searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

雑草Zさんのプロフィール

住所
会津坂下町
出身
未設定

環境破壊も社会の破局も根本原因は経済成長信仰です。成長の限界に達した現在でも無理に経済成長させようとするから、無駄に苦しい思いをしてあくせく働かなければならないのです。そんなバカな事するくらいなら、猫のようにその日暮らしをする方がずっと良いでは無いですか!!

ブログタイトル
雑草の言葉
ブログURL
https://zassou322006.blog.fc2.com
ブログ紹介文
「経済成長」という名のバベルの塔を高く高く積み上げて行けば、大きな犠牲と共に崩れ落ちるだけ。「経済成長」と言う名の現代のカルトの洗脳から抜け、ゆったり質素に暮らしましょうよ。
更新頻度(1年)

67回 / 365日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2020/03/17

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、雑草Zさんをフォローしませんか?

ハンドル名
雑草Zさん
ブログタイトル
雑草の言葉
更新頻度
67回 / 365日(平均1.3回/週)
フォロー
雑草の言葉

雑草Zさんの新着記事

1件〜30件

  • 世界を破壊してまで金儲けをしたい人々

     かなり以前に、喫茶店かどこかで、小学生くらいの子供向けと思われる「涙が出るほど感動する物語」のようなタイトルの本が置いてあったので読んでみました。短いショートストーリーのオムニバス形式で、そのうちいくつかを拾って読んでみたのですが、大人の自分には(そしておそらく小学生にも)大して感動するような話はありませんでした。ちょっと変わったストーリーを選んだ編集者の選択にも疑問を感じました。特に、最後の話...

  • 町病院のコロナ対応

     気付かぬうちにちょっと傷がついたらしい左腕の肘の痛みは感じる程度でした。七日ほど前に急に痛みが大きくなって腕も曲がらなくなってきて体温も39℃近くまで上がりました。それほど苦しくもなく、病院に行くのは面倒でしたが、家族が心配すると同時に、同じ家に住む者に発熱者が出れば、コロナでないことが判明するまでは出勤も認められないとの事で、町で唯一の総合病院の救急外来に予約してくれました。 早速。一人で出かけ...

  • 食べ残し禁止法

     中学3年生の修学旅行で、北海道に行った時のこと。旅館の夕飯で、ご飯のおかわりに、お釜のところへ行ったら、旅館の中居さんが大盛りにしてくれました。「そんなに食べられない」と言う前に、大き目の茶碗は大盛りにされていました。食べ盛りの男子にサービスしてくれた積りでしょう。残すのが嫌だったので、お腹いっぱいでしたが、みんなが部屋に戻った後も一人で食べていました。中居さん達が、「食べ切れないなら、残しても...

  • 過激派?中核派番外話

     私は極左団体の中核派と革マル派の区別も付きません。学生運動が盛り上がっていたのは私が幼い頃でした。学園闘争もあさま山荘事件もその頃で、その後、沈静化していたので、自分が大学に入った頃にもまだ学生運動をやっている学生が少しいたことは驚きでした。確かにもう、全然盛り上がっていませんでしたが、それでもキャンパス内に大きなアジの看板があったり、教室の机の上にアジビラが置いてあったりしたのを見た時は、新鮮...

  • 本気で温暖化に警鐘を鳴らしているのか?

    国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」による最新の報告書が公表され、温暖化による非常に厳しい警告がなされました。【WIRED CONFERENCE2021】「このまま温室効果ガスを廃棄し続けると『深刻な未来』がこれまでの予測よりもかなり早くやってくる」と言った内容です。 その警告内容が信頼できるものと考えた場合、彼らの示す「対策」に疑問を感じずにはおれません。深刻さを本気で訴えているのか疑ってしまいます。 こ...

  • コロナ禍で見えた希望

     世界の都市で新型コロナウイルス感染拡大を抑えるためのロックダウン(都市封鎖)措置により、大気汚染がかつてないほど軽減したとする報告がなされています。大気汚染物質として知られる窒素酸化物(NOx)の排出量が世界全体で減少し、きれいな青い空が戻ってきたことが多数報告されました。川などの汚染も減り、水が澄み、遠くの山がきれいにくっきりと見えるようになりました。 どこの国の都市でも、ロックダウン開始から1ヶ...

