searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

だらだらさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
一生ダラダラ生きるブログ
ブログURL
https://daradaraikiru.hatenablog.com/
ブログ紹介文
20社以上転職した社会不適者がダラダラ生きていく中で考え方を綴っていくブログ 2000万円位貯まったらセミリタイアをする事が目標 主に働き方や節約、投資等について自分の考えを綴ってます
更新頻度(1年)

305回 / 314日(平均6.8回/週)

ブログ村参加:2020/03/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、だらだらさんの読者になりませんか?

ハンドル名
だらだらさん
ブログタイトル
一生ダラダラ生きるブログ
更新頻度
305回 / 314日(平均6.8回/週)
読者になる
一生ダラダラ生きるブログ

だらだらさんの新着記事

1件〜30件

  • 何もしないって楽しくないか?

    どうも、だらだらです。 僕は職場でyou tubeを見たり、ネット記事を読んでいるなんて言う話をブログでしています。 しかし、待機時間全体で見るとそれらをやっている時間は些細な割合に過ぎず、多くて1割か2割位だと思います。 では残りの8割以上の時間で何をしているかと言うと何もしていません。 椅子に座ってボーっとしたり、部屋をうろうろしている事が多いです。 この話を周りの人にすると退屈でかわいそうみたいな事を言われるのですが、僕にとって何もしない事は一番楽しい事だったりします。 今回は何もしない事が楽しいと言う事をテーマに色々考えたいと思います。

  • 給付金再給付はあんまり意味がない

    どうも、だらだらです。 最近麻生副総理が定額給付金の再給付をしないと言う発言をして国民から大きな批判を受けているようです。 まぁ、麻生さんは言い方が上手くない人なので、炎上するのは仕方がないと思っています。 しかし、政府が定額給付金を再給付しないと言う政府の方針に関しては僕は賛成の立場にあります。 なぜなら定額給付金は日本全体から見るとあまり意味がない物だからです。 今回は定額給付金の再給付があまり意味ない理由についてお話します。

  • 昨日は低体温症で死ぬかと思った🥶🥶🥶

    どうも、だらだらです。 昨日は人生で初めて死ぬかと思いました。 なぜなら低体温症になった為、震えが止まらなくなり、思考が定まらなくなる事があったからです。 救急車を呼ぼうか迷った為、救急相談窓口に連絡した所、自宅での対処が可能と言う事で自宅で療養して何とか完治しました。 でも窓口の話曰く、問題ないと言う話でしたが、症状が治まるまでは不安でした。 今回は僕が低体温症になった経緯ややった事についてお話します。

  • 真面目な性格は自他共に有害である

    どうも、だらだらです。 最近久しぶりに赤木しげるの葬式編を再読しました。 僕はこの話が大好きで折に触れて読み返す事が多いです。 その中で一番好きなのは真面目は悪癖であると言う言葉です。 僕は赤木しげると同じ意見で真面目は最悪な性格であり、自他共に有害であると言う風に思っています。 今回はその事について自分の考えを語ってみたいと思います。

  • 僕が二次障害ならない理由②

    どうも、だらだらです。 前回の記事では僕が二次障害にならない理由はきちんと睡眠を取っているからと言う話をしました。 これと同じ位大きな理由があります。 それは「自分が嫌な事に対して全力で逃げまくる事」です。 このブログで何度も書いていますが、人間は大きなストレスを感じた時には逃げるべきだと僕は思っています。 今回は僕が二次障害にならない事と自分が嫌な事に対して逃げる事に関して話していきます。 関連記事 daradaraikiru.hatenablog.com

  • 僕が二次障害ならない理由①(きちんと寝てるから)

    どうも、だらだらです。 僕はアスペルガー症候群とADHD・・・いわゆる発達障害を持っている障がい者です。 障がい者手帳を持っていないので、正確に言うと障がい者ではないのですが、病院で診断を受けた以上障がい者を名乗ってよいでしょう。 以前当事者会に参加して色々な当事者とお会いしたのですが、多くの人は人生を苦しんで生きています。 実際、発達障がい者の二次障害率は非常に高くて、僕の体感ですが大体6~7割は何かしらの精神病だったり、うつ病傾向があるような気がします。 ただ、僕は幸いな事に精神病になる事はなかったですし、職を転々としている時でも結構楽しく生活できていました。 僕がメンタルを病まなかった大…

  • 全然セミリタイアに関する記事を書いてないな

    どうも、だらだらです。 このブログも前回の記事で300記事を達成しました。 趣味でダラダラ書いていただけなので、300記事も書いている事に驚いています。 そう言う事もあって昨日は過去の記事を読み返してみたのですが、セミリタイアブログにも関わらずほとんどセミリタイアについて書いていない事に気付きました。 数えていないですが、体感的に言うと1割あるかないか位の割合です。 理由はセミリタイアに対して興味がなくなっているからだと思っています。 今回はその事についてダラダラと考えていきたいと思います。

  • やっぱり単純で簡単な作品の方が人気が出るのかな?

