searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

しどびさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
名前決まらない
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/phish1995
ブログ紹介文
病気がちで少ししか働けないけど、懸命に生きていている人のブログです。
更新頻度(1年)

57回 / 222日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2020/03/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、しどびさんの読者になりませんか?

ハンドル名
しどびさん
ブログタイトル
名前決まらない
更新頻度
57回 / 222日(平均1.8回/週)
読者になる
名前決まらない

しどびさんの新着記事

1件〜30件

  • 音楽日記 感想とは

    今日は午前中からフランソワの演奏するショパン・マズルカ集を聴いていました。ショパンの中でもマズルカは好きな作品で、聴くと気分よく過ごせます。かといってちょくちょく聴くわけではないのですが。このマズルカに限らないのですが、僕は音楽を聴いてその感想を書くとき、いつも「気持ちよくなった」とか「気分が落ち着いた」というような言葉を使いがちです。方々のブログなどを見ると、ボキャブラリーが豊富な人がたくさんいて、皆さん自らの言葉で語っておられます。僕は、ボキャブラリーが少く、増やそうともしないために、感動や衝撃を言葉にすることが上手くなりません。当然のことですが。そもそも感動の類を言葉にすることに不毛さを感じているのです。あの衝撃を言葉にしたところで何割伝わるだろうと諦めがあります。そんなことを言ったところで、何も表現しな...音楽日記感想とは

  • 扇風機、恐れ入りました。

    朝起きると、体調に少々変化をみました。風邪気味であります。昨日寝るときに、扇風機をおやすみモードにし忘れたのが原因だと思います。いやあ、最近の扇風機のおやすみモードは侮れませんな。しっかりおやすみモードにしていた日は、快適に眠れ、風邪気味にもならなかったのに、通常モードで夜中つけっぱなしにしたら、このザマであります。ちゃんとおやすみ時間に適した回り方をする扇風機。単純な機械でもしっかり考えられているのです。現在でも残っている単純な機構の機械に興味があります。さきの扇風機もそうですが、オーディオでも、ただ増幅するだけのアンプ、音がするだけのスピーカー、CDを読むだけのCDプレーヤー。一見、全部揃ったミニコンポのほうが効率的なような気がしますが、入門クラスの廉価機でも別々の機械で持ちたいものです。いい音がします。他...扇風機、恐れ入りました。

  • 音楽日記 7月23日

    音楽ライブラリを見ていたら、globeの『FACESPLACES』が目についたので聴いています。90年代中盤から終盤を席巻した小室系音楽ですね。僕は当時この手の音楽を聴いていませんでした。テレビの音楽番組で見て内心いいなとは思っていたのですが、流行っていたので敬遠していました。流行に乗るのがカッコ悪いと思っていたのです。完全に中二病です。結局、CDを買って聴き出したのは何年もあとの大人になってからでした。中二病的傾向は未だに残っていて、流行に乗れません。もうそういう人間なんだなと諦めて、我が道を進んでいきます。気をつけようと思っているのは、流行のアンチテーゼは、やはり流行に依存しているのを忘れないようにすることです。音楽日記7月23日

  • 熱いライブ盤。ソニー・ロリンズ『ヴィレッジヴァンガードの夜』

    自粛の休日。音楽を聴きます。今日これまでの印象的な1枚は、ソニー・ロリンズ『ヴィレッジヴァンガードの夜』です。ライブ盤です。ピアノレストリオです。サックスとベース、ドラムスだけの編成です。そういうミニマムな編成なのに、胸に迫る熱い演奏が繰り広げられます。驚きですね。ピアノを含むカルテットやクインテットの編成でも、ここまで熱いものは浅学ながらちょっと思いつかないですね。僕は音楽に熱さを求めます。録音された音楽で熱さを求めると、丁々発止で一触即発のライブを収録したライブ盤が手っ取り早い。効率的に熱さを求めると、所有するアルバムの多くがライブ盤になります。それはジャズだけでなく、ロックやソウル・ファンク、クラッシックに至るまで。そうやって熱さを求める割には、性格が根暗なので、実際のライブに足を運ぶことは少なく、家のス...熱いライブ盤。ソニー・ロリンズ『ヴィレッジヴァンガードの夜』

