searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ゴーゴー軍曹さんのプロフィール

住所
未設定
出身
東京都

ゴーゴーバーに住みたいけど現在は子供部屋に居住中。 ゴーゴーではかつてはオープンラスト上等でしたが、最近酒が飲めなくなったため、何をしにゴーゴーへ行くのかわかりません。ペイバーはオリンピックペースです。 本業はライター。芸能記者のはしくれです。 おっかなびっくりレビューとかも書いています。

ブログタイトル
日記(禁酒中)
ブログURL
https://www.sergeant-gogo.com
ブログ紹介文
タイを愛しているわけじゃないけどタイにはまり、移住をこころみるも挫折中。 酒さえ飲んでいればよかったんだけど、最近身体が酒をうけつけなくなりさらに迷子が極まり中。
更新頻度(1年)

269回 / 273日(平均6.9回/週)

ブログ村参加:2020/02/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ゴーゴー軍曹さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ゴーゴー軍曹さん
ブログタイトル
日記(禁酒中)
更新頻度
269回 / 273日(平均6.9回/週)
読者になる
日記(禁酒中)

ゴーゴー軍曹さんの新着記事

1件〜30件

  • ここにはもうあの頃の僕はいないよとキミは言ったんだ。

    こんな治療器もあるみたいですね。痛そう(japanese.alibaba.comより) ええと。相変わらずEDです。 リトルゴーゴーはふだんはぴくりともしません。 以前、少しずつ少しずつ勃ちが悪くなって、今年の春に一気に持病の病状が進んだ頃に自力ではまったく勃たなくなって、「僕のリトルゴーゴーは単なる泌尿器に」なんて嘆いていたものですが、事態はより深刻になっています。 春に持病の塩梅が悪くなって、9月から透析になったんですね。 ご存じの通り、人工透析というのは体内に溜まった老廃物を体外の機械で取り除く作業なんですが、これを日常的にやっていくとおしっこが出なくなります。 理屈はよくわからないんで…

  • 年の瀬 in NANA '07 ~’07年12月28日の日記より~

    『The Dollhouse』今回は行ってませんけど (Instagramより) 昼:ダブルマックミール@マクドナルド 夜:屋台の串揚げ、ハンバーガー他、ビール多量 ナンとお昼を食べに近所のテナントビルへ行ったものの、レストランは11時からでどこも開いておらず仕方なくマックへ。 “ダブルマック”はメガマックみたいなやつですメガマックを食ったことがないので同じものかどうかは不明。まさかタイまで来てカロリーの塊みたいなジャンクを食う羽目になるとは。しかも夜もハンバーガー食ってるし。 ↓前回 www.sergeant-gogo.com 『RAINBOW4』→『RAINBOW2』→『RAINBOW3』…

  • 僕とPin-up嬢との日々。(4)物欲大爆発

    イメージカット〝浪費家〟 元Pin-up嬢ですが、相変わらずLINEでのやりとりは続いています。 しょせんgoogle翻訳頼みなので、複雑なやりとりはできません。あいさつに毛が生えた程度のものです。 ふだんは言葉数もさほど多くはない彼女ですが、ときどき突如としてめっちゃしゃべる(LINE上でですが)ことがあります。物欲に駆られているときです。 ふだんのキミはどこへ行ったの?と言いたくなるぐらい、マシンガンのようにメッセージが飛んで来ます。いちいち答えている暇さえありません。 前回は「引っ越したい」といって月毎の送金額を大きく超える金額を要求してきました。店が遠いと言うのですが、彼女はほんの3か…

  • ミスター慶応の事件簿

    こちらはミス慶応。(本文とはまったく関係ありません) ※仕事で今週ボツになったネタからお届けします。 朝の大宮駅の雑踏の中、座りこんで涙を流す女性。 その様子を不審に思った通行人が声をかけると、女性が口にした言葉は耳を疑うものだった。「昨晩駅で声をかけてきた男たちにカラオケボックスやインターネットカフェで次々とわいせつな行為をされた」と──。 埼玉県警大宮署は20日に強制性交などの容疑で千葉県市川市の無職・渡辺陽太容疑者(24)と知人の栃木県小山市の職業不詳・光山和希容疑者を逮捕した。 「渡辺容疑者は19年3月14日午前2時15分ごろから午前5時10分ごろの間、さいたま市大宮区のカラオケ店で2…

