searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

くわゐ=サジタリアさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

主にCanon MP-E 65mm f/2.8 1-5x Macro Photoの画像をお届けいたします。 赤蕊ハコベハンターとしては、画像の質と量で日本一を自負していますが、小さな雑草の花の輝きを皆さまにお伝えできればと思っております。 GreenSnapでは「匙太」というハンドルネームでしたが、俳句の「匙太」さんとは全くの別人です。

ブログタイトル
小さな花の輝く世界
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/quwawi2020
ブログ紹介文
双子座です。俳句の匙太さんとは全くの別人です。皆さまの応援のおかげでgooブログ「花・自然」最優秀新人賞をいただきました。本当にありがとうございます。
更新頻度(1年)

28回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2020/03/05

参加カテゴリ

写真ブログ / 植物・花写真

花・園芸ブログ / 野の花

地域生活(街) 関東ブログ / 川越情報

※ランキングに参加していません

フォロー

ブログリーダー」を活用して、くわゐ=サジタリアさんをフォローしませんか?

ハンドル名
くわゐ=サジタリアさん
ブログタイトル
小さな花の輝く世界
更新頻度
28回 / 365日(平均0.5回/週)
フォロー
小さな花の輝く世界

くわゐ=サジタリアさんの新着記事

1件〜30件

  • 今年も白花ホトケノザ咲いた

    緊急事態宣言の中、ゴールデンウィークに入りました。外は降ったり曇ったり。花探しは控えたほうが無難ですね。プランターで育てている白いホトケノザが今年も咲きました。今日は時間もあるので、少々カメラに収めてみました。ブログランキングに参加しています。お気に召したらクリックを・・・。にほんブログ村今回はすべてフルサイズミラーレス機とマクロフォトの組み合わせです。倍率は1~5倍の範囲になります。2017年の1月、花や写真に興味を持ち始めた頃、白花ホトケノザに出会いました。それから、赤蕊ハコベと同じくらい頑張って、この珍しい白い花を探しています。神奈川から埼玉まで白花を探し、種を数粒もらって家のプランターに蒔きました。種をまいた次の春、期待していたのに発芽せず、数年がっかりの連続。こんなことを続けていましたが、3年目(花を...今年も白花ホトケノザ咲いた

  • 少し前の武蔵丘陵森林公園

    もうすぐゴールデンウィークです。20日以上前になってしまいますが、森林公園で撮影した画像を掲載します。時期外れ近くなってしまいまして申し訳ございません。ブログランキングに参加しています。お気に召したらクリックを・・・。にほんブログ村まずはニリンソウ。イカリソウ、野草コースではなく湿地性植物見本園で撮影。カタクリのマクロフォト像。つい探してしまう赤蕊のハコベ。ハナニラのしべにピントを合わせました。ボーダー花壇のチューリップたちを広角レンズで。またも注釈なしで駆け足のご紹介、申し訳ございません。巷間は武漢肺炎で緊急事態です。当分おとなしくしています。出かけても誰もいない野原やあぜ道です。ブログランキングに参加しています。お気に召したらクリックを・・・。にほんブログ村少し前の武蔵丘陵森林公園

  • 花の中にはばたく鳥が・・・

    私の住む地域では、4月17日は一日降ったり止んだり。4月18日の日曜日は、晴れても風がとても強かったです。両日とも2万歩以上歩きましたが、カメラは持って行きませんでした。掲載画像は今月初めのものになります。ブログランキングに参加しています。お気に召したらクリックを・・・。にほんブログ村今回のお花はジロボウエンゴサクです。新河岸川の土手で撮影しております。なんか花の真ん中の模様が、羽ばたく鳥のように見えませんか?このことを教えてもらってから、花の真ん中の部分を鳥っぽく撮るように頑張ってみました。横から見たら、全くそんな風には見えません。一昨年の撮影。昨年撮影の真上からの絵面。正面から見た時だけ、羽ばたく鳥のような模様が出てきます。マクロフォトで寄りましたが、木陰でISO感度高めです。ジロボウエンゴ草では無いですよ...花の中にはばたく鳥が・・・

