searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

黒ひげさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
サラブレッドの挑戦 2021年中学受験
ブログURL
https://note.com/sapixx
ブログ紹介文
2021年目標SAPIX中規模校在籍男子の父親で、SAPIXのOBで、SAPIX元講師のnoteです。中学受験のことを書いています。
更新頻度(1年)

31回 / 55日(平均3.9回/週)

ブログ村参加:2020/04/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、黒ひげさんの読者になりませんか?

ハンドル名
黒ひげさん
ブログタイトル
サラブレッドの挑戦 2021年中学受験
更新頻度
31回 / 55日(平均3.9回/週)
読者になる
サラブレッドの挑戦 2021年中学受験

黒ひげさんの新着記事

1件〜30件

  • 強敵と戦う経験

    コントレイルが皐月賞、ダービーの2冠を達成しました。無敗のまま2冠を制したのは父ディープインパクト以来の快挙。かつては父シンボリルドルフと息子トウカイテイオーが同様の偉業を成し遂げています。いずれも競馬に疎い人でも聞いた事があるビックネームですね。 サラブレッドは血のスポーツ。「サラブレッド」という単語をこのnoteのタイトルに使っているのは、「息子に父と同じ道を歩またい」という意味を込めてのこと。父子鷹を目指すnoteにようこそ。こんばんは。 以下は元騎手の安藤勝己さんの感想ツイート。安藤さんはキングカメハメハでダービーを勝った超一流ジョッキーです。

  • 6年5月マンスリー結果

    5月マンスリーは4科で430点台、順位は定位置より上振れして(金メダル相当)でした。国語は記述2題が合計5点と相変わらずの為体でしたが単体で偏差値60は死守できたし、よく頑張ったと思います。最近は自宅でリラックスして受けているからなのか、算数の計算ミスが減っているのが好調の要因ですね。 約3ヶ月に渡る引きこもり期間、やりたかったのにできなかったこと(主に過去問演習)ばかりが頭を過ぎりますが、トータルで見れば合格点あげても良いのかな。 * さて、明日から学校再開です。SAPIXも規模縮小した対面授業が始まります。私も在宅勤務中心からオフィス勤務中心になり、あまり息子の勉強を

  • NN模試とZoom最終回

    NN模試、我が家は2校分エントリーしているので消化に時間がかかっています。親はwebで申し込んで答案を撮影して提出するだけなので「このテストは紙質がいいね」等無責任なことを言っていますが、解かされる息子は大変やね。答案は空欄が目立ちました。まだ難しかったかな。 ついでにTOMASの学校別そっくり模試も申し込み完了。自宅受験で無料です。無料というワードに滅法弱い我が家のnoteにようこそ。 小6生対象 学校別そっくり模試2020 [受験料 無料] | 個別指導塾・学習塾・進学塾ならTOMAS「個別なのに進学塾」はTOMASだけです。小6生対象 学校別そっくり模試2020 [受

  • 夏期の新スケジュール

    ようやく出ました。日程は据え置き。小学校の夏休み大幅短縮を受けて時間帯が変更されています。夏期講習も夏期志望校別も16時〜21時に変更。夏期講習は1コマ10分ずつ短縮して90分*3コマ、夏期志望校錬成が1コマ5分ずつ短縮して75分*4コマ(土特と全く同じ)になり、ともに小テストが1つ廃止。 今年の夏は酷暑の中、毎日学校からの放課後夏期講習が続くことになるんですね。21時まで講習では夜勉強できる時間はないので、復習ゼロで講習を受け続けることになります。たまった復習も過去問演習も全てお盆休みに消化するとなると1日40時間ぐらいないと足りませんね。 * 料金もディスカウントになり

  • 「9月入学」見送りで決着

    21年度からの「9月入学」は見送り 政府・与党方針 教育現場混乱を回避(毎日新聞) - Yahoo!ニュース 政府・与党は27日、新型コロナウイルスによる学校休校を受けて検討した2021年度からの「9月入学」の導入を見送る方針を固news.yahoo.co.jp 政府・与党は27日、新型コロナウイルスによる学校休校を受けて検討した2021年度からの「9月入学」の導入を見送る方針を固めた。政府・与党は緊急事態宣言中の授業の遅れを取り戻す方策として検討したが、保育の期間にしわ寄せがいくなど課題が多く、教育現場を混乱させかねないと判断した。 「導入見送り」で決着とのこ

