searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

margreteさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
社会科教員margreteの、日常を通して考える世界史
ブログURL
https://margrete.hateblo.jp/
ブログ紹介文
日常の出来事を通じ、世界史について考えるブログです。世界史上の出来事を扱った本や映画、世界史のこぼれ話、世界史の勉強の仕方などもご紹介していきます。世界史の勉強を補助的に助ける、あるいは息抜きに読むブログとしてご利用ください。
更新頻度(1年)

13回 / 36日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2020/03/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、margreteさんの読者になりませんか?

ハンドル名
margreteさん
ブログタイトル
社会科教員margreteの、日常を通して考える世界史
更新頻度
13回 / 36日(平均2.5回/週)
読者になる
社会科教員margreteの、日常を通して考える世界史

margreteさんの新着記事

1件〜30件

  • 北マケドニアのNATO加盟を通して、マケドニアについて考えてみる

    2020年3月27日、北マケドニアがNATOに加盟しました。これをきっかけに、マケドニアについて考えてみます。 1.北マケドニアとは 2.古代のマケドニア 3.アンティゴノス朝マケドニア 4.南スラヴ人の流入 5.第1次世界大戦前夜のマケドニア 6.ユーゴスラヴィア 7.北マケドニアへの変更 8.おわりに~あるいは、ぼやき~ 1.北マケドニアとは 北マケドニアは、ギリシャの北、バルカン半島にある内陸国です。以前ご紹介したアルバニアの東にある国です。 margrete.hateblo.jp 北マケドニアという国を知らなくても、マケドニアという国名に、うっすら聞き覚えがある方も少なくないかと思いま…

  • 「旅するイタリア語」を手掛かりに、シチリア島について考えてみる

    NHKのEテレでやっている「旅するイタリア語」の2020年度前期のシーズンが、今月30日から始まります。2019年度後期の再放送ですが、私はイタリア語の勉強というより旅番組として、半年間楽しく観てきました。旅の舞台のシチリア島はなかなか興味深い土地なので、今日はシチリア島についてまとめてみます。 旅するイタリア語 2020年 04月号 [雑誌] 1.シチリア島とは 2.古代のシチリア島 3.中世のシチリア島 4.近代のシチリア島 5.20世紀のシチリア島 6.おわりに 1.シチリア島とは シチリア島は、イタリアの島の1つです。長靴のような形をしたイタリア半島の、つま先の先にある、三角形の島です…

  • 日本版「17世紀の危機」について考えてみる

    一昨日、「17世紀の危機」について書きながら思ったのは、日本のことです。気候変動は全世界を襲うものである以上、当時の日本はどうだったんだろう、と思いました。 margrete.hateblo.jp 思い当たるのは1637年から翌年にかけて起きた島原・天草一揆、いわゆる島原の乱です。そうしたら、たまたま一昨晩(2020年3月14日)の「ブラタモリ」のテーマが、「島原・天草~なぜキリシタンは250年も潜伏できた?~」でした。こういうのをシンクロニシティというのですね。 ブラタモリ - NHK 1.島原・天草一揆とは 2.天草の潜伏キリシタン 3.寛永の大飢饉 4.オランダ船 1.島原・天草一揆とは…

  • コロナ騒動を通して、「17世紀の危機」について考えてみる

    コロナ騒動の先行きが見えない今、思い浮かべるのは「17世紀の危機」についてです。 1.「17世紀の危機」とは 2.李自成の乱 3.おわりに 1.「17世紀の危機」とは 社会の活動が活発だった15世紀から16世紀にかけてのルネサンスの時代に対し、17世紀のヨーロッパを危機の時代ととらえるものです。ドイツ地方を舞台にした三十年戦争に代表される戦乱、気候の寒冷化による凶作と、それに伴う飢饉、ペストの流行、不況、それらの結果としての人口減少などに見舞われた時代です。社会不安から、魔女狩りも盛んに行われました。 margrete.hateblo.jp 寒冷化の原因は、太陽活動の停滞による小氷期です。どれ…

  • コロナ騒動を通して、魔女狩りについて考えてみる

    同じ書き出しの見出しの記事が続きますが、今回の騒動については、世界史と関連付けて考察できることが、いろいろあります。 今日(2020年3月13日)の「東京新聞」朝刊の投書欄に、中学生の投書が載っていました。バスの中で花粉症のせいでくしゃみをしたら、マスクをした上に手で押さえていたにもかかわらず、居合わせた乗客に「コロナなんじゃないの? 次のバス停は病院だから降りろ」と言われた、というものです。 これを読んで思い浮かべたのが、魔女狩りです。 1.魔女とは 2.魔女狩りとは 3.「魔女」の判定基準 4.おわりに 1.魔女とは そもそも「魔女」とは、悪魔に魂を売り、その手先として人々に害をなすような…

  • コロナ騒動を通して、アルバニアについて考えてみる

    各国が互いに入国制限を課しあい、鎖国化しつつある感じですね。 鎖国と言えば、私が高校生の頃、当時まだ鎖国をしている国として習ったのが、東ヨーロッパのアルバニアです。「20世紀の今、鎖国!?」と驚いたものです。だからこそ、数年前にアルバニアの空港に降り立った時、「Welcome to Albania」という表示を見て、一瞬涙が出そうなほどの感慨を受けました。鎖国していた国が、「ようこそ」と言うまでになったのだな、と。 今回は、そのアルバニアについて語ってみます。 1.アルバニアとは アルバニアは、バルカン半島の国です。ギリシャの北、アドリア海に面しています。首都はティラナ、面積は外務省のサイトに…

