searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

YUKICHIさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
学校の勉強をネタにする会
ブログURL
https://benkyouneta.com/
ブログ紹介文
学校の勉強がつまらなくて役に立たないのならば、 話のネタにしてしまえばいいんだ。
更新頻度(1年)

35回 / 89日(平均2.8回/週)

ブログ村参加:2020/03/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、YUKICHIさんの読者になりませんか?

ハンドル名
YUKICHIさん
ブログタイトル
学校の勉強をネタにする会
更新頻度
35回 / 89日(平均2.8回/週)
読者になる
学校の勉強をネタにする会

YUKICHIさんの新着記事

1件〜30件

  • アメリカと中国の関係の悪化によって冷戦は再び起こるのか

    最近のアメリカと中国の関係の悪化によって、世界では、アメリカと中国を中心とした冷戦が始まるのではないかと囁かれている。そして、もし本当に冷戦が始まった場合、日本も大きな影響を受けることになるのだ...

  • 紅茶が飲むために1つの国を薬物漬けにしたブリカス

    イギリスという国は歴史ファンの間ではこう呼ばれている。「ブリカス」と。「グレートブリテン島のカス」略してブリカス。つまり、イギリスは歴史ファンの間でカス扱いされているのだ。そんなブリカスなのだが、今回は「アヘン戦争」について解説していこうと思う。

  • 実は残虐で酷いものだったフランス革命

    フランス革命と聞いてどんなイメージを思い浮かべるだろうか。 「民主主義の誕生」「民衆の勝利」「華やかな革命」こんなイメージを思い浮かべる人もいるだろう。だが、実際はそんなものではなかった。革命史に残る残虐な革命、それが、フランス革命だ...

  • 塾に行くことの利点は勉強を教えてもらうことではない

    塾に行くべきか否か、受験の本格期ということで悩んでいる人も多いだろう。では、塾に行くことによって得られる最大のメリットとは一体なんなのだろうか。多くの人が「勉強をわかりやすく教えてもらえること」と思うことだろう。だが、勉強を教えてもらえることは塾に行くことの最大のメリットではない。

  • 「勉強が◯◯出来るようになる!」という本は実は頭が良い人向けの本という話

    「勉強が驚くくらい出来るようになる!」だったり、「勉強が楽しくなる!」などのことを謳った本は今や星の数ほどある。だが、これらの本は勉強が本当に苦手な人にはおすすめ出来ない。これらの本は基本的に頭が良い人のための本なのだ...

  • 銀魂に狂わされた僕の歴史

    僕も大好きな銀魂なのだが、1つ問題点がある。それは、「歴史人物の名前がゴチャゴチャになる」というものだ...

  • 無理数とそら豆が大嫌いなピタゴラス先生

    ピタゴラスという人物を知っているだろうか。あの『aの2乗+bの2乗=cの2乗』の「ピタゴラスの定理」のピタゴラスだ。名前だけは聞いたことがあるという人も多いだろう...

  • ルントウとチアオチーとコンパス 故郷by魯迅

    まるで製図用の脚の細いコンパスそっくりだった。この言葉を知っているだろうか。この言葉は魯迅の「故郷」に出てくる一文だ...

  • 実は日本でだけ有名な黒船のペリー

    ペリーのアメリカ本国での知名度は一体どれほどのものだろうか。実はこのペリー、アメリカでは全くの無名である...

  • 哲学×萌え=萌え萌えアニメ好きの中二病大歓喜

    はい、お願いしま〜す。「哲学」という言葉を聞いてどう感じるだろうか。おそらく、ほとんどの人が難しくてわけの分からない何かと感じるだろう。では、「萌え」という言葉を聞いてどう思うだろうか。エモいだったりブヒブヒだったりと、オタク的な印象を持つ

  • 学校の定期テストで手っ取り早く高得点をとる方法

    定期テストで高得点を取りたい!という人は多いと思う。でも、部活などであまり学習時間が作れないという人も沢山いると思うので、今回は、「定期テストで手っ取り早く高得点を取る方法」を紹介していきたいと思う。

  • 好きな人物が全く出てこなくてやる気が無くなる中学校の歴史

    はい、お願いしま〜す。中学校の歴史の勉強がつまらないのは何故だろうか。僕はこう考える。自分の好きな歴史上の人物が出てこないからだ。松永久秀(戦国のボンバーマン)は?伊達政宗(中二病のヒーロー独眼竜)は?自分の好きな人物が誰も出てこない。とい

  • 作者の気持ちは分からない

    はい、お願いしま〜す。国語の問題で、「作者の気持ちを答えなさい」という問題がある。だが自分はこの問題の製作者に問いたい。お前に作者の何が分かる!作者の気持ちは作者にしか分からない。それを他人である問題の製作者が分かるのか。というわけで、今回

  • 失敗しない自己紹介〜新シーズン編

    新シーズン、それは新たに始まる青春に胸を弾ませる時期。そんな新シーズンでは大体自己紹介をする。そして、その自己紹介がうまくいったかどうかで青春が送れるかどうかが決まるといっても過言ではない。それなので今回は「失敗しない自己紹介」について授業していきたいと思う。

  • 鬼滅の刃の時代背景を解説!

