、息子は毎日楽しそうに中学校に通っています。毎日友人との「おはよう・おやすみ」LINEを欠かさず、朝は女子と駅で待ち合わせして一緒に通学してやがる。羨ま・・けしからん。私の時代は異性に電話番号を聞くのは「あなたに興味があります」と同義で非常にハードルが高かったし、たとえ電話番号を入手できても電話したらお父様が出るリスクがあったから気軽に電話できなかったんだぞ。羨ま・・けしらかん。 自分と同じ学校に行かすのも浪漫がありますが、別の学校に行ったら行ったで「自分がもしこの学校に行っていたら…」のifストーリーを味わえる、2度目の青春を追体験できるから悪くない。前

  • 緊急事態宣言 3rd

    三度目の緊急事態宣言が出て、幅広い業種に休業要請+酒類提供禁止(令和の禁酒令)+20時以降は街灯以外消灯(令和の灯火管制)と戦時中みたいになってしまいましたが、学校は一律休校にはならず、学習塾も休業要請の対象からは外れているので、GS特訓は無事に行われそうですね。 ただ、卒業生ウェルカムの空気ではなくなってしまうでしょう。みんなでGS特訓に遊びに行くとOB, OGが盛り上がっていたのですが、雲行きが怪しくなってきました。連休中の唯一のお楽しみイベントだったのですが・・・まあ仕方ないか。 * 基礎英語4月号、完走しました。今週は再放送ウィークになっているので新規放送はお休みです。

  • 1週間経過して

    中学校の授業が本格的に始まってほぼ一週間。まずは授業の復習と宿題、生活リズムを掴むための一週間になりました。毎日電車通学の疲れがどれぐらい出るのかも未知数。夕食後に聞いていた基礎英語を朝の通学前の時間帯にするか夕方のままで行くかも流動的。まだ探り探りですね。 授業は副教材、自作プリントが多く、すでに小テストもあったようです。内容はまだ難しくないので全然平気とのこと。一方、女子のLINE速度には案の定ついて行けず、早くも「通知オフ」にした様子(笑) * 数学の先取り学習は、一旦ペースダウンしています。学校のリズムを掴むまでは徐行運転で。勉強の優先順位は中学校の宿題>基礎英語1>先

  • 入学式とシラバス

    金曜日は私は仕事だったので入学式はママに一緒に行ってもらいました。この日は式典とクラス分け発表、記念撮影、学生証の交付等。 土曜日の教科書配布とガイダンス、翌週月曜日のオリエンテーションを経て、火曜日から本格的に授業開始になるようです。渋幕名物の分厚いシラバスも配られました。どの学年で何を学ぶかが詳細に書かれています。高校生になったら大学受験対策もしっかりやってくれるので心強い。「塾いらず」と言われるのもわかります。 * キャンパスではサピで同じ校舎だった友達と久々に再開したり、クラス分け名簿で知り合いの名前を見つけたり。「鶏頭牛後の鶏になればいい」的な思い上がった考えがなかっ

  • 中学入学式

    待ちに待った中学校生活が始まります😃 にほんブログ村に参加しています。

  • 春の休息

    入学式まであと数日。長期休暇継続中。相変わらずのんびり過ごしています。こんなご時世なので泊まり掛けの旅行は行けていませんが、日帰りのお出かけは何回かできました。中学校が始まったら土曜も授業があるし、家族で旅行する機会はどんどんなくなっていくのでしょう。寂しい。 ▼中学受験が終わったなと感じる瞬間 ・仕事後のお迎え業務がなくなった ・土日に息子が家にいる ・SAPIXからの自動引き落としメールが来ない ▼中学生になったんだなと感じる瞬間 ・学校の制服が届いた ・子供用ICカードが利用できなくなっていた! My Suica(記名式)・Suicaカードの購入

  • 週末のNN模試

    週末は第1回NN模試なのですね。我が家も昨年参加予定でしたが、コロナで中止になりました。SAPIX生は上半期は暇ですので、興味があれば受験してみるといいと思います。無料ですし。秋にそっくり模試が少ない渋谷幕張のオープンは、特に貴重な練習機会になるはずです。また、あまり声を大にして言えませんが、申し込みだけして欠席しても問題冊子は貰えます。 本日19時まで受付しています。 【早稲アカ】NN志望校別コース 志望校別オープン模試 | オープン模試・テスト 小学5年生(新小学6年生)対象「NN志望校別コース 志望校別オープン模試」。 www.waseda-ac.co.