    どうも、だらだらです。 2021年はアニメ三昧の生活をする事に決めたので、正月休み明けからnetflixでアニメを見ています。 昨日、アニメ鬼滅の刃を全て見終わった所です。 原作を見ていなかったのですが、テンポが良くて見やすかったですし、復讐劇にも関わらず炭治郎の真面目さから明るい雰囲気に仕上がっている良い作品だったと思います。 ただ、人気が出るのは王道と言うか、分かりやすい構造の作品になってしまうのかなと考えてしまいました。 今回はこの事について僕が考察した事をお話します。

  • クビや倒産で辛くなるのは頭が悪いからです

    どうも、だらだらです。 最近親戚の人が業績不振により解雇されたと言う連絡を受けました。 その人は旅行関係の大手企業に勤めていたのですが、業績不振により解雇されたそうです。 その話を本人から聞いた時、たかが解雇程度でショックを受けるなんて頭が悪いなと思いました。 経験が浅い20代前半ならショックが受けるのも分かりますが、その人はもう40代後半で解雇程度でショックを受けるのは馬鹿だとしか言いようがありません。 同じように昨今コロナ禍の影響で解雇された人を見ると多少の同情はしますが、基本的に頭が悪いとしか思えないです。 今回は解雇や倒産如きでショックを受けるのが馬鹿である理由をお話します。

  • 年老いた貧乏が辛い理由

    どうも、だらだらです。 僕は社会人になってから基本的に月8万円、予備費を入れて年100万円以内で生活をしています。 僕はこの生活を一生続けていくつもりなのですが、周りの人に話すと若い内は貧乏もいいけど、年を取った貧乏は辛いよと言う話をよく聞きます。 僕はそれに当てはまらないと思っていますが、多くの人にとって年老いた貧乏は辛いと思います。 今回はなぜ多くの人にとって年老いた貧乏が辛いのかと僕がそれに当てはまらない理由についてお話します。 関連記事 daradaraikiru.hatenablog.com

  • ニートをいきなり社会復帰させるのは無理だと思う

    どうも、だらだらです。 僕は職を転々としているのですが、転職と転職の間で結構ニートになっています。 最長9か月間位なので、長期間のニートになった事はありませんが、ニートの事については比較的理解できると思っています。 ニートの社会復帰に関する記事を見るとニートにすぐ働かせようとしているのですが、それはせっかくの社会復帰の機会を奪う愚かな選択肢だと思っています。 今回はニート経験がある僕がニートにいきなり働かせる事の愚についてお話したいと思います。

  • 日本は経営者の地位が低すぎないか?

    どうも、だらだらです。 以前から思っている事なのですが、日本人ってスポーツ選手とか芸能人みたいな役に立たない人を褒めたたえる傾向が強いなと思っています。 その分叩かれたりするのですが、それでも人から尊敬される事が多いです。 一方、経営者って叩かれる事はあっても尊敬されるって事はほとんどないと思います。 実際に大塚家具の大塚久美子社長は叩かれに叩かれましたが、最高益を出した企業の経営者を褒める人を見た事がありません。 本来スポーツ選手や芸能人よりも経営者の方が尊敬されてしかるべきと言うのが僕の意見なので、経営者の地位が低い事はおかしいと思っています。 今回はその事について色々考察していきます。

  • また社会的な弱者が苦しむのか・・・

    どうも、だらだらです。 昨日の夕方緊急事態宣言が発令されました。 宣言は今日から始まり一か月後の2月7日まで行うようです。 僕の職場もそれの対応で追われていて大変みたいです。 ただ、以前の記事でも話した通り、僕は今さらコロナ対策をしても意味がないと思っている人間なので、緊急事態宣言をしても意味がないと思っています。 今回は緊急事態宣言が発令した事について僕なりに考えてみます。 以前の記事 daradaraikiru.hatenablog.com

  • アリの様に備え、キリギリスの様に生きる

    どうも、だらだらです。 最近アリとキリギリスを童話を久しぶりに読み返しました。 この童話の話題になるとアリの生き方とキリギリスの生き方のどちらが良いかと言う議論になるのですが、僕はどちらも極端すぎるなと思っています。 この議論に関する僕の答えは「アリの様に備えてキリギリスの様に生きればいい」と言う事です。 なぜならアリの生き方もキリギリスの生き方も両方人生に必要なものだからです。 今回は「アリの様に備え、キリギリスの様に生きる」事についてお話したいと思います。