  • 平均律を聴いて。あとtwitterについて。

    リヒテルの演奏するバッハの『平均律クラヴィーア曲集第2巻』を聴きました。僕は、音楽をかけるとそのアルバムについてtwitter検索するが習慣で、この平均律のアルバムも検索してみました。歴史にその名を轟かす名盤のひとつなので、大概好意的なツイートでした。その中で、見覚えのあるtwitterネームを見かけました。自分のtwitterアカウントです。およそ2年前にもこのアルバムを聴いていて、そのときのツイートが出てきました。こういうケースはちょくちょくあって、見つけると毎回偉そうなことをツイートをしていて恥ずかしくなります。平均律を聴いて。あとtwitterについて。

  • BOOWYのライブ盤を聴いた

    BOOWYの『"GIGS"CASEOFBOOWY』というライブ盤を聴きました。BOOWY。リアルタイム世代ではない僕は、後追いなのですが、一時期ハマってよく聴きました。アルバムでいうと、『JUSTAHERO』や『BOOWY』が好きでした。スターダムにのし上がっていってピークを迎える最中の勢いがよかったです。GLAYでいうと『BEATout!』から『PureSoul』の間のような。今日、聴いたライブ盤は1987年に行われた集大成的なライブ収録したもので、いろんな時期の曲が入っています。このライブ盤を聴くと、初期の曲も、最期のアルバムの曲も等しく魅力的です。今がベストな状態であるように、過去の曲もうまく消化していったのでしょう。BOOWYのライブ盤を聴いた

  • ブラームスのピアノ協奏曲第2番

    ブラームスのピアノ協奏曲第2番を聴いている最中です。音楽の途中でブログを書くのは望ましくないと思っていますが、衝動がなくならないうちに書きます。今、書きたいことはひとつだけ。ブラームス・ピアノ協奏曲第2番のオーケストラの出だしの部分で、背中がゾクゾクする。これだけです。このゾクゾク感は度々経験しますが、震えます。僕はまだ浅学で、この出だしの部分に心を奪われてしまい、通して聴いても、茫然自失状態で、きっとあるであろうこの曲の他の部分で目が行っていません。聴き込んで楽しむ余地がたくさん残されています。ブラームスのピアノ協奏曲第2番

  • 音楽日記「今日はいい日だった」

    午前中に用事を済ませて、午後はオフです。いつものように音楽をかけました。今日の現時点での当たりアルバムは、オールマン・ブラザーズ・バンドの名ライブ盤、『フィルモア・イースト・ライブ』と、AC/DCのこれも名盤ライブ『ギター殺人事件』です。オールマン・ブラザース・バンド。今日はこのアルバムを聴けただけでいい日だったと言えるでしょう。こういうアルバムがある日は結構あって、幸せだなと思います。昨日聴いてよかったアルバムを今日聴いていいと思えるかといえば、そうではないので、"いい日"を作る確実な方法はありません。でも、打率を上げることはできそうです。毎日の体調と精神の状態に敏感になって、その日の気分にあったアルバムを選べば。選ぶ…最早直感に頼っていますけど。まあ、いつも"いい日"でも困ってしまいます。特別感がなくなりま...音楽日記「今日はいい日だった」

  • 昼休みマイルス

    昼休みにイヤホンでマイルス・デイビスの『Four&More』を聴きました。気分はアゲアゲになって、いい気持ちで午後の仕事ができました。持っているマイルスのアルバムの中で、最も好きなアルバムです。次点で『SomeDayMyPrinceWillCome』ですね。パーソネルは全然違う2枚ですが、なんか好きなんです。プレーヤーとしては、『SomeDay…』に参加しているハンク・モブレーやウィントン・ケリーに興味があるのですが、アルバムとしては、『Four&More』です。昼休みマイルス

