searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ゴーゴー軍曹さんのプロフィール

住所
未設定
出身
東京都

ゴーゴーバーに住みたいけど現在は子供部屋に居住中。 ペイバーはめったにしない地蔵です。 最近酒が飲めなくなったため、何をしにゴーゴーへ行くのかわかりません。 本当はゴーゴーのことだけ書いていたいのですが、日本在住なのでネタがありません。 おっかなびっくりレビューとか芸能記事も書いています。 あ、持病のせいで真性EDです。

ブログタイトル
日記(禁酒中)
ブログURL
https://www.sergeant-gogo.com
ブログ紹介文
タイを愛しているわけじゃないけどタイにはまり、移住をこころみるも挫折中。 酒さえ飲んでいればよかったんだけど、最近身体が酒をうけつけなくなりさらに迷子が極まり中。
更新頻度(1年)

353回 / 365日(平均6.8回/週)

ブログ村参加:2020/02/28

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ゴーゴー軍曹さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ゴーゴー軍曹さん
ブログタイトル
日記(禁酒中)
更新頻度
353回 / 365日(平均6.8回/週)
フォロー
日記(禁酒中)

ゴーゴー軍曹さんの新着記事

1件〜30件

  • よるのたび バンコクナイト(8)同伴旅行

    「私も一緒に行きたいな」 僕がそろそろマレーシアに移動しなくちゃいけないことをシャーデーに話すと、意外な言葉が返ってきました。そんなリアクション想像もしていませんでした。 「マレーシア、行ってみたい♪」 そうだ、コイツすごく暇なんだ。しかし、そう言われてみると、僕には断る理由がありませんでした。むしろ歓迎するべきかもしれない。 本当は国境の町あたりで1泊してからクアラルンプールへ行くつもりでしたが、せっかく女連れなので海辺のリゾートを目指すことにしました。ペナンです。 カオサンの旅行代理店でペナンまでのツアーバスの通しチケットを買い、翌日の夕方にカオサンから出発です。 バスはなかなか豪華でした…

  • よるのたび バンコクナイト(7)シャーデーとの日々

    これが〝カオラオ〟だそうです(タイランドハイパーリンクより) 毎日なんとなく一緒にいるうちに、シャーデーに関するいろいろなことも分かってきました。 一度、カオサンの一本向こうのバス通りをぶらぶらしていたときに、急にシャーデーが「買い物がある」と言い出したことがあります。 彼女が入っていった店について行ってみると、町工場で使うような業務用の機材か何かの専門店といった感じのモノタロウちっくな店で、店内には商品がディスプレイされていることもなく、そこらじゅうに段ボールが積まれていました。いかにも普通の客は冷やかしにも来ないオーラが出ています。 段ボールに埋まりかけたショーケースの中にはガラス製の実験…

  • よるのたび バンコクナイト(6)不機嫌なジーンズ

    これはエンポリアム バンコクでの日々は相変わらずシャーデーと一緒でした。 彼女は僕のホテルに泊まる日もあれば、自分の家に帰って行く日もありました。 昼間は何だかんだでだいたい一緒にいたと思います。 一緒にいるときはもちろん僕がすべてお金を出しましたが、それ以外にはまったくお金はかかりませんでした。 そもそも一番最初にペイバーして過ごした夜を除けば彼女にお金を渡したことはありません。 ゴーゴーバーで呼び込みの仕事をしているとき、お客さんにペイバーされて何人かで遊びにいったり、食事をしたりということはあったようですが、ホテルに行くだけのためにペイバーされたことはあまりないようです。 最初に会った夜…

  • よるのたび バンコクナイト(5)蜜月

    パトゥムタニ県へ移転したそうです。 奇跡的に再会できた僕とシャーデー。 一度はあきらめかけていたので、彼女が入口の雑踏をかきわけて姿を現した瞬間はちょっと感動してしまいました。 しかし、せっかくの再会の夜に彼女をホテルの部屋へ連れて帰ることはできませんでした。 そのとき、僕が泊っていたのはカオサンの300Bの安ゲストハウスでした。いちおう個室ではありましたが、シャワー&トイレ共同で窓はないも同然。インテリアは完全に攫われてきた人が閉じ込められる部屋です。椅子と机がそう。 そんな部屋に女のコを連れ込むわけにはいきません。 SEXのあと、共同シャワーじゃないと汗を流せないなんてありえません。 その…