  • 卒業式を終えて

    小学校の卒業式が終わり、SAPIXからの最後のお土産デイリーエクササイズも終わり、本日から新年度の基礎英語が始まりました。小学生に区切りがついて、いよいよ中学生へと踏み出した感じ。外もすっかり暖かくなりました。春ですね。桜も満開です。下の世代は春期講習真っ只中でしょうか。昨年は春休みが梅雨まで続く非常事態だったなと懐かしく思ったり。 次の目標(大学受験)はだいぶ先なので、この春休みはリラックスして過ごせています。数学の先取りは自分で映像授業を見て進めていているので、親の出番は証明問題の添削ぐらいになりました。こうしてだんだんと手を離れていくのでしょう。 ●小学校の卒業式 ま

  • 東進の数学特待生選抜試験

    というわけで、選抜試験を受けてきました。>2月某日 選抜試験に臨む前に算数の最低限の勘は取り戻しておきたかったので、リハビリも兼ねて休講中の前期にマイページで配布されるも印刷しただけで手付かずになっていた「数学特別演習」を試験前の数日間、1日1セットずつ解きました。易しめな未知の問題でウォーミングアップのつもり。 結果は「合格」でした。難易度は同教材よりも少し難しいレベルだったそうです。単科の思考力よりは易しかったらしい。 問題は回収されるので息子の記憶ベースですが、試験問題は「算数の思考力を問う問題」大問8個構成、大問1個につきB4の解答用紙(縦)を1枚使用、

  • 中学入学準備 #3 (数学)

    三年間SAPIXで猛勉強して、そこから東大目指してさらに六年間鉄緑会漬けでは中高一貫校に進学した意味がないので、中学生の間は塾には行かずに部活や学校行事を存分に楽しみなさい、勉強は学校の授業にしっかり取り組みなさい(KPIは定期考査とする)が我が家の基本方針でした。 しかし、「サピがないと暇すぎる」息子の不満と「得意の理数系は伸ばしたい」親の意向が合致したので、数学だけは先取りさせることにしました。英語は基礎英語と中学校に全てお任せします。 さて、数学だけ先取りするにしても、中高一貫校の生徒に特化した有名老舗塾は新宿〜渋谷圏内ばかりで渋幕から学校帰りに行くには不便すぎ

  • 最後のランドセル

    小学校の卒業式がもう間近に迫ってきました。ランドセルを背負うのもあと少し。コロナ禍で修学旅行も運動会も音楽会も中止になり思い出を作れなかった最終学年もいよいよフィナーレ。夏期講習中の学校授業は「マジで邪魔!」と感じていましたが、いざ終わるとなると寂しいものですね。心理的リアクタンス発動しまくりの三月、皆さま如何お過ごしでしょうか。 * 昨日の記事の補足を少し。 当時の中学受験事情は(モラルハザード含めて)そりゃもう壮絶なものでしたが、入試問題のレベルそのものは現在の方が圧倒的に難しいです。典型問題は既に研究し尽くされて、勉強方法も体系化、洗練化されました。中学

  • 教育虐待と親の狂気

    医学部受験で9年浪人 〝教育虐待〟の果てに… 母殺害の裁判で浮かび上がった親子の実態(47NEWS) - Yahoo!ニュース  医者になるよう強く要望した母親を殺害し、遺体を損壊、遺棄した長女の裁判があった。9年間の浪人生活を送り、母の異常な干渉で news.yahoo.co.jp 殺人は絶対悪ですが、少し同情してしまいますね。そして、受験生父母がドキッとする事件でもあります。(自戒も込めて) 「教育虐待」って親の「狂気」の行き着く先ですからね。 中学受験は親の占めるウエイトが大学受験とは比較にならないぐらい大きいので、いつ自分の熱意

  • 中学入学準備 #2 (英語)

    皆さま、サピ教材の断捨離は進んでいますでしょうか。我が家は模試成績表や卒業記念品、賞状、メダル以外は処分する方向でしたが、三年間の思い出がたくさん詰まった教材をなかなか捨てられずにいます。魂込めて勉強した証だから。もはやアルバムみたいな存在だから。 ターゲット層が狭すぎて再利用が難しい志望校別テキストと違って、理科社会のインプット用教材はオールマイティに使えそうなので、アメリカ在住の従兄弟にあげます。交換条件で英語を教えてもらおう。 ●英語の学習準備 英語は大学入試の最重要科目の一つで、グローバル社会で生きていくための必須スキルでもあります。私が大学受験でもっとも苦労した

  • 中学入学準備 #1 (スマホ)