  • 最も効果的で直ぐに効果の現れる唯一の環境対策法

     地球環境問題に対して、技術で解決しようと言う方針が、いまだにメインに論じられています。その理由は「先ずは環境対策」では無くて「先ずは経済」だからでしょう。そこには「深刻な環境危機」に対する本気度が感じられません。 これから技術革新で対応するとか、効率を上げるとか・・・「環境危機に待ったなし」の現状に対して非常に優雅なことを言っています。そして、「ギャグ効果(ギャグのような逆効果)」の環境対策もど...

  • オリンピックを最優先した馬鹿たち

     先日、コロナのニュースをTVで見ていたら臨時ニュースが入りました。コロナ感染者数がまた増えたのかな?・・・と見ていたら、オリンピックの何かの競技で日本人の誰かがメダルを取ったという脱力の臨時ニュースでした。臨時ニュースで流すような重大事でしょうか?  どこのTV局もオリンピックばかりで見る気がしませんでした。特にNHKでは、総合とEテレ両方でオリンピックをやっていたので、呆れてチャンネルを変えたら、BSの ...

  • スポーツ根性おちゃらかし。

    子供の頃、テレビでスポーツ根性ものの「巨人の星」をみていると、番組の中の大袈裟に真剣な場面(大部分が真剣な場面だったかも知れません。笑)で、父がよく横からおちゃらかしてテレビに向かっていいました。「頑張れ、学芸会!」「真剣に大袈裟に頑張れ、」「深刻に、命でも危ないのかい?」・・・子供の頃は父が好きで、それなりに尊敬していたので、その横からの茶化しに対して煩いとは思いませんでした。逆にそんな事言われ...

  • 飢えと脱水の苦しみ

      学生の頃、20歳の頃からか、朝食は殆ど取らなくなりました。朝食を食べているよりも朝は寝ている方を選びました。 その後、朝食を食べていた時期もありますが、ここ10年以上は旅館に泊まったりした朝など以外はあまり朝食は取りません。 半年くらい前の冬に連れ合いが、朝食抜きの断食をやっていたら、体調が良くなった・・・という話をしてました。夜の8時から翌日のお昼まで、何も食べない生活を続けたら体調が良くな...

  • まさかのオリンピック逃げ出し

    〜あなたが逃げ出してはダメでしょう〜 昨日(7月22日)、ニュースを漠然と聞いていたら、ひどいニュースが流れてきました。なんと「福島原発の汚染水は完全にコントロールされている」と嘘をついてまで、オリンピックを日本に誘致し、コロナ禍でも中止もせず、1年延期をゴリ押しした安倍前首相が、オリンピック開会式の直前になって出席を見送ると表明したの事です。
 こんな卑怯な話があるでしょうか?ニュースは、
「コロ...

  • 巨大企業の課税強化

     巨大企業が法人税をまともに払っていない事は不公平な話しとしてよく話題になります。まるで逆進性を働かせているようです。中小企業にばかり税負担を大きくして、経営を圧迫し、早く巨大企業に吸収されろと言わんばかりです。コロナ禍の中でもむしろ利益を増やしている巨大IT企業が、税金はあまり払っていないのです。 日本で言えば、ソフトバンクグループが小狡い節税対策で有名になりました。それでも日本はまだマシな方で...

  • オリンピックはただのエンターテインメント

     先日TVのニュースで、菅総理がオリンピックを開催する意義を説明していました。菅総理とかその前の安倍総理とかの発言は、理が無くて、あまり聴きたくないので、流したりテレビを止めたりするのですが、逆にあまりの幼稚さにどんな事を言うのかと聞いてしまいました。 菅総理は自分が高校生の時に観た1964年の東京オリンピックで、バレーボールや柔道を観て感動したことを列挙して、このような素晴らしい大会を開催して、子供や...

