searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ch4mpaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ゆとり世代絶頂期(H3)による。お金の勉強
ブログURL
https://www.champa81.info
ブログ紹介文
ゆとり世代絶頂期平成3年生まれの私が 金融、経済の勉強をしながらゆとり世代に向けてアウトプットしていくブログ
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2020/04/06

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ch4mpaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ch4mpaさん
ブログタイトル
ゆとり世代絶頂期(H3)による。お金の勉強
更新頻度
集計中
フォロー
ゆとり世代絶頂期(H3)による。お金の勉強

ch4mpaさんの新着記事

1件〜30件

  • ゆとり世代は年金は本当に貰えるのか

    結論:貰えます。 《目次》 ▶︎年金の仕組み ▶︎ゆとり世代は貰えるのか 「年金問題」いつの時代も話題のひとつですよね。 そこで私たちゆとり世代は本当に年金が貰えるのか? 心配な方も多いと思います。 [年金の仕組み] まず、日本の年金の仕組みをご存知だろうか? 多分ほとんどの方が「強制的に取られる物で貯蓄的な事。老後に貰えるお金」と思っているだろう。そもそも間違っている。 日本の年金のシステムは「賦課方式」である。 だか皆「積立方式」だと勘違いしている。 賦課方式とは現役世代が引退世代を支えるということで仕送り的な概念なんです。 それでなにが無理がきているかというと ご存知の通り、少子高齢化に…

  • 45歳になったらクビになるあなたへ

    結論:昭和的な古い考えは捨てよう 《目次》 ▶︎45歳になったらクビ? ▶︎いつになったらその考えをやめますか? 緊急事態宣言が解かれ、 皆いつの間にか普段の生活へと戻っていますよね。 あんなに騒いでいた自粛厨の方々も ケロッと普通に戻っていると思います。 別にウイルスなくなってないんですけどね。笑 [45歳になったらクビ?] 仕事も再開したし、給料ももらえるし別になにも変わりないやと思っている方へ。 これから会社はあなたが本当に必要かどうかの 採点を始めるでしょう。 コロナ禍で様々な事が浮き彫りになり、 "無駄"を排除するような経営方針にしていくのは間違いないです。 「若いから安心」なんて時…

  • 2時間で起業が体験できるゲーム

    結論:このゲームやったらお金持ちになれるじゃん 《目次》 ▶︎MONOPOLY ▶︎モノポリーに大切なスキル ▶︎モノポリーで学べる事 「MONOPOLY」 一度は聞いた事があるだろう。 日本人は知っているがやった事はないという方が多いと思う。 このボードゲームはお金の勉強が出来る 優れたゲームだ。 どちらかという日本では人生ゲームの方が主流ですね。 逆に人生ゲームは日本人らしいというか、資本主義的な要素は一切入っていなく、エンターテインメント性が重視されていますね。 MONOPOLYとは、 プレイヤーは双六の要領で盤上を周回しながら、他プレイヤーと盤上の不動産を取引することにより、自らの資産…

  • 経営者9年生の私からこれから起業したい人に。

    結論:成立させよ。 《目次》 ▷起業した時の私 ▷起業における当時の私の考え ▷これが1番大切 [起業した時の私] 私は21歳の時、飲食店をオープンし起業しました。 当時の自分は特になにも考えず、 ノリと勢いで始めました。(ちなみに元々は美容師だったので料理経験ゼロ、、笑) でもなぜか100%成立させる自信だけはあった。 その結果。 オープン当初から爆当たりし、予想売上の倍の数字を出しました。 よくわからない自信の通りになったのだ。笑 何故、飲食業界ど素人+21歳の若造が 成立させる事が出来たのか? これから独立したい、起業したい方へ向けて参考になれば良いなと思います。 [起業における当時の私…

  • 貸借対照表(B/S)