    まずはスマホの準備でしょうか。 息子はサピに行き始めた時からずっとスマホを使っていたので、基本的には現状維持。本体はそのまま、SIMを格安データプランから通話もできるキャリアに変更するぐらいかな。中学校は土曜日も半ドンで授業があって家にいない時間が増えるので、通信量上限は大きめにしないと不便かもしれません。毎月20ギガ使えて値段も安いAhamoを考えています。 小学生のスマホ利用に関しては、機能制限可、GPS追跡できて安心、格安SIMを使えばキッズ携帯よりリーズナブル、周りの子はキッズ携帯やガラケーが多かったのでLINE応酬で時間を浪費することもなく、デメリットは特にありませんで

  • SAPIX校舎別実績

    SAPIXの校舎別実績が配布されたと風の噂で聞いたので、サピシ台紙交換ついでに校舎まで出向いてチラシを貰ってきました。 息子はチラシの人数を見て、誰が合格したのか予想しています。同じクラスの子と連絡先交換をしていないので全く情報が得られず、仲間がどこに進学するのか不明のまま。ボリュームゾーンがどこに行ったかわからないと「文化祭に遊びに行けないじゃないか」とブーブー言ってます。春の保護者会で見せるクラス別の進学先リスト、当事者の私たちにも見せて欲しい。 * サピクサーを見ると校舎間でだいぶ差が出てますね。結果が良かった校舎に素材がいい子がたまたま集まっていたのか、そういう素材が集

  • 東大合格者ランキング

    ネットニュースはじめ、各所で高校別東大合格者数ランキングが話題になっています。この時期の恒例行事ですね。トップ層が国立医学部志向を強める時代の東大合格者数にどこまで意味があるのか疑問だし、東大合格者数が高校の格付を決めるわけではありませんが、酒の肴にはなります。 なお、筑駒は即日発表に興味がないのかだいぶ遅れて公表するので、3位以下は順位が1つ下がると思っておきましょう。 2021年 東京大学 合格者ランキング【合格数順】 | インターエデュ 母校は何位? 東京大学への合格者数を速報値として高校別に掲載! www.inter-edu.com

  • 東大合格発表

    掲示板に合格者の名前が実名で張り出されていて、それを「サンデー毎日」が全部載せて発売、その号だけめちゃくちゃ売れるという大らかな時代がありました。東大が合格者実名公表を辞めた後も中学受験塾はしばらく生徒の実名入りで広告出していました。小学校名も併記した上で。それが今ではマンスリーの順位表でさえも名前非公表。カルチャーショックでした。 ●合格者平均・最高点・最低点 文系で一番合格最低点が低いのは文科一類なんですね。現在は官僚も法曹界も不人気だからかな。理系は理科三類(医学部)は異次元なので、中学1年から鉄緑会で鍛えてください。理科一類、理科二類なら高校から通塾すれば十分間

  • 中学受験を振り返る #8 (教材整理)

    受験が終わってほぼ1ヶ月。息子は毎日「暇だ暇だ」と連呼しながらゲームに明け暮れています。渋幕は入学前の事前課題がないので本当にやる事がない。「未消化のプリントを解いてサピの先生に採点させに行こうかな」と言うぐらいにやる事がない。(嫌がらせはやめましょう) 1月は毎日12時間は勉強していました。単純計算で月間360時間。 2月は月間20時間ぐらいです・・・笑 #8-1 平常テキストの整理 最初は誰もが穴あけしてキレイにファイリングしようと試みるのですが、絶対にやらなくなります。断言します。教材整理はいかに手を抜いて続けられるかがポイント。持続可能性が最優先事項になります。

  • 中学受験を振り返る #7-2 (模試)

    後編は学校別そっくり系について。 学校別サピックスオープン 6年秋に1回もしくは2回行われます。その学校の出題に似せて作られた実質予想問題で、本番とほぼ同じ母集団を集めて行われる業界最大規模のそっくり系模試。渋谷渋谷、聖光学院、渋谷幕張、豊島岡女子は本番と同じ会場で試験を受けることができます。それ以外はサピックスの校舎受験が基本。学校別は開催される校舎が限定的なので、普段通っている校舎以外に出向くこともあります。 昨年はこの1回目が前年度と一字一句変わらない手抜き出題で物議を醸しました。2回目は新作でしたが、年1回実施の学校は結局新作なし。わざわざ別課金しておいてどうなの、と今

  • 中学受験を振り返る #7-1 (模試)