  • ご報告

    こんにちは。ゴーゴーです。 本日は一身上のことでご報告があります。 実は来週からしばらく入院する予定です。 手術のための入院です。 病室はいちおうインターネットはできるようなのですが、wifiがありません。 たぶん最初のころなどはおおむね暇だと思うので、出来る限りブログは書くつもりですが、毎日コンスタントにというのは難しいかも知れません。 昨年入院したときはwifiも使えたし、ホントにすることもなかったので毎日ブログは書いていたんですけどねえ。 今回は入ってみないとどんな感じだかわからないです。 で、入院は来週からなのに、なぜ今日〝ご報告〟なのかというと。 twitterでちょろっと言いました…

  • ウォーキング・ストリート炎上。

    『Bangkok Herald』より タイトル大げさですね。「いまトピランキング」ほどではないですけどw 遅ればせながら12日、日曜の夜にパタヤ・ウォーキングストリートで起きた火災です。 SNSから始まってけっこう大きなニュースになりました。 みんな大好きウォーキング・ストリートですもんね。 しかも、最初の段階にSNS等で出た写真を見るとけっこうデカそうな火事に見えます。 この高いところから見たやつとか、 海側から見たやつとか。かなり大規模な火事に見えます。 ニュースによれば、炎の勢いは数km離れた場所からも見えたそうです。最初にSNSで見たときには僕もちょっとびっくりしました。 火災が発生し…

  • メンエスルポ(28)裏オプションの熟女

    『Anemone』(twitterより) 今週末もなぜかお気にピが一人も捕まりません。 先週の熟女も今日はお休み。仕方ないので新規を探してみることにします。 どんなタイプのお店にしようか。高級店か熟女店、どちらにしたものかで悩みます。 最近、高級店でオプションを積む手口が一番ハズす可能性が低いように思えて高級店の利用が続いています。 しかし、やっぱり熟女店で一発逆転の高コスパを狙うのこそが、やはりメンエスの醍醐味ではなかろうか。先週も熟女だったけど良かったし。 悩んだ末に結局、熟女店に決定。レビューで良さげなセラピを発見したからです。 今回はセラピ名は伏せさせていただきます。 『Anemone…

  • バンコクその他の外国人観光客受け入れ再開、パタヤも

    『アジアトラベルノート』より タイでの新型コロナ新規感染者数は1日あたり1万数千あたりまで減少してきています。いつの間にか日本のほうが少なくなってますね。 プーケット・サンドボックスやサムイプラスもこのコロナのせいで頭打ちのようですが、中止にまでは至っていないようです。細々とやっているようで。 それどころか、感染者数が減ってきたのに気を良くして、他の地域での開放計画が本格的にぶち上げられているみたいです。まだまだ感染者がたくさん出ているのに大丈夫なんすかね? まあ、見てみましょう。 6日配信の記事によると、観光・スポーツ大臣のピパットさんが、チェンマイ、ホアヒン、パタヤでワクチン接種済み者の受…

  • よるのたび バンコクナイト(4)再会。

    『King's Castle1』twitterより こげ茶色の液体が入ったグラスとハイネケンのボトルを手にノックがお尻を振り振り戻って来ました。その後ろからデブのオカマがついて来ます。どうやらこいつが〝ママ〟らしいけど。何となく貫禄的にはチーママっぽいです。 「なんていう名前のコ?」オカマのチーママはテーブルの前に仁王立ちしてやけに居丈高に聞いてきます。 「チェリーっていうんだけど……」 デカイ態度をされるとなぜか卑屈になってしまう僕です。 「チェリー?そんなオカマみたいな名前のコ、ここにはいないわよ!」 あんたもオカマだろ!と言いたくなるのをグッと吞み込みます。 「私にコーラ、奢るか?」 奢…

