searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

定年親父さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
行政書士&宅建ブログ
ブログURL
https://teinenoyaji.hatenadiary.com/
ブログ紹介文
行政書士と宅建の体験記です。少しでも参考になれば幸いです。
更新頻度(1年)

41回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2020/04/03

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、定年親父さんをフォローしませんか?

ハンドル名
定年親父さん
ブログタイトル
行政書士&宅建ブログ
更新頻度
41回 / 365日(平均0.8回/週)
フォロー
行政書士&宅建ブログ

定年親父さんの新着記事

1件〜30件

  • 法定相続について

    はじめに 誰が相続人となるのか? 法定相続分とは? 特別の寄与の制度 相続人の確定について 相続人確定の注意事項 認知 養子縁組 おわりに はじめに 相続分を決める場合、被相続人は遺言で相続分を定めることができ、これを指定相続分といいます。 指定がない場合は民法900条による法定相続分となります。 誰が相続人となるのか? 配偶者(法律上の配偶者)は常に相続人になります。 第1順位 被相続人の子ども(実子・養子)、胎児(生きて生まれた場合)が相続人になります。子どもが死亡していた場合には代襲相続といって孫が、さらに孫が死亡していた場合には再代襲相続といってひ孫が相続人となります。もし、子どもが相…

  • 内容証明郵便について

    はじめに 内容証明郵便とは 内容証明郵便の効果 内容証明郵便の出し方 内容証明郵便の書き方 相手方に到達しない場合 おわりに はじめに 内容証明を利用することで、お金をめぐるトラブルが発生した時、法的手続きによらずに任意で支払いが行われ、問題が解決する場合があります。 相手方への強制ではないので、支払いが行われないと裁判ということになりますが、その場合でも証拠として残すことができます。 お金のトラブルを解決する一つの手段として有効な内容証明郵便とはどのようなものでしょうか。 内容証明郵便とは 誰が、いつ、どんな内容の郵便を誰に送ったのかを郵便局が証明してくれる制度です。証拠保全のために、同じも…

  • 成年後見制度について

    はじめに 任意後見制度とは 任意後見制度の仕組み 任意後見の利用状況 任意後見制度の手続き おわりに はじめに 成年後見制度には次の2種類があります。 1,法定後見制度とは、裁判所の手続によって後見人が選ばれて後見が開始されます。裁判所が申し立てによって、保護を必要とする人に対して後見人・保佐人・補助人を選任するものです。 2,任意後見制度とは、制度を利用しようとする人で、本人が後見人を選任するものです。 任意後見については、1999(平成11)年、新たに「任意後見契約に関する法律」(任意後見法)が制定されました。 第一条 この法律は、任意後見契約の方式、効力等に関し特別の定めをするとともに、…

  • 遺言執行者について

    はじめに 遺言を残した人は、遺言の内容が確実に実現することを望んで遺言を書きます。もし遺言の内容が実現しないのであれば、遺言を残す意味はありません。 遺言の内容が実現するかしないかは、自分が死んだ後のことですから、どうすることもできないわけです。そこで遺言執行者の制度が設けられています。 遺言執行者とは (1)遺言権利者の権利義務と効果 民法の規定により、遺言執行者は遺言の執行に関する権利義務を有し、相続人に対する効力を有するとされています。遺言執行者が遺言の内容を実現するということです。 第1012条 遺言執行者は、遺言の内容を実現するため、相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為を…

  • 公正証書遺言について

    はじめに 公正証書遺言とは おわりに はじめに 2019年(令和元)年の死亡数は138万1098人でした。 同年の公正証書遺言の作成は11万3137件、自筆証書遺言の検認数は1万8625件、合計すると13万1762件となります。 遺言の種類として、秘密証書遺言とか、危急時遺言とかがありますが、件数としては少ないようなので、遺言といえば大多数が公正証書遺言となるようです。 公正証書遺言とは 遺言者が遺言を公証人に伝えて、公証人がその内容を文章にまとめて作成するものです。 特徴 ・遺言内容の正確性・要件に不備が無いことを公証人がチェックする。 ・遺産分割協議にならないように、遺言者の真意を確認して…