    会社だけではない! これを自分に当てはめると自分の経済状況がさらにわかります。 会計の知識は資本主義の人生において最も重要な知識だと思います。 今日は決算で注目すべき資料 財務三表のバランスシート(貸借対照表)について学びましょう。 こちらがバランスシートになります。 バランスシートとは企業活動を行うための道具である資産とそれを賄うための負債・資本から作られています。 まずは左側の資産(Asset)は大きく分けて 流動資産と固定資産があります。 流動資産は現金、預金、売上にかかる金銭債権である売掛金、仕掛品や在庫などすでにお金として手元にあるもの。 固定資産は工場、社屋、機械設備などの有形固定…

  • これがチートです。

    結論:まじで魔法。 《目次》 ▷人類最大の発明 ▷複利の魔法 ▷まじでチートです。 [人類最大の発明] 20世紀最大の物理学者とも言われるアインシュタインが「人類最大の発明」「宇宙で最も偉大な力」と呼んだものが何かご存知だろうか?特殊相対性理論? ブラウン運動の理論? 正解は「複利」だというのだ。「複利」は古くはローマ法にも記述が見られる利子の概念で、目新しいものではない。 では物理学の常識を次々と覆した天才物理学者が、なぜそれを「人類最大の発明」と呼んだのか。一説によれば、資本主義社会の急成長を見たアインシュタインが、その原動力となる金融の力の象徴として「複利」を引き合いに出したのではないか…

  • 固定観念が邪魔すぎる

    結論:その考えはやめましょう。 《目次》 ▶︎世界の地図 ▶︎固定観念 [世界の地図] これらの地図の画像をみて あなたはどのように思うだろうか。 皆、なにか"違和感"を感じると思う。 モヤモヤするというか、寧ろこれが間違った地図とまで思ってしまう人もいるだろう。 (北極と南極逆じゃん!とか日本の位置おかしくない?と) この地図はそれぞれの国の世界地図だ。 上からオーストラリア、ロシア、アメリカ、アフリカで実際に当たり前に使われている地図である。 どの国も自国が中心にくるように作られているのだ。 日本も同様に日本が中心にあり、 北極が上で南極が下という地図だ。 当たり前だが日本からみた世界地図…

  • バブル崩壊したと共に生まれました。

    結論:国の急ブレーキのせい 《目次》 ▶︎バブルが起きた原因 ▶︎バブルが崩壊した原因 そもそも日本でバブルがなぜ起き、なぜ崩壊したのかご存知だろうか? [バブルが起きた原因] まず1980年代にアメリカの貿易収支赤字が ドンドン増えまくった事から始まる。 1981年70億ドルの黒字だったのにも関わらず、 1984年には1125億ドルの赤字になってしまった。(貿易収支とは輸出と輸入の差額。簡単にいうと国の儲け。) ※ちなみに当時1ドル240円くらいだったからおおよそ27兆円の赤字となる。 なぜこんなにも赤字になったかというと、 ドルの価値が高くてアメリカの製品が高かった為、高い製品は皆買わなか…

  • 経済的自由になる為には

    結論:まずは資産を貯めよう 《目次》 ▶︎経済的自由 ▶︎21世紀の資本 ▶︎r>g ▶︎経済的自由までの流れ [経済的自由] 経済的自由とは →自分の時間と引き換えに金銭を得る事無しに生活が出来る状態のことです。 要するに不労所得で生活が賄えるということです。 [21世紀の資本] ではどうしたら経済的に自由になれるか。 その第一歩を考えていきましょう。 ここでまず、フランスの経済学者トマ・ピケティさんがだした「21世紀の資本」という著書を簡単にご説明すると、 ❶今後、世界で更に貧富の格差が大きくなっていく。 ❷その原因はr(資本収益率)>g(経済成長率)の不等式で説明出来る。 ❸改善するには…

  • 自分で決めてるのにそれはないわ

    結論:クレーマーになるな レストランにいって 自分でハンバーグを注文したのに ハンバーグが嫌い、やだ! 誰がみてもおかしいと思わないか? だが皆仕事、人、環境、恋人など全て自分で注文したものなのにも関わらず文句を言う。 ハンバーグの文は誰にでも理解が出来るのに なぜだろうか。 同じように自分で全て選択し 決めた事に対し毎日批判、愚痴、不平不満を 言い続ける。やっかいなクレーマーだ。 そんなに嫌なら普通に考えて違うものを注文すれば良いのだ。 難しくはない。確かにメニュー(選択肢)の量は人それぞれだが自分で増やす事も可能である。 日本は法治国家であるが選択肢が法によって定められている訳ではない。 …

