searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

F4UZRさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
珍古懐回
ブログURL
https://do6iphla8nrd.blog.fc2.com
ブログ紹介文
撮り鉄歴ン十年のおっさんが、珍ネタ・古ネタを交えながらその半生を振り返るブログ
更新頻度(1年)

37回 / 73日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2020/03/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、F4UZRさんの読者になりませんか?

ハンドル名
F4UZRさん
ブログタイトル
珍古懐回
更新頻度
37回 / 73日(平均3.5回/週)
読者になる
珍古懐回

F4UZRさんの新着記事

1件〜30件

  • カメラのファイル形式について ②

    ところでスマホやコンデジには、元々JPEGファイルしかありません。それでも最近の機種は高機能ゆえ、撮影しても十分きれいなJPEG画像を生成できますし、一般の方ならこれで十分満足という方が大半でしょう。    たしかに私も、日常のスナップ写真を撮るなら、わざわざデジタル一眼を持ち出さずとも、コンデジやスマホで十分だと割り切っています。   EF65PF+12系ユウユウサロン岡山全検入場回送 19...

  • カメラのファイル形式について ①

    デュープするにせよ、撮り鉄するにせよ、カメラの設定で一番重要なのが、撮影時のファイル形式は『RAW』(非圧縮RAW)にしておくことです。(圧縮RAWはダメ。JPEGなど論外です)   理由はただ一つ・・『最高画質で記録し、レタッチするため』です。   RAWで記録しておけば、撮り鉄時に露出や構図を多少失敗しても、はたまたデュープする写真フィルム自体が変色等劣化していても、現像ソフト...

  • 撮り鉄のための写真フィルムデジタル化のすすめ 補足編④

    デュープする際のカメラの各種設定値については、基本的に『現像ソフトでレタッチ可能な項目については、デフォルト値にしておく』のがよいでしょう。  例えば、WB(ホワイトバランス)なら、『オート』でいいのです。   デュープ後、現像ソフトで実際にレタッチをしてみて、WBは『晴れ』が一番よかったとか、『高演色蛍光灯5000K』が一番よかったとか、結局『オート』のままが一番自然に見えたとか・・後...

  • 撮り鉄のための写真フィルムデジタル化のすすめ 補足編③

    ES-1を使ったデュープは、35mmサイズのフィルムにしか使えませんが、近年では中判サイズ以上のフィルムデュープに使える専用のデュプリケーターがペンタックスから発売されています。   エクステンションチューブの代わりに、距離を自在に調整できるベローズが使われ、先端の光源がライトボックスではなく、ストロボになっている点に違いがありますが、原理自体は、ES-1によるデュープと同じです。値段は、一式で...

  • 撮り鉄のための写真フィルムデジタル化のすすめ 補足編②

      35mmフルサイズ機に焦点距離50mm前後のマクロレンズとES-1をつなぐことで、ほぼ等倍撮影が可能(=フィルムの全体が撮影可能)とされていますが、レンズの焦点距離が50mmより大きくなる(=望遠になる)と、画角が狭まるため、等倍よりも小さい範囲しか写せなくなります。等倍撮影するには、間に接写リングやエクステンションチューブといった『筒』をはめて、レンズ~被写体の距離を長くしてやる必要があります。 ...

  • 撮り鉄のための写真フィルムデジタル化のすすめ 補足編①

     ニコンのスライドコピーアダプターES-1は、アタッチメント径52mmのねじ込み式になっていますから、使用するマクロレンズ径さえ一致していれば、大丈夫です。  もし、お使いのレンズ径がこれと一致しない場合、間にアダプターリングを介してつなぐ必要があります。  私の場合、マイクロニッコール60mmのレンズ径(フィルター径)が62mmなので、BR-5という片面62mmでもう片面が52mmのアダプターリングにより...