  • SAPIX分散授業で再始動

    マイページ更新されましたね。緊急事態宣言解除で6月から授業再開、最初の2週間はグループ分けての分散授業でやるそうです。授業時間を半分にして火木3コマずつ、前後半のグループは曜日と週で入れ替わり、授業再開によりZoom補講は今月末で終了、動画配信は続けるとのこと。 動画配信が続くなら共通教材は後回しにして特殊プリント系を中心にやっていくイメージでしょうか。おそらくデイリーチェックテストは自宅実施、国語だけは事前に解いて提出形式かもしれませんね。 驚いたのは、来週末の第2回SOを予定通り実施すること。まだ申込受付すら始まっていませんが。実施時間は危険な昼食時間を避けて午後1時か

  • 夏休み半減世代

    緊急事態宣言解除の目処がつき、いよいよ学校再開へのカウントダウンが始まりました。長期に渡るステイホームで子供の体力が落ちているので、最初からフル回転ではなく「段階的再開(分散登校)」になるのはありがたいですね。勉強のペースも一気に落とさなくて済みます。徐々にアジャストしていこう。 東京都のロードマップ「外出自粛、休業要請等の緩和措置の内容」を見ると学習塾等はSTEP2に該当するので、SAPIXの対面授業再開は学校再開から最速で2週間後(同資料「2週間単位をベースに状況を評価」)でしょうか。第2回SOは無理でも6月マンスリーは何とかなりそうですね。 (第382報)新型コロナ

  • 志望校判定SO #1 結果

    結果が出てました。解いたのは遠い過去の記憶。問題解いて、自己採点+直しをして、そこから結果発表までが長いこと長いこと。一旦答案を校舎に送って校舎のスタッフがバーコードを手作業で貼り付けて…の作業があるから時間かかるのは理解しますが、そんなの試験と一緒にバーコードも送り付ければ解決できるのになぁ。 カレンダー通りならば、再来週の日曜日が第2回の試験日ですが、未だに申し込み受付していないので延期が濃厚でしょう。来月からの対面授業再開が見通せる状況になってきたとはいえ、実際に緊急事態宣言解除があるまでは動けません。7月に延期もしくは自宅受験と思っています。 ●第1回結果と採点乖

  • 三者三様のZoom授業

    現在、Zoom双方向を最も積極的に活用している進学塾はワセアカだと思います。ワセアカのNNは我が家も検討したものの、申し込みがちょうどSAPIXのZoom解禁情報が出た時期だったことから見送った経緯があります。参加者の感想を読むと保護者の評判は上々みたいですね。 息子が参加したことのあるZoom授業は下記の3校だけ。システムも授業も三者三様で興味深かった。簡単にコメント書きますが、授業を受けているのは息子ですので以下は「感想の又聞き」であり、それ以上でも以下でもありません。 (1) SPICA 中学受験 - 最難関中学受験専門塾。SPICA最難関中学受験専門塾。S

  • 合格者体験記

    教材と一緒に合格者体験記の冊子が送られてきましたが、年々分厚くなっていますね、特に保護者の体験記。長編の力作も多い。ブログ書いているパパママだとあれぐらいの文字数は余裕なのでしょう。今年度はコロナ禍の不可抗力で受験勉強の塾依存率が大きく下がり親依存率が急激に高まった年なので、来春はさらに力の入った作品が読めそうでワクワクしています。 合格者体験記、今の仕切りはどうなっているのかな。希望者全員が書けるんだろうか。塾側に原稿を頼まれた人だけだった記憶もあります。 約30年前の記憶 私自身が小学生だった頃に書いた合格体験記は引っ越しで捨ててしまったのか、もう手元に残っていません

  • 時間の前借りという意識

    6月学校再開の見通しが立ってくるとホッとすると同時に焦りが出てきます。学校を気にせずに受験勉強にフルコミットできる時間はあと半月しかない。昨年の生徒と同時期比較すれば、休校中の勉強量の差でリードしているでしょう。しかし、実態は夏期講習や過去問演習に割く時間の前借りに過ぎないわけです。狂ったリズムを取り戻すのにも時間がかかりそうです。 ●前期個人面談 SAPIXからのフォロー電話は未だにありません。新4年の入塾直後にかかってきて以来ずっと音沙汰なし。「忘れ物しています」電話なら何度もありますが。2〜3回質問メールへの回答電話があったので、それで終わったことにされているのかしら