  • 常識は商売の餌

    結論:自らの頭で考えよ 《目次》 ▶︎常識とは ▶︎常識は商売の餌 ▶︎思考停止するな [常識とは] 常識。日本人は本当にこの言葉大好きですよね。 ではこの常識とはなにか? ある社会で、人々の間に広く承認され、当然もっているはずの知識や判断力。 ここでポイントなのはある社会というところ。 常識=普遍的な真理/正義とは限らないことです。 たとえば「ものを手から離すと落ちる」のように、一見すると真理に思える常識でも、宇宙を舞台にすると通用しません。このように視点を変えると常識がひっくり返ることはよくあります。私たちは常識を無意識に持ちながら生活しています。 人の数だけ価値観は存在しますが、社会の秩…

  • これからの時代構築すべき"資産"

    結論:まずは無形資産 《目次》 ▶︎3つの資産 ▶︎SNS [3つの資産] 今回のコロナショックにより 少なからず経済的に影響を受けた方は多いと思われます。 先行き不透明な時代に構築するべき "3つの資産"をご紹介します。 ○金融資産 ○実物資産 ○無形資産 この3つをバランスよく構築する事が大切な時代となっていきます。 まず3種類の資産を持つ必要があるのか。 ここ数年で資本主義の限界、信用経済、評価経済、価値主義、こういった言葉を聞くようになりました。 これまでの資本主義に変わる、もしくは併存する様な形で新しい経済が登場しようとしています。 ですがこのような事を聞いて考えるキッカケにはなるの…

  • 誹謗中傷は貧乏人しかやらない

    結論:全て資本主義の手中 《目次》 ▶︎誹謗中傷 [誹謗中傷] 最近「誹謗中傷」がとても話題ですね。 このブログはお金をテーマとしているので 資本主義的な観点で考えていきます。 そもそも誹謗中傷する人の心理としては ・匿名制が盾になっているから大丈夫 ・嫉妬 ・マウンティング ・単純なストレス発散 ・集団心理(群衆心理) 率直に言います。どれもお金がない人、資本主義弱者、資本主義の養分がほとんどでしょう。 言ってしまえば誹謗中傷してる方に1人10億円でも渡したら誹謗中傷辞めますね。 そもそも資産家や資本家は 誹謗中傷なんて無益な事をまずやりません。 時間の無駄です。 寧ろ、あなたが誹謗中傷した…

  • 儲かる副業の法則

    結論:副業を複業にしていきましょう。 《目次》 ▶︎副業について ▶︎7つの儲かる法則 ▶︎仕事を辞める必要はない ▶︎複業 [副業について] 昨今、副業がとても浸透してる時代ですが 副業とはなにをしたら良いのか、 お悩みの方は多いと思います。 そもそも副業と聞いて皆さんが思い浮かべるのは本業の後にアルバイトしたりする事だと思っている人も多いと思います。 ですが正直、それはバレたらクビになる会社もあるでしょう。当たり前です。 確かにアルバイトも副業の一種ですが、 リアルビジネスでの副業は会社にバレるリスクがありますし、労働集約型なので限界があり、コスパがとても悪いです。 [7つの儲かる法則] …

  • 神様はあなたの財布まで守ってくれない

    結論:自分1人だと覚悟しなければならない 《目次》 ▶︎神様 ▶︎祈っていてもダメだ ▶︎オカルト・迷信 ▶︎自分1人 [神様] 日本人はよく「神様にお願い事をする」 神社にいってお願いをする。ふとした時にもお願いをする。神頼みの事が多々ある。 日本の宗教は主に「仏教」が多いが、 元々日本は「神道」である。 だから皆(日本人は仏教徒であっても)口を揃えて「神様」と言うし神へ願うのだ。 [祈っていてもダメだ] だが神の計画にあなたをお金持ちにすることは含まれていない。 祈ってもお金持ちにはなれない。 なにを信じるか否かに関わらず、神の考え、あるいはそのほかの至上の存在の助けはあなたの投機的行動に…