  • 自筆証書遺言について

    はじめに 自筆証書遺言の法的要件 おわりに はじめに 自筆証書遺言とは、読んで字の通り、自分で書き残す遺言のことです。 自分で自由に書いて良いというものではなく、民法に定める方式に違反する遺言は無効となってしまいます。 自筆証書遺言の法的要件 自筆証書遺言をする場合には,遺言者が,遺言書の全文,日付及び氏名を自書して,これに印を押さなければならないものと定めています。 2018(平成30)年の民法改正により自筆証書に「財産目録」を添付するときは,その目録についてはパソコン等で作成してもよいことになりました。ただし、財産目録の各頁には署名押印をしておかなければなりません。 遺言内容を加除訂正する…

  • 遺言の概要

    はじめに 遺言というのは、自分が死んだ後の法律関係を定めるための最終意思の表示であり、法律上の効力を有するためには、民法に定める方式に従わなければなりません。 15歳になれば誰でも遺言をすることができます。 民法に定める方式に違反する遺言は無効となる要式行為(一定の方式によることを必要とする行為)であり、遺言者の死亡後に効力が生じる法律行為です。 第960条 遺言は、この法律に定める方式に従わなければ、することができない。 第961条十五歳に達した者は、遺言をすることができる。 第985条 遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生ずる。 (1)遺言の方式 遺言には普通方式遺言と、普通方式遺言が…

  • 障がい福祉事業について

    はじめに 障がい福祉事業とは、障がい者や特定難病者等が地域で生活を続けていけるように支援する事業で、根拠となる法律は「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」(以下、障害者総合支援法)と「児童福祉法」です。 「障害者総合支援法」第1条2において、「全ての国民が、障害の有無にかかわらず、等しく基本的人権を享有するかけがえのない個人として尊重されるもの」であり、「障害者及び障害児が可能な限りその身近な場所において必要な日常生活又は社会生活を営むための支援を受けられること」を基本理念に掲げています。 障がいの有無にかかわらず個人として尊重されるべきであり、共生できる社会の実現を目的…

  • 福祉タクシー・介護タクシーについて

    国土交通省による福祉タクシー A 福祉タクシーとは B 福祉有償運送について 厚生労働省の介護タクシー まとめ 国土交通省による福祉タクシー A 福祉タクシーとは 国土交通省によると「福祉タクシー」とは、 「道路運送法第3条に掲げる一般乗用旅客自動車運送事業を営む者であって、一般タクシー事業者が福祉自動車を使用して行う運送や、障害者等の運送に業務の範囲を限定した許可を受けたタクシー事業者が行う運送」とあります。 「福祉タクシー」というのは、法人や個人のタクシー事業者が福祉車両を用意して高齢者や障がい者の外出を支援する、移動サービスということです。 このような介助が必要な人の外出支援サービスを「…

  • 新車の軽自動車検査について

    はじめに 軽自動車の検査は保有台数が少ないということから1952(昭和27)年に廃止されています。 しかし、軽自動車の保有台数が増加の一途を辿っていたため、検査という規制がもはや不可欠ということから、1972(昭和47)年、道路運送車両法改正により、それまで検査の行われていなかった軽自動車に対する検査実施が行われることとなりました。 改正法の規定によって運輸大臣の認可を受けて法人組織が設立されることとなり、軽自動車の検査を行う組織である「軽自動車検査協会」が設立されました。 道路運送車両法 (目的) 第七十六条の二 軽自動車検査協会は、軽自動車の安全性を確保し、及び軽自動車による公害の防止その…

  • 普通自家用車の新規登録について

    はじめに 道路運送車両法に基づき、登録を受けていない車はそのままでは公道を走ることができません。 一般的に新車登録をする場合には、法に適合するための煩雑な手続きを販売店にしてもらうことになります。 自動車には必ずナンバーが付いていますが、ナンバーを付けているということは登録しているということです。このナンバーは運輸支局または検査登録事務所で登録申請をする必要があります。 道路運送車両法 第四条 自動車(軽自動車、小型特殊自動車及び二輪の小型自動車を除く。以下第二十九条から第三十二条までを除き本章において同じ。)は、自動車登録ファイルに登録を受けたものでなければ、これを運行の用に供してはならない…