  • 一般人がコロナについて調べる事は有害でしかない

    どうも、だらだらです。 一昨日、you tubeで大晦日にコロナ感染者が1300人を超えた事を知りました。 まぁ、gotoキャンペーンをやっていれば、感染者が増える事は当然の事です。 僕は基本的にコロナに関する情報を集めていません。 ネット記事を見る時に目に入る事はありますが、今回みたいに正月休みでずっとゲームをやっていると全く知らない事も多いです。 僕がコロナの情報を集めてない理由は一般人がコロナについて調べても無意味ですし、むしろ有害でしかないと思うからです。 今回はその理由について僕の主張をお話します。

  • 社会の幸せと個人の幸せは切り離した方が良い

    どうも、だらだらです。 最近、幸福って社会の幸福と個人の幸福の2つある事に気付きました。 そしてこれらの幸せはそれぞれが全く別物なので、それぞれを切り離して考えなくてはいけないみたいです。 日本だと同調圧力が強いためか、社会的な幸せを優先して個人の幸せをないがしろにしてしまう事が多い気がします。 今回は社会の幸せと個人の幸せを切り離した方が良いと言う事について考察していきます。

  • 楽な仕事に就くと長期連休明けも怖くないな

    どうも、だらだらです。 今日から正月明けと言う事で2021年の仕事始めです。 前職では交代制の仕事で長期連休がなかったので、長期連休を取るのは5~6年ぶり位です。 正直に言うと僕は今まで長期連休があまり好きではありませんでした。 なぜなら長期で休むと仕事に戻りたくなさ過ぎて憂鬱になってしまうからです。 でも今年はそんな事がなく、今日仕事始めの日を迎えても穏やかな気持ちで朝を迎える事が出来ました。 今日はその事をテーマにダラダラと考えていきたいと思います。

  • 日本はコロナ対策をしないで経済を回せ

    どうも、だらだらです。 現在コロナ禍の記事やネットの意見を見ると経済を犠牲にしてもコロナ対策を優先すべきと言う意見が大きい気がします。 実際、goto事業は批判されていますし、東京オリンピックの中止や緊急事態宣言を求める国民の声は強いです。 しかし、現在の状態ならコロナ対策よりも経済を優先すべきだと思っています。 それは今からコロナ対策をした所でほとんど意味がないですし、経済を自粛させる事の問題点が見えてきたからです。 今回はコロナ対策より経済を優先すべき理由をお話します。

  • お金持ちよりも時間持ちになりたい

    どうも、だらだらです。 僕が今のダラダラ生活にシフトした大きな理由の1つにお金持ちよりも時間持ちになりたいと言う物があります。 それまでは特に理由もなくお金持ちになりたかったのですが、僕の場合お金をたくさんもってもあまり意味がない事が分かったからです。 それなら自分の時間を増やして楽しい事をやったり、ストレスのない時間を過ごした方が良いので、お金持ちよりも時間持ちの生き方にシフトチェンジした訳です。 今回は僕がお金持ちよりも時間持ちになりたい理由をお話します。

  • 嫌な事を排除していくと楽しく生きれると思う

    どうも、だらだらです。 このブログで何回かお話していると思いますが、僕は基本的に嫌な事からは全力で逃げる様にしています。 一方多くの人は多少の嫌な事でも我慢してしまうらしいのですが、僕の場合ちょっとでも嫌な事があると逃げてしまいます。 要するに嫌な選択肢を徹底的に排除していっている訳です。 僕は楽しい生き方は消去法の中にあると思っています。 今回は楽しい生き方を消去法で探すと言う考えについて語りたいと思います。

  • 2021年にやりたい事

    どうも、だらだらです。 前回の記事では2020年に自分に起こった変化を振り返ってみました。 今回の記事ではそれを元に2021年度にやってみたい事を考えてみたいと思います。 正直な話、今の生活は完ぺきではないですが十分満足できる生活なので、現状維持でもいいのですが、課題が全く無い訳ではないので、それを解消すべくやりたい事を考えてみます。 前回記事 daradaraikiru.hatenablog.com

  • 2020年度振り返り

    どうも、だらだらです。 明けましておめでとうございます。 今年も終わったと言う事で、2020年度の振り返りをしようと思います。 僕は元々過去を振り返る質ではないのですが、ようやくダラダラした生活を送れるようになり、余裕が出来たので今後は毎年振り返る習慣をつけたいなと言う所です。 この振り返りは完全に個人的な事で社会の事について語る事はないです。 では、2020年度を通して僕が考えた事を書いていきます。

  • ダラダラ過ごしたら時間がゆっくりになった

    どうも、だらだらです。 今日は大晦日です。 多くの大人はもう今年も終わりかー、年を取るごとに時が経つのが早くなるなーなんて考えているのではないでしょうか? 僕も去年までは多くの人と同じような事を年末の度に考えていました。 しかし、今のダラダラ生きる生活に変えてからそんな事を思わなくなりました。 なぜなら日々の時間がゆっくりと流れるようになったからです。 まぁ、実際に時間の流れが遅くなる事はないのですが、体感として毎日がゆっくりと穏やかに進んでいる様に感じます。 今回は今の生活に変えて時間がゆっくり流れるようになった事について考察していきます。