  • あなたに儲かる話なんてくる訳ないですよ

    結論:お金を出すな、サインをするな! 《目次》 ▶︎騙される方も悪い ▶︎欲 ▶︎騙されない為には [騙される方も悪い] 法的に有罪になる事が悪いと言うことなら 騙す方が確実に悪いだろう。 しかし、世間一般的には騙された人に向かって 「騙される方も悪い」という物言いは 上記の視点とは違う話である。 ここでいう悪いというのは ・欲深いから悪い ・無知または知識不足だから悪い という2つだろう。その通りだ。 だがそもそも騙された人に向かって他人が「騙される方が悪い」という評価するように使う言葉ではない。 これは自分が騙されないように今後同じ過ちを繰り返さないよう、自分を戒めるために自分自身に使う言…

  • 凡人でも1億円作る方法

    結論:毎月5万円 《目次》 ▶︎1億円の金融資産の構築 ▶︎老後2000万円 ▶︎毎月5万円のシミュレーション ▶︎同じ5万円でも [1億円の金融資産の構築] 1億円の金融資産を構築するのは決して 難しい事ではないです。 仕組みさえ作ってしまえば時間の問題で達成可能になります。 「そもそも1億円つくるなんて自分には到底無理」と考えいるあなた。 まずはゼロベースで考えてみましょう。 [老後2000万円] 巷では「老後2000万円」と話題ですが それに対し、無理だ!不可能だ!と考えている方が多いのではないでしょうか?特にゆとり世代なんかはそう考えている事が多いでしょう。 私も実際にそうでした。 で…

  • お金持ちになれない理由

    結論:フォーカスする所を間違えるな 《目次》 ▶︎Howを聞いててはダメ ▶︎お金持ちになる方法 ▶︎メンタリティ [Howを聞いててはダメ] 人は「How」の情報(どのように、どうすれば)いわゆる「ノウハウ」が好きです。自分が得をする情報が好きです。 逆に「メンタル」についての話が有り難がれる事はあまりありません。 これがあなたたちが「お金持ちになれない」 最大の理由です。 [お金持ちになる方法] 基本的にお金持ちになる方法は2つあります。 実際お金を稼いだり増やしたりする為の具体的なテクニックを習得すること。(ノウハウ) 具体的なテクニックを実践できるようにする為の精神的な部分での改善。(…

  • コップの水をがぶ飲みしてはいけない。

    結論:リテラシーを学べ 《目次》 ▶︎古代から人は変わっていない ▶︎あなたはどれだけ自分を律することが出来るか ▶︎誰も気付いていない事 ▶︎コップの水を飲んではいけない ▶︎お金のリテラシーを学ぶ必要がある。 なぜ働いても働いても給料が上がらないのか。 なぜ気付けばいつもお金がないのか。 なぜ貯金してもなくなるか。 なぜ貯金してても不安があるのか。 《古代から人は変わっていない》 人間は狩猟採集時代から脳の構造はほとんど変わっていない。 「獲ったエサはすぐに食べる。」それが合理的だったからだ。 私たちは貯金が苦手だが、それはヒトの脳がもはや存在しない時代にあわせて配線されたままだからだ。 …

  • ゆとり世代絶頂期オススメ★お金の本10選

    【ゆとり世代絶頂期生まれの私が選ぶお金の本10選】 私がお金の勉強、リテラシーを上げるうえに参考にした本をご紹介致します。 全く持ってお金の勉強をしてこなかった、ファイナンシャルリテラシー激低い、 資本主義に呑まれまくっていた私が紹介するので分かりやすい本が多いと思います。 これらを読む事でファイナンシャルリテラシーが上がる事は勿論の事、 資本主義が生きやすくなりシンプルに悩みが減ると思います。 ※ここでは星★の数が多いほど「難易度」が高い。 少ないほど「簡単」という基準で書いていきます。(星★は5段階評価です) 画像をクリックすればAmazonで購入出来ます! 《漫画 バビロン大富豪の教え …