    6年夏まではマンスリーテストをペースメーカーにして試験範囲をしっかり復習してください。毎週の復習と時間差復習(マンスリー対策)との二重螺旋で知識と解法が定着します。テスト前に一度仕上げれば、テスト後に忘れても大丈夫。忘却曲線に沿って繰り返し学習していくSAPIXのスパイラルカリキュラムが威力を発揮しますので。 範囲なし組分けテスト対策は、理社コアプラスや漢字、言葉ナビぐらいで構いません。「今までの全テキスト見直すぞ」とイキって対策を始めると、ペースが乱れて毎週の復習が疎かになってしまいます。組分けテストと同じ月に実施される範囲あり復習テストの方が重要。大切なのは二重螺旋の復習を怠ら

  • 中学受験を振り返る #6 (6年生後期)

    秋からは志望校(2月1日校)に完全特化したSS特訓が始まります。これを落とし込んだらグラフが突き抜けました。とんでもねーな。 2月1日校対策はSS特訓本科、冬期講習、正月特訓に任せるとして、1日校以外は土特や補講で対策してくれる校舎もあります。息子の校舎では男子は筑駒や渋幕の対策がありました。女子は豊島岡だったかな。こうなると「土特は優先度が低い」なんて言ってられません。プチSSだからね。 復習量も授業時間に比例して増えます。これに加えて隙間時間に志望校の過去問をやらなければなりません。日曜が全部潰れたことでそもそも隙間時間などないのですが、そんなの知ったことじゃない。過去

  • 中学受験を振り返る #5 (6年生夏期)

    受験の天王山とも言われる夏期講習。昨年は小テストなし、1コマ90分のコロナ短縮版になりました。従来の予定では1コマ100分が3コマというハードな日程で毎日行われます。90分と100分は全然違います。100分はSS単科講座と同じと言えば、その大変さが伝わるでしょうか。 夏期講習は算数と国語は毎日、理科と社会は隔日で行われます。2日間の合計点でブロック内昇降を行うのが通例。ブロックを越える例も一部ではあったそうです。クラス落ちしたくなければ勉強するしかないということです。そして、復習は翌日の午前中までに完結しないといけません。 2021世代は「夏期講習中にも学校がある」

  • 中学受験を振り返る #4 (6年生前半)

    六年生から土特が始まりますが、平常授業は80分に短縮されて週2日に減ります。火木はサピが21時までになるので、放課後学校から直行だと体力的に少しキツい(お腹が空く)かもしれません。帰宅後に夕食と風呂になるので、必然的に就寝時間が遅くなります。 算数はA、B授業の境界が曖昧になります。校舎によってはデイリーチェックを授業前テストの時間で終わらせて授業では入試問題演習をやったり、最高峰特訓や最難関中プリントをやったりと色々。前学年までの「B授業→A授業の2週間で仕上げる」スタイルではなくなるので、1週間完結のつもりで気合を入れてやりましょう。難度はそれほどでもないはずです。 社

  • 中学受験を振り返る #3 (5年生)

    5年生になると通塾日が月水金と週3日に増えます。基本的には4年生までの学習法の踏襲で良いですが、ボリュームが4年対比1.5倍になりますので、週間のリズムをしっかり掴みましょう。大切なのは通塾日直後の火木土、通塾日前日の日火木の使い方。特に火曜木曜は前日の科目の復習と翌日の科目の仕上げの両方を求められますので、時間を効率的に使ってください。 * 算数はデイリーサポートというテキストが中心になり、難易度も上がります。問題量もかなり増えますが、テキストが二冊に分かれていた4年までよりは学習しやすくなります。アプローチは授業で扱った部分の直しだけで良いので、後半のA授業の部分と実戦編

  • 中学受験を振り返る #2 (4年生)

    最初はそんなに難しい内容はやりません。通塾も週2回計六時間なので負担も少なく、スイミングや英会話などの習い事と両立できるレベルです。 この時期は ①塾に通うことに慣れること ②ノートを取る癖をつけること ③復習のリズムを掴むこと ③復習は超短期(1週間単位)と短期(1ヶ月単位)を意識してやるといいでしょう。超短期の目標は翌週のデイリーチェックで合格点を取れるようにすること、短期の目標はマンスリーテストで以下同文。保護者会でも言われると思いますが、しばらくは範囲なしの組分けテストよりもマンスリーテストの方が大切。マンスリーが悪い=純粋に勉強量不足。範囲ありテストは努力が成果に結び

  • 中学受験を振り返る #1 (入塾時期)