  • 撮り鉄のための写真フィルムデジタル化のすすめ⑤

     デュープ(デュプリケート)によるデジタル化では、ネガはともかくポジに関しては、現像ソフトでいかようにも調整できるので、デュープするコマは1コマだけ撮影すれば構わないのですが、私は念のため、下のように『暗め』『適正』『明るめ』と1カットあたり3コマレリーズするようにしています。   (暗め)    (適正)   (明るめ)    ところで、ES-1にはスリーブフィルムをそのまま差し込む訳にはい...

  • 撮り鉄のための写真フィルムデジタル化のすすめ④

    では、さっそく作業手順について説明します。   ①作業は、周囲の明るさに影響を受けない夜間に行うか、暗室内で行うことが望ましい。   ②カメラの各種設定は下記のとおり。 ISO:100 ホワイトバランス:オートで可記録画素数:最大で!画質モード:最大で!ファイル形式:RAW(画像をレタッチする上で必須!)   ③撮影モードはマニュアルで絞り値はF8固定とし、シャッタースピードを...

  • 撮り鉄のための写真フィルムデジタル化のすすめ③

     写真フィルムのデュープ(デュプリケート)によるデジタル化には、デジカメ、マクロレンズ、スライドコピーアダプターの3つさえあればOK!と言いたいところですが・・じつは他にも準備しなければならないアイテムがいくつかありまして、参考までにご紹介します。   ①ニコンスライドコピーアダプターES-1 これがないと始まらない! 肝心要のアイテム!   ②デジタル一眼 私の場合、ニコンD800を“デ...

  • 撮り鉄のための写真フィルムデジタル化のすすめ②

     高価過ぎず、安価過ぎずの金額で、高画質かつ効率よくフィルムをデジタル化できる方法がないものか・・?    そんなことで頭が一杯だったある日、ネットで調べていると、ニコンのスライドコピーアダプターES-1というフィルムデュプリケーターをデジタルカメラ&マクロレンズに取り付けて撮影する方法を紹介した記事を見つけました。    今や、この手の記事はネット検索すれば結構な数がヒットしますが...

  • 撮り鉄のための写真フィルムデジタル化のすすめ①

     写真フィルムのデジタル化って・・ つまり、フィルム用スキャナーを使ってシコシコとスキャンするってこと?と思われるでしょう。    そこで今回は、私が一番良い(と思っている)方法について述べてみます。    これまで当ブログでご紹介したコダクローム等のフィルム画像ですが、じつはフィルム用スキャナーは一切使っておりません。    では、どうやってデジタル化したのかというと、ス...

  • 民放テレビのジレンマ?

    どのテレビ局もゴールデンウイークを目前に、県外はもちろん不要不急の外出を控えるよう、耳にタコができるほど放送しておきながら、必ず1日数回はトリ◯ゴとかいう、ホテル予約サイトのCMが流れている。   そのCM、ついさっきも流れてたぞ!  ほんまに外出自粛要請を呼びかけるなら、こんなCM流すのおかしいやろ!!   もしかして“コロナ軽症者様向け”のホテル宿泊料金比較サイトですか?! “走る...

  • 写真フィルムデジタル化のすすめ

    新型コロナウィルスの感染拡大を抑えるため、不要不急の外出自粛要請が出る中、鉄道各社では、ゴールデンウイークを中心に長距離移動を伴う特急や臨時列車の運行を取りやめる動きも出ています。こうなると、撮るのも乗るのも味気ないですし、おとなしく家に籠もっておいた方が世のため人のためですね(-_-;)   でも、私はこれをむしろ歓迎すらしています。   なぜなら、ネガ・ポジフィルムのデジタル化作業が...

  • 一律じゅうまんえん支給

    こういうのってうれしい反面、お金持ちも貧乏も関係なく同じ金額がもらえるのは不公平だという批判が必ず出てくる。   私見だけど、スピーディーに支援するために1人10~30万円位で“申請すれば誰でももらえる”ようにすればよかったと思う。 但し、年収いくらまでという制限と給付者全員が確定申告するという条件付きで。   翌年の確定申告の際、年収制限に引っかかった人には給付金を返還させる。サラリ...