  • 鉄ヲタ男子

    本日深夜0:20「タモリ倶楽部」にて、タモリさん率いる鉄ヲタ芸能人が中学入試問題にチャレンジする企画が放送されます。 【放送内容】 「鉄道を制する者は受験を制す!?難関中学入試問題vsタモリ電車クラブ」実は中学受験の社会の入試問題は鉄道問題の宝庫。鉄道マニアのプライドをかけたプレッシャーバトル! https://www.tv-asahi.co.jp/tamoriclub/#/?category=variety 鉄道問題は新幹線を筆頭に入試頻出分野。首都圏在来線の知識を問う「東京問題」も開成の受験生は対策必須ですね。小さい頃から路線図ばかり見ている鉄ヲタはその辺有利です。

  • NN模試 自宅受験アプリEAST

    8都道府県以外の緊急事態宣言解除が正式決定。首都圏も月末まで待たずに解除あるかも、という雰囲気になってきました。新規感染者数が減っているのは良いことですが、緩め方は慎重にならないと今までの我慢が台無しになりそうで。韓国を見ても出口戦略はナローパス。コロナ前に一気に戻すのではなく、新しい生活様式に則って三密回避は地道に続けて欲しいですね。 何れにしても6/1の学校再開と同時にSAPIXも再開でしょうか。パジャマのままのんびり動画見て、Zoom授業がある日しか着替えしない(しかも上半身だけ)今のだらけ切った生活から、毎日学校往復+週3日通塾のハードスケジュールにすぐに切り替えられるとは

  • 算数特別演習(麻布中アプローチ)

    通塾のために息子に持たせたスマホは無用の長物になってしまい充電が切れていても気付かないような状況。一方、私のあまり使っていなかった古いiPadは動画授業にZoomにと大活躍。こんなことになるならau payの20%オフのキャンペーン時に最新のiPad買っておけばよかったなぁ。 au payではサピママ御用達ブラザーのA3複合機を買いました。コスパ優先してトレイ1段の廉価版。ADF(自動原稿送り)があると家庭で解いたテスト答案をまとめて縮小コピーするのがとても楽ですね。 ブラザー プリンター A3 インクジェット複合機 MFC-J6583CDW ( FAX ADF 有線・無線

  • Zoom初授業(社会)

    1日1コマたった1時間でしたが、久しぶりに見知った先生の授業を受けられて楽しそうでした。友人の顔を見られるのが嬉しくてたまらないようです。その友人たちと切磋琢磨しながら、成績順座席+コース昇降ありの緊張感を味わうのが6年1学期の醍醐味だったんじゃよ、息子よ。 徹底した「復習主義」を謳っているSAPIXのZoom授業が「予習前提」の事後授業だったりと色々と突っ込みどころはありますが、息子にとってはマンネリ化した軟禁受験勉強のリフレッシュになったようで何より。 Zoomと親の自由時間 さて、4月下旬から他塾の体験授業を含めて何度かZoom授業を経験受けてみて、地味にありがた

  • 開成の運動会中止

    2020 年度 運動会の中止について 新型コロナウィルス感染拡大の影響を受けて、4 月中に、5 月 10 日(日)に予定されて いた開成学園の運動会を 6 月 7 日(日)へ延期する連絡をいたしました。しかしながら、5 月末日まで緊急事態宣言が継続され、5 月中は対面授業を開始できない状況から、最終的に 今年の運動会を中止する決定をいたしました。 https://kaiseigakuen.jp 開成といえば「東大合格者●年連続1位よりも運動会!」がOBの総意なのですが、残念ながら今年は中止が決まりました。 高校3年は昨年の運動会終了直後から翌年の大一番に向けて団長、組責を選

  • SO自己採点と算数新教材

    家庭実施分の第1回SOの解答・解説がマイページに掲載されたので自己採点してみました。7割5分ぐらい。慣れない1000点満点だから出来不出来の肌感覚が掴めません。誤差も±50点ぐらいありそう。配点は細々していてわかりにくく、Bタイプは記述問題1問あたりの配点が豪快過ぎて自己採点がブレる=親の採点技術を試験されているようであまり気分良くないですね。 SOは合計得点を競う試験ではなく、選んだ10校の出題タイプと配点を考慮して傾斜算出したスコアで判定を出す試験ですので、併願校選択の一助になれば儲けもの程度の気持ちで結果を待とうと思います。 算数特別演習(新教材) 算数がZoom補

  • GS特訓前半終了とSO志望校登録

    5/3〜5/6まで4日間かけてGS特訓2日目の教材まで消化しました。サピックス・オープンが終わってしまえばそれほど負荷が大きかったわけでもなく。まあ、我が家は2倍に薄めて実施していますからね。 GS特訓は演習ばかりなので親は普段よりも楽できました。時間測って子供が問題解いている間は自由時間。過去教材・テストを整理したり、記述採点のために前もって文章を読んでおく時間に当てたり。国語の長文といえば、GS-02の[三]の物語文。イタドリを平等に分け合う話。イタドリを鳥だと思い込んでいた息子&父親が山菜だと気付くまでの話は需要あります?笑 SO志望校登録と併願校調査 サピ