  • よるのたび バンコクナイト(3)パッポン

    『King's castle』twitterより。道がガラガラなのは5月ごろの様子だから。 ※本編は以前書いた「シャーデーのはなし」とダブる部分があります。 「シャーデーのはなし」は現在非公開になっております。 バンコクでの日々が始まりました。 いつも、休みに来るときは昼間は寝ているか、プールで読書しているかで、基本動きません。 しかし、今回は昼間のほうがアクティブに動いています。 インドのビザを取りにアソークのインド大使館へ行ったり……用事といえばそれぐらいかw あとはおおむねカオサン通りのそこここで過ごしました。 部屋にいても昼間は暑いし真っ暗だし、テレビもないので。 部屋にはLAN回線は…

  • よるのたび バンコクナイト(2)はじめてのカオサン通り

    wikipediaより エカマイでミニバスから降ろされたので、その夜はナナホテルに泊まりました。 もちろんナナプラザにも行きました。ゴーゴーに来るとなぜか「帰って来た」感がスゴイです。ものすごく幸せで満ち足りた気分になります。この頃はホントにゴーゴーバーにいるだけで楽しかったです。 3軒ほどハシゴしてビールを5~6本も飲めば、疲れているので寝酒にはじゅうぶん。 ホテルに帰って寝ました。この頃はナナプラザに少し飽きていた時期で、前回、前々回の訪タイ時はパッポンに入り浸っていたので、馴染みのコがいないんです。 翌朝は9時に起床。いつものナナホテルのくそマズイ朝食ビュッフェでお腹を膨らませたら荷物を…

  • よるのたび バンコクナイト(1)国境を越える

    クロン・カマーラ・プハウミンと書いてあるあたりのちょっと左上が国境。 ナットを失った傷心の日々から何とか立ち直り。 僕はプノンペンから次の目的地、バンコクへ向かうことにしました。 メジャーなルートとしては、シェムリアップ経由でポイペト→アランヤプラテートを経て向かうルートです。この頃にはすでにバンコク~シェムリアップ間はかなり整備されていて、バンコク発のバスツアーもバンバン出ていました。 でも、このルートは以前にも通ったことがあります。 まだシェムリアップ~ポイペトはほとんど舗装されておらず、ぎゅうぎゅう詰めのピックアップトラックで前後左右はおろか上下に激しく揺られていったものです。 せっかく…

  • メンエスルポ (27) 3カ月ぶりの熟女

    イメージカット 仕事がリモートになったおかげで出かける機会も減り、いよいよ愉しみが週に1~2度のメンエスしかなくなってきました。 今週末はとくに予約も入れておらず、ご無沙汰しているお気にピの誰にしようかなと、うきうきしながら、HPのスケジュールを見ていたんですけど。 なぜか休みが多いんです。しかも1~2週間スケジュールが真っ白の長期休暇。 そういうセラピが何と4人もいました。こういうことはなかなかないです。 まさか……コロナ? いやいや、遅めの夏休みだよね、きっと。 あと、1週間前では予約が取れないセラピが2人。 スケジュールが空いているのはわりと貴重なので、新規よりはリピートを繋げたい。 そ…

  • もはや〝嘘〟!ネットニュースの釣り過ぎなタイトル 集

    ひどい。 よくスマホでネットニュースを読みます。 最もよく読むのはgoogle先生が勝手にピックアップしてくるやつで、僕がよく読むジャンルを選んでくれるので便利です。タイ関係のニュースなども、ここにアップされているのを読むことが多いです。 で、最近思うのですが、ネットニュースのタイトルって〝釣り〟ひどくないすか? タイトルを見て「えっ?」となって思わずクリックし、読んでがっかりなパターンが実に多いです。 これはネットニュースに限った話ではないですよね。週刊誌、スポーツ紙などでもよくある話ですし、昔から指摘されています。TVの番組欄などでも多い。 僕もいちおうマスゴミ関係の仕事をしておりますので…