  • 武蔵丘陵森林公園のお花

    5月並みの暑い日があったと思ったら、ここしばらく肌寒い日が続きます。先月から今月初めに武蔵丘陵森林公園へ行ってきました。日々はあっという間に過ぎ去り、花写真がお蔵入りになりそうなので、少し掲載いたします。ブログランキングに参加しています。お気に召したらクリックを・・・。にほんブログ村カメラやレンズはまちまちですが、いつも通りトリミングなしの画像です。野草コースのカタクリのお花。同じくキクザキイチゲ。同じくウグイスカグラ。ヒトリシズカです。湿地性植物見本園のニリンソウ。いくつか画像がありますので、また別の機会に・・・。イカリソウのつぼみ。こちらも別記事で載せたいところです。カタクリ(黄色)。チオノドクサ。花壇の外に咲いているハコベ(赤蕊)。ハナニラのシベのアップ。ボーダー花壇のチューリップ。今回はこれでお開きとし...武蔵丘陵森林公園のお花

  • 小さな花たちが元気です

    4月も早や10日が過ぎてしまいました。ついこの間まで丸坊主だった野原ですが、勢いよく雑草たちが伸びてきました。今日は2週間前の投稿の続きで、職場の草むらの雑草たちを紹介します。前回掲載の小さな花も元気なのですが、新顔さんばかりをアップします。前回掲載のお花はこちら小さな花が咲いています-小さな花の輝く世界ブログランキングに参加しています。お気に召したらクリックを・・・。にほんブログ村今回もトリミングはしていませんが、コンパクトデジタルカメラ(オリンパスTG-850)の画像で粗いため、サイズは小さめで掲載します。まずはマメ科の小さなお花、コメツブツメクサ。コメツブウマゴヤシとよく似ているのですが、葉っぱの毛の生え方を見るとコメツブツメクサですね。キク科の花も結構多くみられます。これはオオジシバリでしょうか。黄色い...小さな花たちが元気です

  • 駆け抜けていく春

    早いものでもう4月です。ブログも少し更新できるようになりましたが、以前のように毎日は無理ですね。平日休みとなった3月25日と4月2日、武蔵丘陵森林公園に出かけてきました。両日とも曇りがちの天候でしたが、一週間でけっこう花の移り変わりを感じました。ブログランキングに参加しています。お気に召したらクリックを・・・。にほんブログ村まずは西口のネモフィラ畑です。3月25日はこんな感じで、まだ柵が張られていました。4月2日の様子。まだ3分咲き位でしょうか?渓流広場そばのルピナス畑は、数本の花が咲き始めたのみ。奥のほうには、早咲きチューリップの畑がありますが、目立たないです。4月2日時点では、ほとんどの花は散っていました。3月25日、一週間ほど前はこんな感じだったのに。バトンタッチしてルピナスが主役になるのは、まだまだ先の...駆け抜けていく春

  • 小さな花が咲いています

    すっかり春らしくなってまいりました。オオイヌノフグリやホトケノザ位しか見られなかった野原にも、たくさんの小さな花が咲き始めました。今回は、職場の昼休みに撮ってきた花画像をお届けします。トリミングはしていませんが、コンパクトデジタルカメラ(オリンパスTG-850)の画像で粗いため、サイズは小さめで掲載します。ブログランキングに参加しています。お気に召したらクリックを・・・。にほんブログ村オランダミミナグサ。おしべが丸くめしべを取り囲んでいます。同じくナデシコ科のノミノツヅリマクロフォトならもっとキレイなのですが・・・路傍の小さき花・・・ノミノツヅリ-小さな花の輝く世界蚤の短衣・・・ピンクの蕊-小さな花の輝く世界よく似たハコベは、職場の敷地には見られませんでした。カタバミの黄色い花。一輪だけムラサキカタバミも咲いて...小さな花が咲いています

  • 土手いっぱいの菜の花

    春っぽくなってきましたが、昨日は大荒れの天候でした。今日は一転して天気が良かったですけれど、風が強いのは変わりませんでした。近所の川の土手にも菜の花が咲いてまいりました。今日はこの花を撮りに出かけてみました。ブログランキングに参加しています。お気に召したらクリックを・・・。にほんブログ村昨日の雨であぜ道は泥濘でした。わざわざこんなところを歩かなければ良かったです。風も強く、道中難儀いたしましたが、30分ほど歩いて土手に到着です。昨年もちょうど今頃に菜の花を見に来ましたが、今年は少し遅れているようです。昨年の同地点の画像です。去年のほうが黄色の密度が濃かったような気がします。カメラはフルサイズ(広角マクロ)、APS-C(マクロと広角)3台を持っていきました。以下はフルサイズミラーレス機の絵面になります。花粉がすご...土手いっぱいの菜の花