  • 借用農地の返還について

    はじめに 農地の所有者(地主)から農地を借りている人(小作人)が、高齢化や後継者がいないなどによって、借用している農地を元々の所有者(地主)に返還する場合が増えてきているように思います。地主にとっては「耕作してもらっている」ということなので、今更、返還されてもどうしようもないことがよくあります。 返還された農地をそのままにしておくと耕作放棄地にもなってしまうので、どのように有効活用するかが、農業にとっての大きな問題となっています。 借用農地を返還するにも、農地を有効活用するために農業委員会への手続きが必要となっています。 Ⅰ借用農地の契約形式 農地を借りる場合、次の3パターンがあります。 ①使…

  • 定期賃貸借契約について

    ①定期建物賃貸借契約とは 定期建物賃貸借は、契約で定めた期間が満了することにより、更新されることなく、確定的に賃貸借契約が終了する制度です。 普通建物賃貸借では、正当の事由がない限り賃貸人からの更新拒絶はできません。 定期建物賃貸借契約は、契約で定めた期間が満了することにより、確定的に契約は終了しますが、賃貸人及び賃借人の双方で合意すれば、改めて再契約をすることはできます。 ②定期建物賃貸借契約の締結について 定期建物賃貸借契約は、[1]契約期間を定め、[2]公正証書などの書面により契約を締結し、[2]賃貸人が契約書とは別に、契約の締結前に事前説明文書を賃借人に交付し事前説明を行うことが必要で…

  • 補助金と助成金について

    はじめに 補助金も助成金も国・地方公共団体から支給されている公的な資金なので、申請や審査が必要になります。 ただ、補助金・助成金という言葉は明確に区別されているわけではないようです。 法律上の位置づけ 国の補助金等の手続きについては補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律(補助金適正化法)によって処理が行われています。 第一条 この法律は、補助金等の交付の申請、決定等に関する事項その他補助金等に係る予算の執行に関する基本的事項を規定することにより、補助金等の交付の不正な申請及び補助金等の不正な使用の防止その他補助金等に係る予算の執行並びに補助金等の交付の決定の適正化を図ることを目的とする。…

  • 農業委員会について

    農業委員会等に関する法律 法改正 詳説 農業委員会の業務 おわりに 農業委員会等に関する法律 昭和26年に「農業委員会法」として制定されました。 「農地等の利用の最適化(担い手への農地利用の集積・集約化、遊休農地の発生防止・解消、新規参入の促進)を推進」することを使命として、農地法に基づく農地の売買・貸借の許可、農地転用についての意見具申など、農地に関する事務を執行する行政委員会として、市町村に設置されています。 第一条 この法律は、農業生産力の増進及び農業経営の合理化を図るため、農業委員会の組織及び運営並びに農業委員会ネットワーク機構の指定等について定め、もつて農業の健全な発展に寄与すること…

  • 農地の税

    農地に関する税 農業生産を継続的に行うために、農地に対する課税は宅地・建物に対する課税とは違っています。 《農地を所有している場合》 固定資産税=評価額×税率1,4% 都市計画税=評価額×税率0,3%以下(ただし都市計画区域内に限る) 《農地の権利を移転した場合》 ①農地を売却して譲渡益があった場合 所得税(法人税)=譲渡益×15% 住民税=譲渡益×5% ②農地を交換した場合 ○交換して譲渡益があった場合 所得税(法人税)=譲渡益×15% 住民税=譲渡益×5% ○交換による取得資産に対して 登録免許税=固定資産課税台帳価格×2% 不動産取得税=固定資産課税台帳価格×4% 《農地を貸した場合》 …

  • 株式会社による農業法人設立

    農業法人設立 農業法人というのは、農業を営む法人の通称です。会社法に基づく株式会社や合名会社、農業組合法に基づく農事組合法人があります。株式会社や合名会社として設立する場合は、一般的な会社の設立と同じですが、農地を所有しようとする場合は、農地所有適格法人としての要件を兼ね備えておかなければなりません。 株式会社として農業法人を設立(一般的な会社設立) ①事前準備 組織形態、資本金、事業内容、資産の引き継ぎ等の基本事項を決めます。本店所在地に同一商号の会社があるかどうかを確認しておきます。 ②発起人会の開催 基本的事項を決定し、議事録に署名捺印をします。 ③定款の作成 定款は発起人によって作成さ…