  • Zoom授業の可能性

    数日前にSAPIXのオリエンテーションがありました。久しぶりに友達や先生の顔を見られて息子は喜んでいましたが、内容はあまり収穫なし。①算数は除外、②授業は数クラス合同、③発言は指名した人だけとワイワイ発言しながらの「双方向」とは程遠いイメージ。やはりZoomは「補講」でしかないのですね。マンネリ化しつつある自宅勉強のスパイスかつ保護者のガス抜き対策か。 他塾(SPICA)のZoom体験授業はちゃんと「双方向」できていたので、SAPIXももう少し本腰入れて準備して欲しかったのが本音。5月10日からは早稲アカのNN日曜の双方向も始まります。ぶっちゃけ動き遅いよね、SAPIX。

  • 緊急事態宣言延長とGW計画見直し

    緊急事態宣言はもともと延長が既定路線だったので、まあそうだろうなと。これで5月末までの休校が確定的。休校期間が夏休み・冬休みを廃止しても挽回できる長さではなくなりつつあり、こうなると9月入学制移行の声がさらに大きくなっていきそうですね。 さて、SAPIXの当初の日程表を見たら、今週は火・木・土とフルに授業があって、日・月・火でGS特訓3日間をやって、翌々日の木曜から再び平常がスタートという超タフなスケジュールだったんですね。学校が通常通りの世界線でこの日程だったら絶対消化不良に陥っていた所でした。 この大型連休は、余裕を持って平常テキストを消化しつつ、中止になったGS特訓

  • 9月入学制度

    春のセンバツ高校野球に続いてインターハイも中止。数年間の努力の集大成を見せる機会すら与えられない無念さたるや。 ガチで部活やってた人にとっては、これらの大会は「プロや社会人への登竜門」であり「スポーツ推薦のセレクション」でもあります。大会中止は就活や入試の場を奪われたに等しい。親元から離れて強豪校にスポーツ留学してそれ一本で頑張っていた高校3年生は途方に暮れちゃうわな。 数年間と数百万かけて2月1日の大一番に向けて仕上げていくアスリートこと中学受験生にとっても他人事ではありません。 https://twitter.com/livedoornews/status/12550

  • 4月マンスリー結果とGS特訓教材

    4月マンスリー結果は4科430〜440点、順位は定位置(30〜100位)でした。国語の記述がやや上振れしたものの長文の記号問題壊滅が響いて110点台。我が家の課題は国語です。算数は計算ミスをいかに減らせるか。理社は簡単でしたね。このレベルだと平均点も高くなりますよね。 まあ、家庭実施分のテストについては順位と平均点はあまり気にせず、得点率で理解度を測ることにフォーカスした方が良いかと思います。 GS特訓教材 テキストは算数以外は全コース共通だったはず。算数はコース・校舎によって配られるプリントが異なります。小規模校舎は最上位クラスが男女混合だったりして純粋な志望校別編成に

  • SAPIXも双方向解禁

    他塾から遅れること1ヶ月、SAPIXでもようやくZoomの双方向授業が解禁。5月最初の平常授業からと開始時期が意外と早くてびっくり。保護者の学習相談、質問対応もZoomで対応できるようになるとか。詳しいマニュアルが用意されていたりオリエンテーションの期間が設けられていたりと準備万端じゃないか。 但し、オンライン授業は「補講」の位置付けらしいので、時間は短縮版になるかもしれません。今までの動画もそのまま配信され続けるようなので、プラスアルファ部分を担うことになるのかな。日々のデイリーチェックやコアプラスのテストは各自でやればいいだけなので、その部分はカットで全然いいのですが。 あ

  • レターパック大量着弾

    中止、返金が確定しているGS特訓のテキスト3日分、第1回サピックスオープンの問題・解答用紙がレターパックで一気に届きました。突然送ってくる前にYoutube保護者会で頭出しして欲しかったな。笑 GS特訓のテキストについては、以前のエントリーで私が期待していた通りになりました。https://note.com/sapixx/n/neb1a4dc9f661 ところで、GS特訓のテキストはとっくに発注・印刷してしまっているはず。この在庫どうするんでしょうか。平常のテキストとともに詫び状1枚でも付けてオマケで送付すれば、ノー授業フル課金文書に憤っている保護者(私だよ)も多少は溜飲