  • 7月14日 音楽日記

    暇さえあれば音楽を聴いている僕でも、音楽から離れたい日もあります。今日はそんな日でした。仕事ではないのだから、離れたいときは遠慮なく離れます。以前は、これができずに、休みの日に変に疲れてしまって、しばらく調子が出ないことが多くありました。自分の愉しみは音楽しかないと、固執してしまって自縄自縛に陥いっていました。今日は、早々に音楽を聴くのを諦めて、ネットを見たり、ボーっとしたりしていました。7月14日音楽日記

  • ラジオからバッハ

    今朝、ラジオでバッハの『無伴奏バイオリンのためのソナタ第2番』や『無伴奏バイオリンのためのパルティータ第2番』の中の「シャコンヌ」がかかっていました。シェリングの演奏です。感慨の深い演奏で、聴き終わったあと、その余韻でしばらく何もする気になれませんでした。こういうことは突然やってきます。いままでもこういう経験はラジオからの音楽で多かったように思います。聴き慣れたCDでは展開が読めるためでしょうか。こうして音楽に圧倒されるのは、少し苦しいのですが、そんな心を持ち合わせていたことが嬉しくもありました。ラジオからバッハ

  • ラジオとニール・ヤングのライブ盤を聴いて。

    朝起きて、土曜恒例のピーター・バラカン氏のラジオ番組「ウィーク・エンド・サンシャイン」を聴き、そのあとはニール・ヤングのライブ盤『LiveRust』を聴きました。ちなみに、ラジオ番組に影響されてのニール・ヤングではありません。あの世代の曲をよく扱う番組ですが、今日はちがいます。まず、バラカン氏のラジオ番組は、僕の好きな時代の曲、好きなタイプの曲をよく扱っているので、気に入って聴いています。ラジオに寄せられるメールの紹介があると、みなさん相当熟練の音楽ファンであることが一聴してわかるメールばかりで、敬服します。30代の自分などまだひよっこだと痛感します。まだまだ精進の日々です。さて、ニール・ヤングですが、僕は彼のエレキトリック・ギターが好きですね。紛うことなく轟音ギターです。稲妻が轟くようなギター。読んで字のごと...ラジオとニール・ヤングのライブ盤を聴いて。

  • 梅雨空

    今日は雨です。曇ったり雨が降ったり梅雨らしい日が続いています。空梅雨じゃなさそうなので安心しています。雨の降りかたも、じとじとと降る感じで、この季節らしいです。ゲリラ豪雨のような降り方を見ると不安になりますから。梅雨空

  • 唐突に想い出話

    中高生時代の想い出です。ゴテゴテしたミニコンポが流行りました。僕もお年玉を貯めてソニーのMDコンポを買って使っていました。CDが5枚、MDも5枚入れられて、スペクトラムアナライザの動きも魅力的でした。その頃は、CDもそんなに持っていなかったので、主にラジオを楽しんでいました。いつも夕方から夜にかけて、FMの音楽番組を聴きました。ラジオといえば、リクエストやネタなどのハガキの紹介が醍醐味のひとつですが、番組にメールでの投稿ができるようになった頃だったので、僕もたまにメールを送っていました。メールが紹介されてノベルティグッズが送られてきたこともありました。楽しかった想い出です。では今は、何が楽しいのか。わかりません。でも、10年20年後に振り返って楽しかったなと思うことがあるのでしょう。今は必死で集中していて忙しい...唐突に想い出話

  • 急にできるようになった

    計算が速くなった気がします。理由は不明です。急に速くなったように感じます。仕事で、ちょくちょく四則演算を使う場面があります。別に暗算でする必要もなく、電卓に頼る人も多くいます。僕も電卓に頼りがちでした。それが、急にかかっていたモヤが晴れたように、計算ができるようになってきました。愚直に計算するだけじゃなく、計算のアイディアも湧くようになりました。うれしいです。もともと暗算が嫌いで、学生時代の専攻であった会計も電卓ありきでしたし。それがふつうで、計算は電卓。普段の生活でも、電卓でした。食わず嫌いだったのかな。力はあったのに、使う気になっていなかっただけなのか。急にできるようになった

