searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ベンサン.JPの中の人さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
便所サンダル大全
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/bensanjp
ブログ紹介文
日本製便所サンダルについていろいろ語ります。時には関係ないことも書くと思います。
更新頻度(1年)

14回 / 66日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2020/03/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ベンサン.JPの中の人さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ベンサン.JPの中の人さん
ブログタイトル
便所サンダル大全
更新頻度
14回 / 66日(平均1.5回/週)
読者になる
便所サンダル大全

ベンサン.JPの中の人さんの新着記事

1件〜30件

  • 森川ゴム工業所 health メッシュサンダル ポケッター

    今日はちょっと予定を変更して急遽「ポケッター」のご紹介です。なんでかといいますと、Cancamさんのwebサイト「cancam.jp」の5月13日の記事で(記事を書いた方はおそらくポケッターという名前は知らずに)取り上げていただき、ただいまプチブームになっているからです。5月13日から「なんかポケッターがやけに出るなぁ・・・」と思ってTwitterにそのことを書いたら、女性のお客様からcancamのサイトで取り上げられていたことを教えてもらいまして。それじゃあ私が気づかないはずです。wそれはさておき便所サンダルにはカテゴライズできないこのポケッター、なぜベンサン.JPが取り扱っているかというと森川ゴム工業所製だから。森川ゴムさんの応接室には自社製品が壁面一杯に並べられているのですが、初めてお伺いしたときに「これ...森川ゴム工業所healthメッシュサンダルポケッター

  • Youtube「別視点チャンネル」で私の動画が公開されました~

    さて今日はサンダルの話ではなくて、メディア出演情報のお知らせです。地上波とかそういうのではないですが、マニアフェスタもろもろで何年も前からお世話になっている、「合同会社別視点」の松澤さんから受けたインタビュー動画がYoutubeにアップされています。なかなかテレビでは紹介されないレアものの紹介とか、最近のベンサン界の動きなどについて語っています。たま~にテレビやラジオで私の事を取り上げていただけることがあるのですが、「ベンサンマニア」という部分がクローズアップされるのでベンサンそのものの魅力までお伝えできることができないんですよね~。※ただ、「Tモリ倶楽部」だけはベンサンの魅力を存分に伝えてくれましたなかなかベンサンを履いて外をうろつくことができない今日この頃ではありますが、春も来て緊急事態宣言も解除されつつあ...Youtube「別視点チャンネル」で私の動画が公開されました~

  • ニシベケミカル VIC No.803 VICⅢ

    ニシベケミカルの防寒サンダル「VICNo.803VICⅢ」は、業界では「紳士プラ防」と呼ばれてまして、なぜそう呼ばれているのかは確認したことが無いのでわかりません。同じくニシベの婦人用防寒サンダルは「婦人プラ」が正式名称なので、もしかしたら「紳士プラ防」が正式名称だった時代があったのでは?とも思いましたが、確認したことが無いのでわかりません。wさて、当たり前のように「防寒サンダル」という言葉を使っていますが、写真のようにツマ先部分がすべて覆われているタイプのサンダルの事を防寒サンダルと呼びます。No.803VICⅢ本当はローマ数字の「Ⅲ」は環境依存文字なのでブログとかでは使いたくないのですが、正式名称なので仕方がありません。さてこのVICⅢはある意味「防寒サンダルの生き残り」とも言えるもので、ニシベケミカルにお...ニシベケミカルVICNo.803VICⅢ

  • ニシベケミカル Charming No.320 千鳥

    いつからあるのかは古いカタログを持っていないのでわかりませんが、手持ちのカタログでは昭和58年(1983年)にはラインナップに入っているこの「千鳥」。ニシベケミカルが現在ほとんど作っていない「子供用サンダル」で、婦人用ブランドCharmingにカテゴライズされています。ちなみに上の写真で(4)と刻印されているのは「4号」の意味で、ニシベケミカルは4号が20cmのようですね。他の丸中さんと森川さんだと子供用のサイズは・1号:16cm・2号:17cm・3号:18cm・4号:19cm・5号:20cm・6号:21cmとなっているので、ちょっと注意が必要です。(と言っても千鳥は手に入りませんが)そして、この千鳥というサンダル、私が入手するまではマニアの誰もが「実物を見たことが無い」と言っていたサンダルで、私がベンサン.J...ニシベケミカルCharmingNo.320千鳥