    今まで自身の受験、弟の受験(サポート役)、生徒の受験(講師の立場)と経験してきましたが、息子の受験(親の立場)はまた全然違いました。下の子がいればこの経験を活かせるのですが、残念ながら一人っ子なので、ブログで紡ぐことしかできない。誰かが活かしてくれたら嬉しい。 #1 入塾時期について SAPIXは低学年科と高学年科に明確に分かれていて、講師は基本的に持ち上がりません。受験指導が始まるのは新4年生から。3年生までは「塾に慣れる」「勉強は楽しい」を学ぶ場所。テキストナンバー01から始まる新4年2月に入塾すれば足ります。4年生春期講習からでも全然遅くありませんが、入室テストに理科と

  • ほろ苦い満足感

    木曜日にSAPIXに遊びに行ったのですが、お世話になった先生方に申し訳なさそうにしていたり、後輩へのメッセージ書きを「俺は第一志望校に合格したわけじゃないから」と遠慮しているのを見たら胸がチクっと痛みました。開成不合格を知った時は(筑駒の試験直後で周りに人がたくさんいたこともあり)平然としていて涙一つありませんでしたが、やっぱり本音は悔しいよね。同じクラスの友人達の合格の報を知って改めて実感しちゃう系だよね。 外部模試であるNNオープンを計3度も受験するぐらい志望度の高かった第二志望校に進学できるので悲壮感はありませんが、中学受験を最高の思い出にしてやれなかったことは親として心

  • 嵐が過ぎて

    1日12時間勉強して入試に挑んでいた頃が随分と昔に感じますが、実際にはまだ1週間しか経っていないんですね。嵐のように過ぎ去った1週間でした。一発勝負で明暗分かれて、結果を受け入れて、乗り越えて前を向く。この1週間で息子は精神的に大人になり、私はたぶん老けた(涙) 息子は受験勉強から解放されて毎日ゲーム三昧、友達ともたくさん遊んでいるみたいです。しかし全く勉強しなくなるのも気持ち悪いらしく、サピからもらった中学入学前準備教材Daily Exerciseに自分から取り組んでいるんだとか。注意しないといつまでもダラダラ休憩していた子が自分から勉強に取り組むのは成長の証かな。 * さ

  • 結果報告

    入試日に有給を使いまくったのと「入試直前期間は在宅勤務多めに」と勤務先に配慮していただいていた反動でその後の業務がスーパー忙しくなってしまって、なかなか記事を書く時間がありませんでした。 昨日で結果が全て出揃いましたのでご報告のエントリー。 2月1日 開成 2月3日 筑波大附属駒場 残念ながらご縁はありませんでした! うーん、開成は行けると思ったんだけどな。そっくり模試系は全て合格判定、冬期講習以降の算数急上昇、最後のSS席次最前列と仕上がっていたから。まあでも本番の手応えがアレだったもんな。ずっと憧れてきた学校で父親と叔父の母校、自分で系

  • 開成入試 2/1

    昨日は日の出前に起きて、いつもの朝セットと算数の大問を2題解いてからお出かけ。基礎トレは1月末で終わってしまったので正月特訓で配布されて手付かずだった計算力プリントで代用しました。理科デイリーステップは日付通りにやると2月3日にちょうど終わります。 開成は高校校舎が改装工事中なので、歩道橋を渡ってから坂道を上りグラウンドをぐるっと迂回して入場する必要あり。その途中で霰が降ってくるトラブルもありましたが、本人は落ち着いた様子で校舎に入って行きました。 息子の試験中は近くの喫茶店で筑駒の過去問を解いたりして時間潰し。サピのお迎え前もそうでしたが、隙間時間があれば息子の教材ばかり解

  • 決戦前夜

    サピからの激励電話に嬉しそうな顔しながらも「話すことない」とすぐに会話を打ち切る塩対応な息子。照れ屋さんなお年頃です。親への受験校最終確認も含めて通話時間は2分半。もっと話せばいいのに。 * 決戦前夜の今日は今まで受験してきたそっくり系模試のざっくり見直しを中心に行いました。NN模試、サピ学校別、冬期講習以降の学校別過去問で全19回。たくさん勉強してきたなぁ。開成そっくり系の公開模試は6回受けて全て合格判定。1月校よりも相手はグッと強くなりますが、いつもの力が出せれば大丈夫だと思う。それが一番難しいんですけどね。 にほんブログ村に参加しています。

  • ラストSAPIX

    木曜がラスト授業でした。最後なので降雪にも負けずに校舎に行きました。新4年から3年間、お疲れ様でした。魅力的な先生たちもそうですが、高いレベルで切磋琢磨する友人に恵まれて大変有意義な時間を過ごすことができました。ライバルであり戦友、この関係はたぶん一生続きます。卒業してウン十年の私世代でも、未だにSAPIXの話題が同窓会で出ますからね。 良い結果を報告しに行けるように、ラストスパートです! (おまけ) 男子校に進学すると男子ばかりで固まることが多くなりますが、アルワン女子とも縁は切らない方がいいぞ。これ卒業生の総意やで。 にほんブログ村に参加しています。