  • 赤シベたくさんのハコベ

    最近は暖かい日が続きますね。昨日も春の陽気でしたが、今日は寒いです。ブログランキングに参加しています。お気に召したらクリックを・・・。にほんブログ村ハコベの花も増えてきて、赤蕊(あかしべ)も結構見つかります。ミドリハコベやコハコベは、赤いオシベ(色の濃淡でピンク系や黒系もありますが)なので、勝手に赤蕊と呼んでおりますが、オシベの数は個体によって数が違うようです。ハコベのオシベの赤い部分(葯)は、すぐに割れて中の花粉を出します。赤い袋が割れずに残っているのは、なかなかお目にかかれません。オシベの数は個体によって本数が変わりますが、ミドリハコベで1~10本くらいです。オシベの数が多いほど、すべて割れていない状態の花を見るのは難しいです。これも珍しいオール赤蕊のお花。こちらも珍しい11本蕊のハコベ。奇形なのでしょうね...赤シベたくさんのハコベ

  • 如月の赤蕊ハコベ

    ご無沙汰しております。花写真は細々と続けておりますが、なかなかアップする時間がありません。ハコベの花もチラホラ咲いてまいりましたので、今回は2月に見つけた赤いオシベの花をご紹介します。雑草ハコベのオシベの色は赤いので、私は勝手に赤蕊と呼んでおります。正式な名称では無いのでどうぞご注意ください。ブログランキングに参加しています。お気に召したらクリックを・・・。にほんブログ村28mmマクロレンズ撮影。ふじみ野市、新河岸川の遊歩道にて。以下、MP-E65mmf/2.8(マクロフォト)で撮影しております。また、画像が増えたら投稿いたしたいです。ブログランキングに参加しています。お気に召したらクリックを・・・。にほんブログ村如月の赤蕊ハコベ

  • 赤間川散歩🈡エピローグ

    「旧赤間川」を下流から遡ってきましたが、やっとゴールの田谷堰に到着しました。ブログランキングに参加しています。お気に召したらクリックを・・・。にほんブログ村「探求散歩」ということで、従来ネット検索でヒットしない事柄を中心に記載してきました。この先、「旧赤間川」に興味を持った方、更に探求されたい方の道標になれば幸いです。最終回ということで、新たに判明したこと、これまでの記事のまとめを記載いたします。(1)「旧赤間川」の流れについて「旧赤間川」の流れは以下の通りです。青が現在まで残っている川すじ、赤がむかし川だったところです。ネット上の「旧赤間川」流路は錯誤が多いです。今回、航空写真に基づいた正確なものを初出します。なお、「御成都市下水路」に沿って流れる側溝も「旧赤間川」に含めました。カッコ内は、古い明治頃の耕地字...赤間川散歩🈡エピローグ

  • 水路に咲くヒガンバナ

    拙稿、「探求散歩」の旧赤間川編が終わりになるので、次の題材を探しています。先週は「伊佐沼代用水路」近辺を歩いていましたが、「石神堰」のヒガンバナがキレイだったのでアップします。ブログランキングに参加しています。お気に召したらクリックを・・・。にほんブログ村撮影場所はこちら。画像はOpenStreetMapを加工しています。OpenStreetMap「石神堰」です。昨日、天候は雨でした。この日は「伊佐沼代用水路」の橋を撮りに来ました。機材はAPS-Cミラーレス機と広角レンズです。畦道に入ると靴までびっしょりです。電線が入ってしまうのは残念ですね。雨の中ですが、地面から見上げてみました。先週はじめの画像です。このときは天候も良かったです。青空にヒガンバナは良く似合います。ローアングルで見ると、堰が花で飾られているみ...水路に咲くヒガンバナ

