searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE
ブログタイトル
しらとりあきたかのブログ
ブログURL
https://muragon.com/dashboard/confirmEntryUpdate
ブログ紹介文
ホテルマンであり、もう一つの顔は無名の小説家。 今までに体験をした感動のお話を聞いて頂ければ嬉しいです。 映画やテレビのドラマ以上の感動を皆様と一緒に.....
更新頻度(1年)

18回 / 34日(平均3.7回/週)

ブログ村参加:2020/03/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、無名の小説家 しらとりあきたかさんの読者になりませんか?

ハンドル名
無名の小説家 しらとりあきたかさん
ブログタイトル
しらとりあきたかのブログ
更新頻度
18回 / 34日(平均3.7回/週)
読者になる
しらとりあきたかのブログ

無名の小説家 しらとりあきたかさんの新着記事

1件〜30件

  • 備品が無くなっている!!

    先日、清掃の係から11時頃に連絡がありました。 〇号室の部屋から、トイレットペーパー(予備含む)、ティッシュペーパー、 ボディシャンプー、シャンプー、コンディショナー(ボトル入り)⇒リキッドが 全て無くなっている⇒何かの容器に詰め替えた? 小分けされているシャンプーや歯ブラ...

  • 両親へのプレゼント  No16

      夏も終わろうとしていた9月下旬に、梨奈から手紙が送られてきた。   手紙の内容は、満室にもかかわらず泊めてもらったというお礼、そして、残念ながら父の洋が、9月20日に亡くなってしまったこと....   梨奈の父が8月1日に再入院した時、医者から悪性の癌のため、あと長くて...

  • 両親へのプレゼント  No15

       翌日の10時頃、梨奈と彼女の両親がチェックアウトに来られた。   「おはようございます。昨日はごゆっくりお休みになられましたでしょうか?」と尋ねると、   「おかげさまで、ゆっくりとできました。お花までいただき、ありがとうございました。ほんとうにお世話になりました」と...

  • 両親へのプレゼント  NO14

      予定通りに19時のバスに家族で大文字の送り火へ行かれ、21時30分頃に帰って来られた。   私はその日、部屋がなんとかオーバーすることなく、満室になったことで安心をしていた。   深夜0時過ぎのことであった。   本日のナイトスタッフの仲田が、  「小池様という若い女性...

  • 両親へのプレゼント  No13

       「今日はこの後、ご家族で大文字の送り火を見に行かれますか?」と私が尋ねると、洋が「ぜひ、みんなで行きたいと思っていたのです。テレビでは何度も見ていますが、実際に一度も行ったことがないのです」    「では、19時にホテルのマイクロバスがその近くまで送りますから、ぜひご...

  • 両親へのプレゼント  No12

       「はじめまして。小池でございます。今日はお世話になります」と彼女の父が言うと、    「いらっしゃいませ。お待ちしておりました。ご結婚20周年おめでとうございます」と私が言うと、彼女の父、洋が少し驚いた表情をされたので、    「実は、梨奈さんから、今日がご結婚記念日...

  • 両親へのプレゼント  No11

       8月16日になった。    私が夜勤で仕事につき、数十分後に梨奈から私宛に電話が入った。    彼女を含め、御両親の到着が17時頃になるという知らせであった。    その日は、16時頃からチェックインのお客様でフロントカウンターは賑わっていた。    私がフロント事務...

  • 両親へのプレゼント  No10

      「ありがとうございます。すぐに両親に知らせます」    梨奈は涙声になっていた。   彼女の両親への思いやりというものに感動した私は、彼女の両親へ二つのささやかな プレゼントを考えていた。     最初のプレゼントは、彼女の両親の結婚記念日ということで、部屋に花を手配す...

  • 両親へのプレゼント No9

           翌日、梨奈から私がいるホテルへ、自宅へ連絡を入れたことに対してのお礼の電話が入った。   「16日にお父様が退院されるそうですね。おめでとうございます」と私が言うと、   「ありがとうございます。今回はいろいろとご心配をかけてしまって、すみませんでした」と彼女...

  • 両親へのプレゼント  No8

      1週間後の8月9日に私は彼女の自宅へ電話を入れてみた。   しかし、その日は終日、家には誰もいなかったようで連絡がつかなかった。   その後も、1日おきに電話を入れて、ようやく8月13日に連絡がついた。   その日、自宅にいた彼女の母親が電話に出て、私がご主人の病状につ...

  • 両親へのプレゼント  No7

      8月2日の夜、私が夜勤の時に梨奈からフロントへ連絡が入った。   私は確認の電話でも入ったのかと思いながら、受話器をとると、   「こんばんは、小池です。先日はありがとうございました。あと、申し上げにくいのですが、以前せっかく予約を入れていただきましたが、今回はキャンセ...

  • 両親へのプレゼント  No6

      彼女は信じられないような顔をして、   「ほんとうにありがとうございます」    と言って、頭を深く下げた。  その時に初めて、私はまだ彼女の名前、連絡先を聞いていなかったことに気付き、その場で確認をした。   彼女の名前は、小池梨奈(仮名)、高校1年生である。   そ...

  • 両親へのプレゼント  No5

      「でも、さっき満室だと...」    と彼女が不安そうに言ったため、   「先ほど、予約事務所に行って確認をしたら、1件キャンセルをしていないのがあったので、大丈夫です」と私は、咄嗟に彼女に嘘をついた。   「ありがとうございます。本当なら嬉しいのですが....」と彼女...

  • 両親へのプレゼント  No4

      私はすぐに予約のサブ責任者である長谷川に、   「8月16日、一部屋何とかならないか?」   無理だとは分かっていたが、念のため確認をした。   「冗談はよしてくださいよ。マイナス7ルーム(オーバーブッキング)から、    まったく動きはないのですから」と長谷川が答えた...

  • 両親へのプレゼント  NO3

     「他の市内のホテルに空き状況を確認をしますから、あと15分ほど待ってもらえますでしょうか?」   と伝えた私はフロント事務所へ戻り、市内にある10件程度ののシティホテルへ電話を入れ確認をした。しかしながら、良い結果は得られなかった。   彼女にその結果を報告すると、  「...

  • 両親へのプレゼント  No1

    このお話は25年も前の7月に遡ります。 とても印象深く、悲しいお話でしたが、最後にはきっと皆様の心が温かくなるかも..... 当時、私は関西の某ホテルのフロントに勤めており、 入社してまだ5年目でした。 夕方近くに、見た目、高校生らしき女の子が少し不安そうな顔をして フロン...

  • 両親へのプレゼント  NO2

    「ご宿泊の希望日は、いつなのですか?」と私が尋ねると、 「来月の16日です。その日は、両親の結婚記念日で、ちょうど20年目になるのです」  と彼女は明るく言うと、 「8月16日ですか?」  私は念のため彼女に確認をした。 彼女に確認をした理由は、8月16日とは、京都では有名...

  • ホテルマンであり無名の小説家

    ホテルマンで、無名の小説家のしらとりあきたかと申します。 現在、関西の某ホテルに勤めています。 私が今までに体験をしたお話を聞いて頂ければ嬉しいです。

カテゴリー一覧
商用