  • ゆとり世代は2036年にむけて

    結論:楽しみでしかない 《目次》 ▶︎先送り国家 ▶︎社会保障システム安全保障システム ▶︎日本の限界 ▶︎タイムリミットまで [先送り国家] ご存知かと思うが、日本は膨らみつづける財政問題や諸外国との関係性など放置してきた「先送り国家」だったわけだが、正直これ以上の先送りができず、限界がすぐそこまで迫っていると言っても過言ではない。 [社会保障システム安全保障システム] 私たちは【社会保障システム・安全保障システム】によって守られているため、広義での国のサービスというのはこのいずれかに分類されるといっていい。 ・社会保障システムは国民がお互いに支え合う前提で設計されているため、 人口構成の変…

  • プロパガンダ

    結論:それは思い込みです。 《目次》 ▷プロパガンダ ▷敗戦という追い討ち ▷だれにとって都合が良いかを考えよう ▷それは思い込みです。 [プロパガンダ] プロパガンダ:宣伝。特に、特定の主義・思想についての(政治的な)宣伝。 私たちの生活や全ての物事において、 このプロパガンダは巧妙に使われています。 日本が戦争の時代へ突入していく際に当時の政府によるプロパガンダが展開されていくことになる。 まさに「投資から貯蓄へ」である。 今日の金融庁が「貯蓄から投資へ」と謳っているのとは比較にならないほどのインパクトである。 [敗戦という追い討ち] 戦争に負けることはそれ即ち生死に関わる問題である。 こ…

  • どちらを選択する?

    結論:違いは意外にも2択である。 《目次》 ▶︎お金持ちと貧しい人の考え方の違い [お金持ちと貧しい人の考え方の違い] 1. お金持ちは「勝つため」にお金のゲームをプレイする。 貧しい人は「負けないよう」にプレイする。 2. お金持ちはリッチになることにコミットしている。 貧しい人はリッチになれたらいいなと思っている。 3. お金持ちは「利益」にフォーカスしている。 貧しい人は「リスク」にフォーカスしている。 4. お金持ちは望むものにフォーカスしている。 貧しい人は望まないものにフォーカスしている。 5. お金持ちは成功していてポジティブな人たちを称賛し、付き合う。 貧しい人はお金持ちを妬み…

  • ゆとり世代自己愛が強すぎる問題

    結論:自分可愛さを消す 《目次》 ▶︎どうしよう症候群 ▶︎同調圧力 ▶︎自己愛強すぎ! [どうしよう症候群] なにをするにしてもなにか行動するにしても 人は自分が可愛いすぎて動けない事が多々ある。 「こう思われたらどうしよう」「笑われたらどうしよう」「攻撃されたらどうしよう」と 可愛い自分を守りたくてこのような事を考えてしまう。 [同調圧力] さらに日本では「同調圧力」という 皆と同じ、同じであるべき、人と違う行動をしてはいけない的な社会的風潮があるので それを従順に守っている自分が可愛くて仕方がない。 だからそこから抜け出すやつをひたすらに"攻撃し、批判する"。 日本が「愚痴、文句、批判、…

  • お金の世界はアリとキリギリスのアリになってはいけない。

    結論:自分が見えない将来の計画は無益と危険。 《目次》 ▶︎アリとキリギリスは現実的ではない。 ▶︎計画を常に見直そう。 [アリとキリギリスは現実的ではない。] アリとキリギリスとは ざっくり説明すると アリがコツコツ計画して、 くる日も来る日も働いて その間キリギリスは好きな時に歌って遊んで過ごし冬が来る頃にキリギリスは食料が尽き、1人孤独になるといったお話ですが。 "労働者目線"でとても上手く作られたイソップ物語ですね。 ですが現実はアリとキリギリスではない。 アリは巣からいぶりだされ、ブルドーザーで破壊されたり酷い目に合う。キリギリスはブルドーザーを避ければよい。 自分たちの計画の心地よ…