  • 赤間川散歩㉑下水道竣功記念碑

    テーマを決めて細かく調べながら歩く「探求散歩」です。最新シリーズの「旧赤間川」は、トピックが多くてなかなか終点まで行けません。これまで何度も、もうすぐ終わりと書き込みましたが、既に21回目。数字の21も㉑しか変換で出てきませんでした。ブログランキングに参加しています。お気に召したらクリックを・・・。にほんブログ村今回の撮影地点になります。ついに「田谷用水樋管」へ到着しました。画像はOpenStreetMapを加工しています。OpenStreetMapもう「田谷用水樋管」の水門は、道路の向こう側。今回のスタート地点は、「宮元町児童遊園」からです。多くの地図でこの場所は、単に”公園”としか書かれていませんが、正式な名前は「宮元町児童遊園」です。道路(新河岸川)寄りに記念碑が建っております(❶)。柵の感じが変。数本の...赤間川散歩㉑下水道竣功記念碑

  • 迷走散歩➐復興の土手

    今回は「探求散歩」特別編です。現在アップしている「探求散歩」の「旧赤間川」編の記事は、8月末に出来上がりました。この先、続けるべきか悩んでいますが、休日は興味を持てそうなモノが無いか、歩き回っています。シルバーウィークに「落合橋」の傍まで来たので、「越辺川」の土手まで行ってみました。すっかり変わっていたので驚きです。今回は復興した土手を紹介します。ブログランキングに参加しています。お気に召したらクリックを・・・。にほんブログ村もうすぐ一年になりますが、令和元年の台風19号により「越辺川」下流の土手が決壊してしまいました。被害状況(動画)は「国土交通省関東地方整備局」のHPから見られます。https://www.ktr.mlit.go.jp/bousai/bousai00000214.html同じく「国土交通省関...迷走散歩➐復興の土手

  • 赤間川散歩⓴地下に隠された秘密

    「旧赤間川」を下流から遡ってきましたが、20回目となりました。今回こそ、ゴールに設定していた「田谷堰」へたどり着けるといいな。]ブログランキングに参加しています。お気に召したらクリックを・・・。にほんブログ村撮影地点は下になります。田谷堰ま近くまで到達しました。画像はOpenStreetMapを加工しています。OpenStreetMap今日のスタート地点は、民家沿いの砂利道(旧河川跡)が切れたところ(❶)。多分、川は右側の舗装していない辺りでしょう。食品流通センターの前で、川が途絶えてから思ったのですが、跡地はいろいろ制約がありそう。川だから「河川法」の適用を受けるみたいで、廃川の手続きや土地の移管などがあるみたい。国有地の無償貸与で造られた「宮元町公園」や舗装されない道の理由はここのあるのでは?難しいことは分...赤間川散歩⓴地下に隠された秘密

  • 赤間川散歩⓳川の名残の公園

    「旧赤間川」をテーマに「探求散歩」を続けてきました。しかし、完全に川は無くなり、資料から痕跡を辿っています。嶋田勝郎さんの「赤間川物語」によると、廃川敷の宮元町地先は「宮元町公園」となったそうです。今回は「水口水車」への分岐点から、上流に向かって進んでいきます(❶)。画像は、5月と8月に撮影したものを織り交ぜています。この細長い土地が、「旧赤間川」だったところです。「宮元町公園」の看板。ペンキが落ちていますね(❷)。テプラの文字を見ると、この土地は国有地みたいです。「旧赤間川」跡は複雑そうですね。今回の撮影地点です。「宮元町公園」沿いに南下しています。画像はOpenStreetMapを加工しています。OpenStreetMap公園には多少の遊具が設置してあります(❸)。公園沿いの樹木は、整備された際に植えられた...赤間川散歩⓳川の名残の公園

  • 赤間川散歩⓲消えた川と水口水車

    埼玉県川越市にある「旧赤間川」について、調べながら散歩しております。今回で18回目になります。開始から2か月たってしまいました。当初は5回くらいで終わると思いましたが、紹介したい事柄が多くて、長いシリーズになっています。前回、「旧赤間川」の最上流まで到達しました(❶)。細長い空き地の突き当りが始点です。それより先は、埋め立てられています。現在の「旧赤間川」は、本流の「新河岸川(新赤間川)」とは繋がっていないのですね。今回の撮影地点になります。川の痕跡は❶と❷だけです。画像はOpenStreetMapを加工しています。OpenStreetMap川は食品流通センター(昔の東洋ゴム宮元工場)門の前をくぐって下流に行きます(❷)。川の末端までたどり着いたので、これで終わりでもよいのですが、ここは「探求散歩」。遠い昔は、...赤間川散歩⓲消えた川と水口水車