  • ニシベケミカル VIC No.1400 サッカー

    事あるごとに言っていますが、個人的にニシベケミカルの最高傑作だと思っているベンサンが、この『ニシベケミカルVICNo.1400サッカー』。何をもって最高傑作と言っているかと言いますと、・フィット感・履き心地(クッション性)・デザインこの全てが非常にハイレベルなベンサンなのです。これをベンサンと読んでいいのかどうかも躊躇するレベルで、居酒屋のトイレにこのサッカーが備え付けで置いてあったら一生通ってしまうと思います。ウチが扱い始めた当時はまったく無名のサンダルで、特に『扱ってほしい!』という問い合わせをいただいたわけでもなく、私自身もなんとなく仕入れてみたという感じでした。※ベンサン.JPは問合せが多いサンダルから順にラインナップを増やしてますで、仕入れた際に初めて足を通したわけですが、第一印象は『これはいい物だ!...ニシベケミカルVICNo.1400サッカー

  • 森川ゴム工業所 Health No.870

    森川ゴム工業所のHealthNo.870は、「ツヤアリ」の方の型番で、ラッカー塗装をしていない「ツヤナシ」はNo.871になります。たま~に街で見かけることはありますが、なかなか売っているところが少ないサンダルですので、近所に売っているお店がある方はラッキーですね!(´∀`)二本の並行ラインのベンサンはあまり種類がなく、このHealthNo.870のほかは今は無きニシベケミカルNo.520コロナくらいしか思いつきません。確かにこうやって見てみるとどことなく全体的にコロナに似てい(ゲフンゲフン)まぁそれは置いておいて、・森川らしい、やさしい感触・サイドに大きく開いた横穴のおかげで圧迫感が無いというすばらしい履き心地で、靴のサイズが25.5cmの私でも靴下を履いてMサイズがジャストフィットです。普段はギョサン派で知...森川ゴム工業所HealthNo.870

  • ニシベケミカル VIC No.1500 B・M

    「知る人ぞ知るサンダル」とはまさにこれの事を指すと言っても過言ではないのが、「ニシベケミカルVICNo.1500B・M」だと思います。街であまり見かけないにも関わらず、アルペンやトップなどが無くなった際にもカタログから消えず未だにレギュラーの座を守っているのだから大したもの。そして、現行品の中ではVICNo.1400サッカーと並んで履き心地でNo.1の座を争っています。どちらがいいかは好みの問題になりますが、惜しむらくはその履き心地が多くの人に知られていないこと。ニシベケミカルといえばどうしてもダンヒルばかりが目立ってしまいますが、ダンヒルは履き心地でいえばニシベケミカルの紳士用の中では下の方です。このB・Mの特徴は、まず何と言っても底面のデザイン。馬の蹄鉄のようなカカト部分と微生物のようなツマ先側。何をもって...ニシベケミカルVICNo.1500B・M

  • ラジオ出演の裏側

    今回はベンサンの紹介ではなくて雑記です。仕事柄(?)、テレビやラジオなどのマスコミに出ることが1年に1~2回くらいあるのですが、今回は久しぶりにラジオのお話をいただきました。で、特に事前告知はしていなかったのですが、4月1日の午前10時17分より、ニッポン放送の「あなたとハッピー」という番組のワンコーナーに電話生出演をいたしまして。当然、そのコーナーというのは「私、熱烈マニアです。」というマニア紹介のコーナーです。5分ほどの電話インタビューになるのですが、その生出演の数分前に構成作家さん(ですよね?)から電話をいただき、かる~く打ち合わせをして、「ではあと数分でニッポン放送から電話がいきますのでよろしくお願いいたします」と言われて一旦電話を切り、一服しながら電話を前に待っておりました。「確かオンエアが10時17...ラジオ出演の裏側

  • Health No.863

    ちょっとご紹介が遅くなってしまいましたが、森川ゴム工業のフラッグシップモデル、HealthNo.863。森川さんの昔のカタログを持っていないので正確なところはわからないのですが、創業当時から作られていたというわけでは無く、比較的後発だったと記憶しております。ホームセンターで一番よく見かける「形」のサンダルなのですが、ホームセンターに行かれることがありましたら、ゼヒ手に取って「ツマ先の模様」をご確認ください。おそらく、ホームセンターにあるのはこの模様が楕円ではなくて「カマボコ型」になってると思います。(あと、たぶん甲のベルトの継ぎ目が真ん中以外になっているかと思います。)森川ゴム工業所の「本物のNo.863」はツマ先の模様が楕円と覚えておけば良いです。まぁ、日本製かどうかはひっくり返して裏を見ればMadeinJA...HealthNo.863

