searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

wayfarerさんのプロフィール

住所
千葉市
出身
船橋市

自由文未設定

ブログタイトル
行人日記@はてな
ブログURL
https://wayfarer2.hatenadiary.jp/
ブログ紹介文
千葉市在住の会社員です。二児の父親。内外問わず旧作映画をよく見ます。昭和初期から戦後にかけての流行歌も好きです。インデックス投資やIPO、株主優待にも関心あり。
利用SNS・
コンテンツ
Twitterアイコン

Twitter

https://twitter.com/wayfarer_kojin
更新頻度(1年)

153回 / 241日(平均4.4回/週)

ブログ村参加:2020/03/06

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、wayfarerさんをフォローしませんか?

ハンドル名
wayfarerさん
ブログタイトル
行人日記@はてな
更新頻度
153回 / 241日(平均4.4回/週)
フォロー
行人日記@はてな

wayfarerさんの新着記事

1件〜30件

  • 新甲子温泉

    今日はレンタカーを借りて福島県の白河地区を巡りました。新甲子温泉は五峰荘へ。京都の庭園風の露天風呂は木々に囲まれ、森林の中の温泉という感じでした。露天風呂から更に石段を降ると、茶色い湯の源泉の風呂が。すぐ前が砂利が敷かれた通路で「え?」と思いましたが、見られて減るものなど無く、風情ある温泉を楽しみました。(私が入っている間は、通路を通る人は誰もいませんでした)その後は、白河関跡、南湖公園、白河小峰城を巡りました。高速代を浮かすため、約180キロを全て下道で走ったので結構疲れました。 新甲子温泉 五峰荘 白河関跡 従二位の杉 江戸期の関所 関所の役人 南湖神社 南湖公園 白河小峰城(三重櫓) 戊…

  • とら食堂

    白河市の「とら食堂」に行って来ました。白河ラーメンの元祖の店です。開店1時間前に着いたのに既に20組待ち。次いつ来られるか分からないので味わって食べました。 とら食堂 店の前に広がる田園風景 焼豚ワンタン麺 数量限定の焼豚おにぎり

  • 白鳥の歌

    福島駅前には古関裕而のモニュメントがあって、30分おきに古関裕而の曲が流れます。「白鳥の歌」が流れる時間だったので聴いてきました。「白鳥の歌」は、若山牧水の短歌に古関裕而が曲を付けたものです。高校の頃、国語の授業で「各自で詩を探してきて、全員の前で朗読する」という課題があり、私はこの短歌を選んだ記憶があります。ただそれだけの話ですが、数十年を経てこうして再会するのは何だか不思議な感覚です。(はてなでの動画のアップロードの仕方が分からないので、Twitterにアップロードしました)「白鳥の歌」作詞:若山牧水 作曲:古関裕而#白鳥の歌#若山牧水#古関裕而#福島駅 pic.twitter.com/M…

  • 「浜の朝日の嘘つきどもと」

    フォーラム福島で「浜の朝日の嘘つきどもと」を見てきました。好評だったらしいテレビドラマの方は見ていませんので、その前提での感想となります。もしこの映画が映画ではなく、テレビドラマだったとしたら、結構いい話だしそこそこ面白いし、満足したのだろうと思います。好感も持てたと思います。でも映画として見ると、「え?たったのこれだけ?」と思うストーリーのシンプルさ、呆気なさ。見終わった後に何にも残らない感。映画とドラマは似てるようで違うんだなと、改めて思いました。追記; 南相馬市の日常の風景や、海が見られると良かったなと思います。福島市に住んでいるものの、車の無い私には南相馬市は遠くて簡単には行けないので…

  • 「007 ドクター・ノオ」

    「007 ドクター・ノオ」を見ました。再見ですがだいぶ忘れていました。シリーズ第一作ですが、荒唐無稽さは相変わらずですが、その後の作品と違ってB級っぽい軽さがありますね。この作品でのボンドは、今と違ってアクションがド派手じゃないし、傷だらけになってダクトの中を移動する姿も新鮮でした。全般的にボンドが人間的だなと思いました。ウルスラ・アンドレスの浜辺での登場シーンも印象的です。それにしても・・原子炉を暴走させて逃げるって、あり得なくてドン引きです。しかも爆発してるし。これってトンデモ無い大事故ですよね😅filmarks.com