  • 赤間川散歩⓱ついに途絶える

    「探求散歩」、旧赤間川を歩いております。しばらくの間、「田谷堰」から分岐する用水路を歩きましたが、本流に戻ります。今回のスタート地点も、道草を食う前の「樋」からスタートです(❶)。今回の撮影地点になります。今回の移動距離も80mと少なめです。画像はOpenStreetMapを加工しています。OpenStreetMap「樋」の上から上流を眺めます(❷)。コンクリート製の溝に変わったのは、昭和50年代後半のようです。カラー画像で比較しています。昭和58年(1983年)のモノクロ写真では、既に改修後のようでした。航空写真は国土地理院のものを加工しています。https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html改修されるまで、この辺りの「旧赤間川」は、川幅が広かったようです。川幅...赤間川散歩⓱ついに途絶える

  • 赤間川散歩⓰宮下用水

    いろいろ調べながら歩く「探求散歩」シリーズです。「旧赤間川」の散策も16回目となりました。現在は「旧赤間川(田谷用水)」から道草して、「二丁町用水」を歩いています。紹介したいことが多くて、どうしても回を重ねてしまいますが、今回で道草は終了です。「田谷堰」の手前に来ております。早朝のゲリラ豪雨のせいで、水がすごく濁っています。「二丁町用水」起点までたどり着けましたが、「二丁町用水樋管」の中から塩ビ管が出ています(❶)。この塩ビパイプは、田植え前には付いていませんでした(❷)。明らかに川の水を汲んで、どこかへ送っているみたいです。塩ビパイプを辿ると、ポンプ小屋らしきものに繋がっているよう(❸)。「二丁町用水」へは「樋」に穴があけられ、もう水が送れません。一体、どこへ水を送るのでしょう?今回の散策の写真撮影地点になり...赤間川散歩⓰宮下用水

  • 赤間川散歩⓯圦橋とは?

    いろいろ調べながら、近所を歩く「探求散歩」です。現在のテーマは「旧赤間川」で、ダラダラ回数が重なります。今回の撮影地点です。今までで一番、移動距離が短かったです。画像はOpenStreetMapを加工しています。OpenStreetMap前回は「二丁町用水」を遡るという、道草の途中で終わってしまいました。でも、「樋」のところからU字溝をたどってきたら、「田谷堰」も目前です(❶)。そろそろ「二丁町用水」の探索も終わりになるか?と思っていたのですが、先日、道路台帳を調べていて、この辺りに「圦橋」という記載があるのを見つけました。「圦橋」の近くを撮った画像を探したら、1枚だけありました。5月の撮影です(❷)。「圦橋」を知ったのは最近なので、この時は橋がある事を意識して撮影していません。右の路地から水路(現在はフタがし...赤間川散歩⓯圦橋とは?

  • 赤間川散歩⓮草むす二丁町用水

    「旧赤間川」を調べながら散歩しております。構想から半年ほど取材を繰り返しており、新たに判明することも多いです。掲載済みの記事にも分かった事を「後記」として、追加しておりますので、時々見ていただければ幸いです。今回は「二丁町用水」を起点(二丁町用水樋管)まで辿ってみます。果たして無事にたどり着けるのか?見失ってしまうのでしょうか?出発点は「樋」からです(❶)。橋としても使われてきたのでしょうが、「二丁町用水」を「旧赤間川」と立体交叉させるための通路です。11mあるそうです。長いのは、昔の川幅がここまであったためで、かなり古いように感じます。今回は「二丁町用水」を遡っていきます。下流(❷)へ行く記事は、以下を参照してください。赤間川散歩⓭二丁町用水くだり-小さな花の輝く世界「樋」から上流へさかのぼって、「田谷堰」を...赤間川散歩⓮草むす二丁町用水