  • けっきょく日本全土で緊急事態宣言か

    1年で一番外で過ごしやすい絶好の行楽シーズンのさなかですが、仕方がないですね。   辛いですが、皆さん、撮り鉄・乗り鉄をはじめ不要不急のお出かけは控えることと致しましょう!...

  • 新潟撮影記2013-6 完結編スペシャル

    前から行ってみたかった、三面川に架かる“風光明媚なあの橋梁”が撮影するに堪えない状態と判り、すぐさま新津方面にとんぼ返りしまして向かったのが、荻川界隈。 新津~新潟間は信越線が南北に走っているので、夏場の午後なら上下線とも順光気味で撮れるだろうと考えロケハンし、何とか編成撮りできそうな場所を発見。   車が通れない小さな踏切から上り115系を狙います。  3代目新潟色に塗り替えのタイミングで...

  • 新潟撮影記2013-5

    いよいよ佳境に入ってきた、矢代田界隈での撮り鉄の続きから。反対方向から、“便所スリッパ”ことブルーサンダーEH200の上り貨物。  何気にEH200は初撮影だったりする(^^; 下り485系3000番台北越レッドサンダーの下り貨物。ゴールデンウイークなのにコンテナ満載でした。上り485系北越ひと通り撮るもん撮ったし、下りの光線も悪くなってきたので、ここらで終了。   地元の撮り鉄さんに別れのご挨拶をして、次の...

  • 撮り鉄の皆さま

     桜も満開になり、ようやく春めいてきた矢先の“緊急事態宣言”ついに出ました。    絶好のシーズンではありますが、“不用不急の撮り鉄”は当面見合わせた方が賢明ですね。    とくに駅やお立ち台など、多くの人(鉄)が集まる場所は要注意です!...

  • 新潟撮影記2013-4

     新潟撮り鉄2日目。 早朝に宿を出て、向かったのは矢代田界隈。    この日は晴れ予報で、終日気持ちよく撮り鉄することができました(^^♪   地元の撮り鉄さんが1名やって来て、しばし談笑。ここにはよく来られるようで、撮り飽きているのか、485系以外にはカメラを向けようとはしません(ある意味うらやましい・・)  さて、午前中は下り列車が順光です。 115系6両(3代目色+2代目色)485系快速おは...

  • 新潟撮影記2013-3

    さて、次に向かったのが、長鳥から少し東に行ったこの場所。 わかりますか? ここもわりと有名ですかね。  そう、越後岩塚のストレートです。   さっきまでの汚天気がウソのように快晴モード全開! 背後の新緑も美しく、まさに五月晴れです(^^♪   上り485系北越 ケツ打ちは正面逆光だが、背景の空と新緑が美しくこれはこれで絵になります。   今朝、柿崎~米山で撮った快速くびき...

  • 新潟撮影記2013-2

    さて、鯨波のお立ち台を後にし、次に向かったのは長鳥駅です。   この、いかにもローカル線といった雰囲気がたまらない!   上り485系北越は3000番台。   そして、駅東側の踏切へ。ここも有名な撮影スポットですね。   下り115系6両(3代目+2代目新潟色)わー、ちょんまげパンタ!   曇り空が次第に晴れてきた!  振り向くとレッドサンダーの上りコンテナ貨物。バッ...

  • 新潟撮影記2013-1

    前記事で触れたとおり、2013年4月下旬にデジタル一眼デビューしたばかりの私ですが、早くも翌5月の連休にニコンD600を“長距離運用に充当”しちゃいました!   雨の中、夜通し車を走らせ、早朝に柿崎~米山のお立ち台に到着し、まずは新潟方面の下り列車を撮りました。   すでに雨は止んだものの、暗すぎて露出がない! フィルムだったら、ISO400を詰めてもオワコンですが、さすがデジタル! ISO1000以上で...

  • コダクロームの晴れショット

    前記事でコダックのED200(エクタクロームダイナ)を確かに酷評しました。でも、本当は私・・基本的にフジよりもコダック派なのです。   ネガ・ポジ含め、私にとってコダックで“ハズレ”だったのは、後にも先にもED200のみ。もうフィルムを使うことはありませんが、私にとってコダックは信頼できるフィルムメーカーだったと今でも思います。    さて、ED200の件は置いといて、これまでコダクロームの画...