  • SS最終回と渋幕結果

    2月1日まであと9日。昨日最後の土特が終わり今日は最後のSS特訓。ついに残り1桁になりました。息子は今日も元気に校舎に通っています。同じクラスの子たちは渋幕の合否でソワソワしてるんだろうな。 もうこの時期から実力を大幅に伸ばすことは現実的ではないので、今の実力を本番でフルで発揮できるように調整していくことがメインになります。この1ヶ月で実力はだいぶ伸びたので力は十分に足りるはず。渋幕対策で記述仕様にシフトしていた理科社会を開成のAタイプ仕様にチューニングし直す必要もあります。 意外と盲点なのが起床時間。理科社会は多少眠くてもそう崩れませんが、算数は大きく変わってきますからね。

  • 渋幕入試

    昨日は渋谷幕張の入試でした。千葉入試3daysの3日目。市川が弥生賞、東邦大東邦がスプリングSなら渋谷幕張は皐月賞(いずれも千葉県の中山競馬場の世代限定レース)。みんないい気分で東京に向かいたいのは同じ。我が家にとっては1月入試のクライマックスであります。 * 渋谷幕張は出題される分野がほぼ決まっている学校(平面図形、立体図形、速さと場合の数、文学史)なので、正月特訓が終わってから下記を朝勉強に組み込んで、開成対策と並行しながら鍛えてきました。 ・算数単科思考力「図形問題の特訓」 ・デイリーの立体切断 ・言葉ナビの文学史 ・国語語彙プリント全部、漢字完成プリント裏面 前日は過

  • 千葉入試

    我が家は今日の市川が開幕戦でした。初受験の緊張で実力が出し切れなかったとしても手堅く合格を取れる+出題に癖のない学校を選んだので、合否はまず大丈夫なはず。そのために苦手の国語の配点が相対的に低い(=4科目均等配点)の学校を選んだのだから。 奇しくも父親(私)と同じ始動戦。私が受験した時代の市川はまだ男子校だったので、今のような幕張メッセで行う大規模な試験ではありませんでしたが。当時は渋谷幕張はまだ無名、東邦大東邦か市川で始動して御三家が既定路線だった記憶があります。現在の市川は御三家よりも渋幕への前哨戦(試験会場が同じ海浜幕張、試験時間もほぼ同じ、使う電車に至っては全く同じ)ですけ

  • 灘入試

    受験関連ニュースは大学入試共通テスト一色ですが、関西最高峰の灘中入試もこの土日に行われました。緊急事態宣言下で不要不急の県境跨ぎの自粛が要請がされている中、通うつもりがない学校にリスクを冒して遠征する関東の受験生がどれだけいたのか。出願人数は昨年比90人ほど減っており、その内訳は不明ですが、遠征組はだいぶ減ったのではないかと思います。 GO TO 停止で遠征費もバカにならないですからね。 (同様の理由で逆方向も減ってくれると助かる) * 今年のサピは引率ツアーをやってませんので、男子三冠狙いの御家庭は単独で乗り込んだのかしら。圧倒的な学力は大前提、周囲が全員関西弁の超アウェイ会

  • 2021年 初土特

    サピックス大好き星人の息子は今日も元気に土特に向かいました。火曜日の栄東に続いて木曜日は浦和明の星を受験した女子もほぼ出席していたらしいので、そういう空気の校舎なのかもしれません。オンライン授業は感染リスク低減以外にも往復通塾時間の削減というメリットがあるんだけどな。オンラインなら「ブラタモリ」も時間通りに見られるし。 本人は「受験直後でもみんな来てるから、俺も来週行ける」とイキってますが、入試本番の疲労度はそんな生易しいものじゃないとウン十年前に開幕戦だった市川の試験後に発熱して倒れた父は思うのです。 * 「ブラタモリ」と言えば、先週放送したばかりの天橋立の回が今日実施された

  • 国立の出願

    昨日から筑駒の出願が始まりましたが、住民票を取得して、郵便局で手数料払って受験料を振り込んで、払込控を受験票の裏に糊付けして、受験票返信用封筒に普通+速達料金分の切手を貼って、それらを大きな封筒に全部入れて書留速達で送付。時代は令和3年ですが、ここだけ昭和で止まっている。平日に休みを取って現地に行かなくてよくなった分だけ進化したのか。 みらいコンパス経由出願のクレジットカード手数料が高いことに少しモヤモヤしてましたが、事務手間なし、しかも書留速達より安いなら全然リーズナブルでした。 * 昨日は生憎の悪天候+夜遅くなる平常授業だったにも関わらず、ZOOMを選んだのは極少数。ほとん