  • 夏休み短縮と夏期講習

    関西では「夏休みゼロ」という話まで出てきました。小中学校は授業日数の確保が至上命題でしょうから、まあ想定の範囲内ですな。※5/6で休校措置が終わる仮定での話なので休校延長ならわかりません。 仮にコロナが夏までに収束するという楽観シナリオに立ったとしても、「夏期講習はまともに開催できない」前提で考えておく必要があります。当然、恒例の電話帳(有名中学入試問題集)なんてやってる暇はないでしょう。比較的時間に余裕のあるこの時期に消化できるならともかく、例年通り夏前の販売なら購入すら見送りでいいのでは。今年は過去のセオリーが一切通用しないイレギュラーな年だと割り切るしかない。 思考実

  • 非常識な新常識

    産業も航空機も止まって石油需要が激減、WTIがマイナス(お金あげるから原油引き取って)になったり、金利はもっと前からマイナス(お金借りてくれたら利子を払う)だったり、いわゆる教科書的な常識からどんどん乖離していく世の中。あれだけグローバル!の大合唱だった世界が揃って鎖国を目指している。コロナ前の常識はコロナ後は非常識になってしまった。 勝利の方程式 中学受験は年々先鋭化していましたが、勝利の方程式はすでに確立されていて、いかに上手にレールに乗るかの競技だった。身も蓋もない言い方をすれば、昨年度までは余計なことを考えずにSAPIXにフルコミットして突き進めばよかった。体力と精

  • 暗中模索の中学受験

    受験勉強は淡々と続けています。なるべく毎日各科目に触れる時間を作るように。動画は苦手の国語だけはしっかり視聴。他は見たり見なかったり。4月マンスリー答案、国語Bの添削教室は金曜日に投函済。Z会の通信教育みたいになってきた。 マンスリーは3月復習テストに続いて家で解いて提出形式。試験範囲の理解度確認には役立つものの、各家庭での実施では正確な居場所確認には使いづらい(基本的に平均点は「盛られた」結果になる)のが難点。コース上下もなしだから皆さんの緊張感、本気度も違うし。とはいえ、月次テストはしばらくこの形式が続くだろうから、今年度の受験生は対面授業封印、正確なフィードバックなし、暗中

  • GS特訓中止

    ようやく正式リリース出ました。緊急事態宣言が5/6までですからね、そりゃそうだ。やれるわけがない。 先週私が経理に直接問い合わせた記事を書きましたが、その時「14日が金融機関への引き落としを指示する日」と仰っていたので、その前日の13日に公にしたのでしょう。これで月末に引き落としされることはなくなりました。明日以降に中止決定すると「一旦引き落としてから返金」扱いになり、また炎上しそうですからね。 どうせなら炎上するなら星野源の動画に合わせて(以下自粛 GS特訓は初めて完全志望校別、朝から夕方まで、お弁当ありで仲間たちと凌ぎを削るハードな特別講習。もちろん参加すれば得るもの

  • ブラック・スワン

    月30万円も減収したら生活できません(涙) 「授業しなくても全額徴収」でお馴染みのSAPIXは講師への給与は全額支払っているのでしょうか。当然、正社員にはそのまま(固定給なので残業しても残業代は出ません)でしょうが、非常勤講師は授業してナンボの体系ですからね。出勤して教材の郵送事務や電話応対を担っていれば、その分は支給されるのでしょうけども。 私がSAPIXで働いていた15〜20年前は、当日中止になった場合はその日の授業分は全額支給、別日の補講も授業したら別途支給だったような(まだ代ゼミ傘下になる前の話) 大雪や台風等の天候要因以外での中止は記憶に

  • SAPIXに直接電話(文句と提案とGS特訓)

    勢いに任せて書き殴ったノー授業フル課金の件の続きです。 https://note.com/sapixx/n/n6afe7904f42a あの無機質で誠意のない1枚文書を見てのファーストインプレッションは「もう辞めてやる」「我が子の実績をカウントされるのも不愉快」でしたが、不満があるのは現場(校舎)ではなくもっと上の経営層に対してであり、ヘイトを現場にぶつけるのは言った本人がスッキリするだけで筋違いだし何の解決にもなりません。※そもそも校舎にはそんな裁量権ないです。 でも、泣き寝入りしてるだけじゃ何も変わらないですね。1カ月我慢すれば全て元に戻るなら放っておくのもありです

カテゴリー一覧
商用