  • 答えなんてない。

    結論:メンタル鍛えろ 《目次》 ▶︎答えなんてない ▶︎メンタルが1番重要 [答えなんてない] 日本人は投資やビジネスが下手くそな人種として有名だ。 日本人は全て"答え"があると思っている。 これは日本の初等、中等教育にて 「全てにおいて答えがある」という事を徹底的に叩き込まれているから なにをするにもすぐに答えを求めたがる。 だから人に聞く時やGoogle検索する時に 「お金の稼ぎ"方"」「儲かる"手法"」「〜の"やり方"」とあたかも全てに答えがあるかのように無意識に聞いたり、調べたりしている。 皆も一度は調べた事があるんではないだろうか。 正直に言おう。 そんなものはない。 普通に考えてみ…

  • ゆとり世代でリスクが怖い?ジジイかよww

    結論:人生の熱くてピリッとしたスパイスだ!一度慣れれば楽しめる。(世界で最も賢いスイスの投資家たちの言葉です。) 《目次》 ▶︎リスクがあって初めてリターンがある ▶︎命をリスクに晒す訳ではない ▶︎リスクとの向き合い方 ▶︎なにもしない方がリスクが高い [リスクがあって初めてリターンがある] 投資を始めるにしろなにかを始めるにしろ また仕事を辞めるなど 人生というのは常に「リスク」が付き物である。 だが人はリスクをとても嫌う。 特に日本人というのは極端にこのリスクを避けようとする。 それなのにも関わらず「口だけは達者だ」 なんのリスクも負わずにリターンがあると勘違いしている。 そんな事絶対に…

  • そろそろゆとり世代がハマる罠

    結論:必ず"自分"で調べましょう。 《目次》 ▶︎第一関門 ▶︎例え家族や友人でも ▶︎手数料ハンター ▶︎大人しくインターネットで ▶︎固定概念の怖さ [第一関門] 20代半ば〜後半くらいになると まず最初に誰しもがくる第一関門は 「投資」「保険」の営業があなたを襲います。 「将来の為〜結婚したら〜国は面倒みてくれませんよ〜老後の為〜」など言葉巧みにあなたを誘って来ます。 まず投資だと「積立投資」「不動産投資」「外貨建て」「ファンドラップ」「投資信託」 保険だと「生命保険」「医療保険」「個人年金保険」などが20代で電話もしくは窓口で勧められる事があるでしょう。というか経験している方も多いので…

  • 自己投資を理解してますか?

    結論:目的に合った自己投資をしましょう。 《目次》 ▶︎自己投資の悪い例 ▶︎自分という株式会社 「投資」の中で最も価値がある投資は 「自己投資」と以前に述べましたが、 "ちゃんとした"自己投資はしていますか? [自己投資の悪い例] 自己投資を履き違えている人が よくとってしまう行動が「資格をとる」 資格をとると言うことは素晴らしい事ですが 資本主義的に「お金を稼ぐ」にあたり絶対的に必要な資格でない限り、資格というのは労力と時間の無駄遣いで終わってしまいます。 資格マニアがお金持ちになれないのは "自己満足"でしかないからです。 あとは「語学」も同様に多く見られます。 なんとなく英語を覚えると…

  • 給与明細"きちんと"みたことありますか?

    結論:手取りだけを意識しすぎている。 【目次】 ▶︎手取り給料 ▶︎引かれているもの ▶︎天引きという神システム ▶︎まとめ [手取り給料] 給料の話をする時に日本人は「手取りいくら」と凄く"手取り"を気にしますよね。 それはみなさんご存知の通り「税金や保険」などは引かれるのを理解しているから 手取りの給料の話をするのでしょう。 それは人と話す時もそうですし、自分で給与明細を確認する時も実際に自分に入ってくるお金しか確認していない事が多いと思います。 [引かれているもの] そもそもまずなにがいくらくらい引かれているかご存知ですか? 一般的なサラリーマンは次のようになります。 ①所得税 ②住民税…

カテゴリー一覧
商用