  • 赤間川散歩⓭二丁町用水くだり

    「探求散歩」シリーズ、今は「旧赤間川」を調べながら歩いています。「田谷堰」のゴール目前になって、ペースがまた落ちました。13回目は、「旧赤間川」本流遡上をひと休みして、「樋」のところから「二丁町用水」を歩きます(❶)。「二丁町」は昔の地名(耕地字)で、今の「御成町」の一部に相当します。明治大正期だと「貮町畦」「貮丁町」と書いて「にちょうまち」と読んでいたようです。「二丁目が正式名称」という説が、他のブログで出ていますけれど、これは間違いですね。図書館などで資料を探しましたが、川越の古地図や文献では、「二丁町(貮丁町、貮町畦)」の表記しかありません。なお「二丁目用水堰」というのが、北海道にあります。川越ではありません。お間違え無きよう。耕地畦は「川越町他五ヶ村測量略圖」「川越地誌」などに載っていました。下図は、現...赤間川散歩⓭二丁町用水くだり

  • 赤間川散歩⓬地名は樋(とい)

    「旧赤間川」を遡っていく「探求散歩」も12回まで来てしまいました。ゴールにしている「田谷堰」は、もう目の前ですが、なかなかたどり着けません。第12回目の撮影地点です。やっと川越バイパス(国道254号線)を越えました。画像はOpenStreetMapを加工しています。OpenStreetMap今回は、川越バイパス(国道254号)を渡ったところからスタートです(❶)。草刈りが時々入るようで、行くたびに雰囲気が異なります。。川越食品流通センターの敷地沿いに、川が流れているようです(❷)。咲いているのは、クサギ(臭木)の花でしょうか?大きくカーブしたところで、三面コンクリートになりました(❸)。水が汚いようで、ドブのような臭いがします。カーブが多いですね。コンクリート護岸の川をさらに進んでいきます(❹)。カーブ先の直線...赤間川散歩⓬地名は樋(とい)

  • 赤間川散歩⓫名無しの橋

    テーマを決め、調べながら歩く「探求散歩」です。今は「旧赤間川」に沿って散歩しています。11回目に突入しましたが、ゴールの「田谷堰」はもう少し。あと2回くらいで、辿り着けると良いのですが・・・。第11回目の撮影地点は以下の通りです。今回は川越バイパス(国道254号線)に架かる橋を特集しています。画像はOpenStreetMapを加工しています。OpenStreetMap今回のスタート地点は、川越バイパス(国道254号線)に近いところから。「止まれ」の標識から手前側が、耕地整理で人工的に作られた水路です(❶)。右に大きなマンホールらしきモノが見えます(❷)。これは多分・・・井戸ですかね?ポンプ小屋がたくさんあると思ったら、井戸水で灌漑しているよう(❸)。「旧赤間川」は上流が切れているのに、どこから水が来るのかと思っ...赤間川散歩⓫名無しの橋

  • 赤間川散歩❿曲目(マゴメ)

    このブログ、本来は花の写真を掲載するページだったのですが・・・。風の強い冬の日、偶然に伊佐沼の水路を歩いたのが高じて「探求散歩」となりました。現在、歩いているのは昔の伊佐沼の源流「旧赤間川」。今回も埋め立てられ、失われてしまった川のエピソードです。川越バイパス(国道254号線)から「合併橋」に至る、長い田園地帯の間にいます。今日のスタート地点は、広い耕地のちょうど中ほどです(❶)。嶋田勝郎さんの「赤間川物語」では、「曲目(マゴメ)」という場所が出てきます。「樋から北田島南端に至る広い耕地の中央にやや屈曲している部分があった」「川のまがりめと言うことから、この名が出来たのものと思う」昭和29年(1954年)には埋め立てられてしまいましたが、「曲目(マゴメ)」はどこにあったのでしょう?まずは、終戦間もない頃の航空写...赤間川散歩❿曲目(マゴメ)

  • 赤間川散歩❾北田島堰をしのぶ

    いろいろ調べながら歩く「探求散歩」です。「旧赤間川」編も回数を重ねて9回目、難物の田園地帯に入ってきました。今回は、失われた川の再現を目指しますが、8月はじめは天候がいまひとつ。曇りと晴れの画像合成で、ちぐはぐな画像になるところはご容赦ください。今回の写真撮影は以下の通りです。❹は「もし、ここに立っていたら」という想定の場所です。タイルと航空写真は国土地理院のものを加工しています。https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html県道51号川越上尾線のそばの「合併橋」先で、川が90度曲ります。昭和28年以前は、真っすぐの川筋だったみたいですが・・・。上流側から「合併橋」方向を見るとこんな感じでしょうか(❶)。これが元の画像です。用水路がありますが、少し北側を流れていき...赤間川散歩❾北田島堰をしのぶ