  • 「フォレスト・ガンプ/一期一会」

    昔見た映画です。最近思い出す機会があったので感想を書きます。大学生の頃に友人と有楽町の映画館で見ました。私はこの映画は、フォレスト・ガンプの生涯を通して、戦後から現代に掛けてのアメリカの歴史を追体験する作品だなと思いました。ケネディ、ベトナム戦争、ヒッピー文化、ビートルズ、ウォーターゲート事件、アップル、エイズなど、それぞれの時代のアメリカ社会の象徴(特に病んだ部分)が、フォレスト・ガンプという無色透明な存在を絡めながら描かれます。その時代を生きたアメリカ人にとっては、肯定と否定が混じった様々な感情を思い起こさせられ、人生を振り返らせられるのでしょう。そういう意味で、アメリカ人の心に刺さる名作…

  • 「メトロポリス」

    フリッツ・ラング監督の「メトロポリス」を見ました。手塚治虫のSF作品のようだな、と思いながら見ていましたが、マリアの容姿を転写したロボットが、労働者たちを扇動して暴動を起こさせる辺りから話が分からなくなってきました。ネットで調べると、この映画は1927年のオリジナル版を編集した、様々なバージョンがあるそうです。私が見たのは、94分に編集された英語字幕のバージョンですが、何故マリアがメトロポリスを壊滅させようとしたのか、おそらく編集でその経緯が端折られていると思われます。その点は残念でしたが、でも発想や映像、美術は革新的で素晴らしいですね。サイレント時代の映画とは思えません。filmarks.c…

  • 東京オリンピックのチケット代金 → 返金されました

    東京オリンピックの観戦チケット代金が返金されました。約12万円なり。ちゃんと戻ってきて安心したものの、無観客に伴う減収分は、都や国の税金で補填されるとか。結局、回り回って納税者がツケを負わされるのでしょうね。

  • 中国四川料理 石林

    福島市の人気店「中国四川料理 石林(シーリン)」でランチを食べてきました。石林が郊外に移転する話は耳にしていたものの、店の前をたまたま通るとなんと今日が最終日!というわけで急遽ランチを食べることにしました。今日は「エールランチ」を頼みました。NHKの「エール」に関わり深い、福島や宮城の食材を使ったメニューで、2千円と高いですが、最後で折角だから頂くことにしました。この店はとても美味しい中華を手頃な値段で出してくれるので、閉店は残念です。店の方に聞くと、「移転先はまだ決まっておらず、探しているところ」とのこと。早く再開して貰いたいものです。 エールランチ。カシューナッツ炒めと肉団子は後から来まし…

  • 在宅勤務

    在宅勤務用に小さめのサブモニターを買いました。コタツの上が在宅勤務用品にすっかり占領されてしまいました。単身赴任先で在宅勤務というのは、そもそも意味があるのかという疑問がありますが、働く環境としてもなかなか難しい面があります。私は比較的環境が整っている方ですが、人によっては、単身赴任先にパソコンを持って来ていない、インターネット契約をしていない等、新たに投資が必要な人もいます。座椅子だと腰や尻が痛くなって長時間の仕事に向かないから、在宅勤務用にデスクとオフィスチェアを買った人もいます。単身赴任向けの狭いアパートなのに。私はそこまでする気はありませんが、オフィスチェアは体のラクさが全然違うので、…

  • 「サマーウォーズ」

    細田守監督の「サマーウォーズ」を見ました。映像が綺麗だなと思いました。長野県の上田の風景も綺麗だし、仮想空間の映像表現も美しく、素晴らしいと思いました。是非映画館で見たかったです。ストーリーも、社会を守り社会を動かすのは人との繋がり(コネ)であるという旧来日本の価値観は、ITやデジタル技術が進化した現代でも本質的には変わらないという、私の年齢になると説得力を感じるものでした。一方で、私は先日見た「竜とそばかすの姫」が、従来からの細田守ファンからの評価が低いことが気になって、今回、比較対象とされているこの「サマーウォーズ」を見ました。私は、「竜とそばかすの姫」は、ストーリーがご都合主義的で、テー…