  • 吉田鋼太郎、放蕩無頼。

    おっさんのワンショットはきついので。(『アジアの女』より) 俳優の吉田鋼太郎に来春子供が生まれることが明らかになり、話題になっています(そうか?)。 吉田は御年61歳、夫人は22歳下で16年に結婚しました。三船美佳が生まれたのが三船敏郎62歳のときらしいので、けっこうな年齢差ですよね。 ちなみに吉田はこれまで4度結婚しています(うち1回目は事実婚)。2番目の奥さんとの間に息子がいるそうなので、吉田的には第2子ということになりますが、やっぱりかなり嬉しいようです。「この年になって子供ができるとはうれしい」「長生きしなきゃな」と周囲には語っているようです。 しかし、吉田といえば実は知られた遊び人。…

  • 『ゴーゴーバーの経営人類学』を読む (36) ~バーガールと客の関係④~

    『Spaice Girls』ボッタくりちゅうい(Crazy House Facebookより) バーガールと客の関係4つのタイプ、本日紹介するのは〝恋愛的関係〟です。本書では「恋愛もしくは友愛関係」となっていますが、〝的〟が入っているので恋愛未満の友人関係もゆるく含むということで。ちなみにこの関係になるのは、バーガール側のカネへの執着が弱く、客個人への愛着が強い場合とされています。 【ケース19】 グンはナナプラザのバーでキャッシャーとして働いている。彼女にはケンジという30代半ばの日本人のボーイフレンドがおり、一緒に暮らし始めて3か月になる。 グンとケンジが初めて出会ったとき、グンはダンサー…

  • 『ゴーゴーバーの経営人類学』を読む (35) ~バーガールと客の関係②短期の愛人関係~ 

    『Crazy House』(facebookより) これ、系列店のコかも。位置的に『Cockatoo』だし。 カネへの執着度と愛情の度合いから導かれるバーガールと客の関係。3つめはカネも欲しいし客を男としても興味があるという〝短期の愛人関係〟です。 【ケース18】 ポムはナナプラザで働き始めて10か月。17歳だが色白で華奢なため、かなりのロリ系だが可愛いと日中韓の顧客から大人気だ。ポム自身も自分の価値はわかっているので2000バーツ以下(当時の相場は1500)のオファーに応じることはない。 ある日、ポムは店で若い日本人の客と出会った。マサルという大学を出たばかりの男性でアジア周遊の一か国めとし…

  • 『夜の世界白書』に見る現在の風俗嬢プロファイル②

    2018年発行『夜の世界白書』の続きです。 ①では調査に回答したキャストの人物像にかかわるデータを見ました。今回は彼女たちにどれくらい収入があるのか、なぜキャストという仕事をしているのかなどについて見ていきます。まずは月当たりの実働日数と収入から。 『夜の世界白書』より これによると年齢にはあまり関係なく1か月あたり12~15日程度出勤していることがわかります。 ところが、収入は年齢に関係するようです。ピークは最も若い18~25歳で、26歳以降は少し減りますが高止まりの状態、しかし、35歳を過ぎるとがくんと減っています。 実働が月の半分とはいえ、フーゾクなのに昼職とさほど変わらない月収では割に…

  • 『夜の世界白書』に見る現在の風俗嬢プロファイル①

    『夜の世界白書』は一般社団法人『GAP(Grow As people』がまとめた性風俗産業の〝キャスト〟たちの労働実態の報告書です。この2017年に行われた調査結果をもらったので、ここで簡単にまとめてみたいと思います。 一般に〝キャスト〟というとクラブやキャバなどの夜嬢も含まれますが、ここでいう〝キャスト〟は風俗嬢に限定しているようです。当資料によれば、20代の〝キャスト〟は全国で30万人いるのだとか。 ふた昔くらい前は風俗嬢といえば、腹さえくくれば稼げる仕事というのが何となくの一般認識でしたが、けっこう前からそうでもないみたいです。もちろん、稼げる人は稼いでいますけど、無店舗型が増えて激しい…