  • 直前期の過去問

    首都圏に緊急事態宣言が発令されましたが、事前報道通り小中学校への休校要請はなし。「自治体からの小学校に対する休校要請がなされない、もしくは学習塾への休業要請がなされない場合は対面授業継続」がSAPIXの方針なので、日曜から通塾再開、息子は笑顔でサピに向かいました。 午前の単科はオンライン選択者がいたものの、午後のクラスは全員対面での出席だったそうです。「高いレベルで競い合う環境」こそがサピの強みだと思うので、アウトプット中心の土曜・日曜はできる限りライブで出席したいのはみんな同じか。 * さて、この時期になると「もう過去問はやらなくていい(自信なくすといけないから)」「最終調整

  • 緊急事態宣言再び

    ONE PIECEの1000話より先に都内感染者が1000人を越えて、そこから1週間も経たずに1500人突破。恐るべし指数関数。 指数関数モデルは初期に叩くのが一番コストが安いのは常識。二進も三進もいかなくなってから対処してもコストが膨大にかかるだけで効果は乏しいのも常識。にも関わらず、安倍さん退陣後の政府は経済一本槍、ハンマーなしのダンス三昧で「感染拡大を抑えよう」という意識をまるで感じなかったし、今回も医療崩壊寸前で悲鳴をあげる地方自治体に押し切られる形。 そりゃ百戦錬磨の女帝に刺されますわな。前回の緊急事態宣言も女帝の突然の「ロックダウン」発言から始まったので、またしても刺

  • 正月特訓と出願

    明けましておめでとうございます。今年度はコロナ休校による冬休み短縮の影響なのか元日にも正月特訓が組まれているため、今日も元気にSAPIX。元日に正月特訓が行われるのはサピ史上初めてかと思います。 午前4時間、午後4時間の正月特訓4連戦。1日4コマだった冬期講習比で算国のボリュームが倍になったイメージ。冬期講習中は帰宅後と翌日午前中がフルに使えたこともあって比較的時間に余裕がありましたが、正月特訓中は帰宅後以外に使える時間がなくその日に全て終えるのは至難の業。我が家は算理社+国1コマ分だけで精一杯。例年のようにスタックした分を中休みに消化することもできないしね。 正月特訓終了翌日に

  • ジーニアス筑駒模試

    サピがお休みだった12月20日にジーニアス筑駒模試を受けてきました。 tsukukoma_2020_12 labo-g.net 筑駒対策は9月の学校別SO以降は過去問放置していて、合判で心を折られてからはノー対策。今月に入って開成の過去問消化に目処がたってから(第二志望以下と並行して)対策再開したばかり。勝算は皆無でしたが、あの合判が最後というのも腹立たしかったので成績上書きチャレンジ。 同日のグノーブル学校別(開成)とどちらにするかは迷いました。 ・どちらも少人数なので居場所確認には使えない ・開成そっくり系はもう何度も受験済(筑駒は9

  • 冬期講習前半戦

    有馬記念も終わり、2020年もあと数日。すっかり年の瀬ですが、クリスマスも正月もない受験生は毎日冬期講習であります。 冬期講習は過去の学校別オープン中心の完全アウトプットで「短く感じる」とのこと。教室では席順争いを楽しんでいるようです。オープンの過去問は当時の正答率も記されているので過去のライバルたちと擬似競争できるのも良し。9月や11月のライバルの正答率なので12月末の今やれば優位に戦えて当然なのですが、それで自信が付くという好循環。いい制度ですね。 毎日がこんな感じ。がんばれ息子。 にほんブログ村に参加しています。

  • 激励の言葉

    一昨日木曜に平常の年内最終授業が終わり、金曜からは最後のヤマ場である冬期講習に突入しました。冬期講習と正月特訓は全て志望校別コースで行われるので、次にアルワンで受講するのは1月以降。その頃は全てオンライン併用式になっていますから、一部のアルワン女子と同じ授業を受けるのはこの木曜が最後の機会だったのかもしれないと考えると切ない。 残念ながら息子は精神的に幼すぎて惚れた腫れたの話題は一切出ませんでしたが、お風呂に浸かりながら面談すると「一番可愛いのは〇〇さん」ぐらいは教えてくれます。可愛い子=好きな人ではないようですけどね。 * 木曜の年内最終授業で1月分の全てのテキストと「激