  • VIC No.600 2WAY

    ク〇ックスによく似た感じの「VICNo.6002WAY」は、おそらく2012年の秋冬カタログから登場しています。おそらく、というのは、2012年の春夏カタログにはなく、2013年の春夏カタログには登場しているのですが「NEWマーク」が無いからです。残念ながら私は2012年の秋冬カタログを持っていないので、「おそらく」としか言えないのです。※2013年の春夏カタログより。「NEW」マークがありませんこの2WAY、ベンサンと呼ぶには他のサンダルとかけ離れた形状ですが、紳士クロスやエレファン同様、かかと部分がえぐれているためサイズの合う方にはすばらしいフィット感をもたらしてくれます。また、つま先から脇にかけて大きく通気孔があるためムレも少なく水はけが抜群、バックストラップがついていて脱げにくくすることができるため、こ...VICNo.6002WAY

  • PEARL No.70(婦人)

    PEARLNo.180が丸中工業所の紳士用サンダルの横綱なら、このNo.70は同じく婦人用の横綱。というより、婦人用ベンサン界の横綱といっても過言ではない圧倒的な定番っぷりを見せています。婦人用定番サンダルにはニシベのNo.110カナリヤとか森川のNo.623などの強敵もいるのですが、PEARLNo.70の強さはおそらくカラーバリエーションと、見た瞬間の「これでいいや」感(超・誉め言葉です)なのではないかと思います。「これじゃなきゃダメ!」というわけではないけれども、前提知識なしで「どれを選ぶ?」と問われたら大半の人が手に取ってしまうであろう安定感。キッチュで懐かしいデザイン、ビビッド&ポップなカラーで全9色のラインナップは、選ぶにあたって適度な自由度を与えてくれるため、たとえば施設などで用途によって色分けした...PEARLNo.70(婦人)

  • VIC No.1000 カリベン

    2005年に「VICNo.1000ジャンプ」として登場して、※ニシベケミカル2005年春夏カタログより翌2006年に「VICNo.1000カリベン」に改名。※ニシベケミカル2006年春夏カタログより改名の理由は不明ですが、実はこれによく似た形状の「VICNo.1800ジャンプ」というのが2004年をもってカタログから消えているめ、一旦名前を引き継いだ後に改名したということになりますね。なので、ニシベケミカルで「ジャンプ」と命名されたサンダルは3種類あるということになります。(詳細はまた後日)ヴァン・ヘイレンが好きだったんでしょうかね?それはそれとして、このカリベン、どちらかというと「ぶっとい鼻緒のギョサン」という感じの形状で履き心地は例によって甚だ柔らかく、No.1001スポーツのような感触です。ホールド感とフ...VICNo.1000カリベン

  • VIC No.1001 スポーツ

    VICNo.1001スポーツは2006年にカタログデビューをして2013年までの8年間製造されていたサンダルです。このサンダルが他のサンダルと決定的に違うのはその甲のベルト部分の薄さ。他のサンダルのほとんどが、縁の部分で約4mmなのに比べて、このスポーツは3mm程度。つまり、普段履き用のサンダルではなく、「ツッカケ」や「シャワー用サンダル」として作られたのではないかと思います。名前の「スポーツ」は、もしかしたら「スポーツをした後のシャワールームで使う感じ」の意味で付けられたのではないかと睨んでいます。とはいえ、シャワーサンダルにしてはドエライ履き心地の良さで、カカト部分のクッション性はニシベケミカル随一と称えてもよいくらいのクオリティ。ニシベケミカルさんの倉庫に何年か眠っていた残り在庫をベンサン.JPがすべて譲...VICNo.1001スポーツ

  • VIC No.520 コロナ

    かつては「VICNo.510ダンヒル」と双璧を誇っていた「VICNo.520コロナ」。2011年のカタログを最後にその姿を消しています。※ニシベケミカル2011年カタログよりベンサン.JPが誕生したのが2011年の年末ですので、まさに入れ違い。一回も発注することはできませんでした。このコロナは、ニシベケミカルが一番最初に作ったサンダル(とニシベケミカルの方がおっしゃっていました)で、まさに記念碑的な作品です。廃番になったのが今から8年前なのですが、廃番になった直後から探しているもののなかなか新品が見つからず、私の把握している限りではこの8年間で発掘されたのはわずかに5足程度です。※まぁ、おそらくは日本のどこかの履物屋でそんな貴重品になっていることとは知らず、普通に売られて普通に消え去っているのでしょうが。このコ...VICNo.520コロナ