  • ジーンのはなし

    今は無き『Rainbow3』(19年12月) 昨日の記事を書いていてある女のコを思い出しました。 僕が一番R3にハマっていた時期にいつも侍らせていたコです。 名前はジーン。最初に会った頃の年齢は20代前半でしょうか。実は僕は彼女に年齢を聞いたことがありません。 色白で背は高く顔は〝しょこたん〟似。スタイルも悪くありません。 胸は大きくはありませんが、ほどよい感じであります。脚も長くてキレイです。 そもそもはナンの妹分みたいな感じ…だったかなあ。でも、ナンとはそんなに仲良さそうでもなかったよなあ。とにかく何人かで遊びに行くときは、なぜかいつもついて来ていて、いつの間にか知り合いになっていたような…

  • 『ゴーゴーバーの経営人類学』を読む (34) ~バーガールと客の関係②行きずりの関係~ 

    『Twiter』ここのfacebookなかなか写真がイイです(facebookより) 【ケース17】 ジュンはソイ・カウボーイで1年前からバーガールとして働いている。店にはたくさんの友人がおり、中には外国人のボーイフレンドを持つものもいる。そういったボーイフレンドたちの何人かは店の常連客であり、ジュンも面識がある。 ある日、そんな友人のボーイフレンドの一人であるジミーが深夜、店にやってきた。ジミーはイギリス人で30歳ぐらいだった。彼がお目当てだったジュンの友人は、その日はすでにペイバーされていたので、顔見知りのジュンが席について相手をつとめた。 ジミーが彼女と店の同僚何人かを連れてディスコに遊…

  • 『ゴーゴーバーの経営人類学』を読む (33) ~バーガールと客の関係①商取引~ 

    『Twister』。〝Bankok Bunnies〟って書いてありますが;; (facebookより) 前回チャート化したバーガールと客の関係について、4つのパターンを一つずつケーススタディとともに見ていきましょう。 一つめはカネに執着はあるけどそれ以外への関心は薄い、という例。本書では「商取引」の関係と呼んでいます。 ↓前回の復習はこちら www.sergeant-gogo.com 【ケース16】 マイは20歳。北タイの出身でナナプラザで働いている。いわゆる〝北部美人〟で、色が白く中国人や日本人にも見える容貌だ。彼女には週に2~3回通ってきてオフをしてくれる常連客がいる。横田という26歳の日…

  • 小林麻耶、四面楚歌の原点

    楽しそう♪ (FRIDAYより) すでにいろんなところで報じられておりますが、小林麻耶さんが大変なことになっています。 12日朝、レギュラーを務めていた『グッとラック!』のオンエアに小林の姿はなかった。その理由をさかのぼること2時間前、小林は自身のyoutubeで次のように話していました。その内容はなかなか衝撃的でした。 「私、昨日午前中に、突然番組の降板を言い渡されて、今日、番組に出演できないことになりました」 そして、以前からスタイリストからイジメを受けていたため、10日のロケに行かなかったことを告白したのです。TBSは小林がロケに行かなかったことは認めたが、イジメに関しては否定しています…

  • 『ゴーゴーバーの経営人類学』を読む (32) ~バーガールと客の関係チャート~ 

    『Straps』ここもLB専門店(Bangkok Bar Newsより) ゴゴ嬢が客との関係を長期化させていく傾向が強いのは、経済的な理由にとどまらず、相手への感情面でのプラスアルファがあるからだ、という話を以前にしました。 本書にちょいちょい登場するコーエンさんも、バンコクの女性セックスワーカーが男性客との関係を続けていくにあたっては、リスク回避や利得の増大の他に、男性客に対する心理的な愛着の強弱が関係を決定づける、と発表しているそうです。 コーエンさんは一方の極に感情的な関係(つまり恋愛関係ってことですな)、もう一方の極にカネだけの関係があると想定すると、この二つの極の間のどこかに現実のセ…

  • ヤムのはなし

    食べ物があるとご機嫌♪ (13年) ヤムは元Rainbow3のウェイターをしていたトムボーイです。 彼と知り合ったのは05年、たぶん彼は19歳ぐらい。 それまでにもRainbow3に入ったことは1、2回はあったと思いますが、まだ改装前で店の規模は閉店時の半分強ぐらい。当然ながらステージも小さく、いかんせんダンサーの少ない店でした。 入口のカーテンを開けて中を覗いていく客は10人中7~8人はかぶりを振って帰って行ってしまう、そんな感じ。 だから、僕が入ったのもとりあえずナナ全店コンプリートしとこうとか、そんなテキトーな理由からだったと思います。 店の隅の席で一人ハイネケンを飲んでいると声をかけて…