  • 南向台ハイタウン

    福島市の「南向台ハイタウン」をウォーキングしてきました。南向台ハイタウンは山の上に造られたニュータウンです。下界から眺めると「なんであんな高い所に住宅地があるんだ?」と不思議に思う光景で、「天空の住宅地」とでも呼びたくなります。というわけで、前々から気になっていたので今日初めて行ってみました。行ってみると、当たり前ですが普通の住宅地です。ニュータウンだから綺麗に区画整理されて、新しい家が多いのが特徴でしょうか。店はコンビニと飲食店がそれぞれ一軒あるだけで、住むには不便でしょう。何をするにも福島市街に降りなければならず、車が無ければどうにもならない感じです。でも、南向台ハイタウンからの眺望は素晴…

  • 飯坂温泉

    また飯坂温泉に行って来ました。数えてみると、飯坂温泉に行くのはこれで14回目のようです(穴原温泉を含む)。まずは「麺飯酒家 万来」で飯坂ラーメンを食べました。飯坂ラーメンは飯坂温泉の名物で、この万来の他は保原屋食堂で食べられます。しかし、グルメサイトの写真を見ても、特に万来の飯坂ラーメンは全然美味しそうに見えない・・。このためずっと躊躇していたのですが、今日は意を決して食べてみることにしました。アツアツの餡が乗った醤油ラーメンですが、感想は、味があまりせずに美味しさが全然無い。餡が熱くて食べづらい。誉めるところが無くて困る感じでした。店員の方の感じが良かったのと、「ふくしま健民カード」で百円引…

  • PCR検査 → 陰性でした

    小4の長男が軽い風邪症状があるので小児科に連れて行ったら、念のためPCR検査を受けることになったと妻から連絡がありました。数日中に結果が出るので、陰性が確認されるまでは外出禁止とのこと。家庭内感染が心配なので、私はこの週末は千葉市の自宅には帰らずに福島市で過ごします。千葉市の自宅では、長男は2階で、妻と長女は1階で寝食することにしました。コロナではなく最近の寒暖差のせいでは?という気がしてますが、結果が出るまでは慎重にならないといけないですね。追記; 先ほど病院から妻に連絡があり、「陰性」とのことでした。大事にならなくて良かったです。

  • 東京オリンピックのチケット

    東京オリンピックの観戦チケットが、昨日から「記念発行」としてPDFでダウンロード可能になったとのことで、ダウンロードをしてみました。何も無いよりはマシかもしれませんが、特に嬉しいとは思いません。心に思い出が残っていないのに、記念と言っても何の記念なのだろうという感覚です。

  • ヒカキン・マスク

    昨日の午後、子供が一日中家にいるのもどうかと思ったので、福島市に戻る前の短い時間ですが長男をドライブに連れ出しました。「どこへ行きたい?」と聞くと「ドン・キホーテに行ってみたい」とのこと。理由を聞いてみると、(子供たちが大好きな)ヒカキンの非公式マスクが売られているということをどこかで知って、それで興味があったようです。目当てのヒカキンマスクは確かに売られていました。一応じっくり見たので別コーナーに行こうとすると、長男はまたヒカキンマスクの売り場に戻ろうとする。それを何度も繰り返す。よっぽど欲しいようです。値段は税込2,728円と決して安くは無いのですが、長男は「来年のお年玉で買える」と言いま…