  • Googleレンズ

    見しらぬ花の名前がわかると聞いて、"Googleレンズ"というアプリを入れました。カメラで植物を撮ると、画像を分析して名前を教えてくれるようです。早速、家の庭に咲いている花で試してみました。うーん、いまいちかな。名前を一発で当ててくるのかなと思ったら、この花はこれに似ていますね、という具合にいくつか候補を挙げてきました。そういうものかなのかな。Googleレンズ

  • クエストを済ませた。音楽聴きます。

    午前中に今日のクエスト(?)である、内科への通院を済ませておきました。平日休みはこういう用事があるときに便利で気に入っています。もうひとつ平日休みがいいのは、隣室の弟が仕事でいないので、気兼ねなく大音量で音楽を聴けることです。隣家も離れているし、他の家族は少々耳が遠くなっている祖母たちなので、気兼ねするのは弟だけなのです。今日はまず、ボブ・ディランのLIVE1975を聴いています。オフィシャルブートレグシリーズのひとつですね。感想はですね、いつか家の近所をクルマで走っているときに流れていたのを思い出しました。僕は音楽と風景がリンクしているケースが多くて、外で聴いてそのときの風景が焼きついて、家で聴くと風景も再生されるような感じです。音楽そのものがレコードのようです。風景が焼きつくというところを吹き込むとかカッテ...クエストを済ませた。音楽聴きます。

  • ウグイス…なのか?

    窓を開けますと、ウグイスの鳴き声が聞こえてきました。もう6月に入ったというのに。立夏もとっくに過ぎて、季節は夏に向って進んでいます。時期はずれの感が否めません。…よく聞いてみると、ウグイスのそれとは少し違うような気もしてきました。そこまで鳥に精通しているわけではないので、これがウグイスだ!と言い切れません。似た鳴き声の鳥があるかもしれませんから。時期も考えると尚更です。それにしても、鳥の囀りが聞こえるのはいいものですね。窓を締め切りにして、エアコンで快適に過ごしていると気づかないことであります。近頃は田舎でもエアコンは必須ですから。ウグイス…なのか?

  • 時間を有効に使う

    時間を有効に使うとか、無駄なことに時間を使わないといった風潮に違和感を覚えます。仕事においては時間を有効にというのは、大いに当たっていると思います。けれども、それ以外の時間についても、なんでもかんでも有効にと言われると少し違う気がします。何もしない時間は無駄だから、何かをする。転じて、何かしなければならない、何かしていないと不安になってしまうとなってしまっては、少し病のようなものを感じます。発想を変えて、あえて無駄な時間を過ごすことにしましょう。無駄に過ごせる時間は贅沢なものです。贅沢は無駄なもの中にあると言いますから。時間を有効に使う

  • 味覚も成長

    ここ何年か、30代になったくらいから、味覚が大人になった気がします。つい最近も、豆の煮物がおいしく感じられて、大豆ってこんなに素敵な食べ物だったんだと感動しました。今、畑で採れている、サヤエンドウもおいしいし、昨冬は里芋の煮物に感動しました。茗荷にお吸い物も好きになったし、三葉の天ぷらのいいですね。田舎の庶民の味のよさがわかってきたようです。素晴しいことです。都会の人は、洋食屋でのハンバーグやオムレツなどのように都会で感じられる食のよさあるだろうと思うので、一概に田舎だけで優れているわけではないはずですが。それにしてもいいもの食べてるなあ。豊かだな。味覚も成長