  • 弘中綾香宅飲み写真流出とか女子アナのどろどろとか

    楽しそう♪ 酒類や炭酸の空きビンや食べかけの料理が並んだテーブルを前にそれぞれノリノリのポーズで写真にうつった4人。 紅一点の弘中アナは黒のワンピースだかショートパンツだかで太腿をあらわにしており、くだけまくりの笑顔でポーズを決めている。 この飲み会、弘中アナの隣のケーキを持った男性のバースデーパーティだったという。男性は日テレ社員で弘中アナの慶應の同窓生だとか。 テレ朝・弘中綾香アナの〝飲み会写真〟が流出し、波紋をよんでいます。 報じたのは9月1日の『デイリー新潮』。緊急事態宣言下の22日、知人男性ら3人と〝宅飲みパーティ〟中のスナップがSNSに投稿されたのだというのです。 この日、都内では…

  • ソイ・カウボーイゴーゴー全店レビュー(『G-DIARY』2013年5月号より)その3

    2013年Gダイの特集記事をもとにソイ・カウボーイのゴーゴーバー全店をレビューしております。 記事は13年ですし、僕も5年ぐらいソイカには行ってないので、情報は古いです。 早くリアルタイムのレビューが書ける日を待ち望んでおります。 今回は最終回、南東側(アソークを背にして右奥)のバーです。 Cowboy two 以前は閑古鳥が鳴いていたが、コヨーテ嬢の導入により活気が出てきた。 嬢のほとんどがコヨーテ嬢。ノリ良しのコヨーテ嬢と気軽に楽しめるバーとして注目。 ただし全体的な容姿は系列店よりも落ちる。 1~2回しか入ったことないからか、〝悪の系列6店〟にしてはイメージは悪くないです。ボッタくられた…

  • ソイ・カウボーイゴーゴー全店レビュー(『G-DIARY』2013年5月号より)その2

    2013年のGダイの特集記事をもとにソイ・カウボーイのゴーゴーバーを全店レビューしております。店の情報は13年当時のものです。 本日は西側(アソーク側)のお店を。 Tilac facebookより ファランには一定の人気を誇る店。かつては「BACCARA」「SHARK」と並んで〝3強〟と呼ばれていた。ノリ、ダンス共に優秀で目立つバーで、ピーク時に盛り上がっている雰囲気は良い。 ただし、ゴゴ嬢の顔ぶれは数年前から変わらず、人気嬢は出勤が遅め、などが原因なのかどうか、以前とくらべると客足は落ちている。今後はなかなか厳しいか? 実は僕、隣の「Dejavu」といまいち区別がつかないんですよね。映画のロ…

  • ソイ・カウボーイゴーゴー全店レビュー(『G-DIARY』2013年5月号より)その1

    『G-DIARY』2013年5月号より 『G-DIARY』2013年5月号の特集記事『ソイカ完全攻略』をもとにしたソイ・カウボーイのゴーゴーバー全店レビューです。 実は僕、ここ数年ぐらいソイカには(たぶん)行っていません。近年の訪タイ日程はパタヤ6割、バンコク4割ぐらいなので、たいていナナプラザでレインボー系を回るだけで終わっちゃうんですよね。昔ほどアクティブじゃないし。 そもそもソイカに行っていた時期と行っていない時期とでけっこうムラがあります。 初めて行ったのは90年代でしたが、当時のソイカはかなり詰んでいました。ベトナム戦争のころからいるんじゃないかと思しきベテランゴゴ嬢がかなりいて、ゴ…

  • メンエスルポ (26) 高級店の女

    『アロマ翡翠』(HPより) レビューサイトで知り合った方からの情報で『アロマ翡翠』に行ってきました。 新宿に系列店がある大手みたいです。 レビューを見ると、コース料金は標準よりやや高い程度ですが、そこからある程度オプションを上積みすることでよりハードなサービスが期待できるタイプのお店のようです。つまり、まあまあお高い。実際、高級店って書いてありますしね。 こういうタイプの店、これまでにも何店か行っています。 これまでのメンエスルポでいくと(21)とか(24)あたりがそういった店かと思われます。 www.sergeant-gogo.com www.sergeant-gogo.com (21)はそ…