  • PEARL No.180

    製造メーカーである丸中工業所が「我が子」と呼ぶ、PEARLブランドのフラッグシップモデル、それがPEARLNo.180。「ベンサン」と言えばこの形を思い浮かべる人も多いオーソドックスなデザインで、最近金型が新しくなったものの基本的な形状はまったく変わることなく引き継がれています。40年以上に渡って愛され続けているロングランモデルで、「安くて丈夫で滑りづらい」という、まさに便所サンダルの重要ポイントを的確に押さえているところが素晴らしい。とは言うものの、丸中工業所では製造されるサンダルをすべて「ギョサン」と呼んでいるため、あまり「ベンサンベンサン」というのは実ははばかられる。この丸中工業所(PEARL)の素晴らしいところはその柔軟性。いわゆるラインナップに無い「特色」め結構少ないロットで製造してもらえるため、小売...PEARLNo.180

  • VIC No.610 ヘルシー

    生産終了後も当分の間はamazonやモノタロウなどで販売されていたが、すでに在庫も尽きてインターネット上からも姿を消してしまった「ニシベケミカルVICNo.610ヘルシー」。見て一発でお分かりのように、極端に大きい底面のイボイボがいかにも「健康サンダル」というコンセプトを表しています。デザイン的には「あまりにも普通」なため見過ごされがちなサンダルなのだが、想像してみてほしい。・健康ランドの脱衣所併設のトイレ・プールのトイレ・温泉旅館のトイレ・海の家のトイレなどなど、「水場+トイレ」というシチュエーションにこれほどジャストフィットするデザインかつポテンシャルを持ったサンダルが他に存在するだろうか。裏面はダンヒルとよく似たニシベケミカルのスタンダード(※)のもので、安定感は抜群。しかも足の裏に与える心地いい刺激はベ...VICNo.610ヘルシー

  • VIC No.1200 トップ

    2017年に突如ニシベケミカルのカタログから消えたVICNo.1200トップ。これも割と見かけないサンダルで、量販店では「オリンピック」などが扱っていましたが、だんだんと棚から消えていき今ではすべて外国製のサンダルになってしまっています。割と履き心地がタイトなサンダルで、他のサンダルですと私もMサイズが履けるのですが、トップだけはLLサイズじゃないと窮屈な感じでした。そのため、『履く人を選ぶサンダル』だったと言えると思います。ところが何と、翌2018年に新ファッションブランド「BENCH」より、BENSAN-Tとして再販されました。実はここに写っているのはトップではなくBENSAN-T(のはず)です。何が違うかと言いますと、オリジナルの「VICNo.1200トップ」には、オーク(ベージュ)と金茶(キャメル)は存...VICNo.1200トップ

  • VIC No.601 ジャンプ

    ニシベケミカルのサンダルの中でも稀有な存在なのがこの「VICNo.601ジャンプ」。2014年の春夏カタログに登場し、翌2015年にはカタログから消えているまさに幻のサンダルだ。しかも、このジャンプ以来2019年まで新作は出ておらず、そればかりかカタログからは定番と思われていたサンダルまでが無くなっていった。大幅に種類が減り始めた「その先駆け」という位置づけもできるサンダルなのです。で、これがその「ジャンプ」なのですが、ディティールにこだわりのある良いサンダルで紳士用として非常にシックにできてます。いかにも革で作ってあるかのようなデザインなので、サンダルOKな職場だったら迷うことなく選ぶと思います。そして、このサンダルのもう一つの特徴は、他のサンダルではあり得ない「反り返ったつま先」。斜め前から見ただけでも底の...VICNo.601ジャンプ

  • VIC No.510 ダンヒル

    最初に紹介するとしたら、やはりこれしかない。便所サンダル界のKINGとの異名を持つ、「VICNo.510ダンヒル」。マキシマムザ亮君、鬼龍院翔氏、KingGnu井口氏などがこのダンヒルでステージ等に上がっているため、現在でもファン層から人気が上がり続けている稀有なサンダルだ。発売から40年以上経っているにもかかわらず、微妙な変更はあるもののほぼその形状を変えることなく第一線で活躍しているのは素晴らしい。このダンヒル、一般的に販売されているカラーは時代によって変わっており、1箱(10足)の内訳の色組の違いにより、昔は「Aセット(茶、金茶、チョコ)」「Bセット(モスG、カーキ、金茶、ゴールド)」に分かれていた。古い箱に「〇A(丸の中にA)」「〇B(丸の中にB)」と書かれているのはその名残である。ニシベケミカルは大ロ...VICNo.510ダンヒル

カテゴリー一覧
商用