  • 僕を含め障がい者は就労しない方がいいんじゃないか

    どうも、だらだらです。 少し前に官公庁の障がい者枠雇用者の水増し問題が話題になりました。 今の時代は障がい者を雇わないと罰金が科せられる時代なので、どの企業も障がい者を雇用しようと必死なようです。 しかし、僕からすると障がい者の様な社会的弱者に雇用を保証するよりも生活保護などで生活費を保証してしまった方が良いと思っています。 働く事を強制しても健常者側と社会的弱者側の双方の利益にならないからです。 今回はその事について僕の考えをお話したいと思います。 関連記事 daradaraikiru.hatenablog.com

  • コロナで生活が困窮するのは頭が悪いからです。

    どうも、だらだらです。 日本で最初の感染が確認されたのが2020年の1月16日になので、日本でコロナ禍が始まってから約1年になります。 その間、多くの人が仕事をなくして生活的に困窮しているらしいです。 ある記事を見ると今年の4月~9月の生活相談が例年の3倍に増えているそうです。 こう見ると弱者の人がかわいそうに見えるのですが、僕からすると生活の困窮は仕事がないからではなく、その人の頭が悪いからだと思っています。 今回はその事についてお話したいと思います。 関連記事 www.yomiuri.co.jp

  • 僕は投資資産をない物として生活してます

    どうも、だらだらです。 以前の記事でもお話したように貯金があればあるほどいつでも仕事を辞めれるので、精神的に安定すると思っています。 ただ、仕事を辞めて実際投資資産を切り崩して生活した事はほとんどありません。 9か月間ニートをやっていた時に数回崩しましたが、それ以外で投資資産を崩した事はないです。 僕は生活防衛資金として50万円を現金で持っているのですが、それがなくなる前に働き始めます。 なぜかと言うと投資資金を持っていない前提で生きる様にしているからです。 今回はその事についてダラダラとお話していきます。 以前の記事 daradaraikiru.hatenablog.com

  • 日本って世界一の先進国なのかもしれない

    スウェーデンの国王がテレビでコロナ対策の失敗を認めました。 スウェーデンは独自路線のコロナ対策で有名で、ロックダウンの様な強制力ではなく、望ましい行動を勧告すると言う方法を取っています。 しかし、人口1000万の国で8000人以上の死者が出ている事を考えるとコロナ対策が失敗なのは確実でしょう。 この記事を読んで日本のすごさを痛感しました。 なぜなら日本はロックダウンをしていないにも関わらず、世界に比べて死者数が圧倒的に少ないからです。 今回は日本のすごさについて僕の考えた事をお話します。

  • 逃げる為には常に最悪を考える習慣が大事

    どうも、だらだらです。 前回の記事でいつでも逃げる様にする為には事前準備が重要である事をお話ししました。 逃げる為の準備をある程度する事ができれば、理論上逃げたい時にいつでも逃げれる様になります。 しかし現実的には、心構えと言いますか、普段の考え方をきちんとしないとなかなか逃げたい時に逃げる事は難しいです。 その中で一番重要な事の1つとして常に最悪な状況を考える事が大事だと思っています。 今回はその事について僕の持論をお話します。 前回記事 daradaraikiru.hatenablog.com

  • 逃げる為の準備に必要な事

    どうも、だらだらです。 昨日で今年度の仕事が終わって今日から年末年始のお休みです。 今年は転職をしたり、人間関係を断捨離したので、生活スタイルが大きく変化した一年でした。 ここ4年位は仕事が上手くいっていたので転職をしていなかったのですが、今年転職してみていつでも逃げる事ができる準備をしておく事の重要性を痛感しました。 多くの人は逃げる事は簡単だと思っているみたいですが、逃げるって事前に準備をしていないとできる事ではないんですよ。 逃げるって計画性と地道な努力が必要なんです。 今回は逃げる為の事前準備として必要な事をお話したいと思います。

  • 優秀な人の足を馬鹿な凡人が引っ張るな

    どうも、だらだらです。 前回の記事で優秀な人の足を無能な人が引っ張るのは良くないと言う話をしました。 その理由は社会の進歩は一握りの天才の努力によって行われるからです。 確かに、生活するのに必要な商品やサービスを社会に提供する為には労働力が必要なので、天才以外の人も必要にはなってきます。 しかし、凡人にできる事は天才が考えたレールに乗る事であり、出来たとしてそのレールを改善する位が関の山でしょう。 今回は優秀な人の足を引っ張ってはいけない理由をお話します。

カテゴリー一覧
商用