  • 勝負の2週間

    年内最終火曜授業が終わり、残す通塾日もあとわずか。明日木曜のレギュラー授業年内最終日、翌日から冬期講習前半戦、1日空けて正月特訓4連戦、1日空けて冬期講習後半戦。13日間で11日間SAPIXの怒涛の大連戦が受験前の最後のヤマ場になります。ここが勝負の2週間。「勝負の○週間」に勝負せずに見守るだけだった為政者を反面教師にして頑張りましょう。 * さて、毎年この時期になると「学校行かせるか否か」論争が起きますね。そんなの良識的には行かせる方がいいに決まっていて、既に結論が出ているものを蒸し返しても良識派がマウント取って終わるだけ。インフルエンザ罹患リスク回避と直前期の勉強時間確保とい

  • ラスト土特

    昨日が土特の年内最終回でした。年明け以降はライブ配信と併用になるので、残り2回分の教材も受け取り完了。そうか、土特はもうあと2回しかないのだなぁ。事前配布教材は土日ともにサピックスオープンの過去問をはじめとした直前期仕様のものに変わりました。解答に過去の正答率データまで書かれているのはありがたい。 ところで、SAPIXはテキスト事前配布した後、12月末付で生徒に退塾されてしまったら月謝を取りっぱぐれてしまうと思うのですが、そこは性善説でやるのでしょうか。 * さて、我が家の中学受験初戦まで今日でちょうど1ヶ月。本命の開成も本日から出願受付が始まりました。残り時間は少ししかありま

  • 合判4回平均

    合格力判定4回目の成績資料を受け取りました。 これにて最重要指標と言われる「合判4回平均」が確定したのでグラフ化しました。赤の破線が「合判4回平均」となります。比較のために6年前期の志望校判定サピックスオープンの結果も加えました。 まあ見事な右肩下がりですこと。 後半の3回連続キャリアロー更新で平均値は大きく押し下げられました。志望校合格可能性も内閣支持率並みに下がっています。 開成:80% → 40% 渋幕:80% → 40% 筑駒:50% → 20% 聖光:80% → 30% 一方、相性の悪い合判を除外すると、それほど悲観する成績推移ではないように見えます。

  • NN渋幕オープンファイナル 結果

    本日が年内最後のSS特訓でした。まだ冬期・正月特訓が控えていますが、残り授業数は平常が火曜木曜5回ずつ、土日が3回ずつだけ。年が明けたらライブ配信で受講する機会も増えるので、実際にSAPIXに通うのはもう数えるぐらいしかないのですね。卒業するのはちょっと寂しいな。 * さて、合判のひどい結果をいつまでも最新記事として晒しておくのは気分がよくないので、11月末に事後受験していた早稲アカの「入試本番体験講座 渋幕オープンファイナル」の結果を書いておきます。上期の無料オープンは第1回、第3回と受けて結果は出ていましたが、SAPIXの学校別が不本意な判定だったこともあり、急遽追試の意味も

  • 合格力判定SO #4 結果

    合判ラストの結果が出ましたね。この合判が最後の居場所確認であり、この後は冬期講習、正月特訓を挟んで入試本番になります。もう模試はありません。他塾に目を向けても、グノーブルの学校別があるぐらいかな。学校別=受験者が分散するので、規模はあまり期待できないでしょう。 学校別診断模試 受付中! | Gnoble 中学受験 グノーブル — 知の力を活かせる人に— テスト実施要項 日 時 12/20(日) 全て9:00~または14:00~ 対 象 小学6年生 対象校・時 gno-jr.com ●テスト結果 キャリアローをさらに更

  • SAPIXライブ配信授業

    気温の低下とともに新型コロナ感染者数がどんどん増えて今日の東京はなんと600人越え、遅行指数となる重症者数も増加の一途を辿っています。夜の街や居酒屋を避けていればよかった頃と違って、もうどこで感染してもおかしくない状況になりました。ウィズコロナ突き進んでるなぁ。 小学生は感染しても無症状が多いとはいえ、感染したり濃厚接触者になれば入試の救済措置はほぼないのが現状。3年間の努力と●百万円がパーになるリスクを考えると入試直前1ヶ月は過剰にセンシティブにならざるを得ません。 * こんなご時世なのでSAPIXでは直前期の1月だけライブ配信授業(=対面授業のズーム配信)を行うと告知されて

ブログリーダー」を活用して、黒ひげさんをフォローしませんか?

ハンドル名
黒ひげさん
ブログタイトル
サラブレッドの挑戦 2021年中学受験
フォロー
サラブレッドの挑戦 2021年中学受験

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用