  • あちら側とこちら側を分けてしまったものはきっと些細なことだったのだと思う。

    イメージ画像。実際はもっとひどい絵面だったはず。 酔った女性にわいせつ行為を働いて逮捕された男は25歳のエリート銀行員だった。 逮捕されたのは東京都品川区のみずほ銀行行員、A(25)。警視庁によるとAは7日午前6時ごろ、JR大井町駅近くの路上で酒に酔っていた女性の下半身を触るなどした疑いだという。 「Aは酔って歩いていた女性に『大丈夫ですか』と声をかけ、阪急大井町ガーデン内のベンチに無理やり座らせました。そして介抱するふりをして女性のマスクをずらして口移しでお茶を飲ませ、その流れで身体を触ったようです」(全国紙社会部記者) アルコールで身体がいうことを聞かない状態で知らない男に好き放題にされる…

  • 『ゴーゴーバーの経営人類学』を読む (31) ~ゴーゴーを訪れる男性客のタイプとは~ 

    『MANDARIN』絶賛休業中。(facebookより) ゴーゴーバーを訪れる男性客にはタイ在住者もいれば、初めてタイを訪れた者もいます。その目的も〝えっち〟そのものだという者もいれば、飲みに来ただけの者もいます。そうしたきわめて雑多な人種の集合体である男性客を分類して、行動パターンに法則性を見出そうという研究は以前から行われてきたようです。 オコーネル・デビッドソン(誰?)は、タイを訪れる男性セックスツーリストには3つの主なタイプがあると提唱しました。 ①マッチョな若者:多くは20代の肉体労働者でスポーツのような活動的な娯楽を好む。自国で風俗を利用することはあるが、タイではそういうことはしな…

  • 『ゴーゴーバーの経営人類学』を読む (30) ~男性客が魅せられるもの~

    『Cascade』ここもLB店(facebookより) ゴゴ嬢をはじめとするバーガールたちがゴーゴーバーに魅せられるのは、そこが仕事と遊びのごっちゃになった現代的でシャレオツな魅力を持った空間だと感じているからだ、というのが前章までのお話でした。では男性客の場合はどうなのでしょうか。 男性客の側も必ずしも〝えっち〟目的でゴーゴーを訪れているとはいいがたいようです。ゴーゴーは建前上では飲食店の一種にすぎませんが、訪れる人も、むしろペイバーする人は少数派と言えるでしょう。 それはMPやエロマなどのほうがシステムも明瞭でありサービスも期待できるため、本当にえっちなことがしたい人はそちらを利用する傾向…

  • 年の瀬 in NANA '07 ~’07年12月27日の日記より~

    こ、こわい。『Temptation』(Bankok info Guideより) ↓前回です www.sergeant-gogo.com 朝:目玉焼き、ジャーマンポテト、パスタ、デニッシュ@NANAホテルの朝食ビュフェ 昼:かき揚そば他@『FUJIレストラン 夜:屋台ハンバーガー、串揚げ他、ビール多量 RAINBOW3のウェイトレスさんたちと恒例の食事&ボウリング会。 MBKのFUJIレストランでご飯を食べて、すぐ隣でボウリングをして、そのまま夜になだれこむというのがいつものパターンです。昔の日記をほじくりかえして調べたら、昨年の5月から続いていて今回で6回目ということらしい。 けどもねえ……。…

  • PC修理中。

    『修理中』なイメージ画像です。 PCを修理にだしました。 修理っていっても本体交換らしいです。さらに言うと本体と言っても新品ではなさそう。大丈夫かな。 実はあるときから急に音声が出なくなったんです。 僕は動画はスマホで見ることが多いので「PCなんて、別に音声が出なくたって不便はないじゃん」なんて軽く思っていたんですけど、まあ不便。 ネットを検索して調べものをするときでも、きょうびちょいちょい動画が出てくるんですよね。そのたびにスマホにURLを打ち直して…なんてやっていたら、らちがあきません。 で、自分で調べてドライバーをインストールし直したり、サポートの人にもいろいろ試してもらってあげくには初…