  • 「ポセイドン・アドベンチャー」

    週末に千葉市の自宅に帰って来ても、コロナ禍では安心して子供たちを連れて行ける場所が限られます。さらに今週末は雨なので、外出は諦めて家でDVDを見て過ごしました。というわけで家族で「ポセイドン・アドベンチャー」を見ました。以前子供たちに「タワーリング・インフェルノ」を見せたところ好評だったので、同じ70年代のパニックものの傑作を見ることにしました。私自身は再見です。学生の頃にテレビで放映されたのを見た以来なので、軽く20年以上経っているはずですが、その割には内容をよく覚えていました。それだけ印象に強く残る映画だということでしょう。子供たちは「怖かった」「面白かった」と好評でした。filmarks…

  • 鯛塩そば 灯花 ペリエ千葉店

    千葉駅前の「鯛塩そば 灯花 ペリエ千葉店」で鯛塩つけ麺SPを食べました。都内の有名店のチェーンだそうです。香りは良いのですが、スープの味が薄くて全く物足りない😅これで1,150円は高すぎます。

  • 「座頭市物語」

    午前十時の映画祭で勝新太郎主演の「座頭市物語」を見ました。市の一つ一つの台詞や仕草に重みがあって良いですね。見えぬ眼を開いて憤りを顕わにするシーンも良かったです。filmarks.com

  • さんあ〜る

    「さんあ〜る」というスマホのアプリを使っています。朝、写真のように「今日は○○ごみの日です」と通知してくれるだけのアプリですが、地味に便利で気に入っています。全国の自治体に対応しているようです。

  • 夢淡き東京

    下の「みどりの雨」の記事で触れた「夢淡き東京」のYouTube動画も貼っておきます。作曲は古関裕而ですが、私は中高生の頃にこの歌を聴いて、他の昭和の流行歌とは何かが違う、新鮮さのようなものを感じました。音楽の知識が無いのでどう表現していいのか分かりませんが。サトウハチローの詞も、情景が目に浮かぶようで素晴らしいと思います。ちなみに、映画「青い山脈」(昭和24年)の冒頭で、主人公の寺沢新子が卵料理を作りながら鼻歌で歌っていたのもこの歌です。当時の日本ではこの歌が広く流行していたのでしょうね。www.youtube.com 夢淡き東京 作詞:サトウハチロー 作曲:古関裕而 柳青める日 ツバメが銀座…

  • 目ン無い千鳥

    「目ン無い千鳥」も聴いています。こちらは古関裕而では無く古賀政男の作曲ですが、サトウハチローの歌詞がとても綺麗で大好きです。映画「新妻鏡」の挿入歌ですが、主人公の盲目の女性を子供の遊びの「目ン無い千鳥」に喩えています。www.youtube.com 目ン無い千鳥 作詞:サトウハチロー 作曲:古賀政男 目ン無い千鳥の高島田 見えぬ鏡にいたわしや 曇る今宵の金屏風 誰の咎やら罪じゃやら 千々に乱れる思い出は 過ぎし月日の糸車 廻す心の盃に 紅はさしても晴れぬ胸 雨の夜更けに弾く琴が 白い小指に染みてゆく 花が散る散る春が逝く 胸の扉がまた濡れる 目ン無い千鳥の寂しさは 切れてはかない琴の糸 春の盛…

  • みどりの雨

    YouTubeで藤山一郎の「みどりの雨」を聴いています。昭和28年に古関裕而が作曲した歌ですが、古さを感じさせないとても綺麗な曲です。私はこの歌とは中学生の頃に出会いましたが、古関裕而の作る歌は良い意味で歌謡曲っぽく無くて好きです。古関裕而の歌では、他には「夢淡き東京」もとても良かった。この歌と並んで大好きな歌です。www.youtube.com みどりの雨 作詞:丘灯至夫 作曲:古関裕而 夢を結んだあの芦ノ湖に 浮かぶボートの懐かしさ カラーフィルムに 残した君よ ああ思い出の 箱根にみどりの雨が降る ゴルフ帰りのセダンが走る 乙女峠にほろほろと 散り逝く花よ 白山桜 ああ美わしの 箱根にみ…