  • コロナ騒動を通して、ペストについて考えてみる

    新型コロナウィルスが、いよいよ世界で猛威を振るっていますね。少しでも早く、この騒動が収まると良いのですけど。 世界史をやった人間として、このニュースが出始めてすぐに思い浮かべたのはペストです。 1.ペストとは 2.モンゴルの交易ネットワーク 3.なぜペストはヨーロッパで大流行したのか 4.ペストがもたらしたもの 1.ペストとは ペスト菌に感染することで起こる病気で、本来は中国の雲南地方の風土病です。本来はネズミなどの齧歯類の病気ですが、ネズミについたノミが媒介することで、人にも感染します。感染者の咳による、空気感染もあります。 発熱とリンパ節の痛みから始まり、肺炎や敗血症に至ります。敗血症にな…

  • 『まことの華姫』(畠中恵)を手掛かりに、世界史について考えてみた

    1.『まことの華姫』 2.古代ローマの五賢帝 3.マムルーク朝 4.イェニチェリ 5.まとめ 1.『まことの華姫』 『まことの華姫』は江戸時代の両国を舞台にした、連作短編集です。主人公は、木偶人形の「お華」を使った腹話術の芸を見せる月草で、お華は「まこと」を見通す目を持つとされています。 まことの華姫 (角川文庫) [ 畠中 恵 ] 『まことの華姫』の感想については、私のメインブログの方をご覧ください。 margrete.hatenablog.com この記事では、本文中に出てきた記述を手掛かりに、世界史について考えてみます。 「青糸屋のある辺りやと、代々、娘に婿取って跡を任せる店が、多うおま…

  • 「国際女性デー」をキーワードに見る世界史

    国際女性デーについて 女性参政権について ロシアの三月革命について おわりに 国際女性デーについて 本日3月8日は、国際女性デーです。というわけで、国際女性デーをキーワードに、世界史について語ってみます。 3月8日が国際女性デーになったきっかけは、1904年3月8日にアメリカ合衆国のニューヨークにおいて、女性労働者たちが女性参政権を求めてデモを行ったことにあります。結局合衆国で女性参政権が実現したのは、第1次世界大戦後の1920年のことでした。 女性参政権について ちなみに世界で初めて女性参政権が実現したのは1893年、ニュージーランドにおいてのことです。ヨーロッパ初の女性参政権は1906年、…

  • 今回の休校について、映画「TOMORROW 明日」を通して考えてみる

    首相の休校要請の結果、全国の児童・生徒の生活は、突然変わってしまいました。学校によっては、すぐに休校せずに数日だけ授業があったりはしたようです。でも3月中の授業が普通にあり、終業式があって春休み、という通常のパターンにはならなかったわけです。 「明日」や「来週」が必ず来るとは限らない、ということですね。友達と「明日」遊ぶ約束をしていたのに、ケンカした友だちに「明日」謝るつもりだったのに、「来週」の卒業生を送る会の出し物の準備をしていたのに……。その「明日」や「来週」は来ませんでしたね。 ふと、「TOMORROW 明日」という映画のことを思い出しました。 TOMORROW 明日 デジタルリマスタ…

  • 記号問題を空欄にするのはやめましょう

    どれぐらい前からの傾向だか、統計を取っているわけではないので不明ですが、最近の中高生に見られる、不思議な傾向があります。それは記号問題を空欄にすること。 穴埋め問題とかだったら、分からなかったら空欄にするのも仕方がないと思います。でも、なぜ記号問題を空欄にするのでしょう? 仮に3択だったとしたら、とりあえず書いておけば、3分の1の確率で当たるのに。もちろん答案から判断すると、時間が足りなかったわけではないようです。 「まぐれ当たりでは意味がない」、「自分がちゃんと分かっていることだけを答えたい」、という一種の潔さでしょうか? でもその潔さを採点者が買うかというと、絶対に買ってくれません。むしろ…

  • 今回のトイレットペーパー・ティッシュペーパー騒動について

    昨日スーパーに行ったら、通常の土曜日ではありえないほど混んでいました。どうやら、SNSを通じて広まった、「トイレットペーパーやティッシュペーパーが不足する(不足している)」という悪質なデマのせいのようです。不安を感じた人々が、トイレットペーパーだけでなく、食料品とかも含めて買っておこうと、押し寄せたのですね。 トイレットペーパー「生産・供給は通常通り」 政府、デマへの注意を呼び掛け - 毎日新聞 確かに現在、スーパーやドラッグストアのトイレットペーパー等の棚がガラガラになったり、売っていたとしても「1家族1つまで」などの制限があったりすることは事実です。なぜこんなことになったかを、検証してみま…

  • はじめに~「margreteの、世界史にまつわるエトセトラ」について~

    このブログの目的 著者について 想定している読者層 ブログの更新サイクル このブログの目的 2月27日夜の首相による突然の要請により、日本全国の小・中・高の春休みまでの休校が決まりました。学校によっては3月2日だけあるなど、多少違いはあるようですが、実質的に新年度の開始まで、日本で学ぶ児童・生徒たちは学校で学ぶ機会を突然失ったも同然です。 思いがけないお休みに、どこかに出かけようにも、「大勢の人が集まる場所」自体に行くことが望ましくないわけです。そもそもそうしようにも、3月半ばまではディズニーランドをはじめとするテーマパークは休業、博物館とかも休館ですしね。 3月半ば、遅くても3月中に状況が落…

カテゴリー一覧
商用