  • 非農地証明制度

    非農地証明制度 1983(昭和58)年より、農業委員会が非農地証明書を交付する制度が始まりました。 1941(昭和16)年以前に転用された農地で、事実関係が困難なため地目変更登記に係わる事務処理上の問題が生じたことによって、例外的な取り扱いとして始められた制度です。 位置づけ 申請に基づき農業委員会がサービス行為として行っているもので、土地の現況が農地法上の農地ではないことを証明するものということです。 農地法などによる行政処分ではないので、手続きについては農業委員会や都道府県によって異なっています。 要件 農用地区域外で登記簿上の地目が田、畑であることです。故意に耕作放棄された農地や無許可で…

  • 生産緑地制度について

    1、生産緑地法 1974(昭和49)年に制定されています。 (目的) 第一条 この法律は、生産緑地地区に関する都市計画に関し必要な事項を定めることにより、農林漁業との調整を図りつつ、良好な都市環境の形成に資することを目的とする。 1970年代に都市への人口集中が進み、急速な都市化が進行しました。そのため農地の宅地化により、市街地の緑地の現象や住環境の悪化、土地の保水機能の喪失といった社会問題が顕在化します。こうした課題に対応するために制定されたのが生産緑地法です。 2、生産緑地とは 市街化区域内の農地で、良好な生活環境の確保に効用があり、公共施設などの敷地として適している500㎡以上の農地のこ…

  • 農業経営基盤強化促進法

    1、法の目的 2、地方自治体による基本方針の策定 3、市町村による認定制度 4、農地利用集積円滑化事業 5、農用地利用改善事業 6、農業委員会による利用調整の推進 おわりに 1、法の目的 1980(昭和55)年、農用地利用増進法として制定されました。平成5年に農業経営基盤強化促進法と名称が変更されています。「農経法」と略されたりもします。 (目的) 第一条 この法律は、我が国農業が国民経済の発展と国民生活の安定に寄与していくためには、効率的かつ安定的な農業経営を育成し、これらの農業経営が農業生産の相当部分を担うような農業構造を確立することが重要であることにかんがみ、育成すべき効率的かつ安定的な…

  • 農業法人

    はじめに 法人の農業参入 農事組合法人とは 農地所有適格法人とは まとめ はじめに 「農業法人」というのは法人として農業を営んでいる法人の通称で、法的なものではありません。 法的な法人としては、会社法に基づく「会社法人」(株式会社・合名会社・合資会社・合同会社)と農業協同組合法による「農事組合法人」があります。 農地を所有するには農地法による「農地所有適格法人」でなければなりませんが、農地を借りて農業を営む場合などは「農地所有適格法人」でなくても構いません。 法人の農業参入 2009(平成21)年、リース方式による農業参入が全面自由化されました。 法人の要件 役員または重要な使用人の1人以上が…

  • 農地の転用と権利移動

    はじめに 農地とは 転用・権利移動の制限 許可権者 市街化区域内の農地 転用許可基準 おわりに はじめに 食料生産を確保するために農地を維持することは大切なことです。一度、農地をつぶして宅地にしてしまうと、再び農地にすることは至難の業です。また、農家として農地を耕作している人が農地を手放して、その農地を所有した人が農業をしない場合も食糧生産に問題が生じます。 そこで農地を農地以外にしたり、農地の所有権を移したりすることを農地法は規制しています。 農地とは 農地法で「農地」とは「耕作の目的に供される土地」のことです。農地法は現況主義をとっているといわれ、「農地」であるか否かは、その土地の現況によ…

  • 農業振興地域の整備に関する法律(農振法)

    農業振興地域の整備に関する法律(農振法) ①農業振興地域制度とは ②制度の仕組み ③農業振興地域内の農地転用について ④農地法の農地転用許可 まとめ 農業振興地域の整備に関する法律(農振法) 1969(昭和44)年、農業振興地域の整備に関する法律(農振法)は、農業振興地域を明示し、農地の有効利用と近代化のための施策を総合的かつ計画的に推進するために制定されました。 (目的) 第一条 この法律は、自然的経済的社会的諸条件を考慮して総合的に農業の振興を図ることが必要であると認められる地域について、その地域の整備に関し必要な施策を計画的に推進するための措置を講ずることにより、農業の健全な発展を図ると…