  • 赤木ファイル開示

     財務省近畿財務局の職員で、3年前に公文書改ざんを強要されて改ざんしてしまったことを苦に、自殺した赤木俊夫さん。彼が森友学園に関する公文書改ざんの詳細を記した「赤木ファイル」が6月22日、裁判所からの要請に応じて、国がようやく遺族側に開示しました。赤木さんの妻が開示を求めてから何と1年3ヶ月もの時間が経ってからです。そもそも赤木ファイルの公開を拒む権利は国には無かった筈です。沢山の箇所を黒塗りして開示す...

  • シルバー人財の除草作業

     近く(家から500mほど)の親しくしている家で、趣味でキウイ棚を鉄パイプで立派に作ってもらったけれど、体力が無くて、面倒になったのか、長い年月放置しているキウイ棚がありました。 そこを、20年くらい前から私が借りて、引き継いでキウイを作っています。 10年ほど前に、シルバー人財の方がキウイ棚の下まで除草して、地面から新しく伸びてきたキウイの芽、蔓も切り取ってしまいました。 それ以来私が除草するか...

  • 耐性菌パンデミック

     現在世界中がコロナパンデミックで騒然としていますが、私はこれから起こる可能性が高いと思われる、耐性菌によるパンデミックの方が恐ろしいと考えています。 20世紀以降、世界で起こったパンデミックはウイルスによるものが主です。スペイン風邪、エイズ、新型インフルエンザ、そして新型コロナ・・・      20世紀に様々な抗生物質が作られ、細菌によるパンデミックはほとんど無くなりました。 抗生物質が全く効か...

  • 突然の制御不能な崩壊

    『成長の限界』シリーズの第2弾、『限界を超えて [Confronting Global Collapse Envisioning a Sustainable Future1989] 』の紙カバーを折り込んだ挟み込みの部分に、第1弾の『成長の限界[The Limits Of Growth1972]』の結論の要約が記されています。「(成長の限界に達した結果)最も起こる見込みの強い結末は、人口と工業力の突然の、制御不可能な減衰であろう」です。 非常に印象深い文でかつ、「なるほど」と理性が納得し...

  • お気楽な事を議論している場合か?

      少し前の時代まで、「人類が絶滅する時はいつか?」・・と言う問いかけに対し、「数千万年後には人類は滅びているかも知れない。」のように答える方が多かった記憶です。そう、数百万年後か、数億年後かは人それぞれですが、意識して「数百万年後」と「数億年後」を区別していた人はほとんどいなかったようです。兎も角彼らが考える人類の滅亡時期は「途方もなく遥かに遠い未来」でした。 現生人類が誕生したのは今から約20...

  • 2026年までに人類は絶滅する?

     最近初めてコメントを頂いたHN:ext2026氏(extinction2026:「2026年に人類が絶滅する」と言う意)からコメントを頂きました。 「元保全生物学教授のDr.Guy Mcpherson氏は全人類は2026年までに他の生物と共に絶滅すると論証した。それを全日本人に啓蒙する努力をしている」と言う内容のコメントです。彼は「今からでは何をしても、何を言ってもIt`s too lateです。・・(中略)・・・今、人類は残った時間に何をすべきか考え、...

  • 役割の無くなったNHK

     NHKはもう必要無いと考える日本国民は沢山いる事でしょう。公共放送としての唯一無二の役割は見当たりませんから。受信料を払ってまでみたくない人はどんどん増えていることでしょう。 「NHKから国民を守る党」(「NHK受信料を支払わない方法を教える党」)なんて党も現れました。ただそれだけのシングルイシューだけで政党を選ぶ人は少ないでしょうから、大きな政党になるはずもありませんが、彼らの言っている事には理がありま...

  • マルチ

     農業で「マルチ」と言えば、マルチング[Mulching;畑の表面を覆うこと]、若しくはマルチシート[agricultural multching film(sheet);マルチ用のフィルム・シート]の事です。家庭菜園を始めた頃は、「multi-;沢山の」だと思っていたので意味が分かりませんでした(笑) それは兎も角、私は使い捨てのプラスチック製(ポリエチレン)のマルチを使う事には反対です。現在、プロの農家の場合は、(そういう指導を受けて来たので...