    鬼滅の刃、流行ってますね。そして、物語序盤に出たあの名言、 「アァアアア!年号がァ!!年号が変わっている!!」ですが、主人公の炭治郎がそんな名言を生み出した手鬼と出会った時の年号は「大正」。では鬼滅の刃の舞台となっている大正時代とは一体どんな時代だったのだろうか...

  • 恋の化学反応

    今回は誰もが思ったことがあるであろう疑問、「恋って科学(化学)的に見て正しい反応なの?」ということについて考察していきたい。ズバリ「恋の化学反応」...

  • 非リアに厳しい「NEW HORIZON」

    皆さんは「NEW HORIZON」という中学の英語の教科書を知っているだろうか。あの教科書には生徒たちと同い年の「コウタ・サキ・ディーパ・アレックス」といったキャラクターたちも登場する。「生徒と同年代のキャラクターを登場させることによって親近感を持たせることによって生徒の学習意欲を高める」というのが教科書の狙いのようだが、あのキャラクターたちには「余計な要素」が入っている。

  • コンパスがガッてなるやつ

    コンパスを使うと、まん丸の円を書くことができるが、それ以上にイライラする。それはなぜか、理由は簡単力を入れると「ガッ」ってなって線がずれるからだ...

  • 「ぼくは悪くない。」カレーライスが教えてくれたこと

    「僕は悪くない。」この言葉に聞き覚えはないだろうか。そう、小学生の国語でやった「カレーライス」に出てきた言葉だ。この「カレーライス」で覚えていることと言えば正直、「僕は悪くない」だけだが、今回はカレーライスについて解説していきたいと思う...

  • 女体化大国・日本

    女体化それは江戸時代から続く日本の文化。歴史の英雄たちは男性から女性へと性別が変化し、声も萌えボイスと化す...

  • 水に濡れたろ紙を破って逃走する凶悪犯

    皆さんは、理科でアンモニアを発生させる実験をやったことがあるだろうか。そう、あの「刺激臭のアンモニア」だ。そしてその実験に必ず1人はこんなヤツがいる。「水に濡れたろ紙を破って逃走するヤツ」だ...

  • 英語に支配された学校、緑中学校

    皆さんは緑中学校という学校を知っているだろうか。そう、あの「英語に支配された学校」だ...

  • 点Pという人類悪

    点P、それは世の中の学生たちから最も忌み嫌われた存在。数学を勉強している学生たちが1度思うこと、それは...

  • エーミールの思い出

    「少年の日の思い出」というものを知っているだろうか。中学校1年生の国語で習う物語だ。少年の日の思い出と聞いて思い浮かぶものはなんだろうか。自分の場合それは、「そうか、そうか、つまり君はそんなやつなんだな。」という言葉だ。そう、エーミールの言葉だ...

  • 音楽室の帝王、山田耕筰

    音楽室には肖像画がある。モーツァルト、ベートーヴェン、ショパン、滝廉太郎などがいてその中にはあの人、山田耕作がいる。そう、あのハゲだ...

  • ちょっと盛られた長篠の戦い

    「長篠の戦い」というものを知っているだろうか。この長篠の戦いは中学や高校の教科書にも乗っており、日本で初めて鉄砲が主力武器として使われた戦いとして有名だ。だが、この長篠の戦いが近年の研究では盛られているのではないかと言われている。

  • エジソン じゃなくてテスラを理科の授業で教わりたかった話

    僕も小学校くらいの時はエジソンを尊敬していた。だが、その後にエジソンを凌駕する男を知ることになるとは...

  • 悠木碧×中二病×英語=最強

    今回は中学校の英語学習の本を紹介していきたいと思う。「えー英語なんて勉強したくないよー!」と思う人にもおすすめの本がある。それがこの「中学3年間の英語が中2病フレーズなら1週間で学べるなんてわたしは信じない」だ。

  • 数学をやると頭痛が出る話

    僕は数学は苦手教科だった。数学をやるといつも頭が痛くなる。僕の他にも数学をやると頭が痛くなる人はいないだろうか。残念ながら僕の周りにはいなかった。だがいると信じている。ではなぜ数学をやると頭が痛くなるのだろうか、、、

  • スイミー〜個性が大切か協力が大切か〜

    「スイミー」というお話を知っているだろうか。この物語で伝えたいことは、教科書では「協力」だと言われているが、果たして本当だろうか?僕の個人的な意見としては、このスイミーで伝えたいことは協力とは逆の「個性ある1人の偉大さ」ではないだろうか。

カテゴリー一覧
商用