  • PCオーディオへ移行

    最近、PCオーディオに移行しました。今まではCDで聴いていたのですが、コロナ禍の中、なんとなく生活を変えてみようと思い立ち、移行しました。CDのリッピングは大方済んでいたので、何のことはない、パソコンのほうの設定と、DACの接続をしただけでした。PCオーディオにして変わったのは、検索が劇的に楽になったことに尽きます。聴きたい音楽が次から次へと簡単に見つかります。CD時代の、CDの山に臨んでも何を聴きたいのかわからなくなることが多くて困っていたのが嘘のようです。今更のPCオーディオですけどね。今はサブスクがあって、音楽だって自分で選ばなくてもオススメを教えてくれる時代です。でも、どうしても最新のものには乗り切れない自分がいるのです。PCオーディオへ移行

  • ジミヘン聴きます。

    仕事から帰ってきました。今日は、長年聴いていなかった、ジミ・ヘンドリックスを聴いてみようと思います。ジミヘンが嫌いとか苦手とかではないのです。アルバムは数だけは結構持っていますから。ただ、音楽を聴く生活において、最後の砦として残しておいたアーティストなのです。それがどうして今、聴く気になったのかというと、端的にtwitterでジミヘンのアルバム、バンド・オブ・ジプシーズの名前を見たからです。このタイトルを見て、あれっ、たしか持っているなと思ったわけです。あと、最近のマイブームであった、クリームやBBAなどのギタートリオも理由のひとつです。最後の砦はあっけなく切り開かれました。バンド・オブ・ジプシーズ-ライブ・アット・ザ・フィルモア・イースト聴きます。twitterの力は偉大です。たぶんラジオでかかっても同じこと...ジミヘン聴きます。

  • テレビ

    テレビのリアルタイム視聴、しなくなりましたね。新型コロナな昨今、ニュースはそればかりで、不安を煽られますし。見る番組は、録画した『駅ピアノ・空港ピアノ』、『町中華で飲ろうぜ』くらいですね。でも、コロナ関連は全然見ないわけではなく、BSでやっているような調査報道みたいなものも録画して見ています。テレビはつまらなくなったと言う人もいますが、番組表をくまなく探すと、面白い番組はまだあると思っています。興味を持って録画した番組は大抵満足しています。あまり見ていませんが、テレビ面白い派です。テレビ

  • 音楽と風景

    音楽と風景がよくリンクします。家で音楽を聴いていると、その音楽にまるわる風景が思い出されます。たとえば、今、ミッシェル・ガン・エレファントのハイ・タイムを聴いています。このアルバムは、車で遠出して帰り道がわからなくなってしまったときに延々とかかっていたので、そのときの不安な風景が甦ります。怖い思いを思い出すので、最近まで聴くのを避けていたアルバムです。外で音楽を聴くと、そのときの風景が音楽とともに残ります。今でこそ、スマホやウォークマンで外で聴くスタイルが定着していますが、昔の人はどうだったのだろうと思うのです。家でステレオの前でレコードを聴いていた時代の人は。その時代からカセットのウォークマンはあったのでしょうか。クルマに音楽を持ちだせたのでしょうか。音楽と風景のリンクって、ここ30年くらいのことなのでしょう...音楽と風景

  • リフレッシュする、爆音で。

    休業要請や在宅勤務のご時世、食品関係のお仕事である僕は、忙しくしています。最近は、疲れのせいなのか、頭がからからに乾いたスポンジのように干からびている感覚があって、酸素や栄養が行っていないのではないかと心配になります。さて、そんな状態なのですが、今日は休みなので、ゆっくりしたいと思います。いつものことながら音楽を聴きます。ゆっくりとしっかり聴きます。味わうように。ストレス発散とリフレッシュです。聞くところによると、音楽を聴くことのストレス発散効果は薄く、読書のほうが効果的であるという人もあるようです。楽器を演奏するのは良いようですが、聴くだけでは仕方がないという話でした。けれども、僕は音楽を聴くことが好きなのです。好きなことをすることこそリフレッシュになりますから、話半分に聞いておきます。爆音で聴いちゃいます。...リフレッシュする、爆音で。