  • 『ゴーゴーバーの経営人類学』を読む (29) ~ゴゴ嬢は憧れの職業?(後編)~

    『Spankys』(Facebookより) 地方に住む年頃のタイ人女性、とくにミーハー的な価値観を持つ人にとっては、ゴゴ嬢などのバーガールは都会的、現代的な職業に見えている、というお話。 そんな女性たちにとってはRCAに立ち並ぶクラブや巨大ディスコでの夜遊びは極めて魅力的なようです。暗い店内、煌びやかなライト、大音響のダンスミュージック、そして酒という取り合わせはそんなナイトスポットを象徴するものですが、それはまさにゴーゴーバーです。それが職場なわけですから、ステージで無理くり踊らされるという点を除けば、決して不快ではないはずです。 また、職場の同僚の多くが友人なのです。お客とのオフやプライベ…

  • 『ゴーゴーバーの経営人類学』を読む (28) ~ゴゴ嬢は憧れの職業?(前編)~

    ここも閉店?『DC-10』((http://www.bangkok-infoguide.comより) 故郷を離れてバンコクで働くゴゴ嬢たちは、故郷と決別しているわけではありません。 毎月送金している者も少なからずいる(著者の見立てではゴゴ嬢の半数以上が子持ちだといいます)し、ソンクランともなれば帰郷します。経済的に余裕があるコは手土産に家電製品を買っていったり、金のアクセサリーを身に着け、〝錦を飾る〟のです。 また、バンコクや海外で成功したセックスワーカーの多くは農民たちには手の届かないコンクリート造りの家を建てます。このような帰郷者たちの姿を見て、地方の農民たちはさらに物質的欲望をかき立てら…

  • 『ゴーゴーバーの経営人類学』を読む (27) ~彼女は何のためにカラダを売るのか~

    閉店しちゃった?『Playskool』(http://www.bangkok-infoguide.comより) 久しぶりの『経営人類学』です。 本日から第5章に入ります。6章はまとめなので実質的に最終章です。 本章は『経済外的な関心と私的な親密性』というタイトルがついております。わかるようなわからないような。ま、いってみましょう。 これまでに書いた通り、ゴーゴーを舞台に繰り広げられるゴゴ嬢らと客の関係は、〝経済的関心の交錯〟つまりカネへの妄執のしがらみ合い、その結果として分析できることが多いと言えるでしょう。 しかし、ゴーゴーに通った人であれば、ゴーゴーが必ずしもそんな修羅の世界ではないという…

  • バイアグラのんでメンズエステ行ってうっしっし

    『エターナル』HPより(本文とは関係ありません) ※すいません;;ブログ書くだけ書いてアップするのを忘れておりました。 11月4日にアップするはずだったブログです。 ×曜日はメンズエステの日。 そんなわけで、池袋のマックでまたとぐろをまいております。 メンエス以外のフーゾクでもいいんですけど、あくまでEDなものでヌキを前提にしていないところがいいです。 いや、最悪ヌくことは全然可能なんですよ。ただ、ふにゃふにゃした状態で出してしますのは、何とも後味が悪いし恥ずかしい。まあ女のコ的にはどっちでもいいんでしょうけれども。 ですので、今回も日本人エステです。ターゲットは先週店を探したときに見つけた何…

  • 伊藤健太郎、再起はやはり前途多難。

    『惡の華』より 29日にバイクの男女をひき逃げしたとして逮捕された俳優の伊藤健太郎(23)。容疑を認め、30日に釈放されています。湾岸署の前に集結した報道陣のフラッシュの嵐を浴びながら、事故の被害者に対しては「一生かけて償っていきたいと思っています」と、深々と頭を下げました。 伊藤の〝償い〟はこれからですがが、その先行きはあまり明るいものではなさそうです。昨年から『今日から俺は!』『スカーレット』で本格的にブレイクを果たし、今年下半期公開の映画出演6本、CM契約14社、12月には座長公演での舞台も予定されていました。まさに今年は彼の〝飛躍の一年〟となるはずだったのです。それが一瞬にして暗転して…