  • ED200はクソポジ

     かつて、鈴鹿サーキットで行われる8時間耐久ロードレース(8耐)とF1日本GPという2大モーターイベントのシーズンになると、JRでは観客輸送の団臨(8耐臨、F1臨)が複数設定されました。    一般的な14系客車以外にジョイフルトレインを仕立ててやって来ることも多く、これらの列車は観客を降ろして紀勢本線経由で回送されてくるため、多気駅近くの櫛田川鉄橋のお立ち台には撮り鉄が集結したものでした。   ...

  • 飯山線にてDD16白樺を追い回す

    1993年6月下旬。飯山線を長野お座敷列車白樺が走るというので、撮り鉄仲間と出かけましたが・・   私だけ所用で名古屋に居りまして、“急行ちくま”に乗って長野へ着いたところで、拾ってもらいました。   ちなみに、この日のお天気は雨の予報でした・・   飯山線では比較的有名な替佐のカーブで1発目を撮ろうということになり、現地に到着すると、他にも撮り鉄さんがちらほらいました。  ...

  • アイリッシュコーヒー

     前記事の百山踏切で撮り鉄した後、朝昼兼用で阪急水瀬駅近くにあった喫茶店に入りました。すると、アイリッシュコーヒーなるメニューが飛び込んできたのです。     じつは当時、私はTRADという缶コーヒーにはまり愛飲していましたが、大阪駅ホームの自販機にだけTRADのアイリッシュコーヒーバージョンが売ってあり、ずっと気になってました。    缶コーヒーなのにノンアルコール?ていうかコーヒー入り...

  • 客レのフルコース

    1993年6月中旬。撮り鉄仲間4~5人で、土曜日の晩から車で出発!   深夜、到着したのは福知山駅。当時はまだ地上駅で、南側に福知山運転所が併設されていました。   駅北側のロータリーにて休憩中、爆音を響かせながら珍走団がやって来たのを今でも鮮明に覚えています。  すぐ後ろにパトカーが付いて、お巡りさんが『コラー!止まれーバカー!』と怒鳴っていたけど、手出しできないのを見越してか珍...

  • フィルムからデジタルへ

    前にお話しましたが、私がフィルム一眼からデジタル一眼に移行したのは2013年の春。周りの撮り鉄たちも2007年頃からデジタル一眼への移行が顕著になる中、私は最後まで抵抗?を続けておりました。   その理由は、20数年使用し続けたニコンF4Sというカメラが好きだったから。   ニコンとの出会いは、私が高校1年のとき、ニコンFAを買ってもらったのが最初です。私が本格的に撮り鉄するようになったきっかけと...

  • 大糸線DD16&DE10プッシュプルきのくに他

    1993年6月初旬。当時、行動を共にしていた撮り鉄仲間4~5人で、土日を使って飯田線~大糸線へ撮影ツアーに行った時の記録2日目(最終日)   いよいよ今回ツアーの目玉である、大糸線へ入線する和歌山のお座敷列車“いきいきサロンきのくに”を撮るべく、前日の疲れをものともせず宿を早朝に出発。南小谷のお立ち台へ向かいます。   関西在住の私にとっては特段珍しくもないこの列車を、何ではるばる長野まで撮...

  • ED624貨物&EF64プッシュプル白樺

    1993年6月初旬。当時、行動を共にしていた撮り鉄仲間4~5人で、土日を使って飯田線~大糸線へ撮影ツアーに行った時の記録1日目のつづき。   ニセ更新機ED6217の貨物を追い回したあとは、もう1本上ってくるED62の貨物があるので、迎え撃ちに行きます。   おっと、その前に169系の普電が来たので一発。   場所を移動し待ち構えていると、原色若番の4号機がタキ25000をぶら下げてやってきた。 ところ...

カテゴリー一覧
商用