  • ひま話 高田馬場駅のポルノ噴水についてのあれこれ

    https://middle-edge.jp/articles/LMDluより かつて、山手線高田馬場駅名物に〝ポルノ噴水〟なるものがありました。 駅の脇のビルのてっぺんに裸の男女が向かい合った像がくるくる回っているという、かなりハレンチな代物でした。 なぜ〝ポルノ噴水〟と呼ぶのかというと、台座かどこかに堂々と「ポルノ噴水」と書いてあったからです。正式名称なんですねw 像、といえばダビデ像的な芸術的なテイストのものを連想しますが、そうではなくて妙にリアルな雰囲気のはりぼてっぽい造り、色もなまめかしい肌色です。しかも女性像のほうはちょっとピンクがかっていたりして。 「これはエロだから」という作り…

  • ピークを越した?タイのコロナ、バンコク・サンドボックス計画も

    『タイランドハイパーリンク』より タイではようやくコロナがピークを越えたと言っています。 1日あたりの陽性率が減少し始めたとのことで保健省疾病管理局はピークは過ぎたと発表しました。陽性者数が最も多かった13日の2万3418人から24日は1万7165人と約27%減となっています。 疾病管理局の幹部であるナムワット博士は「1日の陽性率が減少し続ければ、状況は徐々に改善するだろう」とコメントしています。この傾向が続けば、現在のロックダウンも緩和されることを示唆しました。 まだ、峠を越しただけなんですけどね。 www.thaich.net そんな中でタイ商工会議所など民間企業が提案しているという「バン…

  • よるのたび ひとやすみ

    ハノイで会ったタバコ屋さんの姉妹。こわくなっちゃったw ご愛読ありがとうございます。 「よるのたび」エピソード4、プノンペンナイトまで終了しました。 まだまだ先は長いですが、ここであらためてものお話の背景などを説明させていただければ、と。 何度か書いておりますが、このお話は僕が02年の夏から秋にかけての4ヵ月間、沖縄からトルコまで、できるだけ地べたを伝って行った旅行のお話です。 この当時、僕は人生迷子になっておりました。 まったく食べられなくて同級生に当時の月収を言ったら「それ、日給?」と言われたほ どの極貧ぶりから、わき目も振らずに仕事に没頭してそこそこの小金を稼げるようになり、目標を見失い…

  • よるのたび プノンペンナイト(7)想定の斜め上をいく結末

    当時はどこか寂れた感じのリゾートでした。 夜、夕飯がてら近くを二人で散策しました。 ポツンポツンとゲストハウスや飲食店がある以外、周囲は閑散としていました。 夏休みというにはちょっと遅いシーズンなので、観光客も少なめなようです。 一軒のレストランに入り、僕はハンバーガー、ナットは焼きそばのような麺で夕食。僕はビール、ナットは相変わらずコーラ。 何となくどちらも言葉少なに晩御飯を食べ終え、再び散策に出かけます。 浜辺で肩を並べて歩いていると、ナットの手と僕の手が触れました。 ここだ!、とばかりにすかさずナットの手を掴んで無理くり手つなぎ状態に持ち込む。しかし、ナットは別にびっくりした様子もなく、…

  • よるのたび プノンペンナイト(6) どきどき二人旅行♡

    シアヌークビルのビーチ(https://welove.expedia.co.jp/より) 「一緒に旅行でも行けば?」 思いもよらなかったブンくんからの提案。 確かに。一晩一緒に過ごせば否応なくそういうシチュエーションになるはず。 もしも嫌だったら最初からOKしないだろうし。 何で思いつかなかったんだろう。ゴゴ嬢と一緒にリゾートに行くなんてゴーゴー遊びでは定番なのに。まあ、ナットはゴゴ嬢じゃないけど。 さっそく、その夜『Apocalypse now』に行き、ナットに旅行を提案します。 「泊りで旅行? うーん……」ナットは何やら少し考え込んでいるようです。 (こりゃあ、ダメかな……)ディスコへ行こ…

  • よるのたび プノンペンナイト(5)口説けない女

    海辺の涼み小屋…ただの海の家ですね(https://4travel.jp/travelogue/11342958より) 翌日から、僕は夜になるといそいそと『Apocalypse now』に通いつづけるようになりました。 そのたびにナットにコーラをおごり、僕はアンコールビアを飲み続けてへろへろになって帰る、というのを幾晩か繰り返しました。 とにかく話がちっとも進まないのです。 ナットとは世間話はそれなりに盛り上がるのですが、まったく艶っぽい展開にはなりません。もしかすると、連れ出してはいけないコなのかも知れません。 試しに一度、きいてみました。 「どこか遊びに行かない?」 すると、ナットは目を輝…