  • 『バンコク恋愛事情 愛タイ!』レビュー(6) ~相手を疑わないこと、それがレンアイの掟~

    帰りの空港ではいつもブルーです。(20年3月) 『愛タイ!』最終章です。バンコク滞在を終えて空港へ向かう著者。遠足の帰りはやはりブルーになるもので。 バンコクから帰国する日はいつも憂鬱な気分になる。便が早朝発のアメリカ系航空会社だったりすると、なおさらだ。 空港チェックインは早朝5時。夜中の3時には起きて荷造りをしなければならない。暗がりの中で、洗面用具やら、バンコクでかいた汗が染みついた服やらを手あたり次第キャリーバックに詰め込む。雑然と散らかっていたホテルの部屋がガラ~ンとした感じになっていくのを眺めていると、なんだか一抹の寂しさを感じたりもする。 僕もこの当時はアメリカ系航空会社をよく利…

  • 『バンコク恋愛事情 愛タイ!』レビュー(5) ~ナナプラザ編~

    ナナプラザ、行きたい…(20年3月) 『愛タイ!』です。本書で最後に紹介するスポットはナナプラザです。 先ずは情景描写から見てみましょう。 入口付近には、露出度の高いセクシーな恰好をしたストリートガールや、マッサージパーラーのポン引き、相手によってはスリに商売替えして荒稼ぎする花売りの少年らが、手ぐすね引いて待ち構えている。 そんな連中をかき分けながら敷地内へ入る。ゴーゴーバーから流れてくる大音響のロック、赤やピンクのネオンに照らされた妖しい厚化粧のオカマたち……。なんだか、映画『ブレードランナー』のワンシーンを彷彿とさせるような、退廃的な眺めである。 やや情緒的すぎな感がなくもないですが、景…

  • 『バンコク恋愛事情 愛タイ!』レビュー(4) ~ソイ・カウボーイ編~

    ソイカの呼び込み嬢(deep-asia-trip.comより) 『愛タイ!』レビュー、本日はソイ・カウボーイ編です。この章には「田舎娘と女子大生の登竜門」というタイトルがついています。どういうことでしょうか。 タイの事情通の間では、風俗嬢の仕事に慣れていない純情可憐な娘を求めるなら、「ソイ・カウボーイ」へ行け、と昔から言われているようだが。それはある意味、真実である。(中略)(ソイ・カウボーイは)90年代の頃にはすっかり寂れて、場末臭が濃厚に漂っていた。その情けなさそうな感じに、地方出身の娘たちも気後れせずにすんだのか、風俗デビューには確かに良い環境だったと思う。 てなわけで「田舎娘の登竜門」…

  • 『バンコク恋愛事情 愛タイ!』レビュー(3) ~タニヤ編~

    『さくらドロップス』(HPより https://bkk-sakuradrops.com/) 『愛タイ!』第2章はタニヤ編です。 まずは著者によるタニヤの解説から。 1970年代以降、近隣に日本企業が多く移転してきたのをきっかけに、日本人駐在員相手の飲食店やカラオケ店が増え、いつしか一大歓楽街に発展した。「日本人クラブ」とも呼ばれるカラオケ店は、セックス目的での店外デートが可能な女性が常駐しているのがほとんどで、日本語を話せるホステスが多いのが特徴だ。そのため、日本人観光客にはマッサージパーラーと並ぶプレイスポットとして高い人気を誇っている。 僕がそうだからという個人的な印象ですが、旅好きからタ…

  • 『バンコク恋愛事情 愛タイ!』レビュー(2) ~テーメー編~

    こんな感じですよね。( دیدئو 2019 Bangkok nightlife thermaecafe より) 『愛タイ!』最初の章はテーメー編です。本書のスタイルはルポルタージュ形式で著者が訪ねた先々で出会う日本人男性たちとのやりとりを中心に構成されています。 夜のスクンビットを著者が歩くシーンから物語は始まりますが、情景描写がなかなか秀逸です。 スクンヴィット通りの雑踏を歩く。歩道はびっしりと露店に埋め尽くされ、わずかな隙間をぬうように大勢の人々が押し合いへし合いしながら行き交う。すでに夜の11時を過ぎているというのに、人通りは増える一方だ。クソ暑い昼間の時間帯を避けて、猫やゴキブリのよ…

カテゴリー一覧
商用