  • モノラル

    モノラル熱が再燃しました。ここ3日4日、1950年代以前のモノラル録音のジャズやクラシックを聴くのにハマっています。モノラルを愛好するというと、モノラル録音のレコードをモノラルの針(カートリッジ?)で聴いてなんぼと云われる世界だと聞きます。さらに突き詰めると、スピーカーも1本にして…と。僕は、そういうレコードも持っていないし、再生装置もないので、もっぱらCDです。CDで、monoとかモノーラル録音と表記されているのを聴いて、やっぱり違いがあるな、モノラルいいなと喜んでいるだけです。以前も、モノラルにハマったことがあって、結構多くのCDを集めました。なんか好きなんですよね。モノラルの音は。楽です。ステレオは疲れる。気楽な感じもする。戦中戦後のモノラルラジオから流れる、クラシックのコンサート中継の風情を味わうのです...モノラル

  • 余暇が研ぎ澄まされる

    世の中は自粛自粛で、暇つぶしの選択肢が限定されていますね。僕は、今までもメインの余暇を過ごし方であった、おうち時間を楽しんでいます。もともと家で遊ぶツールをたくさん持っていたのが功を奏しています。楽しんでいるうちに増えていったCDや、学生時代から聴く習慣のあったラジオ、そしてインターネットに親しんでいたのも今回、偶然のことながら助かっています。新しい過ごし方にも挑戦しています。ここ10年くらいはあまりしていなかった読書、積読を消化しはじめました。スケッチブックを見つけたので、絵も描いてみました。絵は、見るのはともかく、自分で描くとなると魂が入ってしまいそうで、怖くて敬遠していたのですが、実際に描いてみると、あながち悪くないですね。おうち時間以外にすることがなくなってしまって、絵を描くにしても、こうしてブログを書...余暇が研ぎ澄まされる

  • トリオを聴く

    帰宅しました。ご飯を食べて、今日はGrandFunkRailroadのGrandFunkLiveAlbumを聴いています。休日だった昨日の午後からBlankeyJetCity、Go!Go!7188、Beck,Bogert&Appiceと、三人編成バンドのライブ盤を続けて聴いています。GrandFunkRailroadもしかりです。三人編成のバンドって、個々のメンバーが強者揃いですよね。挙げたもの以外でも、CreamでもTheJAMでも、ジャズのほうではBillEvansTrioも。トリオを聴く

  • スロースターター

    今日も休みだったのだが、(たまたまの三連休)明日からは仕事です。朝から気分のノリがよくなく、早起きだったのに二度寝をたくさんして、活動開始は普段より遅くなってしまいました。ノリが悪いので、聴く音楽も思いつかず、少し書き物をして午前中は過ぎていきました。午後になると、BlankeyJetCityのLIVE!!!のアルバムにハマって、何回か繰り返して聴きました。そのあと、GO!GO!7188の武道館ライブのライブ盤を聴いています。割りといい休日になってきました。さて、夕方から夜にかけてはどうでしょう。新型コロナの影響で、おうち時間が増えて、何をすればいいのかわからない人も多いようです。僕は、職場も休みにならず、在宅勤務などとも無縁で、おうち時間ももともとインドア趣味なので、生活はあまり変わりません。でも、少し周りの...スロースターター

  • 大ボリュームの一日

    今日は、朝からYouTubuLiveでPHISHのライブ動画の配信があったので、午前中はそれを観るのに費しました。長いライブで、4時間半を超えていました。PHISHのライブはこの圧倒的ボリュームがいいんですよね。午後からは、シュナーベルのベートーベン・ピアノソナタ全集を聴いています。これもまた全集だけにボリュームがあります。CDで8枚組ですから。昔のSP録音のようですから、SPレコードにすると何枚になったのでしょうか。この手のものはどうやって聴くのがいいのでしょうね。時間があるときに一気に聴くのも一興だし、それだと疲れてしまうから、一日の終わりなどにちょこちょこ聴くのもよさそうです。PHISHのライブもそうですが、今日は重い。新型コロナの自粛で家にいるので、この重さも楽しさと心地良い疲労感をもたらしますね。大ボリュームの一日

カテゴリー一覧
商用