  • キツネノマゴの咲きはじめ

    ここのところ、花の画像なんかサッパリなかったのですが、久しぶりに小さな花の画像を撮ってきました。キツネノマゴです。すべてマクロフォトの画像です。カメラは、APS-Cミラーレス機No.2(EOSKissM)で、倍率は6倍ほどです。普通のレンズで撮って、切り取って拡大する方がキレイに見えます。普通のレンズで小さく花を撮った方が、ピントが合ってキレイに見えます。マクロフォトはピントが合う範囲が狭いので、ピンボケ写真みたいに見えます。つまり、倍率が高い分だけ、被写界深度がひどく浅いです。でも、花の表面のキラキラ光る感じは、マクロフォトでしか出せないですね。虫食いか?花びらが少し傷んでいますが、透明感のある細胞が見えますね。マクロフォトは、等倍~5倍の範囲(APS-C機だと1.5、1.6倍増)、目の前10cm以内のモノし...キツネノマゴの咲きはじめ

  • 赤間川散歩❽失われた川の記憶

    「探求散歩シリーズ」埼玉県川越市の「旧赤間川」に沿って、いろいろ調べながら歩いています。この川、昔は伊佐沼の源流でしたが、八十余年の間に大きく変わっているようです。今は、川越市氷川町の田園地帯を流れるあたりにいます。田圃の中の「旧赤間川」沿いは、ただの畦道です。特に紹介するようなモノもありません(❶)。手前に見える小さな水路が「旧赤間川」に相当します(❷)。川というには本当に小さいですね。河川として扱われているのでしょうか?今回の撮影地点です。❸❹は下に掲載された航空写真の範囲を示しています画像はOpenStreetMapを加工しています。OpenStreetMap今回から、埋め立てられて無くなってしまった川筋について書きます。最初は航空写真を見ていて、下の画像のように田圃に不自然な線があるのに気付き、興味を持...赤間川散歩❽失われた川の記憶

  • 赤間川散歩❼青橋ってどこ?

    いろいろ調べながら歩く「探求散歩」です。今は埼玉県川越市の「旧赤間川」沿いを歩いています。この川はもともと伊佐沼の源流でしたが、現在は繋がっていません。赤間川散歩❷縁はいつ切れたの?-小さな花の輝く世界前回の散歩の途中、川が途切れてしまいましたが、何とか上流が分かりました。しかし、長雨で行く先の畦道が水浸しなので、散歩は梅雨明けまで待つ事とします。今回の話題ですが、実は「合併橋」と「第二合併橋」の間に、もうひとつ橋があります。まだ、こちらを紹介していなかったので、今回は「第二合併橋」の先からスタートです。画像はOpenStreetMapを加工しています。OpenStreetMapこの辺りは左右とも護岸です(❶)。川から水をくみ上げるのか?ポンプが見えます。この先で川が右カーブしているようですね。「旧赤間川」は、...赤間川散歩❼青橋ってどこ?

  • 赤間川散歩❻川が消えた

    いろいろ調べながら歩く「探求散歩」。かつて伊佐沼の水源であった「旧赤間川」を歩いています。ゴールの「田谷堰」まで、やっと半分ほど来たでしょうか?この先は、田園地帯に入るので単調となります。進む速度が上がって、後わずかで終了となるでしょうか?今回の撮影地点は以下の通りです。画像はOpenStreetMapを加工しています。OpenStreetMap今回の出発点は、「合併橋」の先です(❶)。「赤間川橋」を飛ばしてしまいましたが、細かいことは気にしない・・・。途中に橋がありましたが、個人宅の通行専用橋のようです(❷)。1995~98年くらいの建設か?さらに歩いて行くと、川の方向に民家が建っています(❸)。水路らしき水面が見えません。ここで川が途切れました。どうしたものか?よく見ると樋のようになっています(❹)。暗渠に...赤間川散歩❻川が消えた

カテゴリー一覧
商用