  • オリンピック考

     オリンピックにはほとんど興味がありません。しかし、巨額の国家・都市の税金を投入することには反対です。つまり、「アンチ」と言う意味では興味があります。 コロナ禍で、オリンピック開催の是非がいまだに議論されていますが、さっさと早く撤退して幕引きすれば良かったのです。一年以上前に書きました。【オリンピックは中止にすべし】2020/03/29 最近、その旨話したところ、20代の若者が、「自分は、オリンピックをやっ...

  • BOPペナルティとBOPビジネス

     BOPとは Base of the Pyramid の略で(経済的な)ピラミッドの底辺にいる人々を意味する言葉です。世界の人口の過半数を占めるおよそ40億人の低所得消費者を指します。 そして 『BOPペナルティ』とは、BOP層と呼ばれる低所得者層が様々な不利益を得ているという事です。 具体例をネットで調べてみると、「低所得者層は、交通の便の悪い田舎に住んでいるので、買い物をするために交通費をかけなければならない」とか、「品質...

  • 日本の劣化

     最近、色々な意味で日本の劣化が顕著になってきたように感じます。ほんのここ数年前から同じように感じている人は増えてきたのではないでしょうか? 高度経済成長期の「売り」であった民生機器の分野でも、いつの間にか、世界に誇れる工業技術が無くなってきました。(【ジャパン アズ ナンバーワン は何処へ?]】2021/03/23) 色々な技術が、ここ10年くらいの間に、お隣の中国や韓国をはじめとして、多くの国に追い抜かれ...

  • 風評被害じゃない汚染水放出

     4月13日、日本政府は、福島第一原発の汚染水を、貯蔵タンクの容量が限界に達しつつあるとして、再処理したうえで海洋放出することを決定したと発表しました。福島県の漁師をはじめ、数々の反対を押し切っての決定です。 政府の説明では、海洋放出される処理水にはトリチウム以外の放射性核種はほとんど含まれていないとのことでした。その為、経済産業省は、わざわざ海洋放出の発表と同じ4月13日に、『風評被害の防止を目的...

  • アメリカが作った憲法だから改憲?

      日本国憲法改正論者に関して、非常におかしいと感じる部分があります。 最近憲法改正論議が下火になって来て、書く機会を逸した感もありますが、次の機会はかなり先になりそうなので、書かせていただきます。 第二次世界大戦の敗戦後作られた日本国憲法は、アメリカ占領軍GHQ[General HeadQuarters;連合国軍最高司令部]のマッカーサーの指導の下、たった一週ほどで作られたと言われています。 日本国憲法を日本人ではない...

  • 中国を助長したのは誰か?

     最近、アメリカを中心に、中国批判の大合唱が起こっています。香港への弾圧、チベット、内モンゴル、ウィグルなどの占領、インドなどとの国境紛争、日本やマレーシア、インドネシアの領海侵犯、南シナ海での人口島の建設・・・枚挙にいとまがありません。 当初アフリカの国々から熱狂的に歓迎されていた中国からアフリカ諸国への援助も、今ではかなり嫌われています。「ヨーロッパ人による新植民地主義」から「中国型新植民地主...

  • 報道の自由度とメディア・リテラシー

    世界報道自由度ランキングは、国境なき記者団が2002年以降、毎年発表しています。当初、どこかの国(欧米の資本主義国家など)や大企業の息のかかった団体で、偏りが大きく、あんまり信頼できそうにないか・・と思っていました。しかし、その後の発表を追っていくと、この非政府組織の発表は、かなり客観性もあり、結構信頼出来そうなランキングのようである事がわかってきました。 日本の「世界報道自由度ランキング」は20...

  • この世は正義が勝つのかな?

     最近、YouTubeで昭和のアニメの主題歌をいくつか続けて観ていたら、1つの主題歌の歌詞の一部が印象深く心に響き、ずっと耳に残りました。     <紅三四郎>歌詞の1番の終わりの「♪いつもこの世は、正しい者が 勝つぞ!その名は・・♪」って部分です。子供向けアニメの、臭い「お決まりの文句」のようなこの歌詞を聴いた瞬間に心の奥から湧き上がる深い感覚を覚えました。 当時(昭和の時代)、子供の歌の歌詞の中には理想...

カテゴリー一覧
商用