  • よるのたび プノンペンナイト(4) 『Apocarypse now』の女

    民族衣装を着たカンボジア女性(本文とは全く関係ありません) 入口に「No drug , No wepon」とペンキで殴り書きしてしてあるバー。 (入口で武器チェックする店ってどんな店なんだろう?) おそるおそる暗い階段を上がっていくと、店のドアは開け放たれていました。 入って行くと左手にバーカウンター、右側にはプールテーブルが3台ほどあり、それを取り囲むようにテーブルが並んでいます。広さはかなりあります。 見た感じバンコクでもよくあるようなアメリカンスタイルのバーでした。客はファランばかり4~5人といったところでしょうか。客なのか従業員なのか女のコが7~8人いて、女のコ同士おしゃべりしていたり…

  • よるのたび プノンペンナイト(3)「No drug , No weapon!」

    最近はこんなにお店もあるみたいですが(http://maniac-hongkong.com/より) スワイパーへはその後も何日か通いました。 茶店の周りの置屋は扉は閉まっていたものの、実は営業していたようで茶店でコーラを飲んでいると、たまにファランや日本人が来ることもありましたが、総じて人の出入りは少なかったです。 僕もここの茶店でまったりするのはとても好きなのですが、ここで買う気はありません。昔、何度か遊んだことはありますが、ホテルへ連れ帰らずに置屋で遊ぶ場合、いろいろと障害があるのです。 例えばおそらく天日に干したことなど一度もなさそうな湿気をまとってずっしり重くなった布団や、なぜか砂のジ…

  • よるのたび プノンペンナイト(2)スワイパー

    スワイパーの看板(『ジェイの素人タイブログ』よりhttps://ameblo.jp/jay1177/entry-12686639969.html) ※ 以前アップした記事とかぶる部分があります(当該記事は現在非公開) バイクタクシーに連れられてイミグレーションを回り、カンボジア側のイミグレーションを出たところで待ち構えていたワンボックスカーに詰め込まれます。 2時間ほど車に揺られるとプノンペンでした。 カンボジアには数回来ていますが、とくに行きつけのホテルはありません。タイだったら、プールはマストだとか繁華街から近いほうがいいとかうるさいこともいいますが、ここはそんな選択の余地はありません。も…

  • よるのたび プノンペンナイト(1)メコンの旅

    水浸し。 (※02年にした沖縄からトルコまでできるだけ地べたを行く旅です) ホーチミンに別れを告げ、カンボジアへ向かいます。 シンカフェだったか違う旅行代理店だったか失念しましたが、プノンペンまでのツアーチケットを売っていたので、それを買いました。 フツーに行くと街から街へ移動して、また次の目的地に行くのに乗り換えでめちゃくちゃ手間取ることがあります。例えばAという町からBという町で乗り換えてCに行くとすると、A→Bのバスの終点とB→Ⅽのバスの始発点が街の端と端にあったりします。 たいていの場合、Bの街の地図なんか持っていないので、人に聞きまくって探さなければなりません。まだgoogle ma…

  • Gダイ〝最強マップ〟でひもとくナナプラザの歴史(16) 2016年

    『Gダイ〝最強マップ〟でひもとく』シリーズ、最終回です。 つい先日ナナプラザ特集を扱ったばかりなのでテンション上がりませんな。 ただでさえこのシリーズ人気ないのに。でも、最終回なんで。 なぜ最終回かというと『G-Diary』は16年10月で休刊となってしまったからなんですね。その後はweb媒体として残るという話だったのですが、webはちっとも更新されている気配がありません。中の人がいないんでしょうね。 すごくもやっとしているのは、元の図が小さいからです。 レイアウトがかなり変わっていて、図が小さめ、コラム大きめになっています。 コラムも従来の各店舗情報ではなく、1つのテーマで語るホントのコラム…

カテゴリー一覧
商用