  • マスクバンド

    最近、愛用していたユニクロのエアリズムマスクをやめて不織布マスクを使うようにしています。ただ、ゴムで耳が痛くなるのでマスクバンドを使っています。上の写真は、Amazonで買った3個600円のマスクバンド。数日使ってみましたが、頭の後ろで手探りで溝にマスクのゴムを着け外しするのがやりづらい。下の100円ショップで買ったシンプルなマスクバンドの方が、扱いやすくて小さくて軽くてよっぽど使い勝手が良く、結局こちらを使うようになりました。 Amazonで購入 Seriaで購入

  • 学校連携観戦プログラム(中止)

    www.asahi.com千葉県が東京パラリンピックの学校連携観戦プログラムを急遽中止したというニュースです。千葉市で生徒を引率した教員2名のコロナ感染が判明したことを踏まえ、「保護者の皆様の不安を完全に払拭することは難しい」ためとのことです。「え?なんで?」と思わなくもありません。前にも書きましたが、学校で過ごすのに比べて、子供の感染リスクが特に高まるとも思えず、釈然としません。ところでうちの子はいつ観戦予定だったんだろう?と思い妻に電話してみると、「パラ観戦は高学年だからうちの子はもともと対象じゃない」とのこと。そもそも当事者じゃなかったみたいです。失礼しました・・。

  • 「パリ、テキサス」

    「パリ、テキサス」を見ました。悲しい話だなと思いました。大人には大人の事情があって、この結末も一つの結論と理解できなくはありませんが、幼い子供を思うと胸が痛みます。とはいえ、どのような選択をしたとしても、大人たちも子供もみな心に影を落とすような気がします。filmarks.com

  • 「卍」

    谷崎潤一郎原作の「卍」を見ました。岸田今日子と若尾文子が主演しています。若く美しい女に惹かれた人妻が、愛欲に溺れ嫉妬にもがき苦しむ話です。血迷った人妻を演じる岸田今日子が圧巻です。私はこの原作を高校生の頃に読みましたが、どぎつくてドロドロしていて読後は胸が気持ち悪くなったのを覚えています。当時、谷崎や乱歩の変質的な小説をよく読んでいましたが、小説を読んで気持ち悪くなったのはこの「卍」だけでした。この映画は、谷崎文学のドロドロな世界の映像化に腐心しているように思えます。安易にエロに走っていないのが良かったです。filmarks.com

  • 土湯温泉

    日帰りで土湯温泉に行って来ました。これで4回目だと思います。暑いかもしれないと思ったのですが、土湯温泉は山を少し登った土地だからか、行ってみると意外にも風が吹いて涼しかったです。今回は山水荘に行きました。直径2メートル程度の丸い桶が露天風呂でしたが、他に客が少なかったのでたっぷりのお湯を独り占めできた感じでした。周囲が簾で囲まれていたので眺望はありませんでしたが、涼しい風が心地良かったです。土湯温泉は「こけしの里」として有名ですので、町のあちこちでこけしが見られました。www.sansuiso.jp

  • 食堂ひろ田

    福島県庁そばの「食堂ひろ田」で手揉みチャーシューメンを食べてきました。この店は以前はマトン飯なども人気があったそうですが、今は中華そばメインで営業されています。個人的にはマトン飯も食べたかったのですが😅手揉みチャーシューメンは、醤油味のスープはあっさり目。縮れ麺と厚手のチャーシューが美味しかったです。

  • 今日は約半月ぶりに職場に出勤しました。少し難しい社外との打合せがあったためです。福島県もコロナ感染者がかなり増えたこともあり、私の勤務先でも8月上旬から本格的に在宅勤務を始めました。「単身赴任先で在宅勤務をする」ことに釈然とはしませんが、立場上、緊急時にすぐに勤務先に応動する必要があるためやむを得ません。(そんなことはまず無いのですが😅)半月ぶりに職場に行った感想は、「やっぱり職場の方が気が張る」ということです。在宅勤務は、休みの日に家に仕事を持ち帰ってやっているような感じで、ズルズル、ダラダラと気が緩みすぎでしたから。「おかえりモネ」や羽鳥慎一のモーニングショーも毎朝見てましたし。 職場の机…

カテゴリー一覧
商用