  • 農地と都市計画法

    国土と土地利用 都市計画法 おわりに 国土と土地利用 日本の国土面積は約37,8万㎢で、そのうちのほぼ70%は山林地帯となっています。残りの30%の土地を利用して、1億2千万人が生活しているわけです。 歴史的に土地は、ほとんどが農地として利用されてきており、農地と農地以外での利用について調整する必要はありませんでした。 しかし高度経済成長によって人口が都市に集中し市街化が進展すると、農地と農地以外の土地の有効な利用が図られ計画的な街づくりが必要となります。このために成立したのが都市計画法です。 都市計画法 1968(昭和43)年、都市の健全な発展を目的として制定されました。 (目的) 第一条 …

  • 農地法について

    日本の農地の歴史 農地法の制定 2009(平成21)年の農地法抜本改正 日本の農地の歴史 土地を支配する仕組みは、律令制の時代は公地公民制、平安時代の荘園制、武士による支配といった変遷が見られます。明治になって地租改正による地券の発行によって、個人の所有権が国家によって保障されました。 明治、大正、昭和を通して寄生地主制が進展し、農地・農民の多くは小作地・小作人でした。 太平洋戦争期を境として農地所有の実態が大きく変化していきます。 戦争中は、戦争を遂行する上で重要な食糧確保のために、各種の法令が作られていきます。 1941(昭和16)年、農地の潰廃を防ぎ、耕作を強制し、作付けを調整することを…

  • 「代行」から「代理」へ~平成13年の行政書士法改正~

    はじめに 法改正前の条文 法改正後の条文 法改正の意味 おわりに はじめに 平成13年の法改正により、代理権が法文に明記されたことは行政書士にとっては画期的なことでした。長年にわたる先人のご苦労の賜物であります。 法改正によって行政書士の役割がどう変わったのかを検討してみました。 法改正前の条文 第一条 この法律は、行政書士の制度を定め、その業務の適正を図ることにより、行政に関する手続の円滑な実施に寄与し、国民の利便に資することを目的とする。 第一条の二 行政書士は、他人の依頼を受け報 酬を得て、官公署に提出する書類その他権利義務又は事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む。)を作成…

  • 行政書士法第1条の変遷

    はじめに 昭和26年制定の行政書士法 主な改正 昭和39・55、平成9・13・14・15・16・20・26、令和元 おわりに はじめに 昭和26年に行政書士法が制定されました。以来、行政書士の職域確立のため先人の努力によって度重なる改正が行われてきています。 行政書士法の中心ともいえる第1条の変遷について、まとめてみました。 太字で書かれている部分が改正されたところです。 昭和26年制定の行政書士法 第一条 行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成することを業とする。 2 行政書士は、前項の書類の作成であっても、その業務を行うこと…

  • 行政書士と弁護士法72条

    弁護士法72条 第72条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訴事件及び審査請求、異議申し立て、再審査請求等行政庁に対する不服申し立て事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。 弁護士法によると、弁護士でない人が報酬を得る目的で法律事件に関して、法律事務をしてはいけないということです。このようなことをすると、非弁行為で法律違反ということになります。 ただ条文中の「法律事件」については、「事件性必要説」と「…

  • 職務上請求書について

    はじめに 行政書士会の入会式の時、職務所請求書に関して多くの資料をもとに、かなり時間をとって説明されていました。その時は、十分に理解したとは言い難く、長く説明されているという印象でした。 その後、自分なりに調べてみて職務上請求書の重要性と行政書士として職務を遂行する上での職責の重さを実感するようになりました。 職務上請求 相続をする際には、誰が相続者であるのかが重要になってきます。このような場合、誰が相続者なのかを確定するために、戸籍を2代、3代と遡って確定しなければならないことがあります。 相続をはじめとして戸籍等が必要となった場合に、行政書士をはじめとする有資格者は戸籍謄本等を職務上請求す…

  • 行政書士法について

    法の目的について 行政書士の業務について 業際問題 行政書士の独占業務 法の目的について 法の目的については、次のように書かれています。 (目的)第1条 この法律は、行政書士の制度を定め、その業務の適正を図ることにより、行政に関する手続きの円滑な実施に寄与するとともに国民の利便に資し、もって国民の権利利益の実現に資することを目的とする。 この条文は2021(令和3)年6月より施行されます。下線部の文言が法改正によって追加されました。より一層、国民の権利に寄り添った行政書士であることが求められています。 行政書士の業務について 行政書士がどのような業務を行えるのかについて書かれています。 (業務…

カテゴリー一覧
商用